3月21日  金曜日

8時起床。
KTV、「2時ドキッ!」へ。
イラク攻撃の余波を受け、中止になるかと思われたが、
そんなことはかった。
さすが、ワイドショーは永遠だ。

ここ数日、睡眠不足続いても平気のままでいたのだが、
新幹線のなかはずっと睡魔に襲われた。
最近、いつ眠くなるかわからない。

司会の橋本志穂さん、全日空の搭乗トラブルで遅刻。
「何がグッドラックだ」と憤慨。

前田忠明 vs 梨本勝、
フセイン vs ブッシュの構図でトーク。

梨本さん、打ち合わせの時間から、
局を出て行くまで、ずっと喋り通し。

大阪駅でお土産。
買った事がないものを選んで。

車中、大阪寿司弁当。
朝が早いせいか、一日が長い、
必然、食事も4食になっている。

帰宅後、漫才原稿。
ようやく完全に突破口を発見。
これでもう大丈夫。

神代さんがお奨めの健康グッズ、「バイオラバー」
半信半疑であったが、
ネット検索でその効き目、反響などを確認し、
意を決して購入したのだが、
なにしろ、たった一辺15センチ大の三角形の布。
見るからにチープ。

しかし、それ故に、これをどこに付けて行っても、
「何これ?」と聞かれ、説明すると、
「こんな布切れが3万なの!」と一応大受け。
そして、俺が、このバイオラバーを、
ロケ先、局でも、何度も落としてしまう。
それをADが拾っても、ただの布切れだと思って、
そのままゴミ箱に捨てようとする。
そのたびに、俺が
「待て!それ3万するんだよ!」と。
とうとう、この布に、名前と、
拾った方は……と事務所のTELまで油性ペンで記した。

そして、その効果は……。
極度の腰痛、肩こり持ちで、
一週間で1本を使い切るほどの、
鎮痛塗布薬「バンテリン」大量消費男であるこの俺が、
気がついてみたら、この一週間、
まったくバンテリンを使っていない。
「これ効いてるかも!」とスズキ秘書に言うと、
「ジム(スネークピット・ジャパン)に
 行ってないからじゃないですか?」と。
ま、それも一理ある。

しかし、こうなったら、もっとウケたい。
もう、見境いなくなって、
ついに3万円版に続いて12万円版の、
「バイオシート」を購入。
布団サイズだと思ったのだが意外にも小さい。
こうなると、
誰からも「高すぎるよ!」「無駄使い」
と言われたいがために、
買っているようなもの。
しかし、これだけの大金、
元をとるため、四十六時中、身に着けるよう、
マント風に体を包む。
まるで、オノデン坊やか、ミニミニマンか。
そのまま、仕事先にも行くことにする。

夜、WOWOW、
「大人計画の歴史、松尾の歴史」
RINGS中継もなくなり、解約のつもりだったが、
こういう放送があるから解約出来ないままでいるのだ。

ホームテスト2 92点(87点)

家飯。
ピーマンのきんぴら
真鯛の刺身
ぶりの照り焼き


《 米英軍が本格イラク攻撃−大統領宮殿など空爆。フセイン大統領、負傷か?》
《 林家こぶ平が、2005年春に九代目林家正蔵を襲名 》
《 サッカー日本代表の米国遠征を中止 》
《 大リーグ移籍に失敗した近鉄・大塚晶文投手が金銭トレードで中日へ 》


3月22日  土曜日

8時起床。
朝、『お笑い男の星座2・私情最強編』
完全にテンションは落ちたが、毎日、少しでもやることに。
「旅サラダ」「建物探訪」など朝番組、見ながら。

昼飯。K社の冷凍肉うどん、
以前は「ここは美味い」と言っていたものだが、
ミートピアと比べたら、断然落ちる。

11時半、
「チャンネル北野」、渋谷ビデオスタジオ、
「完全袋とじ 浅草出版」3本収録。
カバーガール3人。宝島の藪下秀樹、マキタスポーツ、
東京ダイナマイト、猫ヒロシ、たかだゆうこ一緒。

バイオシートをマントにして。
スタジオに行くと、「何々?」と注目され大ウケ、
こうなったら、バイオラバーの製造元まで訪ね、
その秘密を探る企画を提案。

3本収録。
巨乳札のKカップギャル女、コマネチ体操ギャルなど、
グラビア女性との絡み。
マキタスポーツ実家。
デッサン男性モデル。
ときめきのドアのぶが経営するソールミュージック店。
などのVTRにコメント入れる。

空き時間、富ヶ谷、こうじんクリニック。
胎盤エキス点滴。
越智先生、下痢で体調不調の様子。

赤坂TBSラジオへ。
浅草キッドのスポーツBOMBER!」生放送。
ついに最終回。
竹内香苗アナ一緒。

最終回健康法スペシャル、
俺、胎盤エキス、メディカル枕、
そして、バイオシートを紹介。

R―1(ラーワングランプリ)決定。
麺道会館・石神館長ゲスト、
聴視者の投票で、
巣鴨『大沢食堂』が、グランプリ受賞。
2位は、荻窪『めん屋』。

これにて、ラジオ一旦終了。
最初は、スポーツ縛りが苦しく感じたが、
後半は、のびのびやっていた。
竹内アナもプロ意識高く、熱心であったのも良かった。
毎週の生放送だったので、
生活のリズムの中にあったのだが……。

砂原さんから赤坂、韓国料理・楽楽のキムチを貰う。
香川出身の砂原さんには、
ミートピアさぬきも紹介してもらった。
これは、ラジオをやったプラス。

家飯。
カリフラワーのアンチョビソース
鶏のささみと三つ葉のわさび醤油、オリーブオイル和え
黒酢風味のレタススープ
神戸「香蘭」のぎょうざ
「楽々」のキムチ
「鯛惣」の大だこの味噌漬け

ホームテスト2、92点(82点)

《 フセインの頭脳、元国防相ら3人が爆死か 》
《 イラク軍、ボロボロ…1個師団まるごと投降 》
《 蓮池夫妻が甲子園で母校「柏崎高校」を応援 》
《 辰吉丈一郎が交通事故、タクシーに追突、ケガなし 》

3 月23日   日曜日

朝6時半起床、夢日記だけ走り書き、再び寝る。

俺たちが、ボブ・サップと何故だかマット・ヒューム
(マニアしか知らないと思うが、AMCというジムを主宰する格闘家)
と共に、NOVAのCMに出演。
英語が喋れないと、ジェームス・キャメロン監督が
使った『アビス』の巨大水槽のなかに入れられる。
そこへ、ピンクのNOVAウサギのぬいぐるみが近づいてきて、
中から出てきたのは、林家ペーさん。
「ピンクの小粒のコーラックのCMの方がいいわよ。
好楽じゃないわよ。コーラックよ。
その方が、ペイがいいのよ」と駄洒落。

いったい、何を書いているのだと思える、この夢。
オチをつけている当たりは、ある種、漫才病。
8時再び起床。

『お笑い男の星座2・私情最強編』
最終章の百瀬博教篇を、推敲。
その横で、かみさんが、『不良少年入門』を読みながら、
私家版「百瀬博教年表」を作っていた、
「朝から、これって日本で一番、百瀬マニアの夫婦だろう」
と話していたのは、今日、一日の前振りに過ぎなかった。

今日より、DoCoMoから、auのSONYエリクソンの
最新機種に携帯電話(A1301s)に変更。
これで、我が家は全員auに。
家の中で電波受信出来ない場所もなくなる。
この日記を読む、知り合いの方は、
俺の電話番号の変更をお願いしたい。
それから、今まで見向きもしなかった
携帯メールも対応出来るようにしようと。

とりあえず着信音なのだが、
スタジオ収録も多い放送人としては、
最大40和音の着歌などで不要、
「咳払い」「欠伸」「くしゃみ」「鼻すすり」……
みたいなものはないだろうか?
それなら、仮に鳴ったとしても何も問題ないだろうに。


14時、「キング・オブ・ザ・リング in 秋葉原」
「LAOX 」のアソビットシティ。
X box の総合格闘技ゲーム。
THE WIRD RINGS」発売記念入場無料イベント。
アレクサンダー大塚とWJプロレスの大森隆男をゲストに迎え
トークショー&ゲーム大会。



司会と、選手入場コール、
『PRIDE』のリングアナの太田真一郎さん。

各ゲーム雑誌の編集者が、自前の選手を育てて、
最強を競うトーナメント大会。
しかし、このゲーム、
プロレス、総合、相撲、ボクシング……
など11競技の格闘技を同じリングで競い合わせる、
格闘技ゲームであるが、
その驚異的な画像と共に、試合展開も傑出していて、
画面を実況・解説していても、
テレビショーとして成立するレベル。
俺たちも、業界ギャグ連発だが、
マット界偏差値も高い客席も俄然、盛り上がる。

イベント前後も、ラオックス店内を散策、
なにしろ、今や一年に一回も来ることもない秋葉原、
やはり一番のお目当てはDVD売り場。
大型店なので、各タイトル、スペシャルプライス、
になっているので、欲しかったタイトルを次々と物色。

17時半、かみさんと待ち合わせ場所へ。
コチラ方面に来ることは珍しいので、
昨日より計画を立て、
下町の味の老舗巡りを企てていた。

俺の仕事の間、神田の古本巡りをしていたかみさんを拾って、
千駄木の『天外天』向かうつもりだったのだが、
道すがら、石丸電機のDVD館を通り過ぎる、
さっきのラオックスで格安でDVDをまとめ買いしていた
興奮が残っていて、ここにも出物がありそうだ。
「ここにも寄っていこう」と誘う。
俺はいままで、一度も入ったことがない店なのだ。
店の前は、日曜日の混雑。
「でもここ止めるところないよ」とかみさんが言うと、
たまたま、店の前の車がスーッと動いて、
駐車スペースが開いた。
まるで誘われるように車を止める。

8FのDVD売り場、
「梶原一騎『四角いジャングル』ボックス」
「コーエン兄弟ボックス」
「ゴッドファーザー・ボックス」
「イブの総て」「アニーホール」……
などを買い求めていた、その時、
目の前を、見覚えのある巨体が通り過ぎた。

「ああああああぁ! も・も・せ・さ・ん!」

目を疑い、信じられないが、
百瀬博教さんがそこに入ってきたのだ。


思わず、目を見合わせ、
二人オオオ!と抱き合った。
これは映画「復活の日」か「めぐり逢えたら」か……。

一緒に居たのは、ライターのShow大谷氏。

「なぜここに?百瀬さんが?よく来られるんですか」

「偶然、Showが今日、『男の星座』の漫画を見つけたって、
 持ってきたんだよ。
 オマエが夢中になってる、
 梶原一騎のその漫画を、俺、一度も読んだことがなかったから。
 それで、じゃあ、神田の古本でも見に行くかってことになって、
 それで、昨日見た松本清張の映画シリーズが欲しくなって、
 確かここにはDVDたくさんあるって前に聞いていたから、
 初めてここに入ってきたら……なんと、オマエがいたんだよ」と。

まさに、これは、ユングの言うところの星座ではないだろうか?

ユングの発想を象徴的に示すのは、
コンステレーション(星座)という見方である。
天にきらめく無数の星は、
ただ見ているだけでは何の意味も持たないが、
古代人はいくつかの星をつないで、
双子座やオリオン座や獅子座などを描いて、
物語を創り、一つ一つの星に意味を持たせた。

ユングは、それと同じように、
人間が人生において出会う様々な出来事を、
それぞれに意味あることとしてつなぎ合わせ、
その人なりの物語を創るという方法で、心のなかを整理した。
それゆえに、「偶然の一致」という形で同時に起こった二つの出来事も、
人生という星座のなかに「意味のある」こととして、
きちんと位置づけられるのだ。

そして、百瀬博教さんのDVDの買い物にお付き合いする。
清張シリーズがまとまってはないとわかると、
広大な売り場の中から、
「オマエがお奨めのもの持ってきてくれ!」と。
しかし、百瀬さん、LD時代からコレクター。
膨大な量を保有しているので、大半は却下。
しかも「ああ、その映画は見たね!」
と始まると、
その映画のシーンを思い出し止めどなく語りだす。
しかし、その話の楽しいところっていったらない。

「駄目駄目!俺はSFは、一切見ないから、
 あんなこと、ありえないって思っちゃうと駄目なんだよ」
などと言いながら。

「これ、僕の一番好きなテレビドラマなんですけど……」と、
『寂しいのはお前だけじゃない・ボックス』を持っていくと、
「いいねぇ。俺、この頃の万田久子を個人的に知ってるんだよ。
 旅回りの役者やる話だろ!」
「そうです。で、三谷幸喜が一番好きだったテレビドラマです」
「へ〜そうなの」などと言いながら。

見ているものだらけの中で、意外な定番物を見ていなかったりで、
「太陽を盗んだ男」「グリーン・デスティニー」
「フェイス・オフ」「ミッドナイト・クロス」「ファイトクラブ」
「ロード・トゥ・パーディション」……などなどをお買い上げ。
さらには、他の清張作品や、
「『モー娘。』の踊っているところ見たいんだよ」
と、そんなDVDも。
  
そして、俺には、これは見た?と言いながら、
「全ての美しい馬」「ラストショー」
をプレゼントしてくださる。

丁度、アカデミー賞特集のコーナーで、
『イブの総て』を手に取り、
「ここにあるなかじゃあ、これが抜群ですよ」
「僕も好きです。丁度、今、妻に買ってあげたところです」
とシンクロ。
「じゃあ、今度は一緒にこの映画の話をジックリしましょう」

「時間あるの?」と聞かれ、
そのまま、青山、百瀬邸、
ロビーで本日購入うん十万ほどのDVDを並べる。
「これだけ、全部見れるんですか?」
「俺は、お酒を飲まないだろう。時間はいくらでもあるよ。
 朝まで一日、2本づつ見てますよ。
 天下をとった気分で大金使って銀座で飲むこと考えたら
 こんなの本当に安いもんだよ
 この歳になっても、まだまだ俺は教養がないって痛感するんだから」と。

秘書の井上さん、九州の百瀬塾のお二人らと合流。
麻布十番の「EDO屋」へ。

DSEの森下社長と、最後にエビフライを食べに行った、
洋食屋さんである。

レストランに入った時の百瀬さんの目配せはいつも独特。
人の配置、良からぬ人物がいるのかどうか、
絶えず、四方八方に目を凝らしている。
「前から思っていたんですが、いつも視線そうなんですか?」
「そうだね、これでも随分、直ったけど、昔は、
 女がハンカチを出すのに胸に手を入れただけで身構えたからね」

そして、再び百瀬邸へ、
今度は、ほとんどマン・ツゥ・マンで
11時半までお喋り。話は尽きない。
そして、この日の話の内容は、心に刻む。

まさに『男の星座』が結んだ、本日の一夜、
帰途、これほど不思議な気分を感じた日はない。

ホームテスト92点(84点)


《 <イラク戦争>大量破壊兵器は未だ見つからず 米軍幹部 》
《 報道陣の死亡相次ぐ、英記者3人死亡の可能性 》
《 千代大海が優勝=大相撲春場所千秋楽 》
《 「死神博士」の天本英世さん、77歳で死去 》


3月24日  月曜日

8時起床、
『シカゴ』が圧勝。
『ボウリング・フォー・コロンバイン』
『千と千尋』が受賞する、
アカデミー賞授賞式を横目で見ながら、
昨日の日記書き付ける。
一方で戦争突入ながら、株式急騰。
織り込みしたらそれで終わりと
習ったものだが、不思議なものだ。

ホームテスト、84点

昼飯。大阪みやげの焼きソバ万、
お好み焼き、

松浦歯科へ。
そのまま散歩。

麻布NCVへ。サムライTV
「生でGONG GONG」生放送。
谷川貞治、角田信朗、
ゴージャスなK−1両プロデューサー、

俺の仕事のなかで、このHPの感想メールなどで
最も反響があるのは、サムライTVだと思う。

地上波と比べて、その視聴者数の少なさを思えば、
有料チャンネルであるだけに、皆、いろいろ意見を持つようだ。
ターザン事件以降、抗議メールも多かった。
こういうメールにも、一々反応していたら、
通常は切りがないので無視するのだが、
私信の文章が、ちゃんとしていて、
自分の自己紹介、身元、職業もきっちり名乗っていたものに、
いくつかの誤解と、自分の立場を返信することもあった。

しかし、「月曜生ゴン」のターザン降板を
惜しむ人ばかりだけでもない。
以下、感想メール引用。


「ミルコ vs サップ」を「三角 vs 四角」と
戦術の見地から解説した角田信朗も素晴らしかったが、
そのホワイトボ―ドに展開した戦略論を、
「ラムズフェルドの作戦解説を聞くよりわかりやすい」と
博士が評したのも一本ありました。
この御時勢では、ご法度のイラク攻撃にまつわるギャグを
生放送でスーッと言葉規制を抜けて、
ポンと言ってのけるのはキッドらしさですね。
将軍・谷川さんを評して、
「今じゃ世界を又にK―1プロデューサーとして大忙しですが、
昔は神保町だけで動いて、カレー食べたら仕事が終わり、
タイ出張だけが唯一の楽しみの男」
と見立てたのもお見事。
一介の編集者あがりが大出世したことをこれほど笑いに包んで
表現する例えはないです。(当の谷川さんも吹き出していたし……)

ターザンが抜けて月曜はうんぬんと抜かすガキも多いようですが、
俺は今のキッドとゲストのトークショー・スタイル、嫌いじゃない。
むしろ90分たっぷりのキッドの
インタビュー・ショーを目の当たりに出来て楽しい。

博士が日記に「インタビューは天職」みたいなことを
書いていましたが、「生ゴン」だけでなく
「アサ秘ジャーナル」(麻生太郎の回、最高!)や
最近の仕事ぶりは、腕を上げている実感、天職を感じさせますね。
「インタビュー術」という新書に永江朗が吉田豪のインタビューを
激賞する文章を書いていましたが、
それに優るとも劣らず、
十分、キッドも、ゲストへの敬意と下準備が出来ていて、
的確に話題を引き出し、
相手の言葉で語らせる術があると思います。

「生ゴン」は今までの無意識過剰のターザンの暴発振りを、
調教し、コントロールしながら進む展開も楽しいですが、
ターザンが本来、進むべき話の腰を折ったり、
(博士が前半に細かく撒いていく)ネタ振りを生かさなかったり、
方向性を見誤って悪路を進むようなイレギュラー
(それも楽しみでもありますが)も多かったのですが、
今のように最初から最後までキッド主導で、
ゲストの能力を最大限を引き出しながら、
ゲスト本人が気持ちよそそうに語りつくすスタイルも
技術のある名ドライバーの運転を見ているような
見事な芸当だと思います。

今後も「俺たちもやめた〜」などとならないようお願いします。
新番組にも期待します。

収録後、サムライTV4月からの新番組の打ち合わせ。
一発目から大物ゲスト、
なんと、前田日明が決定。
今、ほとんど、肉声を聞くことがない大物。
これは、腕が鳴る。

家飯。
韓国のりの冷奴
「湯島天神」の柴崎納豆
「楽々」のキムチ
チキンサラダ

夜、「さんま御殿」アンケート書き。


《 生存を誇示…フセイン大統領がTVで徹底抗戦を宣言 》
《 イラクが捕虜兵や遺体を放映…世界から怒りの声 》
《 佐川清氏の課税対象となる遺産は53億円 》
《 米アカデミー、「千と千尋」が長編アニメ映画賞受賞、日本作品48年ぶりの快挙 》
《 キムタク主演ドラマ「GOOD LUCK!」最終回は37・6% 》


3月25日  火曜日

昨夜、4時就寝で、朝7時起床。
しかも、しっかり覚醒している。
自分でも信じられない。
しかし、すっかりあの無心の「星座」推敲モードにはないので、
朝から何をしようかと……思ってしまう。

『イブの総て』DVDで。
舞台女優の話。
見ていても、自分の漫才舞台が気になってくる。

漫才推敲、
勘を取り戻すため、
前回の舞台のビデオも見直す。
まだまだ、まだまだ。言い聞かす。

昨日に続いて松浦歯科へ。

小池栄子よりTEL。
「今日遊びに行っても良いですか」と。
前から、彼氏と一緒にぜひ食事しましょうと約束していたので。

20時頃、小池栄子と坂田亘選手来宅。
我が家で久々の食事会。



偶然、『紙のプロレス』最新号を届けにきてくれた、
チョロも合流。
前田日明論、さらにまさかのビデオ上映会。
24時頃から、
ジョーダンズ三又、スピーク☆イージー北郷も来宅。
珍しくたっぷり飲んだ。

青梗菜の塩炒め
半熟卵とトマトのCHEF'S風炒め
大豆入りひじき
長芋とウズラの卵とほうれん草の濃厚だし煮
鶏のささみと三つ葉のわさび醤油和え
万能ねぎのしらすのにんにくドレッシング


《 化学兵器使用を共和国防衛隊に許可−米TVが報道 》
《 <坂井衆院議員>議員辞職勧告決議案を全会一致で可決 衆院 》
《 田嶋陽子氏が神奈川県知事選へ出馬を表明 》
《 俳優の古尾谷雅人さんが自殺 》

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る