5月21日  金曜日

6時起床。
アサイー』ジュース。

ネット接続不調。
ネット繋がらないと仕事やりにくいものだ。

気持ち切り替えて読書。
苫米地本。
6月17日に対談イベントが決まった。


13時、世田谷・TMC入り。
今昔庵で『saita』取材。
「パパタレ家族日記」に提供した写真について、
一箇所、コメント言葉詰まる。

クイックジャパン』取材。
「特集・神聖かまってちゃん」にコメント。
てっきり大根さん経由かと思っていた。
何故、僕が本来、かまってない、
かまってちゃんにかまってしまっているのかを話す。


14時、『熱血!平成教育学院』収録。
「勉強ワールドカップSP」
W杯出場国選抜チームvs日本レギュラーチーム、
総勢32名の対抗戦。
外国人の集団は果てしなくトッチラカルので前半は静かにしている。
PK戦などの新趣向で興奮。
最終的には声が枯れる。


週刊文春。
『僕の好きな先生』の最近のコラムの偏向ぶりについて。
例えば、志ん朝師匠をあまりにも愛するがあまりに、
ライバルと言われていた談志師匠や談志師匠を慕う人が、
この世にいなるくなるという理不尽。
長嶋命の人ですら長嶋選手が引退したら、
王選手の記録がなくなるだろうか?


《 東国原知事「断腸の思い」ワクチン接種受け入れ 》
《 丸川議員 鳩山首相に「ルーピー」のヤジ 》
《 仕分け人存在そのものを疑問視 羽田空港・駐車場収入から72億円 》
《 開発費252億円 金星のナゾ解明目指す 探査機あかつき打ち上げ 》
《 敵はアップル?ソニーとグーグル提携 ネットTV、秋に発売 》
《 相撲・白鵬30連勝!輪島に並ぶ歴代6位の14度目V 》




5月22日  土曜日

8時起床。
6時に目が覚めたが、
週末は寝溜めカンタービレだ。


バンダイの『超変換もじバケる』、
 Amazonで箱買いしたのだが到着。
 20個入りで重複あるので6種類ゲット。
 全24種は色違いを含めるのだな


13時、テレビ朝日入り。
2階のテラスで、
NHKの『スタジオパーク』ゲスト出演の打ち合わせ。
質問攻めにたっぷりとお話。

終了後、移動。
『タモリ倶楽部』収録。(7/1放送予定)
「HD化で問題勃発!4:3オープニングをどうする!?」
安齋肇、ケツメイシRYO、御一緒。

赤江くん(玉袋)も全身タイツで、
額縁ショー(レターボックス)の尻モデル。
20年以上今まで相棒の尻の魅力に気がついていなかった。
往年の西川のりおギャクも。
しかし、本物尻モデルいじりもノリノリでたっぷり。
タモリ倶楽部のエロ企画は楽しい。

ケツメイシRYOさん前回、初登場だったが、
早くも2回目登場。
RYOさんの発言。
「ソープで3P」
「尖圭コンジローム?」
「ビラの方ですか?」などなど。
今回もアーティストとしてデメリットとしか思えない、
言葉のチョイスが素晴らしい。

タモさんと『天才 勝新太郎』(文春新書)、
『さらば雑司ヶ谷』(新潮社)のオザケン話も。
僕の説明にも、
やはり「いいとも!では言ってない」説のままだったが、
後からケツメイシのイケメン・スタッフさんが
「あの時の生放送のいいとも!を見ていましたよ!」との証言。


安齋肇画伯の『タモリ倶楽部』の尻モデル審査員のメモ書き。
そらみみ、ならぬ、らくがお、ならぬ、らくじり。
全てお尻の詳細なイラスト。
流石、小学生で二科展入選した画力、
額装したいくらい素晴らしい。


帰宅後、
遅ればせながら『龍馬伝』。
第20話「収二郎、無念」子供と一緒に。

平井収二郎(宮迫)が拷問、切腹へ。

隣のサブのテレビで『めちゃイケ』宮迫ドッキリオンエアー中。
冷たいプールへ飛び込む。
交互に子供の目が追う。
「今の時代はいいだろ切腹までしないんだから……」
と俺、変な説明。


《 「宮崎牛」消滅危機…最強エース牛「忠富士」も感染、殺処分 》
《 東知事 殺処分対象の種牛49頭救済を国に要請へ 》
《 警視庁 野球賭博報道問題で琴光喜に事情聴取 》
《 カリフォルニア州在住の13歳少年が最年少エベレスト登頂成功 》
《 葉加瀬太郎の母校で、バイオリンすり替え事件 》
《 松坂 あわやノーヒットノーラン…1安打5三振無失点で3勝目 》
《 ラグビー日本代表、アジアV3で来年のW杯出場決める 》
《 沢尻エリカ、ホットパンツ衣装「ERIKA」名義で活動再開の第一歩 》


5月23日  日曜日

5時起床。
子供寝ている間に『ザ・コーヴ』の内覧DVDを観了。
その後、二度寝・カンタービレ。

その間の夢が現実の時間軸と、
まったく一緒という奇妙すぎる夢を体験。
夢のなかで、二度寝から目が覚め、
朝ごはんを食べてスズキ秘書が来宅し
「さっき早起きして『ザ・コーヴ』最後まで見たよ」
なんて話をしているのだが、
スズキ秘書だと思っていたら、
よーく顔を見たら西寺郷太くんで
「わ〜ッ!!」と驚いて目が覚めたら夢だった。


RT 映画監督入江悠 日記 : なぜか東京を去る理由
 ふ〜む。興味深いと言うか、残念と言うか…。


ウチくる』の草野仁さんの回。
お馴染み一八番の伝説持ちネタなのだが、
草野さんの謙虚な人柄ながら盛りノリがあって相乗効果。
ちなみに芸人ではないのに、
ご本人のスゴ伝説にノリ盛りで答えるのは、
田原総一朗さんもこのタイプなのだ。

草野さんはスポーツ実況の名手だけに、
五〇年前の話でも記憶が鮮明でディテールが細やか。
田原さんもドキュメンタリストなので
「忘れた!」とか言わない。
論を急ぐので自分で「その部分は今いいや!」とか、
生放送ではなるが、
実は訊けば聞くほどに盛りつけてくれる。

先日も『そこまで言って委員会』初出演で、
手島龍一氏が田原さんの日本初AV男優事件を振ると、
ノリノリで自分から掘り下げていく。
ドキュメンタリーは冷静さではなく、
熱と姿勢こそ肝要なのだということを強調。
常に破廉恥で非常識で過激と情熱の間なのだ。


14時半、日本テレビ入り。
土曜ロータリー『私のカラダの曲がり角』収録。(6/5放送予定)
司会:松嶋尚美、藤井貴彦アナ。
出演:井筒和幸、勝俣州和、ギャル曽根、
辻希美、前田典子、ザ・たっち、一緒。

込み入った打ち合わせ無く、ゲストも皆、野面で。
司会の松嶋さんも天然のボケっぱなしの垂れ流しっぷりで、
いつもより、より説明、調整役に徹する。

今や大腸がんが女性に多い状況。
これは便秘に関連するとのことで異例のウンチコーナー。
女性タレントのウンチトークが野グソの如き君なりき、
野放しの中、先生の薀蓄話の対比。面白し。


井筒監督と新作『ヒーローショー』の話。
暴力以外の静謐な部分には『宇宙の法則』を思い出したが、
監督は『突然炎のごとく』の原点帰り、と。
無論一筋縄ではいかない問題作。


汐留から自分運転帰宅。

『キラ☆キラ』の町山さんの以前の『ザ・コーヴ』評、聴きながら。
この映画、途中から、
やはり誰もがミッション・インポシブルを彷彿するのだなぁ。
日本バッシングに見る前から確かに先入観ありなのだが、
とにかく「見てから意見を言うべし」と。同感。
この時点では日本公開も危ぶまれていたのだ。




ABCの『きゃくれ家』の収録にお薦め芸人を4人紹介することに。
今のご時世でゲテモノでも、
ネタ番組に出ていない若手芸人の紹介は難しい。
マキタスポーツ、ガンビーノ小林、
そして私生活の逸話付きで友野くんを挙げ、
もう一人、殿方充を挙げたら、
すんなり通った。楽しみだ。


HDDチェック。
『情熱大陸』600回記念。
太田光、前回出演から、
あれから12年も経ったかと……感慨深い。
本屋で本を選ぶシーンがいい。
変わらなさに感慨だが、あの頂の境地で変わらないのだから……。


《 鳩山首相 辺野古移設を初表明 沖縄県知事「落差大きい」 》
《 相撲・魁皇史上2位に 通算1000勝達成 》
《 稼頭央移籍へ 古巣・ロッキーズなどが興味 》
《 玉置浩二 青田典子と初のツーショット「一緒にいたいから」 》




5月24日  月曜日

5時半、起床。
寝室で子供たちが起きる様子を見守る。
眠気マナコのままママ陣地の争奪戦を、
3人が朦朧とやっている様子、可愛らしい。


8時、TBSへ。
『別冊アサ秘ジャーナル』葬儀業界ロケ。
スーツに着替えてメーク。
ロケバス移動。
横浜の霊園へ。お墓の話を。


お墓巡りをしながら、メメント・モリ、死を思う。
古来、日本人は美徳としてお墓参り教なのだが、
生きているのが花なのよ、
死んだらそれまでよ党宣言をも思う。


横浜ららぽーとで昼食。
横浜中華ラーメンと名乗るがファミレス味なり。

移動の間中、単行本原稿の推敲だが、
自宅では煮詰まっていた部分が、
気分変わって俄然、書き進み没頭だが、
書き換えになるほどの大改造に。


RT NHKのスタジオパークにアントニオ猪木が生出演中です!

 帰ってみよう!見ればわかるさ!

辻仁成監督、猪木主演の『アカシア』も、
 もうすぐ公開だが、幾つか猪木ファンならたまらないシーンがある。
 『○○な話』の生誕祭の時のように解説付きで、
 何故、そこが衝撃的なのか、語りたいほどだ。

辻仁成&猪木の気狂いコンビの組み合わせから想像する程には、
 底抜けには壊れていない……のが惜しい。
 幾つかヘンテコリンな香ばしいシーンがあるのだが、
 もっと全編に渡って壊滅的に、
 破壊され尽くしていたら良かったのだが。

現場で「つまんねぇよ。オレならこう撮るよ!」と言いながら、
 猪木のトンデモ演出、アドリブの痕跡が残っているような、
 映画に期待したのだが、そのテイストは無かった。
 (むしろ苦手な演技を従順に振付られている
 『バケモノアゴ男』という可笑し味はあるのだが……)


大田区の葬儀用の花屋さんへ。
祭壇の花飾り。
縦横10m以上、奥行きもある、大掛かりな絵柄は、
日本独特のものとのこと。
それを一日で作り一日で撤収する。
お葬式、人生のラストステージの創造と破壊だ。


巣鴨の駿台トラベル&ホテル専門学校の
葬祭マネージメント課の武田至先生から講義を受ける。
先生、世界の葬儀を研究していて、
この企画が始まった時から浮かんでいた疑問を、
打ち返してくれるので、きっちり疑問葬された気分。


現在、日本の火葬率が99・9%、世界一と聞くと、
今や日本のスタイルが多様化していないため、
他国の葬いの多様さ、
死生観の違いを今更思い知るのであった。


先生の講義の後、共著の一冊『弔ふ建築』を頂く。
3400円だが写真も綺麗であり、
何より、昨年出版の最近刊なので疑問符解消が素晴らしい。


『アサ秘ジャーナル』巻いたので、予定より早く帰宅。
密かに期待していたら長男、次男が起きていてお互いラッキー。
次男が「パパ」と「ママ」を判別するようになっていて、
しばし格別の「パパ〜」
バンザイ、ニコニコ、ダッコして〜ポーズの洗礼を受ける。


葬儀や埋葬について、
今日、聞いた話や、資料読みながらも考える。

日本の火葬の歴史も面白い。
仏教伝来と共に火葬も伝わる。
江戸時代の大都市圏では火葬が一般化。
しかし明治政府が、仏教と結びついた火葬を、
神道国教化政策のため一時禁止するが、すぐに最開。
以後、伝染病対策に有効としたため火葬が広まる。
(と2転3転している)


他国との比較も興味深い。
米国の葬儀の高級棺vsダンボールという死の格差、
反対にスウェーデンの「埋葬税」をとり、
一律化することの合理性も初めて知ることだ。


RT そう言えばお坊さんが亡くなった時どうするのか、
 考えた事ありませんでしたねぇ。

 葬儀も、ここ3年ほどで、
 日本全体が急激に変化していて実に興味深いです。

RT @baoh 東日本と西日本では骨壷の大きさも違います。
 東日本で焼くと骨壷が大きくて、 
 西日本の墓に納めるのが難しかったりします。

 その話も今日聞きました。
 一部しか入れない習慣もあるそうで。
 でも僕は大は小を兼ねるのにと思いました。

RT @baoh また、御巣鷹山での遺体確認作業を描いた
 「墜落遺体」では、国別の遺体に対する、
 思いの違いなども描かれていました。
 イギリス人は遺族の遺体確認さえできたら、
 遺体を国に持ち帰ることさえしなかったとか……。 

 骨を拾うという概念そのものが一般的ではないと聞きました。

RT ゾンビ伝説などは土葬文化から生まれているのではと思います。
 日本のように火葬ならゾンビになりたくてもなれませんし。
 アメリカが火葬だったらM・ジャクソン「スリラー」のPVも
 生まれなかったでしょうね。

 もちろん、この話ももろもろと。


僕は子供の頃、生きている人は一時的に減ったりするが
(基本的には増えているが……)死者は歴史と共に増える一方だ。
何故、地球はお墓で埋まらないのだろう?
と考えていたので、今日の説明で納得できたことが多々あった。


韓国のお墓は、一人につき一個の土葬で、
丸く半球状の「土饅頭」がぽっこり地面に出てくる形であったが、
確かにこれでは土地がなくなるに決まっている。
だからこそ火葬の方針を打ち出している。

そして、皆さん指摘する、
来年からスウェーデンと韓国で導入される予定の
フリーズドライ葬」に興味をもつのだ。

横浜の霊園を訪ねて、数々の墓をしげしげと眺めて、
故人を悼み、遺族を弔い、冥福を祈る気持ちにシミジミとした。
そしてこの感情は世界共通だろうと思ったが、
人間や民族の風習はそんなに単純ではないことを知った。

武田先生の講義も
「死を思えば、家族にどれだけやさしく出来るかが肝要」
と結論されていたが、
「死んでからの後悔ではなく生前から家族にやさしく」
という真理が、
なかなか受け入れられないのが人間の不思議だ。

葬儀を巡るロケで21世紀の平和で、
先進国の日本に生きていると、
死とは日常から遠いものなのだと実感する、
藤原新也のメメント・「モリ・ボーイ」な、
東京漂流な一日に国際はぐれ軍団な金網の鬼や、
岡崎京子に想いを馳せる80年代的一日であった。


今週の『週刊ポスト』上杉隆の官房機密費問題第2弾の記事、
現代の高橋洋一×長谷川幸洋の対談は、
二つともテレビ、新聞が取り上げないので、
雑誌的に大変面白かった。


RT @videobird『どーもすいません』は今も座右の思想書です。
 RT @seikoito 上杉清文・平岡正明が
 (79年神野寺から虎が逃げた事件へのコメントで)
 「写真時代」誌上にて吐いた名言「虎だって人間だ」への
 オマージュと見ました! 「日本人は日本から出て行け」

 僕も大好き、座右の書。


《 英王室またスキャンダル…王子の元妻が紹介料6500万円要求 》
《 宮崎県口蹄疫問題・「特例」の訴え“却下”…種牛49頭、殺処分決定 》
《 サッカー日韓戦で0-2惨敗!岡田監督、試合直後に進退伺 》
《 巨人・野村克則コーチが接触事故 後方不注意か 》
《 「金網デスマッチの鬼」「こんばんは」ラッシャー木村さん死去 》
《 作詞家・吉岡治さん名曲の数々を後世に… 》
《 カンヌ映画祭・アウトレイジ無冠…パルムドールはタイ映画が初受賞 》



5月25日  火曜日

娘、幼稚園に行く前に
「パパぁ、もうアタシ、ヨウチエンでいっぱ〜いおヤサイさん、
 たべてんだから、もうオウチでたべてあげてもいいよぉ!」
と言って出かけた。
何の外交交渉だったのか、今もしばらく考えている。


ようやく『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』(晋遊舎新書)
を読んでいるが……。
僕は全ての人がTwitterをやる必要は全然ないと思っているが、
政治家に関しては「やるべき」の立場は変わらないなぁ。



上杉隆×世耕弘成の対談、
昔の著作の記述を考えれば、
二人がちゃんと対談できる関係であることも素晴らしい。


アドエア貰いに病院へ。
喘息のピークフローメーター値540。
まぁまぁだが最近、気管が細くなってる。
話をしていても息が切れる。
梅雨シーズン到来だからかしら。


オレンジページの『おいしい雑学』のゲラ読み。
よく取材されていて楽しい。


RT @kirakira954小島です☆
 先月たくさんのメッセージを頂いた聴取率調査週間の結果が出ました。
 4期連続首位、2期ぶりの単独首位です。
 皆様のご愛顧に一同深く御礼申し上げます。
 一同ますます頑張ります #kirakira

 知らなかった(笑)凄い!


上杉隆生出演の『キラ☆キラ』聴きながら、移動。
上杉さんが語っている官房機密費の問題、
何故、メディアで話にくいことか、名前を出しにくいか、
Nシステム、Gシステムと呼ばれた、
自民党政権から巧妙な仕組みであることか、
いろいろ『週刊ポスト』を読むとよくわかるのだ。

『キラ☆キラ』本日のテーマは「穴にまつわるエトセトラ」
先週のゴルフの穴のはなしから、
まさに女子アナのブラックホール小島慶子と、
政界のブラックホールの機密費問題を取り上げる上杉隆アナリスト。
ここはメディアの穴場だ。


15時半、TBS入り。
16時53分、『Nスタ』生放送。
司会:堀尾正明、長峰由紀アナ
出演:元村有希子、与良正男、ご一緒。

普天間問題。事業仕分けにコメント。
食材食べ尽くしグルメ紹介など。
てっきりスタジオで食べるのだと思っていたら、
マグロの鱗だけというコメンテータ−の仕事も事業仕分け。


Nスタ終了後、
東京タワースタジオへ。
TBS『日立 世界ふしぎ発見!』に初のゲスト出演。
ナポリからの出題。本番前にご挨拶。


草野仁一座の細部まで完成された良心的長寿番組。
浅草映画研究会のスタッフにも応援されながら解答席。
草野さんの司会術にはまりつ、
VTRのナポリ&アマルフィの光景に見惚れつつ、
黒柳さん、板東さんとの余談楽しみつつ。


黒柳さん
「水道橋さんミヤネ屋に出てるでしょ!」
「はい」
「あなた博士って言ってるけどホントは博士じゃないでしょ!」
「はい偽物です」
「初めて会ったけどわかるわよ!」
「でも僕、以前『徹子の部屋』に出演させて頂いてるんですけど……」
「あらそうなの」……。

RT @drtomabechi 僕が指導教授になるから、
 博士号ほんとに取っちゃおうよ。論文博士、東大とか。

 聞くだけで博士号がとれる奇跡の着ウタを作って下さい。


今日の『キラ☆キラ』の上杉隆は爆裂していたが、
その後、20時から、朝日ニュースター
『ニュースの深層』の生司会で出ているのだ。
これから24時より再放送を見ることに。


WOWOWの海外ドラマナビSP用に、
スピルバーグ&トム・ハンクスのHBO制作のドラマ
ザ・パシフィック』を渡されるが、
DVD10枚組!でもやるんだよ!

RT @baoh 「パシフィック」! それはいいですね。
 うらやましいのとたいへんそうなのと……。

 6月のスケジュール泥沼化を考えると太平洋戦争開戦です(笑)


《 金総書記、戦闘態勢指示?「韓国との関係断絶」 》
《 事業仕分け「蓮舫ちゃん よく頑張った」内田裕也バラ花束贈呈 》
《 「申し訳ないことした」医師が一転、堕胎への関与認める 》
《 エコポイント効果あった!地デジ普及率83・8%に 》
《 サッカー日本代表岡田監督の進退伺い「あれはジョーク」 》
《 伊良部、米ロサンゼルス近郊で飲酒運転、逮捕 》


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る