3月11日  木曜日

10時起床だが、ウツラウツラ。
しばらく焦らなくても良い朝を、
ヒネモスノタリノタリ……している場合でもないのか。
後回しにした仕事が襲ってくるのだ。

日刊スポーツは毎回、『高田笑学校』を主催しているので
毎回、舞台の様子が紙面で(何故か小さく)掲載される
(当日締切の関係もあってトップバッターだけが多い)のだが、
今回はガンビーノ小林がカラー写真と共に。
小林が事件の3面記事でなく芸能欄に載ったのは初めてだろう。


11時、ガンビーノ小林、来宅。
日刊スポーツ見せながら昨日の思い出ばなし。
「今日は、もっと凄いニュースもあるんですよ!」
と小林が披露してくれたのが
「漢検準1級合格通知」
おお、これで"漢字番長"襲名だ!

昨年末に
「小林、オマエ、頭いいから漢検とっちゃってさ、
 『暴走族やってたから、漢字が読めるんですよ!』
 っていうキャラクターになれ」
などと話をしていた。

しかし実際、合格するのは大変だ。
それをわずか3ヶ月で合格!
不良でもやるときはやる。
昨日、高田先生にも、このキャラお話ししていたので、
この合格の報は是非、ビバリーでも、お伝えしたい。

メールで『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に投稿。
久しぶりのことだ。

スズキ秘書、ガンビーノ小林と
『ラジオビバリー昼ズ』聴きながら、西新橋へ。

「面白すぎ!」「文句ない!」呟きながら……。
このまま終わらなければいい
という最上最高の夢見心地の時間を過ごす。

西新橋で、
『博士の異常な鼎談』の構成作家の松崎さんと偶然にも。
昨日の漫才の舞台の客席にも居たわけだから連日。
そして2時間後、二人で顔を見合わせ、
最上の笑顔で「最高!」と興奮。
このまま延々と語りあかしたいところだが、
松崎さん「もう一本あり」とのことで別れる。


西新橋の至福の時間の後、
新宿の立ち食い鮨『魚がし日本一』で摘む。
先刻見終えたばかりの最上の味わいと余韻も肴に。
しかし、相変わらず、この店CPの高さはホント"日本一"だ。


帰宅後、『Kamipro』原稿校正。
谷川さんとのTwitterについての対談、
一万字規模の校正を今日中にとの要請、
対談の校正は早い自信があるが……。
僕が喋ってばかりになっているのが申し訳なく思うが……。


気分転換にマッサージへ。
マッサージ受けながら、今週の『キラ☆キラ』ポッドキャスト

漫才にかかりっきりで今週は聴いていなかった。
それに明日が、レギュラー番組がSP版のため、
キラ☆キラに生出演できないので、チェックも、
お休みしてもいいかと思っていたが、
結果的に聴いて良かった。

月曜(3/8)の小林信也氏のお話に響きまくり――。
小林信也氏が最新スポーツ理論より武術を学ぶ理由を語ったのだが、
武術の「型」とは感知能力を高める、との話から娘の育て方へも言及。
「自由奔放、喜怒哀楽」を方針にしたが……と語りだす。
これは実に実にタイムリーに響いたのだ。

そう言えば、昨年末の『キラ☆キラ』忘年会で、
僕と瀧が子育て話をしていて「女の子ってわからない」って語っている時、
同席していた小林信也さんが明らかに言及したそうな目をしていたのが、
記憶に残っていたが……ひとつ謎が解けた。


今日(3/11)の吉田豪の回、
明日のキラ☆キラの代打、江川達也の研究だが興味深い。

楽屋でも江川達也さんの大胆発言はいつも面白い。
以前『タモリ倶楽部』で共演した時、
出版されたばかりの立花隆の『天皇と東大』の話になり
「東大大学物語も東大というシステムの話が裏テーマだし
 日露戦争物語は天皇制と戦争がテーマで俺は立花隆より偉い!」
という話に驚いた。


23時半、『博士の異常な鼎談』が放送。
ゲスト・高橋洋一、自殺者を減らす政策をレクチャー。
最終回が近づくが、
この番組への書き込み、#twidanは盛り上がる一方。


《 国内線ゼロ…茨城空港開港も“赤字のオーラ” 》
《 桃鉄キャラ無断使用容疑 風俗店経営者ら書類送検 》
《 再結成のXJAPAN「出演料未払い」と音楽制作会社を提訴 》
《 AKBドラマ収録場所をブログで特定、窃盗…熱烈ファンを逮捕 》




3月12日  金曜日

7時半起床。

9時、TMC入り。
熱血!平成教育学院』スペシャル収録。

司会:ユースケ・サンタマリア、高島彩。
出演:石井正則、石原良純、磯野貴理、
スピードワゴン井戸田・小沢、宇治原史規、岡田理江、
久保田磨希、劇団ひとり、関根麻里、玉袋筋太郎、
中野裕太、平山あや、三浦奈保子、渡辺真理、一緒。

2時間特番のため、レギュラー大集結。

スタジオ収録後、
一端、ロケ収録のため、
全員、マイクロバスに乗り込み移動。

ロケバスの中で片道2時間。
御弁当シーンを撮った後、フリータイム。
主に石原良純さんと話し込む。

千葉県・佐倉市『国立歴史民俗博物館』へ。

初めて訪れたが、その施設の大きさ、
展示の物品の多種多様さ、興味深さ、
そして、その遠さを考えると、
泊まりがけで子供と再訪することを密かに決意。


帰途、渋滞に巻き込まれる。

その間、『キラ☆キラ』の過去一週分のポッドキャストを聴きながら。
しかし、この渋滞を感謝するほどに、
聴き逃さなくて良かったと思う回だらけだ。

ロケバスの中で聴いたキラ☆キラのポッドキャスト配信。
3月9日(火曜)の「阪神大震災の日」の思い出。
3月11日(木曜)の「東京大空襲」の半藤一利さんの本の引用、
その「伝わり方」は感極まった。

『キラ☆キラ』、ポッドキャスト配信
3月10日(水曜)の宇多丸さんの
ベスト映画『ヤング・ゼネレーション』紹介は、
その思い入れの語り口に公開時に一度しか見たことがないのだが、
その懐かしさとシーンがフラッシュバック。
思い出ボロボロになってしまった。DVDで絶対再見するだろう。

金曜日のキラ☆キラ、代役パートナーとして出演された江川達也さん。
作品テーマとその人格は僕も大好物であり、
その興味深さは、吉田豪がポッドで言及する「その通り」なのだが
今日のラジオを聴いてもわかるが、
笑い声、そのリアクターとしての素晴らしさは、もっと注目されも良いと思う。


23時、帰宅。
13時間強に及ぶ長丁場の収録であった。

今日一日振り返ってみても、
イロイロと本番も楽屋も移動も全てエキサイティングで興味深く面白い。

例えば、楽屋トーク。
朝、良純さんに『非実在青少年』について気になり何気なく。
「お家にエロ本っておいてありました?」と
「ないよ。でもプレイボーイはあったなぁ」
などと思春期の目覚めについて。


千葉ロケの往路、良純さんといろいろな父子の話。
千葉ロケの復路、『キラ☆キラ』江川達也回の配信を聴き終え、
やはり気になり、
「漫画って子供の頃から読んでました?」と質問。
『石原家の人々』のマンガ事情について聞く。
(ちなみに「非実在青少年」問題については本人に説明してます)

殿も「漫画を読ませてもらえなかった」世代であり、今も漫画は一切読まない。
そして僕も漫画については全くもって疎い方だが、
石原家はガチガチの活字文化であることは、よくわかった。


江川達也さんが言うように
エロの表現に「酷い」としか思えない漫画があるのも事実だろうが、
しかし、それは個人の尺度であり、
その優劣を個人が決められるはずがない……。
そこを「決められない」ことがわかるのか、わからないのか、
だから「自由」なのか「制限」なのか?


文学者は本来、人が人の価値や表現の優劣を決められないことを常に問い、
その価値観は上から押し付けられることを意識しているはずなのだが、
しかし……活字の想像力と漫画の想像力は「違う」と思ってしまうものなのだ。

「非実在青年」を巡る楽屋話は、
渡辺真理さんは何について僕が聴いているか気がついていたが、
その他の人は良純さんを含めて、
たぶん関心外なので(それは悪いことでもないけど……)
何も構えていない話が聞こえて興味深かった。

「非実在青年」問題は、Twitterでは議論沸騰なのに、
その言葉通りに「問題」そのものが、普通の社会では
「非実在」なところが興味深い。


文学の世界で石原慎太郎がどれほど、
横紙破り(障子破り)な「青年」であったことを思えば、
この非実在青年の問題も、
単なる政策問題ではなく実に実存的な問題なのになぁ……。


ロケバスの中「鈍感力」こそが武器であることを力説する良純さんに、
「自意識過剰」の対語として「無意識過剰」という言葉が
江藤淳さんから父君に送られた言葉であることを説明すると
「そうなんだぁ!」と。
あらためてDNAの確認。


《 「撮り鉄」警報の中…「北陸」「能登」ラストラン 》
《 危険な瓶も投げ込む?シー・シェパードメンバー逮捕 》
《 モンゴル帰国の朝青龍が会見で暴行否定!協会批判 》
《 押尾被告の“MDMA世話人”に懲役1年実刑判決 》

 

3月13日  土曜日

8時起床。
結局、昨日子供と一度も会って無いので
「父帰る」プレミア感満載で食卓に行くが……。


「おはよ〜」
子供たちはアニメに夢中。
案の定、今日も『レスキューファイアー』やら『ペンギンの問題』に釘付けで
ろくにリアクションなく土曜の朝、恒例の「非実在中年」問題を噛み締める。

血液型の占いやら性格分析などの本や説は昔から、
定期的に日本人に流行るわけだが……
(あまりに流行り過ぎて非科学の弊害すらある)

しかし、そんな僕が、
今日、娘の血液型が僕と一緒だと判明して
大喜びしてしまった。


11時、天気が良いので、
子ども二人を着替させて3人で自転車に乗って散髪へ。
長男と代わりばんこに。その間、子供はお絵かき。

メガネ屋さんでフレームを調整。
その間に『Planet 3rd』で食事。
鶏温麺がとても美味しい。


カミさんのドイツ留学に育児補助のため一緒に付き添い、
 今度、日本に戻ってくる知り合いの放送作家の日記。
 「一週間で2分の物語

 あの日の哀しい出来事のときは、
 しばらく声を掛けることも出来なかった……。


春日太一『天才 勝新太郎』(文春新書)の担当編集者より、
 お手紙を頂く。3刷り決定とのこと。
 本の告知に関してTwitterが果たすクチコミ効果の大きさ、僕には実感ありだ。
 サブリミナル効果も、そしてロングセラー効果もある。


今週の『週刊現代』日垣隆さんのコラム『メディア考現学』に
 Twitterを巡る出版事情の成功例が取り上げられ、分析されているが、
 たぶん、わからない人にはサッパリだろうが、
 僕は現象としても実感としてもよくわかる。


HDDチェック。
金曜日の『ミヤネ屋』をタイムスキャンで遡り、
ホリエモンの生出演と強制執行のニュースを改めて見直す。
押収されたのもの、わずか30万円ほどの現物で
そのなかに(ミヤネさんが習っている)沖縄の三線というのも、
味わい深くさせている。
むしろ空振り、三振ではないか。


TBS『ニュースキャスター』
コマンドール受賞式、
フランスのたけし展の取材、
もっと見せてくれ!と永遠に見ていたい!との気持ち。
そしてVTR降りた時、スタジオの殿の、
はにかんだ表情がたまんないものがある!!
しかし、何十年も見てるがあんだけ魅力のある顔つきってないなぁ。


今日の娘キャバクラ。
 「パパぁ。デンキをけしてメをつぶったてネたらさぁ
  クラくなってオバケがくるのコワイから、
  メをあけたままユメがみえないかなぁ?」
 だって。
 もう、こういうこと言われたら、目の前から去りがたし。

小島のオジキとメールの交換。ソウルフル。


《 米プリウス急加速「でっち上げ」…相次ぐ疑惑報道 》
《 札幌市・深夜の介護施設炎上…お年寄り男女7人死亡 》
《 天然記念物「奈良のシカ」腹に矢刺さる 》
《 民放テレビ5社へ 総務省が女子中学生の自殺報道の内容照会 》
《 約8年ぶりのJリーグ復帰の中村俊輔がアシスト…横浜が今季初勝利 》
《 上映会に登場!1万人観客ビックリ…桑田佳祐16年ぶり武道館 》

 

3月14日  日曜日

7時起床。
二度寝すべしと『タマフル』聴きながら。

先週分の宮崎吐夢と今改めて考える──
「バービーボーイズ問題」を再聴しつつ、
ヒーロー戦隊の新キャラを自分でも考えだし
結局、起きて『シネ通』みながら、
サシャ・バロン・コーエンについて考えていた日曜日の朝。


9時半、たまたま『誰だって波瀾爆笑』の
ゲスト:椿鬼奴・いとうあさこの回を見る。
途中、いとうさあさこの元彼登場の流れ釘付けに。


12時半、千代田ビデオスタジオ入り。
NHK−BSハイビジョン『総合診療医ドクターG』収録。
ゲスト:高橋ジョージ、森久美子、野々村誠、御一緒。

ドクターGは初登場の名古屋大病院・総合診療部 鈴木富雄先生、
生坂先生と同じく驚異的な喋りで見事だった。
これはカンファレンスを仕事とする総合診療医というジャンルが
人前で喋り上手になる職業なのだという証明だ。

3本撮りの予定が2本で終了。

今日の楽屋話。
森公美子さん「私ってこれでも16分の一外国人の血がはいっているのよ?」
僕「トンガですか?」
森「北欧よ!」
(確かお父さんがスェーデンとのクォーターと言ったような。
でもノルウエーの方が面白い。ノルウエーの森だけに)
嗚呼、森ガール!


子供たちと風呂。
毎週日曜日の夜は、この後、長男と『龍馬伝』を見るのだ。

「はようとせんといかんゼヨ」
「いっしょにテレビみるがじゃぁ」と長男と龍馬伝ごっこ。
一緒に入っていた娘
「あたしもみるんジャア!」と一度も見たこと無いのに岡山弁で参入。

20時、子供と一緒に『龍馬伝』。第11話

そう言えば、この間、『Kamipro』対談で谷川貞治さん。
「最近、育毛剤使ったら髪が生えてきたよー!」
「そうですか?」
「くせ毛だしフサフサになったら龍馬の福山雅治くんにみたいになりそうだよー」と。


《 鳩山邦夫氏「新党覚悟できた…坂本竜馬になりたい」さらに親戚発言も 》
《 ボクシング・アジアの英雄パッキャオが圧倒初防衛!今後は政界進出も 》
《 サッカー・浦和DF岡本、17歳8ヶ月でJリーグ日本人最年少出場 》
《 南キャン・しずちゃん ボクシング全日本女子ヘビー級認定王者に 》

 


3月15日  月曜日

5時起床。
目が覚める。

HDDチェック。
『ザ・サンデー』、『サンジャポ』、『バンキシャ!』など。
昨日のニュース系など見ながら。
『ザ・サンデー』、いつの間にかレギュラーの中野裕太くんが、
渡辺謙さんを見つめる視線。


食卓にて。
長男、次男(1歳)のヒッコリーデニムのツナギを見て
「おまえパンくんみたいなカッコーだな。サルのマネすんな!」
俺「あれは猿が人間のサルマネしてんだよ」
長男テレビを差し
「じゃあシマジローも服きてるからトラマネ?」と。
嗚呼、トラッド。

東京駅着。
9時半発、のぞみで、大阪へ。

新幹線車中。
『AERA』の「現代の肖像」が亀井静香特集。
12月に特集やったばかりなのに。
昔、インタビューのために資料読みしたので、
語られる事実は旧知のものばかりだが……改めて滅法面白い。
確かに「情報」と「人情」を繰る政治家だ。

かつての赤軍派、極左勢力との攻防戦は、
佐々淳行さんの本などにも詳しいが
「あさま山荘」事件の頃の警察庁・亀井静香課長補佐の
事件捜査の最前線の苦悩と同時に家に帰れず離婚に至り、
京浜急行に身投げしようとまでした生地獄、修羅場の体験が
書かれているわけだが、
そりゃあ若手の政治家と修羅場の数が違うよといつも思う。


新大阪駅地下の『愉々家』で讃岐うどん。
肉うどんとぶっかけ。
こういうのが駅には是非あるべきと思うが……
大阪らしいわけではない。


13時55分、『情報ライブ ミヤネ屋』生出演。
宮根誠司、森若佐紀子、司会。
うつみ宮土理、岩田公雄、御一緒。

特集「高校無償化・朝鮮学校ってどんな学校?」

このテーマを約1時間に渡って生放送。
コメントもかなりの綱渡りだ。
ある意味これを仕切る宮根さんのバランス能力もすごい.

収録後、移動。
いつもの焼きたての『くくる』持ち込みのパターンを変えて
絹笠の『ふるさとの味 とん蝶』を車内で。
これは初めて食べた。
おこわ飯に大豆、塩昆布、しそ、
小梅をまぶしたモチモチの食感、美味いではないか。


大阪往復、
ウィークエンドシャッフル』聴く。
13日放送分「ゲスト・スチャダラパー推薦図書特集」
最初から最後まで聴きごたえあり。

サイモン・シン他『代替医療のトリック』(新潮社)
辰巳浜子『料理歳時記 』(中公文庫)
即座に注文。

ザ・シネマハスラー紹介の『プリンセスと魔法のキス』も行きたいし、
嗚呼、もはや、積ん読本も増える一方だ。


21時、中央線で帰宅。

今日は幸いにも満員電車ではなかった。
 恒例の自意識過剰Twitter調査。
 水道橋なうなう。水道橋なうw。も無かったよう。


「きょうはじんせいさいあくのひだったよ!」
と娘が寝る前に言うのは『ちびまる子ちゃん』のせいではなかった。
なんと『リロ&スティッチ』の女の子リロの口癖であったことが判明した。
娘、プレスリーのファンになるかも。


《 鳩山元大臣が離党「新党宣言」自民党に見切り 》
《 シー・シェパード地中海へ 今度はクロマグロ漁妨害 》
《 サッカー・Dベッカム引退も…アキレス腱断裂でW杯絶望 》
《 アゴの整形手術したジミー大西 5月に再手術 》

 


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る