5月1日   日曜日

5時起床。
早朝6時、ホテルをチェックアウト。

SRS』チームは、ロケが続く。
少人数で、マッカラン国際空港よりロサンゼルス国際空港へ。
アメリカウエスト機で移動。
マッカラン空港で食事。
オールド・ファッションド・ブレックファスト。

毎年、この空港名は、
自分を含めて、カジノで負けた人の赤字で、
「真っ赤ラン」だと思うわけだが、
今回の俺は黒字なのだ。

待ち時間、亜希ちゃんと、
先日、来宅の際の、子供映像見ながら過ごす。

空港にて、本日のロケ趣旨発表。
赤江くん(玉袋)提供、
「格闘『バス』ツアー」と言うことで、バス・ルッテンが合流。
バス、流石にテレビ慣れしていて、陽気でハイテンション。



全員、睡眠不足強行軍だが、
コーディネーターのマス近藤さん、
大声、快活元気で、現場に活力与えておる。

バスには、DSE・アメリカの山本さん、神田さん夫妻が随行。
仕事柄、『PRIDE』外人選手事情には精通し、
なかなかの論客で、合間にもフランクにお話。

サンタモニカのスパーツバー、『バズビーズ』へ。
日本の格闘事情に精通するアメリカ人格闘オタク、
5人が集結。
5人共に、日本と同じく見るからに、
おたく顔なのが面白し。
彼らにマニアクイズを出題。
少数スタッフなので、準備もおおわらわ。
されど、初対面の素人ながら、
おたくのリアクションも良く盛り上がる。
全員が、K−1GP選手や、『PRIDE』本選より、
むしろ、K-1 MAXの中量級や『武士道』選手に関心あるところが、
いかにも、おたくっぽい。

続いて、2003年のアブダビコンバットで、
ホイラー・グレイシーをタップアウトさせた、
柔術家、エディー・ブラボーを訪ねて、
『10TH PLANET JYU-JITU』道場へ。

エディー・ブラボー。
ホイラーからのタップ勝ちしたことで知る人ぞ知る存在だが、
テレビ的には、知名度として、いかがなものかと思われた。
しかし、その"ラバーガード"と呼ばれる、
独特な足技を生かしたスパーリングは、
人間の知恵の輪を解くような動きで、
初めてヴォルグ・ハンを見たときのような抜群の面白さがある。

寝技のセンスとは、空間図形の問題を解くような、
立体的なチェスが出来る能力だと思うが、
確かに、この男、新たな定石を独創的に作る、
天才的なひらめきがある。



インタビューすれば、天才肌独特の俺様モードの言い回し。
例えて言えば、映画『アマデウス』のモーツァルトのような、
人を食った無邪気さ。
そして、柔術の精神的支柱でもある、"道衣"に関して、
不要論を展開するわけだが、実に論理的。

そう言えば、今月号の『ゴング格闘技』でも、
師匠でもあり、左手が一本指の柔術家である
ジャンジャック・マチャドと、
こんな興味深い対談をしているのである。


ブラボー  いや、誤解がないように言っておくけど、
      日本人に敵意はないぞ。
      ただ、道衣についてはもう時代が違うだろって感じるようになったんだ。

      ホイスがいなくなったUFCを見ると、柔術家がスイープも、
      ガードからの攻撃もできず、ただ抱え込んでいるだけだ。
      俺は驚いてしまったよ。なんでコイツらは何もでねえんだってね。
      で、分かったんだ。それは道衣のせいだって。
      柔術家たちは相手の道衣を掴んで仕掛けこるから
      仕掛けを作らなければいけない。
      習得するには8年から10年はかかる技術さ。
      道衣を着て練習してきた者が、道衣を脱いですぐにできるわけがない。

マチャド  そうかな? 私はいくつか反論したい点がある。
      まず道衣を着ることは伝統だ。
      そして道衣を着ると展開がゆっくりとなり、考えながら攻防ができる。
      基本を身に付けるのに非常に良いことだ。
      さらに柔術を行う全ての者が総合を目指しているわけではない。
      総合と道衣を着た柔術は別ものだ。
      普段、道衣を掴んでいる者は、戦い方を作り直す必要があるよ。
      だが私にとっては、道衣ありも道衣なし基本的には同じ技術だよ。
      十字もチョークも。

ブラボー  俺は同意できないな。
      道衣を着て柔術をすることで、
      道衣ないし柔術の基本も身に付くとするなら、
      それは組み技のスパーをしているからであって、
      道衣のおかげじゃない。
      別に道衣がなくても、スーツを着て5年間、組み技をやれば同じだよ。
      ジャンジャックがアブダビで全員極めまくったのは、
      端的に言って彼の左手には指がないからだ。
      彼自身が気付いてないけど、
      ジャンジャックは他のどの柔術家どもよりも、
      
道衣なし試合ヘの準備ができていたんだ。
      彼以外の柔術家、例えばサウロ・ヒペイロは、
      アブダビ・コンバットでは、ただ膠着してただけじゃねえか。
      ホイラーもな。
      でもジャンジャックは、道衣を着て練習する時も、
      指のない左手で道衣を掴まず、
      強烈なカンヌキや差しを使っているから、
      彼は自然とサブミッションレスリングに対応できていたんだよ。

マチャド  エディは、私でさえ気付いてないことを見抜いたようだね。


彼の理論の面白さは、
膠着は、強者同士の技術の接近ではなく、
純粋に、技術が未熟だから、膠着になると言い切るところだ。

そのまま、エディー・ブラボーの自宅へ。
学生宿のような小さな部屋で、
近所迷惑かえりみず大音量でベースを弾きまくる。
もともとミュージシャン志望で、いまだに、格闘技より、
ロックスターとなってCDデビューすることの方が夢、
と本気で言っているのだ。



自主制作版のCDを頂く。
そして「金さえくれれば……」と連呼するが、
いったい、その金は幾らのことなのだろう?

65キロと一般人と同じ体つき、
マッチョでもなく、全然、強そうでもないだけに、
俄然、興味惹かれるものがあった。

高瀬大樹が、ピアノを弾く姿と同じく、
こういうキャラクターが、
世界有数の強者であることの不思議さに、
マニアだけではなく、お茶の間の観客の引きはあると思う。

見た目は、20代前半だが、
年齢は今年35歳、
寝技ルールだけのエキスパートであるし、
日本に呼んで、実力を図るには、
ラストチャンスの域になってはいるが……。
しかし、5月後半開催のアブダビの結果次第では、
再び注目されるだろう。

最後に、ルッテンの古巣であり、
格闘界の名門・ビバリーヒルズ柔術クラブへ。
『PRIDE』のトライアウトで合格した二人を紹介。
さすがにアメリカン、自己アピールも十分に。



エンディング、バス・ルッテン、全速力で走り去る。
この人のバラエティー対応力も、目を見張るものがあった。

ロケ終了後、昨年と同じく、メリディアン投宿。
アップグレードで広い部屋に。

最後の夜、ホテルから徒歩2分。
「Matsuhisa」へ。
3日連続の和食レストランではあるが、
全米に知られる、超有名高級店である。

アメリカ版ミシュランである『ザガット』誌で2年連続1位、
NYTime紙の"世界のレストラン10"に選出され、
ロバート・デ・ニーロと共同経営で
「NOBU NEW YORK CITY」を開店した、
ノブ・マツヒサこと、松久信幸氏、
アメリカで最も成功した日本人シェフの一人であろう。
日本の有名人の信奉者も多い。
丁度、読んでいた、
矢沢永吉の『アー・ユー・ハッピー?』にも、
お話が出てくる。

大型店でもなかったのが意外、
店内は大賑わいであり、
各所でお客さんの記念撮影が行われているほど。
ある種のパビリオンであり、観光名所だ。

もともと大前提は、
アメリカ人に合わせた美味だからこそ、
競争の激しいアメリカで、この地位になったはずだが、
逆に、こういう場所になるだけで、訪れる日本人観光客が、
「大したことは無いね……」「値段の割りには……」
などと言うのも宿命。
そういう、ありがちな会話が永遠に語られるところなのだ。

この有名店にある、マーフィーの法則を意識して、
なんだか、「美味い」って話が
素直に出来なくなってしまうのである。

流石に疲れ果て、ビールを飲みながら、
昨年に続いて、面白いロケであったことに乾杯。

さらに、ホテルのラウンジでもう一杯。
ロケの間、ずっと流行った、つねりあい、
最後は、金玉のつかみ合いになっていた。

《 北朝鮮が日本海にミサイル発射!安全保障上の問題無し 》
《 小田急線に置き石の男を逮捕 》
《 つんく♂「ミラクル級」!モー娘。新メンバーに久住小春 》


5月2日   月曜日

時差ぼけのままなのか、3時起床。
熱い風呂に入って、
『壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男』
第三部「龍馬暗殺! 何故!?謎の刺客」  
DVD観了。



竜馬の暗殺は、いまだに下手人が特定されていないため、
小説家は、ここでドラマづくりが出来るわけだ。
それにしても、竜馬役が、なんと筧利夫。
渡辺謙が大男だけに、
こんなに、小さい竜馬像は初めて見た。

そのまま、最終巻、
『壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男』 
第四部「新選組の最期 鳥羽伏見から五稜郭へ親子の絆」
へ突入。

10時半、チェックアウト。
ロサンゼルス国際空港へ。
空港で、毎年恒例。
『浜田』で肉うどんとカレー、

帰路も10時間半のフライト。
乗る前から、読書とDVD三昧にワクワク。
眠る気なし。
『壬生義士伝』、第4部、観了。
映画に描かれなかった、後日談。
どこまで原作に書かれているのだろう。
実質、9時間分の長尺。
バスタオルを必要とすることは無かったが、十分に感動。

空路10時間は、日付変更線を越える旅、
デイからナイトへナイトからデイへ。
そこで、トリュフォーの『アメリカの夜〜映画に愛を込めて』
(LA NUIT AMERICAINE DAY FOR NIGHT)
を取り出す。
バイブル映画で、以前からビデオやDVD持っているのに、
何故か見る機会がなく初見。



ニースの撮影所を舞台にした映画内映画のお話。
無論、面白い!
トリフォーの映画へのオマージュの夢のシーン、
本を開くシーンなどの小技に感心。
若き日のジャックリーン・ビセットの美しさと、
メーキングに出てくる彼女の差に驚く。

成田から、赤江くん(玉袋)、冨永マネと共に、
アルファードのタクシーで帰宅。
運転手さん、オタク知識の持ち主で話盛り上がる。

久々に子供と再会。
髪型代わり、別人のよう。
反抗期なのか、ウソ泣きおぼえ、
しばらく留守にしたことを恨みに思っているのか、
なかなか俺に馴染まず。

家飯。俺のリクエストで作ってもらう。

トマトと豆腐の豚バラ炒め
万能ねぎとしらすのにんにくドレッシング
ゴーヤチャンプル
豆腐のお吸い物

旅先は、美食の連続であったが、
本当に、家飯を、嗚呼、美味い!と心より思う。

子供と『シュレック』を一緒に見ながら仲直り。

HDDチェック。
『サンジャポ』、
『タモリ倶楽部』(最新映像技術)などなど。
『ブロードキャスター』、
『EZ!TV』潜水艦空母の話など。

『草野☆キッド』第4回、右脳キッズ vs 東大選抜
放送時間まで起きて、オンエアーチェック。

2日
《 脱線事故で衝突のマンション住民に仮住まい用住宅 》
《 広島で発見の偽1万円札、台湾人が関与の可能性 》
《 原田知世、イラストレーターのエドツワキさんと結婚 》
《 人気凋落!史上最低の巨人、4月視聴率12・9% 》

3日
《 脱線電車に乗り合わせた運転士2人、負傷者救助せず 》
《 日本海へ発射のミサイルは新型…韓国軍当局者述べる 》
《 静岡市の住宅街にヘリが墜落、搭乗者5人全員死亡 》
《 プロ野球、ロッテまた勝った 45年ぶり11連勝 》


5月4日  水曜日

5時起床。は、早すぎる。
時差ぼけではあるのだろう。

カミさん、子供と散歩へ。
『雄旺』で、冷やし坦々麺、焼きビーフン、
『ジプシーウェイ』で、子供と一緒に散髪。

時差ぼけなのか、やたらと眠気。

『本と誠』単行本化、のため、
『だめだこりゃ』再読始める。

昼から、マキタスポーツの子供、ノノちゃん預かる。
子供、二人が手を繋いで歩く姿、可愛らしい。
我が家で私設託児所を開設。
初めて気が付いたが、
男の子はずいぶん乱暴なのだな。

エアロバイクai、90分、450K、
『THEワイド』、出羽の郷のドキュメント、
『K-1 WORLD MAX 2005』煽り特番、見ながら。

久々に『伽哩人(カリスト)』へ。
マキタスポーツ夫妻、ノノちゃんを誘って、
子どもの日の前祝い。

人参サラダ、
ほくほく温野菜サラダ、
南瓜と人参の豆乳スープ
ビシソワーズ
そして、全種類のカレーメニュー。

4人と子供二人で食べても、食べきれず、流石に満腹。

全員が自転車狂のスタッフと自転車話など。

HDDチェック。
『最強格闘技 UFC』テレビ東京バージョン。
ラスベガス、MGMでの試合だが、
満員の客と熱狂、確実にUFCも盛り返している。

UFCライトヘビー級タイトルマッチ
×ランディ・クートゥア(KO)チャック・リデル○

UFCライトヘビー級タイトルマッチ
○ マット・ヒューズ(チョーク)フランク・トリッグ×


『K-1 WORLD MAX 2005』、
判定決着多かったが、キッドの試合がベストバウト。
さすがに今回は、谷川さんの解説、批判も多いだろう。

『島田検定』、湯浅氏、大活躍。さすがに紳助さん、
湯浅氏のフレーズ引き出す、
その魅力を誰も気が付かない恋人を奪われたような
嬉しいような悔しいような複雑な気分。

『タイガー&ドラゴン』第3話、茶の湯、
相変わらず、オモロ。最後に高田先生登場。

《 プロ野球、ファンも一体!ロッテが12連勝 》
《 JR西日本、あ然…脱線知っててボウリング大会に飲酒 》


5月5日  木曜日

6時半起床。
こどもの日ではあるが、オトナはお仕事に。

いつもより、一本早いのぞみで大阪入り。

大阪駅内の、尾道ラーメン『さいごく路』
で醤油ラーメン。

KTV、『2時ワクッ!』山本アナ、藤本アナ、
早坂好恵、岩井志麻子、宮崎哲弥、
オーケイ、金村義明、片山アナ一緒。

○ 福知山脱線事故、
○ サッカーW杯予選、日本 vs 北朝鮮 無観客試合
○ 郵政民営化、首相発言でポスト小泉をけん制
○ 静岡県警ヘリ墜落
○ 男子学生のアパート郵便受け503万円
ゆとり教育について。
朝まで生てっちゃん「人妻」
キッド哀楽『おじいちゃんの真の姿』

金村さん、ハマコーに偶然会った話。オモロ。

帰途、本と誠、単行本化用の再読。
車中、『いつも風を感じて』島田紳助、
『なんだこりゃ』いかりや長介、読了。

代々木、『バンディット』で、こどもの日、買い物。
『ナイトメア』の電光ポスター、
衝動買いにならないよう、一ヵ月半、迷ったが、
こどもの日にかこつけて。

子供と包みを開封してから、セッティング。
一緒に風呂。

子供寝かしつけ、カミさんと二人で、
『炭火串焼き、ゆうぜん』へ。
こどもの日を乾杯。
ここの炭火、焼き鳥、特にぼんじり(鶏のテール)は、絶品。
値段もリーズナブル。

『本と誠』単行本化原稿、
少しでも時間があれば進捗。

こどもの日を記念して、
SONYピクチャーズから借りた、『フック』をDVDで。



スピルバーグ映画で今まで未見であった一本。
実際、豪華キャストでありながら、不評であった。
俺も、大人になったピーターパンと言う設定が、
バカバカしいと思っていた。
が、今、オトナになってみると、
スピルバーグが作りたいモチベーションはよくわかる。

《 総務省発表、子ども人口が過去最低!総人口割合で13・8% 》
《 米副次官が北朝鮮のミサイル開発を明言 》
《 イタリアで過去最高97億円の当たりくじ 》
《 中日ウッズがヤクルト藤井殴って退場 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る