4月6日  金曜

8時起床。
今日も元気に『アサイー』ジュース。

マキタスポーツ来宅。
車をレンタルする。

11時半に、
カミさん、子供と共に、
新装なった高円寺駅ビルの
中に出来た、四川料理店『桂林』へ。
想像以上に広い中華レストラン。
青菜ラーメン、 麻婆豆腐のランチ。
辛さにコクあり、美味し。
今後、会食に使おう。

100円ショップで買い物。

日記を書いたり、諸作業だが、
「新たなる旅立ちの前に俺たちの旅を終わらせよう!」
を合言葉に、
タケシとスズキ秘書と共に、結束して、
『Xbox360』の『ブルードラゴン』三昧。
カミさんに、「やりすぎ!」と叱られながら、
もはや、総計40時間を越え、 意地になっている。

酸素カプセル1時間半。
すっかり、アバラのヒビの痛みを沈静化。

家飯。
ミートソースドリア、ハンバーグ
玉ねぎ味噌汁、相変わらず、ご飯3杯。
成長期か、俺。

HDDチェック。
『報道ステーション』他。

《 やっぱり怪物!松坂、衝撃メジャーデビュー!10奪K初勝利 》
《 トークでは誰がトーカク?“珍言・迷言”で振り返る都知事選 》
《 「休肝日」ないと死亡リスク増加…週に2日以下は1.8倍に 》



4月7日  土曜

8時起床。
『アサイー』ジュース

今日からテレビアニメ『ブルードラゴン』が、
テレビ東京で開始。
タケシ、結局、この日だけで3度も見返すことに。

俺、運転して11時、テレビ朝日入り。
草野☆キッド』収録。3本撮り。

草野仁、堂真理子アナ、一緒。

「草野さんに受けさせたい授業3」、

カラテカ・入江先生。
「使えるコンパ用語2」
前回から引き続き、
これが想定外にウケる。バカバカしく全部、使える。
途中で、「これ以上やったらカットになるから」と止めるほど。

千原兄弟、Jr先生の
「吉本"天然"発見」
十八番話だけに、すべり知らず。

千原兄の「おいしいお握りの作り方」
これまた、くだらない、抜け加減が良し。

俺の「加圧トレーニング」講座。
最後のオチだけのために登場。

そのまま、「草野さんに受けさせたい授業4」の収録。

玉袋筋太郎の「サウナ講座」
これも十八番の持ちネタ、スナックに続いての第二弾。
草野さんの一言が大オチ。

Wコロンの「浅草芸人」
Wコロンを知らないし、
どこまで跳ねるか、不安であったのだが、
見事にクリーンヒット。

アンジャッシュ児島先生、
「麻雀プロの成り方」

『タモリ倶楽部』風なら、
こういう企画で一本まるごと出来るはず。
最後は実践。俺も25年ぶりに卓を囲む。
全自動配杯卓に驚愕。

3本目、『草野ランド知事選』収録。

草野ランドの王様、草野さんが、
草野ランドの知事を選出するという企画。

立候補者が、
松竹芸能所属・クロちゃん、
サンミュージック所属の竹山、
無所属の三又又三、
草野仁推薦の玉袋筋太郎、

三又が無所属となるところ、面白い。
もっと、選挙そのもののイジリである方が……。

氷上マニフェスト発表、
鼻フック草野ランドクイズ、
最後は、大相撲巴戦で決着し、新知事誕生に。

帰途、いろいろ思うところもあり、
車に同乗した三又又三に説教道場。
今、あちこちで「面白い」と芸人仲間の噂も高いのだから、
私生活だけでなく、本番で、もっと力を発揮して欲しい旨。

三又も一緒に家飯。
蒸し鶏のザーサイ和え唐揚げ
豆腐ステーキ野菜あんかけ


明日のPRIDEへ行けるのか、どうかを算段。
各方面に電話連絡するが、
結局、試合開始時間に間に合わず、諦める。

その後は、三又とワインを2本空ける。
今や、たけしとひとしの2天皇を又に賭ける私生活ぶりは、
ネタの宝庫。次々と面白い話が飛び出す。

最後に、「タクシー代貸して下さい」と。
一度も返した試しが無いので、
「このまま泊まって、明日帰れば」と言うと
気が付けば、隣に三又が、歯も磨かず、着の身着のまま、
イビキを立てて寝ていた。


《 さあ都民の審判は?新宿で都知事選3候補、最後のお願い! 》
《 パラグアイ邦人誘拐、解放へ詰めの交渉−発生から1週間 》
《 デビルレイズ・岩村、1号&4の4!本拠地ド派手デビュー! 》
《 ボクシング・新井田、涙の王座統一!1回にダウンも高山に逆転勝ち 》


4月8日  日曜

8時起床。
隣に眠る泥酔の三又が鼾で寝不足。


『アサイー』ジュース。

二日酔いの身には染みる、
野菜入り塩ラーメン。

その後、三又とタケシがK−1のゲーム対決。
手加減なく三又が勝つと、
そのまま、子供からゲームを取上げ、
一人でコンピューター対戦。
声をあげて没頭、熱中。

タケシ、日曜日の午前の子供番組も奪われ、
カミさん、共々、リビングから退散。

相変わらずの三又の傍若無人ぶりを
面白いので我が家は放置プレイ。

一通り遊んだ後、「タクシー代を貸してください」と三又。
やはり1万円を持ち帰る(笑)。


本日、都知事選投票日。
近くの小学校へ。
この小学校に乙武くんが赴任。
テレビカメラをよく見かける。
スズキ秘書、タケシと共に。
もはや体勢は決まっているのだが、
投票は行かねばならない。

スズキ秘書運転。
13時、町田・『ドラゴン道場』へ。

長い道程、資料を読みながら、
90年代のキックボクシング、立嶋・前田時代を振り返る。
当時、圧倒的に、立嶋選手の方を応援していたわけだし、
今も現役の立嶋篤史には、辰吉丈一郎の姿がかぶる。
そして引退後の前田憲作は、
今や誰しもが認める、常勝軍団を率いる、
名トレーナーになっていた。

そして、あのジェロム・レ・バンナに勝利を収めた、
新星・澤屋敷純一を生んだ。

SRS』収録。
福ちゃんD。
「チーム・ドラゴン・強さの秘密」

チーム・ドラゴンは、
前田憲作会長のジム。

近くの居酒屋で着替え。
赤江くん(玉袋)の息子も今回、同行。
道場の練習を見学。

毎回、ジムの練習見学は、退屈することが無い。
なるほどな〜と感心することが多々ある。

狭い場所で、20〜30名もの選手がマス・スパーリング。
堀啓と澤屋敷がコンビで、ヘビー級の大迫力。
K―1トライアウト合格者3人も、
このジムから輩出している。

前田会長がミットをもってのキック、パンチ練習。
かなり小さめのパンチングミットを持って、
独特の振り付けでカウンターの練習をしている。
ボクシング・スタイルだが、 ここに常勝の秘訣がありそうだ。

近くの坂でタイヤ引きの特訓。
これは、前田会長が、陸上選手時代の方法とか。

居酒屋にて、前田憲作会長にインタビュー。

22歳の新鋭・澤屋敷選手、本人も迎えて、
特に、前回のK−1、世紀の番狂わせ
バンナ戦をVTRで検証。

二人共、口下手ながら、
なるほど、と思えることが多々ある。

17時過ぎ、終了。
もちろん、この時間では15時半開催の
PRIDEには間に合わない。

スズキ秘書、運転で帰宅。
iPodで「放送室」、「全国おとな電話相談室」、
など聴きながら。

途中、タケシから電話。
「カミナリさんにかわって」と。
俺が仕事へ行っているのは、
今は、雷様に呼び出しを受けていると信じ込んでいる。

「トレーニングをさぼらなければ、パパを帰してやる!」
と俺が一人二役で熱演。

帰宅後、家飯。
宮崎名産の冷汁。

PRIDEが気になるが、
『Xbox360』の『ブルードラゴン』
明日の幼稚園入学式を控えて、
新たなる旅立ちに向けて、
なんとか今日中に終わらせたいのだが、
なかなか、エンディングに辿りつかない。

雷様、効果で、
タケシ真面目にノルマのトレーニングをやるようになる。

門限の9時半にタケシを寝室に見送り、
いよいよ、『PRIDE.34』PPV録画観戦。

DSE、榊原代表体制最後の興行。
この時点で、ネットも電話も全て遮断して、
事前情報無し、何も知らないまま、テレビに向かう。

今回のカードが弱いのは、事前に承知だが、
予告通りに、何かサプライズが起きると信じて。

オープニング
「Do You Remenber Rock'n Roll Radio」のBGMと共に、
この10年間を凝縮したPRIDE名場面集が流れ、
胸、締め付けられる想いに。
そして、男祭りでリングに上がって
「出てこいや!」コールをした俺たちの姿も一瞬。
ダイスケ、ありがとう!!
アメリカ人が認める、
日本人の"ダイスケ"は、松坂だけじゃない。
とにかく、この映像を見るためだけでも、
会場には行くべきであった。

○ 中尾"KISS"芳広 (1R けさ固め) エジソン・ドラゴ ●
● ズール (1R V1アームロック) バタービーン ○
○ 瀧本 誠 (1R 腕固め) ゼルグ"弁慶"ガレシック ●
○ ギルバート・アイブル (1R TKO) 小路 晃 ●        
● ドン・フライ (1R TKO) ジェームス・トンプソン ○

○ 青木 真也 (1R 腕十字固め) ブライアン・ローアンユー ●
● ヒカルド・アローナ (1R KO) ソクジュ ○
● 藤田 和之 (1R 裸絞め) ジェフ・モンソン ○


合間のサプライズ。
高田統括本部長、
榊原DSE代表のマイクの後、
桜庭和志、田村潔の登場、
桜庭の止まらない涙、
田村の長いマイク。
それを見つめる高田統括本部長。
UWFインターの追っかけであった
俺たちにはたまらない。

PRIDEの会場にこそ、桜は映える。
例え、無残に散ろうとも。
桜庭和志の"すべらない話"はPRIDEの中にある。

きっと、ここに至る、人間関係は歪のままであろう。
今後も、一筋縄には行かないだろう。
それをも含めて、
PRIDEは巨大な物語の神殿だ。

そして、試合は、全て1R決着。
熱戦の連続。
カードが弱いという予断を覆し、
9回の裏に逆転本塁打を放っているような、
爽快な逆転劇であった。

こんな大興奮の大河ストーリーを地上波で、
放送しないなんて、惜しすぎる。
全てを見終えた後も、しばし余韻に浸った。

その後、ニュース、各番組チェック。
都知事選の結果など。いろいろ分析。

しかし、PRIDEの興奮の後では、
選挙も小さな祭りにしか思えない。

《 慎太郎氏“反省戦術”で3選100万票差…即!戻った強気節 》
《 五輪招致、都民も承知!認められた慎太郎都知事“最後の夢” 》
《 民主に勝ち越しで自民も「ホッ」直接対決で3勝2敗 》
《 ヤンキース井川メジャー初登板5回7失点KO…でも黒星つかず 》
《 柔道・谷亮子、2年ぶり実戦も…5年前と同じ福見に敗れる 》
《 PRIDEのリングに桜庭登場!田村戦、実現へ…K−1との抗争雪解けか 》



4月9日  月曜

7時起床。
『アサイー』ジュース。

本日、タケシ、いよいよ人生の節目の第一歩
幼稚園の入園式――。

「ハズカシイよ」
と言いながら、半ズボンの制服に着替えた、
タケシの姿は、なにやら俺にも照れくさいものだが、
可愛らしいに尽きる。

幸い、今日は午前中、俺も仕事が空いた。
カミさんは俺が顔を出すのに消極的であったが、
「親バカを照れない」と説得。
俺も背広に着替えて参加することに。

家の前で記念撮影。
その姿は、「タクシーの運転手さんのよう」でもある。

中野駅で、義父、義母、義妹、マキちゃん、合流。

平日だったので、パパの出席は少ないのでは?
と思っていたが、
思いの他、両親揃っての参加が大勢。
しかも、皆、ビデオカメラ片手に気合が入っている。
どこの家庭でも、この日は一生の記念日である。

落ち着きの無いタケシに式がつとまるかのか?
は カミさん、最大の心配事であったが、
それは、どこの親にも共通することだ。

俺自身、自分の入園式に記憶はないのだから、
人生で初めて実感する入園式は、
式典と言うには、 無秩序の無法地帯、
カオス、混乱、そのものだった。

皆、勝手に話し出す、列から離れる、泣き出す、
「おしっこ、うんこ」の連鎖、などなど、阿鼻叫喚のセレモニーだ。

それぞれの子供が、将来、それぞれのお家で
語り草になるような、笑いを誘う奇行、パフォーマンスの連続。

俺が一番、ウケたのは、
最初から最後まで、園児の席に座らず、
かたくなに来賓の席に、座り続けた、
子供など実に良い味を出していたな。

タケシも式の途中に立ち上がり、
なだめる先生に対して、
「コシがいたい!」と言い出し、満場の笑いをとった。
(子供らしからぬ、この台詞は俺の口癖を真似ているのだ)

そして、園長先生が、
幼稚園の最大のイベントとして語っている、
農場見学での乳搾りの話の際に、
「もう行きました!」
と一番前から返して、親を赤面させた。

年中さんと年長さんのお兄さんお姉さんが、
歌をうたってくれた時も、一人、席を立ち、
真ん中にに並んで口ぱくで歌い始めた。


将来まで親戚定番の語り草になりそう。

俺もビデオをもってくれば良かった。

全体写真、家族写真を撮って頂く。

この大人しくすべき場所での、カオスの状況を見るにつけ、
改めて見ていると、
一人っ子、2人兄弟、3人兄弟で、
それぞれ性格も違うし、親の気配りも変わってくる。
それぞれ、大変さが個別であるのだなぁ。

一くくりに、公の席での"親の躾"で括れない、
アドバイスや方法論が必要なのだなぁと実感。

一度帰宅。
車2台に乗りなおして、
六本木の「東京ミッドタウン」へ。
初めて訪問したが、六本木ヒルズに比べれば、
解放感あり。
義妹、ナオちゃんが仕事を関連する
『A971』で食事。
野菜丼。

一人途中抜けして、TBSへ。

TBSラジオ広報誌『954』
全国おとな電話相談室』について、
取材と写真撮影。

合間、赤江くん(玉袋)とPRIDE話、尽きず。

1F喫茶
『第二週刊アサ(秘)ジャーナル』打ち合わせ。
またしても、朝霧高原に行くことに。

事務所へ。
『GetNavi』
俺たちの連載「新選組!」最後の取材。
総集編として、振り返る。
連載時には、スルーした、
『Xbox360』の評価が急浮上したのが面白かった。

ちょうど事務所に来ていた、
お宮の松を車に乗せ、帰宅。
昨日のPRIDE話をしながら。

帰宅後、帰途に着く、義父、義母、マキちゃん、
皆で、 高円寺駅、四川料理、中華『桂林』へ。

タケシを囲んで何度も乾杯。
多すぎるほど、アラカルトで注文。 満腹に。

今日の日に再会する予定だった、
親子マラソンも、雨のため中止。

『Xbox360』の『ブルードラゴン』
今日こそ最後とおもったが、
最後のボスキャラに苦戦。

結局、タイムリミットで断念。
今まで23時までは、タケシは俺と遊んでも良かったが、
今日から、21時半が就寝時間となる。

HDDチェック
『ダウンタウンがキャスターやります』
キッチリ委員会、オモロ。


《 岩手競馬事業計画、根本的見直しへ…初当選の達増知事が示唆 》
《 「くまぇり」こと平田恵里香被告に懲役10年…長野地裁判決 》
《 強圧的指導で女子学生が自殺…高崎経済大、准教授を免職 》

 

4月10日  火曜

7時起床。

今日から、タケシも毎日、7時半起きで、
8時半には登校だ。

アサイー』ジュース。
お握りと味噌汁。

一緒に朝ごはんを囲んでから、
カミさん、タケシを見送ることに。
自動車送迎は禁止なので、
カミさんが、フミちゃんを背負い、自転車通勤に。

明らかにタケシは寝不足の様子。
最初はぐずっていたが、
いざ、ママと離れる時は、ケロッとしていたとのこと。

昼には、終了。
カミさんに「行きは、パパもたくさん、見送りに来ていたよ」
と言われて、 お迎えは、俺が、自転車で向かえに行くことに。
幼稚園に着くと、長蛇の列。
全員、ママだらけ。
かなり赤面しつつ、 列に並んでいたら、保護者カードの出し方など、
親切に教えていただく。

タケシもまさか俺が来るとは思っていなかったので、
ビックリ顔。
「どうだった?」と聞いたら、
「すごい、おもしろかった。
 ママがいなくても、ぼく、泣かなかったよ」
と自慢気で一安心。

二人で自転車に乗って、ゲラゲラ笑いながら、
坂道を走っていると、楽しさひとしおの高揚感。

コンビニに寄り道、ママにお土産パンを買って帰る。

一旦、帰宅後、
体操着のタケシの姿が、可愛らしく、
『高円寺』という寺に行って、記念撮影。
高円寺キッドだ。

寺

仕事へ。
久々に自転車を取り出す。
埃をかぶったトレックを掃除をしてから。
昨年10月31日以来の自転車操業。
40分。

15時、渋谷、「ARIMAX HOTEL」へ。
『相鉄瓦版』取材。
先着の赤江くん(玉袋)の後から
「ストレスとのつきあい方」について。

インタビュアーは浅草キッドのファンであり、
いろいろ日常も知悉している様子。
話やすいので、ああでもこうでもないの話。
堂々巡りをしながらも、
ストレスという負荷を過剰に求めながら、
その反作用を推進力にしている。
という現状でまとめる。

帰途、自転車操業40分。

帰宅後、一人でカレー作り。
タケシの幼稚園入学に合わせて、
俺も幼稚園級から始めることもある。

学生時代は自炊をしていたが、
今は、すっかり「男子厨房に入らず」が長過ぎる。
味付けだけでなく下拵えから、
ピーラーを使わず、自分で包丁を持って作るのは、
15年ぶりくらい。
粉末納豆を隠し味に、子供でも食べられる甘口は好評だが、
その分、食べ過ぎる。

今日から、親子ランニングも再開。

タケシとスズキ秘書を連れて善福寺川公園、
散りかけの枝垂れ桜の幻想的な光景のなか、
3,4km、38分。

俺は2月18日、マラソン本番以来のジョギング。
タケシも、2月10以来の久々。

最後の3人の全力疾走、毎度、のぼりつめる至高な気分。
記録的には、短めながら時間もかかっている。

帰宅後、『Xbox360』の『ブルードラゴン』、
最後のボス攻略。
大団円のエンディングを迎える。

ブルードラゴン
トータル、51時間を費やした。
そのうち10時間は、
スズキ秘書がEXP上げをやってくれたが、
残りの40時間は、3人で常に隊列を組んだ。
ゲームと同じようにパーティーを組むようになってから、
本気ではまった。

俺が操作、スズキ秘書が攻略本を持ってナビゲーション。
タケシは画面に合わせて物真似。
3人で力を合わせ、敵と戦い、長い旅をした。

本当は、タケシはこの冒険の旅を終えて、
新たなる、子供の冒険の旅である、幼稚園へ送り出したかったが、
今日まで遅れてしまった。

俺は、ドラクエなど、
この形式のRPGを攻略するのは人生初のこと。

たぶん、一人なら、いつものように
こんなもの、たかがゲームじゃないか、リアルじゃない、
時間の無駄だ、と途中止めにしていただろう。

確かに鳥山明のキャラクターデザインも、
ファイナルファンタジーシリーズの
坂口博信の総指揮による骨太の物語、
圧倒的なグラフィックも目を見張った。

しかし、なにより、今回は、共に物語に浸る子供がいる。
しかも、彼は、たかがゲームじゃねぇか、などとは思っていない。

いや、むしろ、自分が旅を続ける戦士だと思い込んでいる。
現実と仮想の区別がつかない、この時期に、
ファンタジーをファンタジーと過ごす時間を共有したかった。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを観了している、
タケシにも、物語の世界感は伝わったはず。
RPGの全ては、「ロード・オブ・ザ・リング」を端緒としており、
そして、流れるモチーフは、
第二部にあたる『二つの塔』のラス前、
サムがフロドに言う長台詞に集約されている。

 心に深く残る物語の中に、入り込んだ気がします。
 暗闇と危険に満ちた物語……。

 明るい話になり得ないので結末を聞きたくない。

 悪いことばかり起こった世界が元に戻ります?
 でも、この時間もいつかは消え去ってゆくでしょう。
 暗黒の日々に終わりが、新しい日が来ます。

 そういうのが心に残る意味深い物語です。
 子供の時は分からなくても、
 なぜ心に残ったのか今はよく分かる気がします。

 物語の主人公たちは決して道を引き返さなかった。
 何かを信じて、歩み続けたんです。

 この世には命を懸けて戦うに足る――
 尊いものがあるんです。

上記の台詞が、俺の心に流れている以上、
今回は、途中止めに出来なかった。
いったい、あの幼稚園の前のひと時、
何故、あんなに夢中でやりつづけたか、
子供の時にはわからなくても……。

タケシにもいつか思い出して欲しい。

クリアー後、3人で固く握手、
感無量――。

HDDチェック。
「さんまのまんま」(1000回記念ゲスト・ビートたけし)
「ブロードキャスター」
「サンデージャポン」などなど。

サンボマスターの山口くんから電話。

《 雪に接触か、乗客と機長の2人死亡−北アルプスヘリ墜落事故 》
《 パラグアイ邦人誘拐事件、女性秘書を解放−発生から9日ぶり 》
《 陣内&紀香が晴れて入籍!別室用意、市長登場の超VIP待遇 》
《 島田洋七が吉本興業との契約解除へ、著書の印税配分が原因か 》
《 広島ANGRY精神見せた!ブラウン監督退場で4戦4勝 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る