2月1日  水曜日

深夜2時起床。
もはや、どうなってるの?と思いながら、
起きてしまったものは、仕方ない。
そのまま長い夜を過ごす。

DVDで『ライフ・イズ・ビューティフル』を最後まで。
中盤折り返してからは、
悲惨な現実と笑いが表裏一体で交叉する、
俺が親になってから初の再見だが、
初見の時以上に、奇跡的な耀きのある映画。
この年のアカデミー賞授賞式のシーンを含めて、
素晴らしき哉!



HDDチェック。
『TVタックル』
草野☆キッド』キモカワGP、など。

カップ麺、啜りつつ『朝ズバッ!』

『博士の異常な健康』の削減作業、
まだも続く。
とにかく早く終えて映画館へ行きたい。

2月21日用の漫才原稿も書きながら、
さらにmixi も書きまくり、気分転換。

雨のなか、家族で夕食に外出。
Uターン禁止のところで、交通違反。

高円寺のジンギスカン『ねむり羊』へ。

冷たい雨模様のせいか、店内貸切状態。
この店の、半熟卵かけご飯の『ねどん』にキムチのトッピング、
俺のご飯ものランキングの上位。
これだけ、食べに来たいほど。
さらに、最後に、ラム肉の付けダレに、
細麺を入れる、特製付け蕎麦もグッド。

子供と風呂。
一日、雨模様で運動不足になるので、
子供と一緒に階段昇り、
自分から階段で"うさぎ跳び"を始めたのは驚いた。

《 民主・木俣参院議員が女性に暴力−愛知県警が任意で事情聴取 》
《 冥王星より遠くの「太陽系10番目の惑星」は月より小さめ 》
《 プロ野球・全国各地で一斉にキャンプイン 》
《 指揮者・小沢征爾氏、年内活動を全てキャンセル…健康上の理由で 》



2月2日  木曜日

8時起床。
午前中、『博士の異常な健康』を最終修正。いよいよ、ほぼ脱稿。


(アスペクト刊 『博士の異常な健康』 3月20日発売予定 ※表紙は仮デザイン)


昼、カミさん、子供と馬橋公園へ。
あまりの寒さに貸しきり状態。

誰もいない運動場で走り廻る。
どんぐりを見つけて大喜び、
木の節目に蟻を見つけて観察、
それらの姿を俺も観察。

本日も高円寺『四国屋』向かうが、
駐車スペースなくて断念。
大衆中華料理店の『真華』へ。
タンメン、香港やきそば、
子供もしっかり食べる。

夜、子供、スズキ秘書に預けて、
カミさんとユナイテッド・シネマとしまえん。
THE有頂天ホテル』へ。

本を脱稿後、21日の漫才舞台の準備が、
本格化する前の片時の休息は映画三昧することに。

21時40分よりレイトショー。
この時間なら空いているのがなにより。

大ヒット中であり、世評も高いが、
こと「映画」に限っては、数々の疑問符があった三谷幸喜作品、
氏の映画作品の今までのキャリアの最高なのは間違いない。
ホテル・ジャンル映画としても。
ニール・サイモンとか思い出します。
しかも、まだまだ次も上もありそうな、
三谷氏のその才能埋蔵量にも惚れ惚れと感心。

思春期に一人で映画を見続けた反動なのか、
今、映画館に夫婦で行くことは、最高の娯楽だ。

帰宅後、晩酌、就寝。
クラムチャウダー
ぶり大根

《 デンマーク紙掲載の風刺漫画にイスラム社会が猛反発! 》
《 早大スケート部で不祥事…酔って他大女子学生の部屋に侵入 》
《 東証、5年5カ月ぶりに1万6700円台を回復 》
《 村上ファンド、松坂屋に全従業員解雇などを打診 》


2月3日  金曜日

7時起床。
タイムスキャンで、朝ズバ。

漫才原稿、
今回のテーマが、ライブドアショックなので書きやすい。

自転車で、カミさん、子供を連れて、
新高円寺「四国屋」で、今日も昼食。
俺のmixi より。

 今日も、子供とカミさんと行ってきた。
 (実は、昨日も行ったのだが、駐車場が無くて、違う店にしたのだが……) 
 以下、女将との会話。 (と言っても、俺は20年来知っている)

 「出汁は、煮干しだけ?」
 「かたくちイワシの煮干しだけ。」
 「讃岐うどんだと、イリコで出汁をとるほうが多いよね?」
 「イリコはちょっと苦味があるから、イワシ」
 「俺も前からそう思う。だから、こんなに澄んだ味なんだ」
 「一番人気があるのは?」
 「やっぱり、きざみ肉うどん」

http://udon.eg-page.com/2005/12/22_000031.php

 ↑見てもわかると思うけど、皆、これ美味そうと言う。

「それはわかるんだけど、俺は、葱が大口に切って入っているでしょ。
あれが小口の薬味ならいいんだけど、あれだけ大きいと、
つゆにまで葱の味が侵食するじゃない、だから肉だけ別にって頼むの」
 
 で、今日は、すうどんに、てんぷら各種、トッピングしてみましたが、
 やはり少し物足らなく、きつねを足しました。
 このきつねが甘くて、つゆを吸うと絶妙の味に成ります。
 俺が毎回頼むのは、合わせ(きつね+たぬき)ですが、
 これに肉を足します。
 
 「20年前から、その注文してたよね」
 「そう。俺、高校時代、行き着けの大好きな店があって、
それ以来これ、きつねと天かすって、おつゆの味を邪魔しないでしょ。
それにお肉の食感が欲しいの」
 「それ、メニューに入れようかな?」
 「じゃあ、はかせうどんにしてよ」
 「わかった」

って、ことで、はかせうどんを試してみてください。

本日も近所の公園へ。
滑り台、ブランコ、砂場遊び、
子供、猫を見つけると強気で格闘。

スズキ秘書送り、
16時半、世田谷区・TMC入り。
フジ『平成教育2005予備校』収録。

楽屋話、品川、劇団ひとりと。
上昇志向丸出しの品川くんだが、
若手芸人は本来、そうではないと。

ディレクター上西さんが、
俺の恩人である、田中格と
ラサール高校の同級生であること判明。

メーク室で井戸田くんとホリエモン話。

司会:ユースケ・サンタマリア、高島彩。
レギュラー出演者:劇団ひとり、スピードワゴン・井戸田、
平山あや、磯野貴理子、アリキリ・石井、篠原ともえ。
ゲスト出演者:間寛平、KABAちゃん、
品川祐、土田晃之、森下千里

収録後、『週刊文春』私のお取り寄せコーナー取材。
アサイージュースを推薦。

TMC から、スタッフに見送られ、
ウォーキング帰宅だが、
夜になって急に冷え込み、身震いしながら。
iPodで、『コラムの花道』、『豪さんのポッド』、『放送室』聴きながら。
途中、環八のドンキホーテに寄り、
子供に風船、各種、購入。
道中、あまりの寒さに何度か断念しようと思いながらも、
2時間40分で帰宅。

すぐに風呂へ。
子供とインナーマッスル鍛えるための風船トレーニング熱心に。

家飯。麻婆豆腐、餃子、鶏のから揚げ

24時には就寝。

《 ライブドア堀江&宮内らを再逮捕へ…特別利益でも不正計上 》
《 1400人乗りフェリー沈没…巡礼帰りのエジプト人ら犠牲に 》
《 NEWSが5月から年内活動を休止…メンバー飲酒騒動で 》


2月4日  土曜日

5時半起床。サタデーすばッと。

午前中は漫才原稿。


お昼、 親子丼、ベーコンサラダ

12時半、スズキ秘書送り、テレ朝入り。
草野☆キッド』ロケ収録。
草野仁、堂真理子アナ、一緒。

一本目、
女子最強アイドルを決定する、
第一回"強ドル"選手権

参加選手:
風香(女子プロレス)、
itsuka(レースクィーン・キックボクシング)、
デルチャ ハミエラ ガブリエラ(空手)、
生駒エリコ(総合格闘技)、
福島和可菜(元自衛隊)、
初音ひさみ(柔道)

企画としては、単純になりがちかと思ったが、
選手紹介のインタビューの時から、予想を上回る面白さ。
元自衛隊女子の匍匐前進は見もの。

○ 胸筋相撲
 筋肉フェチの草野さんリクエストだが、
 ガブリエラが見事な肉体。

○ つま先相撲
 もともとは足指レスリングといわれるものだが、
 これが意外にもフェチ心くすぐる絵に。

○ 本相撲
 外国人力士の圧倒的存在感もあり、
 最後までテンション持続。
 なかなか満足感ある、2本分の取れ高。

合間、草野さんとホリエモン話。

喜山飯店の夕食。

二本目。『エガ道場』

テレ朝で前振り収録後、
ロケバス移動、大森「ゴールドジム」へ。
ズバ起床で寝てないはずなのだが、
バスの中、俺、テンション高いまま。

ヨガを超えたエガの教祖にエガちゃんに、
草野さんが洗脳されたとの設定から。
エガちゃんのSMショー。
草野さんが涙ながらに噴出すほど。
最後は、かつてTV界で誰もやったことがない荒業を披露。
江頭2:50、今回も完全燃焼。
それにしても、
まるで無意味な下ネタ荒業に、
スタッフ共々一丸となって突き進む様の美しさは、
どんな文学ですらフォロー出来ない。

帰途、五味隆典のラジオ聴きながら帰宅。
ドリーミオで『チャーリーとチョコレート工場』

HDDチェック。
『ブロードキャスター』。
アフリカで日本の青年海外協力隊の青年が作った歌が大ヒット。
エイズ検査を受けようとの趣旨も持つ曲。
最近、見たなかでも指折りの実に清々しいニュース。

《 フィリピンで76人圧死400人負傷…テレビ番組収録中に 》
《 逮捕前…ホリエモン56億円ジェット機発注してた 》
《 村上ファンド、阪神電鉄株50%増なら売却の可能性も 》
《 自民党議員が飲食店で暴行…女性店主が警察に被害届を提出 》
《 ゴマキ、急性腸炎でダウン…2週間安静、15日からの舞台降板 》


2月5日  日曜日

またも深夜1時起床。
『K-1 MAX』煽り特番、本番、見ながら。
佐藤の優勝、確かに強いが……。

早朝6時頃、二度寝し、9時起床。

『マッシーとふりかけ工場』を設置。
連日、試作に悪戦苦闘した、子供のふりかけ作り、
バーミックスを駆使し、
粉末納豆、煮干し各種、ナッツ類各種、配合し、
その上に、ポテトチップ、チーズもちをまぶせ、
最高傑作が出来上がり、
子供もやめられない、止まらないで積極的に食べ始める。
その姿を見つめると、最大級の快感。

今日も元気に自転車操業、
iPodで『放送室』聴きながらだが、
さすがに耳が痛いほど寒し。

15時、
TBSラジオ『伊集院光 日曜日の秘密基地』生出演。
VIPゲストに小倉智昭さんに挨拶。

日曜ゼミナール
『ライブドアショック』を解説。

複雑なマネーゲームをオフィス北野をモデルにして、
オフィス北野に新しく入った桐畑トールを題材に例え話。

帰途、再び自転車操業、
新宿『ビックカメラ』でスズキ秘書と待ち合わせ、
買い物。

『はなまるうどん』で腹ごしらえ。
いつ何時食べても、釜玉は裏切らない。

オンエアーの
『平成教育2005予備校』子供と一緒に。
童謡問題に、子供、画面から呼びかけられ不思議そう。

20時半、ゾマホン来宅。
ゾマホンを乗せ、カミさんと共に
ユナイテッド・シネマとしまえんへ。

ホテル・ルワンダ



事前に見本版のDVDも貰っていたが、
どうしても、劇場でお金を払って見たかった。

94年に起きた、アフリカ、ルワンダの100万人大虐殺の
フツ族、ツチ族内乱の陰で、
フツ族のホテルの支配人が民族に関係なく、
1200人のツチ族の命を救う、
「アフリカ版のシンドラー」の物語。

しかし、多くの日本人にとって、
しょせんは「第3世界の出来事」だろうが、
わずか10年前の100万人規模の大虐殺なのである。

実は、俺は、この94年当時、この内乱を元ネタに、
「ルワンダ・殿」という漫才のネタを作った。
ちなみに、これは、
元ビージー・フォーの「ウガンダ・トラ」のパロディー。
この内乱とたけし軍団の内乱とかけてある。
だから、調べものをしり、少しは関心があった。
その後、ゾマホンとの親交のなかで、
折に触れて、この大虐殺について話を聞いていた。
だって、この現代に、人が人を100万人も殺すなんてことが、
信じられるだろうか?

そして、この映画がアメリカ映画として作られ、
全米で話題を呼び、
2004年アカデミー賞の3部門にノミネートされたが、
当然、フツ族とツチ族の内乱などデート向きではなく、
日本公開は予定になかった。

そのことを、町山智浩さんがラジオ「ストリーム」で発言。
そして、一人の青年が上映運動をはじめ、
その運動が実を結び、
今年、渋谷で単館公開されると、
映画のもともとのパワーもあり、連日大賑わい。
そして2月から、こうして拡大公開になり、
俺も劇場で見ることに間に合った。

このあたりの経緯は、
俺が『WEBダ・ヴィンチ』「ベスト・オブ・コラムの花道」について、
町山智浩氏について書いた箇所、
および、その放送そのものも、
この機会にポッド・キャスティング(TBS RADIO podcasting954)で聴いて欲しい。

そして、この上映運動を始めた青年が水木くん。
僕とも署名運動の件でメールのやりとりがあったが、
面識は無かった。

そして、本日、カミさん、ゾマホンと共に、
ユナイテッド・シネマとしまえんへ。
そして、ロビーで水木くんとも待ち合わせた。
初対面。
水木くんは、この上映運動をきっかけに、
この映画の配給会社に就職したのである。

俺とは、町山氏が、「コラムの花道」で
『ホテル・ルワンダ』の翌週に語った、
『売春窟で生まれて』の公開運動について打ち合わせた。
(日本未公開の95年のアカデミー・ドキュメンタリー受賞作品、
 何故、俺が、この映画を公開したいのかについても、
 ぜひ『WEBダ・ヴィンチ』を読んで欲しい)

22時より、レイトショー4人並んで。
カミさんが水木君のチケットまで買ってしまったので、
水木くんは4度目の鑑賞に。

映画は、想定以上、釘付け。

あまりの生き地獄の光景に、
ストーリーに飲み込まれ、
自分が映画館で座っていることを忘れ、
そして、気が付くと、
ああ、自分は、この地獄のなかにはいないんだ、
と思ってホッとするほどだった。
まるで悪夢から覚めたときのように。

しかし! 映画の光景こそが虚構ではなく現実なのだ!

ただ、自分が映画のこちら側、客席にいるだけなんだ。

そんなことに打ちのめされて映画館を出ると、
ゾマホンが、釈然としない様子。
「アフリカ人が悪く描かれすぎている。
 勝手にフツ族とツチ族に分類し、
 アフリカ人同士を殺し合わせているのは、
 宗主国のベルギーであり、国連であり、アメリカだ。
 武器を持ち込んでいるのも白人だ。
 その視点が、この映画にはない」と力説。

確かに、アフリカの同胞から見れば、
フツ族の描き方など、ただの未開の野蛮人だ。

水木くん、ゾマホンが居たおかげで、
いろんな意味で立体的に映画が見えた。

水木くんを野方に送り、
帰宅後、そのまま就寝。

《 2万人暴徒化でレバノンでも放火…ムハンマド風刺画問題 》
《 世界遺産・法隆寺で仏像盗まれる…国宝の格子のこぎりで切断 》
《 日本側も捜査の事実上終息を確認…金大中事件の外交文書公開 》
《 巨人の156キロ左腕ルーキー辻内が初ブルペン! 》
《 “スケバン刑事”が映画で復活!4代目麻宮サキは松浦亜弥 》
《 明石家さんまの父死去…78歳心肺急停止、最期看取れず 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る