11月11日  土曜日

8時起床。
アサイー』ジュース&もずくスープ

久方ぶりの雨模様、
朝から今日は走れるか?と気になる。

息子・タケシと一緒に松浦歯科へ。
タケシも治療。
俺、外れた奥歯の詰め物、入れてもらう。

ジプシーウェイ、タケシと一緒に散髪。

12時半、
石井カイロプラクティックオフィス
加圧トレーニング大流行中。
もはや俺ですら予約もとれない状態、
昼休みの合間の時間をもらって、30分、上半身のみ。
タケシ、カミさん、娘・フミちゃんも見学。

皆で『チョップスティックス』へ。
蒸し鶏のフォー。
豚の角煮のフォー。

タケシ、フォー大好物のようで完食。

16時、スズキ秘書送り、ホテルオークラへ。
喫茶店。
『TV Bros』500号記念取材。
名物連載を振り返る企画として『お笑い男の星座』について。

そのまま19時より,
草野裕さんとヨーコ・ゼッターランドさんの結婚披露宴に出席。
錚々たるタレント出席者、
ならびに、全局に渡るテレビ局関係者の顔ぶれ。
なにしろ、日本テレビからは氏家取締会議長が出席なのだ。

有名人を、ざっと見渡しても……。
川渕三郎、黒柳徹子、坂東栄二、野々村真、
山田邦子、有田芳生南美希子、デーブ・スペクター、
加藤たき、湯川れいこ、やくみつる、二宮清純、市川森一、
岡部幸雄、羽佐間正雄……などなど。
さらには、バレー関係者、東洋の魔女など、
人脈もワイド過ぎる。

有田さんと、『博士の異常な健康』話。
二宮さんとも加圧トレーニング話。

山形のホテル『古窯』の女将さんも出席。
旧交を温める。

このメンバーの中で、我々も余興コーナーに登場。
裕さんのウソ発見器企画の司会をやらせて頂く。
実に、光栄なことだ。

食事も贅を尽くしたもので、
結婚式の洋食とてしては、史上最高級の美味さ。

『ザ・ワイド』スタッフ制作の二人のなれそめVTRも
スタッフの愛情伝わる、素晴らしい出来。

司会の森アナ、
祝辞を述べる、ザ・ワイドのコメンテーター連の、
言葉遣いの綺麗なこと。
デーブを除いては、皆、日本語上手が選ばれているのだな。

皆さん、語られるのは、草野家の躾の厳しさ。
そして、裕さんの腰の低さについて。

だからこそ、驚いたのは、
その裕さんが、一人きりのヒロシネタ。
日頃のイメージとのギャップもあるので、大ウケなのだが、
カンペなし、その豪胆な強心臓ぶりに、ぶったまげた。

最後の花束贈呈後の草野さんの挨拶も、朗々と見事すぎる。
しかも、"泣かない"。
式の間、ビデオや祝辞で何度も貰い泣きしていた俺には、
この草野さんを泣かせることは一生無理だと痛感。

今後、草野家の超優良遺伝子が、メダリストの嫁を向かえ、
どれほどのものに化けるのか、興味が尽きない――。
素晴らしい式典であった。

2次会。
裕さんとヨーコさんを囲んで。



お二人と、お話してからタムケン車に乗せて帰途につく。

結婚式途中から、ウーロン茶に切り替え、ノルマに備えていたので、
深夜過ぎ、スーツから『CW−X』に着替えて、
成子坂下で下車し、ランニングへ。

また昨日と同じように、心臓が痛むのか心配しながらも、
中野太子堂経由、高円寺へ。
45分、8キロを走りきる。
『ザ・クロマニヨンズ』のタリホーをエンドレスで聴きながら。

《 警察官・学校関係者らが厳戒態勢で自殺予告日を警戒…豊島区 》
《 新型ゲーム機「PS3」が即完売!品不足で転売目的の購入も 》


11月12日  日曜日

9時起床。
『アサイー』ジュース、もずくスープ

11時半、スズキ秘書送り、フジテレビへ。
「K-1クイズ王決定戦」荒木D。

赤江くん(玉袋)西山茉希が司会。
出題、牧原アナ。

天野ひろゆき、カラテカ矢部、
芸人代理・色摩茂雄、俺が回答者。

それぞれが役どころをこなして、
すっかりクイズ比重からバラエティー構成に、楽しく終了。

帰途、青山経由『父親たちの星条旗』の話など熱弁、
渋谷、東横のれん街にて御寿司やお惣菜など買い物。

お土産で家飯。

今日は、ランニングを休みにしようかと思ったが、
子供に「走るか?」と声をかけると「はしる!」と即答。
お風呂後だったので、「冷えるからダメ!」とカミさんが反対。
「だったらアラスカの子供は一年中冷えてるよ」
と屁理屈をつけて連れ出す。

タケシに合わせて阿佐ヶ谷まで往復。
夜の遊歩道は、人も自転車も少なく、子供も気が散らず、最適。
「手をダッシュのように振ってごらん」と言うと、
街灯の照らす影が延びて面白がる。
姿勢が良くなると、スピードアップ。
阿佐ヶ谷『シュガーローズ』でパンを買う休憩地点、一箇所。
5キロ走、45分。充実。

HDDチェック。
『やりすぎコージー』、(漫画通)
『ブロードキャスター』、
『サンジャポ』、
『スタメン』などなど。

三谷幸喜さんからメール頂き、恐縮。

《 福島県知事に佐藤雄平氏初当選−民・社が自・公破る 》
《 児童恐喝発覚の小学校長が自殺…謝罪会見の翌日、遺書はなし 》
《 飯島愛がブログで告白「横領された」…事務所の経理担当者に1億円? 》
《 サッカーU−19代表、アジアの頂点に一歩及ばず…北朝鮮にPK戦で敗れる 》



11月13日  月曜日

9時、『アサイー』ジュース、もずくスープ。

10時半、大府より、義父、義母、義弟夫妻、来宅。
ご一行を向かえ、タケシも興奮、その賑やかなこと。
皆で、タケシの通う体操教室へ見学に。

俺の方は、スズキ秘書、寝坊で慌てながら、
後藤マネと共に11時50分発ののぞみに飛び込む。

車中、『たけしの日本教育白書2006』6時間生特番、
DVD落としで見続ける。
思うこと多々あり。
「漫才ブーム以前は、世間に建前や正論があり、
 たけしさんの漫才は本音を初めて見せた。
 でも、それ以降の人は、まず本音ありきで、建前を知らない、
 たけしさんが逆説の人であることがわからない」
と言う太田の認識は思い当たる。

俺が再三書いてきた、「たけしイズム=嘲笑」の勘違い。
メインカルチャーが成り立たず、
サブカルチャーの方が優位であり、
面白ければ、なんでも良い風潮になったという話と共通する。

それにしても、お笑いの人が、真面目に教育を語らねばならないほどに、
本末転倒、教育も崩壊しているのだ。

殿、爆笑問題、久米宏、石原都知事の対談は、
時間が短過ぎるが、面子だけでも見応えあり。
ここに談志師匠が加われば……と思う。

大阪着。よみうりテレビへ。
情報ライブ ミヤネ屋
司会:宮根誠司
パネリスト:飯星景子、野田義治、黒木昭雄、他。

子供の自殺、校長の自殺、裏金隠しの自殺、
さらには、強盗指名手配の警官逮捕のニュースなどなど。
世も末なりのニュースの連続。

帰途、のぞみ車中、日記など原稿仕事。

東京駅より、ついにマラソン帰宅、決行することに。
記録は、15キロ、1時間40分。

走り終えると、汗で体ビショビショ、
精も根も尽き果てた様。

「iPod nano」と「ナイキ+」の、
ランニング記録システムを使用。

諸データ、走りながら音声認識できる優れもの。

今、対応シューズが何処へ行っても、品切れだったが、
臨時的に他のシューズのインソールを刳り貫いて、
使っても大丈夫だった。

それと、忍者の如く、ワコールの『CW-X』を着用だったけど、
汗が溜まってきて、途中から体が冷えた。
この対策も考えなきゃ。

距離も時間も自己最長不倒なのだが、
予想よりかなり遅い。
最初から、赤信号を避けるため、
順路を選んでいたら、明治大学を抜ける急坂などで息切れした。
フルマラソンに換算すれば、
5時間切れるかどうかのペースだったけど、
これでも余裕なく一杯、一杯。

距離にして、この3倍、走るのかと思うと気が遠くなるし、
練習始めて13日目。
この記録が、果たして自信になるのか、不安になるのか、
むしろ、不安が広がるなぁ。

《 “第2の鈴香”秋田でまた母親が子供殺害、交際相手の男も逮捕 》
《 「ナンパのカリスマ」逮捕、14歳女子中生にわいせつ行為 》
《 婚約指輪はパチンコ玉!神田うの、幸せいっぱい爆笑婚約会見 》
《 矢田&押尾がついに入籍!妊娠は否定…挙式も「予定はない」 》
《 元フォークダンスDE成子坂の村田渚さんがくも膜下出血で急死 》
《 ボクシング・長谷川穂積が3度目V!試合後に徳山から挑戦状 》
《 大相撲・旭鷲山が突然の引退…会見で心臓疾患を告白 》



11月14日  火曜日

8時起床。
『アサイー』ジュース。カップ麺。

12時15分、スズキ秘書送り、
大手町、大和證券へ向かう。
昨日、ランニングで走った道を車で遡るのも、
よく走ったなぁと不思議な気分。

SKY PerfecTV! 『菅下清廣の株式道場』収録。
岩男宗春、戸塚喜久子、永山美穂一緒。

自宅へ戻って、
『GET ON』 井上ダイスケくん取材。
読書の効能について。書斎で撮影。

『TV Bros』インタビュー原稿、
入稿直前とのこと、超高速で校正仕上げる。

17時より、『石井カイロプラクティックオフィス』、
スズキ秘書、タケシを連れて、加圧トレーニング。
上半身を中心に。

一旦、帰宅後、
タケシ「走ろうよ!」と言い出し、一緒にランニングへ。
いつも、タケシが長距離をノンストップで走っているのを、
訝るスズキ秘書も一緒に。
iPod nanoとナイキ+を使って、正確な距離もはかる。

高円寺より迂回路の遊歩道からガード下へ戻って阿佐ヶ谷駅へ、
シュガーローズでパンのお土産を買って高円寺へ帰還のコース。
今日は最後にDVDレンタル屋を経由したが、計測は5・3キロ。45分。

改めて、子供の潜在能力は凄い。
先日から、気になっていた幼稚園児のフルマラソンの記録を調べてみた。

42.195キロのフルマラソンを完走するスーパー幼稚園児がいる。
大阪府四條畷(しじょうなわて)市の私立星子(せいし)幼稚園の5〜6歳児。
今月上旬、同府枚方市の淀川河川敷であった市民マラソン大会に
13人が参加し、うち11人が制限時間の8時間以内にゴールした。
幼稚園児がフルマラソンを走りきるのは
「ちょっと聞いたことがない」(日本陸上競技連盟)という。
「がんばれ」「あとちょっと」。6日、雨が降りしきる淀川河川敷。
親たちの声援を受け、体操服姿の園児たちが駆け出した。

5キロごとに設けた独自の給水ポイントで、
飲み物やバナナなどを口にしながら5〜10分休憩。
鉄村和夫園長(68)らと一緒に休み休み、
7時間前後で走りきった。

「風が気持ちよかった。ゴールできたときはすごくうれしかった。
また走りたい」。
6時間50分台で完走した誉田海人ちゃん(6)は満足げに話した。

星子幼稚園の大会への参加は今年で5回目。
初回の01年は12人の園児がハーフマラソンに挑み、
02年からフルマラソンに挑戦した。
02年7人、03年10人、04年4人が制限時間内に完走し、
今回は一気に倍増した。

快挙の裏には日頃の鍛錬がある。

園の一日は1周約350メートルの園庭ランニングで始まる。
年少は途中で歩いたり、遊具で遊んだり。
年中は約4キロ、年長は約5キロ、それぞれのペースで走る。
真冬を除き、みんな裸足だ。

「毎朝ランニング」は30年ほど前から続けている。
学生時代、陸上の長距離選手だった鉄村さんが、
なんでもない場所で転ぶ園児の姿を見て体力づくりを思い立った。

マラソンのほか、週末や祝日を利用して
ハイキングや登山を年20回ぐらいこなす。
1回あたり15キロ前後。周辺の1千メートル級の山はほとんど制覇した。

基礎体力がつくことで子どもたちの集中力が高まり、
お絵かきやダンスにも熱心に取り組めるようになった。
鉄村さんは「子どもたちは、たくさんの人から『ようがんばった』
『すごいな』とほめられる。こうした経験が社会性を育んでくれる。
大半の子は一日も休まない皆勤賞です」と話している。

もちろん、幼児のときから、ここまで体を鍛えると膝や関節を痛めたり、
成長に悪影響があるのではないだろうか?との意見もあるだろう。
しかし、「やらせる」「やらせない」は置いといて、
こういうことが「やればできる」のだということに驚く。

《 大島部屋に今度はトラック突入…盗難車、犯人は逃走 》
《 将軍様の胃袋を直撃!?対北朝鮮禁輸ぜいたく24品目決定 》
《 堀江被告、第22回公判で初めて反省“ポーズ”も 》



11月15日  水曜日

4時半起床。
昨晩のおかずの、おでんをツマミに晩酌ならぬ朝酌。

2度寝。

DVD『ダ・ヴィンチ・コード』見始める。

15時半、武道館横の北の丸公園へ向かう。
靖国通り沿いに車を駐車していると
マクドナルドに入って行く、元WWEのプロレスラー、
ババレイ・ダッドリーを発見。



タケシを連れて一緒に写真を撮ってもらう。
どうやら参戦中のハッスルの試合にむけての移動中だったようす。

加圧トレーニングをマンツーマンに指導してくれている
『石井カイロプラクティックオフィス』の石井さん一家と合流。
お互い家族全員で父親のマラソントレーニングにお付き添い。

天候は曇天、やや寒いが、
北の丸公園の芝生と池、開放的な空間に子供たちは大喜び。

このマラソン訓練が始まった、
11月1日と同じく、9週、5キロ走に挑戦。

石井さんにペースメーカーになってもらう。



15日間、のべ100キロ走ってきた成果を試したいのだが、
やはり俺には5キロ、30分ペースはきつい。
前回と同じく3周目で明らかに息があがった。
ゼーゼーしながらも、なんとか、
前回より43秒時間を縮めて28分01秒でゴールしたが、
このペースでは10キロですらきついだろう。
改めて24分台で走った赤江くん(玉袋)の記録は早いと痛感。
石井さんからは、
「筋力に頼りすぎた走り方になっている、竹馬に乗っているよう」と、
谷川真理さんと同じ指摘を受ける。

とにかく、スピードは諦め、
ロング・スロー・ディスタンスを心掛け、距離を延ばすことにする。

子供たちも一周を走り、
最後は芝生で相撲など、陽が暮れるまで遊ぶ。

その頃、公園横の日本武道館には長蛇の行列が。
訳を聞いてみると『硫黄島からの手紙』の
プレミア試写会が行われるのだという。
猛烈に観たい思いに駆られる!

カミさんと文ちゃんを四谷駅へ送り、
スズキ秘書とタケシは、秋葉原へ。
俺は18時過ぎ、御徒町へ。

2歳年上の従兄弟の幸くんと合流。
高校時代は、新聞沙汰になるほどの伝説的な不良であったが、
今は倉敷を代表する企業、カモイ加工紙の重役さん。
幸くんの部下の方、2名を加えて4人で、
魚彩房『はな』で食事会。

すっかり、従兄弟同士の交流が無くなっているので、
もっと会合の機会を持とうということで。

サラリーマンで一杯のお店ながら、
ランニング後なので、酒がグビグビと入り、
コースの魚料理も大変美味しい。

20時半、スズキ秘書迎えで帰宅。
藤原紀香姫、結婚への報道を聞き、吃驚。
そう言えば、陣内くん、先日、初共演したが、
楽屋話で、
「加圧トレーニングを始めた」話をしていた。
そのとき、俺も「紀香姫が加圧でどれほど綺麗になったか」
話をしていたが、なんのことはない、二人は通じていたのだ。
恋だったんだよ、恋!

最新号の『BRUTUS』(No. 606)掲載の俺のDVD本棚、
写真にしてみれば実に壮観なり。



明日のラジオ準備。
ワンコイン映画ですっかりお馴染みの著作権切れの映画について。
この裏には様々な問題点がある。
アメリカ主導、ミッキーマウス法案と呼ばれる著作権の話、
鴻上尚史さんが『SPA!』でも取り上げて興味をもったが、
弁護士の福井健策さんが中央公論の10月号で詳しく解説している。

《 松坂、日本最高額60億円でレッドソックスが落札 》
《 また北海道に自然の脅威!M8.1巨大地震で津波警報を発令 》
《 和歌山・木村知事を逮捕…支援会社の工事受注に関与の疑い 》
《 教育基本法改正案を与党単独で可決…会期内成立を目指す 》
《 藤原紀香と陣内智則が電撃婚!ドラマ共演きっかけで交際5カ月 》
《 サッカー・アジア杯、我那覇が2得点の活躍でオシム・ジャパン得点王 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る