3月6日  火曜

 一日で完治のはずが、まだ扁桃腺痛は続いていた。

 「スネーク・ピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
 最近、また質問が増えたので書いておくけど、
 ここは、格闘技&スポーツジムです。

 軽くコンディショニング。

 14時、TBS『未来ナース』ロケ。
 今回が3年半続いた番組の最終回。
 俺たちにしてみれば、
 もはやライフワークと言ってもいいほど、
 愛着のある番組であり、
 また我々が車掌を務める芸能界の因果鉄道の乗客との
 出会いの場なのだが、路線廃止の憂き目だ。
 されどTBSの深夜放送としては、
 異例な長続きなのだ。
 
 今回は、3本撮り。
 しかも、海砂利のコーナーなしで連続放送されるらしい。
 楽しみにしてほしい。
   
 前回からの流れで、俺たち3人は、
 赤坂キャピタル東急ホテルに、
 桜庭あつこから「母乳が出るかもしれません」と
 連絡を受けて集合。
 
 そこで母乳を吸いだす男優さん、あるいは好事家として、
 芸能人のなかから、岸部四郎さん、松野さんが駆け付ける。
 母乳スペシャルアドバイザーの林葉直子も到着。
 さらに、ガッツさんのマネージャー、金澤さんも、
 今日のロケの話を聞きつけて、
 番組内での水野先生との因縁の未解決を訴え、
 怒鳴り込んでくる。
 そして、さらにガッツさん本人も…。
 3時間、台本もなく廻しっぱなし。
 
 

 ロケ終了後「ダイアモンドホテル」で番組打ち上げ、
 立食パーティー。
 壇上での関係者の挨拶を聞いていると、
 業界視聴率の高さと、番組存続が毎回綱渡りで、
 奇跡的なことだったのが、よくわかる。

 それでも編成の方が、
 「未来ナース・リターン」
 をやってみたいとおっしゃられた。
 番組終了時のこういう挨拶は、
 普通は社交辞令ととるのだろうが、
 俺は本当にバカなので、それを真に受ける。
 本当にそれがあると思い込む。
 そして俺は利口なので、
 駄目モトながらも、あらゆる手段・方法を考える。

.
.
 3月7日  水曜
 
 12時、「スネーク・ピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
 今週末、『夜のエクスプレス』で伊香保ヘ行くのだが、
 その際に、タタミちゃん(グラビアアイドルながら柔道2段の猛者)
 と寝技マッチをすることになった。
 カメラが廻れば、お笑いは負け役になるので、
 完全にプライベートマッチ。
 対外試合に向けて極秘練習。
 ジムの先輩、石井さんに極め技を中心に習う。
 これがオモロ。

 14時半、日テレ入り、
 『知ってるつもり !?』収録。
 なかなか、俺たちは呼ばれることのない番組だが、
 今回は鈴木その子先生を取り上げるので、
 お声がかかったようだ。
 こういう良心的番組に出演することは
 おそれおおくも、栄誉なことだ。
 なにより田舎の親が喜ぶ。
 先生、ありがとう。
 タイトルは、「鈴木その子という生き方
 白塗りの下に秘められた運命」
 
 こういう番組に出るのに、
 芸風からか、斜に構えたチンピラで、ロクなコメントをしない
 と思われがちだが、
 超がつくほど、俺はこの手の評伝番組は大好きだ。

 番組プロデューサーに、俺が、
 この5年ほど「知ってるつもり」を
 すぐに見る、見ないに関わらず、
 一本も欠かさず録画保存していることを伝えると驚いていた。
 そもそも、このビデオを集め始めたのは、
 「知ってるつもり」は、亡くなった人をとりあげることが多いので、
 権利関係などをクリアーするのが、
 難しいので再放送されないって話を聞いたからなのだ。
 それでも、最近は、朝に再放送されている。
 不思議に思っていたので、その話を振ると、
 権利問題がクリアー出来ない場合は再編集をするとのことだ。
 
 共演、アグネス・チャン、海原純子、渡辺満里奈、浅草キッド。

 番組の途中で、VTRが再生されている間に、関口さんから、
 「これは知らなかったなぁ、キッドは知っていた?」
 と振られた。
 一瞬、迷った。何故なら、この番組は取り上げた主人公の、
 意外なる事実を知らされ、
 ゲストが驚愕するシーンは、一種の番組の見どころなのだ。
 それでも、お約束を無視して、
 「はい、知っていました」と答えた。
 だって、俺たちは、その子先生のことは、
 なんでも知っていた。
 むしろ、知らなくてもいいようなことまで、知っていた。
 「知らないつもり」が俺たちの姿勢だった。
 番組の最後に、海原さんが、その子先生の生涯を、
 痛々しかった〜と語った。
 もちろん、愛情ある、哀切を表現したのだが、
 これは、ちょっと心にひっかかった。
 俺たちなりの、その子先生への哀悼は、
 『お笑い男の星座』に書くつもりだ。

 楽屋で、「お願いモーニング」ゲスト出演打合わせ。
 モー娘。の番組に出演依頼があるなんて、
 う〜む偉くなった。
 昔、ハガキ職人であった桜井がチーフ作家、
 う〜む偉くなった。
 それは喜ばしいことだ。

 板橋ワーナーマイカル、レートショーへ。
 映画『キャスト・アウェイ』
 板橋サティーの本屋には、『お笑い男の星座』は置かれていない。
 割と大きな本屋でタレントコーナーなどあるにもかかわらず…。
 コンチクショーと思う。
 連日、この日記で『お笑い男の星座』の話ばかりを書いている。
 既に本を読んだ方には飽き飽きだろう。
 半分はエンターテイメント日記を
 こころがける俺からすると、読者に申し訳ない。
 しかし、芸能界に入ってから
 完成までに3年以上かかった仕事は今までにない。
 出版直前のトラブルだってあった。
 苦い思いもした。
 だから、しょせん、こんなもんだよ、
 もう、これで満足とは思えない。
 後は、出版社の仕事だから…とも思えない。
 なんで、営業努力として、
 こういうことやらないんだろう?
 と思うことばかりだ。
 しかも、俺たちはやる気がマンマンなのに。
 だが、諦めない。
 でも、やるんだよ。
 100回呟く。

 「キャスト・ウエイ」は、
 ゼメキスと、トム・ハンクスが組んで、ロビンソン・クルーソーを
 やるわけがない、何か一捻りあると思っていた。
 まさか、
 火を起こしたり、モリで魚を付いたり、
 イカダで脱出したりしないだろうと思っていたのだが…

 飛行機の墜落シーンだけが、怖すぎた。
 たぶん、あれが、小一時間続けば、
 飛行機乗れなくなる人、増えるだろうなぁ。



 「マタハリ」で食事。
 熊谷さんと、明日、沖縄に帰るというマジルさんと一緒。
 論文作成中で、息抜きにと3時からゾマホンが駆け付けると、
 なにやら熱心な、日本人論・政治談義になりつつ…。
 マジルとゾマホンが話す様子は、お伽話のようだ。
 朝まで。


.
 3月8日  木曜

 14時半、事務所
 雑誌『ザ・テレビジョン』打ち合わせ。
 4月より新連載に。
 ザ・テレビジョンって公称100万部なのである。
 ほとんど、日本の雑誌でナンバー1の凄い部数なのである。
 しかし、雑誌好き、活字好きの俺からしてみれば、
 これは不思議でしょうがない。
 いったい、どこを読んでいるのだろうって思うのだが…。
 最終的に分かったことは、
 この雑誌を買う人は、新聞をとらない人である。
 そう睨んだ。
 俺たちは「テレビ野性時代・狼は生きろ!豚は死ね!」のタイトルで、
 連載することにする。
 角川書店なのに…。
 
 16時、神谷町ANB
 『タイムショック21』顔合わせ。
 これまた4月より俺たちがレギュラーになる出張タイムショック。
 今後は、村おこしとか、地方へ廻ることになる。
 
 17時半、帝国ホテルへ。
 雑誌『PCマガジンQ&A』取材。
 取材者は俺たちのファンのようだった。
 パソコンの取材とは思えないことばかりを聞かれた。
 有楽町のガード下で撮影。

 帰宅後、東スポ、『エクスプレス』ネタ書き。


.
 3月9日  金曜

 徹夜で、朝6時半、TBS入り。
 楽屋で小爆発。溜め息。
 『エクスプレス』生放送出演。
 ○ 篠原ともえ、台湾大暴れ? 梅宮アンナ告白本出版   
 ○ 宍戸錠、頬を手術     沢田&松野、離婚確定
 ○ メッツ新庄の一週間    などにコメント。

 TBSのエントランスでワンダフル取材。
 覆面グラビアアイドル「デストロイ粉」に、
 ワンギャルがインタビュー。
 当初の俺たちの思惑通りに彼女に注目が集まり始めた、
 そんな矢先に、番組は終わる。
 しかし、なんでデストロイ粉なのだ。
 デストロイ子でいいと思うのだが…。

 そのまま『夜のエクスプレス』最終回ロケ。
 バスに乗り込み伊香保温泉、一富士旅館へ。
 車中、眠れず。
 温泉に浸かって、ビールを飲んだら、
 すぐに酔っぱらった。
 その後、ほとんど朦朧としながら。
 露天温泉などで大喜利の後、
 慰労会をかねた宴会。
 俺は背筋痛、タタミちゃんは風邪のため、
 プライベート・マッチの死闘は中止に。
 夜エクギャル相手に、先輩トーク。
 飲むほどに、酔うほどに、
 俺は真面目になってんだな。
 ああ、中年男である。
 作家の本郷さんの
 「キッドとは、
 15年前に『たけし城』で一緒に仕事をしました。
 イイヤツだから、いつかは、一緒にやろう!といいながら、
 15年後にやっとこうして仕事が出来ました…」
 という挨拶にジーンとする。
 一期一会に終わり、路傍の石のごとく、すれ違うだけが、
 テレビ番組ってもんだが、
 このスタッフや出演者とも、いつか
 仕事が出来たら、嬉しいことだ…。
 それが15年後であっても。
 〆ラーメン。
 露天風呂からの嬌声聞きながら、眠りにつく。
 

.

 3月10日  土曜

 14時、伊香保より岡田マネージャー運転の車で帰宅。

 4月より、旅先が増え、連載も増える。
 で、VAIOノート購入。
 本格的にWindows勉強するつもり。
 今まで、互換性がなくて迷惑かけてきたので、
 本格的にワードも対応するようにします。

 19時、ワシノさん、井田さん選曲ベスト10を聞きながら、
 お台場・フジテレビ入り。本当に車のなかが楽しい。

 「音楽寅さん」収録の桑田佳祐氏に献本。

 「日経エンターティメント」編集長にも連載を頼まれるが、
 これ以上、出来るのかしらん?

 BSフジ『お台場トレンド株式市場』3時間生放送。
 投資家は、ケビン&ユキココンビ。
 
. 
山本マネを代々木に送りつつ帰宅。
 そして朝まで原稿書き。
 夜明けは、冷え込む、白んでいく空を見ながら、
 こらぁ、風邪も治らんなぁ。などと思う。


 博士の悪童日記<2001年3月中旬>へ

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る