10月1日  水曜日

9時起床。『アサイー』ジュース。

原稿仕事。

昼、お取り寄せの『亀城庵』の「ぶっかけの讃岐うどん」、
久々に美味し。

本日、都民の日でタケシ、幼稚園、休み、
PS2のPRIDEゲームに興じる。

カミさん産院へ。
第三子の男女の判定下る。
タケシと一緒にガッツポーズ。


14時半、大井競馬場へ。
東京シティ競馬の煽り番組。
ネット通信の『TCK.Tv』収録に。

江口ともみ、松田大輔、一緒。

俺は代役の代役。
馬だけに、当て馬出演か。

松田とキングオブコントの話。

本番、「第一回、うまたせ!エコサミット」
自分議定書作り。

「第2回、うまたせ!エコサミット」
うまたせエコバックプレゼント撮影。

冨永マネと共に帰宅。

帰宅後、『肴や 小兵衛』へ。
冨永マネ、タケシと一緒に。
たまたま、『SHOW OFF』の佐久間さん一行と偶然、同席。

佐久間さんの娘さん、お店の娘さんと、
子供3人の交流眺めながら、
最後は、富永マネ主催のお絵かき大会。
最近の小学生は特徴のある絵が上手なのに驚く。

他の客に気兼ねなく、
子供が遊んでいるのを見ているだけ、
はずれなしの美味い肴をつまみながら、ビールを飲み、
本当にリラックス出来る時間。


帰宅後、『K-1 World MAX 2008』、
これは永久保存版。

K-1 WORLD MAX 2008〜世界一決定トーナメント〜FINAL
東京・日本武道館 観衆15231人


K−1甲子園・FINAL8
○ 卜部 功也 (3R TKO)坪井 悠介 ●
○ 嶋田 翔太 (判定3−0) 村越 凌 ●
○ 日下部 竜也 (1R KO) 佐々木大蔵 ●
○ HIROYA (1R KO) 平塚 大士 ●

スーパーファイト
● 小比類巻 太信 (3R KO) ユーリ・メス ○
リザーブファイト
● 城戸 康裕 (2R TKO アルバート・クラウス) ○
○ ブアカーオ・ポー.プラムック (1R KO ブラック マンバ) ●

FINAL準決勝
○ 魔裟斗 (延長判定 3−0) 佐藤 嘉洋 ●
● アンディ・サワー (延長判定 0−3) アルトゥール・キシェンコ ○

FINAL決勝
○ 魔裟斗 (延長判定 3−0) アルトゥール・キシェンコ ●

魔娑斗、5年ぶりの優勝。
佐藤応援団の立場からは、
最初の判定に納得できないだろうが、
それでも魔娑斗、ダウン後、
誰にでも精神の見える試合は、見事過ぎる。
この日、一日の12分間の忍耐は、
日本のエースとして鍛えぬいた5年分の結晶である。

俺も10月1日より、基礎トレーニング開始。
スズキ秘書とマン・ツー・マン、加圧、腹筋、背筋。

夜、タケシの反抗期、トレーニング・サボり癖に対し、
子供らしい、泣きごとの中、
幼稚園の水泳のスクールについて、
カミさんが周囲の子供たちのガンバリを諭すと、
「もうまけるわけにはいかない!」と宣言。

《 大阪・難波の個室ビデオ店で火災、15人死亡、放火男を逮捕 》
《 宝田明が速度違反 首都高124キロで爆走 》
《 モト冬樹“事実婚”告白 “娘”の存在も 》
《 清原の引退試合、イチロー駆けつけ、長渕剛が「とんぼ」熱唱 》



10月2日  木曜日

9時起床。
『アサイー』ジュース。


15時、恵比寿の、
カリフォリニア・レストラン『シゾン』へ。

フジテレビの深夜番組『映画の達人』収録。
『ドラマニア』
議題は、「海外ドラマに夢中」

宅間孝行、大和田美帆、司会。
デーブ・スペクター、DJの結木えつこ、一緒。

大和田美帆さんは、獏さんの娘さん。
社交辞令ではなく、『オジサンズ11』で、
親切に接していただいたお礼を申し上げる。

初めて呼ばれた番組だが、
俺、『24 -TWENTY FOUR』マニアとしての出演。

デーブは、正真正銘、海外ドラマ通。
と言うより、デーブにとっては"海外"なのか?
それでも、あのスケジュールでよく、これだけ見ているものだ。

しかし、デーブと二人で長々と喋りたい放題で、
O・Aの尺には、残らないだろうが、
たっぷり、踏み込んで、日本のドラマ界との比較など。

宅間さんは、日本のドラマの書き手であるから、
俺も、言葉を選びつつ、問題提起。

長々とマニアックに話した仕事の充実感あり。

スタッフも、この白熱ぶりに感心してくださる。

話をしていて、俺が未見のJ・Jエイブラムスの出世作、
『エイリアス』は俄然、見たくなる。

"ウディ・アレンの撮った『ゴッドファーザー』"
と俺が名づけた『ソプラノス』へ。
司会の二人の興味津々も嬉しい。

18時アップ。


そのまま、日付をずらしていた、
丹沢小旅行に出発。

収録終了現場に、スズキ秘書、タケシが合流。
今回は、急遽、太田プロのスマイリーキクチくんが一緒に。

今回は、『アド街ック天国』で紹介される、
丹沢地区、西丹沢温泉郷へ向かう。

ゲストで呼ばれていたのだが、
丁度、高尾山、富士山の後に、
都心から近いので、
丹沢に登山で、親子で行こうと思っていたところ。

渋滞知らずのまま、わずか、1時間半で、
首都高から東名へ抜け、大井松田ICで降りる。

山中を走って、丹沢山の麓、中津川のほとりにある、
『民宿せど』へ到着。

鄙びた年代ものの老舗であり、リーズナブルな民宿。
もともと、隣で鮮魚経営の料理の宿なので、
食事には定評あり。

狙い通り、本日の投宿は我々一組のみ、
完全に、一棟、貸切状態。

部屋のなかの佇まいは、昔、栄えた民宿、
廊下は有名人のサインだらけ。




部屋にあったのは、今村昌平監督のサイン。
「さよならだけが人生だ」
俺も大好きなフレーズ。



話はそれるが、
この言葉を知ったのは、
今村昌平が書いた、
師匠川島雄三についての追悼録、
『サヨナラだけが人生だ 映画監督川島雄三の生涯』
を高校生のとき古本屋で見つけたときだ。

なんとカッコいい言葉だろう、と思っていたが、
このフレーズ、寺山、太宰も使い、
もともと、井伏鱒二の言葉だと知る、

が、さらに、これは武綾の漢詩であることを知る。

そのあたり、ネットに数々の引用があるので、
そのまた引用して、整理しておくと……

――――

詩のタイトルは「勧酒」。

勘酒     (酒を勧む)
勧君金屈巵 (君に勧む金屈巵<きんくつし>)
満酌不須辞 (満酌辞するを須<もち>いず)
花發多風雨 (花發<ひら>けば風雨多く)
人生足別離 (人生別離足る)

この詩を普通に訳すと

酒を勧める
君に黄金の杯を勧める
このなみなみと注がれた酒を断ってはいけない
花が咲くと雨が降り、風も吹いたりするものだ
人生に別離は当然のことだ

となる。

しかし、この詩を日本に普及したのが、
文豪、井伏鱒二の名訳。

この杯を受けてくれ
どうぞなみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

寺山修司はこの名訳の後に、
「さよならだけが人生ならば 
また来る春はなんだろう」
と歌った。


「さよならだけが人生だ」
は、諦観した、突き放した、言葉に取れるのだが、

実は本来の意味は、

「さよならだけが人生だから、
今、この出会い、酒を酌みかす相手を大切にしよう」
ということになる。

――――

どっちの意味にとっても、良い詩だ。


閑話休題。

20時半から、大広間で食事。
これだけの広さに、我々だけ。
売り物の豪勢な食事。



その上、店主より、
鹿の刺身、甘エビ刺身のサービス。





昔ながらのカラオケステージもあり。
タケシのマイクを持って、
檀上で、麻生太郎演説ごっこ。

姪っ子が居るスマイリーは、子供なれしている。

子供目線で何時間でも喋っていられる。
「なんで? どうして?」
の幼児の質問に必ず、言葉を選んで答えられるのも素晴らしい。

スマイリーの理論的なキック講座も、実に面白い。

地図を広げて、明日の作戦会議。
旅行ガイド本より、
地元で貰うパンフレットが一番、わかりやすい。

皆で大浴場へ。
スマイリー君、筋肉隆々。
もともと極真戦士で、本格的な選手時代から、
14年のブランクがあるとのことだが、
それでも、猛トレーニングのたまもの、
肉体は嘘をつかないな。

民宿のなかは、肌寒い。
せっかく、布団を敷いてもらったのに、
タケシは、押入れの布団のなかで眠りに就く。


《 学内汚染深刻…法大生5人大麻所持で逮捕 》
《 韓国のタレント崔真実さん自殺、ネットの悪質デマで傷心 》




10月3日  金曜日

5時半起床。
意外な早起き、
皆、寝ていたが、
一人で雑誌原稿のチェックを済ませる。

タケシ、スマイリーくんは、朝風呂へ。

9時、朝ごはん。
旅館の朝定食。ボリュームたっぷり。

10時、民宿、チェックアウト。

朝から、すぐにテントウ虫に囲まれる。

246を東へ向かい、山北地区へ。

昨日練った計画通りに246を東へ向かい、
山北地区へ。

8日収録の『アド街ック天国』で紹介する、
30位以内の名所をなるべく訪れるつもり。


まず、向かったのが『洒水の滝』――
『みっちゃん食堂』の前を通り過ぎて、最勝寺の入口へ。

その落差による水圧から、修行滝として、
古くから知られるそうだ。

山道を進んでいくが、行き止まり。
肝心の洒水の滝は、
現在落石防止工事期間中(平成19年度〜平成21年度)のため、
滝つぼまで接近することが出来ない。
しかし、仮設の観瀑台から眺めてみても、
その落差は十分、伝わる。


名水100選にも選ばれた、清流の水で口を漱ぐ。

山北町健康福祉センターの
『さくらの湯』〜炭酸カルシウム温泉へ。
朝風呂に続いて昼風呂。
地元の人だらけ。
とにかく、露店風呂が気持ち良い。

プールも併設だが、水着をもってきていなかった。


隣にある『蒸気機関車記念館』へ。。

昭和43年まで御殿場線を走っていた                           
D52形蒸気機関車が展示してある公園。                                   
昭和9年丹那トンネル開通まで鉄道の町として栄えた街だった
為機関車が保存されている。
看板を見ながら、蒸気の仕組み。
水蒸気の堆積は、水の1700倍になるというのも、あらためて。




移動。

たまたま駐車のため入ったのが、『宝生神社』。
樹齢300年、高さ25メートルの根回り9・8メートル、
の巨大な銀杏の木。



まるで「♪この木何の木、気になる木」
この神社では、流鏑馬が行われるとのこと。

『瀬戸すっぽん養殖場』へ。



てっきり、観光地だと思っていたら、
ごく普通の瀬戸さん宅。
しかし、突然の訪問にかかわらず、
親切にいろいろ話をしてくださる。
すっぽんは高級食材だけに、
この地区の地場産業だと思っていたが、
養殖しているのは、周囲でも、ここだけ、だそうだ。
しかも、産卵しているわけでもなく、
九州から、小亀を持ってきて育てているらしい。

ビニールハウスの水槽の中には、4000匹の亀。
しかし、すっぱんは繊細、神経質な生き物なので、
なかなか、姿を現さない。
特に、横にある道路がトラックの抜け道になってから、
なかなか育てにくいそうだ。

『道の駅 山北』でバーベキュー用の野菜を購入。
鉢植えなども売っていた。

今回の目玉である『丹沢湖』の『三保ダム』、
もともと、丹沢湖は三保ダムによって誕生した人造湖とのこと。



湖の輪郭は蝶の形のように歪で、
おまけに3つの支流からの水が流れ込み、
57もの橋が架かっているので、
のっぺりと画一的な風景がなく、
いろんな角度が楽しめて味わい深い。
天気も良く絶景。





ダムは、コンクリート剥き出しで、
無機質なものも多いが、
三保ダムは、緑に囲まれた、
その景観、
放水の際の奔流の美しさから、
ダムマニアからの評価が高いそうだ。
水を湛えたダムを見下ろすと、タケシは怖がるが、
俺にしても、子供のころ足をすくめた、
初ダム体験は忘れられない。

この水の下に、村の集落が沈んでいると聞いた時の切ない想いも、
今も覚えている。


今日の宿泊地である、『ウェルキャンプ西丹沢』へ。
中川沿いに広大な敷地のキャンプ場。

他との比較が経験的には出来ないが、
日本全国レベルでも、
この大きさ、施設は有数なもののようだ。

露天風呂や釣り堀、ドッグランなど、施設も充実。
各種、キャンプ用品のレンタルあり。
最初は、テント設営のつもりであったが、
3人とも、誰もエキスパートはいないのでキャンプは断念。
実は、今回、タケシの着替え一式を忘れたのが、最大の要因。

キャンプに期待していた、タケシだが、
いつの間にか、どんぐり拾いに熱中。

すぐ目の前に中川沿いに流れる、
コテージへ、一旦、投宿。




来た道を戻って、『箒杉』を見るため、引き返す。
国指定天然記念物であり、全国名木百選。

道すがらの表示が小さかったので、
あまり期待はしていなかったが、
これは実物を見てビックリ。
あまりにも立派すぎる。






胸高約12m、根廻り約18m、高さ約45m、
さっき見た、銀杏よりさらにどデカイ。
なんと樹齢200年!!

子供の前では、おいそれとは、
口に出来ないが、根元の形も、艶かしい。
つーか、女性器じゃん。

ちなみに、屋久島の縄文杉と比べてみても、
歴史は浅いが、大きさは優っているのだ。
幹周:16.1m 樹高:30m
樹齢:推定3,000年以上(2,500年説もあり)

ここは、もっともっと知られてもいいだろう。

中川温泉郷にある『信玄宿』を通って、
再び、ウェルキャンプ西丹沢へ。

すれ違いの山道で、車の後部をこする。
凹む、スズキ秘書に、
「どんまい、どんまい、なかないで!」
とタケシの歌。

今回は、断念したわけだが、
テントを張っている、
キャンプ場のお客さんを視察。



一つ、一つ訪ねては、
「すいません、初心者なんですけど……」
さまざまなテントの張り方や、備品を見比べ、
根掘り葉掘り聞き出す。

こうして、家族でキャンプをするような、
アウトドアな、そのライフスタイルを
昔は、揶揄していたものだが……。

コテージのベランダでグリルをレンタルしてBBQ。
食材は、持ち込みでも手ぶらでも、
一式、食堂の受付で注文できる。
待ちきれず、食堂のカレーも一人前、頼む。

自宅でもしょっちゅう、
BBQをやっているというスマイリー料理長。
川の横なので水気の含んだ炭に苦戦するも、
木炭用着火剤を大量投入して解決。
お肉各種に野菜炒め、
〆焼きソバは、抜群!

時間制限、20時までの、露天風呂へ。
入浴権を買って本日3度目。
ここも貸切状態で、カメラも持ち込み可。
水中カメラで、『NEVERMIND』状態。

売店で購入した花火をコテージのベランダで。
打ち上げ花火以外なら、OKとのこと。
線香花火が実に風情あり。

タケシ、湯冷めしたのか、今までのテンションが一気に落ちる。
そのまま、寝入るが、やや心配。

携帯も、パソコンも、テレビもない、
という生活は、いったい何年ぶりのことだろうか。

スマイリーくんと話。
この小旅行で、いくつも、ためになる話があったなぁ。
特に自家製のトレッキングシューズの作り方とか、
歯の話、サーフィン断念話は、いろいろと思うことあり。

《 ホリエモン勝訴…立花隆さんらに賠償命令 》
《 30万円相当ゴッソリ…中山忍宅に空き巣 》




10月4日  土曜日

7時、コテージ起床。
湯当たりのまま、タケシ、どうやら発熱の様子。

心配しながら、東名高速を、引き返し、
帰途、俺、そのまま、テレビ朝日へ。
9時半入り。

『草野☆キッド』収録。
草野仁、堂真理子アナ、一緒。

楽屋で、デーブ・スペクターと対面。
前の仕事終わりで共演し、そのまま家に戻らず、丹沢へ直行、
今日も、丹沢から、直入りだったので不思議な感じ。


◎ 一本目、
「草野さんの知らない世界〜夜遊び」。

はるな愛、荒木師匠、姫ちゃん一緒。

はるな愛は、4人のニューハーフ四天王を紹介。
荒木師匠は、ディスコを、
姫ちゃんは、現役の春日部のキャバ嬢、地方キャバクラを紹介。

はるな愛は、姫ちゃんをもアシスト。
相変わらず、優秀なテレビタレント。


◎ 二本目、「苦労に学ぶ格言」

上原美優、鼠先輩、コラアゲンはいごうまん、一緒。

種子島出身で、10人兄弟で育った、グラビアアイドル、
上原美優の話「大家族は、楽しい」
とても、笑って話せる、美談だとは思えないような話。
しかし、このまま育てば、この経歴は大きな財産だ。

鼠先輩の話「人生冗談」。
海外放浪話や、結婚裏話など、
他でも喋っているのかもしれないが、
なかなかの話術で実に聞かせる。
放送でカットになる話も多いが、
開き直っているのか、吹っ切れているのか、
綺麗事を言うわけでもなく、赤裸々に。
それまで同郷・岡山出身の究極の一発屋の
胡散臭い男としか見えなかったのが、
この格言話の後は、別人に見えた。

コラアゲンはいごうまんの話「苦労は金を払ってでもしろ」
この番組、3回目の出演。
蛍ちゃんとの再会、
インドのスラム街の一発ギャク、の2本立てだが、
二つともに、切羽詰まった、鬼気迫る笑い話であり、
どこもカットするところがないほど面白い。
もっと聞きたくなるところを抑える。

今回の3人は、いずれも素晴らしい。
3人で講演会を廻れるレベルだ。


楽屋で、
博士も知らないニッポンのウラ』打ち合わせ。
次回のゲストは、ジャーナリスト岩瀬達也の年金問題。

年金問題など、俺の知識は真っ白。苦戦しそうだ。

終わり15時。
そのまま、ウォーキング。
バックパックを背負ったまま、

国立競技場まで1時間。
『放送室』、聴きながら。

ドンキで、タケシの大好物、
『うまい棒』のコーンポタージュ味だけの
パックを土産に買って帰ったが、
既に、子供たちは就寝中。

家に帰ると落ち着くより、
今は、もう、次の旅がしたい気分。


22時、殿の久々の生放送の新番組、
『情報7days ニュースキャスター』を見る。

東国原知事も電話生出演。
「岡山からは水道橋博士を出馬させてだな……」
と、ホント、こういうギャグが、
報道系番組で飛び交うようになるとは。


《 大相撲の八百長裁判で朝青龍が出廷! 》
《 “お騒がせ”中山前国交相が議員引退へ、東国原知事が出馬? 》
《 北朝鮮・金総書記がサッカー観戦 写真、映像は報じず 》



10月5日  日曜日

9時起床。『アサイー』ジュース。

恵比寿、『神戸クリニック』へ。

いつのまにか、
左右の視力格差による、頭痛も治まってきている。
メガネの度数を調整。
これで、早めに進む老眼対策さえ出来れば、
画期的なゴールなのだが。

恵比寿で昼食のつもりが、
カミさんのリクエストで、
中野の『長浜食堂』で、とんこつラーメン。

中野、『平和の森公園』へ。
俺、芝生に寝転がって、資料読み。

タケシは、ランニング。
タケシにつられて、フミも。

バイオラバーについてのビデオレター。

TBSの『キングオブコント』
煽り番組から、本番までじっくりと。
格闘技の緊張感あり、実に面白い。

キングオブコント2008

決勝Aリーグ
・TKO 368点
・バッファロー吾郎 460点
・ザ・ギース 400点
・天竺鼠 388点

決勝Bリーグ
・チョコレートプラネット 415点
・ロバート 473点
・バナナマン 482点
・2700  327点

最終決戦
バッファロー吾郎 5票
バナナマン 2票

番組終了とネットなど同時に一斉に反応あるのも興味深い。

漫才以上に、コントは個人の好みが分かれるだろう。
そして、この審査方式は、明らかに芸人の情が加わるものだ。
俺が審査員席でも、同じように票を投じるだろう。
折角、投票した方も、された方も、
このシステム、形式のせいで、
腹を探られるという意味では、双方、もったいないことだが……。
スタッフメンバーを見ても、
芸人の生理をわかっていない、とは思えない。
こういう感想を含めて、
あえて物議を呼ぶ、と言うより、
何処へ行っても、この話題を皆が口にしている、
この状態はフックが、かかっているのかも。

今後、確実に、この大会は盛り上がっていくだろうな。



そして、我々の身内、マキタスポーツの秋の恒例イベント
『マキタ学級大文化祭』が近づいてきた。

今年は、大がかりなことになっている。
ゲストが、超豪華すぎる布陣だ!!




マキタ学級が新宿歌舞伎町一帯で主催する、
"お笑いと音楽の究極のフェス"『マキタ学級大文化祭

開催日:2008年10月25日(土)


会場:新宿LOFT/LOFT PLUSONE/新宿FACE(三元同時開催)

第1部 開場14:00/開演14:30

前売 \3,500(ドリンク別 \1,000)


出演:マキタ学級/大槻ケンヂ/漁港/サンプラザ中野くん
シナトラ/JacksonVibe/衝和ショッキング/水中、それは苦しい/
セックスマシーン/ザ・たこさん/The DUST'N BONEZ/チッツ/鶴/
東京60WATTS/パンチの効いたブルース/バンドオブグリマーズ/
宮崎吐夢/モーモールルギャバン/マキタスポーツ/大塚恭司/
掟ポルシェ/THE GEESE/キングオブコメディ/コージー冨田/
こんらんチョップ/杉作J太郎/超新塾/東京03/殿方充/
猫ひろし/バカリズム/花くまゆうさく/ピエール瀧/ぽんぽこ/吉田豪/ほか

****************************************************

会場:新宿LOFT/LOFT PLUSONE

第2部 開場24:00/開演24:30

前売 \2,800(ドリンク別 \1,000)


出演:マキタ学級/エンケン&カレーライス
(Vo&G遠藤賢司,Ba大塚謙一郎,Ds森信行)/毛皮のマリーズ/
つしまみれ/BAZRA/THE BEACHES/マーガレットズロース/
マキタスポーツ/イワイガワ/エレキコミック/オードリー/グレート義太夫/
ダイノジ/ナイツ/流れ星/はなわ/U字工事/西口プロレス/掟ポルシェ/
やついいちろう/ほか ※第1部出演者の飛び入りもアリ!

チケットぴあ(Pコード302-852)/ ローソンチケット(Lコード75131)
1日通し券 \5,500(ドリンク別 \1,000)

※通し券はただいまマキタ学級HP、LOFT店頭のみの販売となります
※第2部チケット及び通し券は未成年者の購入不可



《 公約守れ!東国原知事出馬に宮崎はNO 》
《 加勢大周 覚せい剤&大麻で逮捕!ドラマ「キッパリ!!」打ち切り 》
《 プロ野球・楽天、岩隈3冠!23年ぶり“21勝投手” 》
《 緒形拳さん(71)が急死…先月末には元気な姿も 》


 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る