12月26日  木曜日

13時、東陽町スタジオへ、
「朝までたけし軍団」収録。

集合時刻に遅刻したのだが、
駐車場には、軍団兄さん方の外車がズラリ。
それを見ていると、
兄さん方は思いの外に、
いまだもってスターなのだな〜
とその実績、足跡を実感するのである。

たけし軍団が若手お笑いスターとして、
ひっぱりだこの時代は、確かにあった。
そして、そのなかで、俺が揉まれ、苦しんだ時代もあった、
しかし、その時代遅れの徒弟制度、体育会的、
男らしい所帯に、
確実に憧れて、いや、観念してと言うべきか、
ここに入った、俺には、
たけし軍団が、軍団らしく醸すムードに郷愁があるのだ。

本日は、大家族コント部分。

俺、ハゲヅラつけて子供役に、
40歳なのに。

ほとんど全篇、
おじいちゃん役の枝豆さんショー。
枝豆さんのコントの役つくりには定評がある、
志村けんさんも認める、
爺い役の一人者なのである。

松尾さんが、お父さん、
タカさんが、お母さん。
俺、玉袋、ダンカンさん、ラッシャーさん、
義太夫さん、らっきょさん、山崎が子供役。

初詣コント、
お賽銭、金魚掬い、輪投げ、
それぞれ、水、熱湯、ネバネバの落ち。
枝豆さんが果敢に。

急遽、若手部隊のために結成された下町裸会、
〆さばひかるカシラにして、ダメ押しの落ち役を任される。
まるで汁男優もどきの彼ら。
そのため、スタジオ中、男の全裸姿。
洋服を着ているマネージャーのほうが、
違和感あるかも。
そして、周りの先輩にプレッシャーをかけられ、
大任に、いっぱいいっぱいで青ざめる、〆さば。
その気持ちも押測れ、忍びないのだが……。

お茶の間コント、
餅つき、巨大書初め、

ここに、東さん、三又のレポーターチームが絡む。

が、最後は、例によって、
全員、墨だらけに。

いやはや、昔ながらの軍団コントの再現。
しかし、これは時流に合わず、古いのか?
否。実際、これが軍団の原点なり。
これをやりたくて、俺たちは、軍団に志望したのだ。

最後に、墨を全身にかぶり、軍団全員、
シャワーで裸になって落とす、
このときの、気分は実になんと言うか、
……本当に最高なのだ。

終了、23時半。

その後、中野新橋「増や」
ダンカンさんを囲んで若手集結。
例によって、恒例の軍団下のもの思い出話、
佐竹チョイナの馬鹿話などだが、
その後は、
このままじゃあ、おまえらは売れない、
どうするつもりだ〜の話になる。
久々なので、俺も介入することにする。
朝6時まで。
ダンカンさん、
「明日、朝9時集合で山梨なんだよ」
と言いながら帰っていったが、なんたるタフぶり。

《 外国人52人が集団密航、晴海に上陸 》
《 信金ろう城、徳田容疑者作製拳銃ビデオが全国放送 》


12月27日  金曜日

さすがに、午後起床。
喉に痛み。ダンカン風邪伝染の模様。
今年は、毎日、しょうが紅茶を持ち歩いているので、
例年になく、今まで一度も風邪をひかなかったのに。
しかも今回は、声が出なくなる症状だとか。
なんとか、即効で治療できないか。

19時半、サムライTV、2時間スペシャル、
「格闘技マスコミサミット」
プロレス、格闘技2003年はどうなる徹底討論、

三田佐代子さんと一緒に、
4Fの和室部屋で司会、

三田さん、いろんな団体を満遍なく、
年間100試合生観戦とのこと。
まさにサムライ・キャスターの鏡なり。

ゲスト、金沢克彦、谷川貞治、
須山浩継、ターザン山本、

目の前の料理をパクパク、食べ続けながらも、
大局観のコメント続ける、谷川さんが貫禄。

風邪薬が廻って、意識朦朧。

家飯。
山形牛のすき焼き
れんこんのきんぴら
かにのトウチ炒め。

酒抜きで、そのまま就寝。


《 K−1脱税余波 石井館長在宅起訴 》
《 初のクローン人間誕生か…宗教団体が発表 》
《 北朝鮮がIAEA査察官追放 》
《 元日本代表DF井原正巳が引退を表明 》


12月28日  土曜日

たっぷり12時間、大睡眠。
まだ喉が痛いまま、
なんとか、今日一日、声が出てくれれば……。

テレビ朝日「水スペ」
14時、アークで打ち合わせ。

アーク上階の「フィッシュ」で大辛チキンカレー。

赤坂TBSラジオへ。
「浅草キッドのスポーツBOMBER!」生放送。
竹内香苗アナ、そのまんま東、今井さん一緒。
「怒りのボンバーマン」、
5人が、一年を振り返りつつ、
それぞれ一ネタづつトーク。

再び、テレビ朝日へ。
「魔界潜入!怪奇心霊マル秘ファイル2」

司会、俺たち、江口ともみ、
ゲスト、黒沢年雄、矢沢心、朝丘雪路、池田辰夫(心霊研究家)

山梨おいらん渕、霊能者・西塔恵、
恋愛ストーカー、前編、
恋愛ストーカー、後編、修験真言宗・下よし子さん、
川合春水・本邦初の荘厳契密法霊視、

以上4本のVTR、たっぷり見て、コメント。

ゴールデン番組のセンターマイクであるのだがら、
大きなチャンスと言うべきものだが、
もともとオカルト否定論者の俺には、
こういう番組のTV対応がいまだ定まらず。
そのなかで、黒沢さんの「怖いんじゃない、面白いんだ!」
は、正しい反応なのだろう。

収録後、そのまま楽屋で、野澤マネ、青山さんらと
「浅草キッド、ハマコーの熱血政治塾」
オンエアーチェック。

駐車場で、岡田マネと話。

帰宅後、家飯。
早稲田「夢民」のカレールーで、
ほうれん草とトマトと半熟卵のグリーンカレーを再現。
ピエトロドレッシングサラダ
今日は、2食とも、カレーであった。
ずいぶん、喉も良くなってきた。

そのまま、ベンザブロック飲んで眠る。


《 天皇陛下が前立腺ガン…来月中旬に全摘出手術 》
《 北朝鮮核問題 国連安保理へ 》
《 明日に向って撃て!」のG・R・ヒル監督が死去 》


12月29日  日曜日

エアロバイクai 45分。
テレビ東京、徳光さん司会の
「2002ラーメンカップ」見ながら、
当日限りの新作ラーメンと言うのは、
情報としては、いかがなものか〜と思いつつ。
新規店ベスト20をチェックしながら。

赤坂TBSラジオへ。
「伊集院光の日曜日の秘密基地」
日曜ゼミナール年末拡大版、
2002年 重大ニュース、
どこでも、この時期、御馴染みの振り返り企画であるが、
叩き台本として、これほど、整理された超労作は他に無い。
39枚の台本も、時間が無くて、半分ほどで終了。
もったいないので、俺は、保存版として持ち帰った。
感心しきり。
そして、これが本年の仕事収め。

留守中、佐野文二郎画伯が、結婚祝いに約束していた、
「東京漫才ギャグメンコ」の作品を届けてくれる。



家飯。
味付けこんにゃくと牛肉とたこのお好み焼き。

約400枚、年賀状書き、
M−1グランプリ見ながら……。

ジャッジペーパー。
談志 中田 洋七 石井 大竹 松本 紳助 合計 (順位)
ハリガネ 70 85 86 81 83 65 75 545 (5)
ますおか 80 95 96 90 92 70 89 612 (2)
ダイノジ 70 84 81 78 78 60 83 534 (8)
テツトモ 70 90 79 82 77 65 76 539 (6)
フット 70 97 94 95 91 85 89 621 (1)
笑い飯 70 83 84 84 80 80 86 567 (3)
おぎはぎ 80 82 85 79 79 80 76 561 (4)
アメザリ 70 83 83 78 78 60 73 525 (9)
スワゴン 50 85 86 86 80 75 73 535 (7)

個人的には、プライベートでも面識のあるダイノジに肩入れするし、
また顔見知りのテツトモ、ますだおかだ、アメザリ、ハリガネ
を応援するのだが…。

談志師匠のコメント、
どうしても誤解を呼びそうなので、
師匠の言わんとすることは…と、
言葉をフォローしてあげたくなる。

上位3組による決勝、
ますだおかだが、5票、
フットボールアワー 2票、
10年目、最後のチャンスのますだおかだが優勝。

すっかり、風邪も治ったが、
習慣病を脱するチャンスなので、あえて酒抜き。


《 政府が北朝鮮にギョンさん冬休み来日を要請していた 》
《 豊郷小仮校舎への引っ越しを住民が阻止 》


12月30日  月曜日

朝、酒抜きで、体調良好。
原稿の仕事もないし、
仕事に追われない気分は素晴らしい。
こういう状況は365日で、2日もないだろう。
でも、何をしようかと、オロオロするのも事実。

「カジノ」DVDで。
これも1500円。
俺的には、スコセッシ作品で上位、
6年前に、映画館で見たときは、
3時間が、30分ほどに感じた。
デ・ニーロとジョー・ペシのWナレーションで、
めくるめくスピーディーな展開に、興奮したものだ。

大掃除、洋服のお下がりは、下町裸会のカシラ、
〆さばヒカル宅へ。

家飯、豆腐とにらとひき肉のとろみ鍋
トマトサラダ

エアロバイクai、110分。

K−1総集編、プライド総集編、
古舘伊知郎トーキング・ブルース・スペシャル、
めちゃいけスペシャルの大阪ドーム、SMAPコンサート岡村踊り、
サンデープロジェクト「イラク攻撃前夜」など見ながら。

このまま、禁酒したかったが、
結局、ビール飲んでしまった。

《 株価、年末終値では20年ぶりに9000円を割る 》


12月31日  火曜日


エアロバイクai、60分。
97年のTBS正月放送の上川隆也が竜馬役の
「竜馬がゆく」を見ながら。

大晦日に冷静に今年の個人的重大ニュース考えてみる。

○「浅草キッドの浅草キッド」撮影。
 真冬の早朝から、深夜に渡るロケ、責任感、憔悴、
 そして、父の脳出血入院が重なり、
 今後の仕事、人生、
 いろんなことを自分に見極めさせてくれた。

○『Dynamite!』
 国立競技場の9万人イベントの最前列。
 地上3千メートルから、舞い降りた、
 神様イノキの闘魂ビンタを受けた。

○出版あいつぐ。
 『発掘』、『アサ秘ジャーナル』と出させてもらった。
 ロッキンオン、新潮社の担当者のつきあいは、
 わざわざ名乗りを上げてくれたことを含めて、ありがたく、
 今後も、長いつきあいになるだろう。

○政治家出演バラエティー番組増える。
 TBS「アサ秘ジャーナル」は、
 深夜番組に関わらず、終了もなく、一年以上経つ。
 MXテレビの『Tokyo Boy』で都知事との共演も長い。
 テレビ朝日の特番も加わってきた。
 
 資料読みの宿題は、きついが、
 最近、ようやく相手の話がわかる程度には なった。

○格闘技番組ラッシュ
 サムライテレビのレギュラーに、SRSにレギュラー、
 W−1では、ターザンと共に解説席に。
 個人的には、ビッグマッチが最前列で見れることが役得。

○6月22日、入籍。

などであろうか。

そんなことを思いつつ、
  赤江くん(玉袋)、スズキ(同居人)と共に、
『INOKI ROCK』を小脇に抱え、
さいたまスーパーアリーナ
『INOKI BOM-BA-YE』へ。

駐車場、裏技。
17時始まりながら、15時半には、到着。
リングサイドのさらに前。
ほとんど、青コーナーセコンド。
どうしても見たいと言った、そのまんま東さんを連れて。

第1試合 総合ルール 5分3R
× 安田忠夫 (2R 0分57秒TKO)ヤン"ザ・ジャイアント"ノルキヤ ○

第2試合 総合ルール 5分3R
× 中邑真輔 (2R 2分14秒、腕ひしぎ逆十字固め)ダニエル・グレイシー ○

第3試合 総合ルール 5分3R
× 滑川康仁(3R 判定、0−3)ヴァリッジ・イズマイウ○

第4試合 K-1ルール 3分3R
× ゲーリー・グッドリッジ(1R 2分12秒KO)マイク・ベルナルド○

第5試合 K-1ルール 3分3R
○ クイントン"ランペイジ"ジャクソン(3R 判定3−0)シリル・アビディ×


紅白歌合戦の裏視聴率で、20%超えを目標とするだけに、
試合の中身のハードルが高くなっている。
そこをクリアー出来るのか、どうか?
第5試合終了後、休憩。
百瀬さんにご挨拶。

急遽、アトラクション出場することに。

アントニオ猪木が登場。
百瀬組の法被を着込んだ、男衆に担がれ、
揺れる神輿にまたがった猪木がリングへ。
「元気ですかーっ!」。
「元気があれば何でもできる。
INOKI BOM-BA-YE 2002キャンペーンで
全国を元気に周って参りました。
暗くなった世の中に明かりを灯す。
元気のなくなった世の中にビンタを入れる。
オレは怒っている。怒って、怒ってみろよ。
怒りの種が燃えつきりゃ、優しい心の芽が吹いた」と。
「オレはスネている。スネたついでにスネ相撲はどうだ。
オレに勝てるやつは出て来い!」と挑戦者を募集。
島田レフェリー、グレート・サスケ、紅白仮面、
そして、俺たちの出番、
「たけしプロレス軍団の残党です!」と名乗ると、
そのまま、そのまんま東に張り手一閃! 
ここで、出番終了。
猪木、山本あずさに1敗を喫した後コールマンを返り討ち。
ここで「オレにぶん殴られたいやつがいる!」
野村沙知代を招き入れると、両ほほに往復ビンタ! 

第6試合 総合ルール 5分3R
× 藤田和之(3R 判定0−3)ミルコ・クロコップ ○

これは、結果としては、
一番、もったいない、残念な試合となってしまった。

第7試合 総合ルール 5分3R
○ 吉田秀彦 (1R 0分50秒、フロントチョーク)佐竹雅昭 ×

第8試合 総合ルール 5分3R
○ ボブ・サップ(1R 2分16秒腕ひしぎ逆十字固め)高山善廣×

高山のセコンドに宮戸さん、大江さん、
その姿を見ると、俄然、高山善廣を応援したのだが……。

全選手入場、
2時間早い、猪木様のカウントダウンで終了。

全試合終了後、1・4のドームに出場の、
ジョシュ・バーネットが話かけてくれる。
すっかり、顔を覚えてくれた様子。

打ち上げパーティーに顔出し。

新日本・中邑選手がボコボコの顔のまま、
丁寧に挨拶してくれる。
ファスティングの山田先生と名刺交換、
イズマイウと記念撮影を向こうから、求められる。

深夜2時、殿宅、恒例の新年会。
殿は、ニューイヤーロックフェス終わり、
俺たちは東さんを連れて。
東さん、新殿邸には、初とのこと。

軍団は、枝豆さん、東さんのみ。
その他、ほぼ軍団身内メンバーで。
おかみさん、篤君も一緒。
俺たちは、お酒飲まないままに。

カラオケ大会でマキタスポーツが「長い夜」絶唱。
殿前で、その達者ぶりに、すっかり3階級位、特進。
お年玉頂く。

朝5時、TBS入り。
「新春列島中継!全日本がんばっている人大賞」
昨年に引き続いて。
恵俊彰、安藤アナ、小倉アナ司会。
井筒和幸、真鍋かおり、室井裕月、
俺たちがコメンテーター。

去年に比べてレベル高いシロート出演人。
オールナイトフジのとんねるずコーナーの有名人だった、
伊賀忍者のウキタくんやら、
俺の地元、倉敷から、ちくわ演奏の達人やら、
世界大会8連覇のバトンの名手やら。
そのなかで、優勝賞金100万受賞は、
コミック水泳の不破さん。
昔、他チャンネルでドキュメンタリーになっていたのを
見たことがあったが、
今回は、純粋に、逆さ平泳ぎなど、競技として、
馬鹿馬鹿しくてオモロだった。

番組終了後、一旦、帰宅。


《 ダイアナ・ロスが飲酒運転で逮捕 》
《 浜崎あゆみ、レコード大賞2連覇 》

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る