11月21日  水曜日

6時、ロケロケバス、自宅、迎え。
立川・KEIRINグランプリ07
『食べる・見る・ガンバル 庶民の味方、立川!』
競輪GPの番宣番組。

テレビ東京、大橋美歩アナ一緒に。
初共演。感じの良い女性なり。

玉川上水前にて、オープニング。

立川の名産である独活栽培農家を訪ねる。
独活の生息する穴ぐらの中に潜入。
以前、『第二アサ(秘)ジャーナル』で取材したが、
これが生涯、最初で最後の珍しい経験だと思っていたが、
一年に2回も潜るとは思ってもみなかった。

大衆演劇、立川演芸場 へ。
昼間の数十人ほどの観客。
旅芸人一座の公演。
一家で全国を巡業中、
幼子も楽屋に出入りしていて、
その風情も、実に芸人らしさあり。

そのお芝居に大橋アナ、お姫様役、
堂々の飛び入り。
我々も、ヤクザの乾分役で飛び入り。
『弁天小僧』の出し物だが、
我々のお粗末様の出番を終え、
客席に廻って観劇すると、これが唸るほどに面白い、
しかも、W座長の熱演に見入り、思わず拍手喝采。
これこそが、芸の力ではないかと凹むほど、良い出来だった。

立川名物の料亭『無門庵』へ。

歴史を遡れば、
立川の名物旅館と呼ばれた「ホテル無門庵」が
開業したのは昭和初期。
戦時中の立川は飛行隊が駐屯する「軍都」。
開戦当初は、将校の専用旅館として隆盛。
しかし終戦間際になると、少年特攻隊兵が最後に集まる旅館に……。
戦後は、米軍基地を抱える基地の街に・……。
その激動の歴史と共に歩んできた。
「無門庵」は、現在は、料亭として地元の人に愛されているとのこと。

併設される、地ビール工場を見学。

懐石料理のコースを頂く。
俺、土瓶蒸し、いくら蒸篭蒸し丼、鯛めし、
などの美食。
差し歯で、仮歯の上に、カメラ廻っているので、
堪能とまでは行かず、残念。
いつか家族でゆっくり食べにきたいものだ。

立川の駅ビル、中華街が充実。
その一角にある占い館で風水占い。

ロケバス帰宅。

明日も早い。晩酌。

《 食材高騰余波!横浜市の小学校で2日分の給食取りやめ 》
《 吉本興業・中田カウスが恐喝疑惑で事情聴取 》
《 反町ジャパン北京五輪出場決定!2次予選から5戦を無失点 》
《 ロッテ・小林雅、インディアンスと2年契約“第2の岡島”として期待 》
《 赤坂被告、人生の再出発を誓う「家の近くでアルバイトしたい」 》
《 格闘技大会「やれんのか!」大みそかに一夜限りのPRIDE“復活” 》



11月22日  木曜日

5時迎え、タクシーで東京駅へ。
今田ハウジングのため、部屋には衣装も整理されたまま、
探すのも、おぼつかなく、ほぼ寝巻きのまま乗り込む。

TBS『第二アサ(秘)ジャーナル』ロケ。
6時の新幹線MAXとき301号、新潟駅へ。
現地のあまりの寒さに、すっかり身体がかじかむ。

新潟駅から、ロケバス、
サトウ食品』東港工場へ。

♪玄関あけたら2分でごはん≠フサトウのごはん、
『サトウの切り餅』で、有名な企業。

冷たい風が吹きすさぶ農道でオープニングに凍える。

開発部長の赤塚さんのご案内で、
サトウのごはん、の製造過程を見学。
過去の工場見学史上、最も雄弁な方で、
カメラ慣れしていて、説明、仕切りも上手で感心。

玄米から、精米、洗米への過程は、家庭と同じこと。
それを大規模に、しかも、フルオートメーションで可能に。

さらに、一食分ごとに小分けした釜で炊き上げる。

無菌室の超高温短時間加熱処理をいう技法で、お米を殺菌。
今まで、こういう商品は、
保存剤などがたっぷり入れているのだろうという偏見があったが、
今回の説明で考えが改まった。

炊き上がったごはんと、
市販のレンジでチンしたものとを食べ比べる。

サトウの切り餅の新発田工場へ移動。
餅とカビとの戦いの説明、鏡餅の製造過程などを見学。

最後に、御餅料理を食べ比べる。
赤江くん(玉袋)の餅の早食いなど披露。
俺、仮歯を気にして、サボタージュで申し訳ない。

19時18分の新幹線MAXときで帰路へ。
タクシー帰宅。

ようやく、明日は、一息つけると思っていたが、
締め切りだらけなのに気がつき、ため息……。

《 額賀氏「あったとしても記憶にない」同席問題追求に答弁後退 》
《 「白い恋人」3カ月ぶり販売で売り切れ続出…道内400店舗で 》
《 小沢氏、福田氏との党首会談で対テロ新法協力を拒否 》
《 野球・五輪予選にむけ、星野ジャパンが豪州に快勝! 》



11月23日  金曜日

8時起床。

このところ、仕事尽くしの日々。
ようやく休日をもらえた、と、思っていたが、
今田ハウジングの改装部隊が、朝9時から来訪。

スタッフADの荻野さん、コーディネーターの飯田さん達、3人が入って。
頭が下がるほど献身的に工事をしてくださる。

カミさんもフミちゃんを背負いながら、
スズキ秘書も一緒に。
今や、片付けられない人の俺は、
作業されている方には申し訳ないが、
パソコン前で、原稿仕事に専念さえていただく。

週刊新潮「週刊食卓日記」
文藝春秋「おやじ」
夕刊フジ「博士の異常な健康」4本分、ネイチャージモンで。
SHOW OFF「高円寺キッド」と、次々と締め切りをこなしていく。

日記も遅れている10日分を書き溜めるが、
もはや、日常も、うろ覚えな日も多い。

昼前に、タケシと一緒にジプシーウェイに散髪いっただけで、
あとは、10時間、パソコン前でぶっ通しで記事埋める。
しょうじき、しんどい。

スズキ秘書、34回回目の誕生日。
タケシは、コーラをプレゼントしていた。

夜、スズキ秘書と一緒に久々に走る。
阿佐ヶ谷まで遠回りで往復。24分4キロ。
最近、とみに体調低下、体力不足の俺は、この距離でもばてた。
しかし、走り終えたら、体は瑞々しい。

HDDチェック。
『情熱大陸』(小栗旬・後編)
うちの女子マネージャー全員が絶賛したのも頷ける。
主役、スターの心得とは、こういうことなのだ。

《 9年前の殺人で交際相手を逮捕…母親の一言をきっかけに 》
《 海自補給艦が6年間の派遣から帰還…石破防衛相ら出迎え 》
《 大相撲・朝青龍のモンゴルでの泥酔報道を高砂親方が否定 》



11月24日  土曜日


8時半起床。『アサイー』ジュース。

朝から、タケシを連れて、
松浦歯科へ行ったが……休日であった。
差し歯が治らないままだ。

11時、台東区へ。
『ついていったらこうなった2』ロケ。
派遣子供英会話詐欺の被害者宅へ。

お話を聴きつつ、13時半、終了。

時間空く。
神戸クリニック』へ。
レーシックの術後検査。早く老眼手術に辿り着きたい。

神宮前、『こうじんクリニック』へ。
越智先生とお話。

17時半、フジテレビ入り。

楽屋にて、
来年20周年を迎える『桃太郎電鉄』について取材。
おめでたいことだ。
が、いかんせん、芸能界最強を誇り、
自分が昼夜を問わず、やりこんだころが、PCエンジン時代。
10年以上も前になるため、最近の話が出来ず申し訳ない。

SRS』収録。
お台場の花火大会バックにして、
西山茉希、谷川貞治、ソニン、大沢あかね、一緒。
「K−1 WORLD GP 2008」決勝戦事前企画。

勝敗予想を力説。

自分運転、22時、帰宅。

《 人気オート選手、武藤博臣さん重体…9月SG戴冠期待の若手 》
《 福岡県で暴力団組長射殺…至近距離から頭、胸、腹に5−6発 》
《 Jリーグ・浦和、大観衆の前で鹿島に敗戦…優勝決定は最終節へ 》

11月25日  日曜日

7時起床。
8時45分、家族全員で車に乗り込み、東京ドーム入り。
ここのところ、家族サービスの時間がまったくない。
便乗させていただく。

『ダイワフェスティバル』
大和証券』グループの社員、家族への謝恩イベントだが、
ドームを借り切るところなど、
昨今の株安などそんなの関係ねぇ≠ニばかりのビックイベント。

ドームの各所にプレイルームやら、
子供用の『ゲキレンジャー』、『プリキュア5』のショーなどあり。
カミさんと子供たちは、そちらへ。

親父の俺は、メインステージで司会の金原小織さんと共に進行役。

長州小力のステージ、大道芸、中国雑技団、
オヤジダンサーズなどのステージ。

小力くんも、パパイヤ鈴木さんも
ご自身が、ドームアーティストになったことに感激していた。
そりゃあそうだろう。

時間が押し押しで、喋りしろが、どんどん無くなっていった。
赤江くん(玉袋)ロケのため、途中退散に。

この後も、杏里や、MAXのステージが続く。

終了後、移動。

16時、赤坂・「ドリマックス」入り。
なんと、本日は、仮歯(差し歯)を忘れる間抜け、
と言うか、歯抜けのトラブル。
わざわざ、スズキ秘書に、仮歯だけを現場に届けてもらう。

『ついていったらこうなった2』ロケ、2日目。

「派遣型子供英会話詐欺」の内部告発者より、お話聞く。
最初、ベーロのジャンバー着用だったので驚いたら、
高円寺在住の人であった。

問題業者へ、直電する予定が、日曜日で普通のため、
ロケ日を改めることに。

19時半、帰宅。
幻冬舎新書のみのもんた著『義理と人情』を読了。
昔から、実直な仕事人間であり、
本当に寝ない人であったことに感心する。


家飯。
やきそば。

子供と風呂。晩酌して就寝。

《 40歳・尾崎氏が現職最年少知事へ…高知県知事選 》
《 またカリフォルニアで山火事…1万人以上が避難、帰宅許可も 》
《 2年総額8億円!西武決定・石井一が会見入団会見 》
《 大相撲・気持ち切れた?千秋楽に負けた白鵬が“赤っ恥”連覇 》
《 沢田研二、運転中にバイクと接触事故…警察は書類送検の方針 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る