12月21日 火曜日

10時起床。
青汁豆乳、昨日持ち帰った、すっぽんおじや。

14時半、六本木、テレビ朝日入り。
年末放送の特番
『打倒!細木○子、最強7人の占い師』収録。

日本全国から選抜占い師7名のバトルを我々が司会、
相談者として、さとう珠緒、長井秀和、岩崎恭子。

体調不良のまま、下痢が止まらず、出番前往生。
それでも、オーベルジーヌのカレー弁当。

この番組、2004年を席巻した細木数子の占いを踏まえて、
その成否を含めて、セカンド・オピニオンを求める企画。
諸事情により、細木番組が一本も無いテレビ朝日ならでは……の番組。
しかし、よりによって、我々が「地獄に落ちる」と言われかねない、
細木ヒットマンに選ばれるのも、
また、あらかじめ決められた運命なのだろうか?

ゲストのさとう珠緒、長井秀和は、
細木さんから以前に占いを受けて、
新たにセカンド・オピニオンを求める設定、
二人とも、何度、占われても、心の底では我関せず、
気にしないところは芸能人ならではの強心臓。

岩崎恭子の回は、細木さんだったら、
果たしてどう占うか、 占い師が占うところが、屈折していてオモロだった……。

終了後、青山P、松本D、堀池D、千葉P、すずきB、
らスタッフを交えて楽屋ミーティング。

帰宅後、ホームテスト86点、

TVで、「ロンドンハーツ」の格付け、オモロ。
保坂尚輝 vs ウェンツの男祭り、
小池栄子初参戦などの様子見ながら、晩酌、就寝。

《 元ロッテ投手・小川博、強盗殺人容疑で逮捕 》
《 巨人・仁志 メジャー事実上断念、残留へ 》
《 李登輝前総統へビザ発給に中国が不満 》





12月22日 水曜日

7時起床。
スズキ秘書送り、
8時40分、TBS入り。

『週刊!アサ秘ジャーナル』新年一回目放送分収録。
池坊御茶ノ水学園へ。
池坊保子衆議院議員、
途中より、渡辺恒三先生、一緒に。

元・華族であり、現在・家元 池坊家の盛大な正月の話。
生花教室。新春・政界カルタ、など。

昼食「なか卯」で親子丼。

次の仕事までの待ち時間、
路上に車を止めて仮眠。

15時半、
六本木・Dコンプレックス、打ち合わせ。
作家の伊東さん。青山D、永盛Pらと。
ここに懸念ニュースが飛び込み、一気にクールダウン。

風邪、峠を過ぎた様、
帰宅後、今月になって初の、
スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
料理人のヤンさんジムに来訪中。
中西百重選手、来年1月7日の引退試合に向け調整中。
そして大江慎さんも、1月9日、
引退エキシビション試合、vs武田幸三戦が決まり、減量中。
俺、腰痛再発の恐れあるため、腹筋、背筋、
久々ながら熱心に。
子供、久々でのびのび。

京都から柳田くん来宅、
27日のマキタスポーツの単独ライブのため。

千趣会の麺通団、宅配うどん、
ちくわ天入り鍋焼きうどんを皆で食す。



ホームテスト87点。

《 合併オリックスを拒否!近鉄・岩隈の楽天移籍が決定 》
《 家族会の国会議員調査、82%が「北朝鮮に早期経済制裁」 》
《 暴行、脅迫!エンセン井上に2700万円賠償命令 》




12月23日  木曜日

7時起床。

東京駅に早めに着いたので、「なか卯」でうどん。

車中、『PRIDE男祭り2004』の資料、数字、
頭に叩き込む。

KTV、『2時ワクッ!』山本アナ、藤本アナ、
早坂好恵、岩井志麻子、宮崎哲弥、オーケイ、一緒。

○ 今年の和ブーム。
○ 2005年開運大作戦。
○ 宮崎哲弥、今年の10大ニュース
○ キッド哀楽、聖夜の大暴走

この時期、クリスマスの過ごし方、
女性に聞くのは一種のセクハラなのであろう。
で、テレビに出る人は、嘘もつくわけだが、
藤本アナが、「すいているから美容院」と答えるのは、
いかにも真実味があると〜冨永マネ。なるほど。

飛び出し、新幹線に飛び乗る。
座席、隣が体操の金メダル、塚原親子であった。

新横浜駅からタクシーで、世田谷、TMCへ。
年末収録で芸能人銀座の様相。

『SRS クリスマスプレゼンツ
 どうなる男祭り!!朝まで徹底討論SP』、
俺、東原亜希と一緒に司会。

パネラー:
玉袋筋太郎、ターザン山本、森本レオ、
神無月、土田晃之、斉藤孝、
榊原信行、長尾迪、布施鋼治、
中村和裕、押切伸一、佐藤大輔D

本番前、桜庭 vs シウバ戦の扱い巡って協議。
結局、本番では触れないことに苦渋の決断。

明日放送のため、2時間生対応で11人の仕切り。
本来は、俺、ディベートの論客適正に自信ありなのだが、
多人数の廻し、やってみたかったので司会、腕が鳴る。
芸人勢のお笑いありつつ、
裏方側の専門家トークも満遍なく、
全員、廻すことを念頭に。
皆さん、計算通り、役割発揮だが、
説得力と言う意味では、中村和裕選手、実に重宝した。

終了後、専哉さん一行、
近くの焼き肉屋『梨光苑』で打ち上げ。
作家の押切伸一さんらと話。
昔は、一緒に番組やっていた布施さんを旧交温めつつ、

帰途、タクシー、荒木Dと一緒に。
『ガチ!マガジン』で話題になった若林太郎話。
大学の部活の先輩だったらしい。

М-1煽り特番、HDDで見ながら、晩酌。
東京ダイナマイト、俄然、期待大。
深夜3時、就寝。

《 北方領土問題で4島返還応じず…プーチン大統領 》
《 楽天・一場が結婚、来夏にはパパに 》
《 NHKの構造的な問題を指摘…磯野容疑者の弁護人 》



12月24日  金曜日

7時半起床。
アル北郷
運転で、9時、六本木・テレビ朝日へ。
『朝まで元たけし軍団』スタジオ。
昨日、俺たちは不参加であったが、収録自体は、2日目。
前回、「たけし軍団は解散!」との殿の発表もあり、
今回から、元たけし軍団となっているよう。

今や、たけし軍団が、一同に会するのは、
この番組の収録だけになった。
しかも、ここ3年、クリスマスイブは、
男祭り、フリチン、裸まみれの、この収録をやっているのが恒例。
世間の甘ったるい、クリスマスとは一切無縁なのである。

○ 元たけし軍団考案、新お正月遊び審議会。
若手による、新ルールの正月遊びの実験。
俺たちが司会。

審査員:森下千里、安田美紗子、夏川純、一緒。

オンエアーされるはずもない余芸ではあるが、
東さんの素っ裸の伸縮ショー圧巻。

○ 万ボイン計お神輿マラソン
ダチョウ倶楽部率いる、太田プロ軍団 vs 元たけし軍団が対抗。

さらし、法被の半裸姿で、カップルだらけの六本木ヒルズの
けやき通り周辺を水着ギャルの神輿を担いで練り歩く。
クリスマスイブにこのバカ騒ぎ、
本当に、この仕事をして良かったと、しみじみ思える瞬間だ。

待ち時間、そのまんま東さんと話。
俺が活用するデジモノをいろいろ紹介、
東さんのマラソン用に、サンボマスターを大推薦。
さっそく、隣のTSUTAYAでCD購入していた。

○ 熱湯ストラックアウト、
ダチョウ軍団との対抗戦。

腰にヘルニア持ちの俺は、既にたけし軍団の傷痍軍人、
この体力芸の総力戦を、後方支援するのみではあるが、
今回は、例年以上に見物だった。

なにしろ、先行のダチョウ軍、竜さんが、
熱湯風呂のボケのお手本一通り、出し尽くした後、
その後、後攻のたけし軍団、
ダチョウの、さらに上へ行く集団芸の後、
暴走する、そのまんま東、振り切れぶりが凄すぎる。
テレビのオンエアーに残るはずもないが、
見たこともないスペクタルを見た後のような、打ちのめされ感が漂う。
古今東西、どこの芸人でも勝ちようがないのではないか。

クリスマスイブに、映画を超える様な、
東さんの「バッドサンタ」を見れて幸福だった。

赤江くん(玉袋)、三又と帰途、
車中も、本日の東さんを振り返りつつ、
あの知性と痴性の同居ぶりは、唯一無比であると。

帰宅後、子供にスノードームをプレゼント。
裏側までも、掘り込まれ、ライトアップしたり、
オルゴールにもなる優れもの。


カミさん、体調不良のため、早めに就寝し、
イブを子供と二人きりに、
DVDで『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を一緒に。
俺自身は、何度、見ているかわからないほど。
子供、ぐずることなく最後まで。
『ビッグ・フィッシュ』に続いて2度目の子供と一緒に見た映画。
よほど、ティム・バートン相性良いのか。
珍しく、最後まで子供を寝かしつけてから、就寝。

朝3時に起きて、
『SRS 徹底討論スペシャル』を最後まで。
Review:週刊WWEだけどWCWフォーエヴァー!)

《 ダイエーから譲渡、「福岡ソフトバンクホークス」誕生 》
《 中国産スッポンから抗菌剤検出例6件続く…厚労省発表 》
《 史上ワースト2位!清原9000万円減で契約更改 》
《 布施博に約800万円支払い命令…“泥酔傷害騒動”で 》




12月25日  土曜日

10時起床。青汁豆乳。
ようやく、先月の漫才から、ずっと続いていた年末の仕事、
一段落で、やっと朝からゆっくり。

24-TWENTY FOUR-』シーズン3、やっと見始める。



『神様の愛い奴』の監督、大楽源太氏より、
子供にクリスマスプレゼント着。

『アエラ』現代の肖像、「イビチャ・オシム監督」の回、目を通す。

『下妻物語』、DVD観了。



公開後、多くの好評を目にしていたが……。
新進気鋭、腕の立つCM監督が、
ハイテンション映像で、自分のやりたいことやっていて、
見ていて退屈しないし、悪い映画ではない。
深田恭子も、どのドラマ出演よりも素晴らしいと思う。
それでも、俺には、 原作の嶽本野ばらが描くような物語を、
ありがたがる感性がないんだろうな。


パッチギ』(2005年1月22日〜公開)
サンプルビデオで観了。

まだ公開前ではあるが、
大評判になっている井筒監督の最新作。
『ゲロッパ!』公開の際は、絶賛には躊躇してしまうが、
この映画は、諸手をあげて万歳!

井筒版ロミオ&ジュリエット、井筒版ウエストサイド物語、
との、分かりやすすぎる売り文句も、ご愛嬌ではあるが、
オーソドックスで、映画の王道的ストーリー展開ながら、
細かいクスグリ、疾走感、テーマのとり方、
そして、エンディングへのカタルシスを含め、
これぞ映画、って満足感に浸る。

放送禁止歌であった「イムジン川」の問題、
』が、お蔵入り、
そして、川をキーワードに裏読みすれば、
井筒監督の「東方見聞録」の問題まで想起し、
何重にも感動を呼ぶ要素がある。


スズキ秘書、子供と一緒に
「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
踏み台昇降、腹筋、背筋。

カミさん、子供、スズキ秘書と『さぬきや』へ。
地元、高円寺ながら、
東京で俺の一番美味いと思っている、さぬきうどん屋さんであり、
2月から全面改装中であった。
まだ正式開店には、至らないが、ほぼ1年ぶりに。

相変わらず、手打ちのため、30分以上は待つが、
二色うどん、地鶏うどんと絶品。

ホームテスト 80点。
М-1の煽り番組見つつ、就寝。


《 桜庭またケガ?PRIDE男祭り欠場危機 》
《 菅直人前民主代表が大学院教授に 》
《 上野「鈴本演芸場」のビルでぼや 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る