12月16日  水曜日

10時半、赤坂・エクサインターナショナル入り。

MBS『ビートたけしの 因縁の2人 新春ガチバトル!』収録。
(来年1/2放送予定)

ビートたけし、田原総一朗の2トップ。
その横に、俺、はるな愛が補助という布陣。

赤江くん(玉袋)と吉竹史アナは別進行。

メインは、亀井静香 vs 竹中平蔵。
亀井静香大臣登場とあってスケジュールも分刻み。

★  ブリトニー vs ゾマホン
★ 「女性の幸福論」香山リカvs勝間和代
★ 「はるな愛への公開質問年賀状」
★ 「日米首脳会談」鳩山来留夫vsノッチ
★ 「高速道路無料化問題」石破茂vs山崎養世
★ 「亀井静香への公開年賀状」
★ 「郵政民営化問題」亀井静香vs竹中平蔵。

殿楽屋へ挨拶。
殿に、康芳夫『虚人塊人』(学習研究社)に出てくる、
亀井静香エピソードを紹介。
是非、この部分を聞いてくださいとお願い。
果たして本番は……

田原総一朗さんの楽屋、挨拶。
ようやく顔と名前を一致させてくれた。

カツマー vs カヤマーは、ロケ部分をスタジオ再生。
両者タレントほど感情的にならない点では
テレビ的ではない部分があるのだが、
論点を細かく実況してやれば、もっと面白くなった。
しかも、事前にTwitterが煽れば、
例えば勝間さんの20万フォロアーは視聴率には反映するかも。
ツイッターがテレビ離れした視聴者を戻すくらいインパクトのある、
効果的な番組告知ツールなのでは、という実験をやってみたかった。

相変わらずの田原総一朗、言いたい放題。
『サンプロ』が3月でなくなる今こそ、
「田原総一朗の政治利用」ではなく、
「田原総一朗のバラエティ利用」を考えた方が良いと思えるほど。

「高速道路無料化問題」石破茂vs山崎養世は、
亀井静香大臣のスケジュール優先で、短時間になって残念。

高速道路無料化の政策立案者である、
山崎さんは、もっとテレビに出て、アナウンスをもっとやるべし。
が俺の持論。
だが、もはや、民主党のなかでも優先順位も低いのだろう。

亀井静香vs竹中平蔵、
大臣の番記者が居並ぶ中のゴング。

竹中「亀井静香さんは昔からブレない政治家です。
   しかも、最初から、すべてが間違っている!」
と第一声。

竹中「私は政調会長時代の亀井さんの失政の尻拭いをやってきたんです」
亀井「俺は竹中・小泉の尻拭いをやってんだ」
と、ずっと平行線のまま白熱の攻防。


---放送後の追記---

『虚人塊人』に出てくる「亀井静香の犬殺し事件」、
駒場祭で焼き鳥の模擬店に犬を焼いて出して、
亀井静香が停学処分になるという話。
この話を是非、本人の前で確かめたかった。

しかし、現役の大臣にぶしつけには聞けない。
しかも怒り出したらどうする?
大臣の収録時間は分刻みなのだ。どうする?
殿の楽屋に康芳夫の本を持っていって、
「殿、是非、この話を殿から聞いてください」と頼んだ……。
殿、笑いながら、
「そんな話は無理だろう、いくらなんでも聞けねぇよ」と……。
本番に。
殿「今は亀が鳩を焼いて食っているような……状況。
そういえば、亀井さんは……」 と切り出し……。

犬事件の亀井静香の受け答え、最高だった。
それに町村さんからの挑戦状「あの人はやはり警察官僚ですから……」
というビデオに、「てめえの親だって警察じゃねぇか!」の切り返し。

1994年、自民党、野党時代の亀井静香のセリフ。
(斎藤 大蔵事務次官(当時)について)
「怠け者、不器用、暗闇の牛。キラキラしたところが全然ない」
そのパネルを出したところ、竹中平蔵、
「ええ、そんなこと言ってんですか知らなかった。
 なんだ、亀井さん、ブレてるじゃないですか!」


殿に労をねぎらわれ終了。

一旦帰宅後、
20時、六本木のふぐ料理。
年末恒例、浅草キッドが殿を接待する社長会。

3時間も殿を独占。

“ビートたけしのやさしい夜”、
何度過ごしても、至福の一夜、
しかし、俺たちの殿は最高に粋でカッコいい惚れ惚れとする男なのだ。
ひれ酒に酔う、いや、たけし酔いだ。
人生最大の洗脳はビートたけしだ。
夢なら永遠に覚めないで欲しい。

毎回、目の前で喋りながらもドキドキする。
そばて見つめる顔は、
10代の時、スクリーンで見た、
「メリー・クリスマス! Mr.ローレンス!」
のラストシーンのあの顔なのだ。

《 政権公約と違う?民主党子ども手当で所得制限導入要請へ 》
《 事業仕分けで“凍結”判定 次世代スパコン予算が復活へ 》
《 「推定規定」初の高裁判断 ライブドアに99億支払い命じる 》
《 橋下知事の友人 全国最年少39歳の校長誕生 》
《 大相撲・力士30人“週刊現代の八百長告発記事裁判”で二審も勝訴 》
《 芸人ら850人出席…吉本興業「薬物対策セミナー」 》
《 あゆイベント強行でエイベックス社員ら起訴 》




12月17日  木曜日

8時起床。

今日は名古屋へ。
朝、玄関で、タケシ、幼稚園に行くのを見送りながら、
「パパ、最近、一緒に遊んでないね」とすれ違い発言。
確かに、今は忙しい。

11時45分、東京駅着。

12時発、のぞみで名古屋へ。

車中、赤江くん(玉袋)の新刊本、
『声に出して言えない日本語』(KKベストセラーズ)読みながら、
バカくだらない。

この本、紆余曲折の難産の末、ようやく出版へ。
一度は流れかけただけに良かった。

助産婦である作家の山本茂、
投稿するネタ職人などのためにも、
本はすくすく育って欲しい。

新幹線車内、本日共演の渡辺徹さんがとおるのを見過ごす。
あわてて挨拶に。

東海テレビ
『世代間ギャップ2009! 10代の10大ニュース』収録。

司会:浅草キッド、松井アナ(THK)。
出演:おすぎ、渡辺徹、松本伊代、大村正樹、アンガールズ。

今日、東海テレビの楽屋で頼んだ出前。
名古屋名物・台湾豚骨ラーメン。
よく見ると、ここどこ?って思えるメニュー。
パリス吉祥寺・錦糸町店のようなわからなさ。

本番、
地域性、世代格差を強調した、重大ニュース。
コメンテーターも優秀、
受身もとってくれるので、
東京でやるより、かなり強気にノビノビと司会。
楽しかった。

おすぎさん。10代の頃を振り返り、
「10代の頃からオカマ一筋よ」
殿のANNで聞いた話を思い出して、
「昔、東京ガスにつとめたってホントですか?」と聞くと、
「ホントよ」
「じゃあ、オカマがオカマを売ってたんですね」
「そうよ!」ってホントよくできた話。

テレビ界、出版界の不況の救世主は
ヤク中の、のりピーであったのは紛れもない事実。
しかし、この報道がドル箱であるこらこそ、
テレビも出版も彼女を扱うことをやめられない中毒症になった皮肉。
なども語りつつ。

収録後、楽屋で、12/27出演の東海テレビ
『スタイルプラス』生放送番宣打ち合わせ。

帰途、
車内、お土産に頂いた、あつた『蓬莱軒』のひつまぶし。大好物。
スタッフの好意ありがたい。

22時、東京駅着。
中央線で帰宅。

帰宅後、次回の浅研の課題作。
レイ・ハリーハウゼンの特撮映画
『アルゴ探検隊の大冒険』
『H.G.ウェルズのSF月世界探検』を観了。朝まで。


《 子ども手当所得制限ラインは「年収2000万円」で調整 》
《 夕方から地震頻発…静岡・伊豆で震度5弱 》
《 メジャー・松井秀背番号はやはり「55」 エンゼルス入団会見 》
《 女子バレーボール・東九州龍谷高がNEC破る番狂わせ!》

 


12月18日  金曜日

TBSラジオ
13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

聴視率調査週間。
テーマ「壁にこんなものがはってあった件」
お題が難しい分、賞金3万チャンスと思われ……白熱。

特に、今回は、作家のサトケン。
優木まおみ → 生島ひろし → 賞金ネタになった、
生島ネタへの誘導が見事であった。

途中、しゃっくり病発生の危機。
これがラジオで良かった。
いつ生放送のテレビでなるかわからないのだ。

ペラペラ。
「田原総一郎伝説研究」

3時台町山智浩さんのコラム
ジョージ・クルーニーの新作「マイレージ、マイライフ」紹介。
スカイプを使って、テレビ電話のように顔を見ながら中継。
放送後、正装だった町山さんに一ネタありだが、
こちらでは回線が切れていた。

16時半、テレビマンユニオン入り。
洋画★シネフィル・イマジカ
浅草映画研究会』収録。
中条省平、一緒。

テーマ:「レイ・ハリーハウゼン大研究」3本。
『SF巨大生物の島』
『アルゴ探検隊の冒険』
『H.G.ウェルズのSF月世界探検』

資料を全部、読み切れなかったが、
新発見スクープありの発表で、映研らしい回に。

ピクサー映画の『カールじいさんの空飛ぶ家』が
ハリーハウゼンの『SF巨大生物の島』を
完全に下敷きにしていること。

この話、いつも、
町山智浩のアメリカ映画特電』を聴きながら、
町山さんが「偶然ではなく、あらゆる映画に下敷ある」
ことを指摘してるので、
自分が初めて、こういう発見を経験した。

膨大な映画的記憶を持つ、映画秘宝系の人が、
こういう類似、下敷きに、すぐに気がつくが、
自分が完璧に気がついたのは初めて。
しかも、日本ですでに指摘している人が見つからず、
町山智浩さんにまで問い合せる。
たぶん、今、『SF巨大生物の島』を見てる人がいないだけだが、
番組スタッフが調査すると、
海外サイトの投稿には、わずかに指摘は存在していた。

番組では、一つ一つフィリップで説明。
1、気球が嵐に流されて島に流れ着く 
2、行方知れずのかつての英雄がマッドサイエンティストになっている 
3、マッドサイエンティストが動物を実験に手を加える。 
4、片や潜水艦、片や飛行船を拠点にしている。
5、巨大な飛べない鳥の存在。(これ造形もそっくりで驚く)

これは100%間違いないだろう。

さらには監督のピート・ドクターは前作『モンスターズ・インク』に
ハリーハウゼンという名のすし屋を登場させ、
一つ目マイクも、『タイタン』に出てくるサイクロプス、
サイクロプスの頭部がマイク。
いかつい身体つきをサリーにしている。

そんなところも、確信犯的オマージュに違いない。

丁度、この番組本
浅草キッド&中条省平『浅草映画研究会』(廣済堂出版)が完成。
装丁も可愛らしい仕上がり。
本が出来上がるのは何より嬉しいこと。


20時、帰宅。

もはや、睡眠不足の限界だが……。

スズキ秘書、タケシと共に、
♪ニンニキニキニキ〜
スチャダラパーの『GET UP AND DANCE』、
完コピーして歌いながら、
高井戸『美しの湯』へ。

このところ、子供と一緒に銭湯、
スーパー銭湯へ行くのに、すっかりはまっている。

その施設の充実度は、聞きしにまさる良さ。
凍える寒さのなかでの露天風呂が極楽。
サウナもあり。大人800円。
しかも、土日祝はプールありなのか……。
すっかり温まる。


《 片山右京さん 冬の富士山で遭難…同行2人滑落死か 》
《 小沢氏公設秘書が無罪主張 西松建設事件で徹底抗戦 》
《 石原知事 5億円の五輪誘致映像は「電通の責任」 》
《 土浦連続殺傷男の金川被告 死刑判決に笑み 》
《 ツイッターがハッカー被害 イラン支持者関与か 》
《 ボクシングWBCバンタム級・4RTKOで長谷川穂積が歴代2位の10度目防衛成功 》
《 「ファイナルファンタジー13」販売初日で100万本! 》

 


12月19日  土曜日

13時45分、
新橋・『遊食三昧ちゃちゃ亭』新橋本店入り。

『タモリ倶楽部』収録。
「アゴの軟弱な全人類に告ぐ!一番硬いつまみ大賞」
出演:タモリ、杉本哲太、劇団ひとり、一緒。

本番前、タモリ倶楽部の演出、山田さんに、
マキタスポーツ出演の『ラジカントロプス2・0』、
ダウンロードしたCDを手渡す。
その場の空き時間で視聴。「面白いです!!」と即反応。

『ソナチネ』Tシャツで出演。

飲みながらの収録。
段取り予想の数倍、はねる。
文字通り鉄板の面白さ。

劇団ひとり、驚くべき顎力発揮。
新たな才能を開花。
K(硬いもの)−1グランプリって番組、
スピンオフですぐにでも出来そう。

帰宅後、仮眠。

眼精疲労になるので、
気分転換に『BREAK MAX』の吉田豪の連載読んでいたら、
さらに細かい字のため眼精疲労になった。
蛭子能収の回。
俺も長く定点観測していた人だけにオモロ。


深夜、
『ぼちぼち』のお持ち帰りのホルモン食べながら晩酌。


《 片山右京さん「全部自分の責任」同行2人の死亡を確認 》
《 気候変動枠組み条約COP15「コペンハーゲン協定」に合意も強制力はナシ 》
《 岡山県警、覚せい剤をシュレッダーにかけて捨てちゃった 》
《 新型インフルエンザ、流行ピーク越えか 》
《 サッカー・クラブW杯、バルセロナが史上初の年間6冠達成! 》
《 格闘技・金網マッチにお笑い芸人のKICK☆が出場するもKO負け 》




12月20日  日曜日

師走の過密スケジュール、やっと一段落。
日曜日らしい一日。
11時まで寝る。

寝起きに居間にいったら、
昨日放送の『志村どうぶつ園』を見ていて、タケシ、大号泣中。
「どうした?」 って言ったら、泣きじゃくったまま胸に飛び込んでくる、
「どうしたの?」と再び。
「パパ、わかんないんなら最初から見てよ!」
と今度は逆ギレで号泣の居間の今。

ネットで調べたら、号泣の理由は、
どうやら、飼い主のところへ20キロの距離を歩いた猫の話であった。


本日、M‐1の決勝の日。
タケシと一緒にM‐1煽り特番2本を見る。

去年放送分のリピート見ながら、
昨年は、5歳児には、理解不能であったネタも、
一年後にはわかるようになっている。

昼、「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。

タケシ、大江先生とマン・ツー・マンの立ち技コース。
すっかり真剣に。

珍しく、『イシイカイロプラクティックオフィス』の
石井さん一家合流。
国士舘柔道猛者のテンくんとの、
柔道vsキック。
6歳児同士の異種格闘技戦が実現。

防具、グローブをつけつつも、
ギャラリー取り巻くリングの上で。
3R×2の攻防。



何度も寝技で決められつつも、
最後まで心は折れないまま。
俺なら萎えたと思っただけに大健闘。

タケシも、ここまでの真剣は初めてのことだろう。

帰宅後、
ガンビーノ小林、暮れの挨拶に。丁寧にありがとう。

18時半、M‐1生放送。

コンビ名
カウス
渡辺
巨人
東国原
上沼
松本
島田
合計
1ナイツ
96
91
90
88
93
85
91
634
2南海キャンディーズ
88
88
84
89
90
83
85
607
3東京ダイナマイト
90
90
86
85
90
88
85
614
4ハリセンボン
89
85
85
87
87
80
82
595
5笑い飯
98
92
93
92
98
95
100
668
6ハライチ
95
89
89
86
91
88
90
628
7モンスターエンジン
87
89
87
85
90
83
89
610
8パンクブーブー
97
91
90
88
98
93
94
651
9NON STYLE
95
90
87
89
98
92
90
641

ファイナル
1NON STYLE
2パンクブーブー※満票で優勝
3笑い飯

笑い飯、今後、伝説となるであろうネタ、「鳥人」。
一度は、大空に飛び立ったが、栄光への着地には失敗。

大方、不評だったが、
東国原知事の、あのトボケ方はよく出来るなぁと。 

東京ダイナマイト、「ノーベルやんちゃde賞」
客席にアニの姿、しかも、ダイナマイトだけに。
ナイツ、東京ダイナマイトの2本目見たかった。

笑い飯、予選ダントツの「ポールポジション」からの
「チンポジ」って流れなのかと思うのは、深読みなのかな。


HDDチェック
『情熱大陸』(ボクシング長谷川穂積)、
永久保存版。
V10戦の背景を追いつつ、
約4年前から密着取材を重ね、収録テープは約400本にも上る超大作。
これは素材貸してる日本テレビも偉い。


《 鳩山支持率“急落”50%割れ「リーダシップない」74% 》
《 不正経理接待で福岡県副知事を任意聴取へ 》
《 勘違いスピード違反取り締まりで11人免停処分 》
《 M−1グランプリ、満票で「パンクブーブー」が優勝!笑い飯「鳥人」ネタで100点 》


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る