8月19日  日曜

おめでとうメールが300通。
研ナオコより祝福されてる気がする。

24時間テレビ、一日遅れ、ビデオで。
リビングデッドと言うか、死神と言うか、鬼嫁と言うか、
さまざまに表情を変え、研ナオコは完走。

ガッツ石松は復帰試合。
毎年、淡々とこの番組を見るが、
しかし、ガッツさんとなると、やっぱ個人的にちゃんと、
感動なり、偉業なりが、伝わるなぁ。

スネークピットジャパン』へ。
タイ式縄跳び、16分。
淡々とコンディショニング。
研ナオコは、ここ2ヶ月、
毎日、20キロ走っていたって言っていたが、
そりゃあ、凄いわ。
俺もやるよ、かってに俺24時間テレビ。
俺チャリティー。
俺、「家族 」ないけど。

スズキ(同居人)運転で、大磯ロングビーチへ。
『タイムショック21』ロケ。

楽屋でスタッフが誕生日プレゼントを。
激レアの夕樹舞子の写真集。
何故に?

ダチョウ、寺門さんの楽屋を訪ねて、
『お笑い男の星座』取材。
『TVブロス』の連載、寺門ジモン編は今や大好評だ。

5問以下に沈んだ、「トルネードファミリー」芸能人、
不振の原因は、高所恐怖症だと言うことで、
いざ克服特訓。
7・5メートルの 飛び込み台から出題。

原田大二郎、ダチョウ・ジモンさん、TAKE2東くん、
レッド吉田、なすび、松村邦洋、池谷くんのメンバー。

我々、進行役。



オンエア―では、残らないであろうが、
こういうボケ方の少ない企画で、
芸人らしいボケの順番を巡る駆け引き、先輩・後輩の関係、
本当に、恐怖症で何も出来ない状態、
集団芸としてのハーモニーなど、
芸人としての機微、一人一人の見せ場を引き出しながら、
進めていくのは、俺たちらしく、
オンエア―的には、無駄打ち、承知ながら
実に楽しい。

ジモンさんの貫禄ぶりがポール牧師匠のよう。
また、そこをイジられるのが、
お互い快感なのだ。


帰宅後、
K―1対猪木軍、結果を知らずに深夜にテレビで。

想像以上の危険な香り、緊張感、
身震いするほど、素晴らし。

猪木軍惨敗に、スズキ(同居人)をはじめ、
プロレスファンはショックを受けていたが、
俺は、負けてこそ良かった、
この結末こそが望んでいたものであった。

何故なら、K―1vs猪木軍と言う、
ドル箱カードが、周囲の反対を押してやってみたら、
やっぱりダメだった〜
試合にならなかった〜
茶番劇だった〜
そういう事態が懸念されたから。
さらに俄然有利とされていた、藤田があっさり勝った所で、
今度は、K―1側が、
「もういいや、これっきり」になる可能性すら合った。
今回で大いなるスタートとなった。
これは、新たな扉を開いた。


8月20日  月曜

財布を落としたため、
再び、府中の免許センターへ。
再交付、これで6回目!と言うことで、
案の定、別室に呼び出される。
真面目に説明。謝罪。
念書に署名。

大塚美容歯科へ、
長くかかった公共事業、
これで、一段落。
今後は、硬いものも噛める。
良かった。

タイ料理「BAAN~ESAN」
久々に。グリーンカレー食べたくなって。
このお店、在日タイ人が選ぶタイ料理店No.1に選ばれたとか。
ひょんな流れで、
鳥肌実、居島一平、ジャン相見君と共に。


『金持ち父さん、貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)
ベストセラーであるが、
仕事の資料として読んでみる。



中学生の頃、親父の本棚から、
よく、邱 永漢(きゅうえいかん)とか、
藤田田の本とか読んでいた。
なんで興味があったのか?
子供心に俺って商人の息子なのだなぁって思っていた。

その後、そういう経済やら、
金融やら、またそういう 文章意識したことない。

読んでみると、
いやはや、確かに、
現代は、大波逆巻く、経済活動の大海原に、
泳ぎもしらないのに、飛び込ませる社会である。
読んでよかった。
仕事がなかったら、読むことは無かったろう。

しかし、一種のショック療法なのはよくわかるが、
どうも、子供の語り口で、
自分の父を「貧乏父さん」だと、いう言い方には、
なんだか馴染めないなぁ。

いしだ壱成、大麻で逮捕。
こんな時期に……。
研さんの快挙もなんだか、泥塗られそうだな。



8月21日  火曜

5時半、起床、早い!
6時半、浅草、焼き肉屋「不二苑」へ。


リクルート・インターネット番組収録。
ファイナンシャル・リテラシー、
投資について、シロートとして一緒に考える番組。
カツラで扮装。
俺、先生役。
容貌魁偉、まるで、岡千秋、向井万起夫か。
金田い一耕助(かねだいいちこうすけ)を名乗ることにする。


早朝より生ビール、
焼肉、つつく。

モデルの岸 史子さん一緒。
21歳、島根県出身。
ただ居るだけの、綺麗なお人形さんだと思ったいたら、
つつけば、なかなか、オモロなリアクションあり。
バラエティー向きの性格。 売れるわ、この人。
聞けば、OKA-CHANGの知り合いではないか。



浅草、サウナ『提柳泉』
タオル一枚巻いて半裸で。
貯金箱作りなど。


亀有、『東京錦鯉センター』
金を育てて、金を生むなどの標語を掲げながら。
次回は16日に、フリーマーケットやることに。


早起きと、移動の連続、
帰宅後、あまりの疲れに、ぼんやりしながら、
積読していた、
「読んだ先からすぐ腐る」松尾スズキ+河井 克夫 著
読んだ先からすぐに眠くなるだろう、
と 読みはじめたら、最後まで。



いや、これだけ、どうでもいいはなし、なのに、
実にオモロだ、しかもマンガも実にイイイイ。
こういうの、才能感じるね。



8月22日  水曜

朝、腰痛、起きられず。

『スネークピットジャパン』に行って、
宮戸さんに苦情。
「ジムに来て以来、身体が痛くない日がないですよ。
 もっと太極拳教室とかにしてください」と。
今日はストレットだけ軽くやるつもりだったのに、
やっているうちに体が、動き出す。
体は不思議だ。
2時間たっぷり、ここ最近で最も長くやった。

台風が去り、雨が上がった山手通りを、
キリンジの『雨をみくびるな』聞きながら、
恵比寿ガーデンシネマへ。
綺麗な劇場だ。
ロビーで『テルミン』が展示されていたが、
あれって、売っているのだな。

『ゴースト・ワールド』
ダニエル・クローズのマンガが原作。
相当、オモロ、大満足。



サブカル少女って世界共通なんだな。
タランティーノで、多くの映画おたく少年、救われたが、
この映画、多くの少女が、これは自分の物語だと思うだろう。
一つ一つ、台詞がたまらない。
スティーブ・ブシェミは素晴らしい、
板尾創路と似ているな、と思いつつ。

『さぬきや』二色うどん、親子丼、
この店を紹介してくれた宮戸さんの話をしていたら、
偶然にもその宮戸さんが入ってくる。
そのまま、宮戸さんが夏休みに行った、
香川さぬきうどんツアーの話。
「2日で10軒も廻りましたよ!」と。
うどん屋で他のうどん屋のお話いかがなものかと思っていたが、
「この店もひけをとらないよ」でホッとする。



8月23日  木曜

グランドアーク半蔵門、
徳間書店『ベストギア』連載取材。
格闘技プロショップ、
ISAMIの店長、前田さんを向かえて、
格闘、体力増強グッズをいろいろモニターする。
体中に重りをつけて、まるで奴隷になったよう。
浅草キッドファンの店長が、取材で着用した、
タイツをプレゼントしてくれる。
ありがとう!
彼こそ、今週のMVPである!(ターザン風)

徳間書店、「アサヒ芸能人」新単行本、打ち合せ。
作家の山本茂、
徳間の板垣さんと。
なかなか論理の明快な人。
なんとか、ここでポテンヒットでも良いから、出塁して、
念願の「アサヒ芸能人大図鑑 」まで辿り着きたい。

TX『火の玉スポーツ列伝』打ち合せ。

『スネークピットジャパン』へ。
今日も元気に30分タイ式縄跳び。
コンデョショニング、
びっしょり、 汗まみれ。

21時TBS「北野誠の世紀の雑談」へ。
ディレクター、
「博士の日記読んで、ファスティングやりましたよ。
 僕も『スネークピットジャパン』に入りたいんですよ」などと。
良いことだ。
なんの準備もなく、ホントの雑談。
いや、2時間たっぷり、
この番組、毎度お馴染みのノイローゼ的愚痴トーク。



8月24日  金曜

EARTHで散髪。
前回、時間がかかったのに、
今回は、猛スピードでやってくださる。

おべんきょ、ひとこま、
偶然会った、『笑芸人』専属、
イラストレーターの村松さんと、
4丁目カフェへ。

今日も『スネークピットジャパン』へ。
20分、タイ式縄とび。
コンディショニング。

眼帯をつけた菊田早苗選手と話。
ついに、美濃輪選手とのパンクラス頂上戦決定。
「せっかくの対決なのに、機が熟してないんですかね?」と。
寝技世界チャンピオンである今こそ、
試合に付加価値を添える、アドバルーンをあげてくれ!と。

中野、イル・ファルネーロで食事。
相変わらず、美味よ。

SMAP稲垣くん逮捕の報、最初はネットで。
しかし、昨日、誠さんとラジオで絶賛したばっかり。
驚くね。こんなことがあるんだね。
人生、一寸先は、闇だ。

 

8月25日  土曜

今日も『スネークピットジャパン』へ。
オーバーワーク気味なので、ウエイト・オンリーで。
今週は、なんと6日出席。
ようやく、風邪ひき前の、コンディション戻る。
新聞記者のスティーブン・キャノンが一緒。
今度、食事しようと。

グランドアーク半蔵門、
『月刊アサヒ芸能エンタメ』対談。
そのまんま東さんと。
東さん、稲垣くんのお話知らないで……。
「俺たちの“謹慎ズ”に入会できるな」などと話し込む。

テレ朝から独立した、辻よりなりアナウンサーを向かえて、
「辻人成じゃないの?」と東さん。

脱サラリーマン話。
ページ数が足らないのだが、
2時間、かなりオモロで話し込む。


神田『グレートアントニオ』、
浅草キッドTシャツは売れ行き好調だが、
「お笑い男の星座」はサイン会以降、売れてなかった。
そういうものか。
絶対、もう一度盛り上げてやる。

『紙のプロレス41』発見。
ここは、早売りしているのか。
車を停めて、しばし読み込む。



ついにWWF特集。
田中正志さんが『ビヨンド・ザ・マット』について、秀逸な原稿。

お台場へ、
20時から、BSフジ『お台場トレンド市場』3時間生放送、
BOOKコーナーで本紹介のため、
一週間、8冊を読んでいる司会の高橋里香は、
恐るべし。
大食いならぬ大読み選手権出れるよ。

他の出演者も少しは読めよって話だな。

共演者のYUKIKOさんがお気に入りのキッドTシャツ着用。
さすが、モデルさん、似合うわ。
しかも、上場予定に。
売れるな、このTシャツ。

とか言いつつ、いつのまにか、
このHPが200万ヒットに到達。
数字は、あくまで通過点ですから……
と、イチローのようなことを言ってみたかったりして。

記念に、HP移転します
アドレスは
http://www.asakusakid.com
(9・1正式スタート)

博士の悪童日記<2001年8月下旬~後編>へ

最初

98年

99年

00年

01年

先月

8月

前回

次回

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る