12月11日  火曜

オフながら、原稿があるんだよ!
もう毎日、毎日、あるんだよ!と。
それが君のお仕事なの!
と言い聞かせながら、モニターに向かう。

日経エンタ!「本と誠」に、えなり本2冊取り上げる。
字数は、やはり足らないのだ。
さらに前々回分連載のネット版(連載より字数2倍)もアップ。
せっかく公開しているので、感想ちょうだいね。

ザ・テレビジョンの原稿書き。
ここのところの田代報道の、
早稲田の学園祭のビデオ放送などに、
異議あり、どころか、ついに、
俺たちと東さんとの対談まで、
無反省の例として、引用されていた。

そこで、田代さんに、ある種の同情論の原稿書いていたが、
本日、ついに自宅から覚せい剤まで出てきて、
もはや同情の余地もなく、
全部書き換えることに。
しかし、罪は罪としても、この公開処刑ぶり、
考えれば考えるほど、
田代さんのこと、将来的な安否、かなり心配になる。
むしろ、ビンラディン以上に俺は、気がかりだ。

昼、『スネークピットジャパン』へ久々に。
宮戸さんと、高橋本の話。
タイ式縄飛び、ストレッチとウエイト。

エアロバイクAI、80分。
みうらじゅん、いとうせいこうの
WOWOWで放送になった、
武道館スライドショーを見ながら……。
オープニング、カッコいい。

チョイナから貰った、毛がに、
根室のコンちゃんから、送ってもらった、イクラ、行者にんにく、
などに舌鼓を打ちつつ、ビール。
バイクやったあとの、ビールは格別。

12月12日  水曜

朝、家、工事の方、入る。

14時、東京発、
名古屋入り。
東海テレビ『スポーツ決定的瞬間2001』収録
(12/22 15時〜16時半)

局の近くで、味噌煮込みきしめん。

司会・高田純次さん、アシスタント・白石美帆、
ゲストパネラー・二宮清純、角盈男、金村義明、
陣内貴美子、川村亜紀。
俺たちは、パネラーの他に、
浅草キッドが選ぶ10大ニュースのコーナーも担当。

年末は、2年前まで、この局で、
ドラゴンズとグランパスの忘年会を司会していた。
サッカー音痴の俺達は、
毎回、グランパスの選手がわからず、
ドギマギしたものだ。

作家が、昔、ラジオを一緒にやっていた、右近亨さん。
相変わらずのお調子、風情、旧交を暖めつつ、
楽屋で、高田純次さんとマーシー話。

本番、白石さんの美女ぶり、
いいかげんな司会の高田節を堪能し、
客が、女性、おばさんばかりで、
スポーツのコアな 話題には、ぽかんとしていた。

「高校のとき、チャフラフスカを見た」って話を聞いていると、
純次さんが、54歳なのだなぁってこと実感する。

帰途、大久保の『韓国広場』で、
二人で買い物していたら、
IWAジャパンの浅野社長と出くわす。
レジを引き受けてくれた。




12月13日  木曜

引越し後、敷寝が、ベッドになってから、
朝起きると、へなへなの腰痛で、
しばらく、まっすぐ立つことも出来なかった。

が、マットを今まで使っていた
『ヘルスロールExcel』、に変えた。
ベッドになって、サイズが合わなかったのだが、
思い切って、シングルサイズを購入した途端に解決。
実は、これ、もう10年来愛用しているのだが、
これだけ、効果覿面だとは思わなかった。

14時入り。
渋谷ビデオスタジオ。
『和風が来た!』2本収録。

楽屋で、玉袋の携帯に、
ミスター高橋氏より、直接電話がある。
どうやら、あれだけの本となると、
著者の周囲も、キナ臭くなっているようだ。

オダギリジョー、杉田かおると一緒。
一本目、温泉、
ゲスト・さとう珠緒。
世界側の俺たちは、ブタペストの温泉紹介。
そして、日本側は、湯治の終着駅、玉川温泉。
末期ガン患者のホスピスと言われるほどの、
荒療治の湯。
完全に劇薬級の温泉湯なのだが、
スタジオに風呂が用意され、
俺、裸になって、つけられる。
たけし軍団伝統芸である、熱湯風呂の行。
最初は、楽屋で、嫌がっていたのだが、
これも、また俺たちの仕事よ。と思い直す。
俺の入浴姿をのぞかれ、ビデオで収められる。
嗚呼、マーシー気分。

二本目、リフォーム対決、
異例の2週分。
ゲスト、熊谷真美さん。
ワイドショーで見慣れた、リフォームだが、
ぼろぼろのゴミ屋敷のような旧家屋、
町屋のほぼ建て替えを3日かけて。
しかも、担当者が、
日本在住の 世界的な建築家と、
カリスマおばさんリフォーマーの対決。

これが、「みんなのいえ」もビックリの
見ごたえ抜群のVであった。
スタジオ中、感嘆の声。

収録終了後、スタジオで簡単に、
一年分の打ち上げ。挨拶。
まだまだ外様気分の俺たち。

殿と共に、赤坂へ。
日本一高級な、すっぽん屋へ。

初めて、この店で、殿にご馳走になった時、
「このお店で、自分でお勘定を払えるよう、
 年末に絶対、殿にお返ししよう」
と赤江くん(玉袋)と言いきかした。

そして、今日、今年、一年の目標を果たす。
「社長!今日は、ご馳走になります」
と殿に「社長」と呼ばれながら、
すっぱん鍋、突付く。
ここでも、マーシー話。
罪は罪としても、
このままでは、「自殺するのでは…」と、
ここで「芸人としての」殿の提案に唸る。

ああ、芸人で良かった。
個人的ご報告も済ます。
調子に乗って、殿にお車代まで渡したかったが、
さすがに、そこまでは出来なかった。
帰途、心から充実した幸せな気分。
師匠を持ち、
その存在に絶対的な帰依の気持ちを持つことの、
楽しさなり。


12月14日  金曜

金曜日は、先週に続いて、
今日もいそがし。


早起きして、浜田幸一関連の資料読み。

11時、赤坂東急ホテル、
スコラ連載対談。
念願の浜田幸一氏と。

赤江くん(玉袋)が遅れて、
二人きりでスタートだが、
いきなりトップスピードで、話し出し、
会話のペース調整出来ない。
猪突猛進のハマコー節トーク。
いろいろ個人的に興味ある、
聞きたいお話もあったのだが、
すぐに時間切れに。


13時半、TBS―R入り
『青島健太のスポーツボンバー』収録。
大リーグコメンテーター、福島さん一緒。
1年振り返り、先に名古屋の番組があったので、
どんな話題も自由自在、
スタッフも大笑い。

16時からTBS『ワンダフル』打ち合わせ
マキタスポーツの兄貴が、チーフディレクター。
2002年の予想をしてくれ!との発注。

18時、初台、アスキー本社へ。
『週刊アスキー』の連載体験取材、
4回分をまとめて。
写真を決めで撮りつつ、
原稿分は後入れという事で。

一旦、帰宅。原稿整理。


本日の東スポ、
「田代復帰へ
 志村けん 俺が面倒見る!」との見出し。
昨日の今日ではある。
このご時世では、なんとも、不謹慎ではあるのだろうが、
どこか、セーフティーネットが出来て 一安心する。

22時、事務所、
TVタックルの特番、裏TVタックル打ち合わせ。
29日放送になる。
久々に、OTOの滝川さんと一緒。
今や、番組プロデューサーだが、
昔、他番組のディレクター時代、一緒に旅したりで、
極めて仲良しだったのに、すっかり疎遠。
また、仕事できるだけでも嬉し。

24時入り、赤坂アークヒルズ入り
『虎ノ門』生放送、
司会、岩崎恭子、
朝まで生どっち!? 
テーマは、
「栃木の一軒屋と青山のワンルーム、住むならどっち?」

青山派、俺、上田、蛭子能収、小池栄子、大槻教授、
栃木派、勝俣州和、玉袋、
偶然にも、大槻教授が、栃木の一軒屋を所有していた。
今回の切り札だったのだが炸裂せず、敗北。

視聴率、とったり虎れたり、
月九枠対決。

その後の、お笑いコーナーで、ダイノジが10点取っていた。
出番前に、大谷君、三谷の芝居ビデオよろしくの話。

朝5時、帰宅。
ここから、飲みだすのだが、
お取寄せ、田村長の小鯛昆布〆、
あっという間になくなる。

12月15日  金曜 

宝島のファッション雑誌、smart誌に、
スチャダラパーのBOSE君が、
『お笑い男の星座』を激賞してくれる。
今年の本の10冊。
しかも一位。

俺が、まだ野球帽を愛用していた頃、
やたらと、キャバクラで彼と間違われたものだ。
ま、俺の場合、BOSEではなく、
「エロ坊主」を自称していたものだ。



カラーページにまるで、
BOSE君が、昔、出ていたユニクロの広告のような写真。
そして広げている本が『お笑い男の星座』
さらに、10冊の短い書評があるのだが、

浅草キッド『お笑い男の星座』。
最近読んだ本の中では一番面白かった。
言葉の引用が人並外れて面白いから文章は天才的。
大言しつつもお笑い界の中では
ここまでちゃんと文章が書ける人はそんなにいない。


嬉しいではないか。
田口ランディーより上位なのだから。
この1年、繰り返し、『お笑い男の星座』のことだけは、
意図的に、この日記に書き続けている。
しかも、これだけの評価に相応しいと、
客観的に、自分で思っている。

原稿仕事は好きじゃない。
タレント仕事に比べると、効率も悪い。
でも、俺、「活字」を信じてる。
今まで、俺、「活字」で生かされてきた。
と思っている。

だからこそ、読み捨てられる
仕事がしたいわけじゃない。
自分の代表作だと、
時間をかけて取り組んでいる仕事が、
しょせん、この程度の反響か!!
と自分で思いたくないのだ。
こういう記事があると励みになる。
そして、この本の布教に諦めたわけじゃない。

新潮社の「アサ秘ジャーナル」単行本化、
作業始まる。
対談原稿直し、この作業は、嫌いじゃない。
時間忘れて、何時間でも大丈夫。

『レッツゴー!永田町』最終回、見ながら、
エアロバイク60分。
ドラマを最終回まで見たのは、久々のこと。

19時、お台場・フジテレビ入り。
楽屋計量部、今回も3人共に、クリア。
エアロバイクAI効果で、
俺、それほど苦もなくなってきた。
BSフジ『お台場トレンド市場』3時間生放送。

終了後、橋詰マネ、通称シュレックを、映画に誘う。
お台場のシネマメディアージュへ行くが、時間が合わず、
急いで、銀座の日劇プラザ、
『シュレック』オールナイト興行へ。
ディズニーアニメを皮肉っていたり、
全体の悪趣味が良いのだが、
ストーリー的には、やや物足らず。
深夜2時終了。
個人的には、彼女の約束を反故しながら、
シュレックを見ている、橋詰くんがオモロ。
映画って作品だけじゃない。
映画を見る行為、イベント性を含めて、映画鑑賞なり。


12月16日  日曜

15時半、TBSラジオ入り

17時半、「浅草キッドの社会の窓」生放送。
これでいいのか!?ディナーショー、
これでいいのか!?日本映画界、
ゲスト・「キネマ旬報」関口編集長を迎えて。

19時、そのままTBSにて
『ワンダフル』収録(1/10放送予定 VTR出演)
2002年を大予想。
スタジオでワンギャルと一緒かと思ったら、
隔離されたまま、こたつのセット、
たった5分のコーナーに
45分かけて語っている非効率は、
もう性分としか、いいようがない。

帰宅後、我が家で、鍋パーティー。

UWF史上ナンバー1のチャンコ番だった、
宮戸優光さんを迎えて、 鍋を囲む。
シーザーサラダとあんこう鍋、を、
わずか30分で仕込む手際の良さ。

カイロプラティック学校を経営している信廣さん夫妻。
ジムの先輩、梅さんと一緒。
途中より、ゾマホン、TBSの熊谷さんも来宅。
ワインを開けて。
地球儀を眺めながら、ゾマホンの世界講義。
彼は明日、早朝から、
アフリカへ帰ると言うのに……。.


気がつくと、熊谷さんと二人で飲んでいた。


12月17日  月曜

夕べのワインが残って、二日酔いのまま。
大阪へ。
MBS、「たかじんONE MAN」収録
今年の最終回と言うことで、10分長めの放送に。

志垣五郎、大東めぐみ、千堂あきほ、松山愛アナ、
ベーブルース高山 水玉れっぷう隊、などと一緒。

中刷り大賞、各部門賞を発表。
俺たちは、アサ芸小見出し大賞を発表。

終了後、志垣五郎さんにお子様用にサイン求められる。

帰宅後、『TVタックル』をビデオで見ながら、
エアロバイクAIを60分。

大阪から買って帰った、
最近、 TVCMまで、はじめた、点天 の一口ぎょうざ。
海鮮ささみ漬けで、ビール。


12月18日  火曜

12時、グランドアーク半蔵門入り
『月刊アサヒ芸能エンタメ!』
そのまんま東さんとの連載対談。

ゲスト・山田邦子さん。
俺たちは、邦子さんと仕事を2回程しかしたことがない。
が、今は、旦那さんとお仕事をしている。
東さんは、軍団創成期から邦子さんとは、
長い付き合いなので、 昔話に花咲く。

そのまま13時から、
『おしゃれ関係』打ち合わせ。

『EARTH』で散髪しつつ、
明日の資料読み。
ずいぶん固い資料読んでますね、と言われつつ。
ただ、散髪しながらだと、
移動できないので、集中力あがる。

炭火焼料理、がんじゅうや・GANJUUYAA
まぐろほほ肉炭火焼き、
ひよこ豆とトマトのバルサミコ酢のサラダ、
グッド。
明日葉もあるし、低価格で、美味い。

『ダカーポ』最新号が送られてくる。
ここで新連載『浅草キッドのバカーポ』は、
よ〜し!と覚悟を決めて、時間をかけて、
取り組んでいるので、
ぜひ読んでください。

「紙のプロレス45」最新号、
高橋本の特集を早くも。



朝まで、資料読み。
渡部喜美さんの提唱する、
不良債権解決法など考えて、
いろいろ他の資料当たっていたら、
頭から煙出てきた。

12月19日  水曜

TBS「アサ秘ジャーナル」収録。
12時半、
大田区南千束、日本家屋風のスタジオ、 ピアへ。

一本目、新年を迎えて、
久々に論説委員のお言葉を。
評論家、お二人。
俺の中学の先輩で、2回目出演、江田憲司氏、
そして、ユル・ブリンナー頭の三宅久之氏、
いやはや、言いたい放題で、実にオモロだった。
2時間収録で一本ではもったいない。

2本目、この番組、2回目の登場、
衆議院議員、渡部喜美さん。
庶民派クイズ織り交ぜながら。
なんとか、フックのある言葉が欲しいと、
心を悪魔にしても、
きな臭いことを入れなければと誘導を試みる。
確かに、若手、若手と言われるが、
49歳は、ブレアや、プーチンより若いのだ。

帰途、
環七を通る際には、必ず立ち寄りたい、
ラーメン「せたがや」へ。
丁度、行列がない時に、
ひらつけめん、あおさのりをトッピング。
美味い。

帰宅後、突如、無気力と眠気に襲われて、
2時間、横になると言っときながら、
そのまま なんと12時間も大睡眠。
今年もっとも寝たのでは?


12月20日  木曜

15時、麹町、日本テレビ入り
『おしゃれ関係』収録。
来年放送分。
メインゲスト・アントニオ猪木。
俺たち、スーツに着替えて、
客席出演。
古舘さんに、思いの外、 何度も話を振られる。
あ・うんの呼吸と言うか、
アイコンタクトと言うか、
頻繁にパスを送られ、
見せ場をもらい、
これは、 ありがたいことだ〜と思う。
敬愛する猪木様との共演に、
心から、光栄に思いつつ。
話が脱線していることを自覚しながら、
もっとも、猪木さんに親しく、影響を受けたはずの、
古舘さんが、
「猪木さんに闘魂注入してほしくない」
「猪木さんは、神様ではない」
と他力本願を否定するトーク。
俺自身、別種のメッセージと、
感じ入るものがある。

古舘さんが、これからは闘魂に頼るな!
と引退試合でも 檄を飛ばしていたことを思い返す。
しかし、闘魂依存の代表が俺たちなのだが。

本当に、まっとうな欲として、
メインゲストで出られるように、
なるべきなのだと思った。

帰途、ずっと気になっていた、
富久町、 関西うどん「もっきりや」へ。

エアロバイクAI、100分こなしながら、
たまったビデオを見る。
情熱大陸「おちまさと」、
絶対的な仕事量に嫉妬を受けながらの、
浮き上がる存在バカデミー賞ぶりオモロ。

ZONE「高田延彦」

ガッツさん編集ビデオ、
「ガッツ石松 栄光への道筋
 〜WBC世界ライト級チャンピオン獲得20周年記念」、
など見ながら。

海鮮ささみ漬けでビール。
夜、ラジオ聞きながら就寝。

最初

98年

99年

00年

01年

先月

12月

前回

次回


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る