6月21日   木曜日

6時起床。
アサイー』ジュース。

本日は、一日、数珠繋ぎに仕事なり。

朝から、テレビを見れば、
ビリーズ・ブートキャンプの
ビリー・ブランクス隊長が、各局、ひっきりなしに生放送で出演している。
もはや、ハリウッドスター並の来日アーティストだ。

そして、不肖・俺も隊員だ。
『ビリーズ・ブートキャンプ』の4日目をやらなければならない。
時間が無い……。

で、朝10時から開始。

流石に、家族は欠席、スズキ秘書と二人きりで。

ビリー・バンドの代わりに、
加圧ベルトを巻いて、
俺のオリジナル方式採用だが、
さらに強度を上げて、流石にキツいトレーニングに。

足元には、汗の水溜り、全身汗みどろになりながら、1時間乗り切る。

朝ならば、ビールを飲まないところが良い。

糸井重里さんが、『ほぼ日』に書いていた、
ダイエット法のキャベツ鍋を、お弁当にして持参する。

12時半、TBSラジオ入り
全国おとな電話相談室』収録。

一本目、松尾貴史
「政治の話に興味が無い大人」、「電車の中の観察癖について」。

二本目、笑福亭笑瓶
「夫婦の会話」、「セックスレスについて」

二人は、大阪芸術大学の先輩後輩であるし、
ある種、物真似芸で世に出てきたことも共通するのだが、
これほど、対照的な芸風はないだろう。

松尾貴史さんは、厳格、理知的、
笑瓶さんは、ずぼらで、芸人的、
それぞれの芸風が出た解答ぶりであった。

明日のTBSラジオ「ストリーム」特番の打ち合わせ。

空き時間、青山でトミナガマキ、
消しゴム版画の個展『ネクター』を見学。

素晴らしい。
才能と言うのは、
世に認められたいという意志を含むものだから、
才能の天敵は、"照れる"ことだ。

18時半、フジテレビ入り。

マッキーに8−STYLEからTシャツ進呈。

SRS』スタジオ収録。
「K−1アムステルダム大会直前情報」
西山茉希、角田信朗、三宅正治アナ、一緒。

角田信朗さんと『ビリーズ・ブートキャンプ』についての話。
いろいろと商品的な改良点、"気づき"があるわけだが、
日本だったら、角田さんを隊長に、
もっと繊細なものが出来ると思うけどなぁ。

終了後、移動。

空き時間。青山詣で。
宮崎マンゴーをご馳走になる。

成り行き上から、再び、個展『ネクター』を訪問。

23時半、六本木ヒルズJ-WAVE入り
山口隆のOH! MY RADIO』ゲスト生出演。

音楽界のたけしチルドレン・サンボマスターの山口くんが始めた、
『ビートたけしのオールナイトニッポン』
の再現そのものであるラジオ番組。

山口くんとはかれこれ、
雑誌、テレビ、ラジオで4度目くらい対談。
その他、プライベートでも喋っているわけだから、
すっかり話し込んでいる。

最近では、俺たちの橋渡しもあり、
念願の殿への面会もかない、
監督・ばんざい!』の応援歌も歌った。

本番直前まで、
スズキ秘書が、カメラに収めた、
タケシがアンパンマンギターで、
自作のバンク曲を歌う様子を見せながら雑談。

タケシにとっても、サンボマスターは、
幼少期から面識のあるヒーローだ。

すっかり準備もなく、リラックスしたまま、
ノープランでスタジオに入るが、
毎回、相思相愛の精神的ホモ同士の、
互いのリスペクトの堂々巡りとなるので、
あえて、『ビリーズ・ブートキャンプ』や、
免許証事件の頃など、俺の若気の至りの話をする。



基本的には、バカ話なのだが、
最後は、いつものように、メジャー、マイナー論。
「なんで、世の中に対してそんな方法論なのよ?
もっと近道があるでしょう」
と、お互い様な議論が続くわけだ。

帰途、カーラジオから、
番組後半の、山口くんが『歌声よおこれ』を
生ギターの引き語りで、実にカッコいい。

少なくとも俺のことを表層でなく、
心底、理解してくれていて、
また、その仕事を意識してくれる、後に続く人で、
ジャンルは違うが、こんなに才能に溢れ、
時代を突破する可能性がある人は他にいないだろうな。

帰宅後、晩酌。朝3時就寝。

ウドちゃんから、丁寧なお礼、お手紙。律儀なり。

《 7月29日参院選、争点は年金問題…自民大敗なら首相退陣も 》
《 又市幹事長が新潮社を提訴…女性問題の記事で「選挙妨害だ」 》
《 通行人の男性は重度のやけどで重体…「シエスパ」爆発事故 》
《 ミートホープ社長、指示認める…豚肉混入でコスト削減 》


6月22日   金曜日

5時起床。
『アサイー』ジュース。

今日も夜まで仕事が続き、空き時間が無いので、
朝から、『ビリーズ・ブートキャンプ』5日目をこなす。
今日から腹筋強化プログラムで、
時間が30分強に短縮される。
腹筋は日頃から鍛錬しているので、これなら楽だ。

14時、『熱血!平成教育学院』
劇団ひとり、スピードワゴン・井戸田、
平山あや、磯野貴理、アリキリ・石井
宇治原史規、関根真理

宮川俊二、大塚範一、皆藤愛子・

キャスター・スペシャル第2弾。

国語理解力検定、時事ネタ検定問題など、
意外な答で面白かったなぁ。

楽屋で、他番組に出演の山本モナとゲーム話。
彼女も『Xbox360』マニアなのだ。

ボーリング大会のお返しを下さった、
タイムキーパーの黒岩さんに御礼。

終了後、移動。
雨降りの金曜、大渋滞に巻き込まれる。
生放送に一時間、遅れで到着。

TBSラジオ入り。
『輝く!「コラムの花道」傑作選〜オールタイムリクエスト』
なんと4時間10分もの生スペシャル。
萩原健太さんと共にゲスト生出演。

小西克哉、松本ともこ、一緒。

TBSラジオ『ストリーム』の「コラムの花道」への俺の偏愛ぶりは、
たびたび、書いてきた。
実際、番組も絶好調であり、
今年は、「ストリーム」がギャラクシー賞に輝いた。

今回の『コラムの花道』特集の選出も、
俺が『WEBダ・ヴィンチ』4ちゃんねるの連載で、
2回に渡って選んできた。
「ベスト・オブ・コラムの花道」の選出を踏まえているようだ。

名作コラムの再編集したテープを流し、
コラムニストと電話で繋ぎながら、
それぞれのコラムニストの特徴を分析、
『コラムの花道』の魅力を熱弁。

小西さんの吉田豪への最初の頃の評価が笑った……。
もともと、サブカル側の人ではないのだから、
それは、知らない人もいろだろう。

むしろ、毎回、これだけ硬軟織り交ぜた面子の話を仕切り、
しかも、ちゃんと受身を取る、
小西克哉さん、松本ともこさんの腕も評価したいところだ。

そう言えば、岡留安則元編集長も、
朝日ニュースター「TVウワサの真相」の単行本版で、
小西さんの仕切りを絶賛されていた。

生放送の長丁場を終え、
前日から徹夜仕事と思われる、スタッフを含め、皆さん、ビールで乾杯。

帰り際、TBSの出口に人だかり。
丁度、ビリー隊長が、次の任務に出かけたのだ。

代官山カレーパンをお土産に帰宅。

本日は、相棒の40歳、不惑の誕生日であり、
そして、我が家では、結婚記念日5周年であった。

子供たちは寝静まっていたので、珍しく二人で晩酌。
カミさんは授乳期なのでお酒は控えているのだが、本日は特例。

結婚した時に、高田文夫事務所の松田さんに頂いていた、
年代物のワイン、『シャトーアンジュラス』のカロン・セギュール
カミさんが結婚、5年経ったら飲もうと、取って置いていたことのこと。
今日の記念日に空ける。
すっかり俺は忘れていたのだが(笑)

しかし、酒が入れば、
せっかく、一日をダイエット弁当のみで過ごしているのに、
カレーパンを3個も平らげ、すっかり暴飲暴食。

ビリー隊長の特訓で減らした体重も元通りに。

『Xbox360』を一人で。

《 安倍首相、今年初めには認識…基礎年金番号未統合記録で答弁書 》
《 厚生年金紙台帳83万件を違法廃棄…12万件は支給漏れの恐れ 》
《 JR5時間ストップ!架線切れ停電、1万6000人歩いて通勤通学 》
《 桑田「対戦できただけで幸せ」レインボーカーブでイチロー斬り! 》


6月23日  土曜日

6時起床。相変わらず、早朝に目が覚める。

連日、日常業務の上、原稿書き、
プラス、『Xbox360』三昧で睡眠不足の上に、
『ビリーズ・ブート・キャンプ』にキャンプインしたせいで、
明らかに疲れがたまっている。

テレビ仕事の上では、完全オフ日。

今日は、骨休めに徹する。
外出せず、酸素カプセルに断続的に入る。

酸素カプセルは、
普段は、あまり気がつかないことだが、
こういう筋肉疲労がたまっている自覚があるときは、
効果が覿面だ。

一日、家の中に篭りきり、次回作『筋肉バカの壁』を書き進める。
合間、合間、『Xbox360』、禁断症状で、
一通りのタイトルを遊ぶ。
やばい、面白すぎる。

家飯。
キャベツ鍋、トマトと茄子のトッピング。

俺が食事制限をしている横で、
タケシは旺盛な食欲。
カレーを3杯、お代わりして完食。
子供が食欲あるのは、しあわせな気分になるなぁ。

一日の締めくくりに、
『ビリーズ・ブートキャンプ』 6日目。
腹筋プログラム。
腹筋なら、腰痛対策のため、10年も毎日、やり続けているので大丈夫。
時間も、30分代と短縮されているので、つらさを感じない。

毎度のことながら、あまりの発汗量に、
練習終わりに、ビールをグビグビと飲み干してしまうので、
体重計に乗っても成果がない。

HDDチェック。
『ガリベン』寿司編。
『報道ステーション』
『ブロードキャスター』

《 ミートホープ社、賞味期限も偽装の疑い…返品ものを再利用 》
《 日本ハムが交流戦初V!ダルビッシュ、甲子園で悲願達成 》
《 松坂が思い出のマウンドで力投9奪K!マダックスに勝利 》


6月24日  日曜日

7時起床。『アサイー』ジュース。

8時半、スズキ秘書送り、TBSラジオへ。
9時、『全国こども電話相談室』生初出演。

8時半から、俺たちの『全国おとな電話相談室』
オンエアーは、録音だったわけだが、
2本引き続いての出演は、光栄なことだ。

しかも、こんな長寿番組に出演できるなんて……。
こどもの時には、想像も出来なかった。

ピーコ、柳田理科夫先生が一緒。

「大人の不思議」特集。
「どうして、大人は電話のときに声が高くなるの?」
「どうして、大人はお酒を飲むの?」
「どうして大人は毛が生えるの?」などなど。
子供の質問に対して語りかけるのに、
自分の脳内のボキャブラリーをひらがなに直すのにタイムラグあり。
普段、自分が漢字で喋っているのを自覚する。

ピーコさんの言葉のキープ力、
柳田先生の知識の裏打ちも面白い。

「かわいい」の概念が、生物に共通するとの話など、
もっと詳しく語りたくなる。

スズキ秘書運転、
首都高に乗って、大急ぎで、国士舘大学・多摩キャンパスへ向かう。

今日は、子供を、 ノビー・ブートキャンプに入隊させるのだ。

高田道場〜ダイヤモンド・キッズカレッジ
レスリング&ボクシング教室へ。

今回、『石井カイロプラクティックオフィス』の、
石井さんに誘われて、参加することに。

高田道場が、レスリング、ボクシング振興のため、
定期的に主催しているイベントだが、
大好評につき、すぐに親子の参加者が埋まるようだ。

俺が到着すると、既に受付が終わっていて、
子供たちは、皆、御揃いのTシャツ姿に。

キャンパスそのものも、広大な敷地なのだが、
レスリング場も、大広間、全面にマットが敷かれてある。
既に、子供たちは、全員が、おおはしゃぎで走り回っている。

同じ柄のTシャツ姿で、元気溌剌な様子、
その姿だけでも、うっとりとなる。

石井さんの和術慧舟会の後輩にあたる、小路選手にご挨拶、
西島洋介選手ともご挨拶。

控え室の高田延彦、向井亜紀夫妻にもご挨拶。

午前中は、レスリング
午後から、ボクシング
タケシも5月の肺炎以来、激しい運動は控えていたので、
今日は、張り切り、テンション高し。

しかし、タケシは、いまだ団体行動が出来そうも無いので、
かなり心配していたのだが……。
石井さん宅のハルくん、テンくんと一緒なので、
手を繋ぎながら、ちゃんと参加している。

何より、感心したのは、
約50人の参加の子供に対し、
高田道場の選手や、国士舘の運動部の生徒など、
なんと20人を越える、屈強なる体格の先生が目を光らせ応対している。

子供も雰囲気を察するのだろうな。

これなら、やんちゃで無軌道な、子供も誰も落ちこぼれもなく、
それぞれに、ちゃんと目が届く範囲で、
実にのびのびと楽しそうにレッスンを受けている。

皆で周回ランニング、柔軟体操。



受身、タックル、1分スパーリングと順調に。

向井亜紀さんも積極的に、
マイクを通して、子供にも、わかりやすい説明でフォロー。

子供たちは、皆、元気で溌剌としている。
随時、飲み物も支給される。

大人たちは、カメラとビデオを抱えて見守るわけだが、
これが、長時間、見ていても退屈しらず。
日曜日のイベントとしては、これ以上のものも無いだろう。

最後は、抽選会、
参加者全員にタオルのプレゼントもあし、
ホントに至れり尽くせりのイベント。

校舎のテラスで、家族でお弁当を食べる。

取材に来ていた『Kamipro』の坂井ノブ記者と話。
ノブくんもこのイベントについて大絶賛。

午後は、ドラミングのパフォーマンス。
そして、ハッスル出場のKUSHIDA選手、\(^o^)/チエ選手による、
プロレスシュミレーションで客席を沸かせた後、

ボクシングの授業。

準備体操、基本練習、ミット打ち、など。
あのタケシが、
自分の順番が来るまで、ちゃんと整列できているだけでも、
俺としてはジンとくるものだ。

終了後は、またしても、抽選大会。

参加者の家族、一組、一組と、
応じられるまま、高田延彦さんが、
丁寧に、記念撮影に応じる。

これは午前中も同じ。

一日、父兄席に居て、周囲に聞き耳を立てていると、
他の親御さんも、皆、口々に感心と感謝しきり。

なにしろ、これが無料のイベントなのだから……。

これはリピーターになるのは当然。
むしろ、申し訳なくて有料イベントにして欲しいほどだ。

レッスン終了後、
小路選手、西島選手と一緒に写真を撮っていただく。

高田延彦、向井亜紀夫妻に、ご挨拶と御礼。

我が家にとっては、
タケシが、幼稚園以外で、
ちゃんと、習い事を最後まで集団行動出来た最初の日である。

帰りの車のなかは、タケシもグッタリと眠っていた。

帰宅後、
せっせと原稿書き、勤しみながら、
気分転換は、『Xbox360』――。

『ギアーズ オブ ウォー』。
当初、ゲーム慣れしていない時は難しすぎると、
すっかり、購入後も寝かしていたが、
今は、すっかりリモコンの操作になれたので復活。



しかし、とてつもないグラフィックであり、面白すぎる。

ダイハードの新作だって、柴尾さんの激賞を読めば行きたくなるわけだが、
しかし、今、俺の中の、
ハリウッド大作に浸りたく映画館に行きたい願望は、
『Xbox360』が完全に代替している。

『ビリーズ・ブートキャンプ』7日目。
ついに4枚目のDVD、最終プログラム。
キャンプ最終日だ。
スズキ秘書、
そして「じゃましないから」とタケシも一緒に。
30分のコースなので、随分と楽に思える。
加圧ベルトを巻いて、負荷をきつくしながら。
最後のビリー隊長の演説の台詞には、
ちょっと驚いた。


本日をもって除隊となった。

晩酌。

HDDチェック。
『K―1オランダ大会』(サップの復帰戦が不様なことに)
『プレミアA』(銚子電鉄物語、ビリーズ・ブートキャンプ特集)
『サンジャポ』
『松本人志の大人間論〜究極の笑いを求め続けて』(NHK-ハイビジョン)

《 これぞフサイチ流!?関口氏は街頭演説より競馬場!! 》
《 でたぁ!「トトビッグ」6億円!日本くじ史上最高額! 》
《 “最強の51歳”ビリーが信者400人と「ビクトリー!!」 》
《 “王さん超え”へオッサン爆走中!楽天・山崎武が27号ソロ 》
《 K−1・巨獣サップ半べそ!26秒であっという間のKO負け 》



6月25日  月曜日

7時起床。『アサイー』ジュース。

スズキ秘書送り東京駅、

大阪行き、車中、
『ノンフィックス』の星子幼稚園の回を再見しながら原稿書き。
この幼稚園へ実際、取材に行きたくなる。

弁当箱持参、キャベツ鍋にモヤシ、豚肉、蒟蒻トッピング。
量が多かったので、冨永マネにも分けるが、
「美味い!美味い!」と楽屋の弁当+おかずとして食べていた。

よみうりテレビ入り。
16時、『情報ライブ ミヤネ屋』生出演。
司会、宮根誠司。サブ、森若佐紀子、森武史、
飯星景子、国定浩一、川藤幸三、浜辺陽一郎、一緒。

ここでも、冒頭から『ビリーズ・ブートキャンプ』の話題。

特集・地域医療危機の話題などにコメント。

楽屋で、他の番組のゲストの、
ブラックマヨネーズの小杉くんと話。
最近は、一時の増毛具合のペースが落ちた様子、
蝋燭を頭に被って以来、また、ごっそり抜けたとか。
『ビリーズ・ブートキャンプ』初日、実践中とも。

大阪からの帰途、明日の仕事用のノート作り。
明日は、芸人生活、初の単独の講演会なのだ。
2時間、一人で喋り通せるためのチャートを一応、作っておく。
果たして、出来るのかしらん?

『BRUTUS』の『大松本論』改めて。
茂木健一郎との対談や、
美術評論家、精神科など多岐の分野による執筆人のレビューが
どれも秀逸、なにより「天才論」としても実に興味深い。


『肉のハナマサ』で買い物。

HDDチェック。
『報道ステーション』

《 「ヤンキー先生」正式に自民から出馬表明「教育改革に力を尽くす」 》
《 「呪い殺すぞ」千葉の騒音おばさん逮捕…警察の注意も無視 》
《 安倍首相が夏の賞与を全額返上…厚労相、社保庁長官らも追随 》
《 大学野球・日本のエースだ!佑ちゃん満場一致で日本代表に選出 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る