4月1日  日曜

8時起床。
『アサイー』ジュース。

新学期、最初のニュースは『博士の異常な健康』、
またまたまたAmazonのエンタ部門で一位を達成。
4月バカのイタズラかと思った。
何が効果か、今回はよくわからず。
コセキさんに分析、お願いする。

午前、原稿、『WEBダ・ヴィンチ』4ちゃんねる、まだ書き出し。
『1976年のアントニオ猪木』について書いているが、
俺の日記の書評に、著者の柳澤健さんからメールあり、恐縮。

酸素カプセル1時間。
相当、アバラの痛みが回復。

第2子出産を終えて、
ノゾミちゃんが無事、帰宅して、
一段落した、マキタスポーツ一家と花見へ。
善福寺川公園へ。
毎日、タケシと走っていたランニングコースが、
いまや桜満開、壮観な景色。

車2台で向かったが、駐車場が無く、
一時駐車にパトカー接近。
やむなく退散。

場所を移して、
善福寺川公園の南にある、
和田掘り公園近くののアスレチックが充実した公園へ。
俺は、アバラ骨のヒビのため、見てるだけだが……。
マキタスポーツがタケシとノノちゃんを際限なく
遊ばせる様子を撮影。

この善福寺川公園周辺の家並みを見るたび、
毎回、住めないものかと思ってしまう。
家探しをしている、子供が居ない時には、
将来、自分が公園をこれほど欲し、
重要になるとは思ってもみなかった。

一旦、帰宅して、
皆で新宿・ワシントンホテル1F『ざうお』へ。

義妹のナオも合流。
マキタ家次女誕生と、ノゾミ・スポーツの帰宅祝い。

生簀で魚を釣って、そのまま料理をする趣向のお店。
日曜日で大繁盛ではあるが、
我々の座席の担当者が注文ミスを連発、
生簀の魚が、一向に食いつかないのも残念。
それでも、子供は大はしゃぎなので良しとしよう。

タケシと一緒に風呂。
寝かしつけに、試しに"しりとり"を始めると、
ちゃんと出来るので、しばし熱中。
「る」で始まる、子供がわか言葉が少ないのだな。
個人的には、「な」で、
タケシが「なびげーしょん」と答えたのも笑った。
「ん」がついてるから駄目だけど、
どこで憶えたのだろう?と思ったら、
『ブルードラゴン』をやる時、俺が、スズキ秘書に、
「攻略本見て、ちゃんとナビゲーションしてくれ!」
と言うからだった。

《 サスケ氏、岩手県知事選で当選したら覆面外す! 》
《 「マイク使うな。うるさい」と頭突き…愛知県議選の演説中 》
《 車内キス撮られた!渡辺真理とヤクルト・藤井の熱愛発覚 》
《 横浜・工藤、古巣にリベンジならず!新G打線、谷が大当たり 》

 


4月2日  月曜

8時起床。
『アサイー』ジュース。
いやはや、息しているのも辛かった、
アバラの痛みが軽減しているだけで、
大袈裟ではなく生きているのが楽しい。

11時50分、東京発「のぞみ」で大阪へ。
奥須賀マネ一緒。

例によって、大丸地下、
いつもは、『知床寿司』だが、
今回は、『高菜や』のちらし寿司を持ち込む。

車内、『編集者という病い』を再読、精読しながら、
締め切りの催促に追われながら、
4ちゃんねるの『1976年のアントニオ猪木』を書きつつなので、
すっかり原稿の中身も両者が入り乱れる内容に。
憑依したまま、読みつつ、書きつつで、
あっと言う間に大阪到着。

本日の大阪の黄砂、
4メートル先の視界がないほど凄まじい。

よみうりテレビ入り。
16時、『情報ライブ ミヤネ屋』生出演。
司会、宮根誠司。
サブ、森若佐紀子、森武史(読売テレビ)
飯星景子、見城美枝子、国定浩一、
川藤幸三、石川敏夫、一緒。

今日の男性不妊問題についてのレポート、
俺自身、興味があるので、整理しておくと、

自分の卵子とご主人の精子を使って、
自ら行った顕微授精によって子供を授かった、
産婦人科の女医さんがスタジオに登場し、
事情を説明してくれる。
(この女医さんもキャラ立ちしていて面白かった)

少子化の原因は「産めるけど産めない」だけではない!
子供の誕生を願いながらも果たせない"不妊症"が増加。
その原因の半分が、実は男性側にある。

05年度に生まれた赤ちゃん約106万人に対し、
子供が欲しくて授からない夫婦は約140万組。

不妊の半分を占める男性不妊とは、
「乏(ぼう)精子症」⇒精子の数が少ない
「精子無力症」⇒運動性が低い
「無精子症」⇒精液中に精子がない。

男性不妊の治療のむつかしさ……
自覚症状がない。
男の方が、検査を受けたがらない。
異常を知ったときに精神的ショックが大きい。

治療法は……現在、顕微授精によって治療効果がアップ!
これまで治療ができなかった"無精子症"妊娠が可能に。

精巣から直接「精子」を採取する
"精巣内精子採取術"で妊娠可能となった。
この方法で、これまであきらめていた患者の
およそ半分が治療可能に。

知らない人も多いだろうな。

帰途、柿の葉寿司を買って、
ひたすらに読書&原稿。
『WiLL』に『1976年のアントニオ猪木』の著者、
柳澤健氏のインタビューあり。
これも興味深く、もっと長く読みたいほど。

1976年のアントニオ猪木

次回作は、木村政彦を書いてみたいとあったが、
俺は、前田日明編をぜひ、読んでみたい。と無いものねだり。

WiLL (マンスリーウィル) 2007年 05月号

家飯。
ミートソーススパゲッティ
ブロッコリー

HDDチェック。

『報道ステーション』
『テレビタックル』3時間SP

《 黒川氏、ついに妻を担ぎ出し…若尾文子が「銀恋応援」! 》
《 東国原知事「タミフルで異常行動に走るかも」−入庁式訓示で 》
《 ソロモン沖でM8.0地震、10メートルの津波押し寄せる 》
《 中尾彬、急性肺炎でICUへ…来週にも退院 》
《 プロ野球ドラフト会議、ドラマ再び!1巡目は入札・抽選復活 》




4月3日  火曜

7時起床。
『アサイー』ジュース。

見城徹『編集者という病い』を読み返す。

編集者という病い

15時、TBS喫茶へ。
『草野☆キッド』打ち合わせ。

TBSラジオの新番組『全国おとな電話相談室』に関して、
スポニチ取材、『2時っちゃお!』取材。

TBSで43年続く、
長寿番組『全国こども電話相談室』の、
放送時間帯に於いても前番組。

我々、2人とも40台の子持ちなのだから、
十分、オッサンなのだが、
キッド=子供が、おとなの相談をするところがミソ。

キッド・チルドレンの宮嵜ディレクターと『Xbox360』話。
ちょうど、俺と同じソフトを挑戦中。

17時、TBSラジオ
全国おとな相談室』本番収録。
 日曜朝8時半〜9時(TBSラジオ)
 日曜朝7時〜7時半(CBCラジオ)
 日曜午前11時15分〜11時45分(ABCラジオ)

ラジオ

一本目、ゲストせんせい・ルー大柴
◎ ちょいワルの匙加減。
◎ 20歳の娘への対応。

二本目、ゲストせんせい・ピエール瀧
◎ 犬に吼えられる営業マン。
◎ 電車のマナー、などの話。

飛び出し、20時、世田谷「STUDIO SATO」入り。
ブロードバンド映像配信ポータル『ミランカ』
博士も知らないニッポンのウラ』3回目収録。
宮崎哲弥、一緒。

◎コトバのウラ。
(赤坂の新議員宿舎問題、耐震偽造問題)

今回のゲストは、
俺のリクエストで、『幻冬社』社長、伝説の編集者、見城徹氏。
意外にも、宮崎哲弥さんとは初対面。

『編集者という病い』を読み終えてから、すぐに、
「どこかで、会いたい」とラブコールを送っていたのだが、
多忙の身、それなら、番組で会えば良いと思いつき、実現した。

ヒット作を生む秘訣〜的な進行メモがあったが、
型どおりの進行も飛ばして、
文壇バーで話ているかのようなマニアックトークに。

ミランカ

それでも、話に出てくる人物は、
ほとんどがスター作家か、アーティストだ。
(尾崎豊、ユーミン、田中康夫、五木寛之、林真理子、村上龍、
 重松清、つかこうへい、角川春樹……などなど)
どんな瑣末なエピソードでも面白い。

例え、深く文学論にまで踏み込んでも、
宮崎さんとも、同世代だけに、
基本的な読書体験が共通しているので、言葉の応酬は続く。

2時間弱ノンストップ。
俺自身が、番組や芸能界で、こういう話を、
自分史を交えて語り合う相手は、なかなかいないので、
スタッフからみても、同行していたスズキ秘書から見ても、
新奇な感があるだろう。

終了後、小西Pが、「いやあ、心底面白かった!」
と言ってくれたが、それはよくわかる。
同じ37年生まれだからこそ、
文化的背景が共通するからだ。


これだけ話しても、
まだまだ俺の取材魂は熱したまま、冷えない。
そのまま、見城さんの運転手付きの車に単身同乗、
インタビューを続けながら、
新宿ヒルトンホテルの会員制のバーへ。
既に閉店時間であったが、二人きりで1時間。

筋肉論やら、角川春樹論やら、
ビートたけし論やら、石原慎太郎論やら、
太田出版の高瀬さんの話やら、
もろもろの話が続く。

いくつか、お互いカードも切るが、実現するだろうか?


「それにしても、今日で、また君の認識を改めたよ」
と見城さんは言ってくださったが、
本を読み、一方的に会わせて欲しい、と頼み込み、
膝をすり合わせて、直談判に持ち込む、
今回の俺の行動そのものが、
見城さんの"編集者としての病い"、
その症状を実践するパロディなのだ。

あまりに直情径行の行動で、
携帯電話も財布も持たずにきたので、連絡方法がなく、
そのままタクシー、自宅払いで25時、帰宅。
俺が、行方不明になっていたので、
スズキ秘書らも対処に困っていただろう。

《 浅野氏に“黄門様”…渡部恒三氏“勝利の印籠”かざし支持訴え 》
《 福岡の民家に白骨・ミイラ化した5遺体…別居の子供から事情聴く 》
《 見栄晴が30歳元OLと結婚!40歳男にも春が来た 》
《 高校野球センバツ、常葉菊川V!29年ぶり静岡に紫紺の大旗 》
《 メジャー開幕!イチロー、岩村、松井稼らは初ヒット 》




4月4日  水曜

5時起床。
朝から原稿書き。

「WEBダ・ヴィンチ〜4ちゃんねる」原稿、
最終回の締め切りを2日延ばしている。
もはや、『1976年のアントニオ猪木』の書評になっていない。

『編集者という病い』の影響を受けつつ、
途中から活字プロレスの変遷と、
プロレス者の自己形成史を延々書いているような内容に。
ひたすら書き続け、どこまでも話は広がっていくのだが、
タイムアップ、1万5千字で脱稿することに。
最終回なので、思い入れた。
ぜひ、この日記を読む人も読んで欲しい。
そのまま、刷り上ったものをカミさんに読ませる。
この瞬間が、俺のなかの『ガープの世界』だ。


11時、順天堂医院、食道・胃外科へ。
しゃっくりが止まらない、
奇病のアカラカシアかしら?疑惑のため、
セカンドオピニオンを求めて検査のため。
一日で検査が多数のため、長丁場になる。
しかも、食事を抜いたままなので、
しんどい気分もMAXだ。

採血。
B1へ移動、レントゲン。
別棟へ移動、食道造影剤を使ってレントゲン撮影。
さらに移動、内視鏡検査。
胃カメラを使う際に痛みが少なくなるオピスタンを処方。
効き目が強くフラフラに、
病院内を点滴打ちながら車椅子に乗って運ばれる。
だんだんと俺の容態が大袈裟になっているので、
スズキ秘書も驚く。

そして、ようやく鶴見先生の検診を受ける。

検査結果は、
アカラカシアかしら?疑惑は払拭。
症状は似ているが、
食べ物が詰まる箇所が違うのだ。
食道アカラシアの疑いは完全になくなる。
食道裂孔ヘルニアの可能性を示唆されたが、
どうやら、それも検査結果とは類似しにくいらしい。
俺としては、ロケや撮影の時に、
食事のシーンで発症するのが怖いから、
病名だけでもハッキリさせたい。
結局、明日、CT検査を受けることに。

アカラシアでは無いのだが、
(さんざんこの日記で煽り、いろいろ教えてくださった方、スイマセン)
ほとんど、人間ドックなので、他の状態も診断してもらう。
血液検査や、胃カメラなどでわかる数値、
他の器官は、全て、極めて絶好調だ。

しかし、半日、大学病院に飲まず食わずで幽閉されながら、
なんにも結果は出ないのは、良いことなのか、どうか。
症状そのもの"今、そこにある危機"はあるのだから、
足踏み気分だ。

合間、村松友視の『ファイター・アントニオ猪木評伝』
『1976年のアントニオ猪木』との比較に取り出したら、
そのまま、読み耽る。25年ぶり。

17時半、終了。

桜を散らず大雨の中をスズキ秘書は、
横浜のクロマニヨンズのギグへ急行。
俺、運転で帰宅。

家飯。
春巻、なすのペペロンチーノ、いんげんの味噌汁
朝から、これが最初の食事になるので、ご飯3杯お代わり。

2日ぶりにタケシと二人で、
『Xbox360』のブルードラゴンを2時間。

タケシとフミちゃんと一緒に風呂。至福。
フミちゃんは、つかまり立ちを始め、
今やひたすらに可愛い。

HDDチェック。
テレビタックルSP。

《 激震再び!西武“裏金”14億円!関係者170人に謝礼 》
《 中松氏の告発状、警視庁が受理…テレ朝番組に呼ばれず 》
《 身代金要求額2倍に…パラグアイの2邦人誘拐事件 》
《 えなり君の初ロマンス発覚!お相手は美人フルート奏者 》
《 K−1MAX、HIROYA、史上最年少プロデビュー戦は1RKO!》

 


4月5日  木曜

8時起床。
飲まず食わずで、今日も、順天堂大学へ向かう。

10時、順天堂医院、放射線部室へ。
胸部のCTスキャンを撮る。
待ち時間も少なく午前中に終了。
今回は診察はナシ。

合間に、スズキ秘書が持っていた、
マンガの『へうげもの』を読み始めるが、
その世界観にあっと驚くマンガだ。

へうげもの 1 (1)


昨日、行けなかった、病院内の山の上ホテルレストランへ。
・摘みたて野菜と海老の塩あんかけ・かた焼きそば
・春の味わいセット、シラスと桜海老の丼&ハマグリ煮麺
・ ビーフカレー(ハーフ)

一旦、帰宅。

13時半、ユナイテッドシネマとしまえんへ。
タケシとスズキ秘書の3人で。
テレビ朝日の山本Pに入場券を頂いてた、
ドラえもんの映画『のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い

タケシ、前作の『ドラえもん のび太の恐竜2006』、
2006年の3月21日が、映画館デビューであった。
昨年は、最後まで座って見てくるのか不安だったが、
今回は、3人の中でも、最も集中力をもって画面を見つめる。
後半、「手を握って」と言いだし、俺に抱かれたまま、
子供と映画館に居る醍醐味だ。
子供の興奮、感性が手を握り締める強弱だけで分かる。
こうなると、この感触だけで、3Dだとかアイマックス方式を越える。

内容は、ハリー・ポッター+バック・トゥ・ザ・フューチャー
という感もある、タイムマシーン・パラレルワールドものなので、
3歳児には難しかったが、本人は、大満足の様子だった。

帰宅後、家飯。
ピーマンのしらす炒め、
ちくわのツナマヨ、
ほうれん草の味噌汁
チキンナゲット、餃子

このところ、食欲が凄い。
マラソン後は、痩せすぎから、流石にリバウンドしたが、
このところ、食べても体重は一定。
まだアバラが痛むので、一切、運動をしていないのだが、
すっかり新陳代謝が効く体にはなっているのを実感。

8−STYLE』の橋口さん、イナゴさん来宅。
ベーロのガチャガチャのお話。

『Xbox360』の『ブルードラゴン』、
久しぶりに3人で旅の仲間を組み冒険へ。
月曜日までに、この冒険を終わらせなければ。

タケシと風呂。

いよいよ、来週の月曜日に向け、
タケシの幼稚園デビューがカウントダウン。
裁縫なんて16歳以来という、カミさんの手作りグッズを20点、
(幼稚園の方針で、手提げ袋やら、上履き入れやら、筆筒やら、
 全てを母親が手作りしなければならない)
コツコツとやり続けたものも完成したよう。
俺は、何も手伝っていなにわけだが、
夜なべをしながらの、その達成感も格別のようだ。

さて、後10日後には、このHPの日記が、丸10周年を迎える。
一日も欠かさずという意味では芸能界最長だ。
その10年の総ヒット数が、
ショコタンのblog一日分で抜かれるというのも、俺の十八番の笑い話だ。

いったい、10年欠かさず、読んでいる人は何人いるだろう。
たぶん、50人くらいはいるはず。
なぜなら完全読破を試みる人は、達成した後、
必ずメールをくれるからだ。
そういうメールを今まで、のべ50回くらい貰ったから。

「ありがたい」と思うと同時に、
それだけ人生を共有する感覚があれば、
もしオフ会などあれば、 話してみたいと思うほどだ。

俺としては単なる通過地点だって気持ちもあるが、
記念行事をやっておきたい。
スズキ秘書が企画を作ってくれる。

【期間限定企画】
「博士の悪童日記」祝10周年!おでとうコーナー
日記の中で、「いちばん印象に残っている日」
「ワタシは10年分、全部を読んだ」などなど、
博士に直接届く、メールフォームを公開中!


《 「都知事」を“釣る!”「エサは真心」…黒川氏八丈島で遊説 》
《 三浦和義容疑者“また”万引で逮捕…容疑は認める 》
《 日本相撲協会Vs講談社、「八百長疑惑」訴訟で全面対決 》
《 楽天・田中、杜の都デビューは6回1失点自責0!勝ち負けつかず 》
《 ホワイトソックス井口が今季日本選手第1号となる同点2ラン 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る