4月11日  金曜日

今日のお仕事に備えて、
『ワイドショー20年』などのビデオ、
10年も前に録画した番組、
想いの外、オモロ。
特に、殿が幼少の篤くんを連れたお宮参り。
俺が、持ちネタにしているが、
ほとんど、信じられていない、
三船敏郎のサインの映像貴重だった。

17時、芝スタジオ、
土曜スーパースペシャル。
日本テレビ『史上最強!テレビを一番見てる人決定戦』、
みのもんた、鈴木君枝アナ司会。

伊集院光、松村邦洋、堀井雄一郎、
やくみつる、林家こぶ平、研ナオコ、
島崎和歌子、山瀬まみ、

新趣向のクイズと聞いていたが、
事前の打ち合わせなどは、全くなし。

クイズ番組で俺に求められている俺のキャラは、
解答率の高い物知りタイプ。
「そんな人じゃないんだ」って言いたくなるが、
そのキャラも、今までなんとかキープしてきたが、
今日は、同じキャラでやくさんも、堀井さんも居るのだ。
もっとお笑い、ボケ役仕事なのかと思うと、
松村邦洋くんも居るし、実に座りが中途半端。

本番前、やくさん、堀井さんと共に、
「まさか、俺たちが、優勝する展開のゴールデン番組は、
 ありえないですから」と話し。

本番、とにかく、知識不要の意表をついたクイズスタイルに戸惑う。
なにしろ、最初の2問で、正解者なし。

その後、最下位街道を低迷。
三択問題も当たらず、
司会のみのさんも、俺の最下位ポジションを面白がって
イジるので、このまま独走するか迷う。
これはドッチなのかな?と隣の伊集院に聞いたりして。
結局、自分自身としては中途半端、
問題を考えすぎたり、出題の意味を取り違えたり、
答え書き直したりで、迷ったまま、
自分の仕事出来ないまま、終わった感じ。

俺の横では、伊集院が、TV職人として、
番組展開睨みながら、さまざまな調整。
ホント、こういうタレントが一枚居ると、
制作者は、ありがたいだろう。

やたら、巻き気味に進行したみのさん、
この後、新番組の収録を24時から開始し、
そして、土曜日は、ズバットが、朝5時からの仕事振り、
さすがは、マサイ族と同じ血が流れる超人。
一人24時間TVの状態。

終了後、みのさんに挨拶。
本番中は、今日が初対面なので、
会話が上手く拾ってもれえない感もあったのだが……。

「実は、17年前、浅草のフランス座で呼び込みをしていた時、
 当時、テレビ東京の演芸番組だけがレギュラーだった、
 みのさんが、浅草演芸ホールに入る際、
 俺たちの前に通りがかるたびに、立ち止まって、
 声を架けていただいていたんです。
 今日、初めてみのさんと共演できて光栄でした」と挨拶。

それを聞くと、みのさん、表情が変わって、
「先に言ってよ、それは俺も嬉しいな〜」
とガッチリ握手してくれる。

これだけでも、今日一日、
いや、17年が全て報われる気分に……。

しかし、今日は終わらない。

帰途、西村運転手からTEL。
殿宅へ。
緊急呼び出し。
何も事情わからず寝耳に水の話で驚いていると、
思わぬ急展開に。

炎上。ある意味、政変。
芸人のルサンチマンの革命。
とにかく、殿の本物の親分っぷりが炸裂。

例えば、今日一日の話だって、
詳細に、誰が居て、何が起こり、
何が原因なのか、
全てを俺はここでも描ける。
されに、何故、こうなったか、
何故こんな風に展開するのか、
俺には考察が出来る。

それをウェブで発表できる。

どんな小さい存在でも、
自分の意見は、封印されることなく、
それをそのまま、世の中に発表できる。

そういう時代なんだ。
それをわからない人がいる。

それでも、俺は、
誰かを思いやり、誰かに顔を立て、
感情を隠している。
身内の枠が広すぎるのかもしれない。
出来うるなら、敵となる人でさえ、
フェアープレイで接したいと願っている。

しかし、今は、本当にそこまで忖度できない人が多い。
殿いわく、人間以下の人。
平気で人と人との関係を上辺でやっていけると思っている。
自分の権威で人の感情を封殺できると思っている。

だからこそ、冷やかしで生きてちゃダメだ。
情を持って、本気で他人と付き合わなかったら、
致命傷になるような大火傷を追う。

起こるべきして起きた事件。

朝帰り。

今日の一日を、殿の台詞を、
個人的に別日記に詳細に記す。

《 モスルを事実上制圧−米特殊部隊とクルド人勢力 》
《 清原が復帰戦で2安打…通算2000試合出場飾る 》


4月12日  土曜日

7時起床。
結局、小一時間、眠っただけで仕事へ。
昨日の意味を反芻しながら……。
赤江くん、二日酔いモード発散させながら……。

スズキ秘書が運転で、
お台場、フジテレビへ。
『SRS』、長谷川京子ファイナル収録へ。

今回、リムジンバスを借り切り、
「長谷川京子ファイナルバスツアー」として、
さまざまなサプライズ企画が満載のドッキリ・バージョン。

ハセキョーに思いっきり、泣いてもらおうと企画したのだが。

初登場の場所、フジテレビの渡り廊下、
殺風景。ゲストもなし。
無味乾燥な偽台本のオープニングの第一声前から、
長谷川京子、うずくまって号泣。
その泣き待ち。
向かいのビルで隠れ待っていた森本レオさんも、
長時間、泣き待ち。

その純朴さに早くも心打たれる。

車中、レオさんとドラマ話。
『浅草キッドの浅草キッド』のドラマについて、
俺の心象風景などの洞察が、全てご推察通りで、
さすがに「餅は餅屋」なのだな〜と思う。

水道橋・後楽園ホールへ向かう。
後楽園飯店で、
京子ちゃんが食べそびれていた、
絶品のふかひれラーメン、
新日本キックの武田幸三選手が、給仕役で。

代々木、キダム会場前に移動。
極真空手・木山選手が。
キダムとは、たまたま通りがかった人の意味だが、
「キダムに木山が来ます」って、駄洒落。
バスの天井に三度頭をぶつける木山選手。
言葉使いから、振舞いから、
強い人ほど、普段から絶対、威張っていない
と言う、典型のような選手。


車中、ビデオレターを紹介。
シウバの山梨まで出掛けてのガラス器作り、
桜庭和志マスクデザイン、
オオケン、ビデオ道などなど。

ハセキョウの初ロケ、思い出の地、
大磯ロングビーチへ、
この日のために、
ハセキョーのリクエストで
日帰りで、旭川までウニ捕りに行った谷川貞治さん、
釣り人に紛れた宇野選手が合流し、
バーベキュウ大会。

屋外、いまにも降りそうな曇天、
ここまで天気が持ってよかった。
最後の最後に豪雨となって、
天までも泣き出す。
そういうドッキリかと思っていたほどだ。



最後は、施設に付属した
「クリスタルチャペル」で、
全スタッフ総出で見送る卒業式典の、
ビックサプライズ。

ここで全スタッフの誰より、
思い入れたっぷりに泣き崩れたのが、
本日、長谷川京子初対面の新人AD、堀くん。
誰しもがアンタ誰??そして何故??



収録後、乾杯ビールを3本開け、
帰途は、すっかりお眠りモードのはずなのだが、
帰りのバスも、眠気が訪れず、
インターチェンジで、どちらが長小便かを、
清原さんと競いつつ、
作家の押切さんにマンツーマンで、いろいろ質問、
レクチャーしてもらう。

とにかく、佐野真一の『巨怪伝〜正力松太郎』
が必読と。

六本木打ち「薫風」上げ会場、
京子に贈る言葉も、
スタッフのほとんどが泣いている状態。

行列が出来る涙のお別れ会、
とにかく、貰い泣き率の高い俺が、
このダム決壊、涙、涙の洪水状態に、
さすがに、珍しく泣き遅れ、泣き控えしたほどなのだ。

いつもニコニコ永盛園長の、
感極まって、溜めに溜めた涙。
あまりにも細い目すぎて、
目に溜まるウルウルすらわからず、どこから、
この滂沱な涙が流れているのかわからない男泣き。
その姿に後ろから抱きつき、泣き出す、
無骨度、ナンバーワンの中田D、
この二人の泣きっ面も今日の挨拶MVPであった。

司会の中田Dが、泣き崩れたので、
俺、代わりに司会進行。

しかし、いずれも長谷川京子の人徳、
本当に財産であり、立派なことだ。
俺の知る限り、これだけ、末端まで魅了させ、
心配させ、親身にさせたタレントはいない。
既に大スターなのに……。



今後は、距離は人を夢見させるだ。

京子帰宅後、宴は続く。

そう言えば、谷川さんが、『週刊プレイボーイ』誌で、
猪木さんの人生相談で、優しい言葉を貰い、
酒席でも、何度も何度も嬉しい!を連発していた。
ホント、百瀬語録だけど、
「人は、言葉で跳ぶ」のだな。
俺は読んでいたが、今日、聞いていたほとんどの人が未見。
偉大なる谷川将軍様、プロデューサー就任を記念して、
採録しておく。

アントニオ猪木の人生相談!
「風車の如く」第65回

人から断りにくい頼みごとをされた時、猪木さんはどう対処していますか?
最近、そういう頼まれごとはかリ…。(K―1イベントプロデューサー谷川貞治)

だろうねえ。谷川クン、かなり人がよさそうだもんね。
ただ俺は、リーダーになるべき資質というものを考えた場合、
谷川クンがこれからのK―1を担っていく一番の適任者じゃないかなと思うんだ。
当然、そこには課せられる責任が出てくるでしょう。

そして、リーダーとして「ノー」と言わなきゃいけない場合も出てくる。
もちろん、K―1を守る、選手の生命を守ってあげる、
あるいはK―1にとって利益を生む、
そういうことを前提にしなければならないんだけど、
トップに立つと、それと同時に関わっているものが見えてくるんだ。
例えば、PRIDEであったりプロレスであったりね、そういうこと。
K?1だけの問題じゃなくて、お互いがメリットを得られるために
どうするかを考えなければならなくなるんだね。

チャーチルの話をしようか。
彼は第2次世界大戦中、
「ナチスドイツがイギリスのコベントリーという街を攻撃する」
という暗号の解読に成功した。
で、彼の部下は
「すぐに避難させましょう」と言ったんだけど、
「ノー」と答えたんだ。
それはなぜか? 
そこの街の人間を避難させるということは、敵国に
「我々は暗号を解読しましたよ」と教えているのと同じことなんだね。
チャーチルは首相であったから、
イギリスという国全体を守らなければならない立場にあった。

つまり、"見殺し"にしたのではなく、
被害を最小限にする決断をしたということなんだ。
果たして、それは非人情的なことなんだろうか?
いや、彼は立っている位置が違うからこそ、そうすべきだったんだよ。
あえて"小を殺しても大を生かきなきゃいけない"という発想だったと
俺は思うんだけどね。

だから谷川クンの場合も、これからいろんな問題が突きつけられた時に、
まずはK―1を中心に考える。
ただ、 K―1に対するのと同じ分だけ
マット界全体への意識を持たなければならない。

例えば、ターゲットを野球、相撲、あるいはサッカーなどと
想定することも必要だね。
そうすることによって見えてくるものもあるんです。
実際、俺はいつもそういう発想をしてきたわけだしね。
まあ、それで「新日本に冷たいじゃないですか」とか言われるんだけど、
マット界全体を考えてのことなんだよ。
そうやって俺たちはこの道を歩んできたんです。
まず、全体像として自分が今、立ってる位置を見極める。
そして、時には"小を殺して大を生かす発想"をして、
これからは頼まれごとに対処していったらいいんじゃないかな。

それから、もうひとつだけ言わせてほしい。
「格闘技を誇示する」という言い方は
ちょっと的を射てないかもしれないけど、
野球にしろサッカーにしろ企業に守られているわけです。
ある意味ではそれを看板にもしている。

でも、俺たちにはその企業がないんです。
保障のない俺たちっていうのは
自分を自分で守っていかなきゃいけないからこそ、
そこに出てくるオーラが野球やサッカーとは違うんだ。
そして、だぶん、
そこがファンのみなさんから共鳴を受ける部分だと思うのね。
そういった俺たちの世界が持つ本質的な部分を忘れずに、
ぜひともガンバってほしいね。

帰宅後、『ド・ナイト』のオンエアー確認。
そうそうそう関口社長登場。
ロックフェラー湯浅の語録を含めて文句なくオモロ。

《 ブッシュ大統領は"勝利宣言" 》
《 日本のSARS患者可能性例4人 》


4月13日   日曜日

9時起床。
だったが、その後、覚醒することなく、
何度もコックリ、コックリする。
ここ数ヶ月の驚異的な神通力も失せたのか。

統一地方選、選挙投票日だが、
石原慎太郎磐石で、行く気にならず。
テレビ番組で、
「ここは、石原慎太郎当選の既成事実で……」
って設定の時に、
「いや、ドクター中松知事誕生バージョンも取りましょう」
と、必ず言っていたギャクも今日まで。

昼、珍しくパスタを食べに 『DELSOL』へ。
ナス入りピリ辛ミートソース
ボンゴレビアンコ


『プライドの怪人』、再々読了。
各部、人間関係の輪郭がくっきり。

やっとオンタイムで見られるようになった
『百瀬博教 時間旅行』最新回、
ゲスト、アルファーキユービック社長・柴田良三と花田紀凱
と『紅梅キャラメル』コレクション自慢、

統一地方選、
石原慎太郎都知事が再選される。
この次期首相と目される石原慎太郎と
因縁浅からぬ百瀬博教と、
その入り組んだストーリーを、
知りたくて、書きたくて、連日、興味に駆られているわけだ。

夜、テレビ東京『プラチナチケット』も始まる。
百瀬博教さんの紹介VTRは感慨深い。
ついに、地上波で名前と存在が紹介された。
35年前は、(冤罪ではあるが)
『小川宏ショー』で全国指名手配として、
テレビ放送された人なのだ。
なんたる人生の復讐。

それにしても本日も百瀬博教三昧。

30日より、5月4日まで、『SRS』ロケ。
ラスベカス行き決定。

家飯。
細切りピーマンの明太子和え
たことブロッコリーのにんにく醤油炒め
韓国のり入り納豆
豚肉の味噌漬け焼き

《 都知事選で石原氏が300万票超えの圧勝 》
《 みちプロのサスケ初当選!史上初の覆面議員だ 》
《 松井が初のサヨナラ打&打点トップ…ヤ軍単独首位 》
《 阪神がG粉砕し単独首位! 》


4月14日  月曜日

9時起床。
『サンデープロジェクト』、平沼赳夫氏出演シーンなど見ながら、
『政界のキーパースン』大下英二本読みながら。
平沼資料読み。


平沼氏も私淑した故・賀屋興宣(かやおきのり)氏に興味。
日華事変勃発当時、近衛文麿内閣の大蔵大臣。
A級戦犯であったが、戦後復帰後は、
タカ派イデオローグとして、影響力を持った。
元、遺族会会長。
石原慎太郎さんも、
小説のモデルにするほど敬愛していた人物。

そう言えば、今週より『AERA』に
『石原慎太郎の作られ方』なる連載。
書き手が吉田司。
このところ、佐野真一、斉藤貴夫、吉田司と、
次々と、気鋭ルポライターによる石原警戒連載が続いている印象。


TBS「アサ秘ジャーナル」収録、
12時15分、TBS入り。

経済産業省大臣室へ。
いつも汲々の議員会館に比べて、
流石に大臣室は、広い。
しばし、待たされる。
それも当然。

衆議院議員、平沼赳夫氏ゲスト
現役大臣は、番組初登場。
しかし持ち時間は、1時間のみ。

岡山三区(津山市ら)選出ということで、
「岡山出身の僕も選挙区に戸籍を移します〜」
と言って気持ちを掴む。

氏の経歴のなかで、目を引くのは、なんと言っても、
大臣が6歳の時、
終戦の日、昭和20年8月15日、
ポツダム宣言受諾を推挙した
養父、平沼騏一郎元総理を狙って、
暴徒に家を襲われ、
ピストルを突きつけられ、
焼き討ちされる話は、否応なく、歴史そのものだ。

政界のモノマネ名人として、レパートリーを披露してもらう。
しかし、いったい、大臣室で何をやっているのか。

落ち着いた大物感、故に、語りに揺らぎなく、
チェンジペースなかなか出来なかった。

終了後、事務所へ要請あって話。
さらに帰途、もう一度、
事務所に戻る様に要請され再び、同じ話。
自分は、ノーテクニックで、
思うところを、赤裸々に語るのみ。


家飯。
青梗菜の塩炒め(CHEF'S風)
ふんわり卵とトマトの炒め物(CHEF'S風)
三つ葉とささみのわさびとオリーブ風味
ぶりの照り焼き
め鯛の潮汁
ビールを飲みながら、一旦、就寝。

一時半に目覚まし起床。
文化放送『柳橋キッド』第3回目。
冒頭から、なんと俺への呼びかけ。
青汁焼酎割りは、もう飲んではいないが、
照れて真っ赤になる。
が、「俺のほうが励まされている」なんて言われると、
その言葉にぶっ飛ぶ。

《 米軍がイラク全土を掌握…最後の拠点ティクリット制圧 》
《 中嶋らも被告に懲役10月の求刑 》
《 論争勃発?サスケはマスクは取るべき…増田知事が会見で 》


4月15日  火曜日

朝11時、
すっかりパワー低下なのか、覚醒することなく。
スズキ秘書に送ってもらう。

大手町、大和證券へ。SKY PerfecTV!
『菅下清廣の株式道場』収録。
梶原しげるさん、新津珠美アナ、
本番前、梶原さん、
これ以上はないくらい『お笑い男の星座』を激賞してくれる。
「ラジオのスタッフにまで推薦して、企画まで考えたよ」と。
手渡して良かった。
タレント仕事は、ほんと、一瞬のすれ違い、時間の共有の連続だが、
こういう関係になって仕事をしている共演者同士になると、
全然、仕事の質が違うのだ。

蛭子能収さんゲスト。
最近、蛭子キャラもすっかり、テレビには親和していて、
キラーぶりが発揮されることが少ないが、
今回は抜群に面白い。
「証券会社には、今まで騙されてきてるんですよ」
などと証券会社で収録しているにも関わらず
場所柄を考えず、平気で喋る相変わらずの無神経ぶり。
金に対する話もオブラートに包めず生々しい人なので、
剥き出し感が、凄かった。
『ド・ナイト』で使えるかも。

赤坂、『銀座あげぼの』で「手巻き納豆」見つける。
一時は、個人的に大ブームで、まとめ買いしていたが、
テレビで紹介されるたびに、必ず品切れになっているので、
最近はすっかり忘れていた。
店にある数だけ、買い込む。

原宿、ユナイテッド・アローズ『RASSLIN'』へ。
過日の御礼に『お笑い男の星座』を。

さくま邸、百瀬邸、北野邸。
246を中心線とする偉大なる三角形を往復。

北野邸で、篤くんと合流、江頭ライブへ行く予定であったが、
神宮球場が中止にならず、そちらへ行くとのこと、
久々に御かみさんと、お話。

中野ゼロ大ホール、大箱。
「江頭 in 北朝鮮」に駆けつける。

ニュース報道にもなった期待値の高い舞台。
客席には、高田組のメンバー揃って、
さらには古館伊知郎さんも。

しかしながら、江頭何度も台詞を忘れ、立ち往生。
今までに無い、ノッキング、頭を掻き毟りながら、地獄の舞台ぶり。
江頭なら何をやってもいい〜
と大半の客は思っているので、
ネタ帳を片手にでも、譜面台に置いても良いのだが、
かたくなに、その行為を拒む。
しかし、その行為が、
まるで辰吉丈一郎のボクシングの試合のような、
哀しみとドキュメンタリズムを内包した舞台に。

しかし、最後の実証映像に、会場拍手喝采。
そのまま、江頭失踪。

中野「炙屋」打ち上げ会場。
主役のいないまま。

俺などは、失敗した舞台に対し、
「失踪」を選べる芸人的行為の大胆さに驚く。
江頭が、神経が細く常識が無いのではなく、
俺たちのほうが、
常識に納まろうと、打ち上げに出向く神経しかないのかも〜
とさえ思う。

それほど、
何をやっても、絶対的に許されるのが、エガちゃんだ。

清水ミチコさん、ヤノッチ、早坂好恵が来宅。
5.1ch体験を強要。
本日も『プライベートライアン』の前半。
既に、何回見ていることか。
何度、戦死シーンを見るのか。
我が家では、イラク戦争以上の戦死者連日。

《 松浪議員の秘書給与275万、暴力団組員の建設会社肩代わり 》
《 高島・高知宅にまた空き巣…1000万円の被害か 》
《 綾小路きみまろ、衝撃の告白「私はカツラです」 》
《 ヤンキース松井が"聖域"3階席へ特大ホームラン 》
《 マリナーズ佐々木が日米通算350S達成 》

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る