4月21日  日曜

早起き。

「サンデープロジェクト」
石原慎太郎知事生出演。
噂の新党への準備なのか、
今週、明らかに露出が増えている。

15時、渋谷「ブックファースト」、
『発掘』 サイン会へ。
本が売れない時代、嘆く前に、
作家は、
「書斎を捨てて、街に出よう!」
との持論が俺にはある。
この渋谷の大型書店は、
『お笑い男の星座』 キャンペーンでも、
協力してくれたのだ。
激しい雨、
そして、昨日より、連続3回目のサイン会で、
さすがに、動員は、心配したが、
100人を超える。
ありがとう。
これぞ、ファン層の「発掘」である。

サイン会、終了後、
生田スタジオへ、移動。

日本テレビ『マスクマン』収録。
前回の放送では、号泣する、
ゴージャス松野篇が、
一時間、フルにオンエア―になっていた。
大胆だな〜って思う。

この番組で総合演出に入っている、
M氏は、旧知の知り合いである。
彼が新人時代、
『スーパージョッキー』でも、
日曜の昼間の番組で、
ATG の実験映画か、ゴダールかというような、
Vを作って、 上司に叱られていたが、
俺は、強く印象をもった。
昔から、変わっている。

テリ―さんは、
「松野さんって、ロス疑惑の三浦知良だから、
 嫌いな人は、ハナから見ない。
 マックスで3%だからな〜」と。

今回は、元「パパと呼ばないで」
ちー坊こと、杉田かおるを迎えて。
この日にそなえて読んだ、
『すれっからし』(小学館文庫)は名著なり。

俺たちの登場は、ラスト、一瞬のみ。
これでは、タレントとしてのメリットはあるのか?
って話になるのだが、
「この役割が出来るのは、キッドだけだよ!」
とテリ―さんに言われて、
事前に相手の資料を読み込み、
覆面で、他人になりすまして、
90分、フリートークするのは、
実にヤリガイがあるのだ。

まさに、「マスクマン」は俺たちだ。

帰宅後、テレビで、
「K―1広島大会」
武蔵 vs セーム・シュルトがメイン。

武蔵判定負けに。

スズキ(同居人)の元相棒の井上、
さらに朝から何も食べてない、
はちみつ二郎が食事に来宅。
もはや、我が家は、孤児院か。

鶏手羽元のトーチ煮青梗菜添え
ひきにくとれんこんの鉢蒸しとろりスープがけ
わかめとゆでだこのごま酢あえ
しじみの味噌汁

デザート部、
ふわふわブラマンジェ。

初めて喰ったよ、ブラマンジェ。

《小泉首相“抜き打ち”靖国参拝》

4月22日  月曜

テレビジョン、テレビブロスの〆きり。

16時より、赤坂喫茶店にて、特番、
『浅草キッドの藤井フミヤに証人喚問』
打ち合わせ。
地方局のみの放送とのことだが、
このキャスティングには、俺たちの方も、
ビックリだ。
昨年9月にフミヤのライブを見に行った話を、
「テレビジョン」に書いたのが、
きっかけになっているのだ。
どこから、仕事が発注あるか、わかならいものだ。

17時、テレビぴあ、
深夜の星の取材。
「週刊アサ秘ジャーナル」のお話。

18時、関西ぴあ、
サッカー嫌いが、
何にも知らないワールドカップを語る、
って趣旨の取材。
たっぷりとサッカー音痴ぶりを語る。
が、話をしているうちに興味が湧いてきた。
カメラマンが橘蓮二さんであった。

20時、NCVへ。
生でGONG! GONG! 」、
ターザン先週より、体調不良が続いている様子。
一説には、結核説も。
ゲスト、ターザン山本試練の10番勝負第一戦、
元新日本企画部長の永島勝司氏、
さらに、元は、東京スポーツの記者であるのだから、
昭和の活字プロレスの猛者。

そしてターザンとは、
新日本の「取材拒否」を通告した、
因縁浅からぬお相手。

今まで、我儘なレスラー相手に、
さまざまな仕掛けを手がけた、文官。
タフなネゴシエーターである。
こういう対談番組でも、
絶妙な言葉選びと存在感を示す。

放送としては、今までのベストの面白さであった。
帰宅後、さまざまな、メール反響で、
一番、ツボなものを。

●メッセージ:スカパー生ゴンを観て

今日の放送も、抜群におもろかったです。
永島の、あの、プロレス興行なんていう、
それこそ有象無象が跋扈する世界を、
あの規模で仕切ってきた、図太さというか、
ふてぶてしさ、昭和の男独特の人間の分厚さが、
画面を通して充分伝わってきました。
猪木と永島がさしで飲んでる風景なんて、観たいですねえ。
想像しただけでぞくっとしますね。

博士の話のゲストへの質問の組み立てかた、
もってゆきかた、さすがです。
番組を観ていて、幸せでしたよ。
評論家ぶって言うんじゃなくて、素直に。
ターザンの生かしかたも、素ばらしすぎます。

サムライチャンネルには、芸人も色々でてますけど、
話が面白い、話の内容で芸ができてる人はいませんからね。
単にはしゃいでるだけで。
視聴者の俺からすりゃ、
笑わせるよりも(笑いませんが)、面白くしろ!
って感じなんすけど。

長州ヒクソン戦は決まっていたのに、
長州がタッグで小川とからんだあと、
直後に永島に「あの話は無しだ」と言ってヒクソン戦は流れた、
という話は興味深いです。
おそらく、ガチには自信があった長州が、
小川とちょっとからんだだけで今の総合では自分が歯が立たない、
という事を悟ったのではないかと想像するんですけど、
なにか男の悲哀を感じさせるいい話だと思います。

っつうか、そんないい話しを想像させる永島や新日の分厚さというか。
「あなたたちは、ガチがどうかとかシュートがどうかとか言うけど、
この世界、そんなの意味ないよ」
みたいな事を永島が言った時も、それを感じました。
弱肉強食の世界をわたってる興行師ですねえ。
猪木イズムです!!
高橋にもそんなセリフを言ってほしかった。

そういう意味では、石井館長は凄いですね。
いずれ、ゲストで石井館長も期待しますよ。
ゲストが前田、天龍なんて、
ターザンとのからみが恐くて見れないかもしれません(笑)

ゲストは、いっそ、レスラー関係者に限らず、
たけしや、談志師匠なんてのもいいんじゃないですかね。
地上派と違って、いろんな話しができるでしょうし、
談志だったら、グラン浜田やキラーカーンさんと一緒にゲストで、
交友話なんてしてもらうのも、観たいです。
あと、楽太郎師匠とルチャドールとか、昇太さんとか。
あまり面白ろくないですか(笑)。
あ、高田先生は面白いですよ、きっと。
とにかく、月曜日の9時が楽しみでしょうがないので、
頑張ってください。


ま、ペイテレビなので、自由に意見をもってもらって、
よろしいのだが、 こういう風に、
見ていただければ、俺たちもやる気になって、
ありがたいことだ。


4月23日  火曜

本日、大阪の仕事を終えて、
岡山へ帰郷。
リハビリ中の、
父親、見舞いのハズであったが、
急遽、スケジュール全部変更。

羽田空港駐車場に待機して、
「笑っていいとも」
伊集院光からの、紹介でテレホンショッキング。
「いいとも!」とご返事。

大阪、伊丹空港から、
MBSへ。
「たかじんのワンマン」へ。
北野誠、黒沢年男、川村ひかるらと一緒。
いろいろ、候補をあげなければならない、
「 いいともの輪」に
たかじんさんをリクエストしたのだが、
出るわけ無いだろうな。

ゾマホンも候補。
タモリさんと、リアル4カ国麻雀やって欲しいと、
夢想したが……。

プラセンター注射の
こうじんクリニックの話題あり。

「アサ芸はすっげ〜」コーナー司会。

帰途、新幹線、
荒井社長の「倒産!FMW」読了。
もっと、裏ネタを期待していたが、
「ナニワ金融道」チックな、
善人が資金繰りに追われる、
悲惨な物語であった。

「紙プロ」最新号、届く。

早売りの「週刊文春」入手。
幹事長、ヤマタクの変態記事。
超ド級の面白さ。
こういう記事が読める楽しさを満喫すると、
個人情報保護法は、間違っている。
と言い切れる。

4月24日  水曜

11時、スタジオアルタへ。
「笑っていいとも」
実に5年7ヶ月ぶりのテレホンショッキング。
「いいとも」に芸人10年生で、
初めてただの一度だけ出演して、
「変装免許証」紹介して、
その1回だけで、警察に捕まった。
以降、二度と呼ばれない
〜って言う、ささやかな俺たちのなかの伝説を、
守りたい気分もあった。

が、今回は、本やら、ドラマやら、
キャンペーンも目白押しなのである。

出番前、スタジオ隅で、
爆笑問題と、数秒すれ違い、
「日本原論」をチラリと見せて、
さらりとエールの交換。
「日本原論」の続刊も丁度、出版されたとのこと。
「発掘」と、ぜひ、読み比べて欲しいものだ。

「タモリ倶楽部」では、
収録の合い間にも、
雑談、シモネタ、バカ話に講じるタモさんなのだが、
あらためて、昼間のタモさんと面と向かうと、
照れてしまうものだ。
「いいとも」の客と親和する自信も、もともとないのだが、
そういうものだ〜とお仕事。
タモさんに「ポテトチップ」みたいな顔と例えられ、
美味しかった。

出番前に、コーナー担当ディレクターが、
「ファンなんです」と
「発掘」にサインを求めてきてくれたことも、
はちみつ二郎から、社交辞令でなかった旨を聞いて、
嬉しかったが……。

お友達として、
小池栄子を紹介。
彼女は、まだ一度も、
このコーナーに出ていなかったとのこと。


京王プラザホテルへ移動。
つきざわさんと「新型テレビ」打ち合わせ。


17時、浅草ビューホテルへ。
「浅草がんばる会」
約1000人動員の巨大パーティー。

控え室で殿に文春の山崎拓の記事を報告。
殿も大笑い。

殿の浅草時代の人脈が、
旧交を温める様子を遠巻きに眺める。

そのなかに、プレゼントを手渡す、
中年男性ファンが一人。
この方が、漫才ブーム以前、演芸場時代の、
ツービートファン第一号と思われる方であった。

昭和51年当時の、ツービートの漫才テープを、
CDーROM化したものを、殿に手渡したのである。
ビートたけしコレクターの俺もビックリの、
今までで、最も古い記録である。
これは、本格的な「発掘」ではないか。

我々も舞台へ上がり、
ドラマ「浅草キッド」の予告編を上映。
浅草在住の、いとうせいこうさんも壇上に。
ご挨拶。



帰宅後、殿の付き人のアル北郷と食事へ。
せっかくの新規店。
メニューを、
もっとおいしそうな記述にすればいいのに〜
と余計なお世話ながら、思う。


昔、同居していた、
「スピーク☆イージー」のアル北郷に対しては、
相変わらず、説教モードになる。
新人は、みんな自由競争だ。
東京ダイナマイトも、
マキタスポーツもオフィス北野預かりとなった、
もっと頑張れい。

《森本レオ不倫疑惑に「異文化交流です」》

4月25日  木曜

「いいとも」の、小池栄子出演部分、テレビで。

ラーメン「一丁目」、
「鳥そば」「ぶたそば」「ちゃんぽん」
ムムム、これは断然、鳥そばだ。

風邪、喉痛。発熱。
ターザン風邪なのか、
それとも、ターザン結核の集団感染なのか?
あるいは、玉袋のエンゼル風邪なのか。

結局、予定していた
名古屋行きを中止に。


しょうがたっぷり鶏つくね入りキムチ鍋、
ミルクプリン 。

ビデオで、「ビッグマネー」2話分。
「クレヨンしんちゃん、おとな帝国の逆襲」

《長州力、新日本プロレスを退団!新団体設立も》
《“激ヤセ”辻元清美、参考人招致で大泣き》

4月26日  金曜

14時、向島・料亭スタジオ、
TBS「週刊アサ秘ジャーナル」ロケ。
ツルネン・マルティー氏を迎えて。
巨泉さんの辞任で、
繰上げ当選した、フィンランドからやってきた、
青い目の国会議員。
ロバート・ホワイテイングが、描くような、
渡来人には、とても興味が湧く。
真面目な方だった。

蔵前「元楽」で、元ちゃーしゅー麺。
香月系、背油チャッチャ、ラーメン。
この系統のラーメン久々で美味し。

お台場へ移動。
フジテレビ、 「SRS」収録。
長谷川京子もドラマを2本掛け持ちで、
実に忙しそうだ。
PRIDE20直前予想。
取ってだし。

真鯛とルッコラのカルパッチョ 、
れんこんの大陸風きんぴら、
サトイモのそぼろあんかけ、
豚ヒレ肉の竜田揚げ、
さっぱり大根おろしがけ、
あさりのお味噌汁

《山崎拓、愛人報道に「小説ではない」とコメント》
《「TLC」の“LEFT EYE”ロペスさんが事故死》

4月27日  土曜

13時45分、四谷スタジオ入り
SKY PerfecTV! 『チャンネル北野』、コメント。

テレビ朝日『クイズ!バーチャQ』収録。
2本収録。

スタジオで完パケVを見せてもらって、
ようやく、どういう具合になっているか、わかる。

CGを駆使した撮影で、セットの段取りは大変。
きっと、無駄や、不具合は、多々あるんだろうが、
こういう撮影を経ていれば、
ある地点にまで 辿り着くものもあるはず。

伊集院光、デヴィ夫人、清水ミチコ、角田さんら、一緒。
控え室で、伊集院が、ミチコさんに、
「まさかキッドが司会のゴールデンの番組に、
 出演できるとは、思えなかったね」 と。
確かにそうだ。

楽屋でミチコさんとお話。
まるで親戚のおばさん、
いや、おねぇさんのように、
近況報告。

たっぷり22時半までの収録。

青梗菜のとろとろ卵チリソース 、
ゆでえび・ブロッコリー・おくらの温野菜サラダ・ タルタルソース和え

《早食い競争で中3男子が死亡していたことが発覚》


4月28日  日曜

12時、横浜アリーナ入り。
12時半、JR新横浜駅前の『文教堂』で、
発掘&浅草キッドTシャツ、
W サイン会
グレートアントニオの井上きびだんご君から、
プライドの怪人、
百瀬博教Tシャツを貰う。

本屋店頭でのサイン会。
マイクは、選挙演説風に。
本屋のなかで大声をあげるのは、
場所柄、躊躇してしまうのだが、
街頭演説となると、俺、俄然張り切る。

わざわざ、試合前のアレクも顔を出してくれる。
律儀にも、ありがたいことだ。




アリーナ前で、「SRS」収録。
「シウバ vs ミルコ」の煽りと予想。

長谷川京子、小池栄子にTシャツをプレゼント。



セーム・シュルトと写真 一緒に。




猪木さん、百瀬博教さんに、ご挨拶。
百瀬さんが、以前、挨拶した、はちみつ二郎を、
「もりのふくろう」と覚えていたのは、笑った。



しかし、控え室にサミットのように、
猪木、百瀬と共に、膝をつき合わせ、
3人ソファーに腰をおろしていたのは、
藤原ひろし氏であった。
しかし、彼って、なんたる、VIPなのだ。

しかし、今回のPRIDE.20、最高だった。
もちろん、最前列。
隣は、長谷川京子である。
贅が過ぎる。
さらに、この日の7試合、
外れなしの好試合の連続である。

なかでも、

アレクサンダー大塚 vs 菊田早苗戦。
カメラが廻っているので、
まずい、まずいと思いつつも、
心、 魂鷲掴みにされ、涙ポロポロ。

この取り乱しぶりを説明すると、

アレクは、俺にとって、
生涯で最も好きなプロレスラーなのである。
98年10・11にそれは決めた。
マルコ・ファスに勝った奇跡の一夜だった。
何が起ころうと、生涯、その想いは、消えない。
そして、あの試合を見たことが、
その後の、 俺の糧になっている。

そして菊田早苗は、
今、俺が通っている「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」で、
練習している。

その前から、会場なので、すれ違うと、
礼儀正しく挨拶してくれるので、好感をもっていた。

アブダビ王者となった時は、
野茂のノーヒットノーラン記録に匹敵する偉業と、
コラムで書きたてた。

そして、その寝技世界一が、高円寺で、
一から立ち技教室で練習する姿を惚れ惚れと見守った。
話を交わす機会もあった。

今回のアレクの怒りの素となった、
「紙のプロレス」のインタビュー、
俺としては、イメージ転換を求めて、
紙プロの編集部に、菊田取材を直訴することもあった。

その2人が闘うのだ。
しかも、互いに、嫌いだと公言し、“怒り” を込めて。

俺の中で、
どっちつかずの 行き場のない声援。

今、なにを見て、なにに心揺さぶられ、
なにを感じようとしているのか、
説明不能の感情。
お客として、座っていても、
映画や演劇や野球やサッカーにもない、
試合を見ている間のアドレナリン垂れ流し、
情緒不安定な興奮は何だろう?
結局、声援を涙に収斂するしかなかった。

「この試合は、やらなかったら良かった」とは思わない。
こういう感情を引き出してくれる、
プロレス・格闘技の、リングの吸引力に魅了される。


PRIDE.20 神奈川・横浜アリーナ
総入場者数:18926人(主催者発表)

第7試合 INOKI BOM-BA-YE2001ルール(3分5R判定なし)
 △ヴァンダレイ・シウバ 5R引き分け ミルコ・クロコップ△
 (ブラジル、シュート・ボクセ)        (クロアチア)

第6試合 3R(第1R10分 第2・3R5分)
 ●アレクサンダー大塚 判定 0−3 菊田早苗○

第5試合 3R(第1R10分 第2・3R5分)
 ○ムリーロ・ニンジャ 判定 3−0 マリオ・スペーヒー ●

第4試合 3R(第1R10分 第2・3R5分)
 ●ダン・ヘンダーソン 判定1−2 ヒカルド・アローナ ○

第3試合 3R(第1R10分 第2・3R5分)
 ○ホジェリオ・ノゲイラ 1R35秒ネックロック 今村雄介●

第2試合 3R(第1R10分 第2・3R5分)
 ●佐竹雅昭 1R 7分7秒KO クイントン“ランペイジ”ジャクソン ○

第1試合 3R(第1R10分 第2・3R5分)
 ●山本憲尚  1R 2分44秒レフェリーストップ ボブ・サップ○(米国)

全試合終了後、またまたサイン会。
試合後で、熱くなっているお客さんなので、
言葉静かに。
100人に。
OKA-CHANGも来てくれた。

二郎と桃太郎寿司。

『ガキ使い』
ハイテンション芸人に江頭ちゃんが。

《看護婦ら女4人で保険金殺人》


4月29日  月曜

早起き。
結核ではなく、糖尿病であった、
ターザンの誕生日プレゼントを買いに行く。

今週から我が家でも、大活躍中の
ジューサー・ミキサーを。

“鉄人”ルー・テーズ死去の報。
先月、宮戸優光さんの結婚式で、
あったばかりなのに。

21時、「生でGONG! GONG!」生放送。
ゲスト・吉田豪。
ターザンとの最強タッグで。
PRIDE総括。5・2新日本予想。

久々に、エアロバイクAI、60分。
テレビタックル見ながら。

《「GLAY」のTERUと「PUFFY」の亜美、HPで結婚発表》


4月30日  火曜

麹町、日本テレビへ。
「速報!歌の大辞典!!」収録。
1981年、振り返り。
華原朋美、島谷ひとみ、YOUさんと一緒。
徳さんの楽屋へ、
「発掘」をもってご挨拶に。

本番、放送には、反映されないだろうが、
徳光和夫さんこと、毒光和夫さん対応。

大滝詠一さんの自宅基地話。
矢野顕子さんの青山ロブロイ時代の話など、
もう、お客さんは置き去りで、
俺たちが、徳光さんとのトークを楽しんでいる。

昭和芸能史の現場生き証人である、
徳さんには、聞きたい話、発掘したい話が、
尽きないものだ。
たっぷり、2時間半。楽しかった。

神戸のマグナム北斗より、TEL。
甘いとは、思いつつ、
焼け石に水と、迷いつつ。

スズキ(同居人)運転、
東名高速、往復。

朝帰り。
みかどお寿司、美味し。

《「ムネオハウス」建設を巡り、宗男氏公設秘書ら7人逮捕》

最初

98年

99年

00年

01年

先月

4月

前回

次回


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る