6月11日  月曜日

15時、天王洲スタジオ入り。
TX『火の玉スポーツ列伝』コーナー収録。

激突!クイズ・バカ一代コーナー「猪木王」。

 一本目、シロート・チャンピオンに赤江くん(玉袋)が挑戦。
その勝者に俺が挑戦する。
赤江くんの勝利の瞬間、思わず歩み寄ってしまった。

 猪木王ともなれば、
俺とて仲間割れになっても、
ベルトは欲しい。



結果は、放送をお楽しみに、
俺的には、あらゆる意味で、
猪木イズム溢れる、非常に満足いく展開。

帰途、大崎のBOOK OFF、業者買い。
田原総一郎本、多岐に渡る仕事ぶりに感心。

環七のドンキホーテへ。
体脂肪率測定器、購入。

 「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
短い時間ながらも、精力的にコンディショニング。

 深夜、『スネークピットジャパン』代表の宮戸さんと、
元・会員であった 梅さんが飲んでいる、
お好み焼き「ぼちぼち」へ。

ジムを休会していた、梅さんが復帰してくれたことは、
たいへんに嬉しいことだ。
大阪人の梅さんは、ねぎ焼きに醤油ではなく、
ソースをかけるのが、気に入らないようだ。

 さらに「呑気放亭」へ。
俺は酔いつぶれたのだが、
二人はさらに、うどん屋へ。

 

6月12日  火曜日

「吉華」で、でランチサービス。
 五目そば。

 田原総一郎本、記事、読み込む。
昭和9年生まれの田原さんの、驚異的な仕事量に関して、
「好きなことやってお金を貰っているのが仕事、
好きなことやってお金を払っているが、趣味だと。
やっていることは同じなのだ」
なるほど。
それを思った途端に、面倒と思っていた仕事が、
急に、楽しい趣味をこなしているように思えるようになった。
「遊んでない」ことなど心配いらない。どうってことない。
そして、 余暇などいらない〜って思える。

 14時半、「スネークピット・ジャパン」へ。
女子プロの井上貴子選手が一人で、コンディショニング。
その横で、俺たち、
タイ式複合縄跳び、1R、5分で挑戦。30分。
これも、こなせるようになった。

 それでも、二郎は、体重増え続ける。

 ただし、二郎もおれも、体脂肪率は激減した。

BOOK OFF、中野店で買い込み。

昨日、宮戸さん、梅さん大推薦の
手打ちうどん『さぬきや』へ。
「かなり待たされますけど、冷たい方を食べてみてください」
言葉どおりに、注文してからの手打ちにたっぷり、待たされる。
で、出てきた、きらきら光る、うどん。
たれをゴマと、かけうどんのつゆの二色の、
二色うどんで食べたが、 いやはや感動した。
宮崎で食べた『重乃伊』以来、
冷やしを食べ終えると、思わず、おかわりして、
普通のきつねうどんも食べてしまったほどだ。

 帰宅後、田原総一郎の資料読み。
『勝つ日本』『戦争論争』と。

 

6月13日  水曜日

 午前中、「スネークピット・ジャパン」へ。
 二郎と二人きり。
 1R6分で、タイ式複合縄飛び、計36分。
 耐久時間、 新記録。
 あくまで俺は二郎のコーチ役、
 コーチとして、二郎に昨日より課題を与えて、
 昨日より、キツいメニューを与えている。
 俺も、同じメニューを一緒にやるが、
 当然、自分ひとりでやるより、妥協がない。

 よくプロレス団体で、レフリー最強説が語られるのも、
 選手とつきあって練習しているうちに、
 グッドコンディションになるのだろう。

 17時、早稲田大学で講演。
CM研究会主催。
実は動員、苦戦するかと思っていたが、
思いの外、大教室にすずなりの500人もの大観衆。
迎え手の大歓声。



千円の有料イベントだけに、俺たちも、この人波にはビックリ。
一時期、浅草キッドが学園祭にひっぱりだこの時期はあったのだが、
もう、そういう時期は終わったと思っていた。
な、ことはない。
キッド、大学の動員力すっかり回復ではないか。
そして、テレビでは出来ない、マル秘トークなど発注されれば、
俺たち、 お手の物だ。 観客は手の平の上だ。
特に学生相手は、強い。

二郎、マキタスポーツ、サンキュータツオが観客に。

 今、大学生に語りかける言葉は、硬軟織り交ぜ、いくらでもある。
昔のように、芸人として、
ただ、単にネタを披露して、笑わせようとしている頃とは違う。

学生との質疑応答を交えながら、
1時間半のトークは大受けで、
まだまだ、持ちネタは残り、 俺たちも物足らないほどだ。
それでも、退出時間の制限があったので、終了。
サイン会付きで、50冊用意した『お笑い男の星座』が
アッと言う間に、 売り切れた。

CM研究会の学生と記念撮影。

 帰途、牛込BOOK OFFで、買い込み。
この店、充実していた。

『紙のプロレス』編集部へ。
吉田豪に、古本を借りる。
山口編集長らと、よもやま話。


6月14日  木曜日

大塚美容歯科へ。抜糸。

15時、六本木、全日空ホテル 
雑誌、小学館『sabra』取材。ネットについて。
数ある芸能人HPのなかでも、
ネットの専門家に俺たちのHPの評価が高いので、
嬉しいことだ。

そのまま、全日空ホテルに、居残り、
『スコラ』連載用対談。
田原総一郎さんを迎えて。
主に、現況の政治について語ってもらう。

田原さん、俺たちがシロートと思って、
「@@って知ってるかな?」って、
気を使って言われるのが、残念…。
質問したいことは、山のようにあった。
時間がなかった。

後半、俺たちの質問に田原さん、ムキになった。
テレビ東京のディレクター時代、
警察に捕まることも、
取材の過程で、 セックスの本番行為すら辞さなかったお話を。

「今なら原一男が撮りそうな話ですね」
「原一夫は、その時のADだよ!」と。

 帰宅後、二郎運転手で、宮戸さんを乗せて、
赤堤、中華料理、「火龍園」 へ。
豪徳寺の駅で、全日本プロレスの垣原選手と、
ラーメン王・石神さんをピックアップ。

 『スネークピットジャパン』代表、宮戸さんのお料理人脈。
Uインター離脱後、
一時、料理人を目指した宮戸さんは、不思議な人脈があるのだ。
このお店は、浅ヤンをやっている頃、
「離宮」の厨房でよくお会いしていた、唐さんのお店。

ここに、『料理の鉄人』のキャベツ対決で、
道場六三郎に勝利を収めた、イタリアンの山田宏巳シェフと
お連れの人2名が合流。

山田シェフ、初めてお会いしたが、多趣味でフランク。
洋食、トンチンカンでなく、ちゃんと、
いろいろ、教えてくださる、 先輩を欲しいたので、
これはありがたい出会いだ。

和気あいあいとお話しながらの会食。

 二郎を紹介するときに、
「今は、スネークピットで練習していますが、
以前は、 バトラーツに入門したことがあるんです」
と言ったため、 垣原選手、
「スネークピットでは、関節技を習っているのですか?」と二郎に。
二郎が答えて、
「いえ、主に、踏み台の方をやっています」と。


ラーメン王、石神さん、例の暴力事件の影響か、
トッポい、あんちゃんかと思っていたが、 想像より断然礼儀正しい人。

ラーメンの話にしても、
@@より、@@のほうが、@@倍、美味いとか、不味いとか、
そういうことを自慢気に声高に言う人ではなく、
@@さんの場合は、@@のほうが、口に合うんじゃないでしょうか?
そちらのお店の方をお奨めします〜
と話せるような人。

石神携帯ホットラインがあったら、
どんな場所でも、ラーメン情報があって、
安心である。

 合流予定であった、田村選手は現れず、
途中合流した、ジョーダンズの三又を拾って、
我が家で、ZERO-ONE興行第3弾をビデオ鑑賞会。

 

6月15日  金曜日

東京発9時50分。
 大阪へ。
 KTV『2時ドキッ!』生出演。
 林寛子さんと御一緒。
 メーク室で、
 「TBSの朝やってたヤツ、見てたよ、
  あれだけ、よくも言ってくれたわね」と。
 灸を据えられる。
 「ま、お仕事でやってるんでしょうけどね」と。
 さすがに黒澤家のお姫様、
 しかし、一言言うと、実に サバサバとしたもんだ。

 
とんぼ帰りの、帰途、石神ネットワークで、
大久保、「はやし屋」で付け麺


23時半、六本木アーク入り
テレ朝『虎の門』生収録。
朝まで生どっち?
テーマは「西川峰子と峰不二子どっちがセクシーか」

みうらじゅん、塩田丸夫、蛭子能収、
さまぁーず、清水ミチコらと。

 パーティー帰りですっかり酔っている、
みうらさんと下ネタを中心とした楽屋話。
禁煙中のミチコさん、俺たちに、
みうらさんが、 煙草の効用を説く。
みうらさんと一晩いたら、確実にまた吸い出すだろう。

 朝4時帰宅。
新幹線の行き帰りに没頭したおかげで、
個人的ノルマ、予定より15日、前倒しで、ついに終了。
高校以来、21年ぶりの快挙。嬉し。
一人で、祝杯。

最初

98年

99年

00年

01年

前回

次回

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る