9月1日  土曜日

9時起床。
アサイー』ジュース。

11時、四谷フィットネスへ。
一時間、みっちりと。
コンディショニング。

16時半、カミさん運転。
池袋、自由学園、明日館へ。
手入れの行き届いた青い芝生に西洋建築。
池袋に、こんな場所があるのだな、
と思うほど都会のまん中の静謐な空間であり、小洒落た場所。

俺たちのスタイリストをしてくれている
ヒロセさんの結婚披露宴にタケシと参列。

結婚式となると、毎度、大緊張するわけだが、
今回は、挨拶も無いので、その分は気楽でありながら、
タケシを一緒に連れてきた。

「ボク、4歳だからギョウギよくできます!」
と誓いの言葉を昨晩から何度も繰り返させたが……。

タケシはカミさんと二人で結婚式に出たことはあるが、
俺と二人だけで、結婚式に参列するのは初めてのこと。
俺も、その冒険的気分に楽しみ半面、
最後まで、行儀良く出来るだろうか?と心配。

丁度、結婚式を終え、ウェディングドレス姿のヒロセさんが、
中庭で記念撮影中。
ここまで車で送ってくれたカミさん、フミちゃんも交えて、
新婦と一緒の集合写真が撮れてラッキー。

山本マネ、石戸谷マネと話。

スタイリストの旧姓・マスダさんと再会、
いつも現場で、生まれたてのタケシの写真を眺めてくれていたものだ。
今日、初めて、タケシと対面がかなった。

濱田マリさん親子も一緒。

ヒロセさんらしい手作り結婚式。

当初、子連れは、いかがなものかと思っていたが……。
新郎・新婦、共に大の子供好きということで、
冒頭からヒロセさんの甥っ子、姪っ子、濱田マリさんの娘さんと共に、
新郎、新婦さんから、子供たちへのプレゼントコーナーありで華やぐ。

来賓のご挨拶にもあったが、
「ナオコは、誰からも愛され、誰よりも腰が低い」
という言葉通り、
ヒロセさんは、我々、浅草キッドの現場を静かに支え続ける身内のようなもの。
俺も、実に親身な気持ちだ。

また、ヒロセさんとは、
結婚後、俺が最も結婚観を話した女性ではないだろうか。
彼女の名言。
「結婚相手は、チョイ悪の、チョイも要らない!」
との言葉通り、
旦那さんは、見るからに、おとなしく、穏やかそうな人であった。

そして、新婦のウェディング姿、ピカピカで綺麗だが、
新郎も、まるで人形のようなツルツルの初々しさ。
まるで、教師ビンビン物語に出ている頃の野村宏信だ。

さらに、経歴を聞いて吃驚。
最高学府の出身ではないか。
流石、東電マン。
わが社の社長は、電線マンだが、
ヒロセさんが、東電マンと、結婚するとは思わなかった。

新郎は、長野出身。
新婦は、富士吉田出身。
ビデオでの振り返り、
田舎から上京し、何度も泣き明かした夜、
都会でキャリアを積む姿、窮地をささえる友情などなどの、
女の子物語。
ケーキを挟んで、ご両親とのやりとりなど、
何度ももらい泣き。

特に、親御さん目線になると、ひとたまりもない。

長時間、ずっと座りっぱなしなので、
タケシ、何度か、危ないシーンもあり、
後半、子供たちは、皆、芝生で遊ぶ。
夕闇の芝生で、天真爛漫に遊ぶ子供達の姿も忘れがたし。

芝生の中からガマガエルが現れる。
マグノリアっぽい。

主役の二人は、式を終え、この後、さらに身内のパーティを経て、
そのまま、飛んでイスタンブールへと新婚旅行へと旅立つ。

女の子にとって、結婚式が、
「約束の日」であり、なんとも晴れやかな舞台なのか、
いつも以上に思わされた。

タクシー帰宅。
「今日は、最後のほうは、辛抱できなかったね」と言うと、
「パパは、いいひとだね」とタケシ。
「なんで?」と俺。
「ママだったら、もっとボクをおこっているよ!」と。
なんだ、確信犯なのか。

タケシと未来の花嫁さんについて話し込み、
今日の結婚披露宴の余韻に、ほっこり浸りながら、就寝。

《 松岡氏、赤城氏に続き…遠藤農相が補助金115万円不正受給 》
《 不倫疑惑・姫井氏、舞台“厳戒態勢”…夜の部限定出演 》
《 PL学園高校野球部に練習参加の中3男子、硬球が胸にあたり死亡 》
《 広島・前田智が男泣き!幾多のけが乗り越え2000安打達成 》
《 世界陸上・50キロ競歩で最悪の失態…係員の誘導ミスで山崎が棄権扱い 》
《 世界陸上・日本が連夜の新記録で5位!男子400リレー 》



9月2日  日曜日

9時起床。『アサイー』ジュース。

四谷へ向かうが、フィットネスは休日だった。

池袋、自由学園へ。
昨日の忘れ物をとりにいく。

神宮前「こうじんクリニック」へ、届け物。
加藤さんにマッサージしてもらう。

13時、恵比寿ガーデンプレイス入り。
写真美術館2F、喫茶店にて、
『こっこクラブ』取材。

我が家の教科書的な、
育児漫画、『今日もお天気』に関して、
漫画家の桜沢エリカさんと対談。

旦那さんの青木パパも一緒。

我が家の育児知識に関して、
この本の影響の大きさを再確認する。

健康情報に関しては、もっと踏み込んで意見交換したいほど。
カリスマ主夫である、
付き添っていた青木パパ、漫画以上にナイスガイなり。

終了後、移動。

15時過ぎ、フジテレビ入り。
『SRS』収録。
K-1、KО特集。
西山茉希、
慶応出身の女子アナ3人(松尾紀子、斉藤舞子、秋元優里)
チェ・ホンマン、一緒。


自分運転、初ETCためしながら帰宅、
放送室聞きながら。

タケシと縄トレ後、
『Xbox360』、『Halo2』続けながら。

『紀香バディ』を取り上げて、夕刊フジ原稿。

ミランカ資料読み、神足裕司さんの原稿。

何ヶ月ぶりの禁酒。

《 世界陸上・北京決めた!土佐礼子が“主婦根性”見せ銅メダル 》
《 「ぴあ」表紙描き続けて32年…ギネス認定!及川正通さん 》
《 人質解放に23億円…拉致・韓国人1カ月半ぶり帰国 》
《 オリックス・ローズ、外国人選手初の400号…史上2位のスピード 》
《 男子ゴルフ・フジサンケイC、石川遼がアマ史上最高15位! 》


9月3日  月曜日

8時半起床。コーヒー。
禁酒の効果はあり。体調良し。

今日から、爪もみ五本指ソックスを履く事に。

行きがけ、10時、四谷フィットネスへ。
1時間。
マッサージ&シャワーを浴びてすっきり。

大阪へ。

東京駅、ジモンさん遭遇。

「はんなり屋」のお握り。

車内、 「SPA!」で連載中の
「神足裕司のこれが事件だ」、資料読みながら。

犯罪現場のルポ、暗鬱たる気持ちになる。

もはや、車内の人々が全て犯罪者にさえ思えるほど。
ふと見渡せば、何故か、鬼のような大男ばかり、
よく見ると、全員、横浜ベイスターズの選手であった。

よみうりテレビ入り。

16時、『情報ライブ ミヤネ屋』生出演。
司会:宮根誠司。
サブ:森若佐紀子、森武史(よみうりテレビ)。
出演:飯星景子、国定浩一、見城美枝子、崔洋一、一緒。

日本の銃社会化、
ゆとり教育などについてコメント。
大阪、「筋肉バカの壁」サイン会告知。 
(9/16(日)16時〜 ブックファースト 梅田店にて)

車内、ひたすら、
コウタリンの犯罪報道を読み続ける。 
付属資料の犯人の生い立ちなどの人定項目なども読み続ける。

東京駅、スズキ秘書迎え、
資料読みだけで、ブルーな気持ちを引き摺りながら帰宅。
確かに、
「世界は遊びとはいえない、殺し合いのようなキャッチボール」
の連続なのだ。

それでも、やりきれない気持ちになる。

タケシとフミの寝顔を見ながら、
カミさんといろいろと話。
こんなときこそ、家族は良い。

《 安倍丸、沈没寸前…改造からわずか1週間で遠藤農相が辞任 》
《 東国原知事、甲状腺の腫瘍2カ所見つかる「自覚症状はない」 》
《 “乙女のカリスマ”嶽本野ばら容疑者、大麻所持で逮捕 》
《 大丸と松坂屋合併、新体制で営業開始…売上高は業界首位に浮上 》


9月4日  火曜日

8時起床。
『アサイー』ジュース。

10時、世田谷・スタジオ・サトー、入り。
ミランカ『博士も知らないニッポンのウラ』収録。
宮崎哲弥、一緒。

#12「あの事件のウラ」
ゲスト・神足裕司。

今回は、最初から、俺のリクエスト企画。

俺が「労多くしてコウタリン」――。
と名づける、週刊スパの連載、
「神足裕司のニュースコラム これは事件だ」。
足掛け12年間、500回を超えて、今も連載は続いている。

新聞・テレビが報じなかった あの事件の真相に迫る。

■「現場を見て印象が変わった事件」            
現場を訪れるからこそ、報道とは違った印象を持つこともある。
そんな神足さんの印象に残った事件とは――。
なにせ、500件もの事件がある。
あまりに事例が多いので、2000年以降に限ってもらった。

・青森県弘前市 武富士弘前支店強盗殺人・放火事件(01年5月)
・福岡 3女性連続殺害事件(04年12月〜05年1月)
・埼玉 4園児死傷事故(06年9月)
・渋谷区 短大生遺体切断事件(07年1月)
・福岡県大牟田市 白骨・ミイラ化5遺体放置事件(07年4月)


 ■「猟奇殺人」と「抗うつ薬」の関わり 
                       
近親者のバラバラ殺人、子供の投げ落としなど 近年相次いでいる不可解な事件。
――そこに潜む"とある疑惑"を 神足氏は最近のコラムで繰り返し説いている。
そして、「SPA!」は、孤軍奮闘というくらいに、この関連記事を載せているが、
世間への浸透は狭い。


▼神足さんが、「抗うつ薬」が関与していると思われる事件の例

・全日空機ハイジャック事件(99年7月)
・池袋 通り魔殺人事件(99年9月)
・下関 通り魔殺人事件(99年9月)
・佐賀・広島 西鉄バスジャック事件(00年5月)
・大阪市 附属池田小児童殺傷事件(01年5月)
・京都 宇治学習塾小6女児殺害事件(05年12月)
・滋賀 長浜中国人妻園児刺殺事件(06年2月)
・川崎市 児童投げ落とし殺害事件(06年3月)
・会津若松市 母親殺害・頭部切断事件(07年5月)

◎「抗うつ薬」とは?
→うつ病を脳内の「セロトニン」と呼ばれる物質の欠乏によって起こる、
 と、仮定した上で、脳内でセロトニンを増やすよう働きかける薬物。
 セロトニンは神経伝達物質で、通常はセロトニンは神経細胞で再吸収される。
 そこで、その神経細胞に蓋をしセロトニンを吸収させなくし、
 脳内のセロトニンを増やすのが抗うつ薬。
 現在ではパキシル(承認済)、プロザック(未承認だが日本でも処方されている)など、
 SSRIと呼ばれる薬が最も広く用いられている。

 
◎「SSRI」とは?
→「Selective Serotonin Reuptake Inhibitors:
 選択的セロトニン再取り込み阻害薬」の略であり、抗うつ薬の総称。

◎ 神足さんが「抗うつ薬」に目を向けるようになったきっかけ
→06年の川崎市・児童投げ落とし殺害事件。
 あまりに奇怪で"心の闇"などというおざなりな言葉では
 到底片づけられるものではないと直感した。(神足)

 
◎ なぜ「抗うつ薬」が凶悪な犯罪を引き起こすのか?
→英国の精神科医デイヴィッド・ヒーリーは
 『抗うつ薬の功罪』(みすず書房/05年)の中で
 プロザック・パキシルなどの抗うつ薬は、患者の自殺衝動を高めたり、
 暴力性を強めるなどの副作用を併せ持つ、ことを訴えている。(神足)

◎ 同じく「抗うつ薬」の関与が疑われる事件は?
→アメリカの1999年のコロンバイン高校銃乱射事件
 (※犯人2名のうち1名がSSRI「ルボックス」を服用、残る1名は不明)
 2007年のバージニア工科大学銃乱射事件も同様。(神足)

◎ 日本での「抗うつ薬」の現状
→99年5月5日の毎日新聞などでは「副作用なく安全」などと大々的に紹介され、
 他の新聞などでも同様に報道された。
 その為、現在でも殆どの医者が安易に気分がすぐれない程度の人にも
 「抗うつ薬」を処方してしまうことにより、一種の中毒状態になる。
 また、弁護側も副作用のことがあまり分かってなく、
 裁判で主張する事が多くないのも事実。(神足)

◎アメリカでは既に危険な薬と認識されていた
→アメリカでは2004年に「危険!自殺衝動を起こしたり、
 暴力的になる副作用を起こす可能性あり。未成年への処方は要注意。」
 と最高危険度を示す表示が義務づけれる見込みとなっていたにも関わらず、
 製薬産業側は次の市場として日本に目を付けていると、
 ニューヨークタイムズは報じていた。

◎現在の薬の売り方にもウラがある
→現在では、こんなに効く薬がありますとは製薬会社も宣伝しない。
 ネットや情報が氾濫する現代では、「あなたはこんな症状ないですか?」と、
 例えば「1日のうちで興奮気味になったり落ち込んだりしませんか?」、
 「それは双極性障害ですよ。」と消費者に病気を教育するだけで、
 それに効く薬が売れていくからだ。(神足)

 
◎ 薬物の副作用が裁判の争点となった例は?
→唯一のケースが全日空機ハイジャック事件(99年)。
 犯人がSSRIを服用しており、
 その副作用として心神耗弱の状態にあったことが裁判で認められた。 
 その結果、死刑→無期懲役に減刑されている。(神足)

◎ なぜマスコミは「抗うつ薬」に目を向けない?
→調査報道をしない怠慢、スポンサータブー、両方の理由。
 SSRIの国内市場は急激に拡大している。 
 (※パキシルの売上げは120億円(01年)→560億円(06年))
 独自取材で製薬会社を敵に回すような気概が
 TV報道はもちろん、今は新聞社にもない。(神足)

これらの論点に、宮崎さんは、いくつか懐疑的な点を指摘した。

俺が何故、この問題に関心を持つのか?
“心の闇”としか表現できない、"不可解""理不尽"さが、あまりに怖いからだ。
むしろ、引き金が、「わからない」、よりも、SSRIである方が、
まだ救いがあるからだ。

それにしても、凄惨な事件の現場を12年間も毎週取材している、
神足裕司さんへの敬意を新たにした。

ルポライター芸人などと自称しているが、
俺には、ここまで犯罪や人間の暗部について関心を持てない。
しかも、大変にヘビー過ぎる作業だ。

TBSへ移動。

TBSラジオ『全国おとな電話相談室』録り。

1本目、・モト冬樹さん。
「電車で痴漢に間違われる」「会社の体操が苦手だ」
 居残り相談、「片付けが出来ない」

2本目、兵藤ゆきさん。
お久しぶりだが、10年ぶりに日本に定住するらしい。
「ゴミ捨て問題」「通販で余計な買い物」
居残り相談、「日本の便座が温かい」

スタッフより、誕生日プレゼントを頂く。

事務所、アサ芸エンタメで、『筋肉バカの壁』について。
ダイエット法に絡めて話。

茂がインタビュアー。

なんで、こんな本を書くのか?
根本は「語呂合わせ」以外にないのだ。

しかし、一般に最もわかりやすい動機は「モテ」のはずだが、
正直に話せば、俺はそこに動機はないのでしょうがない。

さらに、モチベーションが「子供」であったりするのを、
本質的に説明するのも難しい。

ならば、フミちゃんを見てもらえば……などと思うのも、
単なる親バカだ。

帰途、四谷フィットネスへ立ち寄り、1時間。みっちり。

本日のキャベツ鍋。
エリンギ、しめじ、えのき、雪国まいたけ、ホイル蒸し、
なすびを混ぜて、手が込んだものにしたのだが、上出来。
秋にキノコが美味しいのを実感する。

帰宅後、
岡田斗司夫著『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)。



結果として、運動・意志型のダイエットが可能であった俺には、
ある意味、ダイエット実用書としては不必要であり、
現代のファースト・ラベルが「見た目重視型社会」であることも、 「その通り」だと思う。
しかし、そのラベリングに、迎合する気もない俺には、今更、「気づき」もない。

(そもそも俺からすれば、岡田斗司夫氏は、ただのデブではなく、
 博覧強記な異能のデブである……)


デブへの呪詛に満ちた言葉に、
伊集院が、いまだデブとして、憤慨するのもよくわかる。

しかし、このダイエット法が、
ダイエット一般論を総括しており、
実に論理的で、実際、効果があるのも、間違いないだろう。
何より、本人の身体が、論より証拠で、あるのだもの。

それでも、ここまでレコーディング(記録)し続けるだけでも、
相当な意志力にも思えるが……。

なんにしろ、この新書のお値段だけで、
効果あるダイエット法を享受できるのは安すぎる。

しかし、劇的な肉体改造本などやると、
以前からの文系ファンに「転向」と指差され、
立ち位置、その精神的姿勢を含めて、色々、物議をかもすものだ。
そういう気苦労が、今の俺には身につまされる一冊でもある。

《 メモリアル弾で決めた!イチローが7年連続200安打達成! 》
《 舛添厚労相、年金着服社保庁職員に「牢屋行け」 》
《 自民・小林温氏が議員辞職…選挙違反事件、起訴段階では異例 》



9月5日  水曜日

9時起床。

眠りが浅い上、寝覚めが悪く、悪夢も見ている。
確実に精神的鬱気味で、バイオリズムが低下しているのがわかる。

言葉に縛られたり、
犯罪事件などのやるせなさが、伝染するのは俺の悪い習慣なのだ。

落ち込む気持ちを断ち切り、
スズキ秘書運転の車に乗り、
免許の更新へ、府中の免許センターへ。

誕生日を既に通り過ぎている。

恒例のことながら、
変装免許証事件から10年の歳月が経っているが、
俺の名前と顔は、係りの人が覚えている。
「変装してないね」「遺失じゃないだろうね」
などと念を押される。

2時間の講習。
これが実に難儀だ。
福留さんが司会の交通事故への警鐘のVTR、
毎度のことながら、やりきれない思いと共に、明日は我が身ではないか、
と、震えてしまう。

地下のレストランで食事、カレーとラーメン。
ベーシックすぎる、今時、いけてない味が逆に食欲そそる。

帰途、三鷹にスズキ秘書と立ち寄り、一汗を流す。

帰宅後、今度は、四谷のフィットネスへ。
タケシと越智先生、初対面。

みっちり一時間。汗だくになる。
しかも、頭のなかが空っぽになるのも良い。

帰途、「世界の山ちゃん」前で、タケシ、激しく食べたがり、
車内で、駄々をこねる。
なんとか、中野新橋の新装店の『四国屋』へ。

ここは、何度も書いてきた、俺の行き着け、
マイ・フェイバリットうどん屋さん。

高円寺のお店が移転したところだ。

『GetNavi』の連載で、紹介したところ、
雑誌掲載時には、いつの間にか引越ししていた。

小さなカウンターだけのお店だったのが、
従業員も居る、ちょっと高級なうどん店へ。

俺、考案の「はかせうどん」は健在、値段は950円に値上げされていた。

が、味は一口すするだけで、旨味が口中に広がった。
タケシも、丸々一杯、食べ尽くす。

女将さんと旧交を温めつつ、談笑。

帰宅後、縄トレ後、タケシと『Halo2』の新ステージへ進むが……。

少し考え直す。
ここのところ、タケシと一緒にゲームをするために、
いろいろ、俺も詭弁を弄しているわけだが……。

4歳児に、たとえ論理力が養われても、もともと倫理力が無い、
そこには反論の余地も無い。

《 今度は鴨下環境相「記載ミス」借入金800万円消えた!? 》
《 橋下弁護士「違法性ない」…山口・母子殺害テレビ発言での訴訟 》
《 アートコーポレーションがコムスン傘下の保育会社買収 》
《 虎、竜抜いた2浮上!球児K締め37S、岡田監督300勝! 》
《 巨人CSマジック『17』点灯!木佐貫が自己新の11勝目 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る