3月1日  月曜日

9時起床。青汁。
『モノマガジン』連載、
「博士の異常な健康」カツラKGB篇、入稿。

昨日の外人部隊に感化され、やる気漲る。
今年より、毎月、一日を新学期と思って、
気持ちを刷新すると宣言したが、
今日から我が家は、いち早く本格的に新学期だ!
と、中学生日記のように初々しい気持ちで。

母と子供は、初めての水泳教室へ。
文字通り、飛び込め!!もがけ!!

俺、スズキ秘書、アル北郷、英語教室開校を宣言。
唐突な宣言に、不満気な二人だが、
我が家に居る限り、強制するのよ。
ゾマホンや、マンスールのような、
外国人たちだって、この異国の地であれだけ頑張っているのだ。
「でも、やるんだよ!」と。

全員、同じテキストでやろうとの提案に、
スズキ秘書、「でも、とにかく基礎が何も無いんで……」と抵抗。
なにしろ、スズキ秘書、極端な英語嫌い。
以前、英語教育に関して、
「中学時代に過去形を習っていない!」
と言い張った男である。
その話をしたら、アル北郷は、「それはありえないよ」と。
「こいつ、HAVEの過去形を習ってないなんて言うんだもん」
と、俺が言うと、
北郷、「HAVEの過去形は、HEVENですよね〜」
と、平然と言ってのけた。
しかも、これがジョークでない。
結局、高校入試に向けての中学時代の参考書から始めよう!
と言うことになった。

雪交じり、肌寒い天気のなか、お仕事へ。

12時30分より、
事務所、『エンタクシー』誌取材。
この扶桑社の文芸誌に載ることは光栄なことだ。
「大事なことは、本屋の棚に学んだ」特集で、
高円寺文庫センターの話。
インタビュアー2人、いろいろご存知で、
雑談、よもやま話でも盛り上がる。


14時より、麻布NCVへ。
サムライTV「浅草キッドの海賊男」
ゲスト、アニマル浜口、
丁度、愛娘の浜口京子のアテネオリンピック代表
決まったばかり。



前振りで「今日は泣かせてもらいます」と
赤江くん(玉袋)が言っていてが、
その時点で、これはやばい事になるとは、
わかっていたが、
案の定、冒頭から、
少年時代、酒乱だった父親の想い出を、
恨むことなく語る姿、
その浜口さんの涙をうっすらとたたえた、
顔を見ているだけで、
俺は、もう駄目……。
しかも昨日、本で読んだ話なのだから、
内容がわかっているにも関わらず、
ウルウルとなだそうそう。

カンペで「博士 涙、ふいてください」
と出て、本番中にハンカチが廻ってくる位なのだから、
我ながら恥ずかしいやら情けないやら。
俺、絶対、『おしゃれ関係』とか、
泣きのあるトーク番組の司会出来ないだろう。

それにしても、貴重な2時間。
人は言葉でぶっ飛ぶが、
それを、ここまで実践している生き方もないだろう。
自らを呪文のような言葉を、
大声で怒鳴りあげることで叱咤激励す。
「気合だ!」なんて、単純で陳腐な言葉が、
やがてキラキラと黄金の輝きを帯び、
金言となり、人生を変えてしまう瞬間があるんだ。

わけしり顔、クールを装った、しらけた他人事の言説は
なんと虚しいことだ。

この日、何度もぶっ飛ばされた。
この回、何度もビデオを見ることだろう。

帰宅後、今日から、新学期!と、
駅前留学へ。
3年前に、『ここがヘンだよ日本人』の外国人や、
ビル・ロビンソンと話をしたいという理由から、
衝動的に入学した「マイ・ペパーダイン」である。

引き返しが出来ない様、
いきなり、3年分のチケットを前払いで払った。

最初は、真面目に通っていたが、
毎回、フリートークに際して、
「昨日は何をしました?」
「日本食は何が好き?」とか、
「どこそこのお店がおいしい?」とか、
「どこの国には行ったことがある?」とか、
とにかく、ステレオタイプの話題しか話せないので、
しばらく行くのを控えて、
その間、ホームテストと称して、
英作文のテストを熱心にやって、
語彙を増やすことにした。
このテストも半年続いたが、
結局、先生役のカミさんが、妊娠して、
そこで中途半端に終わった。

しかし、修行とは、出直しの連続である。
照れることなく、何度でも、あきらめず、
出直しすれば良いのだ。

チケットのタイムアウトは、今年の5月18日である。
それまで、極力、通うことにする。

再テストの結果は、
7A判定なので、3年前の入学時と同じである。
一度、6まで昇級していたが、逆戻り、
後ろから3番目。そんなもんだろう。

永谷園の煮込みラーメンを食べながら、
アカデミー賞授賞式を、子供を含めて家族で見る。
「ロード・オブ・ザ・リング」11冠の圧勝。
こりゃあ、1・2作を振り返って、ちゃんと見なければ……。

司会のビリー・クリスタルの相変わらずの芸達者ぶりに、
隣で北郷が、
「俺は、この司会出来ないな〜」などと言いながら。
渡辺謙の受賞はなかったが、
受賞者の周囲への感謝と歓喜の声、
主演男優賞のショーン・ペンの何も用意しいてない受賞コメント
なども感じ入る。

ゼロ歳でアカデミーを見守る、子供の様子をビデオで撮ったが、
子供を抱いているのが北郷だった。
俺が抱いて、北郷が廻せよ!
もったいないことをした。

今日から復活の、 ホームテスト87点、
いつまで続くやら。

24時に、ジョーダンズ三又、
および、三又に預けた弟子志願くん、来宅、
どうやら、三又、同居を嫌がっている様子。
その説得を含めて、
北郷、スズキを交えて、久々に本格的に飲む。
朝3時、俺は一足先に就寝。

《 民主党・佐藤観樹議員に名義借り疑惑−公設秘書、勤務実態なし 》
《 麻生総務相秘書官宅に発砲−室内の壁に銃弾めり込む 》
《 米アカデミー賞、渡辺謙、「たそがれ―」受賞逃す。「ロード…」が11部門を制覇 》
《 元モー娘。市井紗耶香がバンドのギタリストと妊娠5カ月できちゃった婚 》




3月2日  火曜日

9時起床。
居間に上がれば、三又がそのまま眠っていた。
その横で、正座して見守る、弟子志願くん、
さすがに、寝てよいものか困ったのだろう。

10時半、一人で「駅前留学」へ。
今日から、いきなり3コマ受講。
最初は、長らく使わない脳の一部分を使うので、
頭痛に襲われていたのだが、
3年ぶりの旧知の先生と昔話。
昨日のアカデミー賞の話から
ソフィア・コッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」の話、
「24」話など、以前に比べて、
俺、話題広がったと実感。

終了後、カミさん、子供と散歩。

道中、まだ総合無敗の「怪物君」こと、
RINGS高円寺の横井宏考選手と久々に遭遇。

「PRIDEグランプリにはぜひ出たいですよ!!」
「それをSRSでアピールしておきますよ!」
とニコヤカに立ち話。

「ホロトン」で昼食。
ピリ辛豆腐、丸秘黒ラーメン、
ダイエット勝負の月末はともかく、
月頭は、ラーメン解禁にする。

江頭2:50来宅、
現在過労で休養中、気分転換に我が家へ。
子供をあやして、癒しつつ……。
のんびり、ゆっくり、
じっくり、しっくりとお話。

スズキ秘書と、中野「ゴールドジム」へ。
昨日、北郷、40分走ったと聞いて、
自分もどこまで走れるのかマシーンで試してみる。
「ぴったんこカンカン」くりぃむしちゅーの回、
モニターで見ながら80分、10キロ完走。
エアロバイクai効果か、
我ながら意外に走れるものだ。

「あおい書店」で、
北郷、スズキ秘書に、
高校受験用の英語テスト本、
同じもの3冊を購入。

帰宅後、今日から英語教室を始めるが、
初日で、二人は断念。
「もっと、絵が入った子供用の参考書にしてくれ」と。

ホームテスト93点。

「月刊現代」の連載
「野中弘務・権力二十年戦争」魚住昭、
バックナンバー集めて一通り、目を通す。

《 火星で重要な発見、「かつて大量の水」NASA発表へ 》
《 KICK THE CAN CREWが活動停止!ソロ活動へ 》


3月3日  水曜日

6時起床。
こんなに早く起きたくないのに……。
ラジオの「放送室」聞いたり、
「ロード・オブ・ザ・リング」DVD見たり。

9時朝食、青汁、おかゆ、
昨日の10キロ走、腰と背中に来ている。
寝転がったまま、読書。

昼、ミートピアサヌキの肉うどん。

野中広務『私は闘う!』(文春文庫)読了。



最新刊の『老兵は死なず』の前作に当たる、
村山政権の自治大臣兼国家公安委員長時代からの話、
関西大震災、オウムとの戦い、など、
国家規模のクライシスの責任者としての対応振りは、
とにかく読ませる。
この本のなかでの、小沢一郎、河野洋平あたりへの、
舌鋒の鋭さったら、ない。
権力中枢に居た頃の政局の切り回しぶりは、非情極まりないが、
その一方でリベラル・ハト派として
一貫として弱者救済の人情家の一面。
そして、地方議会を町議、町長、副知事と駆け上がり、
58歳で衆議院議員に初当選を果たした、
叩き上げの政治家の経歴、
世襲議員が6割以上を占める日本の政治に対し、
「地方政治に携わっていた者がもっと国政に関わるべし」と。
実にごもっとも。

俺の中で、野中広務像、輪郭が浮き上がってきた。

カミさん、子供と一緒に散歩しながら、
保健の診断に近くの病院、
さらに松浦歯科へ。

定食屋、「風土」でしょうが焼き定食。
唇が麻酔を効いていた為、
うまく噛めないまま、唇血まみれに。

帰宅後、「高円寺文庫センター」の旧スタッフへ
激励FAX。

エアロバイクai、130分、700K、
「TVタックル」、「鶴瓶 vs 中曽根」、
「アサ秘ジャーナル」、塩川正十郎見ながら。
ゾマホン、マキタスポーツ挨拶がてらに来宅。

ホームテスト88点。

《 米大統領選、民主党候補指名−ケリー氏が獲得 》
《 水野真紀&後藤田正純氏入籍−早くも“代議士の妻”のしっかりぶり! 》


3月4日   木曜日

9時起床。
青汁、おかゆ。

12時半、六本木ヒルズ、テレビ朝日へ。
楽屋で打ち合わせ2本。SRS、
イーストイベントについて。

楽屋で、オーベルジーヌのカレー、
一個半、たいらげる。
確実に、ダイエットの反動がきている。

ド・ナイト』収録。
今回が最後の収録。

♯45
ゲスト、青田典子、広澤草。

元・C・Cガールズの青田は、
バブルの生き残り、バブル・シーラカンス。
お金にまつわるバブリーな話は尽きない。

草ちゃん、レポーターからスタジオへ。
最後にして、初。

貞方社長のセレブレポート、
『株式会社サンタクロース』河原英敏社長。

♯46
ゲスト、小池栄子、関口房朗会長。

久々の関口会長、
派手な衣装で、この番組に映えること、 この上ない。
そのセレブ感は、アカデミー賞以上。
そして、4月3日放送になる、『ド・ナイト』特番の
5億円のサラブレッドを競り落とす様子などは、
『シービスケット』以上だ。
そして、その会長と掛け合う、
小池のコメントの勘の良さは、若手随一だ。

「ウィークリー・リッチマン」
『株式会社プロピア』保知社長、
カツラ革命のヘアーコンタクトの社長。
玉袋レポートでも、
さんざん、俺の薄毛をからかっているが、
確かに、画期的で俄然、興味津々。
『モノマガジン』の連載で取り上げるつもり。



本日で、一年続いた、この番組も終了。
今までの俺の番組歴のなかでも、
ベスト級に楽しい現場とスタッフであった。

また、社長インタビューは、我々の新境地を開いたし、
お金に照れない、と言う新しい扉を開いた。

番組が終わることは、世の常ながら、
この社長バラエティーのコンセプトを無くするのは、
もったいないことである。
ロックフェラー湯浅や、関口会長など発掘キャラも、
他でしゃぶり尽くされるより、自前で育てていきたい。
今後は、4月3日の特番スタイルのような形で、
明日へ繋げていきたい。
そして、いつか、『ド・ナイト2』だ。
と、俺の中では信じ込む。

帰宅後、資料読み。
奥の深い政治家相手に、
万全、十分という言葉はないから、
力尽きるまで……。
頭の中は、野中広務で一杯になる。

《 長嶋監督 脳卒中で入院…五輪絶望的 》
《 佐藤議員辞職、古賀議員に続く不祥事、参院選へ暗雲 》
《 「Hysteric Blue」のナオキ、強制わいせつ「数件」で逮捕 》


3月5日   金曜日

『アサ秘ジャーナル』収録。
TBSに9時半入り。
スズキ秘書の送りで。

永田町、平沼赳夫個人事務所へ。

ゲスト出演、2回目。
最初の時は、経済産業大臣室、
今回は、個人事務所で。
得意の物真似を交えつつ、
次回の総裁選の出馬宣言スクープ。


2本目。
砂防会館、野中広務個人事務所へ。
収録前から、政治部から、いろいろ台本チェック。
しかも、バラエティーにはほとんど出ないとのこと。

気にいらなければ席を立つとも、噂も聞き、
ロケバス、緊張感に包まれ、
アサ秘ジャーナル史上、最大の難関とも言える。

が、ことインタビューに関しては、
そういう状況こそが最も面白い。腕がなる。

試合前のレスラーのように、
ファーストコンタクトからの試合展開を、
頭に想定している瞬間は、緊迫しながらも楽しい。

本番、「イヤなら帰りますよ」とかましありながらも、
2時間を淀みなく、和気藹々に終了。

部屋を出た野中広務氏が、
隣室の秘書相手に我々を賞賛してくれていたとのこと、
それだけで十分、ここ数日からの開放感もたまらない。
15時終了。

富ヶ谷『こうじんクリニック』で点滴、一時間。
モズクエキスの試供品、渡される。

ピーチ塾へ。
明日の誕生会トークライブの席割りなど、
ご自分でやりながらの打ち合わせ。
携帯コンテンツのエキスパートの森さんらと、
西麻布焼肉「叙々苑」で食事。

《 長嶋監督は「心原性脳塞栓症」だった。右半身に軽い麻痺 》
《 サッカー、アテネ五輪最終予選でライバルUAEに快勝 》
《 辻&加護新ユニット名は「W」(ダブルユー)に決定 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る