1月11日  金曜

昼、歌舞伎町「月亭」
ターザン、行き着けのお店。
接待馴れしない俺たち。
遠慮しがち、昼からビール。
京風弁当を食べながら、
『紙のプロレス』座談会。

山口日昇編集長、
RINGS担当、 ガンツと共に。
前田日明のRINGS解散について。

ずんどこ応援団として、
長く 前田ファンの我々だが、
今回は、湿っぽくなっていない。
むしろ、RINGSファンは、
ままならぬ団体の方向性に、
気を病むことがなくなり、
肩の荷が降りた部分がある。
そういうお話で盛り上がる。

赤江くん(玉袋)のお土産の讃岐、
かまたまうどん、 本日も。
確かに、ぺロリと2人前だ。

篠崎誠監督
『忘れられぬ人々』ビデオで。
生理的にオモロ。なるほど。
こういう映画をとられるのか。

そして、今年は、この篠崎監督が、
俺にとっての、
忘れられぬ人々になるのだな。

 

ANB 『虎ノ門』、
司会、美保純、
「朝まで生どっち?」
「徹子の部屋とテレホンショッキング、出るならどっち」
徹子派:和田勉、浅草キッド、蛭子能収、
テレショッキング派:勝俣州和、上田、小池栄子、

楽屋で、和田勉さんに、舞台セクハラ事件の話に、
切り込む。
女性誌が一誌追いかけているだけで、
ま、誰も興味持ってないと思うけど……。
個人的には、興味がある。

いまだに、先生は現役ですか?
相手と場所によるね〜。
と、言うことは、いまだ股間のハリマオですか。
いやいや、はりぼてだよ。
〜とのこと。


視聴率とったり虎れたり、
「ウルルン vs おしゃれ」

帰途、青山ブックセンターに寄る。
毎度のことながら、
帰宅後も、なかなか眠れず。

俺が、webで読んでいる数少ないページは
そのまんま東さんの日記である。
人情の機微を知る40すぎての学生生活ぶりが、
なんとも、若々しくもあり、郷愁を誘うのであるが、
本日の回は、しみじみした。
普通なら、
欠伸を噛み殺すはずの授業のなかで、
こんなドラマがあるのだな。

経済学の松本教授の友人の京都大学の教授が、
一人息子を自殺で無くされたらしい。 
その教授には3人のご子息がおられて、
上二人は東大、下は東大に落ちて慶応に行ったらしい・・・・・・
その劣等感を苦に死を選んだらしい・・・・
下らないことだ・・・・・・
それからというもの、その教授の落ちこみは尋常ではなく、
以来、学生の卒業の色紙に必ず「生きる」と書くらしい・・・・
何か、じんと来た。 
それから、松本教授の座右の銘的最後の詞の朗読・・・・・・・
欲出迎雨  東風吹雨悩遊人  萬路新泥負細塵・・・・・・・・・
それから、
「洪水のように大きく、烈しく生きなくてよい・・・・・
清水のように、あの岩陰の人目につかぬ滴のように、
清らかに密やかに自ら濯いで生きて貰いたい・・・・・」
教授は眼鏡を取り、静かに目頭を拭いた・・・・・
僕は、必死にその詞をノートに書きつけていた。
それまで執ったノートの字の上に、
大きく書きつけたその詞は、
この一年、学習したどんな経済学の項目より、太く輝いていた。


1月12日  土曜

12時、渋谷スタジオ、
チャンネル北野・浅草スポーツST収録、
マキタスポーツと一緒。
ミニスカポリスの女の子ら3人がゲスト。

終了後、富ヶ谷、こうじんクリニックで、
いつものように、胎盤エキス点滴。

そこに、洋行帰りの新庄選手と偶然に出くわす。
さすがに、緊張する。
「はじめまして」と俺が言うと、
「お久しぶり」と、
まるで話はかまない。
いやあ、大リーガーのオーラすごいわ。

BSフジ『お台場トレンド市場』3時間生放送。
楽屋で、ふとした弾みで、
軽いギックリ腰に。

BOOK のコーナーで、
英語本をひっさげて、
ぜんじろうが、生出演。

一時は、確実に売れ筋にいた芸人である。
理由は、なぜだかしらないが、
突然、テレビシーンから後退したまま、
NHKの英語番組のレギュラーになって3年、
今は、たまに渡米して
英語でお笑いをやっているのだ。
しかし、新庄のような、大成功ではないだろう。
個人的には、知り合いとして懐かしい、
また少しは、その人生を、 羨ましくもある。

番組終了後、メディアシティーで、
橋詰マネを連れて、
「バニラ・スカイ」(Review by:映画瓦版)

賛否両論あるが、俺はオモロだった。

主人公が交通事故で、顔が破壊された男。
という、意味では、ビートたけしを
思い返さないではいられない。
そういう意味では、映画を見ながら、
まったく無関係な話を、夢想してしまう俺。

トム・クルーズは、
映画と現実の区別がつかない男。
相手役のペネロペ・クルスに惚れ込み、
役柄と現実がわからなくなっている
ところが興味引く。

そして映画の中身は、
夢と現の区別がつかない男の物語である。

なんだか、そういう空想が三すくみとなって、
映画の吸引力が長く持続した。


1月13日  日曜

14時、TBS「深夜の星」打ち合わせ。
「嗚呼!哀しみの放送作家塾」
元、ロコモーション、
山谷氏がディレクター。
昔、俺が、ダンカンさんの鞄持ちだった頃、
元気がでるテレビの、会議で一緒だった。
お互いペイペイだったころの、
旧交を暖めつつ。

TBS楽屋で、
日曜日の秘密基地のゲストに来ていた、
清水ミチコさんと話し。

17時半、「浅草キッドの社会の窓」生放送。
○これでいいのか、センター試験。
ケイコ先生。
顔立ちが、見るからに賢そう。
「賢そう」って俺にはフェロモンなのかも。
歳とって、ますますそう思うようになったな。

○見出し丸出しランキング。
赤江くん(玉袋)の四国旅行、
広末、四谷怪談の話など。

○これでいいのか、デヴィ夫人。
放送丸投げ、デヴィ夫人の独壇場、

総じて意見が偏っているとは思わないが、
マスコミ、放送人だと思うと、無難さを求めて、
自分が、知らず知らず、中道が、左よりなのだな、
って思う。
合いの手も入れずらい展開で、
まるで、デヴィ夫人の政見放送に、
これでいいのかと、俺が思いつつ。


1月14日  月曜

まだ、ぎっくり腰状態。
冬場に、どこか体調をくずしたりしていると、
目覚めの段階で、気分低調。

橋詰マネの岡山土産、
ふるいちの、ぶっかけうどん。
お土産に優劣あるわけなく、
ありがたく、これも、美味い。

家に篭って原稿書き。

『天然まんが家』本宮ひろし読了。
こりゃあ、オモロ。

漫画家は売れっ子になればなるほど、
苛酷な職業であることは、よく知られている。
大ヒットを続けることが、いかに困難か。
週刊単位で仕事をするのが、
いかに、才能を疲弊していくことか。
また、そのプレッシャーで、
精神をおかしくする人も多い。
そのなかで、
本宮ひろし、
実際、自律神経失調など、
精神もおかしくしつつも、
何度も、第一線に蘇ってきた男。

なにしろ、作品の完成度も放棄し、
いや、漫画を自分で描く作業も放棄し、
この人、結果論で、成立しているのだ。

なんでも自分でやろうとしない。
完璧主義を持たない。
もっともっと、 他人にあづける
神輿に乗ることの重要性を知る。

エアロバイクAI、120分、
テレビタックル、サンデープロジェクト、
見ながら。
たっぷり汗をかいても、
終了後に、ビールぐびぐび。
もう、これを味わいたいがための運動だ。


1月15日  火曜

スズキ(同居人)の運転で、世田谷のスタジオ、
TBS「深夜の星」ロケ。
「嗚呼、哀しみの放送作家塾」
50名の志願者を6名に絞る、前振り。
ほとんど、記憶ないままに。

赤坂TBS別館移動。
6人の放送作家志望を面接。

玉袋が進行。

俺も偉そうに、審査に加わる。

放送作家:笹川勇、高橋ナツコ、ディレクター:掛水伸一
が、前半審査、

後半は、放送作家:安達元一、
元、何人トリオの 前田政二、
ディレクター:西田二郎、

週刊誌に書評をはじめた、
読書家の安達さんと小説の話。

安達さんの顔に似合わぬ、悪役ぶりと、
西田さんの怒涛の関西弁がオモロだった。

20時終了。

1月16日  水曜

スネークピットジャパン』へ。
久々。コンディショニング。
筋トレ。
明日の筋肉痛が予想される。

驚いたことに、
ジムのオーナーである宮戸優光さん、
ついに結婚とのこと。
式が3月10日。
なんと、仲人は、ルー・テーズさん。
前日には、トークショーもあるようだ。



新宿、ファイナルバーゲン。
富士そば。

帰宅後、
共産党、百瀬博教、資料読み。

テレビジョン原稿書き。
「広末の話」


1月17日  木曜

昨日の久々のスクワット、
筋肉痛に悲鳴。

12時、千駄ヶ谷の共産党本部にて
TBS「アサ秘ジャーナル」収録。
ゲスト・共産党、志位和夫委員長。

初めて入った代々木の本部。
しかも、相手は党首だ。
フランクに話してくれてありがたいが、
こちらの、勉強不足もあるのだろうが、
話が固くなりがちであった。
政策や、党是の話って、聞いていて、
なんだか退屈になる。
政治家ももっと、自分が出ている方が、
チャーミングなのだな。
石原都知事の、
「共産党はハイエナ発言」取り上げる。


その石原都知事が、出演する、
『Tokyo Boy』3本収録。

16時、芝公園スタジオ入り

俺たち、司会。
石原都知事、テリー伊藤、酒井若菜、高城剛
荒木啓子、水野晴郎、

○ 映像コンテストGP
○ 集まれ!ベンチャー企業
○ 私が思う教育論!

都知事は、2本で退出。


そして、その石原氏と因縁深い、
百瀬さんと対談。

20時、東京プリンスホテル入り、
『スコラ』連載対談。
百瀬博教さんを迎えて。

新刊『プライドの怪人』を巡るお話。
および、猪木祭りの舞台裏など、
「日本のドン・キング」として、
興味尽きない話。
さらには、百瀬マニアの俺だけの、
興味で、いろいろと質問。

終了後、
青山の百瀬博教さんのお宅へ招かれる。
双葉社の渡部記者、合流。

何部屋にも、分散された、
さまざま、コレクションを見せていただくが、
6年間の、獄中の勉強ノートに見入る。
一糸乱れぬ、その筆致。
人生の暗闇のなかで、この集中力と向上心。
今、無邪気に話をする百瀬博教さんと、
同じ人格の持ち主とは思えない。

さらにスコラ編集2名、
百瀬さんの客人2名、
も合流。

西麻布『キャンティー』、

「たけしの森」の横で食事。
西川きよし師匠、 美川憲一さん、
神田うのらと遭遇。

俺が竹中労さんに生前お会いした話など。

深夜3時帰宅


1月18日  金曜

原稿書き。
昨日、見た、百瀬博教さんの
獄中記思い出しながら。
集中して書く。

渋谷パルコ劇場舞台。
『彦馬がゆく』

休憩を挟んで、3時間半の舞台。
幕末の志士が次々と現れる。
三谷喜劇には、珍しい5幕もの。
一瞬も退屈することなく。

三谷喜劇が、面白くないはずがないが、
自分の予想以上に、
自分が面白がっている。
いやはや、舞台は、こんなに楽しいものなのか。
舞台鑑賞の回数が少ないせいか。

パルコで食事。
個人的に凹む。

24時、テレ朝アークスタジオ入り
ANB 『虎ノ門』生出演、
司会、橋本真也、
「朝まで生どっち?」テーマは
モー娘。vsテレ朝アナウンス部、娘を入れるならどっち?

出番前まで、ガダルカナル夫人、
橋本志穂さんと独立話。

パネラー
モー娘。派:勝俣州和、橋本志穂、玉袋筋太郎
テレ朝アナ派:くりぃむ上田、パンチ佐藤、蛭子能収、水道橋博士、


モー娘の勝利に終わる。


視聴率とったり虎れたり
「日テレ女子アナSP」 vs 「筋肉番付」


1月19日  土曜

ビートたけし、55回目の生誕記念日。
にタモリさんと一緒に。

14時、渋谷のルークスタジオ、
『タモリ倶楽部』収録。(2/8放送)

「利き酔っぱらい選手権!」
6人の芸人が、6種類の酒を飲んでいるのだが、
その口臭、態度で、飲んだ銘柄を当てる企画。

俺、司会で。
タモリさん、矢沢心、玉袋が、クイズ解答者。
そして、
昨日より、飲み続けている若手芸人、

猿岩石・有吉、(大田プロ)ドロンズ・石本、大島(ドロンズ)
アンタッチャブル・山ア、柴田(人力舎)
Rマニア、宿輪(浅井企画)

かっては、電波少年で、日本を熱狂させた芸人たち。
酔っ払って、空ろなその視線。
語り口、 夢夢の後、すべては、夢、だったのだ。
その儚さと、タモリ倶楽部現場の楽しさ。

恵比寿、「山頭火」で、とろ肉チャーシュー麺。
1200円は、いかがなものか。


20時から『お台場トレンド市場』3時間生放送。

明日の漫才台本整理。
サブ来宅。


1月20日  日曜


9時起床 10時、両国の『東京江戸博物館』入り。

(財)東京都歴史文化財団主催の伝統芸術フェスティバル
『新春江戸博寄席』の司会と漫才。

江戸東京の文化の語る・弾く・打つ
大神楽……鏡味小仙社中
落語……三遊亭圓彌
漫才……浅草キッド
浪曲…… 二代東家浦太郎

芸事の美しさよ。
太神楽の23歳のフランス人留学生、ピエールくん、
惚れ惚れ。

俺たち、今年初の漫才20分、
『サザエさん・卒業』

途中抜けして、16時半、TBSラジオ入り

17時半から「浅草キッドの社会の窓」生放送

○これでいいのか!? 百貨店

○見出し丸出しランキング
プロ野球ケンカ番付

○ これでいいのか!?  プロレスリング
ゲスト・辻よしなりさん

帰途、サブとスズキと 中野坂上『ピエトラ』で食事。
相変わらず、カリブサラダ美味。

エアロバイクAI、60分。
サタッパチ、福山エンジニアリング、
などビデオで見ながら。
しかし、汗っかき、
また、 朝まで、ビール飲み干した。
ここのところ、まるで、スティーブ・オースチンよりも、
ビール、美味そうに飲み干しているかも。

最初

98年

99年

00年

01年

先月

1月

前回

次回


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る