4月21日  金曜日

昨晩はライポからTEL。

9時起床。
体調悪いまま、引き篭もり。

DVD『親切なクムジャさん』観了。
パク・チャヌク復讐3部作のラスト。
変幻自在、時間軸バラバラの構成に戸惑う。
吸引力ある絢爛たるテクニックではあるが、
3部作のなかでは俺的には難。




スズキ秘書運転、15時半、TFM入り。

行きすがら、本日出演する『48HOURS - ヨンパチ』聴きつつ、
МCの鈴木おさむ氏。
FMの仕事をしているとは知らなかった。
言わずと知れた、森三中・大島の旦那であり、
今、まさに旬のブスの瞳に恋している作者でもある。
俺の前のゲスト、三船美香さんとの対話、
互いの"異常な結婚"ぶり、嫁バカ、夫バカぶりを衒いなく話す、
その"ネアカ" ぷりに笑う。
なかなか、このトークは出来ませんよ。

スタジオで三船美香の1歳半の娘さんに遭遇。
可愛らしい。

16時より、生出演。
鈴木おさむ氏、木夏リオさんと
『博士の異常な健康』話に20分終始。
鈴木氏、事前に、ちゃんと本を読んでいて的確に話。
仕事の出来る人との印象。


『ビートニクラジオ』で一緒に仕事をした、
服部さん、増山さんの姿も。

控え室、アスペクト小関さん、臼井さん来訪。
『博士の異常な健康』重版の訂正について話。
ずっとアマゾンのランキングに入っていたのに、
【品切れ】になると、突如ランキングから消えた理由がわかった。




『CIRCUS』誌、取材。
博士の異常な健康を踏まえて積極的な質問。
有名人の健康法についてコメント。

そう言えば、スズキ秘書作成のHPの告知を見ていて気が付いたが、
今日は俺、テレビラジオ出まくりなのだな。
一日5本は確かに記録だ。

13:00〜 「よんぱち 48hours」TOKYOFM 16時生出演
19:30〜 「週刊お宝TV」NHK−BS11 柔道一直線を語る
23:30〜 「僕らの音楽」フジ サンボマスターと対談
25:00〜 「ランキンコロシアム」テレビ東京
26:20〜 「SRS」フジ K-1ラスベガス大会情報

家飯。キムチ鍋
にんじん小松菜もやしナムル
納豆キムチ
えびコーンにんじんかき揚げ

どうも、風邪が治らないのは、熱が出きらない感じ。
もっと汗をかきたいのに中途半端と思っていたところ、
汗噴出す事態に。

夜、子供、夫婦の会話を聞いていたのだろう。
「ぼくもサンボマスターみたい、みたい!」
と言い出し、寝かしていたところ、
あえて夜更かしして『僕らの音楽』を3人で一緒に見ていたら、
グルーチョ曰く
「私を会員にするようなクラブには入りたくない」病なのか、
恥ずかしくて、どーっと汗が噴出す。
いやいや褒められ過ぎて、俺、空にまいあがっている。

途中、サンボと真心の共演で、「空にまいあがれ」。
そう言えば、 10年前の本、『博士の異常な愛情』は、
あとがきで、 真心ブラザーズの『キング・オブ・ロック』に捧げ、
昨年出版の『本業』は、サンボに捧げたわけだ。
そういう意味でも、ここに出演できたことは感慨深い。

《 岐阜・中津川、中2女子殺害…知人の15歳少年を逮捕 》
《 “騒音おばさん”河原美代子被告、実刑懲役1年 》
《 巨人・李が逆転サヨナラ弾!06年のGT第1戦死闘延長制す 》
《 男子ゴルフ、杉原プロ68歳10カ月で最年長予選通過記録を更新 》



4月22日  土曜日

9時起床。
まだ体調悪いまま。

子供、カミさんと共に、石井カイロプラクティックへ。
ゲルマニウム温浴、初体験。汗かく。

子供、石井さんの子供、晴くん、天くんと遊び回る。

『あまから亭』へ。
たこ焼き、ソバオム、お好み焼き。

地下の仕事部屋、
空気を入れ替え、掃除機をかけ、布団を干す。
しっかり食べて、しっかり睡眠。
合間は読書とHDDチェック。

病床で静かに暮らしているのは苦にはならないのだが、
子供とじっくり遊べないのが難。

家飯。
牛肉のたれ焼き
豆もやしの炒め
塩茹でブロッコリ
しじみ味噌汁

《 竹島問題、日韓“中止”で合意…日本は海洋調査見送る 》
《 小泉Vs小沢の“代理戦争”いよいよ投開票…衆院千葉7区補選 》
《 「リンダリンダ」から20年…甲本ヒロトがソロデビュー決定 》
《 笑いをありがとう、円楽が「笑点」降板…春風亭昇太が新加入 》



4月23日  日曜日

7時起床。二度寝。
まだ喉の調子悪いまま。
どうなってるの?

読書三昧。
たまたま読む雑誌で絶賛の書評を目にするのが続いて、
目の前に送られたものがあったので手にとった、
『チーム・バチスタの栄光』――。



「第4回 このミステリーがすごい!大賞受賞作」。
一部には、今世紀最高の新人とも書かれている。
普段、ミステリーも医療ものも全く読まないだけに、
我ながら珍しい。

表題の心臓移植の代替手術である「バチスタ」なる言葉も全く知らず、
しかも専門用語だらけの手術の術野の模様や、
今まで興味を抱いたことの無い大学病院の人間模様を描き、
ほぼ会話劇だけで、最後まで読ませる手腕は見事であろう。
しかし、「キャラが立つている」ことで賛美される
不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥の役柄、
特に白鳥は、奥田 英の『イン・ザ・プール』の
精神医・伊良部一郎と並び称されるが、
両者ともに、俺はそれほど「キャラ立ち」を思わないのは、
小説以上にキャラ立ちだらけの芸能界にいるからだろうか?
と思ってしまった。


続いて、『オシムの言葉』――。



『オシムの言葉』の著者は木村元彦さん。
AERAの「現代の肖像」に、俺、水道橋博士を取り上げて、
実直にも一年間、密着取材されたルポライターである。
俺なんか取材してて大丈夫なのかしら?
とは杞憂であった。

いまや、最新刊の『オシムの言葉』はベストセラーだし、
青少年読書感想文全国コンクールの課題図書になり、
このたび、ミズノスポーツライター賞を受賞。

題材がサッカーだったので、今までチラリ読み程度だったが、
これを機会に病床で読みふける。

HDDチェック。
『サンジャポ』
『サンプロ』
『スタメン』

TBS新番組『ぴーかんバディ!』初回SP、オモロ。
最新医学の論文説、出し惜しみ無く。
また、『博士の異常な健康』的テーマも数々。
超音波ダイエットやってみたい。
DVD落としの保存版に。

夕方、義妹・ナオちゃん来宅。

風邪対策をかねて、
久々に、にんにく生姜たっぷりの薬膳カレー作り。

夜、千葉7区補選、民主党勝利の報。
小沢代表初陣勝利。
思えば、鳩山御殿の桃園の誓いならぬ、桜園の誓いは 効を奏したのだな。
桜の木の下は前原代表の死体が埋まっている。

子供と風呂。ぶくジャン360回。

《 民主が超接戦制す!955票差で太田氏当選、自民出遅れ響く 》
《 イーホームズ藤田社長の逮捕状を請求…耐震偽装事件 》
《 新庄キング5号弾!引退宣言後初のホームで『SHINJO劇場』 》


4月24日  月曜日

9時起床。
爽快起床。やっと風邪退散。
これで子供と思いっきり遊べる。
折角、休みが続いていたのに……。
失われた一週間であった。

午前中、カミさん、妊婦検診――。
どうやら「逆子の模様」と。
このままでは「帝王切開」になるとか。
しかし、まだ逆転の可能性もあるので、
いろいろ方策を練る。

子供と留守番、DVD見ながら。

「ロード・オブ・ザ・リング」〜「チャップリンの短編集」〜
「ジェリールイスの底抜け……」〜「ターミネーター3」
「ロボコップ3」〜などと細切れで見ながら。

スズキ秘書運転、
カミさん、子供と、 我が家の桃源郷でもある、平和の森公園へ。

子供と外周を2周ランニング。
結構な距離だが子供、完走するのは頼もしい。
芝生でゴロゴロ、
天気も良く至福の時間。
久々に写真も一杯撮影。

『ライフ』で買い物。
新たな調合用に、 各種、ふりかけたっぷり取り揃える。

帰途、一人、車から降りて再びランニングへ。
病み上がりだが、
この一週間の「寝ちゃあ食い」で、
すっかり引退後のマラドーナ状態に。

オシムに「走れ!」と命令される暗示をかけて、
iPodでサンボマスター聴きながら、
中野〜新中野〜荻窪〜高円寺。
人生最長不倒時間更新、
90分ノンストップ走。
いやあ、新譜も良いですが、
一番、俺を走らせる楽曲は、『熱中時代」だな。
我を忘れ、奇声を発しながら走る。

汗だく一風呂浴びてから阿佐ヶ谷『潮州』へ。
一年ぶりくらい。
小さな店ながら、
この地域指折りの中華の名店。

あさりのXO醤炒め
焼き餃子
イカと野菜のXO醤炒め
レタスチャーハン

子供と遊んで美味いものを食べられる
その健康のありがたさを実感できるだけでも、
病気は反面教師だ。

風邪が長引く体質不全は、
博士の異常な健康の作者として、
いろいろチェックして抜本的な対策考えるつもり。

HDDチェック。
『テレビタックル』
『報道ステーション』
(四国リーグに所属する松坂大輔の弟の話、感慨深い)
『アメトーク』(アメファミリー)

《 日本の負担は7100億円…米海軍基地グアム移転問題 》
《 原因は道路工事、レールの変形で山手線がストップ、32万人に影響 》
《 つんく♂が25歳モデルと“お見合い婚”…メンバーも祝福 》


4月25日  火曜日

9時起床。
朝から薬膳カレー&『アサイー』ジュース。

今日もジックリ子守。

昨日のロングランで踝(くるぶし)
あたりは疲労骨折したかのような痛み。

足を引きずりながら買い物に出た矢先に落雷。
「言うこと聞かないと雷さんに怒られるよ!」
天変地異に怖がる子供に暗示。 これがよく効く。

昼、食べたのは、じゃがいもとチキンのローズマリー風味――。
これ我が家絶賛のアマサキさんのレシピ。
そのまま引用すると。

 料理本のスタイリスト、高橋みどりさんの
 『伝言レシピ』という本に、すっかりはまっています。
 先日、誘惑に負けてこの本をお買い上げになった(笑)、
 料理本フェチ仲間のひなきちさんが、
 「じゃがいもとチキンのローズマリー風味」
 をすすめてくれました。
 この料理は、材料も工程も超シンプル。
 その上、とびきり美味しいのです!

 厚手のなべを用意します。
 (高橋みどりさんは、ル・クレーゼを使用)
 じゃがいもを皮付きのまま、なべに入れます。
 小さいものなら、まるごと5〜6個。
 大きいものなら、2〜3個を、4つくらいに
 カットしてください。
 鶏もも肉1枚を食べやすく切り、
 じゃがいもの上や周囲にコロコロ入れます。
 塩を「ちょっと多いかな」と思うくらい、
 全体に振り掛けます。
 ローズマリー2〜3本を適当にちぎって散らし、
 オリーブ油を大さじ2位、回しかけます。
 落し蓋状にアルミ箔を乗せ、なべのふたをして、
 弱火で20〜30分加熱します。
 じゃがいもにスッと串が通れば出来上がりです。

 じゃがいもがホクホクで、鶏肉がジューシーで、
 全体にローズマリーの香りがいっぱい。
 幸せになる味です。
 これに、白身魚のムニエルと&シーザーサラダ
 なんかを添えたら、お誕生日のごちそうにもなりそう。
 なべに残った鶏肉の油で、
 ピラフを作る方法も紹介されていました。
 これも、美味しいに違いありません。

いや、これくらい簡単でありながら、
お店風の味になる料理は他に無いかも……。
と思えるほど、よそゆきの味で感心。
一回、作ってみ。絶対驚く。

夕方から、近くの小学校の温水プールへ。
スズキ秘書、子供と。

一応、4歳から〜と規定になっているので、
「たけちゃん何歳?」「4歳です!」のやりとりを
叩き込んでから出かけたが、
で、行けば、「オシメが取れてたら大丈夫です」とのこと。

子供に習い事の一番にやらせたのは「水泳」であったが、
教室に入れたものの、なにかと嫌がり長続きしなかった。
その分、お風呂で特訓を積み「もう大丈夫!」と、
連れて来たが、やはり最初は怖がる。
しかし、俺も夢中になってコーチしつつ、
1時間経つうちに、いつの間にか、
ヘルパーを巻いてなら深いプールにも入りだす。
<毎日来れたらなぁ>
と思わないではいられない。

夜も何処へ行く?となると、
今は、あのチーズチジミが夢にまで出てくる…
ここ数日、オモニが病気で閉店中とのことだが、
どうやら、また復活したと聞き電話したのだが、
「ワタシ、ムスメ、ダカラオナジアジデキナイヨ!」
とのこと。正直過ぎて微笑ましい。

結局、『東京感動料理店』〜極私的名店案内〜(昭文社)紹介の
阿佐ヶ谷のトルコ料理『イズミル』へ。

カルシュクメゼ(前菜盛り合わせ・なす、にんじん、ひよこ豆のペースト)
シシ・ケバブ。 アタナ・ケバブ(トルコハーブ入りのラムひき肉の串焼き)
などラム肉ケバブが絶品。
噂にたがわぬ名店で結果的には良し。

夜、子供と風呂&絵本。
今日は新しい靴が届いて、
ずっと部屋でも履いているのが可愛らしい。

《 むしゃくしゃを晴らすため…高2男子が71歳の写真店主を殺害 》
《 優しくなってほしくて…中3女子が担任の給食に抗うつ剤を混入 》
《 日本スケート連盟激震、理事8人引責辞任…不適切会計問題 》
《 カリスマシェフ・「リストランテ・ヒロ」山田宏巳が大麻所持で逮捕 》
《 阪神・濱中、バックスクリーン2発で10号一番乗り! 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る