7月16日  水曜日

10時起床。『アサイー』ジュース。

午前中、心を込めて手紙を書く。

11時半、『ノースデンタルオフィス』へ。
先生、いつも、俺の我儘に、丁寧慎重なくらいの説明。

14時過ぎ、目黒「こまばエミナース」へ。
ホテルの一室でメイク後、
下北沢、焼き鳥『八峰』へ移動。

『ウチくる!?』
ゲスト・小池栄子回にサプライズ出演。
中山秀征、久保純子、青木さやか、一緒。

ウチくる!どころか、ヨクくる!
と言われるほど、この番組へのゲスト出演が多い我々だが、
この期に及んで、小池栄子の回に呼ばれるのは、光栄なことであった。

二人の結婚式に、スケジュールが紆余曲折ありで、
結果的に出席していないことが、
心の中で、ずっと申し訳なく思っていたからだ。
小池栄子が家族で行きつけという絶妙の焼き鳥を各種、食べながら、
芸能人2軍コーチとして、出会い、小池栄子がいかに大器であるか、
認めていたかを思い出話。


一時は、好きなタイプを「水道橋博士」と語ってくれ、
我が家の長男、タケシには、1歳の時、授乳会を決行してくれた。
そして、壮大なSMショー的、小池栄子の恋愛について語る。

妊婦仲間の久保さんから、子供の読み聞かせ本を頂く。

下北沢から散策、1時間半、ウォーキング。


帰宅後、タケシを連れて、
スネークピット・ジャパン(蛇の穴)』へ。
打撃クラス、一時間にタケシと挑戦。
スズキ秘書と一緒の時は、
今までに、何度かあったかようだが、
俺自身は、タケシが、ちゃんとクラスに最後まで完遂するのを初めて見た。
俺も一緒に参加。とにかく汗だくだ。

スネークピット・ジャパンの新作Tシャツが完成
限定枚数ながら、販売開始とのこと。




《 14歳少年をバスジャックで逮捕!東名バス乗客、運転手にケガはなし 》
《 K―1アンディ・オロゴンが電車で盗撮していた男を取り押さえ逮捕に一役 》
《 米メジャー、オールスター戦、8年連続出場のイチローが好守、福留は無安打 》
《 3年6カ月の刑期を終えた田代まさし氏が出所報告会見 》


7月17日  木曜日

早朝7時起床。
コーヒー、栄養剤をガブ飲み。

スズキ秘書と共に、
8時半、赤坂・オムニバスジャパンへ。
まだ、詳しくは書けないが、
試写室を出た時、手応え、笑顔に包まれた。

『なか卯』で昼食。

15時半、高円寺の市民プールへ。
5月8日以来。
タケシ、このところ、幼稚園の水泳スクールも熱心に通っていたので、
今回、目を見張るほど上達しているではないか。

それでも、いろいろ、モチベーションをあげて距離を伸ばす。
コーチングという作業は、向いているかも。
俺は、スイミングは、クロールしか泳げず、
しかも、ただの我流なのだが、
幼稚園で正しく指導されているのか、
タケシのクロールのフォームも綺麗。
次に進級するには、息継ぎを覚えることだ。

しかし、今日見たところ、
今年の夏プールの楽しみが増えたというものだ。

帰宅後もトレーニング。

決して強制的にならず、楽しみながら。
いろいろ、親子の夏の計画があるので、
俺も楽しみ。

帰宅後もトレーニング。
フミも、しばし、あずかるが、ますます活発。
フミのお転婆度数、上がる一方、
この動き回る、ヤンチャぶりはタケシの2歳の頃、以上だ。

19時半、長嶋Dとの食事会へ。

高円寺生まれ、高円寺在住テレビディレクター。
俺とは、TBS『夜のエクスプレス』で一緒に仕事をして、
丸7〜8年になると思う。
たまたま、今年、一緒に香港ロケに行き、
その後、高円寺の小学校プールで再会。
その息子へのスパルタ特訓ぶりに、興味を抱いた。
話を聞けば、元・ヒッピー生活、
バックパッカーで長くアフリカ在住した旅人。

そして、その経歴に相反して、
俺の知る限り、テレビディレクターでは、
異例なほどの、活字中毒の小説読みである。
そして、2児のパパであり、
その容貌に相反して、愛妻家で育児に積極的な家庭人でもある。

mixi日記にあった、
4歳の息子とタイに二人旅をした、
その冒険譚たるや、一発で俺を魅了した。

俺が興味と敬意を抱く理由は満載。

前から、家族揃ってと、口約束であったが、本日、実現。

奥さん、6歳のカフウくんと9歳のアマネちゃん、
と共に、全員が自転車で集結。

フミちゃんを残して、『東京苑』の個室にて、育児会議。
同業相憐れむ、その共感を分かち合う。

子供の就寝時間あるので、早めに散会。

8-style』へ。
台湾での展示会帰りの橋口さん、イナさんと面会。
現地では、大好評であったよう。
ベーロが雑誌に多数、掲載されていた。
台湾の雑誌『summit』編集者のSweeth Jonesさんを紹介され、
一緒に写真。
もともと、ベーロのデザイナーにして、
柔道家であった安済智之さんとも話。
ここでも育児話に話が咲く。


《 野茂が引退決意“プロ選手として限界…”日本と大リーグで通算201勝 》
《 野球・北京五輪代表24人決定!上原、新井も… 》
《 不正合格者の採用取り消し、教員採用汚職 》


7月18日  金曜日

7時起床。『アサイー』ジュース。
タケシ、幼稚園、今日が終業式、朝、見送り。

長島くんの奥さん手作りのイタリアンを具に、
冷やしうどんを混ぜる。

17時半、世田谷・TMC入り。
『熱血!平成教育学院』収録。

司会:ユースケ・サンタマリア、高島彩。
出演:劇団ひとり、スピードワゴン・井戸田、磯野貴理、
宇治原史規、岡田理江、久保田磨希、平山あや、
岡本玲、眞鍋かをり、三浦奈保子、渡辺真理、一緒。

東大、京大、横浜国大など高学歴ズラリ。
みんなのドリル。
現役高校生、全国模試6位の岡本玲ちゃんと同じチーム。
玲ちゃん、あまりに初々しいリアクション。

スズキ秘書迎えで、
富ヶ谷、『郷土料理 熊吉』本店へ。
越智先生の食事会。
遺伝子治療を専門にされている白川先生、
同じく初対面となる、カツさんを紹介される。

馬刺し3点盛り、地鶏のサイコロ焼きなど美味かったが、
最後の大阿蘇高菜めしとあおさの味噌汁が絶品だった。

医療問題、寿命問題、文明論にまで及ぶ、四方山話、
おおいに勉強になる。

スケジュール調整、齟齬から、夜、長電話に。


《 ロシアが北方領土記述を批判 》
《 自民世耕参院議員が虚偽書類提出していた 》
《 和歌山でも採用試験で合否事前通知 》
《 サッカー、ロナウジーニョがACミランへ移籍!「選手生活の転機」 》

 


7月19日  土曜日

7時起床。
夏休み初日、カミさん一行、カミさんの田舎へ出発。
その姿を見送り、久々の独身生活に。

六本木、喫茶店。
ミランカ『博士も知らないニッポンのウラ
町山智浩回、打ち合わせ。

12時半、六本木ジェイル入り。
『タモリ倶楽部』
「これが本当のマジック革命 セロ…じゃなくてエロ?!」

SMクラブで、タモリさん、光浦靖子と共に、
名古屋のエロ手品の専門家、
ミスター・ザウバーのイリュージョンの数々を鑑賞。
全てのネタが、バカバカしい下ネタでくだらない。

終了後、移動。

お台場・フジテレビ入り。
SRS』収録。
西山茉希、関根勤、桜井"マッハ"速人、長坂アナ、一緒。

楽屋で、西山茉希のblog本頂く。
手書きの絵が上手で女の子らしい仕上がり。
本のなかでは、ベーロも再三紹介されていて嬉しいかぎりだ。





『SRS』のヒット企画の第2弾――     
『にてんのか?!2』
今回もガチンコ対決。
しかも、DVDにもなるかもしれないとのことで、
技術スタッフも気合がはいっている。

浴衣姿の玉袋、西山茉希が司会。
俺、関根さん、桜井選手と共に審査員役。
長坂アナが実況、大成さんがレフェリー。
作家の押切さんも現場に。

出場予選から、
スマイリー・キクチが落選というハイレベル。

出場芸人:
やす(ずん)、森一弥(エネルギー)、
イマニヤスヒサ、シーランド関谷、
ホームチーム檜山、ダブルブッキング、
KICK☆、ハイエナ、
古賀シュウ、リアルファイト荒木・小森園、
グラップラーたかし、木村晃健。

芸人が格闘好きなのは、衆知だが、
『にてんのか!?』出場のほとんどの芸人が、
格闘技体験者であることも凄いこと。
そして、トーナメント形式ながら、一回戦から波乱が多々。

審査員席もガチンコ。
芸人のあまりにも、マニアックなものまねに、
関根さん、マッハ、と共に、
合間、合間、格闘思い出話がとまらず。

優勝の副賞は、『SRS』出演権利3回分という、
実に、リアルなものだが、
芸人の奮闘、真剣ぶりを見ていると、
かつて、どうしても『SRS』に出たくて、出たくて、
なんとか、セミレギュラーになれないかと、思い続け、
K-1、及び格闘技と「お笑い」の接点を、探し続けていた、
あの頃を思い出す。

長丁場ながら、楽しく、退屈知らずの現場。

富永マネ同乗させて、23時帰宅。


《 全国各地で梅雨明け!東北では昨年より13―23日早め 》
《 15歳中3長女が父親を包丁で刺し殺す 》
《 KIDが右足負傷で全治6カ月! 》


7月20日   日曜日

お休み。
朝、子供たちの声もなく

10時起床。
この夏、一番のマイブーム、ゼリーdeゼロ。

昼、冷やしぶっかけうどん。

連載が突如、打ち切りになった、
『週刊現代』の町山智浩さんのコラム
『アメリカの味噌汁』原稿、初回から読み返す。

この角度、このレベルの連載コラムを、
あえて、打ち切るとは、まったく理解に苦しむ。

この原稿、『博士も知らないニッポンのウラ』のスタッフが、
一年分、今まで全て、毎週、コピーしてくれていた。
こういう作業が細やかでありがたい。

しかも、俺が欲する資料読みを、
ディレクター・プロデューサーレベルまで共有。
いつも、専門家をゲストに迎えることが多いのだが、
そこに向けて、みんな、一通りの共通認識が出来ているのだ。

その一方で、まったく事前の資料読みなしで、
あらゆる専門レベルの話が出来る、
宮崎哲弥さんの博覧強記も、凄すぎるのだが。

auショップへ。
機種変更と国際電話サービス。
応対の女性が、研修中のため、
いろいろと無駄な時間だらけ。
誰にも、そんな巡りあわせはあるのだ。

mimipro』聴きながら、時間をやり過ごす。
きびだんご君の山本小鉄モノマネに噴き出す。

『8-style』で、
おろしたての旅行バックにシールを貼って貰う。
DATSUNの日の丸マークが一枚目からぴったり嵌る。

ランニング、1・5キロでもう汗だくギブアップ。

ジプシーウェイで散髪。

子供がいないので、ゆっくりDVD鑑賞も。

8月8日にDVD発売&レンタル開始となる、
映画 『ノーカントリー』観了。

見本盤、頂きながら、見たい、見たいと思いながら、
すっかり延び延びになっていた。

光と影、音と沈黙。荒野の荒涼、モーテルの一室の鬱屈。
映画音楽を一切使わぬまま、
緊迫感を伝えるコーエン兄弟の映画テクニックを駆使した映像美。
コーエン兄弟は、いつも課題科目で最高得点とるな。

映画 『ショーン・オブ・ザ・デッド』
現在、日本未公開から、署名運動の末、劇場公開になった、
『ホット・ファズ』のエドガー・ライト監督とサイモン・ペグ主演、
脚本、コンビの前作。

随所に面白いが、
ホット・ファズ』に比べれば、習作にしか見えないのは、
いかに、ホット・ファズの出来が良かったかを再確認。

すっかり朝まで。独身時代のよう。

《 地元住民が不満!中国の公安局で爆発が起きていた… 》
《 “きょうは偶数”北京市、ナンバープレートで交通規制 》
《 巨人・二岡が一軍復帰するも、2打席凡退に失策で途中交代 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る