8月11日  水曜日

6時起床。

6時半、タクシー迎えTBSへ。

『別冊アサ秘ジャーナル』
クールジャパン調査隊のロケ。
栃木県へと向かう。

ロケバス4時間半、
湯西川温泉の奥、平家狩人(またぎ)村へ。



74歳の現役マタギの中山さんの案内で見学。
ほぼ私営の施設で15棟もある剥製だらけの展示ぶりは、
管理されていない私設博物館の野放図さ。



秘宝館風味もあり満喫。
観光案内にはない。
ロケでなければ来なかっただろう場所、」
ラッキーだなぁと思う。

RT 狩人村の現役マタギは中山桂(せい)さん、
 熊に襲われ共に谷底に落ちながら熊を倒して生還した男です。

 熊との戦いは何度か振ってみたが、
 この話は聞けなかった…。残念。


移動中、田原総一朗監督「ドキュメンタリー青春」
『バリケードのなかのジャズ』(1969年放送)を初視聴。

若き日の山下洋輔が早稲田のバリケードの中で演奏する、
田原総一朗ドキュメンタリーでも有名な作品。
「き@@@ピアニスト」とか
「@@@@じき」放送禁止用語が飛び交い刺激的。


帰路も4時間ロケバス。

TBSから急いでタクシー帰宅。

3日ぶりに子供たちと再会だが…
残念ながら娘は眠りに落ちてた。
代わりに、
「♪あいたかったぁ〜」と息子が飛びついて来るが
「おまえじゃ可愛くねぇんだよ!」
と言いながらミニ・ミーの帰省話に耳を傾け、
お爺ちゃん、お婆ちゃんとの写真が楽し。


HDDチェック。
『池上彰の学べるニュース』
「終戦記念日と北方領土問題」――。
ホントすっきりする。
むしろ、毎年、この時期、やって欲しい。


娘が夜泣き。
なにが起こったのかと思ったら、
大事に使っていて氷枕が破れてしまったことを思い出して泣いていた。
「さようなら…こおりまくらさん…」
と言いながら寝ぼけまなこ。

その横で長男、夢のなかで爆笑中。
きっと起きている時に楽しいことばかりなんだろう。
そう思うと、嬉しくなる。


《 トヨタ車の急加速問題。米当局調査で欠陥発見できず 》
《 「日曜討論」解説委員の影山日出夫さんがNHK局内で自殺 》
《 日本人初!CHEMISTRY韓国語で映画主題歌 》
《 米共和党予備選 前WWEのリンダ・マクマホン氏が勝利 》




8月12日  木曜日

8時半起床。
ヨーグルト、ヤクルト300、『アサイー』ジュースなど。

久方ぶりに家族顔を揃える。
「パパ、どこにいってたのぉ?」と娘。
「パパは家にいたの!
 キミらがおじいちゃんのオウチに行ったんでしょ」
「あ、そうかぁ!
 おるすばんなんかしないで、
 いっしょにくればよかったのにぃ!」
などと。


子供の宿題、アサガオの写生を手伝ったら、
写実的になりすぎた。
そう言えば僕が小学生の頃、
習字の宿題を書道をならした父が代筆したら
「小さくまとまりすぎ。子供らしさがない」
と赤筆でバツ印と共に書かれた。
それを見た父が激怒していたのを思い出す。


勝谷誠彦著『平壤で朝食を。』(光文社文庫)に解説を書いたが、
伏字になっていたところ…。
メルマガの『勝谷誠彦の××の日々。』で、今日という日なので…
それが実は「浜田幸一氏」なのだと明記されていた。




あれ大河ドラマ『龍馬伝』って一部終了で、
しばし休止しているものだと思っていた。
『坂の上の雲』みたいに。ずっと続いているのかぁ!
知らなかった。
なんと3週分も遅れている。


俺だけでなく家もリハビリ中。
来客、相談しながら、
通気や換気やゴミ掃除などいろいろと。
とにかくモノが多すぎる。


我が家の子供たち、特に3番目(1歳)、
今、「しるこサンド」ブームが時間差で到来。
谷川黒魔術が、ついに浸透した。おそるべし!


田原総一朗過去作、
『宣言ポルノ女優 白川和子』(1972年)視聴。
白川和子と言えば、団地妻シリーズ。
そして『青春の殺人者』。
調べていたら、
白川和子さんがジジ・ぶぅと一緒に、М―1に出場した
という話も驚いた。


『わたしたちは…カルメン・マキの体験学入門』(1969年)視聴。
当時の『天井桟敷』の人間関係がよくわからないのだが、
カルメン・マキのパートナーだった「シナトラ」とは何者なのだろう?


『ある告白 〜カルメン・マキの2年間』(1971年)を視聴。
一作目から2年後(でも、まだ19歳)ほぼインタビューのみの構成。

今ならベッキーのような顔をしたハーフの少女が
『時には母のない子のように』の140万枚のヒットの後、
干され、反・芸能界を喋り続ける内容。


息子と一緒に
イシイカイロプラクティックオフィス』で加圧トレーニング。
幼なじみのカンタくんのアマレス優勝の話を聞いて、
息子も横で無意味に頑張る。
幼なじみが頑張るから、自分も頑張る、
見ていて微笑ましい。


息子、娘と『メシモ』へ。

メシモの地下で飼っているジャムが丁度散歩の時間。
そのまま、息子から頼んで、
犬の散歩やらせてもらう。
僕自身は40年ぶりくらい。

僕と飼い犬「マキ」の話を、
新刊『キッドのもと』(学研パブリッシング)に書いたばかりだったので、
感慨ひとしお。

ジャムがおしっこするまで犬の散歩。
「わたしもいきたい」と娘も同行。
娘の補助輪付き自転車押しながら周回。
犬と娘も両方、目を光らせる。

息子は大の犬好きだが娘はこわがったまま。
それでも自分もやってみたいのだ。
おそるおそる犬との交流。


メシモに戻ってカメラウーマンのマイさん、
旦那さんや息子さんと久々の再会。
カミさんも来て、しばし団欒。


僕は一足先に帰って赤ん坊番、
息子、娘、カミさん居残り、しばし女の宴。
夏休みらしい一夜に。

カミさん一行帰ってきたら
「カルピスのんでベロベロなの。
 おやじぃ!オレはよっぱらってんだよぉ!」
と何故か息子が酔っ払いに。
いったい誰の真似をしているかわからず。
「だっこしろ!」だって。


『キラ☆キラ』木曜日のポッドキャスト、
吉田豪と伊集院光が、先日のアサ芸座談会が初対面であることや、
梅宮辰夫との初対面など改めて意外な感じがする。


クイックジャパン』の「ゴットタン」特集。
もう5年もやっているのかぁと驚く。
長く視聴習慣になかったため、
最もTLで話題になっているバラエティだと気がついたのは、
Twitterはじめた半年前くらいだ。
質と率は一致しないものだけど、
Twitterは旬のテレビの質を知るのに適してるなぁ。


《 スカイツリー世界一の高さへ。中国テレビ塔が600m断念 》
《 生存なら国内最高齢の127歳男性、大阪市が死亡確認 》
《 仙台高校教諭殺害 妻を逮捕…背景に夫婦間トラブルか 》
《 相撲・松ケ根部屋2力士が野球賭博に関与発覚 》
《 阪神“新伝説”3連続ホームランで再び首位 》

 

8月13日  金曜日

午前中、宅配便の荷物を息子と開封。
「ひょっとして…ひょっとして…」
まるで玉手箱を開けるかのような息子の興奮。
中から出てきたのは浦和レッズの34番のユニフォーム
「やったぁ!やったぁ!わぁあああ!」
誕生日には間に合わなかったが、
こんなに喜ぶとは俺にもサプライズ。


12時半、TBSラジオ入り。

13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

テーマは「ありゃ!ちょっと目を離したスキに…」

オープニングは、先週の神足裕司話やら、
そしてラサール石井さんから聞いた、
ソビエトに密航した同級生の話など。

ラサールさんの同級生の話は、
「男とは――」「青春とは――」「家出とは――」
想起させられる大好きな逸話だ。


ペラペラは、
ちょっと目を離したスキに急速成長する東京スカイツリーの話。
「おばけ煙突」の記憶を継承しているところがツボ。
小島さん、「太くて黒い」って言い出すところもオモシロ。


3時台、サウンドパテスリー、
今週は、町山智浩さんと曜日交代で、上杉隆さんがスタジオに。
官房機密費問題についての総括。
『週刊ポスト』の追求キャンペーンは一部終了。
ちゃんと伝えているのは、ネットとラジオだ。
そのまま居残り無駄話のスイカジャーナリスト。


16時、事務所へ移動。
BSジャパンで10月放送の
田原総一朗の遺言 〜タブーに挑んだ50年!未来への対話
打ち合わせ。

田原さんがテレビ東京のディレクターだったころに撮られた、
約半世紀前のドキュメンタリー作品が蘇る。


帰途、ライター井上くんを拾って、
帰宅後『キッドのもと』(学研パブリッシング)の読み合わせ。
ピザを食べながら。
合間、合間の四方山話も面白い。


マキタスポーツトークライブ
マキタスポーツ見学」をUstream中継で視聴。


明日収録の『タモリ倶楽部』は、
エロ漫画師の幻のはがき絵師・三峰徹の伝説。

この人の絵を見て思い出すのは、
ビートたけしのANNの、
伝説のはがき職人「道上ゆきえ」だ。
別人なのか?


Twitterでの三峯徹の反響に驚く。
これほどまでの有名人だったとは。
そして伝説のはがき職人・道上ゆきえ(さん)が、
ブログをやっていたことも初めて知った。


金曜日の夜の僕のTLは
『モテキ』から『タモリ倶楽部』へ染まっていく。
今日は、ほぼ生追っかけ。
菊池凛子がマンガ以上に生々しい本物の"リンダ"っぷり。
あの姉御肌。
実際に学生時代にリンダと仇名されたのが小島慶子だ。


RT キラ☆キラの話凄かった。本にしてほしい!
 RT @lasar141: あら、ネタ使っていただきありがとうございます。

 ラサールさんと勝谷誠彦さんとの対談本『1.5流が日本を救う』に詳しいが、
 他人に話しても鳥肌たつ。


何故か今日は一日、
ぶんぶんとエンジンが回り続けるような仕事漬けだったのに、
睡眠バスが来ない。
睡眠バスを意識するようになってから、
いつも巡航運転だったのに…。


睡眠バスがくるまで、
ラサールさんの高校の同級生の話、書いておこう――。

ラ・サール高校では一年に一回、桜島で、
「夜間行軍」が行われる。
夜の20時にフェリーで桜島に渡り、
島の一周40キロを同級生同士が励ましあいながら走破する。
それは通過儀礼そのもので、
朝の4時くらいのゴールにPTAがしるこを作って、
子供の帰還を待ち受けているのだ。

その年、桜島でフェリーの乗り込まず、
教師が目を離した隙に、
その横に停泊していたウラジオストック行きの船に乗り込んだ男がいた。
自分でパスポートすら用意した完全犯罪だった。
その事実は後に知る。
桜島で失踪した高校生は、しばらく大騒ぎになる。

その男はソ連に亡命が成功すると、
シベリア鉄道で6ヶ月をかけて大陸を横断し、
パリからロンドンへ入って皿洗いのバイトをする。
そして一年ぶりに絵葉書を送ってよこし、
生存が確認される。
そして帰郷した時は、圧倒的なヒーローとなり、
生徒会長に立候補して当選する。

…そして今は市役所で働いている。


この話の圧倒的な青春の光と影ぶりに参ってしまう。
超インテリの異常な行動に胸キュンしてしまう。


@TomoMachi あ、
下町コメディ出演、無事決まりました。
 町山智浩さんと互角に映画話は出来ないので、
 是非、「水野晴郎先生とボンちゃんのキックアス」の、
 研究発表させてください!VTRありです。


《 ハマコー容疑者 供述拒否一転株売却認める 》
《 トラックが激突…UAEで駐在邦人4人死亡 》
《 ピンクパンサー スペインが日本側へ身柄引き渡し 》



8月14日  土曜日

9時起床。
『アサイー』ジュース、ヤクルト、ヨーグルト。


14時、息子、娘とテレビ朝日へ。
番組収録中、子供たちはスズキ秘書と恐竜展へ。

『タモリ倶楽部』収録。
「幻のハガキ絵師・三峯徹伝説」
タモリさん、みうらじゅんさん、一緒に。

三峯ウォッチャー・浦嶋嶺至、編集者兼漫画家の結城らんな、
編集者の山田徹、3人の解説を交えながら、
三峯徹年表と作品を辿り、
最後は本人の仕事場でインタビューのVTR。

みうらじゅんさんをして
「絵は見たことあるけど…」
とエロ本でも棲み分けジャンルが違う模様。


エロ本はがき職人・三峯徹を、
写楽やら世に埋もれるアウトサイダーアーティストとして捕らえると、
町山智浩さんが以前、紹介したヘンリー・ダーガーのようだ…
と、より大袈裟に持ち上げるハイレベルな、
例え遊びになっていて面白かった。

ヘンリー・ダーガーのようなアウトサイダーアートと言うならば、
山下洋輔さんに発掘されたタモリさんこそ、
もし世に埋もれたままであれば、
知られざる天才であったのかもしれないなぁとも思った。

投稿マニアにとって作品は、
返却されないままオリジナルが紛失する可能性は高い。
みうらさん
「俺の場合、投稿は全部2部書いてた。
 保存用と投稿用と。
 手紙ですらおなじもの2つ書いてたもん」と。

三峯画伯持ち上げ続け、
このままだと「ゲゲゲの女房」にまでなりかねない…
などの話をしていたのだが、
収録後、みうらさん
「そろそろ蛭子さんは年代記的には出てくるかも知れないよ」と。

「三峯徹さんはプロにならないからいいんですよね。
 ああいうので味があるとかシュールだとか勘違いされたのが、
 蛭子さんだから…」
「あれで人間界と地獄の門を開いたんだもの」

安齋肇さんとみうらさんが空耳アワーですれ違い。
「同伴出勤ですか?」と僕。
「しかし大人になってから一番外泊した回数が多い二人でしょ」
と言うと二人見つめ合って
「そうだねぇ」と。
これが漫才師だと確実に相棒だ。

三峯徹さんスタジオ見学との話もあったが、
体調不良と「明日のコミケに専念したい」との理由で欠席。
「タモさんよりコミケなんだ」と笑い話になったが、
僕「安齋さんだってMステに呼ばれたら病気になるでしょ」と言ったら
「絶対、病気になる!」と断言。


収録終りで、待機していた子供たち拾って、
帰途、ごはんと味噌汁、
お変わり自由のステーキ屋さんへ。
腹いっぱい。
普段、食べ慣れていないのでもはや動けない。
帰宅後、マッサージ。


娘、戸上マネにもらった、
『プリキュア』の話す人形を箱に入れるたび
「さびしいよ〜」などと喋るので、もう一度箱から出す。
それを延々と何度でも繰り返し
「パパぁ、いったいどうしたらいいのぉ?」と…。


子供と一緒に、
かなり遅れをとっている『龍馬伝』
第30回「龍馬の秘策」、
高杉晋作登場。
長崎での「踏み絵」を子供に説明にするのに一苦労。


有料なので引用しないが、
上杉隆の東京脱力メールマガジン『 NHK記者の死と怒りの拳 』、
いつも正義を説いてもスイカジャーナリストは、
いい具合に脱力しているのに、今回は泣きながら怒ってる。 


《 最大100キロ渋滞の可能性も…Uターン本格化 》
《 裁判員裁判“タレント第1号”は押尾被告 》
《 甲子園・早実史上最多の21点爆勝!春夏通算60勝 》

 

8月15日  日曜日

10時起床。
睡眠バス下車予定を乗り越す。
良いことだ。たっぷり眠れるのは。

『アサイー』ジュース、ヤクルト、ヨーグルト。


娘、珍しくワンピース姿。
「女の子はズボンじゃなくてこういう格好の方がいいんだよ、
 そうしないといつの間にか男の子になっちゃうよ」
「あたし、おとこチームのほうがいい!」
「?」
「だって、おしっこのあと、ふかなくていいから!」
そんな理由か。

娘「それに、おとこチームになって、おにぃちゃんにケンカにかちたい!」
と朝から闘志満々。


娘の挑発に息子
「いつでもやってやるよ!
 でも、いまこっちをやっつけるのがいそがしいんだよ!」
とガンバライドのDS。
今日は8月15日なのに。
で、町山智浩Ustの清志郎のイマジンを聴きながら平和願う。


田原総一朗×田原節子『私たちの愛』(講談社)を再読。

テレビの有名人が語る赤裸々すぎるW不倫の行き末と、
がん治療本と過激すぎるドキュメンタリー論を併記した、
天下の奇書と思っていたが、
今回、また別の面が見える。
亡くなられた節子夫人の人生に想いを馳せる。





子供と一緒に『龍馬伝』
第31話「西郷はまだか」
志士が志を熱く語るだけでも子供にすら吸引力はあるのだなぁ。
しかし「薩長同盟」ほど歴史的に「是」とされるWクロスもないなぁ。
「敵の敵は味方」みたいな論理は、
いつも「薩長同盟」という言葉で正当化されるものなぁ。


今日は家族で外出予定が僕の腰痛で中止。
「プールとおんせんならだいじょうぶでしょう!」
と子供の提案。
子供、昼にも屋外プールへ行っているので2連投。
嗚呼、夏休み。


チョイナと息子と3人で、高井戸『美しの湯』へ。
まずはプール一時間。
腰をかばって俺はウォーキング。
子供、昼間泳いだばかりだがスイスイと。
前回よりスムース。
今はスイミングも伸び盛りで見ていて楽しい。


温泉パートに移動して、じっくり腰を湯治。
サウナ、冷水勝負。
熱湯風呂だけは、まだ子供に勝てる。
休憩室で子供、かつどんガッチリ食欲旺盛。
一方、オヤジ二人はラーメンを半分に分けて…


帰途、善福寺川公園に立ち寄り、
誰もいない広場でサッカー。
暗闇の中、子供の脳内ルールのなかで試合
「今、2−1」とか言われても何が何だかさっぱりわからない。
そもそもサッカーの試合をまともにやっとことがない。
しかも折角の風呂上りなのに…。

チョイナ、話の行きがかり上、
子供の前では「元日本代表」という設定に。
子供すっかり信じ込み「オーバーヘッドキックやってぇ!」と熱望。
さすが元芸人のチョイナ、一応トライ。
汗だらけの上、泥だらけ、おまけに擦り傷まで作って…。


帰宅後、『メシモ』の飼い犬ジャムの散歩へ。
子供の犬の散歩=大人も一緒と言う事で、
さらに近所の公園まで周回。
全身汗だく、いったいなんのために銭湯に行ったのだろう?


子供と一緒に、『龍馬伝』
第32回「狙われた龍馬」――。

顔芝居。
高杉晋作の伊勢谷友介のカリスマがかった顔はまるでヒロトのようだし。
近藤勇の原田泰造は獰猛な猟犬のよう。
(そう言えば体を絞っていたもんなぁ)

よく若い役者の顔が云々と言うが、
龍馬伝は皆、志士の顔に見えるなぁ。

などと書いていると、Twitterでいろいろ情報あり――。

RT 伊勢谷友介高杉晋作、
 映し方「用心棒」の仲代達也みたい!と思いませんこと?

 思う!ガラス玉のような目芝居ですね。

RT 伊勢谷友介と山本寛斎は兄弟(父が一緒・異母兄弟)と、
 今日知りました。

 へ〜そうなんだ。広末の元カレくらいしか知らない(笑)
 だからこそインパクトがあるのかも。

龍馬伝、それと一橋慶喜(田中哲司)が猪瀬直樹に見える。
 後見人、補佐役から次の将軍へ。
 という立ち位置も似ているのかなぁ。

@Kitsch_Matsuo あ、これは僕の仮想「ミカドの肖像」です。
 あ、ミカドじゃないか。将軍さまか。
 なんて言ってたら、猪瀬さんに叱られる…。

『新選組!』も土方を主役でスピンオフをやっているので
 『龍馬伝』も、高杉晋作メインでスピンオフやってもらいたいくらい。
 菅政権は確か「奇兵隊内閣」だったし(笑)
 「おもしろき こともなき世に おもしろく」

RT そういうことをつぶやかれると、
 「菅政権が鳩山政権のスピンオフ」
 と言ってしまいたくなってしまうのは私だけでしょうか?

 言い得て妙。


録画整理していてNHK−BSハイビション
『ハイビジョン特集 記憶 脳と人の物語』視聴。

「世界記憶力選手権」ロンドンで開催、
世界から脳アスリートが集い、
3日間で10種競技を競う脳のオリンピック。
これだけ凄いと思っても、
ここに記さないと忘れてしまう俺の脳。


《 阪神の金本、誤審打ち直しでホームラン!阪神は首位奪還 》
《 プロレス、小島聡が「奇跡」のG1制覇 新日所属以外では初 》
《 警官切りつけ指切断!首相官邸近くに日本刀男 》


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る