1月11日  木曜日

4時半起床。

7時、文化放送『吉田たかよし プラス!』生出演。
○ニュース要点整理
 「ヤマタク訪朝、北朝鮮外交それぞれの思惑」についてコメント
○特集プラス!
 「日本のカジノ合法化の動きを探る!」

今年、一発目。
ちょっと押さえたトーンを意図して喋る。

帰宅後、お茶漬け。
仮眠とろうとするが
昨晩2時間睡眠しかしてないのに睡魔が訪れず。
と言うより、
冬場は、バイオラバー・ベストを、ほぼ24時間着用なので、
必然的にショートスリープになるのだろうな。

カミさんが幼稚園の説明会へ。
その間、フミとタケシを預かる。

フミちゃんをあやし、オシメを取り替える。

タケシと『64マリオ』。
攻略本入手でようやく前へ進む。

14時、冨永マネ来宅。
ATカフェで『月刊 不動産流通』取材。
珍しく、不動産専門誌からの依頼。

芸人以前に、宅建主任の免許を取った頃の話やら、
一戸建て建築や、都市開発に関する関心など、
いつもと違って話が特化しているので、
我ながら話していて新鮮だった。

カミさん、帰宅後、ハワイ行きの準備、17時出発。
正月、一流芸能人はハワイだ!と言い聞かせ、
福島だけど(笑)
常磐ハワイアンセンターこと、
スパリゾートハワイアンズ』を目指す。

スズキ秘書運転、
常磐道の出口、間違えるのは恒例のこと。
ハワイと言えども、
場所は、福島県の湯元。
関東と東北の境界の街。
到着予定時間より遅れ、20時半、
真っ暗闇のひなびた田舎の山道に突如、
アロハ〜と常夏の島・ハワイが出現。

しかし、東京ドーム6個分という施設が広大な割には、
夜間の照明、係員が少なく、駐車場の入り口がわからず。
ホテル側のアテンドの人数が足らないので、
なかなかチェックインがかなわず。
予約の電話の時から、
あまり、夜の入場を望まない様子であったが案の定。

しかも、0歳児がいる上に、
持参したものが大荷物だったので、なかなか大変。
ようやく4箇所ある宿泊施設のうち、
6年前に出来た、最も真新しい宿泊施設の
ウィルポートの一室に入るとホッとする。

洋室ながら布団敷き。
家族4人で一室。
お隣にスズキ秘書は同じ間取りで一室。
これで同じ料金は、実にリーズナブル。

ここからは、大きなプールへのアクセスも簡単。
一度、チェックインすれば、各施設とは地続きなので、
アロハに着替えて、あるいは水着姿のまま、そのまま過ごすことが出来る。

本来は、大宴会場でバイキングのはずだったが、
チェックインの時間が遅かったので、
別棟にある『銀燐』で、寿司御膳を頂く。
しかし、これが、別棟のその場所へ行くまで、
迷宮のダンジョンを探検するかのような長い道のり。
しかも、テレビのコントのような屋内スナック街を横切る。

たぶん、ここは、一度では、とても憶えきれない。
(しかし、長く過ごすうちに、その仕組み、構造が、
 段々とわかっていくのが、かなり楽しかった)

寿司屋、お座敷で貸切状態。
場所的に太平洋に近く、お魚が美味いとは聞いていたが、
量も、魚の鮮度も想像以上の豪華さだった。
本場ハワイより良い。
サラダ、刺身、煮物、唐揚げに、お寿司がまとまって。
大食いのスズキ秘書がいて良かった。

そのまま、タケシとスズキ秘書と、ウィルポート内の大浴場へ。
浴場は、施設内に多々あるが、
ここが一番小さいところ。
しかし、ここも3人で貸切。
ええ、あんばいじゃ〜。
俺は、とにかく、この3日で左足の故障を治したい。

部屋へ戻って、家族団らん。
本日は、丁度、フミちゃんが誕生して、
6ヶ月の記念日でもある。

タケシがフミちゃんをあやそうと、
♪お尻、フリフリ〜とオリジナルなダンスを踊るが、
フミちゃんバカ受け。
このフリダンス、 フラダンス並に面白い。

部屋飲みで24時には、就寝。

《 不二家が消費期限切れの牛乳使用で洋菓子販売休止 》
《 ベッカムが今季終了後の米・LAギャラクシー移籍を発表!》
《 K−1・秋山、失格!「Dynamite」桜庭戦は無効試合 》

1月12日  金曜日

4時起床。

体内時計は狂ったまま。
その分、家族が寝静まったところ漫才原稿に向かう。
本日のノルマは十分こなす。
今回は、仕上がりが早い。

8時、ウィルポート内レストランで、
ビュッフェスタイル朝食。
納豆、たらこ、温泉卵、味のりをぶっかけた御粥。
十分満足。

10時より、いよいよプールへ。
なにしろ、この敷地内に65種類のプールと温泉があるのだ。
最初は、ウォーターパークの大プールへ。
ここには、名物のウォータースライダーが4種類ある。
しかし、タケシ、怖がる。そこは、まだ3歳児だ。
よく考えれば身長規制でもひっかかりそう。
しかし、「ぼく、こわいからいやだ!」
という不安気な表情もたまらなく愛おしいものだ。

しかも、常夏というには、やや寒い。
(営業が始まる10時台は、いささか寒いようだ。
 その後は、時間が経つにつれ、そうでもなかった)
別棟にあるスプリングパークへ移動。
水着をはいたままの温泉形式のプール。
さらに、裸になって男子大浴場で入浴。
タケシ、例に寄って、
かなり熱い湯でも平気な顔で、
「ええ、あんばいじゃぁ〜」を連発。
熱い湯でくつろぐ爺連中に感心される。
さすが、たけし軍団の子供、熱湯風呂には強い。

一度、部屋へ。午後、全員、力尽きて昼寝。
俺も久々、ぐっすりと午睡。

14時起床。
赤江くん(玉袋)大推薦のスパガーデン・パレオへ。
ここは屋外にある温泉プール。
一番、寒いはずだが、
たくさん、趣向の凝らした浴場があり、
遊び感覚も多い。
外へ一歩出れば「死んじゃう、死んじゃう!」
と叫び、
風呂へ浸かれば「助かった〜 気持ちいい!」
を繰り返し、十分、堪能。

タケシ、すっかり水に馴れ、
マリオの遊泳を真似て、水に潜る。
おかげでニルヴァーナのジャケット風の写真も多々とれる。

夕食前、アミューズメントパークにある、お化け屋敷へ。
入場料300円でタカを括っていたが、これが、かなりのおどろおどろしさ。
本格的な暗闇で、タケシは泣き出し震え上がる。
鬼をカミナリ様だと言い聞かせ、
躾の見せしめには、良い効果になるかも。

16時半厳守でロビー集合。
そのまま、シャトルバスに乗り込む。

施設内を移動するものだと思い込んでいたが、
小名浜漁港まで30分もの道のり。
ちょっとした小旅行。
温泉上がりの人たちは冷えるかも。
このあたりは、もっと事前に情報を知っておくべきところか。

しかし、 そのまま、この流れを楽しむ。
味のある運転手さんのガイドトークに耳を傾ける。

常磐炭鉱が斜陽を迎え、
従業員の保護のため、常磐ハワイアンセンターから、
スパリゾートハワイアンへと変貌を遂げるお話。

http://www.hawaiians.co.jp/guide/history/index.html

このあたり、映画『フラガール』でも
描かれているんだろうな。
キネ旬一位にも選出されたことであるし、是非、見たい。

小名浜漁港の河岸市場の中にある
『Nan Coo』でフルコースディナー。
なかなか豪華。
3人のダンサーのフラダンス付き。

再び、30分のバス小旅行の復路。
タケシ、周囲の乗客にも愛嬌振りまく。
「コノコは、ぼくのいもうとでフミちゃん」
「コノコは、ぼくのパパです」などと。

ホテルへ戻って、メインステージで
ポリネシアンダンスとフランダンスのショーを見る。

カミさんとタケシが大浴場へ。
帰ってきてからも、
さらに、「もう一丁」と俺達とも。

江戸趣味のテーマパーク『江戸情話 与一』へ。
ここは露天風呂として世界最大とギネスに載っているとか。
いやはや、夜風に吹かれながらも、
湯気が立ち上り、実に幻想的な風情で魅せられる。
タケシは、「おばけがでる」と怖がっていたが、
ここは、もっと長居したかったほど。
ここだけでも、入場料の価値あり。

《 宮崎の養鶏場で2400羽が死ぬ…鳥インフルエンザの疑い 》
《 2ちゃんが消える!?管理人ひろゆき氏の全財産が仮差し押さえ 》
《 伊吹文科省の政治団体、活動ないのに900万円を計上 》
《 中村ノリ、オリックス退団…「手を挙げてもらえる球団あれば喜んで」 》

1月13日  土曜日

ハワイ最終日、8時起床。
遊びながらも、片隅には漫才。
推敲、片付けてから、 ビュフェスタイルの朝食。
俺特製なんでもあり御粥をさらに豪勢に。

すぐに『江戸情話 与一』で露天風呂。
見上げれば雲一つない青空。
今度は、タケシも怖がらず。

荷造りして11時半、チェックアウト。
赤江くん(玉袋)と俺の本を同封、
今後も利用したい旨、書き付け、
フロントに置き手紙。

荷物を車に乗せて、もう一遊び。
土曜日とあって、凄い人出に。
映画『フラガール』効果もあるのであろう。

ウォーターパークの 巨大スライダー・ワンダーブラックに、
スズキ秘書と俺が挑戦。

スライダー

子供は120センチ以上なので、
タケシが出来るのも2年は先のことだろう。
想像以上の迫力。
タケシも潜水の真似事を一通り、
後は、思い残すことは無い。

今後もリピーターは確実だ。

サービスエリアで昼食。
水戸納豆スナックをたんまり買い込む。

16時、高円寺着。

この3日、楽しいことづくめであったが、
帰宅後も足が痛む。
左足の湯治のほうは順調とはいかない。
水に漬けすぎたせいか、
痛めていた左足の親指爪は白濁、
さらに、つけねが赤く腫れ上がり、
靴が履けず、歩行困難なほど。

爪がグラグラで変色し、押すと水が吹き出る。

結局、この3日間、ランニングも一切出来なかった。

このまま、しばらく、ランニング出来ないままになるのか?
三角靭帯炎症に続く事態に、すっかり悲観的になるが、
なんとか打開策はないかと、
格闘医師・中山健児先生に電話。
快く、明日の往診を引き受けてくださる。

家飯。
ねぎかまぼこ揚げ
豚汁

HDDチェック。
『報道ステーション』2日分。
『笑ってはいけない警察署』を最後まで
CMの頻繁さが気になるが笑いだけに特化していて面白し。

《 歌織容疑者、金に困っていた?犯行後夫の会社に給料など催促 》
《 北海道に一時津波警報…千島列島東方でM8.2の巨大地震 》
《 山崎拓氏が政権中枢の要人と会談、金総書記に直結か 》
《 “ハンカチ王子”斎藤が早大デビュー!野球部の初練習に参加 》
《 元極楽とんぼ・山本圭一がGGキャンプ地訪れ謝罪 》
《 大学ラグビー・関東学院大、V奪回!早大を止め3大会ぶり大学日本一 》

1月14日  日曜日

7時起床。
『アサイー』ジュース。

10時、新宿・山吹町の『なかやまクリニック』へ。
格闘医師・中山健児ドクターが
休診のところをわざわざ往診してくださる。

先生

「生爪を剥がすかも」と言われていたが、
爪に針を刺し、溜まった水を抜き、応急手当。

たとえ、このまま爪が剥がれても、走るのには問題ない、とのこと。
聞けば、東京マラソン当日も担当医で、
現場にいらっしゃるとのこと。
それは心強い。

日本で一番、格闘技を生観戦している医師として、
昨今の格闘技のレフェリング事情のお話、聞きながら。

早稲田通り、以前より看板が気になっていた、
『うどん、きごごろ・喜心』へ。
田舎味噌風肉つけうどん、
温かいむじなうどん。

むじなうどんは、麺の太さが気になるが、
お店イチ押しの肉つけうどんは、これは美味い。

ラクビー観戦のスズキ秘書を秩父宮へ送り、
一人で『こうじんクリニック』へ。
プラセンタ点滴。
足裏マッサージ。
本日は足裏マッサージがいつも以上に気持ちよし。
越智先生、大畑さんとお話。
靭帯炎に酸素カプセルが良いとの話。
すぐにでも……と飛びつくが、明日に。

スネークピット・ジャパン(蛇の穴)』へ。
石井ファミリーも大江ファミリーと一緒。
子供、5人が集結。
チビッコ相撲の後、
リングでヘッドギア、グローブをつけてベビーボクシング。
3歳児同志が本格的に打ち合い。
他の家の子供なら止めるところだが、石井家なら安心。
タケシの好戦的な様子にカミさんは、しかめっ面。

石井家来宅し、我が家でカレーパーティー。
カレーライス、さんま大根、サラダ

男の子3人、大はしゃぎ。
Wiiの似顔絵作って、一緒にプレイ。
64マリオの動きに子供たちは夢中。

家族会議。
タケシが、四六時中、走り廻るため、
路上ランニング禁止令がカミさんから出る。
確かに、カミさんがフミちゃんを抱っこしているときに、
走り出されたら、止める事も出来ない。
確かに、カミさんの言うとおりだ。

夜、痛みは残るが、親指をガーゼでをぐるぐる巻きにして、
靴も大きめのものに変えて、
あえて本日もランニングへ。
足をかばうせいでスピード遅い、
心肺も早い時間にカラータイマー点滅したが、
だましだまし、阿佐ヶ谷から、善福寺川公園、環七コース、
60分 10キロ。
iPodで、『コラムの花道』、
『深夜の馬鹿力』(正月、小笠原諸島旅行篇)を聴きながら。

広大な善福寺川公園を駆けていると、
子供と一緒に走ることを考え、
いっそのこと、ここの近所に引越しすることを妄想する。

子供と一緒に入浴。

シップとテーピング、入念に。
子供に特製ふりかけつくり。
水戸納豆スティックで味付けて。

HDDチェック。
『サンジャポ』、
『ブロードキャスター』

《 ひき逃げ後ウソの被害通報、逆に追及され白状…30歳主婦逮捕 》
《 殺人容疑で兄の勇貴容疑者を再逮捕へ−渋谷・妹殺害切断事件 》
《 就寝中の夫を30歳妻が刺す…殺人未遂の疑いで逮捕・岐阜 》
《 横浜M・久保、横浜FC移籍へ…カズとの夢の2トップ実現 》
《 日本人初!キングス・GK福藤豊がNHLデビュー 》



1月15日  月曜日

8時起床。
アサイー』ジュース

11時過ぎ、『石井カイロプラクティックオフィス』へ。
加圧トレーニング、上半身のみ一時間。
久々に乳酸、貯まる感じがあり。

スズキ秘書と共に、高円寺『太陽』
煮干ラーメン。餃子、

14時15分、白金、
高気圧酸素カプセルのサロン『コクーン・O2』へ。
ハンカチ王子の連投を支えたことでも有名になった、酸素カプセル。
越智先生の紹介で、藁をもすがる気持ちで駆けつける。
じん帯炎症の治癒が早いとのこと。

時間の行き違いがあったが、
ちょうどキャンセル待ちがあったので、
酸素カプセル「コクーン・O2」を体験。

酸素

2年ほど前に『ゴールドジム』で体験したときは、
全然、実感が湧かなかったが、
今日は、加圧トレーニング後の疲労、
しかも、足の故障があるので、
確実に"効いている"実感があった。
俄然、興味が湧く。

時間が無いので、渋谷ビデオスタジオへ向かう道すがら、
森社長、大畑さんとお話。
酸素カプセルに関して、知らなかったことばかり。
改めて取材することに。

16時、渋谷ビデオST入り。
MXテレビ『Tokyo Boy』マラソン打ち合わせ。
足にシップを張る様子など撮影。

17時、チャンネル北野 
『月刊浅草出版』収録。
お宮の松、マキタスポーツ、ジジ・ぶぅ
ワンダラー土井、イー☆リャン、宝島社・藪下、一緒。

ゲスト・88歳現役AV男優、「性豪」の安田老人。
二本目の最後に猫ひろしが合流。

帰途、渋谷ビデオスタジオからランニング。
井の頭通りから、環七、善福寺川公園、五日市街道、高円寺の道のり。
左の親指、一歩、走るごとに、痛!痛!痛!と感知しながらだが、
爪がはがれても大丈夫と思えば、プラシーボ効果で安心。
思いのほか、距離も伸びる。
14km、1時間23分
iPodで、『深夜の馬鹿力』(正月録音分)聴きながら。

帰宅後、家でシップや低周波治療などの模様を撮影。

家飯。
あじのひらき、えび餃子

漫才推敲。

今、そこにある危機――。
マラソン練習と漫才舞台の2つのプレッシャーがあるが、
今のところ、障害かかえながらも、
上手く気分転換しながら、なんとか進んでいる。

HDDチェック。
『報道ステーション』。
『TVタックル』などなど。

《 不二家社長が辞任「会社の体質そのものに重大な問題」 》
《 精華大の学生が京都市の路上で上半身など刺され死亡 》
《 大久保、神戸へ4億円の大型移籍…新体制会見で登場 》
《 番組で告白!インパルス堤下がモデル土岐田麗子と正月バリ島旅行 》
《 谷原章介がいしだ壱成の元妻と結婚し1児のパパに 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る