5月26日  水曜日

7時起床。
なんとか子供たちを見送り、原稿仕事に。

このところ葬式のことばかり考えていたら、
そう言えば、献本のなかに
井上治代『より良く死ぬ日のために』(理論社)
があったのを思い出す。




『ブルータス』30周年
「ポップカルチャーの教科書」に寄せた
「北野武と松本人志の30年」は、雑誌の取材では話になるが、
テレビの現場で話になることが一度も無い。
テレビと雑誌が棲み分けられていることを実感する。


『週刊新潮』の早売り。福田和也のコラム
「オカモトズという全然知らないバンドが、
 ルースターズの名曲『恋をしようよ』をカバーしている」
「……ベースがすごい」と以下、
めんたいロックの解説になるのだが……。


『ゴールデンラジオ』小林信彦の生出演をradikoで聴きながら、
早売りの文春の「本音を申せば……」を読む。

RT #dig954が嫌いなのは「"TKD"が出ないから」だそうです
 大根さんの時に出たじゃん。
 (個人的にもTKDのお話はもちろん面白いですよ)



上杉隆の対談本
『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』(晋遊舎新書)を読了。



なぜツイッターでつぶやかれるのに、
 文字数をつかうこの長いタイトルにしたのか?と思った。

略称:『なぜツイ』に登場の政治家は逢坂さんを除いて面識があり、
 ほぼ経歴を知っているのだが、
 岩上さん、亀松さん、畠山さんの3氏はツイッター上では知っているが、
 詳しくは経歴まで知らないので大変、参考になった。

『なぜツイ』のあとがきの上杉さん
 「ツイッターは一言で言えばジョン・レノンの精神を体現するものである」
 とのフレーズ、大袈裟と思う方は読んで欲しい。
 特にフリージャーナリストの3人の章で、
 そう思わずにはいられない。

若者へ。『なぜツイ』の4人のフリー記者。
 フォローしてリストに入れておくと世の中がチェンジする。
 @iwakamiyasumi @kamematsu @uesugitakashi @hatakezo


子供と一緒に『龍馬伝』。
第21回 「故郷の友よ」日本地図、地球儀と共に。
最近、地球儀出る幕なくなってきたな。


そのままNHKスペシャル
『熱狂と歓喜(1)リオネル・メッシ・黄金の足で輝け』見ながら
「パパぁ、ハットトリックしたことある?」
「ない。オマエあんの?」
「うんうん。まだノーゴールだよ。
 ボク、いつかゴールできるかなぁ?」と……。
内心「47年間一度もゴールしたことないよ」と呟く。


WOWOWにて7月から放送開始するドラマ
ザ・パシフィック』開戦。
第一話。ガダルカナル・前編。
真珠湾後の太平洋戦を10話で描く。
当然、プライベート・ライアン以降作なので、
戦争ドラマではなく戦場ドラマ。
文字通りの餓島。
たけし軍団でなくても日本軍も悲惨な戦いだ。


昼、『BRASSEREE Kaz』カミさんとランチ。
僕はまったくフレンチ馴れしないのだが鯛&鶏 。
敷居も高くなくサラダとパン・コーヒーありで、
1000円は破格だった。


伝書鳩のチョロくんの離脱以来、
滞っていた『Kamipro』宅配。
一気に3冊到着して、逆に新鮮に読む。

Kamipro』146、147を続けて読むのだが、
90年代以降のマット界の文民統制の主、
柳沢忠之関連の話がやたらと面白かった。



今日は散髪行っただけだ。
一昨日、最近、髪が増えすぎて、自分で梳いていたら、
また酷いことになっていたのだ。
月に2回も散髪するようになるとは……。


HDDチェック。
『池上彰の学べるニュース』
毎回、なるほどだが、参院戦特集、
そうかぁと思わず声が出た。

麻生政権と同じく玉砕選挙になると予想されるのに、
何故に民主党は小鳩体制のままなのか、不思議だったが、
現在の与党不支持→政治不信→投票率低下は、
民主党の勝ちシナリオであるとは思っていなかった。

RT投票率低下まではわかりますが、
 なぜに民主党勝利になるのでしょう??

 自民党の支持団体を
 幹事長室陳情一元化によって切り崩しているから。
 組織票は固めている。


マガジンハウスから出る、
原口大臣ツイッター本のゲラ読み。


《 社民党・福島氏 罷免も覚悟 辺野古前提なら閣議で反対 》
《 江本孟紀氏が国民新党から出馬表明 元巨人勢に「私は即戦力」 》
《 ヤクルト高田監督、涙の辞任「途中で投げ出して申し訳ない」 》

 




5月27日  木曜日

8時起床。
アサイー』ジュース。風邪気味。

11時、タクシー迎え、大和證券へ。

車中、雑誌の『アウトレイジ』評を草稿だが、
とても600字では入りきらない。


12時、スカパー「ダイワ・證券情報TV」
徹底リサーチ!浅草キッド総研』収録。
司会:浅草キッド司会、現役東大生の瀧口友里奈。
アナリスト:ダイヤモンド社の浜辺雅士、フィスコの奈良香。

廊下で一人歩く元・武藤日銀副総裁とすれ違い、
人間万事塞翁が馬だと頭によぎる。

本番、iPad持ち込みの浜辺編集長の、
C調ぶりが相変わらず面白い。

スバルの上昇気流は
「元に対し円安になれば輸出企業は有利。
 SUBARUは日本の自動車メーカーで、
 唯一現地生産を行っていないから日本製のまま輸出。
 元の切り上げメリットを最も享受できる」との説明に、
俺「谷村新司の昴が流行ったからじゃないんだ?」と。


終了後、大丸、喫茶でABC放送『キャくれ家』打合せ。
小林P、浅草お兄さん会の観客だった、作家の鹿谷くんらと。

今回の摩訶不思議な推薦キャくれ芸人と、
キャスティングと香盤について説明。
ショートネタ全盛時代だが、
逆に30分番組なので難しいのだ。


長澤マネと東京駅のラーメンストリートに行こうとしたが、
途中、『魚がし日本一司』を発見し、そのまま吸い込まれる。
立ち喰い寿司だが相変わらずCP高く文句なし。
持ち帰り包んでもらう。

中央線帰宅。


『なぜツイッターでつぶやくと日本が変わるのか』に登場する
フリー記者4人による週刊朝日座談会。
(http://ustre.am/808R)
記者クラブ問題とか初耳の人も、
Twitterをやっているとわかる新聞・テレビが伝えない話。


テレビブロスの片桐仁のコラムに『SPIDER』が登場している。
テレビ雑誌に珍しい。
狭いスペースながらその機能に驚いているのがよくわかる。
いまだにSPIDERは知る人ぞ知る存在なのだ。

RT 大阪で映像制作に関わっているものですが、
 こないだ営業の方にきていただき実機のデモを体験できました。
 とにかく検索がスゴかった。
 2秒の露出でも追従する精確さには驚きました。

 これはSPIDERの話。


『キラ☆キラ』吉田豪のポッドキャスト聴きながら、
花沢健吾先生の話なのだが、
今日、大丸の喫茶店で説明した
「下ネタしか出来ない芸人」としての、
殿方充の話とそっくりだった。


今になってiPad手に入っても人前で使うのが困難な気が……
調子に乗ってると思われそう。
エアーマックス95を買ったが、
一度も履かなかった経験を思い出す。


シアターカルチャーマガジン『T.』

『アウトレイジ』評(コメント)入稿。


NHK『ディープピープル』のボクシング編、資料DVDで。
長谷川穂積、畑山隆則、浜田剛史の鼎談だが、
改めて凄い話だらけ。
浜田が4回腕の骨を折った話は有名だが、
その後、拳を鉄骨に打ちつけて固めた話は壮絶。

RT 長谷川穂積選手の「相手が息を吸ったときにパンチを放つ」
 というテクニックは超絶過ぎて畑山・浜田両氏共に絶句。
 ホント・リアル『息もできない』だ。


『ザ・パシフィック』二話目。
ガダルカナル後編。
驚くほど戦況は説明されない。
戦場、そしてテレビドラマとは思えぬほど、
リアルな死体が山のように出てくる。


《 シー・シェパード裁判 法廷に悪臭 検事せき込む 》
《 相撲・暴力団への入場券手配問題で厳罰!木瀬部屋消滅 》
《 ドロップシッピングで初 ネット商法業者を強制捜査 》

 




5月28日  金曜日

8時半起床。
子供たちの見送り間に合わず。
無念……静かなる朝。

昨日、フジの朝ワイド『知りたがり!』で、
シー・シェパードは『アニマルプラネット』の
人気番組『クジラ戦争』の人気企画だという話題を取り上げていたが、
コメンテーターとして出演していた著者の最新刊、
佐々木正明『シー・シェパードの正体』(扶桑社新書)献本頂いた。
もっと、その構造を知られても良いと。


iPadをスズキ秘書が入手、
『キラ☆キラ』に持っていく。

13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

オープニング。
『自殺社会から生き心地の良い社会へ』(講談社文庫)の話から、
谷川俊太郎の詩へ。
僕が思う小島慶子という昼間の月。
死と生の響き。




今日のテーマ「空気が変わった瞬間」の
スタジオの凛たる空気を変えて、
『ふしぎ発見』の黒柳徹子話に。

ペラペラ。
エクスプレスの髪増教授とデヴィ夫人のヅラ剥ぎ取り話。
チョイナのお葬式エンターティナー話。
個人的には実話としてチョイナの話は生涯で一番面白かったかも。
コーナー終わってもあの日の余談続く。

途中、投稿からiPadの話に。
スタジオに持ち込んでいたが、
そのまま広げた話にもならずスルーで良かった良かった。

町山智浩さんのコーナー。
ロバート・ロドリゲスの新作映画『マチェーテ』の予告編のバカ話から
アリゾナ新移民法、政治イシューにツイストしていく、
いつもながらの町山名調子。


終了後、TBS喫茶へ移動。

NHK『ディープ・ピープル』漫才師編、
日本テレビ『たけしと7人の賢者〜未来への選択』、
小西さんと『博士の異常な@@』、
打ち合わせの3連打。

流石にコーヒーは自粛したが、
ラジオから喋り通しで喉痛深刻に。

20時、帰宅。

今日、子供と風呂。
子供作の「アルゼンチンのシュトは上の棚くさいです(ブエノスアイレス)!」
および「あるぜんチンチンのマラどーだ!」を連発していたら、
カミさんに叱られた。


《 政府方針に署名拒否 福島消費者相を罷免 》
《 iPad 銀座で行列1200人「毎日の生活変わる」 》
《 JALホテルズ ホテルオークラに売却へ 》
《 種牛2頭に口蹄疫症状…法に基づき殺処分に 》

 


5月29日  土曜日

週末なので、子供たちの学校もなく、
寝溜め、二度寝、カンタービレ、
歌うように眠った。喉痛も峠を超えた。


昨日の打ち合わせで
「江守正多さんと武田邦彦教授は対談していますよ!」
と言ったが、本の題名を度忘れ、
『温暖化のホンネ』(技術評論社)だった。


13時、河北総合病院診断センターへ、
スズキ秘書と一緒に人間ドック。

綺麗で雑誌が豊富で快適な待合室。
だがバリウム、発泡剤でゴロゴロお腹のまま、
右へ左へうつ伏せ、仰向けと診察台をゴロゴロ。
外にでれば天気もゴロゴロ気味。


駅前の『あゆみBOOKS』で、
TASCHEN社の映画監督シリーズが、
ほぼ3分の1値段でセール。大人買い!
『CUT』何故か最近届かなくなったが
『アウトレイジ』特集ならば買い!


高田笑学校の次回、7月8日の香盤頂いたが、
なかなか豪華カードにびっくり。
高田先生、出し惜しみなしだなぁ。


「杉作J太郎×吉田豪
 TALK LIVE in 座・高円寺 Jよく豪を制す!?」



本番30分前楽屋へ。
Jさんが一人。
マルベル堂のプロマイド写真に一枚一枚サイン書き。


前に掟と2ショットのお尻バージョンを買ったのだが、
こんなにバージョンがあるとは……。
そして楽屋の隣が託児所。



本番15分前に豪ちゃん到着。
楽屋も撤去。
打ち合わせも一切なしで壇上へ。

噂には聞いていたが……
想像の100倍以上底抜けな下ネタ。

豪ちゃんJさんのトークテーマが、
最近チンコとクンニ専門とは聞いていたが、
チンコとクンニの話を託児してまで聞きたいとは、
子供を預けてパチンコに興じるバカ親以下ではないか(笑)。

前から見たがっていたカミさんと2男呼び出し、
託児所に預ける。

しかし……にしても爆笑に次ぐ爆笑。
東京マラソンレポートの松村邦洋くん以来の、
笑わせられぶりであった。
腹いたい。

去年はカミさん一人で行って、
掟ポルシェが親切に応対してくれたが結局、
満席で見れず、
今年はカミさんの隣が掟で、
互いに子連れで挨拶できてシミジミ良かった。

しかも、こんな最低で最高なものを、
子供を預けてまで夫婦で見ているボンクラぶりも良かった。


マルベル堂』の杉作&吉田豪プロマイドも、
全バージョンをマルベル堂のご好意で頂いたが、
かつて杉作J太郎さんが、宝島の連載していた、
パピヨン写真館を切り抜いてた僕としては本気で嬉しい。


今日の吉田豪×杉作J太郎のライブ感想、起こし、
要約しているページあれば知りたい。
あまりにも底抜けに馬鹿馬鹿しい名言だらけで
「面白かった!」で忘れてしまうにはもったいないのだ。


杉作J太郎さんと岡崎京子が、
同期のマンガ仲間あることから振られた話の、
あまりにも飛躍したボンクラ話ぶり
(日本シリーズの山井の完全試合の話から落合采配のくだりうんぬん)
に感心してしまった。


RT そういや博士の笑い声は特徴的ってワケではないんだけど、
 よく耳についたなぁ。

 僕は基本的にゲラではないのですが、
 フリの段階から面白いので先走ってましたし、
 余韻と思い出し笑いも。

RT 彼女のフェラが短い&アソコが臭いをやんわり伝えたい、
 という相談に「彼女の意思表示なのでは?」という視点の転換から
 「おまえのチンコが臭いのがすべての原因だ!」
 という結論は鮮やかかつ最低で最高でした!

 あそこがホントに臭い場合は肉が腐っているも。

RT 「当時は渡哲也に影響を…」から始まる
 一連のくだりの最後に杉作さんがポツリといった一言
 「『闘いの日々』ですよ」の『闘い〜』というのは、
 実は『大都会』 1作目の副題。

 バブルの絶頂期に潰れた平凡パンチ(笑)も。


深夜、珍しく家を出て『メシモ』へ。
一人飲みながら明日の個人的な資料読み。
流行っていて何より。


武田邦彦
『君が地球を守る必要はありません』(河出書房新書)読了。

仕事柄、武田教授の本はよく読み、
毎回、その過激度も印象的だが、
この本は14歳に向けていて平易で丁寧な語り口。
改めて環境問題に御熱心な方々へ、
基礎資料として問いかけてみたくなる一冊。


《 参院選前の退陣は不可避?「鳩山降ろし」表面化 》
《 「iPadは玩具だ」中国大手がiPad風の競合製品発売 》
《 DREAM、KIDが880日ぶり白星、桜庭はグレイシーに判定負け 》
《 相撲・消滅の木瀬部屋力士 北の湖部屋が受け入れ 》

 




5月30日  日曜日

8時起床。
今日は、運動会だ。
天気もてば良いが……。

運動会。
小学校の周囲がちょっと発情していてウキウキ感を煽る。
特等席は埋まっていて螺旋階段から、
タケシの『トトロ』の踊りを見届けて、
後は、かけっこに、
勝つなり負けるなりよろしゅうに。仕事へ。


11時半、
タマフル』の最新回、聴きながら、
新木場のぴあBAYSIDEへ。

朝日放送『キャくれ家』収録。
キャイ〜ンと一緒なのも珍しい。

キャくれ芸人紹介役として、
ガンビーノ小林、友野英俊、殿方充、マキタスポーツの順に紹介。
最も良かった芸人に、
CIORIさんから手作り料理を食べさせてもらえる。

ガンビーノ小林「ケンカに強いがテレビに弱い」
友野くん「ダウンタウンファミリー唯一の売れ残り」
殿方充「今世紀初のテレビ出演かつ見納め」
ということで激レア感漂う空間。

しかも天野くんをしても、
マキタスポーツを初めて見るのだから、
芸人世界は広く奥深い。


キャイ〜ンと昔話だが、
20年前、大学祭で爆笑問題と俺たちとキャイ〜ンと3組が、
一緒になってめちゃくちゃ緊張したことがある、
とウドちゃん。
どこの大学だろう?思い出せない。


出番前に殿方充とエロ話だが、
昨晩見た、杉作J太郎のエロ妄想話を長々と。
『やりすぎコージー』天王洲猥談、裏バージョン的な光景。


麹町・日本テレビへ移動。
その前にアジャンタでフォレスト出版ち打ち合わせ。
17日(予定)の苫米地英人先生との対談Ustream中継に関して。
モロモロと。


『ビートたけしと7人の賢者〜未来への選択〜
人類は滅びるしかないのかSP』収録。(6/4放送予定)

殿楽屋へご挨拶に。
そのまま1時間近く濃い雑談。
自白剤を飲まされ魅入られたように話込んでしまう。

MC:ビートたけし、馬場典子アナ
ゲスト:
梅宮アンナ、オードリー、菊川怜、
内藤剛志、中山秀征、真琴つばさ、水道橋博士
賢者:
江守正忠(国立環境研究所・地球環境研究センター 気象学者)
加藤尚武(京都大学名誉教授・哲学者)
北野大(明治大学教授・環境化学者)
鬼頭宏(上智大学・歴史経済学者)
小泉武夫(東京農業大学・発酵学者)
手嶋龍一(慶應義塾大学・外交ジャーナリスト)
松井孝典(東京大学名誉教授・宇宙物理学者)


環境問題の学者、有識者7人の顔ぶれを見て、
今日の殿は大いに語られるだろうと思っていた
(新潮で対談済みの方も多い)が、
案の定、本番もご自身の見識をフル全開で話されていて、
むしろ、ビートたけしvs7人の賢者だけの話を、
聞きたくなるところを秀ちゃん巧みに分け入り翻訳業。


収録合間、隣りに座った菊川怜と梅宮アンナと
『BORN TO RUN』(NHK出版)の話。
二人とも俄然興味津々になる理由と動機があるのだった。


VTRも実に面白かった。
気象学者の江守正多さんは、
武田教授との対談本『温暖化論のホンネ』も出されており、
個人的にあとがきの箇所で、
気になるところあったので、
楽屋で待って、本番後に質問。

『ナウル共和国』のリン鉱石発掘の歴史、
天国と地獄のVTRが興味深かった。
がVTRの途中、殿が
「洋七が行ったことある」と言われたのが気になった。
かつてアホウドリはリンだけでなくアホウを運んだのだろうか?

環境問題は世代を次いでいくものから家族問題へと話が言及し、
殿と大さんのお二人が父・菊次郎さんを語りだすところが、
個人的にはグッときた。


収録後、殿の車に同乗、
そのままお食事に同行。お宮と。

ほぼマン・ツー・マンだったので折り入って聞かせて頂く。
ひばりさん関係、及び、その男凶暴につき、関連、
新宿ジャズ喫茶時代と初期面白グループ関連の話などを。
本当に第3期黄金時代を実感する元気、
やる気横溢な充実ぶり。


ひばりさんとの交流関係
「しかし評伝とか書く人はやっぱり細かいところこだわるんだなぁ。
 覚えてねぇし、そんなこと一回も考えてもみなかったけど、
 言われてみりゃ当たってるから無意識にあるんだなぁ」と殿。
僕がすっかり評伝とか書く人になっていたのが面白かった。

「オマエ、しかし渋谷陽一より細かいこと聞いてんなぁ」
と言われたのは、比較されただけでも個人的に勲章にしたい。

殿から、木曜日に行くからな!と強く誘われる。


《 福島氏罷免に反発 社民が連立離脱決定 》
《 今さら…首相が宮崎県入りに意欲「農家を激励したい」 》
《 サッカーW杯強化試合・イングランドに惜敗!歴史的勝利を逃す 》
《 野球・吉田えり投手、米独立リーグデビュー!初安打初打点マーク 》
《 東大に矢沢永吉!学園祭にサプライズ出演 》
《 さらばイージー・ライダー!米俳優デニス・ホッパー氏死去 》

 

5月31日  月曜日

7時起床。
『アサイー』ジュース&『イマーク』。

食卓。
1歳児が杉作J太郎&吉田豪Tシャツだったので爆笑。
(託児、預けた人へのプレゼント)


子供たち、iPad取り合いでゲームなど使いこなしているが、
僕はキラ☆キラのスタジオで開けただけ。
まだ本格的に一度もいじっていないので、
取り上げて大阪へ持っていく。


息子に「おお昨日の運動会どうだった?」
子供「3トウショウだった」
「そうなんだ……」
「3トウショウじゃだめなの?」と蓮舫ばりの切り返し。
「いや次、頑張ればイイよ」
「だから、いま、がんばってるカテイだから……」と。
家庭の会話。


9時半、
東京駅発「のぞみN700系」で大阪へ。
長澤マネと一緒に。


iPadにPCと同じ自分がカスタマイズした辞書登録を入れないと、
イライラがつのるばかりなのだな。


昨日、ひょんなことから殿とミッキー安川話。
吉田豪以外誰が喜ぶんだろうと思うような逸話だが……。
アウトレイジ関連で、吉田豪が、
取材することあったらDigして欲しい。

13時55分『情報ライブ ミヤネ屋』生出演。
宮根誠司、森若佐紀子、司会。
出演:梅沢富美男、岩田公雄、井上公造、御一緒。

福島大臣罷免、社民連立離脱について。
国会から、青山記者、
辞任した辻本清美国交副大臣も生出演。

青山記者『スッキリ!』で、
勝谷さんが鳩山辞任の可能性を放った時は困り顔だったが、
『ミヤネ屋』では
「5月のタイムリミットは米国からのデッドライン?」
「違います!自分で言い出したこと」
「結局、腹案は?あったのか、あっても諦めたのか?」
「あれは徳之島です!」
と明快な断言口調。

芸能コーナー、
東大赤門の矢沢永吉登場シーンを見ていて、
そう言えば、昨晩、殿が
「この間、ここで矢沢永吉に会ったんだよ。
 テレビと仕草がおんなじなのがオカシくてよぉ……」
とビッグ2邂逅の話。
その後、俺の『たけしの席』が何故出来たのか、
見立てを開陳した。


新幹線車中、
殿出演の『おしゃれイズム』のアンケート。


車中、久保ミツロウ『モテキ』(イブニングKC)を読んでいたら、
変性意識に没入。
完全に童貞気分になっていた。
ハッと気がついたら子供、3人もいたのだ。
夢を見ていたような感じ。
文字も映像もスゴイがマンガの力も怖いのだった。



テストの前日の夢を見てうなされることがいまだにあるのだが、
そのたびに、大人になって良かったと思う。
『モテキ』を読んでいたら、オヤジになって良かったと思う。

今日、一日iPadはマネージャーに預けていたが、
それなら中央線帰宅の途中、『モテキ』を読んでいるのは、
もっと恥ずかしいのではないかと自問自答。


東京駅で
「君、幾つ?」と同行する新人男子マネージャーに聞いたら
「26歳です!」と。
「じゃあ、まだモテキの前じゃない」と。

いやぁまだまだ多感でいいなぁと。
感覚的には5歳位の差だと思っていたら22歳も年下だった。


中野駅下車、中野新橋。
中華。松村くんの会。
誠さん。大川総裁と。


松村くん、総裁とさらに一軒。
芸人以外に事業者でもある、総裁には、
「この方法がありますと……」
ご意見申し上げてしまう。

ついつい『モテキ』の話をするのだが、
松村くんは「アソコをなめたくてこの世界に入った」論。
ただ舐めるとモノマネが出来なくなる恐怖心との戦いの日々に、
思わず杉作J太郎さんのクン二論を教えてあげる。

5月終了。
このところ、スケジュールが押し寄せているのに、
さらに連日、人にあっているのだが、
今週、木曜日に山があり、まだまだ続く予定だ。


《 支持率低下で参院選に危機感…鳩山首相辞任か 》
《 「残念な気持ちある…」辻元国交副大臣が辞任 》
《 ボクシングWBA世界フライ級・亀田大毅と坂田の対戦合意を発表 》
《 宝田明が追突事故…過去には64キロ超過暴走も 》


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る