7月6日   金曜日

8時起床。
アサイー』ジュース。

昼、相変わらずのキャベツ鍋。
いまだ飽きることなし。

13時半、砧のTMC へ。
スズキ秘書運転、母と同伴出勤。

『熱血!平成教育学院』収録。
司会:ユースケ・サンタマリア、高島彩。
出演:劇団ひとり、スピードワゴン・井戸田、
平山あや、磯野貴理、アリキリ・石井
宇治原史規、関根真理、山本梓、渡辺真理、
なべやかん、ホリ。

放送日の7月22日は、親子の日であるとのこと。
そこで、今回は、父兄参観スペシャル。

6月17日の父の日では、息子・タケシの授業参観を初体験したが、
まさか、44歳で、75歳の母に授業参観されるとは思わなかった。

平山あや、劇団ひとり、渡辺真理、関根真理以外の
9組の親族が勢揃い。
関根勤さんは裏番組に出ているので不可能だ。

以前なら、問答無用に断わっていただろうが、
父が亡くなり、一人暮らしの母には、
上京して羽を伸ばす、良い気分転換になるだろうと了承した。

しかし、仕事場に、母親が来るのは、なんとも照れくさい。
俺も母も、いつも以上にぶっきらぼうで言葉少ない。

母は、父兄参観席の一番前、
なべおさみさんの隣で、一杯一杯の緊張ぶり。
たぶん、これが人生最初で最後のテレビ出演だろう。

しかし、もうすぐ45歳にもなる、中年の俺でさえも、母の前で、
なんとか良いところを見せたい気持ちがないわけじゃない。
しかし、成績はいつもの如く平凡であったが、
最後の最後で見せ場あり。これは良き親孝行になった。

帰宅後、家飯。

野菜ポンチ、キャベツ鍋
豆腐味噌汁、ご飯を久々に。

2週を完遂したが、
再び、ビリーズ・ブートキャンプ
腹筋プログラム。

『マラソン幼稚園』(鉄村和夫著・H&I)読了。



星子幼稚園の園長先生の自叙伝及びドキュメント。
これほど、かねてより関心をもっていたのに、
既に本になっていることを知らなかった。
2006年の6月の出版である。
活字が大きく、所要時間は1時間もかからず読めるが、
親業への影響は大きく、耐用時間は、生涯に渡る。
幼児教育に関する名著である。

スパルタ幼稚園として、
マスコミに取り上げられるようになったのが、最近なので、
世の風潮の常としてとやかく言う人もいるが、
創立以来、35年という経験則。
健常者と障害児を分け隔てなく受け入れる園の姿勢、
子供だけでなく親を教育する姿勢、
なにより、70歳になる園長が、
今でも一緒に、毎日の5キロランニングや、
20回におよぶ20キロ級のハイキング、
さらに、園児による富士山登頂、
そして、フルマラソン本番まで、
自ら先頭になって走っているのだから、
その実践者であることの、行為そのものに感心するのだ。

HDDチェック。
『報道ステーション』
『THEワイド』(安倍総理生出演だが、草野さんの方が貫禄あり)

《 国民新党・中村慶一郎氏が“宣戦布告”東京選挙区殴り込み! 》
《 「164万人に失礼」新党日本・田中代表が解党を否定 》
《 ホカロン全製品回収へ…「20時間持続」のはずが短時間 》
《 元モー娘。飯田圭織でき婚!お相手は元「7HOUSE」ケンジ 》
《 日本ハム・ダルビッシュが1安打完封!今季最短試合時間も記録 》
《 レッドソックス岡島が球宴『当選』!試合中の発表に本拠地ファン総立ち 》


7月7日   土曜日

6時起床。
『アサイー』ジュース。

8時半過ぎ、テレビ朝日入り。
草野☆キッド』収録。
草野仁、堂真理子アナ、一緒。

移動。四谷『名門』へ。
一本目、「焼肉争奪!ルーレットクイズ」
焼肉の幻の希少部位をかけて、焼肉うんちくクイズを競う。
岡田圭右(ますだおかだ)、大沢あかね、一緒。
あかねちゃんは、話題の劇団ふたりいじり。
おかだくんの明るいスベリ芸が冴える。
俺と堂ちゃんは司会。
肉の試食、"しゃっくり"が怖くて、堂ちゃんに任せるが、
実に美味しそうだったなぁ。

移動、再び、テレビ朝日へ。

二本目、「草野さんを怖がらせるGP」
中村豪(やるせなす)
関暁夫(ハローバイバイ)
島田秀平(号泣)

想像以上に面白い。
中村くんの特殊能力は、
心霊バラエティー番組ではお馴染みらしいが、
全然、俺は知らなかっただけに吃驚。

終了後、移動。
楽屋にて、『アメトーク』打ち合わせ。

六本木ヒルズに来ていた、家族と合流。
母、カミさんと子供達。
クレープを食べながら、夕涼み。
母から、子供服を買ってもらったよう。
家族を見送り、スズキ秘書と合流。

日産のディーラーに立ち寄る。

恵比寿でフレッシュネス・バーガー。
連日、キャベツ鍋ばかりだったので、
ハンバーガーを異常に美味く感じた。
ライター、井上ダイスケくん合流。

17時半、恵比寿「神戸クリニック」へ。
紆余曲折あったが、レーシック手術が受けられることに。
10日の手術にむけて、事前診察。

帰宅後、
草野さんから頂いた、超美味い、牛肉を頂く。
ロケでは牛肉を食べられなかったが家では満喫。

スズキ秘書と共にビリーズ・ブートキャンプ、
腹筋メニューをこなす。

キャベツ鍋の弁当作り。
明日の荷造り、旅の予定表など。

HDDチェック。
『報道ステーション』

《 やっぱり頼みは純ちゃん?小泉前首相の応援演説が大盛況 》
《 赤城農相、両親宅に事務所経費を計上…活動の実体なし 》


7月8日   日曜日

6時半起床。

本日、大阪行き。
最初は、夏の冒険、第一弾として、
タケシとの2人旅で企画していたが、
どうしても、差し障りありで、
スズキ秘書も連れての男3人旅に。

スキーで一度経験しているが、
母親と離れるのは、
子供らしい、感傷があるのだろう。
タケシ、お婆ちゃん、ママとしばし、名残を惜しみつつ、
スズキ秘書運転、羽田空港へ。
そのまま車を駐車場へ預ける。
肉うどんで朝食を済ませ、
8時半、JAL便で伊丹空港へ。

わすか、50分のフライト時間。
それでも、タケシの素行が不安で、
機内の最後部に座ったが、
以前に旅した落ち着きの無さが嘘のように、
よい子のまま寝入り杞憂に。

大阪は晴天。
天気を心配していたので、なんとも晴れやかな気分。
空港南ターミナルから、
大人900円のシャトルバスでUSJへ向かう。

USJの入り口で、柳田くんと愛娘のマキちゃんと合流。
柳田くん親子は、USJ初体験とか。

俺は3度目。スズキ秘書は初。
タケシは2回目だが、
巨大なUNIVERSALマークの地球儀を見つけると、
一目散で走り出す様子は、こちらも胸キュンものだ。

園内に入って、まず向かうのは、E.T.アドベンチャー。



タケシにとって、2年前、身長制限で入れなかったパビリオン。
その時は、泣きじゃくったものだ。
その日以来、我が家の壁には、制限の92センチに線を引き、
これを越えたら、「必ず行こう!」と、言い聞かせていたのだ。
USJのサービスで嬉しいのは、
そんな無念な思いをした子供達には、
次回用の優先券を発行しているのだ



おかげで、1時間待ちのところを、
その一枚で、一行の集団まとめて、優先順路で、すぐに入館出来た。
そして、どうしても味あわせたかった感動的なラストシーンを迎える。
「どうして、E.T.は、ぼくの名前知っているの?」
とタケシも不思議そう。

そして、『スパイダーマン』へ。
これは予定通り、身長制限でタケシは入館できず。
優先権だけをゲット。


マキちゃんは、丁度103センチでクリアー。
丁度、ハッピー・ハーモニー・セレブレーションの、
パレード時間だったので、
タケシをスズキ秘書に預け、
40分並んで、柳田くん親子と3人で、スパイダーマン初体験。
噂にたかわぬ、大迫力。
縦落ちの瞬間は今まで味わったことの無い感触。
大人子供を合わせて、柳田くんの悲鳴が一番、大きかった。

続いて『シュレック3D』へ。
これは、俺もタケシも2度目ながら、
タケシは憶えていない様子だが、
十分楽しめる。

昼食。
皆は、ハリウッドランチだが、俺は持参のキャベツ鍋の弁当。

今度は『ターミネーター2』、
これも俺は2度目。
前説進行役の青木さやかもどきのオネエさん。
相変わらず、ベタなネタで沸かしている。
しかし、本ネタは、サイバーダイン社の未来型ロボットを巡る、
ハードSFであり、設定もシナリオも大人も楽しめる。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、
身長制限で却下だが、優先権をゲット。

『ジュラシックパーク』も、子供二人共に却下に。

JAWSのサメの前で記念撮影。

履きなれていない方のМBTで来たので、足に豆が出来た上、
すっかり疲労困憊で、16時にギブアップ。

居残りの柳田くん親子と別れて、
3人で四条畷へ電車を乗り継ぐことに。
ユニバーサルシティ駅から、
JRゆめ咲線に乗り、西九条で乗り換え、
大阪環状線外回り京橋駅へ。
JR片町線快速で、JR四条畷へ到着。

俺としては、極めて珍しい電車男の旅、
四条畷駅、裏口で出たのか、
何も無いところで、しばし、タクシーで待ち。

無線でタクシーを呼んで、そのまま大阪山へ登り、
鬱蒼とした森の中のリゾート、「アイアイランド」チェックイン。
周辺施設を見渡せば、ゆっくり来ても楽しそうだ。

3人で大浴場を満喫。
テレビの『ドリームハウス』を3人で凝視。
普段は、視聴習慣が無い番組だが、
何故だか、9坪の狭小住宅の話が面白く、ハマる。
こういう番組の大工さんは、なんとカッコいいのだ。

タケシは21時前に寝入り。
俺もウイスキーの水割り晩酌するうちに、
珍しく22時には就寝。

《 「負ければ政界引退」民主・小沢代表が不退転の決意表明 》
《 取調べ中に警官が居眠り、窃盗少年の逃走許す…大阪府警 》
《 新・世界の七不思議に万里の長城などを選出…清水寺は落選 》
《 内山クンに慰謝料500万円請求 元同棲相手が訴える 》
《 日米大学野球・佑ちゃん米でもV!続く“不敗神話”MVPも頂き 》



7月9日  月曜日

何度も目が覚めつつも、
7時までたっぷり睡眠。
俺としては、超長時間睡眠だ。

旅支度を整え、
ホテル内のレストランでモーニングを頂いた後、チェックアウト。
タクシーを呼んでもらって、山を下って、約20分で、
今回の目的地である、『星子幼稚園』へ到着。

木々に囲まれ、入り口はアンパンマンのマークが飾られている。
鉄村和夫園長先生に挨拶。
タケシの一日体験入園をお願いする。

8時半から、次々と、お母さん方に連れられて、園児が登校。
大きな声で挨拶をすると、
半裸、裸足になってすぐに雑巾掛けの掃除が始まる。
違和感なくタケシも、半裸、裸足になって雑巾掛け。



バケツに水を汲み、雑巾をしぼり、皆で雑巾掛けをする、
その行為そのものが楽しそうだ。


そして、お母さん方も園内の掃除は義務のようだ。

普段は、ご父兄のカメラ、ビデオを子供に向けるのは、
行事でも禁止なのだが、
取材なら(極めて個人的なものだが……)
どうぞ、どうぞ、ということで廻させてもらう。

掃除の後は、10時まで、それぞれに遊ぶ。
園内のアスレチックが充実。






登ったり、下ったり、とにかく、最も驚いたのは、薮蚊の多さだ。
思わず、タケシには、持参した虫除けシートで全身を拭いたが、
他の子は、全身に赤ふくれを作ったまま。
園長先生に聞くと、
年長になると免疫が出来て、全然平気になるそうだ。

10時になると、朝礼。
本にも書いてあったが、部会者から見れば、実に整列が早い。

体操の後、園長先生の訓示。
東京からのお友達としてタケシも紹介される。

そして、恒例の朝ランニング。
土曜日にハイキングで20キロ歩いたので、
今日は、控え目に、350メートルの園内を6週する。

園長先生を先頭に、年長組から、
トップスピードで走り出す。
タケシも3週目までは、ついていく。
4周目から、園長先生が消えると、
水量が豊富な放水ポンプを持って、陰から子供達を狙い撃ち。



逃げまとう子供達だが、
全身びしょ濡れになるうちに、
今度は、自分から浴びたがり、まるで雨乞いの儀式の後のよう。

全身水浸しになった後、
全員裸になって、洗濯ロープに衣服をかえてかわかす。

その後、水着に着替えて泥んこ遊びに。
30分は自由きままに子供に任せている。

園長先生が
アトピーなどの子供にはたっぷり泥んこを塗りつける。
虚弱な子にも、泥とバケツに汲んだ水を投げつける。

相当に荒っぽいが、出来ない子ほどに、
念入りにかまっているのだがよくわかる。

その後は、年長、年中組みだけ、
泥だらけの坂を上って、降りるレース。

タケシもわけもわからず参加だが、
やはり、まだヌルヌルの坂を登りきる体力がない。
それでも、坂の横ずたいに登りながら、果敢に参加。
なるほど。スキーのレッスンで、
3歳児には、まだボーゲンが無理だという話を思い出す。
さらに、泥の中に顔をつけ、でんぐり返しで往復する。
流石にタケシも最初は嫌がるが、やっているうちに慣れてくる。



そして、驚いたのは、有明海のムツゴローの如く、
顔を泥のなかにつけて往復するレース。



これは目を見張った、
まるっきり、たけし軍団の泥リンピックなんだもの。

いやはや、プラトーンの世界だ。

全員が、真っ黒けののっぺらぼうのような顔になるまで続く。



これも、年少は、見学だけだったが、
俺が「東京じゃあ出来ないよ」と耳打ちすると、タケシも参加。

園長先生の放水で、皆、泥を落とす。

クラスに分かれて、給食。
年長者が配膳係りに。

親子丼と春雨、ヨーグルト、御新香、
俺たちも御呼ばれする。

14時前に、タイムアップ。
予定していた、園長先生のインタビューは次回に持ち越しすることに。
もう次の取材を行きたがっている俺がいる。
結局、今回は、ほとんど園長先生とは話をしていない。
理念なんか口にするより、実践振りを見るだけでも十分だ。
「私は、あなたのこと知らんのんよ、
 ぜひ、また来てください」と園長先生。

最後の別れは、
園児全員のバイバイに送られ、
まるでウルルン滞在記のような気分に

最後にタケシ、壇上に登り、
「みんな……」
と何を言い出すのかと思ったら、
「かえれ!ぼくがかえるんだから、みんなもかえれ!」
幼稚園中がずっこけていた。

園の前の大通りを出ても、タクシーが拾えず、
そのまま、京阪バスでJR四条畷駅へ。
バスの中で、タケシは昏睡。
快速に乗って、JR京橋駅へ到着。
タクシーを拾おうとすると、「目の前やで!」
と言われて始めて気が付き、
寝屋川の橋を渡って、よみうりテレビ着。

情報ライブ ミヤネ屋』の生放送に。

今回、2人旅を3人旅にしたのは、
この時間の過ごし方。
生放送であり、事前の打ち合わせは無く、
楽屋にはトイレもあるので、仕事場とは言え、
ほとんど働いている人に迷惑はかからないと思うのだが、
一応、スズキ秘書に付き添い願った。
いつも親切にしてくれる山西さんに、
布団と枕、用意してもらってありがたかった。

針木、山口、両マネージャーが楽屋に。

本番、本日は、
宮根さんが、一週間の夏休みのため、
萩原章嘉アナが代役。

森若アナ、飯干景子、国定浩一、
見城美枝子、浜辺陽一郎、
川藤幸三、森武史、宮本和知、一緒。

家庭で一番水を使う、トイレの節水術、
宮崎県夏休みツアーなどにコメント。

終了後、伊丹空港へ。
「たこ焼き食べたい!」とのタケシのリクエストで。
空港内の『たこ坊』で夕食。
イカ焼き、たこ焼き、焼きそばのセット。
飛込みだったが、想像以上に美味く、生ビールを追加してしまう。

19時半のJAL便で東京へ。
搭乗前に、山崎邦正くんと遭遇。
意外なことだが、
この山崎くんの話を聞いて、
俺は、子供が欲しくなったのだ。タケシを紹介、帰り際に、記念に写真も。

駐車場で車を拾って帰宅。
22時前には帰宅。
途中でタケシは、昏睡。

家に帰ると、俺たちが留守の間、
義父母、義妹マキちゃんなど
フミちゃんの1歳の誕生会が、
2日、前倒しで行われた様子。
写真を見ても賑やかで、晴れやかな様子。

草野さん、さくまあきらさん、臼井さん&井上くんからも、さくらんぼ。
フミちゃんの誕生日はさくらんぼに囲まれている。

夕刊フジ用に
『ビリーズ・ブートキャンプ』をやっているカットを撮影、送付。

明日に向けてキャベツ鍋作り。
味付けイマイチなり。

星子幼稚園にお礼状など、もろもろ。
晩酌して就寝。

《 社民党困惑、強制わいせつで流山市議逮捕…参院選に逆風 》
《 年金、子育て、農業を重視…民主党がマニフェスト発表 》
《 韓国警察が安明進元工作員を逮捕…北朝鮮の覚せい剤密売容疑 》
《 ドローオシム監督激怒!サッカー日本代表・カタール戦で痛恨のドロー 》
《 F1・マクラーレン、ポイントはく奪!?…スパイ疑惑裁判開廷 》



7月10日  火曜日

5時半起床。早すぎる。
2日分のHDDチェック。
サンジャポ、『報道ステーション』などなど。

9時半すぎ、恵比寿『神戸クリニック』へ。
臼井さん、井上くんと合流。

再再再になる、入念な検査を経て、
左目だけをレーシックの手術を決行することに。

所要時間はわずか6分。
ビデオを廻したが、スタッフを含めて、
その最新技術に文字通り、目を見張るばかり。

そのまま飛び出しで、大手町、大和證券へ。
SKY PerfecTV! 「菅下清廣の株式道場」収録。
岩男宗春、戸塚喜久子、永山美穂、一緒。

まだ視野には靄がかかったよう。
眼鏡をかけたままの出演。

終了後、Tokyo FMへ移動。
秋元康のMATURE STYLE』収録。

秋元康さんとは初対面ではないのだが、
仕事をするのも、話をするのも初めてのことだ。
むしろ、永遠に交わることが無いだろうと思っていた。
しかし、スタジオへ入るや否や、
秋元さんが、「聞きたいことがたくさんある」
とバイオラバーの話を始め、
『博士の異常な健康』についての質問、感想を矢継ぎ早に続け、
いきなりディープな展開にリスナーは置き去りかも……
と思いつつも、そのまま一時間。

俺の意図通りに正当に本の内容を評価してくれていて、
人並み以上に強い関心を持ってもらっているのは嬉しいことではある。
秋元康は、芸能界というビジネスの実像と虚像を知り尽くした人であり、
実質上、過去20年、この業界で最もサクセスした大立物だ。
俺は、そのポジションに憧れることは無かったが、
そのポジションの虚無は知りたい。
途中、俺から話題を変え、
順風満帆には行かなかったライブドアショックの話を振り、
互いの死生観の話、本物の不良の孤独について話しているところは、
なんとも興味深かった。
俺自身がインタビュアーで聞きたいことは山のようにあり、
まだまだきっと話は尽きないだろう。
リスナー意識して、昨日の星子幼稚園や、
『天才は親が作る』(吉井妙子著・文春文庫)の話も滑り込ませる。

収録後、
改めて、文章術に関して、過去最高級の褒め言葉を頂き、
光栄なのと、"ようやくわかってもらえたか"との想いあり。
終了後、連絡先交換。

再び、『神戸クリニック』へ。
行きがけに、ようやく視界の霧が晴れてきた感。
左、裸眼で1.2程度まで視力が出ていたが、
中間距離が、まだ慣れない感。

保護用のソフトコンタクトがなんら違和感もないので、
右目も老眼用のコンタクトで代用できるかも。

それにしても、今回も、また、総力体制で、
アフターフォローも念入りにして頂き感謝。

帰途、スズキ秘書と共に、
代官山で、フミちゃんの誕生日プレゼント。
『PETIT BATEAU』
『CARAMEL Baby&Child』で。
子供服及び、
ずっと使ってもらえそうな、布製のテディベアを購入。

女の子のワンピースを選んでいるのは、不思議な気分だ。
なにしろ、生まれて初めての経験。
店員さんに「何歳の子にプレゼントされるんですか?」と聞かれ、
「娘がねぇ、明日、1歳になるんです!」
と答えた時の、なんとも晴れがましい気持ちは、
一生忘れられないだろう。

東急で、キャベツ鍋の材料を買い、
帰宅後、日向のたまねぎドレッシングを付け合せに。
キャベツ鍋を食べて、
そして、キャベツ鍋を新たに作る。
今回は、新たにしらたきを投入。

明日が早朝から深夜までロケなので、
一日前倒しで、フミちゃんの1歳誕生会。
プレゼントを渡して、ビデオを廻し、家族で写真を撮る。

母が上京したり、大阪へ行ったり、体験入園あったり、
手術をしたり、その間、原稿書きもあり、
とにかく、明日からも、目まぐるしい毎日。


《 赤城農相「公私混同はない」…会見を打ち切り欧州に“逃亡” 》
《 「シエスパ」ビルの解体・撤去を発表…施設の営業再開を断念 》
《 楽天・田中が高卒新人最速の100奪K!「鷹キラー」も襲名 》
《 ヤクルト青木が史上最速500安打達成!チームも初の6連勝 》
《 俳優・吉川銀二を逮捕…羽賀研二の恐喝現場に同席 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る