4月21日  土曜日

8時起床。
『アサイー』ジュース&朝ごはん作り。
目玉焼きとカルビ肉の納豆混ぜ、ロコモコ風に。

タケシは、土曜日の朝は、
必ず『ブルードラゴン』に釘付けだ。

次回のミランカの資料読み。
今回は、教育関連。
関心が薄い分野なので発見も多い。

『宮崎で生まれた改革の波は、そのまんま〜東へ』(ベストセラーズ)読了。
緊急出版だが、たぶん東さんのblogを再構成して、
新たに口述筆記したものだろう。
俺の名前も一章、
「へんなビデオを持ってきてくれた水道橋博士の心づかい」
という題で出てくる。

宮崎で生まれた改革の波は、そのまんま~東へ!


昼、インスタント塩ラーメン。

ハワイ行きに備えて、
夕刊フジの連載『博士の異常な健康』を4話分、入稿し、
さらに3話分を書き溜める。
それも5月は漫才に没頭するため。

かねてから、子供の情操教育のためには、
『カルピス子供劇場』の復活を提唱している俺は、
本日より『ハカセ子供劇場』を開催することに。

アニメチャンネルで、全話、録画した、
『ガンバの大冒険』1〜2話。

ガンバの冒険

そして、BOXを買い置いていた、
『一休さん』第一話をタケシと一緒に。

一休さんは実に懐かしい。
が、どうも記憶が断片的にしかない。
放送を調べると、
東映動画(現東映アニメーション)制作のテレビアニメ。
1975年10月15日から1982年6月28日まで、
NETテレビ(本放送中の1977年よりテレビ朝日と社名変更)系列で、
全296話も放送されていたとのこと。
7年間もの放送で、しかも、俺が20歳まで放送されていたとは……。

誰もが思い出すのは、
禅寺の安国寺(あんこくじ)を舞台に、
母と離れ離れで修行する、
一休さんがトンチを使って、問題解決する設定だが、
改めて調べると、実に凝った時代背景であることに驚く。

一休さんは、後小松天皇の庶子であり、
母、伊予の局(いよのつぼね)は、
足利将軍に敵対していた南朝側の人間のため、
将軍によって一休と引き離され小さな家に暮らしている。

室町幕府の第三代将軍足利義満は、
南朝側の母を持つ一休の行動を警戒している。
そこで、お目付け役として、新右衛門さんを派遣。
本職は寺社奉行であるが、普段は将軍の命令により、
一休の周辺を監視している。

このような南北朝の騒乱さめやらぬ時代背景を、
織り交ぜて展開する。

ちなみに、史実の足利義満は、
一休が生まれた時には既に将軍職を息子に譲っており、
実は一休の時代においては「将軍さま」ではないようだ。

しかし、この辺り、子供時代、何もわからず見ていたのだな。

タケシが付き添い、
『石井カイロプラクティックオフィス』へ
加圧トレーニング1時間。
合間の石井さんとタケシのスパーが見もの。

『Kamipro』の最新刊。
チョロくんが届けてくれる。


《 長崎・横尾誠氏、義父の遺志継ぎ弔い戦…統一地方選・後半戦 》
《 NASA立てこもり男が自殺…米でまた銃事件、人質1人を射殺 》
《 SITが突入、組員を逮捕…21日未明、町田・立てこもり事件 》
《 ル・クプルが結婚18年目で離婚…音楽性の違いで夫婦に亀裂 》



4月22日  日曜日

6時起床。
スズキ秘書送り、8時テレビ朝日へ。

草野さん、スタッフから、
亡き父への御霊前賜わり恐縮。

草野☆キッド』収録。
草野仁、堂真理子アナ、一緒。

サロンバスへ乗り込み、
♯103『ネイチャージモン決死隊 vs 猛獣』ロケへ。
千葉の『市原ぞうの国』へ目指す。

車内の打ち合わせから、
ネイチャージモンの大真面目振りに爆笑。

ネイチャー

行き帰りのバスの中でも、
寺門さん、ずっとハイテンション。
俺を遥かに上回る40歳を越えた躁病としか思えない。

大山倍達を髣髴する、
猛獣相手に「大山空手、もし闘わばの」の世界観。
ネイチャーが妄想エアー対決を繰り返す。

寺門ワールド全開の"奇天烈"ぶりに笑う。

特に目の前で見たカバとライオンの迫力には唸ったなぁ。
動物園としても、子供と一緒に、もう一度来たいものだ。

帰途、バス車内で、CSテレ朝チャンネル『ダチョ・リブレ』の収録。
スタッフが『草野☆キッド』と同じなのだ。
「ネイチャー生みの親との御対面」と題してのトーク。
『お笑い男の星座2・私情最強編』の寺門ジモンの章から、
始まった、ネイチャージモン伝説、
その経緯についての話。

寺門さんからは、ネイチャー・キャップを頂く。

『お笑い男の星座2・私情最強編』だけでは、飽き足らず、
『WEBダ・ヴィンチ』の連載、「4ちゃんねる」で、
膨大な寺門ウォッチングの研究を書いてきたのだが、
まだ物足らない。
丁度、車内で中野翠さんの『斉藤祐樹と日本人』(文春新書)
を読んでいたところだったので、
『寺門ジモンと超変人』みたいな新書を書きたくなった。

一旦、テレビ朝日へ。

♯104『あの人に逢いたくない懺悔ツアー』
恒例シリーズだが、森三中の3人をゲストに。
大きな落とし込みは無いものの、
バス内のフリートークは楽しい。
新宿、六本木を目的地に。

地曳くん、タムケンを乗せて、帰宅。

タムケンそのまま我が家へ夕食を食べにきたが、
料理の用意が無く、
『さぬきや』案内するも定休日、
『ぼちぼち』行くも満席で、
結局、初めて行く、『餃子処タチバナ』へ。
290円の鉄鍋餃子の店で前から気になっていた店。
鉄鍋餃子、水餃子以外にも、
サイドメニューの豚キムチとろ〜り卵かけ。
塩辛ネギマヨなどビールに合い、すっかり出来上がる。

タケシとアニメ会。
ガンバの第3話。一休さん第2話。

子供と風呂。

HDDチェック。
『UFC70』
まさかのミルコのKОシーンに衝撃。

《 長崎・横尾氏が“世襲反対”田上氏に敗れる…統一地方選後半戦 》
《 プリティ長嶋氏「メークミラクル」初当選!千葉・市川市議選 》
《 福島は民主・増子氏、沖縄は自民・島尻氏が初当選−参院補選 》
《 俊輔の左足がリーグ2連覇導いた!試合終了直前に劇的FK弾 》
《 巨人が319日ぶり奪首! 高橋尚、開幕4戦4連勝の快挙 》
《 UFC70 ミルコがハイキックで失神KO負け!王座挑戦は仕切り直し 》

4月23日  月曜日

7時起床。『アサイー』ジュース。

新宿スターホテル東京、
『安心』誌。
バイオラバーについてコメント。

そういえば、5月19日に関東では2回目になる
バイオラバー活用講座」を開催されるようだ。

日時:2007年5月19日(土)18:30〜20:30
場所:日本青年館 5階 502号室
内容:バイオラバーの基礎的な事や使い方をレクチャーいたします
料金無料:出席希望の問い合わせ等は、
こうじんクリニック(03-3402-8111)担当:高島まで
※参加特典あり

『VISA』冊子、
元サイキッカーの編集者がインタビュアー。
アジア映画についてだが、
取り立ててマニアではないので、話を組み立てながら。

今週の『AERA』で、松本人志のインタビューと
「現代の肖像」のそのまんま東。興味深い。

事務所へ。
TBS前で吉田豪と遭遇。
丁度、最新刊の『GONKAKU』
の『1976年のアントニオ猪木』を巡る、
吉田豪vs柳沢健の対談を読んでいたところ。

事務所で佐藤さんに父の葬儀のお礼。
森社長に挨拶。

タケシを連れて散髪、『ジプシーウェイ』

19時、『石井カイロプラクティックオフィス』へ。
加圧トレーニング30分だけ。
タケシは、石井さんとスパーリング。

家飯。
冷奴だけで。

資料読み。
宮崎哲弥さんが、仏頂面日記で触れていた、
『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』(武田邦彦)読了。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

『たかじんのそこまで言って委員会』で話題騒然になったらしいが、
本当に、目か鱗の驚愕の事実だらけ。

「博士も知らないニッポンのウラ」に、
この人をゲストに呼ぶべき。

今回のテーマ、教育改革には、今まで興味が薄かったが、
これを機会に、教育基本法改正から、
教育3法案、関連資料を読み込めば、
いろいろと思うこともあり。

週刊新潮 2007.3.15号

「教育」が危ない 櫻井よしこ

明治開国期に、日本を訪ねたジャパノロジストのE・モースは
愛情と尊敬にあふれた日本人の親子関係に魅せられ、こう書いている。
「日本人は確かに児童問題を解決している」と。
モースが感激した、献身的な愛情で成り立っていた、
日本人の子育てはいまや見事に反転したと高橋氏は語る。
「『子育てはイライラする』と答える母親は、
 1981年の調査では10.8%だったのが、今は75%です。
 『親が子(育て)の犠牲になるのは止むを得ない』と答えた日本人の親は38.5%。
 世界の平均は73%、調査に参加した73ヶ国中、日本は72番目でした。
 ここまで日本人の親心は低下したのです」


アメリカでは2002年に「どの子も置き去りにしない法」が制定され、
不登校について、子ども、保護者、学校、学区、警察の代表が
話し合う制度が作られた。
「警察が入っているのは日本では考えられないことですが、
不登校の親の怠慢だとして親に罰則が科せられるのです。
ワシントン州シアトルでは親は一日25ドルの罰金か、
それに見合うボランティア活動をしなければなりません」(高橋氏)

「親学にとっては、脳科学は強力な助っ人です。
 たとえば、脳には臨界期があり、3歳で脳の神経細胞の6割以上が、
 8歳では9割以上が完成します。
 ならば3歳や8歳までに子どもにどう関わるのが、
 すばらしい能力を子どもに与えることにつながるのかを教えます。
 たとえば愛する能力です。
 人間の脳は3歳までに親に甘えて依存するプロセスのなかで、
 親心が育まれるように出来ているのです。
 愛情深く、情操豊かな人間に育てるには、
 3歳までの親の愛情のかけ方が大切です。
 ところが、日本では乳幼児から3歳までの子育て代行システムが
 出来上がっています。
 女性の経済的自立とひきかえに
 子どもの脳に親心を育てるチャンスが失われる仕組みといえます」

こうしてみると、親学は、人間の幸福の基準を、
より多く働き物質的に豊かになるという軸から、
親子の絆やあたたかな心の交流といった
精神の幸福軸へと切りかえる学びであることがわかる。
物から心への回帰である。口に出すのは容易だが、行うのは難い。
が、それなくして日本の教育、否、日本の再生はあり得ない。

HDDチェック。
博士も知らないニッポンのウラ』2回分。
#2の唐沢俊一編、5/1更新の見城徹編、
いずれも、テレビでは伝えきれない内容。
ネットの無料放送なので是非、見て欲しいな。

《 エリツィン前露大統領が急死…旧ソ連解体で主導的役割果たす 》
《 長崎市長選、無効票1万5435票…多くが伊藤前市長の名前 》
《 松坂・死球にペコリ、6失点も伝統のヤンキース戦で勝利! 》
《 俊輔がスコットランドリーグでMVP!ベスト11など5冠獲得 》

4月24日  火曜日

朝5時起床。
朝から、M2本(宮崎哲弥、宮台真司のユニット)
『エイリアンズ』
『思考のロバストネス』
『ナショナリズムの作法』を通読。

M2:ナショナリズムの作法

宮台真司の本は、よく読んでいる方だ。
と言っても、全てを読めるわけも無く、
当然、通暁できるわけもなく、
その研究は膨大だ。

最近では、ご本人がテレビに出なくなった分、
ラジオとインターネットに特化させて、
ターゲット層へのメッセージを送っている。

俺が読むようになった、きっかけは、10年以上も前、
『リングの魂』で、口ケンカプロレスという企画が組まれ、
世間的にヒールで難攻不落の論客イメージがあった、
宮台真司との対戦要請が俺にあった。
そのとき、『朝生』など見ながら、
いろいろと戦略を練ってみたが、
どうシュミレーションをしても勝てない。
最終的には「リングの上でたぶん泣きながら殴ります」、
と言って、結局、試合は組まれなかった。

その時のキッカケから、
著書を読みようになったが、
現代の成熟社会の生きづらさ、
多様な性の通過儀礼を経て、人格を形成する過程など、
社会学の中でも、俺が首肯するテーマや論理が多い。
ましてや、結婚、出産後の倫理が教科される思考の変遷などは、
俺もかぶることが多い。

本を読みながら、頭の中には、
♪ワカランチンドモ、トッチメチン!
トンチンカンチン、ミヤダイさん〜
と一休さんのテーマが流れる。


13時半、世田谷のスタジオへ。
スズキ秘書運転。

ミランカ、
博士も知らないニッポンのウラ』収録。

第4回、ゲスト・宮台真司。
サイゾーで7年間連載した、
宮崎哲弥との『M2』コンビの復活。

一度、この二人を交えて討論会の司会をしたことがあるが、
2人が言葉をキープすると、
草サッカーに、ロナウジーニヨとロベルト・カルロスが
ドリブルしているようなものだった。
つまり周囲は誰もついていけないのだ。

それを踏まえて、俺が二人の専門用語の翻訳家になること、
インテリ転がしの笑いの見せ場を作る、
2つの気概を持って本番へ。

みらんか


二人で前振り後、
すぐに「コトバのウラ」コーナーから宮台さんを呼んで、
銃規制と不都合な真実の環境問題について。

そして、今回のテーマ、
"教育問題のウラ"についてのトーク。
台本の進行の本筋に入る前から、
そのまま枝葉末節に話は転がり、
しかも専門的、学術的な話になる。

俺は、二人が語る、
「斎藤貴男」が「さいとうたかを」ではないことを力説(笑)

俺自身は、予習しているからこそ、
咀嚼し、理解しながら聞いていられるが、
視聴者レベルで言えば、何処かで方向転換しなくては……。
とシフトチェンジの機会を窺いながら、
最後に見せ場を作る。

M2のセックス指南コントが大ウケ。
さらに、俺が個人的に気になっていた
宮台真司の結婚秘話にも言及。
(今まで、その教育論を散々こき下ろしてきた、大学教授の娘と結婚)
これは実に最高に面白かった。

飛び出しで、NHKへ。
『土曜かきこみTVスペシャル』収録。
みうらじゅんのアート掲示板全集。
子供の日の放送。

みうらじゅん、與芝由三栄アナ、一緒。

岡本太郎のレリーフ前でオープニング。
スタジオに、かきこみテレビのKAKIKOMIミユージアムを設営。
今までの作品の展開VTRを見ながら進行。
ある意味、みうらさんの仕事の集大成。
「学級戦隊ブンボーグ」「銅像このまま」「Q-SHOCK」
「次世代こけし」「知らない人の似顔絵」「かっこいい校長先生」
「ゆるキャラ水戸納豆」「タカミーギターデザイナー」
「飛び出すな坊やSP」などを鑑賞。

感心しつつ楽しすぎる時間。
最後に、俺たちも『らくがお』して終了。

HDDチェック。
『報道ステーション』
『草野☆キッド』など。

《 愛染恭子、14歳のめいに暴行し逮捕…4時間蹴る殴る 》
《 織原被告“ルーシーさん事件”は無罪…傍聴席どよめく 》
《 甲子園常連校の特待制度適用発覚!対象選手は対外試合禁止も 》



4月25日  水曜日

朝が早い。

4時半起床。
『第二週刊アサ(秘)ジャーナル』ロケ。
6時、TBS集合。

またしても、生憎の雨模様。

ロケバスで2時間、栃木県の那須高原。
『那須バギーパーク』へ。

空模様から、バギーパークのオーナーである、
永本さんの建物探訪に。

敷地面積200坪の巨大なログハウス。
暖炉や掘りごたつの風情、
そして田舎暮らしの魅力、
奥様のトーク上手もあり、和気藹々と進行。

昼食、近所の洋食店『モンテ・オ・プール』へ。
ビーフシチュー、牛タンシチュー、
文句無く絶品。

そして、雨が小降りになったところで、
再び、バキーパークヘ。

日刊スポーツに寄れば、

タレント江口ともみ(39)が25日午後、
TBS系「第二週刊アサ(秘)ジャーナル」
の栃木県那須町「那須バギーパーク」でのロケで、
125ccのバギーを運転中、
カーブを曲がりきれず木製のさくにぶつかり腰を強打する事故に遭った。
TBSが発表した。江口は意識はあるが、右腎損傷で絶対安静。
同局広報によると、ヘルメットは着用しており、
司会の浅草キッドを含む4人でタイムトライアル競技を行っていたという。
広報は「当社番組の収録中での事故であり、
大変申し訳なく思っております。
江口さんと関係者の皆さまには深くおわび申し上げます」とコメントした。

病院へ向かうスタッフ、マネージャー隊と、
局へ戻るバスの2班に分かれる。

しかし、スタッフがいくら安全を期しても、
タレントは、現場を精一杯やろうとするもので、
いつ、どこで、事故は起こっても不思議ではなく、
誰が特別に悪いわけでもない。
スタッフもやるせなく、江口さんも無念だろうし、
ロケ場所を提供した永本夫妻も、またお気の毒だ。

スズキ秘書迎え。
明日からハワイロケだが、江口さんが気がかり。
那須の病院の模様、逐次報告が入り、
術後の経過が順調との報で、やや一安心。

家飯。
帰路のインターで買った、宇都宮餃子・豚太の野菜餃子。

ホームページ10周年記念企画の書き込み、
70件の全てに返信する作業。
面識はないが、様々な場所、様々な年齢の人が
親身に読んでくれている。
それぞれの感想、押し寄せる過去の波に襲われ、感傷的に。


《 小学校教諭が昏睡SEX強盗…20歳女子大生に薬物使用か 》
《 TBSで収録中に事故…江口ともみがバイクから転落し右腎損傷 》
《 市瀬秀和が右足骨折…NHK「夏雲あがれ」の収録で着地失敗 》
《 元女子プロレスラーの納見佳容がパニクルー・ホーリーと入籍 》
《 両親の応援むなしく5失点KO…楽天・田中がプロ初黒星 》
《 松井秀、今季1号もヤンキース5連敗で最下位転落 》
《 川崎・我那覇、ドーピング規定違反…処分決定まで出場自粛 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る