5月11日  木曜日

5時起床。スズキ秘書送り、
6時半、文化放送入り、早朝ラジオ体操へ。

吉田たかよし プラス!』生出演。

要点整理、ホリエモン裁判の行くえ。
〜ホリエモンの個人的印象と親交についてコメント。

神出鬼没、「博士の流行スポット探検!
〜郊外の格安巨大倉庫店でお買い物」
〜コストコ、IKEAについてコメント。

そのまま8時半、新宿都庁へ
MXテレビ、『Tokyo Boy』ロケ。
『東京大マラソン祭り2007名所ツアー』2本分。
来年2月開催の東京大マラソンのコースを廻りながら、
東京名所地点にまつわるクイズを出題する。

松村邦洋、藤崎奈々子、共演。
俺、司会で、その他の出演者が回答者。
リムジンバスに乗り込み、
乗っては降り、降りては乗りの連続で、
都内ロケ地を周遊。
途中、藤崎奈々子、メークさんとIKEA話に興ずるも、
さすがに2時間睡眠ではもたず、断続的に眠る。

都庁〜市谷〜防衛庁前〜皇居周辺〜東京タワー周辺
〜品川、銀座〜東京駅丸ビル〜浅草〜両国〜築地〜
本願寺〜豊洲〜ゴールの東京ビックサイトの行程。

ロコモーションのスタッフのヒロセさんが結婚、
双子の母になる様子。育児話など相談に。

クイズはトリビア的に大変良く出来ていて勉強になり、
途中より、ケツカッチンの松村くんが
西川のりおで切れだすモノマネがツボ、笑い通し。

ロケ終了後、都庁にて、『アサ秘ジャーナル』打ち合わせ。
新企画路線など。

帰宅後、家飯。
疲労困憊でビール飲みながら、
ゴーヤ天ぷら、鶏と大根の煮物、キムチ餃子、
磯海苔とわけぎの味噌汁

子供と風呂、ぶくジャン200回。

疲れすぎて寝付かれず、
しつこく子供と遊んでもらう。

そう言えば、今週号の「SPA!」に
アメリカ脚本家組合が、 4月7日、
歴代の映画脚本ベスト101を選出したとの、
話題が載っていた。
記事ではベスト10までしか表記がなかったが、
当然、これが気になり、探したところ……。

http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-482.html

このリスト、101本完全採録で、
邦題まで調査していただき、ありがたいもの。

まず何本見てるか?の問題。
俺がまだ観たことがない映画は以下の13本。
19 アラバマ物語
24 エターナルサンシャイン
26 深夜の告白
27.恋はデジャ・ブ
29.サリヴァンの旅
31.ヒズ・ガール・フライデイ
34.成功の甘き香り
46.黄金
52.レディ・イヴ
77.アダプテーション
79.プロデューサーズ(たぶん、1968年)
84.プリンセス・ブライド・ストーリー
90.サイドウェイ

でも、これは"お楽しみはこれからだ"
と逆に楽しみになる。

《 とんでもないエロエロ警官!救急車内で負傷男児の母親を盗撮 》
《 森前首相が一本化を断念することを宣言…ポスト小泉総裁選候補 》
《 杉村太蔵議員が入籍、一家の主の責任は「太陽よりも大きい」 》
《 プロ野球、横浜・石井2000安打と1勝!!神様・川上氏以来2人目の快挙 》



5月12日  金曜日

8時起床。
ふりかけヨーグルト。
『アサイー』ジュース

連日、愛飲している、
この『アサイー』ジュース、
5月23日からampmとナチュラルローソンで、
ペットボトル版で発売になるらしい。
試供品、3種類を頂く。

カミさん、これは美味いと絶賛。
○マンゴミックス
○バナナミックス
○ストロベリーミックス

松浦歯科へ。
待って居る間、数週前の週刊文春の「イチローとチチロー」の記事。
偶然、目を通す。

鈴木家の英才教育は有名だが、実は経済的ゆとりがあったわけではなく、
二間の借家暮らしで、裕福な家庭ではなかった。
子供の頃から、自分の経営する工場の仕事を15時半に切り上げ、
毎日、イチロー練習を共につきあったチチロー。
周囲から奇人・変人扱いされながらも、
バッティングセンターへ通い詰め、
朝夕2回、子供の足の裏を揉み続けた。
(その二人の様子を陰ながら応援していた兄は、
 いつか親に家を建ててやろうと建築士を志し、一級建築士になる)
子供が全寮制の高校へ進むと、
中学時代からイチローを尊敬する一年後輩の生徒を、
マッサージ要員として高校へ入学させた。
自らも365日グランドへ通い、
バックネット裏から子供の練習を無言で見守り続けた。
そんな親子鷹であった二人が
大リーグ入りを反対したため、子供に疎んじられ亀裂が入った。
チチローは精神的なショックのあまり、しばし抜け殻になった。

そして、最近は、その父との関係を修復し、
いつものイチローに戻った。
だからこそ、自然体のWBCであった〜というような記事。

読んでいると、
チチローの気持に思いを馳せ、沁み入った。
そのうち、「小野さん」と呼ばれて椅子へ座った。
奥歯が沁みるので麻酔を打ち、神経を抜く治療。
チチローの話に沁み入っているところに、
今度はラジオから母の日についての、ささやかな美談が……。
歯の神経以前に、涙腺の自律神経が失調している俺は、
何故か涙がとまらなくなってしまった。
その様子に「……そんなに沁みますか?」と先生。
沁みているのは歯じゃないのだ。

昼、水沢うどん、ふりかけまぶし。

12時半、世田谷区・TMC入り。

楽屋で夕刊フジ、健康面の取材、撮影。
『博士の異常な健康』中心に。
熟練の女性記者、健康、予防医学に関する知識、取材経験豊富で、
俺の方からも、聞き込みも多くなり、アッという間に時間終了、
それでも、俺の現在の頭が
ヘアーコンタクトをしていると思っていた様子。
「えぇええ!!じゃあ、ホントにこんなに生えているんですか!!」と。

フジ『平成教育2006予備校』収録、
一時間特番。
今回は高学歴ゲストばかり。
一番無名のロザンの宇治原くんは京大法学部卒。

漢字検定問題スペシャル。
俺も漢字の"読み"には自信があるのだが……。

司会:ユースケ・サンタマリア、高島彩。
出演:劇団ひとり、スピードワゴン・井戸田、平山あや、
磯野貴理子、アリキリ・石井、
ゲスト:三谷幸喜、丸山和也、生島ヒロシ、西川史子
ロザン・宇治原史規、若林史江、一緒。

本番前、劇団ひとりと話。
ロケーションテレビと
俺の知らないポッドキャスティングに関する情報は貴重。

三谷幸喜さんと談笑。
先日、お送りした「コラムの花道、ビッグ3一年分」は
まだ聴けていない様子。
iPodの使い方をマスターしていないようだ。
町山智浩さんの映画評の面白さを語った俺に、
「でも僕の映画は酷評しているでしょ?」と。
どうなのかしら?
さらに、アメリカ脚本家組合の歴代の映画脚本ベスト101のコピーを
手渡し、映画談義。
三谷さん、「恋はデジャ・ブ」の上位を喜んでいたが、
これは、BAOH!さん、劇団ひとりも共通。
俄然、見たくなった。

収録終了後、

生島さんに本進呈。
生島さんは健康に関するエキスパートだけに、
読後の感想、興味深い。

2本目のゲスト、ラサール石井さんと話。
俺は勝谷誠彦氏との対談集『1・5流が日本を救う』について。
あんな名著も絶版らしい。
「『お笑い男の星座』の君の掛詞を駆使する文章は歌舞伎に通じるから、
 歌舞伎を書いてみたら」とも。

とはいえ歌舞伎は全然わからない。

ブラックマヨネーズの小杉君とも遭遇。
殿から、「あいつの髪の毛を生やしてみろ!」と命令されていたのだ。
向こうも、殿に言われていたみたいで渡りに船で本進呈。
確かに、薄毛ではあるが育毛サイクルが残るハゲ方なので、
再生の余地がある。
同じ方法で生やしてみたい。

帰りは恒例のウォーキング。
TMCの帰りは2時間半かけて
iPodを聴きながら歩くのが、楽しみになっている。

今回は、趣向を変えて、志ん朝の「文七元結」聴きながら。
中野翠の『今夜も落語で眠りたい』(文春新書)読んでいたら、
俄然、聴きたくなった。



毎度、車が無い環境である、
「江戸時代、江戸時代」と言い聞かせながら歩くのが、
落語を聴きながらだと、ホントに街道を歩く気分だ。

丁度、吾妻橋で、長兵衛が、文七に出会うくだりのとき、
丁度、俺の目の前にも見覚えのある男がガソリンスタンドから、
車で出ようとしていた。

なんと桜庭和志選手だ。
足を止め、しばし雑談。

移籍のこと、道場のこと、永盛さんのことなどなど。
最後は握手をして別れる。

車ですれ違っただけなら、きっとこんなに話せることはないだろう。
だからこそ、こうやって歩いているのは、出会いがあるのだ。

落語を聴き終えると、コラムの花道へ。
俺が文化放送で、IKEAについて語った同じ日に、
辛酸なめ子さんもIKEAについて語っていたので印象的。

和田堀公園の大宮八幡宮で
方角がわからなくなり、道に迷い、ずいぶんのロス。

結局、高円寺着は3時間を超えた。

『ホルモンスタジアム』でカミさん、子供と待ち合わせ。
ホルモン好きのカミさんサービス。
関西ではなく、九州スタイルのお店。値段もリーズナブル。

ビールと共に、
牛・サンドミノ、上ギアラ、牛丸ちょう、シマちよう、
レバ刺し、豚カルビ、豚・がつ芯などなど。
サンドミノが一番好み。

桜庭選手の話をしたら、カミさんも吉祥寺の動物園へ行く途中に、
桜庭選手に遭遇したとの偶然。

子供と風呂。動物園帰りなのに自分でやりたがり、
ぶくジャン430回新記録。

子供と絵本、暗誦絵本のレパートリー増えているのに感心。
そう言えば、昨日、
PCのマウスを使いこなすのは知っていたが、
機関車トーマスのHPを自分で開き、
神経衰弱のゲームをこなす様子を目撃。
「以前から……」とのことだが、俺は初めて見た。
子供がゲームの概念を理解出来ているところに驚く。

子供の「初……」を見るたびに新鮮な感動あるが、
いつか、イチローとチチローのようになると思うと、
切ない気持ちになる。

《 北朝鮮船を捜索、覚醒剤数百キロを密輸入か…韓国人らを逮捕 》
《 「母の日」に衝撃!中国が日本のカーネーション品種を違法栽培? 》
《 福田氏が米副大統領、国防長官と会談…ポスト小泉に異例厚遇 》
《 元サザン大森隆志、覚醒剤所持で逮捕…「入手先言えない」 》


5月13日  土曜日

8時起床。
『アサイー』ジュース。

またしても、雨模様。

昼、カミさん、子供と、「四国屋」へ向かうが本日閉店。
代わりに『COCO一番』へ。
俺生まれて初めて。
ホウレー草ビーフカレーに海老トッピング。
スープカレー。
なるほど愛好家はさまざまなトッピングと辛さを、
自分でブレンドするのだろうな。


夕方、「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
大江、宮戸先生、不在の日、
腹筋、背筋、加圧など。

また運動不足気味、
物足らず、エアロバイクai70分 380K
汗びっしょり。

HDDチェック。

WBC世界Sウェルター級タイトルマッチ
○オスカー・デラ・ホーヤ(6回 TKO)リカルド・マヨルガ×


※デラ・ホーヤが1年8カ月ぶりの現役復帰戦で、同級王座2度目の返り咲き

史上初の6階級制覇を達成したスーパースター
通称「ゴールデンボーイ」

「トップファイトに入る勝利。僕の奥さんや子供をマヨルガにバカにされ、
 火がついた。自分にはそういう気持ちになる相手が必要だった」。
すでに前人未到の6階級制覇を達成。
自ら設立した「ゴールデンボーイ・プロモーション」も軌道に乗り、
ドン・キングや、かつてコンビを組んだボブ・アラムと並ぶ
大物プロモーターに成長した。
生涯の総収入は2億ドル(約225億円)以上。
今回、800万ドル(約9億円)を受け取ったが、
それが闘争心をかき立てられた要因ではなかった。

今回は"限定2試合"の復帰ファイト。最終戦は9月を予定。
"引退マッチ"は、総額1億ドル(約112億円)ともいわれる超メガファイトとなる?!

1973年2月4日、米・カリフォルニア州モンテベロ生まれ、33歳。
92年バルセロナ五輪・ボクシングで米国に唯一の金メダルをもたらし、
同年11月、「ゴールデンボーイ」の愛称を引っ提げ、鳴り物入りでプロ転向。
94年3月のWBO世界Sフェザー(57.15Kg)級から始まり、
ミドル級(72.57kg)までの前人未到の6階級制覇、
計10個のタイトルを奪取。42戦38勝(29KO)4敗。
1メートル79、右ボクサーファイター。


子供も一緒に、この世紀の一戦を。
強い上に悪態尽く、マヨルガの個性際立ち、敵役としては最高。
あおい輝彦がマニアックな解説ぶりを披露。

そのままUFC59のWOWOW放送も。

2006年4月15日
「UFC59 - Reality Check -」
         アメリカ・カルフォルニア州アナハイム
ミドル級
○ デビッド・テレル(1R チョーク)スコット・スミス×

ウェルター級
○ カロ・パリジャン(1R パウンド)ニック・トンプソン×

ヘビー級
○ ジェフ・モンソン(3R 判定)マーシオ・"ぺジパーノ"・クルーズ×

ミドル級
○ エヴァン・タナー (1R 三角絞め)ジャスティン・レーベンス×

ライトヘビー級
○ ティト・オーティズ (3R 判定)フォレスト・グリフィン×

UFCヘビー級タイトルマッチ
×アンドレイ・アルロフスキー(1R TKO)ティム・シルビア ○
 ※ シルビアが新王者となる。

まだ見ぬ強豪、アルロスキーの王座陥落は残念。
やはり髭もじゃスタイルのほうが、思いいれれる。

『恋はデジャ・ブ』レンタルビデオで観了。



脚本家が選ぶランキングの27位で俺が未見の作品。
1993年作。ビル・マーレィとアンディ・マクドウェルの主演。

テレビの天気予報官フィルが、
パンクスタウニーという町にやってくる。
毎年この町では、2月2日に冬眠からさめたモグラのウッドチャックが
春の到来を占うという言い伝えがあった。
毎年レポートするこの町と、この仕事にフィルは飽き飽きしていたが、
何故か、永遠に2月2日が繰り返されることに……。
なるほどワンアイデア映画ながらハートウォーミングに作っている。

家飯。
じゃこ大葉、れんこん揚げ、揚げだし豆腐
小松菜とじゃがいもの味噌汁

HDDチェック
『ブロードキャスター』。

《 村上ファンドが外資系に転換…名実ともシンガポールに 》
《 ボクシング元世界王者・ナジーム・ハメドが無謀運転で禁固刑 》
《 サッカー日本代表、スコットランドとドロー…W杯前に消化不良 》
《 大相撲、魁皇、積み重ねた現役最多の幕内647勝! 》



5月14日  日曜日

9時起床。
『アサイー』ジュース。

朝起きると、鼻水が引っ切り無し。
花粉症のような症状が続く。
俺以外、周囲にも同じような症状が多い。
ホントにこれって黄砂の影響なのかしら。

俺、運転、TBSラジオ入り。
伊集院光 日曜日の秘密基地』生放送。

VIPゲストで来ていた、武田鉄矢氏に、本進呈。
ジョーダンズ三又から話は聞くが、実際は初対面。

「日曜ゼミナール」講師
テーマ・イラン核問題について。
大仰なテーマだが、
進行台本、相変わらず緻密に正確に練り上げられ、
読んでいて俺自身が実に勉強になる。
伊集院の深夜のバカ力はポッドキャスティング化されたが、
ぜひ、このコーナーも過去に遡って、
ポッドキャスティング化して欲しい。

帰途、車中、志ん朝落語、『船徳』聴きながら

家飯。
豚冷しゃぶ、クッパ、キムチスープ

HDDチェック。
『K―1オランダ大会』。サップ敵前逃亡の大波乱。
『サンジャポ』。
『報道2001』(石原都知事生出演)
『サンプロ』(田中真紀子生出演、
相変わらずトーク迫力あるが、今更ながらどんな立場で……と言う気も。)

《 交通博物館、70年の歴史に幕…来年、鉄道専門の博物館へ 》
《 前代未聞!K-1ボブ・サップがホースト戦30分前に逃亡 》
《 フィギュア、日本優勝!真央が完ぺき演技、美姫も復調の兆し 》
《 サッカー、高原、3年契約でフランクフルト移籍決定 》

 

5月15日  月曜日

9時起床。
『アサイー』ジュース
入梅直前、本日は晴天なり。
この時期、晴れ間が貴重に思う。

午前中、『WEBダ・ヴィンチ』4ちゃんねる原稿、入稿。
勝谷誠彦「イケ麺!」解説WEB版。6千字。
金曜日にはアップされるので『波』版と読み比べて欲しい。

お天気がもったいない。
カミさん、子供は自転車。俺は走りで散歩へ。
松浦歯科経由、 高円寺『四国屋』へ。



「はかせうどん」に舌鼓。

  

行きつけの雑貨屋に、
トイ・ストーリー使用のミニUFOキャッチやーを発見。
E.T.人形と共に格安で購入。

公園で子供と遊んでいるところ、マキタスポーツと遭遇。

スズキ秘書送り、17時、赤坂事務所、
週末『草野☆キッド』打ち合わせ。

喪服に着替えて、
TBSからタクシーで『アサ秘ジャーナル』スタッフと共に、
青山斎場、松野頼三さんお通夜へ。

小泉首相の指南役、
政界の語り部として、番組に5回も出演してくださり、
気さくに喋っていただいた。

松野頼三追悼回のため、
乃木坂のスタジオでMA入れ。

赤坂の裏道を歩いてTBSへ戻る。

終了時間を見れば、
まだレイトショーは間に合うとのことで、
子供をスズキ秘書に任せて、
カミさんとユナイテッド・シネマとしまえんへ駆けつける。
駐車場からダッシュ。
21時15分回に文字通り、滑り込み。

そば飯とポテトフライを買い込み鑑賞。

映画『ナイロビの蜂』 鑑賞

『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作。
『COG』は、ここ数年の我がベスト。
しかも、今回は夫婦愛ものとなれば、当然、期待大。

ナイロビに着任した、英国外務省の一等書記官夫妻。
(レイフ・ファインズとレイチェル・ワイズ)
この新婚夫妻の妻が何者かに殺される。
妻はアフリカで新薬実験をしている
製薬会社の国際的陰謀を嗅ぎ付けていた。
物語は、羅生門形式で殺人事件に至る過去を遡っていく。
アフリカの原色溢れる絢爛たる映像、
ビートを刻むかのような圧倒的な編集技術、
このメイレレス節とも言える映画美だけでも堪能し、
映画館で映画を観る悦びに浸るが、
ル・カレの原作なのでサスペンスに比重が高い。
アフリカに限らず世界を舞台に謎解きが展開するが、
そこが俺には、やや難。
俺自身は、ずっと別のストーリーを想像していた。

【注】この後、ネタばれ

冒頭、二人が出会いから結ばれる展開が、
あまりに早すぎるので、
これはミステリーの伏線だと思ってしまい、
かねてからアフリカの政治問題に関心を持つ、
"6歳の時から革命家"正義感が強すぎる女性である、テッサが、
夫となるジャスティンを色仕掛けで篭絡し、
この結婚すらアフリカ行きのための策略であった
と〜いう展開を想像した。
そうすれば、その後の色仕掛けをしてまで、
不正追求する展開もリフレインで腑に落ちる。
そして妻が、謀殺された後、
その妻の用意周到な計画の全貌を段々と知っていく夫は、
自分の不明を打ちのめされつつも、
調べていくうちに、
実は妻の不義理は一度も無く、
実際は、結婚後に、本当に愛してしまった夫を、
自分が真相追求する事件に巻き込まないため、
数々の自己犠牲を図った事実を知り、
その深い夫婦愛を確認する
〜という物語を勝手に連想していた。
こっちのほうが、感動すると思ったのだ。

と無いものねだりを書きつつ、
こういう話を
帰路、夫婦で出来るのも この映画の醍醐味。

悲惨な貧困、病苦のなかにも
溢れかえる生のエネルギーを映す、アフリカの現実、
目の前にある正義、隣人愛を行使出きるか否かの問題。

個人的にもゾマホンと関連してからの人間関係など、
自分に置き換えても思うところ多い映画だった。

24時前に帰宅。
子供、“寝ずの番”で起きていて「ぼくもえいがいきたいな……」とせがむ。
次『「寝ずの番』を見に行くつもりであったが、
今度はガメラに連れて行ってあげよう。

《 ジーコ監督、W杯代表メンバー発表、久保が外れ、巻を選出 》
《 横田滋さんが訪韓…めぐみさんへのメッセージを収録 》
《 北野武監督、女王さまに感激…ガリレオ2000賞授賞式 》
《 ジャガー横田、ラブラブ妊娠会見…鬼嫁の目にも涙!? 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る