4月11日  月曜日

9時起床。
カップ麺、朝食。

肌寒い一日、冬に舞い戻り、桜も散るだろう。
嗚呼、これで、今年は花見もなくなったな。

漫才、打ち出し、個人練習。

連日、数珠繋ぎの仕事で、
ゆっくり時間があるのは今日が最後。

声を出してみると、
ああでもない、こうでもない、
また推敲に……。
結局、40稿を超え、
時間を考えれば、
またも打ち出し原稿の3分の1をカット。
毎度のことであるけれど、
削るネタも、惜しい。
日の目を浴びることがあるのかわからないが、
原稿上では、この葛藤を残しておきたい。

夕方、気分転換、
カミさんと、本日開店の、
『炭火串焼き ゆうぜん』へ。
各種、焼き鳥、土手焼きなど、安価で美味し。

子供と風呂。
再び、漫才練習。

HDDチェック。
『ザ・ワイド』、ライブドア問題、
草野さんのお話、
「ある方にお聞きしたのですが……」
と語る話、すっかり、昨日話した俺の話だった。
ニンマリ。

《 耳をつんざく騒音、主婦・河原美代子容疑者を傷害罪で逮捕 》
《 ホストに“中3トリオ”雇う…札幌「メンズパブ」の経営者逮捕 》
《 コナミがハドソンを子会社化

 

4月12日  火曜日

9時起床。青汁豆乳。

朝から、子供、嘔吐など繰り返し、脱力の様子。
そのまま仕事へ、
こうなると、一日、気にかかる……。

大手町、大和證券へ。SKY PerfecTV!
「菅下清廣の株式道場」収録。
岩男宗春、戸塚喜久子、永山美穂一緒。
「花見相場」編。

打ち合わせ中に、
ライブドア問題の今後の展開話を振っても、
一様にシーンと、はて?と思ったら、
考えてみれば、大和証券も、
一方の当事者であった。失敬。

17時、浜町スタジオへ、
到着後、まず浜町カレーを頂く。

サイエンス・チャンネル『科学王』収録。
優木まおみ一緒。

一本目、
「日本が生んだ驚きの光技術」

世紀の発明と呼ばれた、
青色発光ダイオードの開発話を冒頭に、
ゲストとして、日本の「科学王」
「光触媒」の発見者である、藤島昭先生、
「近接場光」の発見者、大津元一先生。
のお二人が、日本発の最先端光技術を解説。

「光触媒」「近接場光」も、
今まで、一度も聞いたことの無い言葉であったのだが、
いつノーベル賞に選ばれても不思議ではない、
人類にとっての共有財産となる発明。
しかも、日本人の発明による、その汎用性、
世界標準と成りうる可能性を聞けば聞くほど、
実に誇らしい気分になる。
科学者が、まるで世界に挑戦するイチローのように、
憧れのヒーローに見えた。

2本目、「地球温暖化・守れ、青い地球」
地球防衛軍の衣装でコント仕立て。
一本目に比べれば、比較的馴染みある話題。
気象予報士の森田さん一緒。
エコロジー、言葉では理解しているつもりだが、
意識的に実践しているかどうかは、怪しいかぎり。
特に燃料消費、二酸化炭素排出に関しては、
「自分にやさしく、地球に厳しい」
確信犯的、「エゴロジー」であった自分に反省。


赤江くん(玉袋)の車で、24時戻り。
車中、ネタ会議だが、
膨れすぎて、まだ、確定出来ず。
さらに修正。
泣く泣く、ホリエモン支配の『ラジオビバリー昼ズ』もカット。
ビバリーゲストの北尾CEOが、高田先生と話すうち、
いつの間にか、北尾 vs 高田戦になるくだりは、面白かったが……。

帰宅後、HDDで『報道ステーション』
生で『草野☆キッド』の2回目、
カバーガール選考の回、見てから就寝。

《 山拓、初当選以来の朝立ち!国政返り咲きへ早朝演説 》
《 “堀江流錬金術”も限界!?ライブドア株300円割れ 》


4月13日  水曜日

7時起床。
連日、早朝から仕事。

子供、嘔吐に続いて、今度は下痢。
ぐったりのまま。
そのまま仕事に行くのも、実に忍びない想い。

スズキ秘書運転、
そぼ降る、冷たい雨の中、8時30分、
虎ノ門、アメリカ大使館へ。
『K−1ラスベガス』大会用の
パスポート申請の面接。
こんな朝早くから震えながら、多くの人が行列。
まるで亡命を希望する難民ではないか。
入念な持ち物検査もあったが、
米国担当官による面接質疑は、
「フジテレビ? コンドの、キムタクのドラマはナニ?」
などとバカな質問のみ。
思いのほか、早く終わる。

皆で『なか卯』で腹ごしらえ、
体を温める。

浜町スタジオへ早めに入り。
仮眠のつもりだが、例によって眠れず。
寝つきの良い、赤江くん(玉袋)が羨ましい。

サイエンス・チャンネル『科学王』
本日、最終日、3本を収録。

優木まおみ、この番組、3日間一緒。
学術的なテーマなので、
突き詰めれば、かなり難しい進行なのだが、
表面的な理解ではなく、
本質的なことを理解したいと心掛ける、
その姿勢がよろしいと印象。
所属は、生島ひろしさんの事務所。
そして、マネージャーが生島ひろしさんの弟さん、
TBSラジオ『ストリーム』のコラムの花道で、
吉田豪の生島ヒロシ伝説インタビューを聴いたばかり。
草野☆キッド』の刺客として、
生島ひろしさん出演を口説く会話を合間に。

一本目。『磁石の科学』
懐かしい磁石を使っての遊びやりつつ、
MRIが磁石を使用していることなど初めて知る。
照れ屋の木戸先生が一緒。

2本目、『植物クイズ』
俺、司会役。
回答者に、原口あきまさ、島崎和歌子、一緒。
赤江くん(玉袋)、八百屋さん設定。

実は、打ち合わせ時に疲労がピークに。
ほとんど、本番、ぶっつけの進行。

キャベツと大根を接ぎ木でかけあわせた、
キャベコン貰い受ける。

3本目、『進化するプラスティック』
レポーター、二ツ木さん。
「腐る」、「水を吸う」、「通電する」、
などなどの実験など、
プラスティックへの先入観変わる。

本日で、予定通り、全回、収録観了。
毎回、制作会社、責任スタッフ代えての3日で7本。
おりからの過密スケジュールに重なり、
収録スタイルに慣れない上、
基礎知識もない科学番組なので、
自分としても、不本意な面もありなのだが……。
ただし、内容は、「興味深い」に尽きる。
個人的には、まったく専門外であった科学に、
「良い出会い」を出来たこと、喜ばしい。

収録、合間に、浜町カレー。
漫才推敲、
新たに、『パッチギ!』ワンシーンを導入した台本を入れ、
俺たち自身は、二人とも大笑いだったのだが、
映画を見ていない人には、わからないだろうと、
結局、全カットすることに。
なんのために書いたのやら。

帰宅後、漫才推敲。
HDDチェック。
『ドリームプレッシャー2』
(黒子の我々も活躍、編集マジックの妙)

明日に、『ダカーポ』の原稿、締め切り入れ。
さすがに目がショボショボになりつつも、
ため息、封印して。

《 ネット掲示板から発展!中国「反日運動」さらに激化 》
《 金保容疑者暴行で女性35人が被害訴える 》
《 小倉智昭、800万円「ランドクルーザー」盗難 》
《 フットボールアワー「キスさせて!!」で番組打ち切り 》


4月14日  木曜日

8時起床。連日早し。

新幹線車中、漫才覚えつつ……。

KTV、『2時ワクッ!
山本アナ、藤本アナ、
早坂好恵、岩井志麻子、宮崎哲弥、オーケイ、一緒。
金村義明さん、本日、欠席。

阪神戦話題。
ニュース気になるランキング。
中国反日デモ、郵政民営化、
大音量嫌がらせ、主婦。
ライブドアとフジテレビ和解か、

大人が楽しむオモチャ、
朝から生てっちゃん、「ワルについて」
キッド哀楽、『消えない傷跡』
あなたの、やりすぎたことトーク、

本来、無知な人のレベルの低い井戸端会議になりがちな、
硬派なニュースも、宮崎哲弥さんのおかげで、
俄然、一見の価値あり。
郵政民営化や、ライブドア問題、
宮崎さん、かなり踏み込んだ断言、毎回、面白い。

新幹線車中も眠らず、漫才推敲。
まだ、練習すれば長いのだ。

サンボマスターの山口君と電話。
高田笑学校に来ることに。

子供、体調回復で元気に、
その姿にメロメロ。
久々に一緒に風呂。

漫才推敲、
昨日電撃的登場の「引越し!」主婦、取り入れる。
あれほど、衝撃的デビューを飾れば……。
しかも、竹島問題の韓国軍退治の日本の最終兵器にはピッタリ。

結局、打ち出しの、さらに4分の1を削る。
最初の決定稿の2分の1程度になる。
当初は、一時間以上のバージョンだったであろう。

赤江くん(玉袋)とネタ合わせだが、
途中で、また改作することに。
まだ、一度も通しで合わせていない。

ついに、50稿を超える。
いつもは、ここまでくると、
台本も固まるのだが、
今回は、まだ迷走している。

《 日中首脳会談前後、中国で大暴動の恐れあり!! 》
《 TBSの小倉アナ結婚!!元Jリーガー水内と入籍 》
《 モー娘。矢口が電撃退団…小栗とのツーショット撮られ 》
《 元広島・福士敬章氏、雀荘で急死 》


4月15日  金曜日

9時起床。
グリーンカレースープ。

昼、赤江くん(玉袋)と軽くネタ合わせ。
まだ修正、
スズキ秘書運転、世田谷区、TMCスタジオへ。

フジ『平成教育2005予備校』収録。
司会、ユースケ・サンタマリア、高島彩。

エリック、木村綾子、平山あや、久保田真希、
新島、劇団ひとり、磯野貴理子、
サンプラザ中野、加藤登紀子、丸山和也、一緒。

今回もトップ賞に届かず。

楽屋で、劇団ひとりを、
浅草キッドが挟んで芸人話、
俺たちにしてみれば、
本来の浅草ストリップ小屋風なのだが、
川島くん、こういう古いタイプの芸人ヨゴレ話に
適応するところ面白い。
最後は楽屋で下半身出しているんだもん。

終了後、TMC から一人で歩いて、
iPodで漫才朗読、聴きながら、
散歩練習、
前回から、導入した、この道中付けだが、
台本の流れ、耳と目でシンクロ出来、
画期的に覚えが良くなった。

漫才の練習とは何か?
役者も落語家も共通することだろうが、
これは確実に基本、台詞の反復である。
互いが書かれている言葉をほぼ一字一句
間違いなく正確に語れることが第一条件。
そこからが、アドリブ、崩しである。
設計図さえ、キッチリ頭にあれば、
どこまで逸れても、何を遊んでも、
いつでも、元に返れる。

演出家がいないから、
自分で自分をチェックするしかない。
相手の進捗状況も図りつつ、
大前提は、両方の台詞を入れることなのだ。

12キロ、2時間半歩いて、『ラーメン地雷源』へ。
週末だけの特別メニューの『ホリデー』仕様で、
メニューは、味噌ラーメンだけ。
こくまる味噌ソバ

正直、味噌ラーメン好きではないが、
一つ一つパーツが美味。

夜、HDDチェック。

『報道ステーション』、
『ザ・ワイド』、
タイガー&ドラゴン』の一回目、「芝浜」の回、
そのスピード感、構成の妙、うなる。
さらに、人情劇のスパイス、ちりばめも絶妙。
西田敏行さんのハマリぶりも
マイ・フェバリットドラマである、
『寂しいのはおまえだけじゃない』以来ではないか。

赤江くん(玉袋)とネタ合わせ、
まだまだ、台詞、入っておらず、
もしかしたら、忘れるかもの不安よぎる、
しかし……。
高田笑学校も格闘技だ。
絶対に勝ちに行く、心の強さが無ければダメ。
明日、朝から歩こう。

《 フジ1株6300円上限でライブと協議 》
《 世界2例目!イタリア・畜産研究所が優勝馬クローンを生産 》
《 米空港、テロ対策でライター持ち込み禁止 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る