6月21日  木曜

 昼、「スネークピット・ジャパン」代表・宮戸さんの紹介で、
 ハチミツ二郎を連れて、
 山田裕巳シェフのお店、
 代官山のリストランテ・ヒロ・ドゥーエへ。

 新しく、活動を始めた、へ・美食倶楽部、部活、
 へび(スネーク)美食倶楽部ね。

 もちろん、こういうことをクラブ活動だと思って、
 自覚的にやろうと思わなかったら、
 代官山や、洒落たレストランなど、
 冗談じゃない!って一生行かない人間だと思う。

 昔はそういうことが何が悪いんだと思っていたが、
 そういう、エリア、テリトリー、
 自己規定、自己しばり意識が、
 どんなに人生をつまんなくさせているかは、
 なんとなく、わかってきた。

 満員の客席でランチを食べているのは、
 全員、マダム、女性だらけだ。
 優雅なもんだ。
 
 宮戸さんからフロアー主任の柴谷さん紹介される。
 なんで、こういう人まで詳しいのだろう。

 ローズマリーのフォカッチャ(パン)、
 高知産のトマトの冷製カッペリーニ、
 穴子と新ショウガのパスタ、
 東京Xソーセージ、牛たん、牛テール、
 グリル3種、甘長唐辛子添え。
 アメリカン・チェリーのカスタード・プリン。

 色が奇麗。値段もなかなかのもん。

 そのまま、高円寺『スネークピットジャパン』へ
 引き返す。
 お腹いっぱいだけど練習は続く。
 
 ランチでウェイト・アップしているので、
 本日はウェイト・オンリー。
 こんなに練習しているのに、俺も二郎もベンチの記録が伸びない。

 コンディショニングしながら、どっこいサブを呼んで、
 一緒に「虎ノ門」の課題、オセロがいかにいい女であるか、
 ああでもない、こうでもないと白・黒つける。

 たぶん、今、日本で最もオセロのどっちがいい女か、
 理論的に考えているのは俺だ。むしろ、論文にしたいくらいだ。
 
 二郎、スズキ(同居人)を連れて、東京ドームへ。
 今夏公開の大作・『パールハーバー』試写会。

 以前、ドーム試写を慣行した『エイトマン』は、
 観客800人だったとの話もある。

 どうやって、試写をやるのか、見てみたい。
 
 ギネスに申請の、縦17m×横35mもある巨大スクリーン。
 そしてロックコンサートを超える、スピーカー1528個の大音量システム。

 


 しかも、今回、3万人は入っているだろう。大観衆である。
 セレモニーで、ただ、映画を見るだけで大仰に紹介されるタレントは、
 恥ずかしいだろうなぁ。
 ベン・アフレックの挨拶。
 「何をスター気取りなんだ」と思っていたら、
 俺を除いて、俺の席の列、全員が、黄色い悲鳴を上げていた。
 こんなに人気があるとは知らなかった。
 
 この映画、多くの人が、批判するのはよくわかる。
 『アルマゲドン』がそうであるように、
 安手のラブロマンスぶり、御都合主義のストーリーは、
 突っ込み放題のバカ映画の一つだ。

 でも戦闘シーンは大スペクタルと呼んでいいだろう。
 地獄の黙示録あり、タイタニックあり、
 プライベート・ライアンあり。
 映像は一見に値する。

 単純な感想だが、
 これを実写でやっていたのが、“戦争”だと思うと、
 戦意高揚どころか、俺は身震いがする。

 しかし、真珠湾攻撃シーンで隣のスズキは寝ていた。
 あの大音響の大爆撃のなかで、
 よく眠れるものだ、と逆に感心。
 ま、それくらい俺と一緒にいると、俺が寝ないものだから、
 まったく自分のペースで寝られない状況になってる。

 

 6月22日  金曜

 朝6時起床。
 岡田マネージャー運転で、栃木県・益子へ。
 『タイムショック21』ロケ。
 益子焼きで有名な、益子町の村祭りに使う山車が、
 一昨年、不審火で焼けた。
 これがホントの益子焼きだ。

 この山車の復興に5000万円が必要。
 4500万は用意できたが、あと、500万が必要。
 そこで我々が呼ばれた。

 

 本番、クイズには演出が不可能なだけに、
 毎度、ハラハラさせられるが、
 今回は史上ナンバーワンの劇的な展開だった。興奮。
 毎回、こういう風にはいかないだろう。

 

 巨大タマブクロの前で記念撮影。
 そう言えば、本日は 赤江くんこと、玉袋筋太郎こと、
 改名、 お袋三太郎。の34回目の誕生日。
 俺から、おべんきょCDセットプレゼント。

 ターザンからの電話で
 「今回の選挙は時期尚早、残念ながら辞退させていただきたい」
 と、すっかり撤退宣言。
 でも、 その言い方が神妙で、
 ちょっとは本気になっていたところがオモロ。

 帰途、ペーパードライバーの戸上マネの運転で、
 とんぼ帰り。
 教官のように助手席に座る俺も、
 また発見も多いということだ。

 23時、六本木アーク入り。
 『虎ノ門』。
 勝ちゃん司会の、朝まで生どっち? テーマは、
 「お笑い界で一番イイ女は誰か」
 いつもより、短い時間で
 それぞれが一押しがある。

 ○ 博士………………オセロ、
 ○ 玉袋………………林家パー子
 ○ そのまんま東……山田邦子、
 ○ 蛭子能収…………竹内都子、
 ○ おさる……………久本雅美、
 ○ やくみつる………パイレーツ・浅田好美
 ○ 海砂利・上田……磯野貴理子

 オセロで話したいネタはまだまだ多々あったのだが…。
 
 楽屋で我らが、先輩・東さん、イジリ放題。
 と言うより、もう好きなようにイジってくれと、
 自分を投げ出している風情。

 東さんは、
 学究の果て、勉強しすぎて、
 世の中のことがわからなくなって、
 何を言っても、
 ボケまくっているとしか思えない教授〜を見るたびに、
 こういう歳の取り方をしたいと思うそうだ。

 そう言いながらも、俺は、後輩にいじり倒されて、
 ボケまくっているとしか思えない、こういう東さんのような先輩〜
 になりたいものだと思う。

 毎日のマラソンと授業で寝不足でヘトヘトなのだろう。
 「たぶん、俺、毎日ヘロヘロだから交通事故起こすのが心配だよ」と。
 言語不明瞭で、ついに、
 「小野、新しい教科書食べた?」と言い出した。
 大丈夫か?

 朝5時帰宅後、

 宮崎さんの新著、
 「中坊公平的正義とは」読了。

 これはメディア・リテラシーに関する本だ。
 知らない幸福もあるのだが…。


 6月23日  土曜

 中野北口・トッテリア「イル・フォルネーロ」のランチへ。
 皆、イタ飯屋さんの名前どうやって覚えるのだろう?

 前菜の盛り合わせ、
 サーモンとアスパラガスのクリームフジッリ
 メカジキの炭火焼き。

 『スネークピットジャパン』へ。
 今日から、ハチミツ二郎はWWFを見るために、
 ニューヨークへ渡米していった。
 スズキと二人で。
 変則縄跳び、24分。

 ジムでの立ち話。
 運動部のお話しなんて、飯の話が大半なのだが…。

 某有名ラーメン屋でバイトをしているジム生がいて、
 別の某ラーメン店を「まずい」と言ったところ、
 宮戸さんが事務所から血相を変えて、飛び出してきて、
 「このジムでラーメンの話をするときは、気をつけてくれよ!
  仮にも俺が美味いと思っている店を、まずいと言うなら、
  それを上回る店とその根拠を言って貰おうか!!
  と目をひん剥いて、すごんだ。

 あははは、いやあ、笑った。そんなきな臭い話題なのか。

 『お台場トレンド市場』3時間生放送。
 『突破者』宮崎学さん生出演。本紹介。

 本日先行オールナイトの『A・I』情報を伝えようとするので、
 本番中、耳を塞いでいた。

 終了後、スズキを連れて『A・I』先行オールナイトへ。
 お台場、シネマ・メディアージュは、混み過ぎて、断念。

 銀座、マリオン12:50より。
 これは、スピルバーグ版平成ピノキオ合戦、ポンポコリンか。
 始まりから2時間は、いったいストーリーはどんな風に転がるのか、
 わくわく、しかも、どこで終わってもオモロ。
 なのに終わり30分は????
 
 朝焼けの高速道路、
 そのまま、スズキ運転の車でロケ先の下仁田へ向かう。

 

 6月24日  日曜

 ほぼ完全徹夜。
 スズキの運転だが、
 何度も高速の合流間違えるので、心配で眠れず。
 『タイムショック21』ロケ。
 下仁田、中乃獄神社へ。

 日本三大奇勝の、妙義山のふもと。

 


 前振り収録。
 こんにゃくと、殿様ネギと、
 井森美幸の産地で知られる、下仁田町。
 町を横断するバスは、交通の要である。
 しかし、すっかり老朽化したバス亭を新たに作りたい。
 そのためには、お金が必要だ。
 そして我々が呼ばれた。

 その町営バスを使っての予選。
 下仁田横断ウルトラクイズを慣行。

 そして午後より、本番、
 心配していた、朝からの雨あがる。
 そして、本番、もう一つの奇跡。
 さらに、さらに、
 3度目の正直なるのか?

 スタッフから赤江くんに誕生日特別プレゼント。
 気が利いている。

 帰途、JAの小売店で、
 『農家の手作り・刺身こんにゃく』
 『下仁田直送・ピリ辛炒め』
 『下仁田名産・コンニャクそうめん』
 他、大量に買って帰る。

 独身男性で、これほど、こんにゃくを買い込んでいる奴も、
 珍しい。用途は何だ?と訝れそうだ。
 いやいや、下仁田では、下ネタは厳禁だ。

 下仁田から、足立区へ直行。
 足立区鹿浜『スタミナ苑』へ。
 2時間待ちは ざらにあることで、超有名な焼き肉屋。

 山田宏巳シェフと、山田シェフのお知り合いのグルメライターの方、
 そのお友達、ミュージシャン・作詞家夫妻
 宮戸さん、俺のメンバー。

 山田コースと呼ばれるメニューで。
 「一番おいしい生肉を食べるライオンの気持ちがわかるから」と。

 レバ刺し、
 にんにく醤油と、塩ゴマ油のたれ、
 「これは一緒にするとおいしんだよ」と混ぜる。

 ネギ、きゅうりとゴマをまぶしたせんまい刺し、
 韓国のりときゅうりとレタスのサラダ、

 カルビスープ、
 上ユッケ、わさびののり巻き、

 その後、お皿に桜色に美しく盛られた、
 器官、ハツ、せきずい、豚ギアラ、てっぽう(直腸)
 しびれ(のど)、豚のおっぱい、こめかみ、大腸、上ミノ、
 ほほ肉、牛ギアラ、
 どれもこれも美味。

 帰途、車で東京一週間のグルメライターの女性と宮戸さんを送る。
 「宮戸さん、まだあそこでパン買ってるの?」と女性。
 「ええ、毎週買いに行ってますよ」
 「どこまで買いに行っているんですか?」と俺。
 「いや、近いですよ。桜新町まで」
 なんたる食いしんぼ。


 
  6月25日  月曜

 今日より、おべんきょ再開。2コマ。
  参考書を買い込む。が、時間はあるのか。

 21時より、
 『スネークピットジャパン』へ。
 スズキと。このところ、毎日行っているのだが、
 他のジムのメンバーは、さまざまな試合直前で、猛練習中。
 傍目に見ても、反吐が出そうだ。

 『紙のプロレス38』が届く。



 待ってましたの、前田のインタビュー。
 おべんきょ授業で、
 「あなたの一番幸福の時はいつですか?」と聞かれて、
 言葉につまり「紙のプロレスを読んでいるときです」
 と答えてしまったが、
  全然、通じていなかった。
 それでも正直なところ。
 また、3時間、熟読。

 北海道、根室の近藤ちゃんから届いた、
 行者にんにく(アイヌ葱)美味い。
 刺し身こんにゃくと共に。

 メールの数が激減? なんでだろう。
 やる気の素だけに、メールはドンドン書いてくれ!

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る