5月21日  水曜日

明日から、2年ぶりのファスティング(断食)に入るので、
今日の食事は最後の晩餐、
朝から予約電話。
中野坂上「鮨さわだ」は、やはり無理。
代々木「キノシタ」に幸いにも席を取れる。

永六輔「さよなら芸能界」(朝日文庫)読了。
芸人本好きなのに、
何故だか今まで読まず嫌いだった、
永さんの一連の本であるが、
この本は、永さんが経験する昭和芸能史、
編年体で書かれているのだが、
そのキャリア、若き天才ぶりに、
すっかり、感心してしまった。
今まで、永さんに対して先入観があったのだが、
凄い経歴だ。これぞ、リアル浅草キッドだ。

昭和8年、神田生まれの浅草育ち、
17代目のチャキチャキ。
生家は、浄土真宗最尊寺、
浅草の幼馴染に、
焼け跡のガキ大将、田所くんこと渥美清 がいたり、
沢村貞子がいたり、
隣の小学校にロイ・ジェームスいたり、
高校生で映画の友・友の会で、
淀川長治に薫陶を受ける。
メンバーに和田誠、篠山紀信、横尾忠則、
高校卒業後、早稲田大学へ通う傍ら、
三木トリロー文芸部へ。
キノトール、神吉拓郎、能見正比古らと共に台本書き、
学校へ行けば、
小沢昭一を中心にした落研、
大橋巨泉の俳句、
後に寺山修司の短歌、
といったサークル活動に顔を出す。
アルバイトの家庭教師の生徒が倍賞千恵子。

冗談音楽を始めれば、
楽器を運んでいたバンドボーイが後の林家三平、
この頃、「7人の侍」のオーディションまで受けている。
初めての作詞「黒い花びら」でレコード大賞、
「上を向いてあるこう」全米ナンバ1を獲得。
23歳で「冗談工房」の会社社長、
その時の専務が野坂昭如、
この頃のファッション、ジーンズも、
日本で最初にGパンを履いたと男と自称し、
引越し先の向かいの子供が景山民夫であったり、
後の鬼太鼓座の仕掛け人になったり、
安藤鶴夫から、「浄瑠璃がわからなければ日本人ではない」と
教えられ、その後、上方舞、上方の芸を学ぶため大阪に移住し、
その時の鞄持ちの学生が後の桂三枝、
TBSラジオの初代アシスタントに久米宏がいたり、
74年には小沢昭一、野坂昭如、永六輔の3人で、
ビートルズ以来の武道館を超満杯にした。
などなど……。
もうすれ違う人脈だけでも書ききれない。

これだけの経歴ながら、徹底したテレビ嫌い。
「お寺のおぼっちゃまなのに、
 テレビになんか出るようになっちゃって、気の毒にねぇ」と言われ、
「手紙の返事が書けない忙しさは人間として恥ずかしい」と父に叱られ、
一日100通の返事を書くノルマにし、
月曜から金曜まで旅めぐりの生活を数十年続けている。

そして、「遠くへ行きたい」の初代出演者であり、
これほどの旅人でありながら、
「カメラの前で食って美味いわけがないから、
 テレビでは絶対食べない」
という真っ当な“東京人”らしい鉄則、拘りで、
旅番組にも出演しない。

放っとけば、祭り上げられるので、
一生懸命、有名になるまいとした生きかたなのだ。

阿佐ヶ谷『デニーズ』
博報堂・雑誌『広告』インタビュー。

好きなお店などについて。
季刊らしい、この雑誌を知らなかったが、読んでみると俺好み。
インタビュアーの松浦さんも、
何を振っても当意即妙の返しで、こえは楽しい会話。

人生のコツだと言われ、
言い聞かしていることなのだが、
インタビューになると、
なにかを好きだ〜と言うのに、
なにかが嫌いだ、許せない〜だから〜が好きと例えてしまう。
些細なことだが、極力、それをしないようにしたいと
心掛けて思っているのだが、
今日も、やはり、
丸ビルが……いけすかない〜から、俺はどこそこが好き〜
なんて話になっちゃうのを反省しつつ。

新東京會舘、
『笑芸人』対談。永六輔さんと。
わずか40分ほどの対面、「浅草」について、
貫禄負け。
幼馴染の渥美清さんの話は貴重。
浅草って人情の街じゃありません〜
と断言するところなどオモロ。
外で撮影、タイムアップで、そのまま、永さんは會舘へ。
ここで、毎月、野坂昭如さんと
漫才をやっているとのこと、

19時、代々木のレストランキノシタへ。

Aコース(3800円)
サーモンのコンフィ
にんじんの冷製スープ
金目鯛のポワレシュークルート添え

Bコース(5000円)
フォアグラのテリーヌとマンゴー、鴨のスーモークのサラダ
豆あじと甘海老のスープ・ド・ポワッソン
フランス産雛鶏のロティ・自家製の腸詰添え、
グリーンピースとレタスの軽い煮込みのソース

雑誌に再三とりあげられる人気店であり、
元祖予約の取れないフランス料理店として知られるレストラン。
昨秋、初台から、代々木へと新しい店に移り、
席数が22席から30席に増えても、
連日満席の状態が続いている状態。
以前は3800円と5000円の2コースだったが、
価格設定を少し変えて、
現在は7600円が加わった様子。

いろいろ、評判は聞くが、
もともと、フレンチに興味がない俺だったのだが、
以下のような経歴に俄然、そそられた。

オーナーシェフの木下和彦さんが料理の世界に入ったのは30歳のとき。
料理人としては異例の遅いスタートである。
10代の頃は手のつけられない「不良」。
しかしバブルの真っ只中のある日、30歳を目前にした木下さんは
「こんな生活がいつまでも続くはずがない」
「40になったときの自分を想像したらゾッとした。
碌なもんになっていないだろう。生きているかどうかも怪しい」
「それはちょっとカッコ悪い」
「それまでフランス料理なんて一度も食べたことがなかった。
でも、一生飽きないでやっていけそうで、しかもかっこいい。
なんだかいい加減な始まりだったんです。
でも、それまでむちゃくちゃだったから、入ってからは本当に頑張りました。
それで料理人という仕事が自分にとって一番楽しいことがわかった。」

ただの「不良」で、30年も続いたロクでもない日常が、
職業を選ぶ「決心」で一気に晴れ渡り、
自分の使命を感じる瞬間が好きだ。
こういう言葉に反応してしまう。
フランス料理を食べたことが無いってところが、ツボなのだが、
ちなみに、フランス料理に自分でお金を払って食事したのは、
俺は、生まれて初めてだった。

料理は、見た目が美しく、味も濃く、インパクトが強かった。
そして、体重を60キロに乗せた。

帰り際にキノシタさんにご挨拶。


《 人気AV女優・清水かおりが逮捕、オランダから大麻運び屋 》
《 松浪議員、辞職要求を拒否−衆院政治倫理審査会 》


5月22日  木曜日

7時起床。
かみさん、友達と福岡旅行へ出発。
その間、ひもじい独身生活に舞い戻るくらいなら……
と、俺は、2年ぶりのファスティング(断食)突入。
一日目。

15時半、高輪、『クリスタルヨットクラブ』へ。
一時間早めに入って、マキノ出版の雑誌『安心』取材。
バイオラバーについて。
このところ、連日バイオウェーブ研究所などと称して、
半分真剣に入れ込み、半分ふざけているのだが、
ここなら、大真面目に俺の"確信"について思う存分語れる。
編集者の方、
「うちの雑誌も、健康な人には
 実に胡散臭いと思われる雑誌なんですが……」と。
確かにそういうものだ。
俺などがいくら喋っても、信憑性、説得力に欠けるので、
出来れば、研究機関の各種データなど入れてもらいたいと要請。

『ド・ナイト』収録。
一本目、ゲスト、インリン・オブ・ジョイトイ、
ロックフェラー湯浅は、一回休み、代わりに西川りゅうじん氏。
かねてからインチキ臭いことこの上ないと思っていた、
りゅうじん氏だが、そんなキャラも熟知していて、
「バブル・シーラカンス」など自称し開き直り、
突っ込み放題のキャラで、厭味ぶり全開。
六本木ヒルズクラブのスノッブ振りなどオモロ。
「ウイークリー・リッチマン」
通販化粧品王、クリスタルジェミー 中島社長、 紹介。

2本目、ゲスト、小池栄子、ロックフェラー湯浅、

2本目までの待ち時間、
自分のポジションに西川りゅうじん氏が座ったことに、
ご不満で拗ねて、いじけている湯浅氏、
これも実にキャラ通りで、かわいらし。

楽屋で、小池に贅肉をつまんで、
ファスティングの証拠写真、一緒に撮ってもらう。

小池栄子の金持ちお爺ちゃんの話、受ける。
しかし、彼女、コメント一つ一つ実に的確と言うか、
「テレビで使える率」の高さに感心する。

「ウィークリー・リッチマン」
ダイヤモンド王、株式会社シーマの白石社長、紹介。

帰宅後、飯抜きに、悶々としながらも、
テレビジョン原稿、バイオラバーの話。

《 70歳の三浦雄一郎、エベレスト登頂に成功 》
《 K−1の石井被告が保釈に「時間かけて罪償う」

5月23日 金曜日

ファスティング2日目。
7時起床。
何も食べていないのに、
黒い宿便が出る、これは気持ちよし。
これが出ると、肌はスベスベに。

東邦出版『ブッチャー・幸福の流血』
装丁すばらし。
現在67歳!のブッチャーの自伝。
昔から読みたかった……。
もっともっと 大冊で、
ディテイルにこだわり、
深入りできるだけの人物なので、
「食い足らない」ところはあるのだが、
ファスティング中だけに、
「食い足らず」でも時間を忘れられて良かった。

15時、文芸春秋社へ。
『お笑い男の星座2・私情最強編』表紙、
打ち合わせ。
原田久仁信先生と。
図柄が、矢吹ジョーと力石徹のクロスカウンターに。
その絵を見ているうちに、力石の減量苦を想い出す。
あの蛇口に針金を括り付けるほどの減量に比べれば、
水は飲み放題なのだから、楽だと思うようにする。

それにしても、ファスティングは、 2日目が一番苦に感じる。
まだ、まる二日あると思うと、果てしてない気がするのだ。

富ヶ谷、こうじんクリニック、
胎盤エキス点滴。
ファスティング中ではあるが、
口に入れるものでないから、
点滴はOKでしょうと判断して。
最近、ファスティングを終了したばかりの、
越智先生といろいろ話をしながら。

渋谷、NHKハイビジョン、
生放送、
「クイズあの日、その時」
恵俊彰、司会。
加藤茶、遠藤久美子一緒。

遠藤久美子とは、5年ぶりくらいだろうか。
こうじんクリニック仲間ではあるのだが。

一時間の視聴者参加インタラクティブ方式の、
生放送のクイズながら、進行が目一杯で、
ゲストの喋りの糊代は、ほとんどなし。
クイズの中身は、この日にまつわるもの。
今回は、特集"サトウハチロウ"などあり、
なかなかオモロで、成績もずっとトップだったのだが……。
全国ランキングでは最上位には食い込めず。
ファスティング中だけに、食い込めずか。
こうなったら、呼ばれてなくても、一シロートとして、
在宅レギュラー参加してやる……
と思いつつ。

それにしても空腹でフラフラ。

ホームテスト88点

《 日米首脳会談、エスカレートなら強硬措置 北朝鮮核問題 》
《 石原知事が「新銀行」発表−JRやオリックスと提携 》

5月24日  土曜日

ファスティング3日目。
8時起床、空腹で目が覚める。
が、結局、起きても苦痛なので、
なんとか、午後まで眠る、
10時間近く寝たであろうか、
このところ、ナポレオン睡眠実践していたので、
ここまで大睡眠は、実に久々のことだ。

冨永マネ、『お笑い男の星座〜私情最強編』
ゲラ届けられる。
最終校正に向けて。

ベニコより待ちに待った納品あり、
もっと嬉々とするかと思ったが、
意外にも淡々と。

『紙のプロレス』最新号、
チョロくんが届けてくれる。
この雑誌を読んでる時こそが、
わが人生の最も我を忘れている瞬間、
と何度、書いてきたことか。
しかも、今ほど、頼りになる時間つぶしはない。

「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ、
軽く運動しながら、宮戸さんと断食話。




空腹で思考力も低下。
何とか時間を過ごす方法は、ないのか、
と調べたら……。

本日、板橋ワーナーマイカル、
「マトリックス・リローデッド」
先行ロードショー。

一時間前に行って、
吹き替え版ならなんとか席も確保できる。

スズキ秘書も連れて。
仮想現実の「再読み込み」の世界も
こちらが、「再飯抜き」のインナートリップが激しく、
脳内というより腸内洗浄されたような目くるめく映像。
ちと長すぎるか。

『ド・ナイト』オンエアーチェック、相変わらずオモロ。
『百瀬博教 時間旅行』、サイデンステッカー先生の回、

《 安芸乃島が引退 史上最多の金星16個 》
《 万景峰9月までに10回入港 朝鮮総連が新潟県に伝える 》
《 14歳福原が8強入り=女子単で日本勢14年ぶり−世界卓球 》


5月25日  日曜日

あまりに空腹で眠らないので、
朝4時まで待って、3日間のファスティングを完遂とする。
シラスおかゆに出汁醤油をかけて。

回復期が大切。
しばらく、御粥ですごすことに。

結局、この時点では、3キロ減で止まるが、
体調は、実に良好。
何より、成し遂げたことへの快感ったらない。

グレートアントニオの井上きびだんご君に約束していた
ファスティング日記、
前回に比べてイベントが少なくて、
書いてみると意外に盛り上がらない。
しかし、ここまで辛抱してやったのだから、
なにかきっと御褒美があるはずだ。
その引きを待つしかない。

ここ数日、バイオラバーへの問い合わせ多数。
当然のことながら、俺のような肩こり程度ではない、深刻な相談も多い。

そこには、普段の感想メールにはない文章。

ある意味、それは、いろんな人がこのHP見ていて、
自分の病の悩みや、身内の病気を心配していたりの吐露、
そこを覗き込むことは、それぞれの人生があるのだな〜 と感慨を持つ。

これもHPの手ごたえなのかもしれない。

一つ一つの質問を山本社長に転送、
お答えもらう〜の繰り返し。
社長も俺も面倒な作業ではあるが、
一種の意地や我慢比べか、
俺もまた使命感に駆られる。

こうなったら、その質疑応答もHP化することにする。

なんにしてもキーワードは、猪木イズム
「元気があれば何でも出来る!」ってことだ。
泣き言や、溜息、悪口、陰口を封印すると
言い切っている、このHP、
自分が元気でなくて、なんで他人に語りかけることが出来ようか。
ましてや、今は、人生で最も元気なのだから、
他人に御裾分けしたいくらいだ。

2度寝で、9時起床。
『お笑い男の星座2・私情最強編』ゲラチェック。
これまた、果てしないしんどい作業に……。
しかし、まだまだ粘れる。

DVDでコーエン兄弟「ビッグ・リボウスキ」REVIEW:映画瓦版)

家飯。回復期なので、宮崎冷やし汁、

《 集団自殺? マンションの室内で男女3人の遺体発見 京都 》
《 小泉首相、イラク復興へ合同調査団 エジプト大統領と会談 》
《 朝青龍が横綱初優勝=大相撲夏場所千秋楽 》

 

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る