1月6日  水曜日

7時起床。
まだ昨晩見た映画『親愛なるザカリー』が頭から離れず。
食卓行ったら、昨日、旅行疲れでグッタリだった子供たちが
ハイテンションに回復。

ライターの矢内さんより、メールにて
「現在イエメンにてサッカー日本代表を取材中の者です。
 元日の新幹線での出来事、山田直輝に聞いてみましたよ。
『隣の席の人が芸能人の方だということは分かっていました。
 子どもと遊ぶのは好きなので、楽しかったです。よろしくお伝えください!』
 と笑顔で言ってました。日本の勝利と選手の無事をぜひお祈りくださいませ」と。

残念ながら中継の放送はないようだ。
ネットで経過を見ながら。
なんと、先発出場した山田直輝選手、
相手のタックルを受けて前半21分に負傷交代。
うわ、残念…………しかし、俺がサッカーに思いを馳せてるなんて。

この思わぬ展開に……心配。

朝からずっと原稿。
『浅草キッドの素』の単行本用&連載用。
ブログsの日記なども。

タケシ、その間、昨日は『もののけ姫』
今日は『トイズ』のDVD見ている。

タケシの
「もののけひめってアバターににてるよねぇ」
って話から、
「アバターの3Dはもっと凄いらしいよ」と話盛り上がる。


柴尾英令さんの菖蒲(しょうぶ)まで行ったアバター評
IMAX 3D『アバター』を109シネマズ菖蒲でみる。

このページを読んで、俺もいてもたってもいられず勝負に出た。

急遽、遠出を決める。

アバター2回目、子供と二人、
IMAX 3D劇場を求めて、
練馬→川口JCTから東北自動車道〜国道バイパス122号を乗り継ぐ。
埼玉の久喜ICを降りて、見渡す限りの田舎風景に迷う。
結局、2時間車を走らせ、
巨大なショッピングモール『モラージュ菖蒲』へ到着。
田舎の田んぼの中に、
突如、出現したショッピングの神殿に驚く。

『アバター』IMAX 3D版、
結局、往復と上映時間など含めて8時間ほど半日かけたイベントに。

結果論を言えば、その値打ちはある。
なにしろ、初日2D版で見たのとは、全く別の映画だ。
子供も2回目なのに水すら飲まず釘付け。
臨場空間の広がりかた、吸引力が大人と違うみたいだ。

2Dナヴィ族がCGで彩色された人工の生き物に見えるのだが、
3Dだと、あの色彩、発色を含めて、
熱帯にいる爬虫類のような皮膚感があり、
まるで実在しているよう。

ネィティリ(ナヴィの娘)も、
まるで現代の日本に冨永愛が実在するように、
綺麗にそこに居るかのように見える。

ザ・シネマハスラー』で
宇多丸さんの部屋=パンドラの生態系という話があったので、
海兵隊の大佐がピエール瀧に見えてしかたなく、
笑いがこみあげてくる。

しかし菖蒲、本当にド田舎。
きっと、あのモールもIMAXシアターも本物ではなく、
あれは狐が化かしているのではないかと思えるほど。

夕日が地平線に沈んで行ったのだから忘れがたい光景。
しかも、「アバター、わざわざ見に行ったよね」
菖蒲の夕日を、
子供と後年語り合える、この経験こそ映画体験だ。

ちなみに、IMAXシアター。
川崎なら今、満席だが、菖蒲は3割程度の入りだ。
そして、そのショッピングモールの
無駄な巨大さにもかなり楽しめる。

帰りの車、タマフルのザ・シネマハスラー聴きながら、
『カールじいさん……』の評を流しながら、
(俺はポッドキャスト聞いていたが……)
タケシ「いぬはダグだよ」に始まり、
「おくさんはエリー、とりはケヴィン、ぼうけんかはチャールズ・マンツだよ」
などとイチイチ言うところ子供の記憶、大人と別腹。

帰宅後、
「3Dどうだった?」カミさんの質問に、
タケシ「めをつぶってごらん!」と3歩あとずさりしてから、
「めをあけて!」と言った途端、
手を広げて目の前に飛び込む。
「こんなかんじなんだよ!」と興奮しながら熱弁。
「ママ、すごいんだよ……」と延々と可愛らしい。


HDDで『報道ステーション』
1時間遅れで見ていたら、
サッカー日本代表のイエメン戦、
中継レポーターの矢内由美子さんは、
今日、山田選手についてのメールをくださった
フリーライターの方であった。

心より、山田選手の怪我が軽症でありますように!!
と祈る。


《 藤井財務相辞任決定、後任は菅直人氏 》
《 浪人中の山崎拓氏 離党辞さず 国民新党から出馬? 》
《 シー・シェパード 日本船に“体当たり” 》
《 サッカー日本代表×平山デビュー戦ハット!代表80年ぶり快挙でアジア杯出場 》
《 通産4875奪三振は歴代2位!ランディ・ジョンソン投手が引退表明 》
《 K-1ノブ・ハヤシ 骨髄性白血病再発で入院へ 》



1月7日  木曜日

8時半、起床。昨日はタケシと同衾。
夜更かしのせいかまったく起きる気配はなく。
寝言を聞いていると、
絶対、夢のなかでパンドラの地で、
アバターになって戦っているよう。

Twitterのタイムラインというサブリミナル。
いままで食べたことが無いのに、
谷川貞治さんのぶやきに頻出する、
しるこサンドや、
松尾貴史さんのパンニャのカレーを食べたくなるのだ。

そして『しるこサンド』を入手。
初めて食べる。
俺、こんなものかであった程度だが、子供たち、ひっぱりだこ。

そう言えば、
今、我が家では桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』が大ヒット中。
スーパーでもしょっちゅう売り切れになるので、
ネットでまとめ買い。
怒髪天の増子さんのCMもよろしいが、
あんまり売れすぎて生産間に合わないらしい。

Twitterやっている時間も多いので発見もある。
すぐにシェアを。
Twitterのクライアント、
様々あるが、これはお薦め。
http://meyou.jp/shakase
Twitterぶら見&検索サービス(つぶやき保存も)
「me*you」

遅ればせながら事務所から献本2冊拝受し、
Twitter入門書、間違いなく読みやすそう。
早速、読んでみる。

『ツイッター 140文字が世界を変える』 (マイコミ新書)読了。



今の流れだと、昨年10月の出版でさえも情報が古いのかと思っていた。
しかし、そんなことはない。
Twitterの歴史、現状の理念も将来あるべき姿もきちんと、
かつ平易に書かれている。勝間本が恥ずかしい男子にも良い。
路上に出る前にTwitter教習免許が必要だと前に書いたが、
その意味では教科書。
今、路上で迷える人はこの本読んだら行き先がわかる。

『140文字でわかるツイッター入門』 (マイコミ)

この本もペーパードライバーは随時、運転席に付随すべき。
この本のアイデア、そのものを考えていたので、
やっぱり先にやる人がいるのだな、と思った。
よく出来ている。

町山智浩のアメリカ映画特電』の
第15回 トゥモロー・ワールドの回、
聞き直し、映画の長回しの歴史の解説が改めてオモロ。


東京都 広報『はかせのはなし』原稿書き。粛々と。
IMAXシアターについて。
新年一発目は、
Twitterについて記したのも未見の方は、是非どうぞ。

 

博士の異常な鼎談』は、今日から3回に渡って宇多丸氏の登場!
これから1ヶ月ほど喉の治療でラジオ出演がない、
宇多丸氏のトークをテレビで。俺も楽しみ。


子供3人と風呂。3人は久しぶり。
フミ「パパぁ、きょうから、あたしのオウジさまになってぇ」
俺、その言葉にジーーーンと余韻にひたっている間、
タケシ「バカぁあ、いまはコクミンのジダイだぁ!!」
嗚呼、政権交代あるいは立憲君主制?


このニュースが議論に。
自民・谷垣氏、反ツイッター宣言

なんともったいない。
政治家の「Twitterやらない」はその言葉、宣言に縛られる。
今回の発言、例えて言えば――。
「拡声器は使いません。本当の私の声ではないから」とか、
「携帯を使いません。目と目を見つめて話たいから」
と言っているようなものなのに。

政治家に限らず、Twitterの不思議は、
誰も「やれ」と強制していないのに、
「やらない」宣言を誘発することだ。

携帯電話の初期、
「俺は絶対使わない、プライベートまで追っかけられたくない」
と宣言していた人を思い出す。

俺も突如、知人に「絶対やりません!」宣言をされて
口がポカーンとしたことがある。

その一方で、
「Twitterの有名人はなぜこんなに
 Twitterの凄さの喧伝に必死なんだ。まるで宗教布教のよう」
との声もあるが、それも真理、
そう呟きたくなるのも、よ〜くよくわかる。
しかし、俺からすれば、
Twitterをやっていることが特殊に思われているのが面倒なのだ。
早く、一般化、インフラ化して欲しいだけ。

今回の谷垣さんも、宣言ではなく、
「俺はつぶやきはしない 多分つぶやかないと思う 
 つぶやかないんじゃないかな まちょと覚悟はしておけ♪」
くらいの宣言だったら良かったのにとの声もあり、
「Twitterやらない宣言を、Twitterで呟けば良いのに」
とも。シャレで済ませば良いのに。

また、
「谷垣さんのコメントについては、宣言と書かれていますが、
 単純に記者にコメントを求められ、それに答えただけのような
 気がしますがいかがですか?」の正論の問い掛けも。
むしろ、俺も出来れば、そうあって欲しい。
もったいないもの。

それに、これらの話題をTwitterで応酬するわけだが、
Twitter内で、
Twitterをやらない人を間違っている議論をすれば、
片八百長になるのは明白なことだ。
俺は政治家が「やらない宣言」がもったいないと思うだけ。

お会いしたら、誰もが感じるだろうが、
谷垣さんもとても誠実な方なのだ。
ネット投票の是非を問われる時代、
いまから機転を効かせて、
「(Twitter)みんなでやろうぜ!」くらい前向きでいいのに。

しかし、改めて、
『Twitter社会論』『ツイッター 140文字が世界を変える』
を読んでも、欧米の流れを見ても、
Twitterが政治家には必須の道具になるのは、
一番最初に理解できた。
発信力ももちろんだが、市井の人の「小さな声」を拾うこと、
呟くだけでなく、眺めるだけでも、
流れ去る他人の人生の一瞬を垣間みるようなものじゃない?

谷垣さんの「私はつぶやかない!」は
そのニュアンス、発音の面白さからも、
一年後には失笑と共に流行語大賞になるかもしれない。
(そこまでは流れが早くないか……)

それにしても、今日のタイムラインを見ながら思いついた標語――。
「私はつぶやかない」谷垣総裁。
「私はつぶやきすぎる」谷川貞治。


Twitterで、旧知の長谷川和彦監督と交流。
俺のリクエストに吠えてくれる。
「しかし、映画と同じ2回だけでは悔しい」と。
何度も咆哮しそうだ。
長谷川和彦監督は、
ネットでも、ちゃんと前向きに対話していたし、
若い世代とも常に語り合っていたから、
つぶやきから人々を巻き込んで運動になるだろうな。
今後、凄く期待する。

山田選手、右足骨折の報、凄く悲しい。


《 小沢征爾氏 食道がん公表、治療で6月までの全公演キャンセル 》
《 菅直人財務相“円安発言”に相場動いた 》
《 不記載の資金移動「指示」…大久保被告を在宅処分へ 》
《 沖縄のひき逃げで米兵起訴、日本側に身柄引き渡し 》
《 大晦日の格闘技“侮辱行為”青木処分を…戦極側が意見書 》
《 高校ラグビー・東福岡“大会記録”更新し、2大会ぶり日本一 》
《 サッカー・全治不明…山田直輝がイエメン戦で右脚亀裂骨折 》
《 ロンブー淳が堂々と安室奈美恵との交際宣言 》




1月8日  金曜日

7時起床。
今日から子供も幼稚園。朝の修羅場が再開。
とにかく、幼児3人の我が家。
見送りまでカオスだ。

アキラ(一歳)がレンゲのお玉の方を銜えたまま、
鼻筋に沿って立てたまま走り回ている。
それを見てタケシ(6歳)、
「オマエぇ、ウルトラマンか!
 カイジュウみたいにナクだけにくせにぃ!」
と追っかけ回していた。
フミ(3歳)そこにミニラのごとく悲鳴をあげて一緒に駆け回っている。

12時過ぎ、TBSラジオ入り。

13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

今日は仕事始め。

事務所に行って超巨大なダンボールを受け取る。
中身は『TENGA』の7種詰め合わせ。
その時、頭の中で、
「御年賀・TENGA」のダジャレを思いつかなければ、
今日のオープニングの展開はなかった。
ラジオは生き物だ。

本番前に、俺が持ち込んだ、
あまりのTENGAの数に、
男性スタッフを集めて炊き出しのように配る。
御年賀、TENGAで〜すと。サンタ気分に。
これは実にくだらなく、面白かった。

キラ☆キラ』ホームページより

その様子に「負けるもんか!」と発する、
オジキ(小島さん)のメスぶりも立派。

ラジオで、TENGAは禁句にしていたのだが……。
最終的にはTENGA国家の話にまとめあげる。

それにしても、TENGAが、ユニバーサルデザインであり、
医療の現場や、人口爆発の抑制になるって話も正論だと思うが……。

トークテーマ。
『しょっぱなから、つまづいちゃった報告会』

ペラペラ:マキタスポーツをスタジオゲストに呼んで。
マキタ、
サンボマスター、エレカシの選曲は
「ウケるかな?」と昨日から不安気だったが、
全然、大ウケ。何度、聞いても面白い。
昼から「金玉!」連呼は爽快なほどだ。

キラ☆キラ』ホームページより


『キラ☆キラ』終了後、TBS喫茶へ移動。
『BRUTUS』取材。
旧知の山口さん。
「日本のロック」特集で、
愛しのロックンローラーとして、甲本ヒロトを語るのだが、
俺は文字だけど、ヒロトは写真のみでカッコいい誌面になるらしい。
結局、インタビューではなく、
原稿を書くことになり、無駄話を嬉々と。

帰途、原宿のヒロミチナカノ寄って帰宅。


帰宅後、「はなまるカフェ」のアルバム大賞、
優秀賞の家族写真のシーンをDVDでやっと見た。
プロの写真家が選ぶのだなぁ。知らなかったよ。


魚が食べたくて、『魚の四文屋』へ。
タケシ、フミを連れて。
リーズナブルかつお客さんも、 変なテンションの酔客もいなくて良いお店。

Kamipro』最新号。青木真也のインタビュー。
「格闘技は私の宗教である。その狂信的な部分が
『刺しに行く』自分を作っているのかも」の部分、鳥肌。


HDDチェック。
『アメトーーク!!』を見ながら、ちょっと合間に思ったことをつぶやく。

有吉くんを見ていると、バラエティは力を合わせて作るものという常識から、
一人離れて「解体屋」をやっているよう。
昔から番組ごと更地にするような異分子や、
乱暴に重機や爆薬のように壊す役はあったが、
知識と腕で寸分たがわず一つ一つネジを外すような技術者は目新しい。
一つ一つ解体しながら、
その部品なり、廃品を、発注先に正確に戻しながら、
番組そのものは破壊することなく、
しかも、受注通りに作らせているというポジション、
破壊屋でなく、解体屋は、
いまだかっていないような。

いとうせいこうさんから初リツィート。
下町喜劇祭の楽屋で、
「俺、大袈裟に言えば、この3ヶ月Twitter以外で文章を書いてないよ」
という一言がTwitterに『絶対、何かある』と思わせた一つのキッカケ。


《 襲撃仕掛けておいて… シー・シェパードが日本の監視船を告訴 》
《 銀座の時計3億円窃盗に関与?香港で中国人2人拘束 》
《 相撲・貴乃花親方“改革へ”決意…無所属で理事選出馬 》
《 メッセンジャー黒田の暴行事件・被害店長、実は軽傷…骨折は別件だった 》




1月9日  土曜日

9時起床。
Twitterのタイムラインを読んでいるだけで時間は経つ。
しかし、改めて、
見えない道場本舗』、
Twitterにかまけて、しばらく見えないままにしていると、
後からまとめて読むと、読み応えある。

年初来の腰痛まだ危険水域。

スズキ秘書はラグビー観戦へ。
今日中に遅れている原稿仕事終わらせると自分にプレッシャー。

ブログも更新。
僕は公式サイトに載せている日記の方を
自分では見たり、確認したりで、
同内容のブログ版を読む人の心境がわからない
(日付順が逆転するのが読みずらい)のだが、
携帯で読むのに便利なのかなぁ?
ブログ版だけ読む人の理由も知りたい。

公式サイトの日記更新。スズキ秘書曰く、
Twitter使用前に比べて2倍くらいアクセス数が増えているとのこと。
今まで、一度も、ヒット数の興味を持ったことがないので、
そんなものかと。


今日の朝日新聞に、松尾スズキさんの1ページ記事。
大人の代表が手塚治虫。人見知りの笑いのところ。同感。
大人計画の作品が一度も映画化されていないのは
「要約しにくい。いろんな遊びの部分をいっぱいとっているから。
 文学性を持たせるための整理はできるだけしたくない」 
文学性だけ抽出すればとっくに芥川賞でしょう、と。

朝から遅れてる原稿。
ダンカンさんのことを書いてるうちに感極まる。
このウルルン体質、完全に年だ。

一休み。

HDDチェック。
『アメトーーク!!』(町工場芸人)
工場見学を定期的に行ってる僕には、
「ここで働けるか?」といつも自問自答するので興味津々。
傑作、保存版。
しかも、町工場はイイ芸人製造工場でもあるのだ。

Twitterというアンテナとサブリミナル。
「なぜ宇宙人は地球に来ない?」(PHP新書 松尾貴史・著・しりあがり寿・画)
Amazonで購入。

なぜ宇宙人は地球に来ない、は、
何故、この本が我が家に来なかったのか不思議に思うほどのストライクゾーン。

カミさん、子供、高円寺のゲームショップの『すごろくや』から帰宅。
カミさん絶賛。「DSより断然いいわよ!」と。
嗚呼、灯台下暗し。

ママと子供たちが、さっそくスゴロクを始めていたのを見ていたが、
ねことねずみの大レース / Viva Topo! 」の
コマと盤面の可愛らしさと子供たちの熱中ぶりに萌え死にしそうになった。
これは画面みればわかる。

元旦に、巨大児のお子さん生まれたばかりの、
タマフルの作家、古川耕さんの奥さんが、
元すごろくや店員だったとのこと。
同じ巨大児元旦生まれの先輩父だが、
旦那さんともお会いしたこと無いのに、いろんなものが通じるTwitterなり。

辛坊たまらず、子供二人と『すごろくや』へ向かう。
子供なれしている定員さんたち。
さっそく一緒に立体ゲームをワンプレイ。
訪れている大人も子供だ。ある種のユートピアだ。
まだ6歳のタケシにテレビゲームは購入に迷うが、
これなら心置きない。


上杉隆さんの鳩山総理への直訴がタイムラインで盛り上がる。

RT @uesugitakashi 総理、上杉です。本当に手遅れになりました。
中国人民日報の記事です。ご決断を。

http://j.people.com.cn/94475/6863671.html

Twitterって、こういうのが可視化されているのが面白いと思う。

新聞テレビだけが情報な人は
上杉隆なる者がTwitterで一国の総理に直訴しても、
「どうせ読まないよ」と思うだけだと思うけど、
確実に総理にまで届くし、
(もともと違うやり方でもホットラインあるのから)
その直訴をこうして公開していることに意味がある。

もともと記者クラブ問題って新聞テレビ側の既得権だから、
記者クラブ問題そのものが(原則的に)報じない。
雑誌やネット(ラジオ)でやるしかないのだが、
キッチり活字を読む人はわずかだ。
これがTwitterなら、是非論の意識が広まるのは早い。
だからインフラ。皆がやるようになる方がいい派。

フリージャーナリストの浅利圭一郎さんの言葉を借りて、
「上杉隆」が、この問題の矢面に立ち「ジャンヌダルク」状態で、
理不尽な目に遭いながら突き進む象徴になっているが、
もともとは、フリーの岩瀬(達哉)さんが、長くやってきて、
でも、それこそ「一人の力」では無理だと諦めかけて、
それをつぶさに見てきた脱力さん(上杉隆)が、引き継いだ。
一連の流れを、新たに興味を持つ若い読者に、
Twitter上で説明する。

だからこそ、僕が密かに岩瀬達哉氏に国民栄誉賞をと思っている。

「『ワードバスケット』はいいですよ。
 とくに僕らボケルーキーズの脳みその再活性化には最適かと」


伊集院からボートゲームについてアドバイスあり。
もともと、伊集院のツイート思い出して、
その『ワードバスケット』を、
『すごろくや』にすぐ買いにいったが見当たらなかった。
店員さんに聞けば良かった。

運動不足、深刻。
スズキ秘書が渋谷パルコの『みうらじゅん100冊展』から戻ってきた。
しかし、みうらじゅんお土産グッズがいいものだらけ。

スズキ秘書運転。
子供とスーパー銭湯、高井戸『美しの湯』へ。
行きがけに、今日3度目になる、『すごろくや』へ。
ちゃんと店員さんに聞いて、『ワードバスケット』を入手。


銭湯、土日のみ開放のプール。空いていて驚く。
そして、サウナたっぷり、銭湯は裏切らない。

帰宅後、子供相手に『ワードバスケット』連敗。

伊集院が、このゲームに、
加齢を感じるのなら、俺なんか、極辛、カレーの王様。
マジ認知症レベルだ。

結局、すごろくや、今日3度も。
ふりだしに戻っている。
6種類もボードやカードゲームを買ったので、
なんだか、さらに忙しくなったのだ。

しかし、このボードゲーム。
普段やっているトレーニングやテレビゲームに比べて、
カミさんの機嫌が良いのがなにより。


《 ゼネコン8社 7年間で小沢氏側に6億円献金か 》
《 “小泉チルドレンの代表”小野次郎氏、自民党離党へ 》
《 高級腕時計窃盗団 発生から1週間であっさり逮捕 》
《 西武の大物ルーキー・菊池雄星の練習初日に報道陣&ファン300人 》



1月10日  日曜日

8時半起床。
キッチンに行くと、
「パパぁ、『チーズとりゲーム』にさんかして!」
と既にスゴロクは始まっている。
昨日のウサや、もろもろを忘れ、
一緒にサイコロを振りコマを進める。
こうして朝は毎日、ふりだしから始まるのだなぁ。

一報あり。
山田直輝 全治3ヶ月 W杯代表入り絶望的 の報。

一回休む。ふりだしに。でもゲームは続く。
またコマを進めるのだ!

『ワードバスケット』(しりとりゲーム)、
「の」はじまり「す」終わりの問題、
子供に「のうさつぽーず」を決められるが、
そんな言葉、子供が知っているわけがないと釈然としなかったら、
『ぜんまいざむらい』のオババの必殺技とか。
そんなの教えているのかNHK教育。

DVDで『シンドラーのリスト』、
ビデオもDVDも所持しながら、最後までは初。
今更ながら沈鬱、哀し痛切。

日常を求め、
子供ふたりと「スネークピット・ジャパン(蛇の穴)」へ。
新たにボール反復横跳び、逆立ち競争など。

帰途、またも『すごろくや』へ。
カードゲーム『虹色のヘビ』見知らぬ子供同士で卓を囲む。
さながら子供フリー雀荘。
店員さんの指導を受けながらも3歳でも出来る。
娘・フミちゃん、初勝利。
思わずゲームを買ってしまう。

すでにラジオで紹介していた伊集院との、
すごろくやを巡る往復Twitter効果あり。
お店にワードバスケットの注文が殺到していた(笑)。

はっきり言って、ああいう、
ほのぼの「フリー子供雀荘」を各駅前に作れば良いのに。


メモ。
江口ひさし先生のツイート。

 もう何十回読んだかわからないが、
 夜中にまた「あしたのジョー」全20巻読んだ。 
 読む度に泣くわ。 
 昔の漫画は短い巻数にどえらい年月が濃厚に凝縮されてるなあ。
 コマ割りが小さいから。
 今の漫画の見せ方でやったら60巻はいくな(略)


ジムから帰って、
明日行けないので渋谷パルコの『みうらじゅんの100冊展』へ急行。
展示物最高!幼少より手書きの原稿、保存の王様。

くだらないもの、バカバカしい彫像などに囲まれ、タケシと記念撮影も。



みやげもの大人買い。
みうらじゅん、缶バッチセット、ガチャポン1回で200円だが、
セットで30個:6000円。
それでも、保存用と使用用に2セット買えば良かった。
(宝島社の)薮下さん似顔絵缶バッチ、
松本清張缶バッチとか何個も欲しくてたまらない。
みうらじゅんクリアファイルも全部2セット買ってしまった。
カエル傘は高価なので、余っていたが買ってしまった。

自分売買(バイバイ)商法に見事に乗せられたなぁ。

唯一、受注生産のみうらじゅん帽子付きカツラ(長髪)のみ迷って買わず。
その代わり、現場で被り写真。

2002年の原宿ラ・フォーレの
「みうらじゅん 描いた!貼った!探した!キョーレツ3本立て!」の時も、
ラ・フォーレ全体がバカバカしいみうら色に包装されて痛快な気分になったが、
今回のパルコも、(良い悪いではなく)
本当、壁面アートは中身がバカほど崇高ですね。
ラ・フォーレのエロも圧巻だった。
今回も子供一緒だったので興味津々。
最後のシンボルも、撮影自由も素晴らしい

中野ブロードウェイ臭がないんだよ。

田舎育ちの「いつも心にジージャンを」にとっては、
洒落たパルコが荷が重いはずだけど。
俺もパルコとなると逆にランニングウェアにタオル巻きで行くのだった。

みうらさん、子供の頃からのデッサンとか展示あるけど、
今更ながら絵が上手いし、やっぱ味がある。



僕には絵柄そのものが好きなのだが、
そのみうらさんのお薦めで、
横尾忠則展に行ったら本当に凄いのはこういうことなのか得心した。

そう言えば久住さんの切り絵もあの中にあると俄然、輝いていた。


パルコ、そのまま山梨のアンテナショップの、
木の国屋で一億円のダイヤモンドアトムを見て、
アンチョビピザも。薄焼きで美味しかった。


渋谷の行き帰り、『ウィークエンド・シャッフル』の録音。
しっちゃかめっちゃかと聞いていたが、
実のところGDGDになればなるほどニンマリ楽しめる。
もっと噛め、もっと噛めの気分に。
こういう遊び出来るのリスナーと共犯関係出来ていていいなぁ。

明日まで。この展覧会、マジ裏切らないわ。

高円寺戻って、マッサージ1時間。
明日スキー半日、腰爆弾、持ってくれれば良い。
マッサージ当たり外れがあるが、
俺の場合、自分がマグロになって、
骨の周りの中落ちを削ってもらえるような感じが最高。

今日から踊るポンポコリンが、卓球+カエラ!
アキラ、ノリノリ。やはりうちの子供は電気、というかテクノ好き

『VENEX』のリカバリーウェア
お宮の松の推薦で試しに穿き出したら、
快適で就寝時だけでなく、一日中、穿いてしまっている。

広瀬香美さんも最近書いていたが、
ハッシュタグの法則性、安定性がよくわからない。
いろいろ識者に聞きたいのだが、これは実に便利。
知らない人は使ったら驚く。
http://hashtagsjp.appspot.com/

ハッシュタグを付けてもツイッター検索で自分の投稿が検出(反映)されない件について

理解出きて無いけど。

 RT@sigeruh 語設定が英語と日本語では同じハッシュタグでも、
 検索したときの結果が異なりますよ。
 ご存じだと思いますが・・・。
 言語設定が英語なのに、日本語で投稿した場合は、
 日本語の検索で引っかからない場合があります。
 ・・・多分。自信ないですが。

原タコヤキくんとTwitterでやりとり。

blogにTwitterを移植してるから、俺と僕が混在してるんだよ。
谷川貞治さんのTwitter無限地獄、大変面白いが、
もっと大きな使い方を提案したいところ

谷川さん、しるこサンドだけじゃダメだって(笑)言いたいが、
あれはあれで良いのではと思って静観中。
面白いし、人間性丸出しで、信頼できて微笑ましいのは間違いない。

うわ。もう寝よう。明日6時起きだ。


《 福井市が主催する成人式でビール瓶持って暴れた新成人2人逮捕 》
《 西宮神社で6000人疾走!「一番福」は大学陸上部員 》
《 大学ラグビー・帝京大が創部40周年で初の大学日本一 》
《 映画「アバター」の全世界興行収入が約1093億円で歴代2位に 》


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る