4月21日  水曜日

8時起床。

いつもなら、そく朝食だが、
今週の「SPA!」に載っていた、
ローカーボ・ダイエットの記事に俄然注目。
アル北郷との減量勝負も、さすがに頭打ちなので、
さっそく、我が家の男子全員で実行することに。
炭水化物抜きなので、恒例だった朝のお粥もやめる。
とにかく、米、パン、麺、100%果汁、
など抜けば、時間も量を気にせず食べ放題なのだ。

9時、モニター前。

昼、ビッグマック、パンズ抜きで。
こういう食べ方したのは、初めてだが、
マック嫌いの俺としては、
むしろ、こちらのほうが、美味いかも。

ホームテスト 90点

14時、TBSラジオ「ストリーム」へ。
小西克弥、松本智子一緒。
コラムの花道、「タレントのサイドビジネス」
得意分野なので、盛り上がる。

16時、芝公園スタジオへ。
MXテレビ、『Tokyo Boy』収録。

石原都知事、テリー伊藤、梨花、蛭子能収、ボーイズ一緒。

結婚できない人・女性編。
東京レッドゾーンを行く!!
あなたのお部屋見せください2  の3本。

2本、都知事一緒。
お見合い女性に対し、辛辣発言は、知事らしい。
芥川賞選考の裏話も。

途中参加のはずだった松村邦洋くん、
結局、間に会わず。

帰途、ラジオ『TR2』聞きながら。
「下ネタなんでだろうスペシャル」
川勝さん、スチャダラ、清水ミチコさんをゲストに迎えての回。
最高!!に馬鹿馬鹿しい!!
自分でも、このコーナーの集大成の編集版作ろうとしていたので、
これは間違いなく永久保存版に。
冗談ではなく、iPodに入れ、何度でも聞きなおしそう。

帰宅後、ベットで子供、ハイハイ特訓。
ようやく形になってくる。
文字通りの、「たけしくん、ハイ」だ。

夕食。
金印亭の弁当のオカズのみ。
焼酎「伊佐美」飲みながら。
乙種焼酎も厳密に言えば、良くないのだが……。

ホームテスト91点。
これもタイムリミットに向け、間に合うか?

《 鈴木亜美、歌手活動再開!CD&写真集で3年半ぶりの復帰 》
《 スゴ腕AVスカウトマン逮捕、少女ら800人送りこんでいた 》
《 北朝鮮の金正日総書記の非公式訪中、正式発表 》




4月22日  木曜日

5時半起床。
早朝原稿部、「テレビジョン」、植草教授逮捕について。

野菜ジュース、
朝から、コンビニの一口ステーキ。
肉は、ローカーボ・ダイエットでは問題なし。

9時の新幹線で大阪へ。
「宿屋の冨」聞きながら。

関西テレビの我々とは別スタジオに、テツandトモを発見。
「今、『なんでだろう?』
 が、みうらじゅんさんのラジオでパクられてるの知ってる?」と言うと、
二人共に、まったく知らず、「なんでだろう?」の様子。
とにかく、ここは文句、抗議、苦情、難癖をつけるために、
番組に行ったほうがいいとアドバイス。

KTV、『2時ワクッ!
山本アナ、藤本アナ、早坂好恵、岩井志麻子、
宮崎哲弥、オーケイ、一緒。

本番前から、楽屋で炭水化物抜きダイエットの話題沸騰。
山本アナも実行することに。

大阪駅、
見た目も綺麗な、「西利」の春キャベツのあっさり漬、
鶴橋キムチ土産に。

東京駅、冨永マネ、
最近頻繁な切符紛失、
しかも今回は、寄りによって俺のせいにする始末。
さすがの失態つづきに、
「もう、私、落ちるところまで落ちてやる!」
と自らを呪っていた。

東京駅地下の「さくらや」へ。
海外ブロードバンド対策用品。

大丸地下の上海デリで夕食買いだし。
shang-hai DELIサラダ
海老とブロッコリーの塩炒め
豚肉とキノコのオイスター炒め
鶏肉のネギ塩だれ
しめて、3000円分だが、
ローカーボダイエット、オカズ代が高くつく。

さらに新宿「韓国広場」でアミの塩辛、

帰途、「ゴールドジム」へ立ち寄り、
45分、400K、筋トレ、サウナ。
iPodで泉谷しげる聞きながら。

夕食&晩酌。
ダイエットコークの焼酎甲種割り。
しかし、上海デリのおかず、
こんなに、たっぷり食べても良いのかしら?

《 北朝鮮で列車衝突、爆発−死傷者3000人の報道も 》
《 欧米が日本政府の「自己責任論」批判 》


4月23日  金曜日

7時起床。
皆が起きてくるまで、資料読み。
「それでも悲しき、日本競馬」関口房朗



競馬に門外漢な俺だが、
数々の既得権保護の体制が あるのが、よくわかる。
会長の主張は、「馬を競わせるのだから、人を競わせよ!」だ。

9時モニター前へ。

お昼、セブンイレブンの「20品目サラダ」

14時半、スズキ秘書送りで、
六本木ヒルズ、関口会長宅へ。
「NUMBER」取材対談。
まさか、競馬特集で我々が登場することになるとは。
関口会長の競馬への情熱について。

終了後、
赤江くん(玉袋)と晴海「ドゥ・スポーツ」へ。
水泳、水走、1600M。

隣のレーンの子供水泳教室、
5歳児のバタフライに注目。

サウナに入って、順調に減量、
しかも疲れも無く。

お台場、フジテレビへ。
メーク室で鶴瓶師匠と隣り合わせ、
師匠も利用するプロピアの「ヘアコンタクト」の話。

SRS』収録。
撮って出し、PRIDE-GP直前情報。
榊原DSE代表、初出演。
俺のカミさんと同郷なので、合間に大府の話。

麻布十番、カイロ渡辺さんと待ち合わせ、
力道山 vs 木村DVDなどの受け渡し。

渋谷ドンキホーテでポータブルDVD。
「丸亀製麺所」のおでん、

就寝前、夜更かしの子供と戯れる。
最初の言葉は、意味認識と発音が同じなときに、
認定すると決めているだが、今日は、
「いたい、いたい」とか、
「パパパパパパパ」は、はっきり発音している。
特に、今日は、パパパパ連発で、俺、ジーーーンと感動。

《 「うっかり」3閣僚が年金保険料を未納…経産相はナント21年間 》
《 三菱自動車の再建白紙に…ダイムラー支援打ち切り 》



4月24日  土曜日

9時起床。
青汁ジュースなど。

昨日、フジテレビから持ち帰った、
「今半」弁当の具だけで昼食。

15時、三田の麻布プラザへ。
『タモリ倶楽部』収録。久々。

はしのえみ、一緒。
大河「新選組!」出演中、
さすがに待ち時間長く、スケジュール大変な様子。

今回は、「AVプランニング」こと
浅草ビデオ・プランニングは、
シロートの録る、クズビデオ作品に、
プロが、効果音、BGМ、ナレーションなどを、
組み合わせて、料金を取る新サービスを提案。
〜という設定。

音付けに時間かかるので、
待ち時間もタモリさんと話は尽きず。
主にオーディオ・ビジュアル話。

帰途、東北沢「炭火マルイチ」へ。
現地でカミさんと待ち合わせ。

炭水化物抜きダイエットを始めて、
推奨されている食品は、焼肉。
歳をとってからは、焼肉好きではなかった俺が、
積極的に、焼肉食べる宣言で、
大の焼肉党のカミさんは大喜び。

今まで、俺のなかで、一番美味かった焼肉は、
かの有名な足立区鹿浜の「スタミナ苑」だったが、
その時、連れて行ってくれたのが、
料理の鉄人で有名な山田裕己シェフ。
その時、山田さんに、
「ここ以外に、焼肉のベストのお店があるんですか?」
と聞いたところ、「もう一軒ある」と、
山田シェフが挙げていたのが、このお店。
元々、フランス料理のシェフらいしが、
家族で、精肉の仕入れ、卸業まで兼務しているところが、強みとか。

すっかり、忘れていたが、
先日、「Hanako」の春のグルメ号で、
焼肉ランキング一位になっていので、
思い出し、俄然、いきたくなった。

東北沢の駅前の一角、
店構えは、地味すぎて、探すのに一苦労。
店内に入って、予約入れたのに、30分待ちだが、
待ち時間、ビールなどサービスしてくれる。

お奨めのホルモン5種盛(ホルモン、レバー、ギアラ、しびれ、豚胸)
ジビエもいろいろあるが、蝦夷鹿などなど。
特にレバーの美味い事。

サイドメニュー、コムタンスープ、焼きおにぎりも。
そして、なかでも、
野菜たっぷりみそ汁、野菜サラダは、
盛り付けも、味も、大満足。

世界で一番、焼肉が美味しいのは、東京だと言われるが、
それは、値段に糸目をつけなければ……の話。
しかし、ここは、値段もリーズナブル。
焼き肉屋で、これほど、幸せな気分になることもない。

帰宅後、子供とお風呂。

《 「被害は非常に大きい」…北朝鮮が列車爆発事故を初報道 》
《 TBSがオウム事件特別番組について「不適切」と謝罪 》
《 女子サッカーもアテネ五輪へ、13年ぶりに北朝鮮撃破! 》



4月25日   日曜日

7時起床。野菜ジュース。
8時、赤江くん(玉袋)迎えで、
さいたまスーパーアリーナへ。
PRIDEグランプリ2004、いよいよ開幕。

早い入り時間だが、
事前、主婦層対策煽り番組の「チャンネルα」収録、
佐野アナ、内田、高島アナ、東原亜希、一緒。

控え室で、シルバ、ランデルマンなどインタビュー。

いざ本番、
高田統括本部長登場だけで、場内ヒート。
4強は、リング上から登場。

第1試合 
×高橋 義生 対 ○ヒース・ヒーリング
(1R4分53秒:KO(インサイドからのパンチの連打))  

予想通り、打撃戦から始まったが、
高橋、一度はフロントチョークで追い込む。
結局、寝かされ、顔面にパウンド連打でレフェリーストップ。
やはり、体重差大きいな。

第2試合 
×ムリーロ・ニンジャ対 ○セルゲイ・ハリトーノフ
(1R4分14秒:KO(パンチの連打))  

専門誌でも、一押しの、本命大穴決定戦。
この試合も激しい打撃戦。
ハリトーノフ、打たれつつもジャブ返し、
ニンジャの太り気味の脇腹めがけて、
音を立てて当たる、ボディーが強烈。
そのまま、ふらついたところをトドメ、戦慄の打撃KO勝ち。

第3試合 
×戦闘竜 対 ○ジャイアント・シルバ
(1R4分46秒:下からのキムラロック)  

バスケット対相撲の異種格闘技戦、
武蔵丸、魁皇も見守るなか、
我々も、5月のトークショーゲストを考えると、
戦闘竜を応援。
開始直後、戦闘竜がタックル決めて、テイクダウン。
戦闘竜、顔面には届かないのでボディにパンチ。
その後、パスガード成功し、サイドポジションを取る。
しかし、誰も予想していなかった、
巨人アームロックが決まり戦闘竜タップ!

シウバと近藤、リングイン。次回の武士道で決戦を発表。

第4試合 
○セーム・シュルト対 ×ガン・マッギー
(1R5分02秒:腕ひしぎ十字固め)

大型対決、だが大味対決。
打撃戦にもならず、唯一、膠着もあった試合だが……。
PRIDE-GPで、最も恐れていた、
末期ガンを早期、摘出できてホッとする。

第5試合 
○小川 直也 対 ×ステファン・レコ
(1R1分34秒:肩固め)  

大声援のなか、オーちゃん登場。
こんなに熱烈応援するのは、何年ぶりか。
序盤、やってほしくないのに打撃戦。
しかし、パンチが当たり、倒したのは小川。
その後は、お手の物。
簡単にマウントを奪い、肩固め。完勝。

試合後『ハッスル3』の宣伝&会場全体でのハッスルポーズで締め。
桜庭も次回登場を予告。

第6試合 
×ミルコ・クロコップ対 ○ケビン・ランデルマン
(1R1分57秒:KO(マウントパンチ連打))  

試合前、4強で、一番安心していてのが、この試合。
なのだが……。
ランデルマンがいきなり胴タックルでコーナーまで押し込み、
その後、フックでミルコがダウン! ランデルマンすかさず追い打ち
ミルコの意識が飛び、レフェリーストップ。
まさかまさかのミルコKO負け。
クロアチアの生放送は果たしてどうなったのか?
超大番狂わせ。



マーク・ハントがリングへ。背広にサンダル。
次回、PRIDE登場を予告、


第7試合 
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ対 横井 宏考
(2R1分25秒:フロントスリーパー)  

まさか、ここまでやるとは。
序盤、相撲状態から、寝技へ、
横井、山本KID仕込みの、
インサイドからのパンチ、
手が伸びて、本当に進歩している。
とにかく、横井、前半、大攻勢。
途中、もし横井が勝ったら、
俺、我を忘れて、 リングに上るのではないかと思うほど。
しかし、ノゲイラのワンツーヒットしてから、
形勢逆転し、1R終了。
この大会、唯一の2Rへ。
グランド、ノゲイラ、横井の首をフロントで絞めたまま、くるりと回転。
仰向けになった状態で、横井がタップ。なんたる柔術マジック。
花道で、泣きながら引き上げる横井。俺も涙。

第8試合
○エメリヤーエンコ・ヒョードル対 ×マーク・コールマン
(1R2分11秒:腕ひしぎ十字固め)  

新旧王者対決。
パワー全開の力相撲で、コールマンが組み伏せ2度も上に。
ハンマーチョークで締め上げもしたが、下からの十字でヒョードル。
結局、関節も出来るところを見せ付けた。

試合後、勝者のミニ・インタビューがリング上で、
そこへ、小川が走って登場し、
『ハッスル』の宣伝だけして帰っていく。

この最後に、高田統括本部長の
「おまえら男だ」コールを要請する役で、
俺たちもリングの上に上がったのだが、
高田さん、ご自分で振ったので、俺たち、なにもすることなくなった。



今回のPRIDEグランプリ2004、
興行そのものが、観客の熱気とスピーディーな展開で盛り上がる。
特筆すべきは、PRIDE史上初のオールKO決着だったこと。
しかも、横井 vs ノゲイラ戦以外は、しかも、1ラウンド決着である。

赤江くん(玉袋)の車に、テッちゃん、アッくんと共に、乗り込み帰宅
PRIDEグランプリ2004の興奮冷めやらぬまま、ラスベガスの荷造りを。

《 衆院統一補選、自民制す!民主は参院選に課題 》
《 東京・多摩ニュータウン、最大7割引きで売り出しへ 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る