4月11日  木曜日

10時起床。『アサイー』ジュース。

一昨日のベストアサイニーストの映像が、
ワイドショーで、繰り返し放送されたようだ。
あちこちから、「見たよ」と声をかけられた。
『フルッタフルッタ』にとっては凄い経済効果だろうな。

昨日も、会場でコメントしたが、
今や我が家の子供たちも、『アサイー』ジュースは大好物。
将来、親子2代の受賞も夢ではないだろう(笑)。

本日、カミさん、幼稚園の会合のため、
午後帯、しばし、フミちゃんを預かる。
いまだ、一歳9ヶ月のフミ姫との付き合い方は、
俺が慣れないまま、泣き始めたら苦戦。

スズキ秘書運転、17時半、世田谷・TMC入り。
熱血!平成教育学院』収録。
宇治原史規、劇団ひとり、スピードワゴン・井戸田、
渡辺真理、磯野貴理、平山あや、久保田磨希、岡田理江、
木村美紀、池上翔馬、瀧口友里奈、一緒。

京大 vs 東大3人・スペシャル第3弾。
最高学府在籍芸能人が、宇治原包囲網を結成するが……。

「みんなのドリル」白熱。
特に我々と同じチームの東大娘、木村嬢の焦りぶりは、
尋常ではなかった。

終了後、飛び出し移動。

20時45分、お台場・フジテレビ入り。
SRS』収録。
西山茉希、谷川貞治、関根勤、長坂哲夫アナ、一緒。
「K−1 WORLD GP2008横浜大会直前情報」
擬似生対応で。
昨年に続き、開幕、横浜戦は、波乱の予感あり。

23時過ぎ、帰宅。

《 6万3千人保険証未着…後期高齢者医療制度 》
《 1歳長女あやすフリして…万引夫婦1000万円荒稼ぎ 》
《 タイヤがバスに直撃、運転手死亡…7人軽傷 》
《 帰ってきた先駆者!野茂が1000日ぶりメジャーでゴジラ斬り 》
《 テニス、伊達公子が単でも復帰!5月福岡国際女子出場へ 》
《 間寛平がサハラマラソン完走!7日間で砂漠コース245キロ 》
《 投球練習中にケガ…松居一代が鼻骨陥没骨折で全治1カ月 》


4月12日  土曜日

8時起床。『アサイー』ジュース。

カミさん、子供たちは、父の法事のため、倉敷帰郷。
朝から、タケシとトレーニング2日分を終え、
送り出す。

11時、ATカフェ、『EX大衆』誌、取材。
インタビュアー、旧知のライターの茂田浩司さん。

この『魂燃え』、コーナーには2度目の出演。
個人的には、同一インタビューによる、
芸人軌道の定点観測として、
長く記事を残しておこうと心積もり。

テーマは、中年男の子育て論など。
話ているうちに、『ゴン格』で茂田さんが取材した、
格闘界の幼児教育、ゴールデンエイジの育成の記事を思い出した。
あの原稿には影響を受けたなぁ。
インタビュー後、高円寺の町並、うどん屋で食べているところを撮影。

自宅にバイオラバーの山本富造社長からFAX。
山本化学工業』が開発した競泳水着向けの新素材が、
水の分子で抵抗抑制で効果を発揮したとのこと。
NZのトライアスロン競技の大手企業と共同実験で、
北京五輪での使用許可も取得した、とのこと。

俺も、春になって、生地の厚いバイオラバーベストから、
身軽な、バイオラバー・ネックリング、重ね掛けに変更。

タケシが帰郷していないことを良いことに、
一人で『Xbox360』『戦国無双』三昧。たっぷりと。
織田信長で、本能寺の変を勝利してしまったが、
まさに「変」だ。

HDDチェック。
遅ればせながら『K−1 WORLD MAX 2008』
魔娑斗選手、圧倒的なスピードとキレでKO勝ち。
あの年齢で確実に強くなっている、
目を見張るほどのその進化ぶりには唸る。
永久保存版。

《 加州の地裁、三浦元社長の類似ケースで訴追取り消し認める 》
《 IGFに姫井参院議員登場「ぶって姫」に猪木が闘魂注入! 》
《 大不評「平城遷都1300年祭」のキャラ 県民ら独自公募 》
《 阪神・金本、通算2000安打達成!「じらせ過ぎました、すいません」 》
《 倖田來未、72日ぶり涙の復帰!6500人が「おかえり」 》


4月13日  日曜日

10時起床。『アサイー』ジュース。

スズキ秘書運転、
13時、横浜アリーナ入り。
SRS』収録。

横アナ恒例になっている、
隣の『珍采楼』で、長盛班食事。
ラーメン、チャーハン。
前回の大会は、突然のしゃっくり発生で食べられなかったのだ。

『K−1 WORLD GP2008開幕戦』舞台裏密着。
西山茉希、関根勤、スマイリーキクチ、一緒。

試合前の立川選手、前田慶次郎選手にインタビュー。

ゲームで『戦国無双』やっているので、
すっかり、前田慶次郎の名前に違和感がなくなる。

苦節14年の芸人生活で初のリングサイド体験のスマイリーくん。
極真空手経験者、その解説ぶりも本格的。
俺も彼の技術論に聞き耳を立てる。


K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA
横浜アリーナ 観衆10629人

オープニングファイト
● キム・ギョンソック (2R KO) 高萩ツトム ○
○ 中迫 剛 (判定3−0) 佐藤 匠 ●
● 立川 隆史 (1分40秒KO 榎田 洸之 ○
       
K−1ルール 〜スペシャルワンマッチ〜
● ハリッド"ディ・ファウスト"(延長R 判定) アレキサンダー・ピチュクノフ ○
● ピーター・ボンドラチェック (2R KO) 野田 貢 ○
● マイティ・モー (延長R判定0−3) 前田慶次郎 ○
○ グラウベ・フェイトーザ (2R KO) アレックス・ロバーツ ●
● レイ・セフォー (1R KO) バダ・ハリ ○
○ 武 蔵 (2R KO) 沢屋敷 純一 ●
○ エヴェルトン・テイシェイラ (延長2R KO) 藤本 祐介 ●

K−1スーパーヘビー級タイトルマッチ
○ セーム・シュルト (1R KO) マーク・ハント ●

休憩中に、再び、立川、前田、両選手にインタビュー。
全試合終了後、
バタ・ハリ、武蔵、シュルト、インタビュー。

それにしてもテイシェイラには幻想が膨らみすぎていたようだ。
それでも、極真には、“超人追求”のロマンを懐いてしまう。

今回は、スマイリーくんのリングサイド初体験の感激ぶり、
瑞々しい反応が実に印象的。
それを見ていると俺も、観戦慣れ、
すっかり、自分たちが、
すれっからしになっているのを実感したのだが……。

上には上がいるのだ。

大会終了後、関根勤さん、打ち上げに誘うと、
「ダメ!!帰って、K-1見なくちゃ」とのこと。

新横浜・中華打ち上げ。
スマイリーくんを迎え、極真話、ジモン話に花咲く。
押切さんが、キックボクシングのNPOの事務局長になったとのこと。

23時半、タクシー帰宅。

《 “国内初”同性愛絵本発売!ゲイのペンギン家族が主人公 》
《 米民主党・オバマ氏“非”認める−労働者侮辱発言で失点 》
《 Jリーグ、王者・鹿島15連勝ならず…昨年9月以来の黒星 》
《 テニス・錦織、日本デ杯史上最年少勝利「正直うれしい」 》


4月14日  月曜日

9時半、東京駅へ。
のぞみで移動。山口マネ一緒。

大阪駅で「くくる」のたこ焼き。

よみうりテレビ入り
13時55分、『情報ライブ ミヤネ屋』生放送。
司会:宮根誠司。森若佐紀子(よみうりテレビ)。
出演:飯星景子、野田義治、太田房江、
歳川隆雄、春川正明、高尾友行、一緒。

屋外中継から。
2週ぶりだが、ずいぶん、芸能ニュースに比重増した。
物価高、パネルトーク。

帰途、偶然買った、
漫画版の『2011年・日中開戦』(原作・兵頭二十八)を読みふける。



荒唐無稽な展開は、いかにも"気分はもう戦争"なのだが、
富坂聰さんの本を資料でまとめて読み、
WiLLやSAPIOを読んでいると、さもありなん、と思わされる。
漫画の合間の、現代中国の分析コラムも面白し。

20時半、東京駅着。

帰途、中野坂上付近で下車し、ランニング帰宅。
3キロ20分。
この程度の距離でも、息も絶え絶え。
ここ数週、煙草を吸いだしたのが、悪影響なのは間違いないな。
禁煙やらねば……。

桃太郎寿司、持ち帰り。

今日は、煙草は2本だけで押さえるが、
夜、カミさんとワイン一本空けてしまう。

子供の幼稚園、進級話。

タケシは、幼稚園の年中になり、
水泳に加えて剣道とバレエの授業が始まるようだ。
長く続けるとは思えないのだが、ちょっと覗いてみたい。
水泳も、まだ進級組に、"追いついていない"よう。

《 聖火混乱で長野市がイベント中止…リレーの運営・警備に専念 》
《 山拓氏の秘書が酒飲み追突事故…ソフトボール大会打ち上げた 》
《 「くいだおれ太郎」阪神が獲得名乗り!南球団社長が明言 》
《 ゴルフ・マスターズ、イメルマン、史上5人目の完全V!ウッズ3差2位 》


4月15日  火曜日

10時起床。『アサイー』ジュース。

14時、TBS入り。
喫茶店にて、『オジサンズ11』打ち合わせ。
番組は、新クイズ形式に。

終了後、TBSラジオ
全国おとな電話相談室』録り。
一本目ゲスト:室井佑月
○彼が服を買ってくれるが、フリフリ……。
○高齢であるが、友達を増やしたい。
居残り相談:子供を、もう一人欲しい。

シングルマザーの室井さんだが、
それでも、もう一人、精子提供だけでも良いから子供が欲しいのだな。
後期芸能者の幸せの補填を考えれば、その選択肢、実感がよくわかる。
実際、俺も、もう一人、子供が欲しいと、話したばかりだった。

二本目ゲスト、斉藤洋介
○酒の席で大きなことを言う。
○眠くて眠くて仕方が無い。
居残り相談:もっと、お酒を飲みたい。

酒癖の綺麗な酔いどれの独自の語り口に、昼から飲みたくなった。

帰宅後、タケシと共に開放プールの水泳に。
500Mを済ませると、今回は、主にコーチ役を。
息継ぎ、横で出来るようになる。これでも自己満足。

献本されていた
高木三四郎『俺たち文化系プロレス DDT』(太田出版)、読了。

『DDT』に関しては、
サムライTVでレギュラー・キャスターをやっている頃から、
学生プロレスあがりだと思って、その存在を黙殺していた。
一度も、この団体をちゃんと見たことがなかったし、
むしろ、一種の偏見をもっていた。
しかし、このマット界の冬の時代に、
創立から10年を超え、いまだに団体を存続させ、
メジャーに喰い込む、インディー団体となった。
その後、多角化、『マッスル』など派生させ、
サブカル的にも注目され、
今や、ひとつの勢力、ビジネススタイルを確立させている。
業界的には、マッスル坂井なる革命児も生んでいる。
かつてのプロレスファンとしては、
知らなかったことだらけだったので、面白く読んだ。

……って、このところ、プロレス関連本、よく読んでるな。

《 告白、福田首相は10年前に胃がんの手術していた 》
《 保険料の天引き始まる…年金から2カ月分 》
《 鷹・パウエル、オリックスとの因縁マッチで今季初勝利! 》
《 ジャイアンツ・藪、3年ぶり白星!気迫の投球で2回を無失点 》
《 K-1、崔洪万が韓国陸軍に入隊…復帰時期などは未定 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る