6月1日    金曜日

7時起床。
アサイー』ジュース。

タケシの幼稚園の登校を見送る。
この3日ほど、漫才に没頭。
かつてないほど相手をしていなかったので、
本人も嬉しそうだ。

昨日の舞台のDVDを見返す。

U字工事も、お金をとれる芸になったもんだ。

松村邦洋くんが最高。
小泉純一郎と安倍晋三のやりとり部分、
笑い転げる。

昨日の徹夜で舞台の強行軍の影響か、
疲労が激しく、うつらうつら。

スズキ秘書運転、
渋谷・西武にて、お礼の買い物。

15時過ぎ、恵比寿・一撃カフェ入り。
SRS』収録。
極真会館「第24回 全日本ウェイト制 空手道選手権大会」特集。

ベーロを「かわいい!」と、気に入っている、
マッキーに、8-styleから頂いた、
ベーロの帽子をプレゼント。

ウエイト制大会を控えて、
成島竜師範からのお話。
赤石誠選手に抱負を聞く。

館長室にて松井章圭館長にインタビュー。
父の葬儀に際し、
大変な気配りして頂いたことに御礼。

終了後、移動。
セルリアンタワーへ。
博士も知らないニッポンのウラ』打ち合わせ。
次回は、外交問題。青山繁晴氏がゲスト。
個人的には興味を持ち続けているが、
外交問題、安全保障などは、専門外。
下準備がゼロなので、追い込まねば。

20時半、帰宅。
家飯。


テリー伊藤×青山繁晴
『お笑い日本の防衛戦略〜テロ対策機密情報』(飛鳥新社)



5年前の本で、以前にも読んでいたが、
改めて読み直しても、ゾッとしつつも興味深い。
また、青山繁晴氏の現代への警鐘(5年経っても変わっていない)
その発言の立ち居地を確認。

私は、軍事オタクの方々は決して軍事評論家になってはいけないと思っています。

「軍事オタクも趣味だから自由だけれど、防衛庁担当の記者になってはいけない」

94年に「新しい防衛計画大網ができるから、その全文を事前に抜いてくれ」
って共同通信の政治部長に言われて
初めて防衛庁に行くまではそれほど関心はなかったですね。
むしろ嫌いな分野でした。


実は日米安保条約が想定してる大規模な国家間の戦争は
おそらく二度と起こらない。
日米安保条約が無力になる時代が来ると言うことは、
私は防衛庁の「幹部研修」の講義でもずっと言ってきましたが

アラブ人から見たら、日系アメリカ人に過ぎないわけです。
だから日本は第三国にはなり得ないんです。

あえて言えば、軍事攻撃(アタック)は嫌いなんです。
私はいま安全保障の専門家になってるけど、
もともと少年時代から、戦闘機とか軍艦とかは嫌いな少年でしたから。

この狭い日本列島の中に50以上の現在稼動してる原理力発電所がある。

関西の頭の上には福井県の"原発銀座"があります。
前々から私は、そこに対するイスラム原理主義と
北朝鮮の連携テロの可能性を指摘してきたわけです。

いま戦争が起きたら自衛官の4割はやめるだろう、と。
でも、6割は残るわけです。

一応24万自衛隊と言っているけれども、
実際は4割差し引いた戦力と考えなければいけない。
自衛隊の実質は24万人じゃなくて、14万人に減っちゃう

現状で日本にいるのが2万人。
ただ、普段は普通に主婦をやってる人を含めて、
要するに特殊任務を背負ってる北朝鮮の人っていうのは2万人いる。

テリーさんとの対談に応じた一番の理由は、国民一人ひとり、
一度だけでも自分の頭で自分の安全保障を考えてみてほしい、という気持ちです。

国民の判断でどの程度の戦力があって、どの程度の装備をして、
核を持つのか持たないのか、そういう判断をしたことがない。
安全保障について、一度も。

「日本は二度と戦争に強くなれませんね。
 あなたの国は国土が小さい上に人口が密集している。
 しかも原発を50以上持っている。
 だから、余計なことはしなくていい。
 別に自衛隊の正規軍と向き合う必要もない。
 我々がやるわけじゃないが原発さえ破壊したら、日本列島は死の島だ。
 日本国はなくなる」

安全とか防衛というものに関心がない国民という背景をもっと考えてください

戦争が弱い民族ほど実は外交が上手なんです。
中国、北朝鮮、フランス、戦争の弱い民族はだいたい外交が上手です。


世界各国、米軍であればベトナム軍であれ全部共通している。
敵前逃亡は軍法会議によってそうであると判断されれば死刑です。


海上自衛隊というのは、海上自衛隊が生まれてから、
ほぼ半世紀、ただの一度も臨検の訓練をしたことがない。

私は右翼こそ嫌いなんです。
防衛問題に関して本当は右とか左、じゃないんですね。

防衛問題っていうのはリアリティが全く語られない

国民主権、国民が自らの意志で作った軍隊を持ったことがない国って
この国だけなんです。

憲法と日米安保条約によって、
あなたたちは国を守るという概念を日本人から奪ったじゃないか、
だから、アメリカ人に第一義的に責任はある

飛行機だけはつくらせない。あれは零戦の恐怖の記憶ですよ。

いま言われたゲームオタクの人たちはある意味、
想像力、イマジネーションが欠けた人たちですからね。
そういう人は現代の兵士にぴったり。
だから、日本でもし徴兵制をやるんだったら、
ゲームオタクからまず徴兵するのが一番早いかもね(笑)。

"軍事"っていうのはあくまでリアリティの世界です。

"専守防衛"って言葉は佐藤栄作総理(当時)が官僚に命じて、
外務省と防衛庁の役人に命じて作らせた言葉です。

「軍備を増強する必要はない。
 しかし、実際に使えるものに変える必要があるし法的にも変える必要がある」
というのと
「政府の指揮命令系統、国民の意識まで含めて、
 すべて、実際に自分の手で守れるように変える必要がある」


一般大学で、安全保障を考える講座を持っている大学がこれほど少ないのは、
世界で日本だけだと思います。
つまり、戦前の日本は軍国主義であって、いわば軍隊ばっかりの国だった。戦後は逆に、安全保障とか軍事というものは
一切存在しないかのような国になってしまった。

まず第一に、国民に自衛官が24万人もいるという現実を知ってもらうということ。
第二に、知った上で、現在の自衛隊、あるいは自衛隊法、あるいは憲法、
そういうものでよいかどうか、国民に考えてもらう機会をつくらなければいけない。
いまの自衛隊は、なんとなく、国民の合意もなく、国民の議論もなく、
朝鮮戦争の後に、アメリカの要請によって、なしくずしでつくられたものであるから、
国民も認めてくれない。

「日米安保保障条約には尖閣諸島問題は含まれない」

地域紛争、エネルギー戦争、対テロ戦争いずれにおいても
日米安保条約は効力がない。
守ってもらえないんだもの。

国家間戦争がなくなった時点でこの条約って言うのは終わってるですね。

日米安保条約は安保条約で一部縮小しながら維持すべきだと思うんですよ。


右翼の方々が言ってるのは、天皇の軍隊の再現だから違うんです。


「この機会だから科技庁の事務次官にね、
 日本が核兵器を作るのにどれくらい時間がかかるか訊いてみてくださいよ」
「ワン・ナイト・オーバー」
H2ロケット。あれに核を積めばいい、って。

核実験は一度もしないで、
普通の狭い部屋の中にあるスーパーコンピュータで安全に実験できちゃって、
なんていうことはあと10年もかからないかもしれません。


だから私は日米安保は縮小しつつも維持っていうのはズルイけれども、
核はやっぱりアメリカにとりあえず任せて……。

核兵器を使う戦争を想定するんであれば、
通常兵器でいくら武装しようが関係ないわけですから。
それが本来はリアリズムのはずです。
しかし、日本が核の反撃能力を持って、それを抑制力にするべきだとは、
私にはどうしても言えない。ちょっと論理が貫徹しないかもわからないけど、
アメリカの核の傘を少なくとも100年は使わざるを得ない。

私の原点は文学ですから。
強き者の視点で文学を書かれたらかなわないから。


生物テロの部分は、書き写す気もしなくなる。
あまりにも、簡単、悲惨すぎるではないか。

HDDチェック。
『笑っていいとも』
『さんまのまんま』

《 集団リンチ殺害事件の岡崎容疑者、藤岡弘、と裁判中の相手だった 》
《 石立鉄男さんが急死…名ぜりふ「チー坊」、コミカルな名演忘れない 》
《 ミキティがモー娘。脱退!庄司との熱愛発覚の「ケジメ」、ソロで再出発 》
《 渡辺満里奈が妊娠4カ月!11月末出産予定…名倉パパ大喜び 》
《 楽天が球宴ジャック!田中がパ先発投手1位…第1回中間発表 》
《 Dynamite!!USA・崔洪万の出場許可下りず、代役にキム・ミンス 》



6月2日  土曜日

8時起床。
『アサイー』ジュース。

四十九日法要のため、カミさんと子供は、
空路、岡山へ前乗りのはずだったが、
朝から、タケシが嘔吐を繰り返すので、
航空便をキャンセルして病院へ。心配。

13時、テレビ朝日入り。

本番前、TVタックル収録中の殿にご挨拶。
丁度、映画公開初日の舞台挨拶を終えたばかり。

カンヌの土産話など。
「ヴィム・ベンダース、カウリスマキにやれやれって言われちゃってよ〜」
なんという話のカッコいいことといったら。

江口ともみさんも本日が復帰、第一回。
歓待ムードに包まれている。

草野☆キッド』収録。
草野仁、堂真理子アナ、一緒。

一本目、「草野クイズ!本物はどれでSHOW」
ゲスト・磯山さやか。

好評企画の第2弾。
3択形式のクイズ。
草野さんが実際に取り寄せているもの、
草野さんが実際、お世話になっている人、
草野さんが、行った事のある外国、
の3問を当てるわけだが、
この3択中、2つは真っ赤な嘘、
草野さんの、その偽装、話術の見事なこと。
この企画は、文句無く面白い。

二本目、「草野さんにキャバクラのススメ!」
ゲスト・原口あきまさ、アゲハ嬢2名。
コンパよりもキャバクラだ、と主張する原口くんによる講座。
結婚前は、俺とて、キャバクラ黒帯として、ならしたものだ。
いつの間にか、俺流の裏技などを滔々と語る。

収録の合間に
国分太一くんと話し、
平沢勝栄さん、勝谷誠彦さんに挨拶、
国分くんの映画『しゃべれども しゃべれども』の落語マスター術は、
今回の漫才練習で、大きなヒントになった。
平沢さんは、父の葬式に心遣いしていただいた。
勝谷さんとは、「彼岸まで」の話など。

『TVタックル』収録後の殿に挨拶。
高田笑学校の舞台のDVDを渡す。
赤江くん(玉袋)は、
このまま、自転車レースのため、三宅島行きなのだが、
随行する長男を、殿に紹介、微笑ましいシーンだ。

帰宅後、タケシの様子を伺う。
やはり、明日の法要には無理そうだ。

21時45分、ユナイテッドシネマ・としまえんへ。
スズキ秘書を連れて、
松本人志監督『大日本人』の初日、レイトショー鑑賞。

この映画館のレイトショーでは、
今までにない満員の入り。

ここまで、シークレットにこだわった、
公開方式は、結果、功を奏している。

終演後、
同じ回を観ていた、
ライターの照山紅葉くんとモリタタダシくんと、
しばし立ち話。

当初、タケシとヒトシの日本のお笑い界の天才による、
二人のお笑い映画が、
奇しくも、6月2日の公開日が同じくなったことも、
カンヌでお二人が邂逅したことも、
単なる偶然であると思っていたが、
この『大日本人』の初日を見て、
改めて、まるで対になったかのような、
二人の共通性、類似性などを、
思わずにはいられなかった。

「映画は自分に身についたものしか撮れない」
そして、
「自分の撮りたいものしか、撮らない」
タケシ映画のポリシーは、松本映画にも、通低しているし、
本人が主役として画面に登場し、過剰なるやりたい放題や、
映画を覆う本人への言及、暗喩が、強烈なテーマになってしまうことも、
二人に共通する。

松本さんは、最近のインタビューでも、しきりと、
6年前のフジテレビの「ごっつ特番」が、
視聴率9%に終わったことを口にする。
あの番組が、テレビコントの作品性として、
一種の到達点とも思える出来であったのは間違いないだろう。
その賞賛がありながら、
逆に言えば、91%の"大方日本人"に、
無視されたことの恨みを、忘れないのだろう。

俺が出演した『すべらない話』の打ち上げの時、
もう大方、撮了した段階で、松本さんに対し、

俺は、 10年前の『ビジュアルバム』で、
既に世界でも通用する映像作家であることは、 証明済みであること、
映画の才能とは作品の点ではなく作品群の線であることを、伝えると、
「でも今回の映画が、それでも、無視されたらどうする?」と問い掛け、
二人同時に「次に撮ればいいんですよ」
「次を撮ればいいんやな」と同時に答えた。

きっと、この時の思いは、どんなに映画が上出来でも、
91%の"大方日本人"に、無視されることがわかっていたからだ。

確実に映画は当るだろう。
しかし、それだけ多くの人が見れば、
公開後の評価は、"否"の大合唱も大きくなるだろう。

カンヌで、殿は松本さんに、
「3本くらいは、めちゃめちゃ叩かれる。
 そんなことは気にするな。そして映画を撮り続けることが大事。
 最低5本は撮ってくれ!」(週刊プレイボーイ誌より)
とアドバイスしたという。

きっと、松本監督は、確信を持って、次回作へと進むだろう。
選ばれた才能を持つ人の永久運動が始まる。
映画は、本来、宿命的に選ばれた才能が生み出すタモマノだ。
その『監督(誕生)バンザイ』を俺は思うのだ。

《 佑ちゃんフィーバー!神宮に行列2キロ、徹夜組も2000人 》
《 脱北者4人が木造船で青森に漂着…「韓国へ行きたい」と供述 》
《 たけし&松ちゃんの映画が公開…天才芸人のバトルゴング 》
《 イチロー、球団新の25戦連続安打!周囲の喧騒よそに淡々 》


6月3日  日曜日

本日は、父の四十九日法要のため、帰郷。
漫才があったので、ここまで伸ばしてもらっていた。

父をなくして、葬式を済ませた後、
自分では普通にしているつもりなのだが、
何人もの人に、気遣いの言葉を頂いた。
それは皆、父親を亡くしている人ばかりであった。
体験しなければ、わからない、
人のさりげない気持ちの申し送りのようなものを実感した。

喪失感というのも、不意に掠める。
先日、訪れたウイスキー工場では、
何度も、父がお酒を飲む仕草が、脳裏を過り、
何を取り乱しているのか、周囲には意味不明になるので、
一人で、何度もトイレに駆け込んでいた。

8時起床だが、羽田発の時間を、
カミさんがキャンセルした時間と勘違いしていた。

スズキ秘書送り、予約を不意にして、
一本遅れの、JAL便に乗り込む。
9時、羽田発の飛行機で移動。
機内で読んだ、新聞の関西版で、
本日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』で、
『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』
の第2弾、放送を知る。
各所に手配してビデオを手に入れることに。

『博士も知らないニッポンのウラ』次回ゲスト、
『独立総合研究所』の青山繁晴さんの個人ホームページ。
――いまだ敗れざるの記――
世界各地で、不眠不休で、安全保障の論議を繰り広げながら、
その激務の合間に、Blogに書かれる、無償のセンチメンタリズムに心魅かれる。
とにかく、部下を思いやる気持ちが良い。

二宮清純と青山茂晴の対談記事。
ここでも、武士道の残滓とも思える、清廉なる印象。

10時40分、岡山空港、到着。
初めてバス移動で倉敷駅へ。
バスが空いていて快適なのに驚く。
今まで、兄貴に頼りっぱなしなのを反省。

俺の到着を待っての、四十九日法要。
この日に設定してくれたのも、
俺の日程に合わせてもらったのだ。
地蔵院の松井和尚のお経に耳を澄ます。

親戚一同、揃って、新装した小野家のお墓へ向かう。
お墓は長年の風雪で痛んでおり、
この日にあわせて昨日、新調、完成したばかりの模様。
もともと、小野家代々の墓は、庵治石(あじいし)で出来ており、
(風化に強く、磨くほどに青みを帯びた緻密な石目が浮かび上がる。
 うろこ状の模様が群青のように浮かぶ石質は庵治石の他に類がなく、
 世界最高峰の墓石材らしい)
その墓石を生かしたまま、土台を組みなおしたようだ。
「死んだらそれまでよ」と思ってきた俺は、
今まで墓参りに特別な感慨を抱くことは無かったが、
今日は、綺麗に清掃されと墓地と、磨かれた墓石は、
どこか誇らしげで、胸のすく想いがした。
お墓参りで、こんな思いがするのは初めてのことだ。
こういう段取りも、全て兄が見事にこなしてくれた。
読経後、納骨。
父は、ピカピカの墓に入り、父の両親の元へと逝った。

アイビースクエアへ移動。
親戚一同で食事会。
最後に、お酌して廻る。

話をしているうちに、いろいろと思い出す。
雅春叔父さんの家へ、
一人で夏休みに泊まりに行ったときの模様など、
自分が父親になってからの方が懐かしく思い出される。
なんて、我が家に比べ、子供たちが可愛がられてるんだろう、
と、子供心に印象に残ったからだった。

益弘叔父さんから、父の話。
話好きの叔父さんは、朗々と語る。
あまりに話が長いので、周囲が気をつかてくれるのだが、
ほとんど、父との対話がなかった俺には、
初めて聞く話ばかりで興味深く、実は、もっと長く聞きたかった。
父との会話が無かった俺は、
これほどルポライター体質であるはずなのに、
小野家のルーツなどを聞いたことがない。
最も驚いたのは、
なんと父が韋駄天であったらしいこと。
勤め人であった時代は、リレーの選手だったそうだ。
俺も兄も、父が一度もスポーツに親しむ様子を見たことが無かったので、
これは初耳であった。


皆で、美観地区を歩いて実家へ。
叔父さん、叔母さん達にも、懐かしい道程だったろう。
兄に倉敷駅まで送ってもらって、
バスで再び、岡山空港へ。

皆に、幼児は病気しがちなものだと、慰められる。
大樹くん、真帆ちゃんの二人が、しきりとタケシに会いたがっていた。
そう言えば、子供の頃、従兄弟と会うのが、どれほど楽しみだったか。

18時半過ぎ、羽田空港着。
スズキ秘書迎え、放送室聴きながら、帰宅。

桃太郎すしの「あぶり五貫」を持ち帰り。

資料読み、青山繁晴氏の『FINANTIAL JAPAN』の連載原稿、
論旨明快、俺のような外交音痴でも、
世界が相互に絡まるニュースの裏側が見えてくる。

浅はかでライトな方が使い勝手が良い、
マスコミ仕事であるが、
実に誠実で敬意を感じさせてくれる文章。

HDDチェック
『すべらない話ゴールデン』
『ブロードキャスター』

《 大学野球・早大Vでファン深夜まで大騒ぎ!神宮の次は歌舞伎町“占拠” 》
《 パイレーツ・桑田、3Aデビューは1回無失点、レ軍・岡島は初勝利 》
《 Dynamite開催・桜庭、ホイスに判定負け…ヌルヌルの悪夢再び 》



6月4日  月曜日

7時起床。
コンビニでおにぎり。

タケシの咳が止まらない様子。
幼稚園を休んで病院へ。
カミさんからの連絡で、
深刻ではないとのことで、ホッとする。

マイさん、来宅で、
知人のベビー服ブランドの撮影。
タケシとフミちゃんも一緒に。

昼、タンタン麺。

スズキ秘書送り、
iPodで、『スタミナラジオ』(RKB)の
『青山繁晴のニュースの見方』聴きながら。

14時、トウキョーワンダーサイト青山入り。
Tokyo Boy』収録。

楽屋のとんかつ弁当を完食。
なにやら異常な食欲。

「羽ばたけ!東京若手芸術家
〜2016年東京オリンピックを目指して」

石原慎太郎都知事、テリー伊藤、東原亜希、
デジタルハリウッド校長・杉山知之、一緒。

東原亜希ちゃんが楽屋土産に差し入れてくれた、
新潟の米煎餅が劇美味し。
帰りの車のなかで、止まらなくなり全て食べてしまった。

東京のど真ん中に、
こんな施設があるのだなぁと思わざる終えない立地。

赤江くん(玉袋)が、三宅島の自転車レースのため、
一人で司会。

都知事とは、東京大マラソン当日以来、久々のご対面。
テリーさんも、目の手術の前から、長くお会いしていない。

お二人の父の葬儀のお礼。

オリンピックをテーマに様々な、アート作品をプレゼンするのだが、
案の定、言いたい放題の慎太郎台風が、
若い芸大生など、容赦なく木っ端微塵に。
お気の毒に。

終了後、
知事から、大マラソン、完走を表彰される。

メーク室で、
都知事と、三島由紀夫の日蝕の話と、
筋肉バカの壁の話を振ると、
「小説にしろよ!」と。
酸素カプセルの話など歓談。

帰宅後、HDDチェック。
報道ステーション(アジア象の出産)
テレビタックル。

青山繁晴著『日本国民が決断する日』(扶桑社)を読み進める。

山本化学工業の山本社長のご尊父の訃報あり黙祷。

《 新党日本、比例代表候補に有田氏擁立…菊水丸に出馬要請も 》
《 中央出版会長、節税対策か…米国籍の孫に5億円贈与 》
《 脱北者が覚せい剤所持…上申書で「無力な支配者」批判 》
《 女優・岡本綾が長期休業へ…事務所を退社「自分見つめ直したい」 》



6月5日  火曜日

8時起床。
『アサイー』ジュース。

タケシは、本日も病院へ。
昼間は調子は良いのだが、
夜になるたび、咳が止まらない。

10時、世田谷、スタジオサトー入り。
ミランカ『博士も知らないニッポンのウラ』収録。
宮崎哲弥、一緒。

本日、発売の 週刊朝日6/15号、
中森明夫「アタシジャーナル」では、

スタッフも優秀だし、実に楽しく緊張感に満ちた時間を過ごした。

と書かれていたが、この言葉は、なによりだ。

#7「外交問題のウラ」
ゲスト・青山繁晴

青山繁晴氏は、
テレビを見れば、多くの人には、正体不明であり、
いつも、いかめしい顔をして、常に危機意識を煽る、
いかがわしい軍事評論家のように見えてしまうが、
(俺ですら、そういう風に見えていたわけだから……)


その実は、前職は、共同通信の記者歴20年のキャリアを誇る現場主義者であり、
安全保障と危機管理の実務家であり、
ビジネスマンではなく、列記とした憂国の士である。

TVではなかなか伝わっていない、人となり、
その認識から変えるため、ご本人の素性から話してもらう。

そして、宮崎さんに煽られ、最新の政局。
丁度、一週間前、
松岡大臣が自殺した、その日の昼、
安倍首相と会食の席についた、
その話がホッカホッカで実に興味深い。

その後、「TVタックルでは言えない外交のウラ」、と題して、1時間半。

イエス・ノーの命題を掲げながら。

いつもより、俺のトークを減らし、
真剣に耳を傾けるが、
テロの可能性、日本の無防備ぶりを聞くにつけ、
そら恐ろしくなる。

核保有論の論議まで。

宮崎さんも、この憂国の現場主義のリアリストに、
敬意を払っているのがよくわかる。

終了後、移動。

帰途、スズキ秘書と共に、方南町『地雷源』にて、
塩つけ麺。
流石に、一押しが、つけ麺の専門店。

16時過ぎ、赤坂・TBSラジオ入り。
全国おとな電話相談室』収録。
一本目ゲスト・毒蝮三太夫。

毒蝮さん、その尋常では無い包容力に、
スタッフを含め抱かれる。

電車内のマナー。
子供にエッチな接触される母親、
について電話相談。
裕に1時間以上を喋ってくださる。

二本目ゲスト・松村邦洋、

松村くんも、久々のラジオ共演だが、
思い出話だけでもキリが無い。

会社の嫌味な先輩。
芸人志願の経営者。の悩み相談に答える。


TBS局内で、『R30』打ち合わせ。

俺運転、「放送室」聴きながら、帰宅。

HDDチェック。
ロス開催の「Dynamite!! USA」見ながら晩酌。
あの世界遺産とも言える、桜庭 vs ホイスの伝説が、
劣化していくのが、残念至極。

明日が早朝仕事のため、早めに就寝。

《 さくらパパ、参院選出馬へ!民主党から比例代表で立候補 》
《 中松氏が東京選挙区に出馬表明…黒川氏との再戦に強気姿勢 》
《 広末が小学館などに損害賠償請求…女性週刊誌に不倫記事掲載 》
《 勢い止まらん!日本ハムが球団新記録の12連勝で2位浮上 》
《 サッカー日本代表、格上コロンビアとドローで、キリンカップ優勝 》
《 “ハニカミ王子”遼クン見に昨日の倍ギャラリー3800人! 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る