3月16日  木曜日

8時起床。
9時、チェックアウト。
環状線の2駅先のユニバーサルシティー駅下車。

今夜の投宿先のホテル日航へ荷物を預けるが、
さすがに昨日の今日だけに、
日航ホテルのコンフォタビリティーに感心なのだが、
なんと、宿泊代はこちらの方が格安なのだから、
ホテルの予約というものは情報とタイミングと運だ。

平日で空いていたのは今日のみ。

生憎の雨模様のなか、USJへ。
俺は3度目。
カミさん、子供は初。
入り口のサントラ、高らかに鳴るゲートを抜け、
霧にむせぶユニバーサルの巨大地球儀の前で
子供と一緒に記念撮影。
この絵だけでも感無量。

子供、2歳児にしては、DVDでユニバーサル映画に熟知。
E.T.もバック・トゥ・ザ・フューチャーもシュレックも、
スパイダーマンも、ジュラシック・パークもJAWSも何度も見ている。

USJの世界観への把握も出来ているだけに楽しみであろう。

俺自身も最初に乗ったときから、
何時か、我が子乗せることを待望していた、
E.T.アドベンチャーから駆けつけるが、
なんと身長制限のため入場却下。
92センチの身長制限に、
わずか5センチ足らないのだ。
俺が長年見に染みてきたチビの悲哀、
子供、初めて味わう。
仕方なく、エリオットとE.T.の
自転車シーンのポラロイド記念撮影。

さらに、俺の好きなターミネーター2・3Dも
バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドも、
俺も初乗りになる、スパイダーマン・ザ・ライドも不可。
ビルの壁を這うスパイダーマンの前で、
泣きじゃくる子供が実に不憫であった。

さらに、裏技と聞きつけて、妊婦優先を希望したら、
ほとんどの人気パビリオンは、
妊婦入場不可のため、逆にやぶへびに。

ジュラッシック・パーク横のレストランで昼食。
カレー風味のとんこつラーメン。

ようやくアミティ・ヴィレッジのJAWSには、
子供も身長制限なく乗れる。
大人として乗ったときには、子供だましと感じたが、
今回は、十分、子供の悲鳴と共に堪能。

スヌーピーSTで雨をしのぎながら、
ピーナッツコミックのキャラと一緒に子供と写真。
子供、ディズニーでは恐れをなした、
キグルミに対する恐怖心無くなっている。

劇場の生ライブ、
ユニバーサル・モンスター・ライブ、ロックンロールショーへ。

俺は3度目。
いつも並ぶことなく入場出来るが悪くない。
日本人のビートル・ジュースがDJで、
アメリカン・ダンサーがホラー映画のコスプレで、
ロックのヒットナンバーを歌い踊る、子供もご機嫌。


再び、入り口近辺に出直し、
行列に並んで、セサミストリート4Dムービーマジック。
俺が体験した3D映像のベストは、IMAXシアターであったが、
簡易なハリウッド・サングラスをかけるだけで、
アメージングな立体映像の出来。

さらに水滴、座席の衝撃、風などの体感を加える趣向。
いやはや、あまりの素晴らしさに、
さらに隣の・シュレック4Dムービーマジックにも行列で並ぶ。

15時半、アニマル・アクターズ・スタジオへ。
なんとか最終回の動物ショーに入れてもらう。
終了後、TBS小林くんの知り合いの、
動物調教師のエドゥインさんを訪ね、
子供と猿や犬との写真を一緒に。
皆さんの親切に感謝。

春の嵐のように雨脚強まり、体が冷え切り、
ここらで観念。

E.T.ショップで、ぬいぐるみ、
E.T.孫の手、クッキー缶を買ってから退散。

ホテルの部屋に避難したが、
10階の部屋からの眺めは絶景。
カミさんは、スカイスパのコクーンへ。
ポッドキャスティングで、
勝谷誠彦の『コラムの花道』、聴きながら、mixi 。

ホテルの向かいのショッピングモール、
BENETTONのSALEで大漁、買い物。
横の回転すしで夕食。

子供と一緒にスカイスパで風呂。
「ええ、あんばいじゃー!」とリラックス。

風呂を出て、夜景見ながら、ジントニックで乾杯。
子供、牛乳でつきあってくれる。

部屋でも子供、E.T.の人形抱いて大はしゃぎ。
トイレに立て篭もり、
「E.T.おうちへ かえりたい」
「E.T.ホン、コール」と言うところ、
「E.T.ホン、よみたい」と言うのは笑った。

『報道ステーション』見てから、就寝。

《 USEN宇野社長、フジ所有のライブドア株95億円を個人取得 》
《 岡本被告52日ぶり保釈…逮捕されたライブドア幹部5人の中で初 》
《 まさに特需!サッカーW杯の国内経済効果は4800億円 》
《 WBC日本、韓国に連敗!イチロー無念「最も屈辱的な日」 》


3月17日  金曜日

6時、ホテル起床。

一人で37Fスカイスパへ。
貸しきり絶景眺めながら朝風呂。

昨日、一日中、子供を抱いていただけで、
前腕の筋肉がパンパン。
お母さんは、これが毎日なのだから、グレートだ。

9時、荷物を東京へ送ってから、
チェックアウト。

ユニバーサル駅より環状線で大阪へ出て乗り換え、
新大阪駅で、カミさん、子供と別れる。
二人は倉敷へ。
癌闘病中の父の見舞いに顔を出してもらう。
感謝。

新大阪よりJR京都線で京都へ。
在来線の一人旅気分。
『官の錬金術』読みながら。




10:30京都駅八条口に集合、
赤江くん(玉袋)後藤マネ、と合流

テレビ朝日『ドスペ!小倉智昭の特命調査隊2』
今回は、税金の無駄使い、天下りがテーマ。

ロケバスに乗り込んで一時間、
奈良と京都の県境に建立された、
悪名高い『私のしごと館』へ。

このテーマでは、すっかりお馴染みの建物。
首相官邸でも、総工費350億なのに、
このハコモノの総工費の580億円――。
お金の出所はサラリーマンが汗水たらして働いて納めた雇用保険料。
本来失業保険で払われるはずであったお金だ。

その広さに度肝を抜かれるが、なんと8万3千u!
東京ドームがおよそ2個分。
ディープインパクトの全力疾走でも
1周1分以上はかかる超巨大施設。



赤江くん(玉袋)がフリーター3人を連れて、
此処で正業に就く学習をさせる態のロケ。

俺、竹刀をもって待ちうけ、
フリーターたちの鬼教官役で。



オープニング、
テンションあげて、建物前で大声あげて、竹刀を振り回す。
カメラが無ければ、ただの気狂いだ。

ガラス張りの広いエントランスに仰天!!
なにしろ、床のべ面積3万5000u。
新空港と見間違えるような吹き抜け。
建築デザイン的にも凝りに凝っている。



入場料700円で館内へ。
さらに施設内の体験コースにも有料のものもある。



施設側の案内人、無愛想、極まりない。
無論、このテーマで、テレビで取り上げられれば、
揶揄され、悪役になるのは不愉快なことであろうが、
もともと開示義務があるのだ。
それにしても……。
役人的鼻持ちならない横柄な態度、
温厚でなる、この俺が、久々に"キレ"そうになるほど。
さらに、もう一名の段取り組んでいる役人。
その仏丁面からいけすかない物腰まで
今も残像に残るほどだ。
二人とも挨拶程度の愛想の一つも言えない。
コリン・ウィルソン言うところのロボットなのだ。

仕事体験ゾーンでは、
さまざまな職業、会社の職種に分れて紹介する。
例えば、旅行代理店なら、総務、広報、経理などが
タッチパネルのモニターでクイズ形式で説明される。
が、中身は無味乾燥な展開で、
誰もこんなVTRを見るわけが無い。





工場ゾーンでは、旋盤を体験。
これもシュミレーションゲーム仕立てであるが、
明らかにゲーム性もない。

大型建設クレーンの運転シュミレーションは、
ガンダム&電車でGO的なダイナミックさはあるのだが、
この設置費用に、なんと3億以上をかけていると思うと、
あまりにも馬鹿馬鹿しい。

仕事の歴史を遡る歴史ブース。
まるで蝋人形館。
見せ方を工夫すれば、それなにり、面白いはずなのに、
ディスプレイ、説明が不親切。
むしろ、突っ込みシロが多すぎて面白い。

先生が常駐して実地訓練をしてくれるブースは、
それなれに楽しめる。
美容師体験は、実際の美容師が講義してくれるし、
ここで講師として働く人たちは懇切丁寧。

消防館では、元・消防士の先生が厳しく指導。
全て本物の消防服などを着用し、
消火訓練を体験。



講師の「怪我をするから」と本番さながら、
手を抜かない真剣そのものの、
そのプロ意識には頭が下がる。

むしろ、こういう場所で、
物見遊山や、無気力連中をどやしつけるような、
こういう趣向だけにすればいいものを。


チャーリーとチョコレート工場風の
未来的デザインの、
職業コスプレのフィギアが飾られたワンコーナー、
不必要なほど豪華なクリスタルのディスプレーに飾られているが、
これが一体設置費260万だと聞くと呆れる。




巨大インターネットカフェとも見える、
PC80台!置かれた、仕事適正判断ルームでは、
自分のデータを入力し職業適性を見る。



しかし……。
こんな無機的な一問一答で、
職業適性がわかるわけがない。

修学旅行生などの利用客はいるようだが、
目的意識がある子供でも、
半日程度では、その真価が味わえるはずがない。

この建物、その莫大な建築費ばかりでなく、
年間15〜6億の維持費、人件費を垂れ流し続ける。



それにしても、案内した役人2人。
終始、実に迷惑気であり、
サービス業の観点からすれば、最悪な接客態度。
俺たちも、20年、さまざまなロケに出かけているが、
ここまで不誠実なのは指折りものだ。

こんな輩が、失業者や、見習の大人に、
仕事とはなんぞや?
を教えているのかと思うと、
とにかく、「責任者出て来い!」と声を荒げたくなった。

正直言って、職業選択なんか、
社会や学校や人との軋轢、摩擦のなかで、
人との出会いのなかから見出すものだ。
傷つき、挫折し、歯を食いしばって立ち上がり、
心から希求し、自己実現を獲得していくものだ。
こんなシステマティックに与えられるもんじゃない。

なんとか最後まで我慢したが、
STではO・A残るかどうかわからないが、
その憤激を語らせてもらおう。

京都へ戻り、
ロケバスに待ってもらいつつ、
京都ラーメンの老舗・『第一旭』でラーメンと餃子。
古き良き支那そば。

新幹線、帰りは、グリーン車のありがたみを再確認。
偶然、ガダルカナル・タカさん同乗。
DVD落としの『IWGP』
洋八の回、九州の回、と見進める。

東京駅からタクシーで家へ。

帰宅後、旅の間、溜まった用件、書類、もろもろ整理。
『ダカーポ』原稿など。

明日も朝からロケだ。

《 肉牛用で初のBSE感染…長崎県壱岐の繁殖用 》
《 春の嵐が電車止める…都心で最大瞬間風速32メートル 》
《 西村真悟氏「議席放棄できない」と辞職否定
《 人気ジーンズブランド『エヴィス』が約1億6000万円を脱税 》
《 WBC王ジャパンに神風!失点率0.01差で準決勝進出 》
《 ウィニー被害続出…今度はフジテレビで個人情報流出 》


3月18日  土曜日

8時45分、テレビ朝日、集合。
草野★キッド』ロケ。
平塚の東海大学キャンパスへ。
車中、原稿とmixi (ミクシィ)。
ロケ日和。
差し込む陽光は汗ばむほど。

一本目「草野仁 62歳の挑戦、マスター陸上への道」

番組開始当初から60歳以降の夢として、
草野さんが語っていた企画が、ついに始動。

『GET SPORTS』風オープニングで、
180日後の参戦を宣言。

東海大学の陸上グランドで草野仁アスリート伝説を検証。
それにしても、
草野さんの45年前の高校時代のベストタイム11秒2は、
コーチなしの我流、グランド環境、
シューズやウェアなどスポーツグッズの進化を考えれば、
今の記録で言えば、
10秒台前半、日本代表レベルではないかとの話。

陸上競技は孤独。
そこで、一緒に苦楽を共にする、
チーム草野結成を宣言。

陸上メンバーとして、
芸能界一の韋駄天ランナー、
100メートル=10秒89を持つ井手らっきょが加入。



加入の条件としてフリチンを封印され、
持参の天狗を、ラストコンサートの百恵の如く地べたに置く。

そして、コーチとして高野進さんが登場。
日本陸上の第一人者、オリンピックに3度出場。
現在、東海大の助教授にして、
末続慎吾選手のコーチでもある。

トレーニング理論も熟知していて、
最新理論によるウォーミングアップ方を教示していただく。
体の使い方、噂のナンバ走り、ハードル、竹馬なども利用。

50メートルを計測。
俺は小学校4年以来のことだから、30数年ぶりのこと。

そう言えば、井手さんとの会話。
「おまえくらい、スポーツ音痴で何か得意なものあるの?」
と真面目に聞かれる。

『博士の異常な健康』のあとがきにも書いたが、
軍団に入って以来、俺たち浅草キッドのキャラは、
「軍団史上最もダメな運動音痴&虚弱体質コンビ」であった。

確かに球技は全般的に苦手であり、
部活経験なしと野球が下手だったのが致命的であったが、
しかし、俺自身が不満なのは、
もともとは運動音痴ではないことだ。
小学校の頃は、運動能力テストは1級であったし、
ずっと体育は5だったのだ。

ただし、そのなかでも、陸上。
短距離は平均値以下だった。
一度だけ計ったときの記録は9秒ジャストで、
クラスでも遅いほうだった。
で、今回、一回きりの計測。
自分でも35年ぶりの全力疾走なので、
走れているのかどうなのか?
頭のなかには、ターミネーターのT-1000をイメージ。

まるで、小学生の頃の自分に向けて、
時間を逆行して駆けているような錯覚に襲われつつ。

結果は……
意外にも7秒5の好記録。
44歳になる中年にしては上出来ではないだろうか。
というより、これは俺の人生で最高タイムだろう。

個人的には、これにも、バイオラバーやジム通い、
加圧トレーニングの効果を感じないではいられない。

俺も年齢的にはマスターズ陸上なのだから、
今後も記録を伸ばせそうだ。

2本目、八王子、高尾に移動。
ロケバス車内で、
『ダカーポ』原稿、IWGP、DVDで見続ける。

高尾スターレーンへ。
『第2回 筋肉スターボウリング』
パッション屋良、中西学選手、
ガリットチューの福島くん一緒。

中西選手が渋滞のため遅れ、待ち時間あり。

手塚治虫先生の物真似キャラ、
ガリットチューの福島くん、
初対面だが、芸人腕相撲最強を誇る力自慢。
フライパンを半分に折る、驚異的な持ち芸も披露。

中西選手と、腕相撲のガチンコ対決は
オーバー・ザ・トップのド迫力、見物であった。

もともと、福ちゃんは、柔道2段ということだが、
現在では10年以上、筋トレ、運動経験なしと言うのだから、
世の中にはナチュラルに強い人がいる、良い実例だ。

ボウリング勝負は、
草野さんの力自慢の見せ場もありつつ、
300本ボウリングで決着に……。

タイムアップの飛び出しで高尾駅へ。
ホームで「直久」の醤油ラーメン、カレーセット。
中央線、中央特快に乗り込み、新宿まで移動。

タクシーに乗り換えて渋谷のNHKへ滑り込む。

NHKハイビジョン
地球☆ゴーラウンド』恵俊彰、安倍アナ司会。
〜奇跡の星、地球〜
本日が最終回。レギュラー陣勢揃い。
デーモン小暮、ますだおかだ、クリス・ペプラー、
パックン・マックン、濱田真理、
麻木久仁子、熊谷真美、一緒。

最終回という事で、モンスーン・カフェで打ち上げ。
デーモン閣下、増田くん、麻木さん、濱田さんなどと同席。
主にパパ、ママ業会話。

麻木さん、恵ちゃんの会話はTHE芸能界を思う。

NHKの方とも話をすれば良かったと思いつつ、
タクシーで朝2時帰宅。
車、ロケバス、電車、50走、タクシーと、
移動し続けた一日であった。

《 「介護に疲れた」…老人介護施設女職員が自宅に放火し母殺害 》
《 郵便受けになんと1100万円!岡山県61歳宅に大金が投函 》
《 生乳1000トンを生産過剰で処分−ホクレン農業協同組合 》


3月19日  日曜日

8時起床。『アサイー』ジュース。

10時半、スズキ秘書送り、六本木、Dコンへ。
SRS』青山Dの回。

Dコン(製作会社)の一室でオープニング撮影後、
ロケバスへ。
町田の玉川学園、『総合格闘技 木口道場』へ移動。

丁度、日曜日、子供クラスの真っ最中。
いつか子供を、木口道場にも入れようと思っている俺は、
無論、興味津々で親御さんの気持ちになって、
その授業振りを見入る。

今、総合格闘界で、
木口宣昭会長の名伯楽ぶり、
そして、木口道場の"虎の穴"ぶりは、既に伝説である。
なにしろ、昨年の大晦日、
TBSの『HERO'S』、フジの『PRIDE』男祭り、
2大日本人王者決定戦の黄金カード、
山本"KID"徳郁vs 須藤元気、
五味隆典 vs 桜井"マッハ"速人
この4人が全て木口道場出身だったのだから。



俺も、この道場を取材で訪れるのは3度目。
毎回、驚くのは、その道場の狭さである。
なにしろ、わずか、50平米、20坪弱の大きさである。

そこで、例えば今日なら、
小学生、小学生以下の子供が10人、
小学生以上6人、
先生、コーチが3人、
親御さん、関係者が6人、
計25人以上が、ひしめいているのだ。
しかも、この狭さのなかで、
二人一組の本格的なスパーリングを、
5箇所くらいで、一斉に行う。



これで、よく接触事故がおきないものだと思うが、
木口先生曰く、
「これだけ狭いところでやるからこそ、
 人の気配や、危機を察する感覚が磨かれる」
とのこと。

2時間の練習の後半の45分を見学したのだが、
ため息が出るほど、中身の濃い練習。
特に小学生には、「ここまで子供が出来るのか?」
と思えるほどの激しさである。

なかでも、先生とマンツーマンで稽古をつけられている
少年は一際、目を引いた。
タックルでぶつかっては、マットに叩きつけられ、
立ち上がっては、再びタックルを捕りにいく。
その果てしない繰り返し。

聞けば、
この少年、竹中ケンシロウくん、小学校4年で、
子供のクラスの全国チャンピオンとのこと。

果てしなく続く、タックルのそのひたむきさに、
改めて大人の俺が教えられることの多さを実感し、
見ているだけで涙がとまらなくなる。

わずか20坪、こんなちっぽけな空間にどれほど、
人生や、仕事や、闘うことの意義が埋もれていることか。

わたしの仕事館とは大違いなのだ。

全く、素晴らしい光景を見た。
例えて言えば、ファインディングニモを見た、
感動の5倍くらいの衝撃を受けた。

木口先生に挨拶後、
本格的に、五味隆典選手に「強さの秘密」をインタビュー。



「レスリングとボクシングを同時にやる」
「空手を習っている」
「対戦相手のビデオを穴があくほど見る」
「右も左も使える」
などのフレーズのフリップを見ながらのトーク。

口下手と言われている五味選手ではあるが、
言葉を尽くして真摯に答えてくれる。
強さの持つ人格や、境地が作る言葉は、
独特の霊性、つまり言霊を帯びている。
そして、言葉に飾りがない分、
言葉のスピリットを意味づける、俺たち自身だ。
言葉が含む意味の大きさに有意義なインタビューに。

帰途、車中、WBC準決勝 vs韓国戦、見ながら。

折角の日曜日なので、
強風が立つ北3丁目の公園で、
カミさん、子供と待ち合わせ。

家飯。
レタスときゅうりのJJ風サラダ
しらすと万能ねぎのにんにくドレッシング
だし巻き玉子の大根おろし添え
ミートソース

HDDチェック。
『サンジャポ』、『ブロードキャスター』(WBCに一色)。
『NHKスペシャル 〜ホリエモン、虚飾の暴走』
『バース・デイ』(亀田興毅)

《 王ジャパン、韓国粉砕し世界一に王手!福留殊勲の代打V弾 》
《 仏デモ最大規模の150万人に…一部暴徒化、52人負傷 》
《 民主党・野田氏が謝罪…自民党とライブドアの闇は未だ存在か 》
《 「ウィニー」通じた愛媛県警の捜査資料流出、4400人分に 》


3月20日  月曜日

5時半起床。
二度寝、試みるが無理。
HDDチェック。
『アサ秘ジャーナル』
『SRS』
『平成教育』など。
DVD落しの『IWGP』、
ついに、十手の回、最終回の士(サムライ)の回を見終える。

最終回に向けて、殺人事件の謎解き、
二重人格などのミステリー仕立ての作りは、
当時はともかく、今でこそ、もたれるのだが、
とにかく、今、改めて見るからこそ、この配役……。
長瀬智也、窪塚洋介、坂口憲次、渡辺謙、妻夫木聡、小雪
加藤あい、山下智久 ……
よくここまでと思えるほどのラインナップに
今更ながら目を奪われるし、
その後の個々の活躍を思えば、
スタードラマとして機能、
脚本、演出、配役まで先見性は凄いな。

窪塚洋介の耀きぶりも、まさにキラキラであるし、
長瀬智也は、今も最高のスター俳優だ。

カミさん子供、妊婦検診へ。
どうやら女子の模様と。
(とは言え、あそこが隠れている場合もあるので男子の場合もある)
タケルではなく、アヤになりそうだ。

カミさんは大喜び。
「タケちゃんが活発すぎるから、おとなしい子が欲しいもん」と。

正直、俺は男の子が欲しかったのだが、
頭をシフトチェンジ。
もう教育方針をシミュレーションする。
それどころか、
もう娘の結婚式を妄想し、
おろおろしているのだから……。


昼、代々木上原、『コーヒー・プラハ』へ。
カレー好きには有名店、
一度は行っておきたいお店。
TBS古谷さんの日記読んでいるうちに行きたくなった。
野菜カレー、チキンカレー、タンドリーチキン・プレート。

カレールー手間隙かけた、しっかりとした濃厚な味。
古谷さんの指摘通り、
ターメリックライスとの相性に好き嫌いあるな。

車内のナビに入ったサンボマスターの映像に子供。
「サンボマスターだ!」と言いつつ、
山口くんのМCの声マネ。
一年ぶり。よく覚えているものだ。

春の日差しのなか、代々木公園へ。
子供、アイスクリームを頬張り、
駆け回り、中央の噴水を周回。
あっちこっちへ動き廻り、大人が追いつかないほど。
水飲み場でびしょ濡れになり、
あまりに帰りたがらないので、
カミさんが姿を消すと子供大泣きに。

義妹、マキちゃん来宅。
カミさん、子供、マキと一緒に
和風居酒屋メニュー。
『ごちそう亭 阿津満』へ。
しらす大根おろし、春巻き、生湯葉包み蒸し、小龍包、
茄子のあんかけ、エリンギベーコン、などなど。

マキちゃんとの子供と別れのシーンは、
毎回、涙のドラマ。

DVDで映画の『OUT』観了。
あの長大な原作を2時間にどう閉じ込めるか?
興味を覚え、4人の中年女性の配役も気になりレンタル。
前半、自分の文字上からの想像と
実際の映像との比較に、十分楽しめる。
途中から、テルマ&ルイーズ的な友情話に、
すっかり原作を換骨奪胎しているのだな。

本日は『博士の異常な健康』発売日。
主に業界関係者からの読了したとの報告相継ぐ。
K氏、U氏、F氏などなど。
言葉を尽くした感想を頂く。
タレント業は、現場の一期一会に過ぎないので、
こうした、言葉の交流は、大変に嬉しく光栄なことだ。



《 またまたまた…埼玉でごみの中から500万円“落とし物” 》
《 J1川崎・MF茂原、女性宅に侵入逮捕…ベランダから指紋 》
《 “矢ガモ”3羽に…不忍池で新たに2羽確認 》   
《 WBC準決勝・日韓戦、瞬間最高視聴率なんと50.3%! 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る