5月1日  水曜

なぜか、9時起床。
 
夕方、倉敷から空路、兄、来宅。

たことおくらときゅうりの地中海風サラダ
プチトマトとグリーンアスパラのごま和え
小松菜と厚揚げの煮びたし
そして朝から止まらなくなってしまった
みかど餃子をぱくぱく食べながら、
父の様態を聞く。

夜、マネージャーのトミーらと、
藤井フミヤのコンサートビデオ、 見ながら……。
97年などは、まだまだ予断通りの、フミヤながら、
2000年より、ムネオハウスならぬ、
フミヤハウス展開しはじめるところから、
やはり、凄いことになっている。
どうせ、「歌謡ショーなんでしょ」と思っている連中も、
「素直にアイムソーリー」だ。

《脱税サッチーに懲役2年の有罪判決!》
《和泉元彌、ドタキャン、遅刻疑惑に能楽協会が事情聴取へ 》


5月2日  木曜

原宿、「エグゼクティブルーム&ダイニング」301号スタジオ、
『浅草キッドが藤井フミヤを証人喚問』収録。
フミヤのツアーに合わせて、
地方限定で、順次放送になっていく。
(OAB:5/26、TKU:5/29、HTB:6/11、OHK:6/15)

しかし、このタイトルからしても、
なんたるミスマッチか、と我ながら思う。

二人とも、朝からそわそわ。
原宿という、場所柄にもそわそわ。
なにしろ、俺たち浅草だから。

近くのラフォーレでは、
『みうらじゅん キョーレツ !! 3本立て!』の看板が。
ミウラなら、俺たちとてなんとかなるが、
フミヤは、いかがなものか。

現場に、元IVSの岡崎女史が。
新人時代に、こんなに優しくしてもらった
テレビ関係者はいないので、
すっかり甘えモードで、旧交を温める。

こじゃれたスタジオに、
生フミヤが入ってくる。

いやはや、トミー曰く、
豆柴の可愛らしさと、フェロモンタンク。

同い年のロックスター。
俺には中学の同級生のロックスター、
甲本ヒロトに対しても、
抜きがたいコンプレックスがあるのだが、
フミヤは、昔から、一方的に、
ずっとテレビで知っているだけに。

去年の9月にライブに行った時、
連れて行ってくれた、音楽評論家の平山さんに、
「フミヤも喜ぶから楽屋に来てください」と言われ、
へなへなになって、
「滅相もない、もう、いっぱい、いっぱいです」
と答えた俺だ。

「もてないチビ親爺」が、「もてるチビ親爺」にインタビュー。
 
正直言って、トークが噛合うのか、たいへん心配であったが、
「俺の方が、いろいろ聞きたいよ」って言う、
あまりのフミヤのフランクのトークに、
スタジオ中が、全員、超ご安心、超ご機嫌に。
はずむトーク。
浅草キッド陣営のスタッフも全員が白旗降る。

途中、フミヤが吹いたハープを、
「真空パックにしてくれ!」とゲット。

本好きのフミヤに、浅田二郎からのメッセージV。
「昔、デビューの頃、『本が好きで、赤川次郎を全部読んだ』、
 って言っていて、へ〜って驚いたのですけど、
 今や、赤川次郎から、浅田二郎まで進化したんですね」と俺。
本好きって言葉に、
ちょっと茶化した、皮肉めいた言い方だったかもしれない。
すると、フミヤが、
「俺、昔、国鉄職員だったじゃん、
 で、久留米から長崎まで通勤しててさ、
 いつも、電車に乗ってて、本、読むようになったんだけど…
 何、読んでいいのかわかんないんだよ。
 それで、俺の奥さん、大きな本屋さんの娘でね、
 で、付き合い始めた頃に、
 『本読んだことないから、どんな本読んだらいい?』って言ったら、
 赤川次郎なら読みやすいからって薦めてくれたんだよ」
と、気取ることのない、心温まるエピドード。
「そして、国鉄だけに今や『鉄道員』なんですね」と俺。

 収録が終わって、フミヤが
「昔さ、渋谷で俺が、車、乗ってたら、
 浅草キッドが、二人でさぁ、スクーターに一緒に乗ってたんだよ、
 うわ〜あいつら、いいなぁって思ったよ」と。
なんだ、知ってんじゃん。

記念撮影、フミヤと共に。
付き人できていた、はちみつ二郎も一緒に。



フミヤの横にいたら、
誰しも、ただの土方ではないか。

ひとときの星屑のステージだ。


神田、「キッチン南海」
500円カレー。
しょうが焼き250円。
素晴らしいコスト・パファーマンス。
赤江くん(玉袋)、二郎ともども唸る。

東京ドーム
「新日本プロレス30周年記念興行」

記念式典には間に合わず。
倍賞美津子さんの登場シーンは見たかった。

野次はプロレス会場の華。
しかし、俺の後ろでは、まるで子供のような声援、
振り返れば、いい大人ではないか。
なんたる幼稚さと思いつつ、
横では、新日沈没を願う過激な全否定の野次。
それもまた内なる叫び。

この野次の両極端の間では、
自分のアイデンティティーを失う。
離れて一人で観戦。
客席の移り変わりを思う。

田町「魚がし寿司」へ。
『カナケイ警備』の渡邊さん昇進パーティーの趣。
早坂好恵らと一緒。

《井上裕前参議院議長、議員辞職》


5月3日  金曜

久々に区民プールで水泳1200M。
休日の小学校のグランドに郷愁。
そして、昼間に、泳いでいる俺たちは、
なんたる遊民ぶりなのだ。

デパ地下、買出しメニューに。

鯛の子旨煮
竹笊丈衛門とうふ
長いもとおくらとなめこのぬるぬるサラダ、
みぶ菜と油揚げの煮物
銀むつ西京焼き
安芸の宮島おみそしる

家めしはありがたい。

夜、原稿を書いていると、
ジョーダンズ三又、ユリオカ超特Q、来宅。
ユリオカ、昔、俺たちのラジオに葉書を書いていたとか。
キッドファンだと聞き及んでから、
7〜8年経つだろうが、一度も話しをしたことがなかった。
得意のレスラー物真似シリーズを聞きながら、
結局朝4時まで飲んでいた。

SRS見ていたら、
アレク、菊田戦を観戦する俺たちの姿に、
ナレーションがかぶる、
「浅草号泣……」と。
なぜか、この番組の通り名は、キッドではなく、
あさくさ、と呼ばれるが、
なんだか、「全米号泣」みたいだ。

すっかり、酔いつぶれていたら、
スズキ(同居人)に叱られる。

《小泉内閣、初めて不支持率が上回る 》


5月4日  土曜

16時、事務所、日本テレビ「マスクマン」打ち合わせ。
次回は、ガッツ石松さんとのこと。
「任せてくれ!」って思う。

青山ブックセンターで、大量購入。

お台場移動。フジテレビ。
リニューアルして、月一放送になった
BSフジ「お台場トレンドマーケット」収録。

司会が伊藤アナ、水野裕子に。
投資家も、森若香織、フランス人のシリル・コピーニに。

アナリストの平山雄一さんに、
氣志團のライブ誘われる。
そう言えば、フミヤのライブも
平山さんに誘われて、
あれだけ場違いだと、躊躇していたのに、
行ったのだから、迷わず行けよ!ってことだ。

この番組やっていると、文化枯渇度が高まる。
映画とか行きたくなるものだ。

帰宅後、スタイリストの広瀬さんら、
来客11人、賑やか。

トマト、きゅうり、クリームチーズのサラダ
セロリのじゃこ炒め
かつおのたたきほうれん草添え
生春巻き
ひじき
えび、ブロッコリー、おくらのタルタルソースサラダ
さわらの五目野菜あんかけ
れんこんきんぴら
豚肉キムチサラダ

《山崎拓幹事長、アラファト氏にテロ停止訴え 》


5月5日  日曜

こどもの日、
かなりの二日酔いながら、
エイヤ〜と気合一発、早起き。
ガッツ石松本、読み込む。
こどもの日に、
偉大なる英雄、
ガッツの貧しき少年時代に想いを馳せる。

麹町、日本テレビ
『マスクマン』収録。
30年前のガッツさんに扮する。
そして、トレーナーだった、エディさんを赤江くん(玉袋)、
赤江くん、数日前にエディさんのお店で、
ガッツさんのマネージャーと
一緒に飲んでいるのだから、いくらでも話が出来る。
俺は、ガッツさんの母親役を、
正体不明のマスクマンの声役で。

粗にして野だが、卑ではない、
そして、テレビに対して、
今なお、純な、 ガッツさんの涙に、
母親役やっていても、
もはや、 声がでないほど、
感極まる。

覆面の下に涙の喜劇人。

帰宅後、ぽかぽか陽気のなか散歩。
「コロンボ」で、ビーフカレー、
ケンジくん(海鮮)カレーを。
若い女の子だらけだったので、
おかしいと思っていたら、
ここって、解散した、19の聖地になってんだな。

NHK特集「サッカー地球の熱情」


5月6日  月曜

二郎とバイク二人乗り。
フミヤが見ていないかと思いつつ。

渋谷AX、『氣志團』のライブへ。

平山雄一さんと待ち合わせ。
そしてはちみつ二郎も自称・友達だと言い張るではないか。
押し寄せる、群集を見ながら、二郎が、
「去年は、同じライブに立っていたんですけどね」と。

有名人多数、来場。
YOU、アリキリ・石井、大友康平などなど。
高田文夫事務所の松田さんとも偶然。
並んで、2階席で。

上り調子と言うか、勃起角180度と言うか、
こういう瞬間を捕らえること、
ファンも共有して、最高なんだろうな。

途中ながら、タイムアップで、移動。

NCVへ。
「生でGONG GONG」。
ゲスト、週刊ゴング編集長の金沢克彦氏、
ターザン山本、試練の10番勝負、第2戦。

なにやら、サムライTVの人気投票で一番になったとかで、
ターザンを一日中、事務所の後輩、
北京ゲンジが密着していた。

最後の編集後記のコーナーで、
「呉越同舟」と評論した、ターザンに、
「呉越長州」と返した、金沢氏に一本。
相変わらず、気持ちよい「負けっぷり」

帰途、篤クン宅。スペイン土産を受け取りに。
おカミさんに、
ご馳走になり、ついつい長居となる。

帰宅後も、
キッチン南国風の豚肉のしょうが焼き。
こりゃあ、太るな。

《宇多田ヒカル手術してた!体調不良で再入院》


5月7日  火曜

風邪ぶりかえす。
バイクの二人乗りのせいだ。

国立『NOCE』、『コジマ電気』、
荻窪『タウンセブン』などで買い物。

鍋屋横丁『大勝軒』でつけそば。

明日の中村敦夫さんの資料読み。
政界の木枯らし紋二郎、
一匹狼の印象があるだけで、
参議院で、どういう活動をしているか、
まったく、知らなかったが、
「中村敦夫新聞」の記事など、唸る。

例えば、こういう意見である。

「大臣を代えてどうする」

武部農水相に対する問責決議のゴタゴタは茶番である。
「狂牛病」という社会的なテーマを
党利党略の道具にするとは不謹慎きわまりない。

公明党は「宗男隠し」の非難をかわすための材料に利用し、
自民党の一部は、野中氏の地元である京都府知事選で
公明党の力を借りたいために同調している。
野党も人気取りで勢力を回復するのが目的だ。

しかし、「狂牛病」は、与野党を越えた国民の命の問題であり、
事実究明とまともな対策が必要な緊急課題である。
武部農相は、狂牛病が発生した初期には、
事実を隠そうとする農水省から重要情報
が与えられず、トンチンカンな答弁と対応が目立った。

しかし、途中から騙されたことを知り、
官僚や、横槍を入れる
流通、食品業界をバックの族議員とも闘い始めた。
農水委員会における私の質問や要求にも、
まともに対応するようになった。
画期的な調査検討委員会の
厳しい報告書もあえて了として受け入れた。

「狂牛病」問題では、今、どんどん新しい事実が出てきている。
こんな時に大臣が代わり、利権派の新大臣でもきたら、
こうした問題にフタをされ、危険が拡大することになる。

2002年4月4日 中村敦夫

いわゆる、全野党、マスコミを含めての、
「武部下ろし」の風潮のなか、
辞任に追い込み、大臣廃牛の決着が、
なんの意味があるのかとかねがね、思っていただけに、
なるほどだ。

荻窪で買ってきた、
金目鯛の西京焼き
さけのマリネ
なまこの酢漬け

《TBS「筋肉番付」収録中に大学生2人けが》
《WWFが23年ぶり改称「WWE」に》
《シラク仏大統領圧勝で再選》

5月8日  水曜

朝刊スポーツ紙に、布袋寅泰の頭蓋骨骨折報道。
そう言えば、
布袋って、「KT」の音楽やっていたな〜と
ふと思う。
 
TBS、12時入り。
「アサ秘ジャーナル」収録。
四谷、みどりの会議、党本部へ。

中村敦夫参議院議員。
「KT」について、
昔、ご自身の監督作品として準備したとのこと。

中村氏、
これは、今後も 「敦夫さんに聞いてみよう!」
と思える、地球発ならぬ、四谷発の、
ご意見連発。

互いに作家で大スターであることに共通項のある、
石原都知事について、ニヒルな感想。
対立事項を含めて、実にオモロ。

帰りに中村本3冊購入。

板橋ワーナーマイカル、
坂本順二監督作、『KT』
後半、俄然、オモロになる。

太陽食堂。焼き肉。

大槻ケンヂ著
『リンダ・リンダ・ラバーソール』読了。
この連載が読みたいだけで、
「ダ・ビンチ」買っていたほどだが、
やはり、素晴らし。

《布袋寅泰が頭蓋骨骨折の重傷》
《業績悪化「ユニクロ」トップ交代 39歳新社長へ》
《中国機墜落で70人以上死亡、日本人名も》



5月9日  木曜

EARTH、散髪。

『週刊プレイボーイ』の大川元総裁の連載に吹き出す。
ヤマタクと同じホテルで、
眼鏡をはずした総裁の写真も、絶妙におかしいのだが、
江頭総裁が、ヤマタクの記事に、
「どうやったら、幹事長になれるんですか!」
「これは官による民の圧迫ですよ!」
と言い出すところが、
絶対、エガちゃんが言わないだけに、
何重にも笑える。
しかも、総裁のくせに。

『巨泉〜人生の選択』、
これまで人生のなかで、
一度も影響を受けたことがない、
と、いい切れる存在だった巨泉さん。
これまでの、強い先入観、そして 理由あって、
以前は、ぱらぱら読みだったのだが、
一気に最後まで読み終える。

「嵐を呼ぶ男」の歌詞を補作した話やら、
有名な、
「みじかびの、キャピリキとれば、すぎちょびれ
やれかきすらの、はっぱふみふみ」が、
現代俳句100選に入っていることなど、
「パイロット万年筆」のCM裏話など、、
芸能史的にも、知らなかったことだらけ。

そして、
20代のときなら、決して振り返らぬ
人生訓も、 なるほどと思う。

この後、巨泉さんは、参院選に突入するのだから、
この本を書いた頃より、境地が違う。

奥さんのくだり、
現在も朝晩続行中の、3万3千回のキスの話も
オモロだったが、夫婦円満の秘訣を、

田辺聖子さんの言葉を書きつけてあるのを発見した。
曰く、
「上機嫌の女は男の宝もの、その反対もそうよ。
 お互いの機嫌の良い顔を、ちょっとでも長く見ることに
 結婚の良さがあると思います。
 上機嫌というのは努力でできるものだから、
 相手に求めるより、まず自分がならないと」


こういうところも、ツボ。
ウッシシツシシって上機嫌なことなり。

曇り空、珍しく効率よく原稿書き進む。
日経エンタの本と誠は、杉田かおるの「すれっからし」に。
その他にも、もろもろ、
赤江くん(玉袋)とのやりとりしながら……。・

いわしの生姜煮
手羽元と卵とねぎの酢煮
JJ風サラダ(by大竹まこと)
しじみのおみそしる

《田代まさし ビデオ映画監督で芸能界復帰?》
《猫虐殺ネットで生中継、福岡県警捜査開始》

5月10日  金曜

スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ、
見学者と一緒に軽くコンディショニング。

雨模様、仲人をつとめられた、
鉄人ルー・テーズが、亡くなられ、
気落ちした表情の宮戸さんの横影。

芝公園スタジオ『新型テレビ』収録へ。
金曜日の雨で大渋滞。
遅刻。
しかも待たせているのが、
御大・和田アキ子さんとなると、
生きた心地がしない。

しかし、オープニングはその話で掴めた。

和田アキ子さんの番組には、ここ一年、
出演していないのだが、これで解禁。
 
しかも、めちゃフレンドリーに話してもらえる。
俺たちが、どれほど親和田派であるかは、
「お笑い男の星座」を読んでいただければわかるはずなのだ。

芸能界最大派閥のアキ子さんファミリーと、
好感度調査ナンバー1の久本マチャミさんが
文字通り、連立政権を組んでいるのである。
俺たち、自由党、弱小政党ではあるが、
この与党に参加させてもらいたいと懇願する。

こういう言葉遊びオモロ。

スズキ(同居人)の秘書、家事、お料理ぶりに、
お二人とも、レンタルしてくれと頼まれる。
 

帝国ホテル『光の間』へ。
大塚美容外科、歯科のパーティー。
この不況下に躍進と言う言葉に相応しい盛況。

3年連続の出席。
熊谷さんと久々にお話。

去年は、一人で挨拶して、
亡くなられた石井医院長の思い出語っていたら、
感極まった。
連日、極められっぱなっしの俺。

ドレスアップした「大塚娘」に見惚れながら。

「君はバラより素晴らしい」布施明さんのディナーショーあり。
こういうの、見たことなかったけど、
俺はバカなりに素晴らしいと、堪能。

《元彌パパに!晶紀夫人が女児出産 》
《日本総領事館で中国拘束の北朝鮮家族連行 》

最初

98年

99年

00年

01年

先月

5月

前回

次回


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る