3月1日  火曜日

7時半、名古屋ホテル起床。

東海テレビ『スーパーサタディ』のワンコーナー
『淺野祥雲の世界』(2009年12月放送)をDVDで視聴。
五色園で見たコンクリート像の作者について。
面白い!


東海テレビへ。
着替え、メークを済ませ、
ロケバスへ乗り込む。

『ぷれサタ!』の人気コーナー『旅人照英』ロケへ、
伊勢神宮へ向かう。

12時、『笑っていいとも!』のテレホンショッキングに、
いとうあさこさん出演だが、
なんと『冷たい熱帯魚』の話を昼から(笑)。

後ろの花で一番目立っているのが東海テレビ『ぷれサタ!』。
今、その『ぷれサタ!』のロケバスで見ている俺。

そのまま『いいとも!』に、泉谷しげるさん登場。

頭から毒づき、生番組の進行をぶち壊すスタイルが、
誰が見ても殿にソックリなのだが、
これは殿が泉谷さんの
「うるせぇ、馬鹿野郎!」を継承(影響)で始めて、
そして太田光などに受け継がれている
ゲスト出演の佇まいなのだ。


2時間半、車中に。
伊勢神宮に到着。

一生に一度は「お伊勢参り」をしたいと言うが、
個人的には2度目。
しかも初回も『ゴーマニズム』を読んだ後だったので、
歴史を踏まえて参拝していたので実に興味深かった。
今回も楽しみに。


この『ぷれサタ!』でロケに出るのは初めてだが、
人気コーナー『旅人照英』の、
従来の旅モノにはない独特の質感は不思議だったが、
今回、よ〜くわかった。

台本なし、打ち合わせもしない。
駅に降り立つと黒板に書かれた地元民の情報だけを頼りに、
照英さんの嗅覚のままにアポ無しで訪れているのだ。

『旅人照英』、通常は東海地方のローカルの駅。
しかし今回は伊勢神宮、
この冷たい雨の平日ですら相当な人出。

おはらい町、おかげ横丁だけでも見所、紹介所満載。
俺との出会いの「赤福」本店にまで
スンナリ辿り着くはずもない。

待つことしばし。
赤福本店で照英さんと遭遇。



二人で松阪牛の串焼きを食べたり、
『ひもの塾』、『白鷹』で、
清めの酒を立ち飲みしたり、(これだけでもキリがない)
いよいよ大鳥居、宇治橋を渡って内宮へ。




その前に「式年遷宮」の話と「檜」の話をひとしきり。

いよいよ伊勢神宮へ。
係の人が付いてくれたが、
無論この聖地に於いてタレントである自分の存在は、
「おこがましい」し、慎重にジョークとしての言葉は選ぶ。

売り物の「無邪気な照英」も封印しつつも、
バラエティ対応もしながらの道行。
参道の樹齢数百年規模の神木に注目しながら。


神宮参拝後……。
本当に標なき旅に。

事前知識は一切無いまま、
住宅街の中で一画だけ古風な旅館。

聞いていくうちにわかるが、
ここは江戸時代には5大遊郭の一つ、
創業200年、木造6階『麻吉旅館』。

弥次喜多道中にも出てくる場所。
玄関には著名人のサインだらけだ。

女将さんから『麻吉旅館』の由緒ある伝統や由来を聞くうちに、
なんとも「惜しい」気持に。
この建物の外装、情感を残したまま、
より快適な、より集客出来る、
最新の宿泊施設にリフォームする方法は、
今ならいくらでもある。
むしろ『ビフォーアフター』に出て欲しいほど。
それほど魅力がある。


河崎地区へ移動。
ロケの締め収録。
ここでも「行き当たりバッタリ」のまま。

確かに意図してやっているが、
このアポ無しぶりはテレビとして凄いレベルだ。
なるほど。
通りで照英が放し飼いに見えるハズだし、
今回、俺も迷子の子犬のように不安気になっていた。
そこが面白い。


ロケ終了後、
伊勢うどん『ちとせ』へ。
伊勢うどんは、うどん好きの間でも賛否両論あるし、
店の当たり外れがあると聞いていたが……。

卵入り伊勢うとん。美味かった!
黒々としたスープを飲み干してしまった。
思わず持ち帰りのお土産も注文。


伊勢神宮からロケバス2時間、名古屋駅へ。

新幹線のぞみ移動。
車中、
『キラ☆キラ』ポッドキャスト聴きながらblog更新。
苦役列車で東京駅から迎えの車で帰宅。


《 東京都知事選。神奈川県の松沢知事が、出馬表明へ 》
《 「作家として書きたいものが…」石原氏4選不出馬へ? 》
《 民主 代表格を党員資格停止 15人は事実上「おとがめ無し」 》
《 東京スカイツリーが600m突破、自立式電波塔として世界一! 》
《 大学入試ネット投稿。警察は「IPアドレス」入手へ 》
《 氣志團の所属事務所が謝罪 ナチス風衣装の着用問題で 》



3月2日  水曜日

9時、起床。

TENGA』の
『FLIP LITE』 新製品4作が送られてくる
新型4種の大きさチャートもあり。
気持よさを100%引き出す専用ローション付きだ。
これは先方の仰る通りに、ご笑納するしかないかも。


昨日、お土産に持ち帰った伊勢うどんの『ちとせ』。
今日の昼ごはんに。
もちもちと白いんです。
でもとっても太いんです……
極太のアレを……思わずご笑納してしまった。


NHK『プロフェッショナル』石岡瑛子回を見たら、
どうしてもポール・シュレーダーの『MISHIMA』を見たくなった。
長く日本では上映出来なった作品だが、
丁寧に探せば今はDVDで見えるのだな。
Amazonで取り寄せた。


13時、京橋の『パラマウントベッド/スマートスリープ』取材。

ここで僕専用の介護用ベッドを購入して、3ヶ月が経過。
その使用感や、
ベッドや睡眠などにまつわる話。

取材の方、皆さんが僕のTwitterや本やblogを、
読んでくださっているので、
まるで良い夢を見ているような現場で饒舌に語る。


15時、歌舞伎町の花園神社横の吉本興業へ。
廃校をオフィスにリフォームした社屋。

銀河を覆う帝国軍のデススター内部に入ったのは
初めてだが、
建物は、修繕建築として実に興味深い。

千原ジュニアと対談。
『SPA!』のジュニアの連載、
「すなわち、便所は宇宙である」単行本用付録に収録される。

お互いの時間がないところで、ようやく実現だが……。
時間いっぱい、
一方的に僕ばかり話していて申し訳なかった。
基本的に本の内容を絶賛しているのだから
ジュニアは照れくさいに決まっている。
それに本の題名の別案を妄想をして、語っていたのだが、
既に最終進行で原題のままであり、
表紙も出来ていたので、これまた申し訳なかった。

対談後、トイレでツーショットの撮影。
ジュニア「はかせ、ラースフォン・トリアのあれ見たんすか?」
「あ、丁度今日これから見る。でも『悪魔は見た』は見た!」
「なんすか?それ?」
映画の内容を最短で内容を話すと
「見ますわ、それ!」と。
彼の場合、社交辞令でなく、
ホントに「見る」から凄い。

RT @djapon 今日「悪魔を見た」を観て来ましたが、
 チェ・ミンスクが三又さんに見える瞬間が何度かありました(笑)。
 三又さんがああいう役をやったらハマるかも。
 意外に役者としてのポテンシャル高そうだし。
 園監督がいずれ大抜擢したりして…。

 でしょ。三又又三にそっくりなの。

RT @HARDCC: 「悪魔を見た」今年一番の大傑作だった。こりゃあ凄い。
 しばらく余韻が残るなー

RT @Hidemasa_Ta ダメもとで。教えて!
 博士絶賛『悪魔を見た』今日の夜の回に間に合いそうなんですが、
 『チェイサー』がダメだった俺はやはり見送った方がよいのか?

 『悪魔を見た』は純粋に怪獣映画として見たらいい。
 筋も目茶苦茶だし、深さもない。ただ凄い。


悪魔を見た』は相当怖い。
しかしチェ・ミンシクを三又又三だと思えば大丈夫。
そういう見立てだけで恐怖から逃げられる。
ミンシク=桑田佳祐、Mummy-Dだと思い込むのも可能。
イ・ビョンホンは登場のたびに心で、
♪原田泰?造です! と心で奏でる。

RT @Gonzalez_Izk チェ・ミンシクのお友達役でキム兄も出ているので、
 とっつきやすいですよね。

 本人にしか見えず思わずワラライフ!


対談後、
飛び出しで、『原宿石川歯科医院』へ滑りこみ。
それから3時間、前歯3本のインプラント手術。
我ながら文字通り……
スケジュールの合間を縫っての縫合手術だ。


手術の間、片耳のイヤホンで
東京ポッド許可局』を聴いていたのだが、
「給湯室/チャンス大城の凄まじい話」に何度も吹出す。
まさに血塗れの口内手術の間に、何故に笑いだしているのか?

ジュニアとの対談でも、
三又又三話で芸人の生物多様性を感じていたのだが、
チャンス大城は、究極の芸人生態系で、
今まで、語れられることなく、
こぼれ落ちていた新種、珍種かもしれない。

RT @seuch3 チャンス大城はみんなに知られたくない名店のようなもの。
 この辺りの本人が【有名性】を望むのか望まないのか、
 芸人の難しいところですね。
 実際、忙しくなりたくない取材拒否の店とかあるからね。


帰途、早売りの『文春』、『新潮』の都知事選記事。
週刊文春は上杉隆の署名記事だが、
これは同じ素材でも断然の取材、
上杉隆が、分析力の違いを見せつけているなぁ。


帰宅後、
内覧用DVDで『アンチクライスト』視聴。



キツい。
『冷たい熱帯魚』『悪魔を見た』と続くR−18映画群の中でも、
最も入り口は狭いかも。
とくに喪の時間を描く、喪の映画だけに……。
しかし、その分、刺さる人には刺さる。

丁度インプラントの手術直後、
痛み止めを飲みながらだけに、この映画の痛みが刺さる。

シャルロット・ゲンズブール、
ウィレム・デフォーは、
よくぞ、この役を受けたものだ。
流石にボカシは入ったが、
本来のボカシなしなら、さらに衝撃を受けた。

@thetomoramone ボカシがあると何故ここまでキツい表現をするのか、
 わからなくなりますねぇ。

RT @manaview: 『アンチクライスト』『冷たい熱帯魚』は、
 共に監督が作ることで監督自身が救われたと言われてますね。
 園さんが日本の女優は脱がない、脱げないからダメだと言われていたのを
 シャルロットを観て感じました。


RT @hosshyan 今、樋口毅宏 著「民宿雪国」を読み終えてん。この小説は凄い!
 RT @takehirohiguchi え〜、ほっしゃん。って同い年だったんだ!

 何故か、『民宿雪国』の評判が芸人で拡大中。
 ちなみに芸人、意外な読者で言えば、
 スピードワゴンの小沢くんが3作品の中で、
 『日本のセックス』一番好きと楽屋で。


昨日の伊勢内宮前おかげ横丁や、
『ぷれサタ!』で取り上げた名古屋の大須商店街や、
九州新幹線開通のオール九州などのニュースなど、
実際見たり聞いたりしていると
故郷である倉敷の観光に想いを馳せるなぁ。


《 入試問題流出。投稿はドコモの同じ携帯電話を使用 》
《 NZ地震。安否不明日本人の家族が初めて被災現場に 》
《 専業主婦の年金救済。政府は新たな対応策を検討へ 》
《 岩手・一関学院。部員の集団暴行隠し、夏の甲子園出場 》

 

3月3日  木曜日

9時起床。

雛祭り。
雛人形を前に娘、体調不良でご機嫌斜めの様子。

俺も昨日の口内手術の痛みが消えないまま何度も目を覚ました。
結局前回2本、今回3本と2回に分けて手術したのは成功だったが……。
我ながら突貫工事すぎる。
明日はもうラジオで復帰だ。


映画『MISHIMA』DVDで視聴。初見。



1970年の三島事件を、
1985年にポール・シュレーダーが映画化。
日本では未公開のままだが、
こうして初めて見ることが出来た。

全て日本語。
当時、カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞を獲得し、
評価も高かったが……
今見ても充分戦慄。

1985年以来、海賊版やらビデオ版やら、
今までに何度も見ることが出来たはずだが、
何故か今日まで持ち越された。
この映画の美術を担当した、
石岡瑛子の仕事ぶりを伝えた、
NHK『プロフェッショナル』の回が、
結局、25年分のタメを作った轢鉄になった。


リビングで、カミさんに『MISHIMA』の感想を話していたら、
「最近ずっと子供の調子が順番で悪いのは、
 貴方がずっとドス黒い映画ばっかり見てるから、
 地下室から妖気が上がってきてるんじゃない?
 少しは脳天気な映画見たら?」
と窘められる。

RT @LazyLoverSAL: 昔、大学(東大)の講義で
 【家庭内が不仲な理由を述べよ】というテーマで色々な意見を出したとき、
 『家に霊がいるから』と述べた学生がいて、
 「斬新だ!ノーベル賞がとれるかもしれない発想だ!!」
 と、教授が大興奮していたのを思い出しました。
 奥さんもノーベル賞取れるかも!


RT @valuestar570 ビートたけし先生の弟子の事を褒めています。
 嬉しかったのでみんなに見てほしいです。 

 素晴らしいblogの文章。
 おそれおおいが、
 ビートたけしの弟子として生きる。
 それはカルヴァン(神以上の師)を持って生きるということなのだ。


昼食。
今日も『ちとせ』の伊勢うどんを。
初、伊勢うどんのスズキ秘書も、
これだけ真っ黒けのスープと極太麺に構えるが……。
「いやこれは美味いです!」と。
確かに初めてだと意表をつかれるのだ。

RT @emetto97 伊勢うどんにタマゴ入れるとまた美味しいんです。
 国立ファームの烏骨鶏の卵(黄身がデカイ)を入れました。
 美味!


今月27日に高田笑学校の本番。
毎回、漫才は本番スケジュールから逆算して、
産みの苦しみにのたうち回る。
今回も本番前が多忙のため、モロモロ前倒しで。
しかし、今日、筋が完全に「見えた!」
ホッとすると同時に客に「見てくれ!」気分に。
いつも自信が無いのに珍しい。


夕方、
子供のサッカー練習を見学に外出。
しかし冷え込む。
されどグランドは熱い。
歯がガタガタしインプラントの傷口が、
キリキリ痛み出すほど。
数ヶ月前は「集中していない!」とズケズケと口を出したが、
もう口出しはしない。
下手なりにもこんな寒い中を熱中しているのだから。


この日、以下のツィートから
結婚式の父と娘の話
かつてないRTの嵐に。

RT @ebisu5saro: 号泣。
 RT @asokotalo号泣させられる!

1000%涙腺決壊。
通勤時だったので日本中から苦情が殺到した
「電車の中で号泣して困る」と。

決壊の二次災害報告が相次ぎ、
一時リビングに非難したら丁度、
妻が携帯で読んでいて号泣中、
その姿にまた涙腺決壊し、
突然親が二人泣き出す様子に娘が
「どうしたのぉ?なにがあったのぉ?」と。

深イイ話が好きなのではない。
今でこそ僕は徳光さんを超える高速の泣き上戸だが、
16歳から23歳位まで一滴の涙を流さなかった。
むしろその種の感情を嘲笑し
「世の中は明日無くなれ!」と思っていた。
だから少し長く生きていると「そうでもない」話を語りたくなる。

RT @doctorcoochan 娘がいる自分も感動しました。
 「キッドのもと」日本から来た友人に持ってきてもらい、
 やっと読むことができました。
 この本も、いろんな愛にあふれていて、感動しました。
 おそらく、一番遠い場所で読まれた「キッドのもと」かと。感謝です。

 感謝!プロフィールを覗いてアフリカに想いを馳せました。
 月並みで恐縮ですが……お仕事頑張ってください。


夕方、
『自由報道協会』の小沢記者会見、ニコ動で見たが、
ニュースで見ても事情の知らない人には何がどう違うのかわからない。
一問一答のため時間そのものも短すぎて伝わりにくいなぁ。

RT @matusimamidori: 小沢一郎さんの会見、
 自由報道協会だったか主催といつも報道されているし、
 バックの壁にもその文字が映っているけれど、
 NHKその他テレビ、新聞とも、どういう協会なのか、
 従来の記者クラブでの会見とどう違うのか説明しないと、
 一般の視聴者、読者にはわからない。


以下、メモ。

RT @hiroyugo: いい本に出会えた。
 @s_hakase が絶賛していた服部文祥。
 彼の「百年前の山を旅する」。頭で考えた文章じゃなく、
 身体から出た文章だ。
 明日にでも山に行きたくなる。山登りの「Born to Run」だ。

RT @ezaki_movie2004: 3/27日NHKハイビジョンの「BornToRun」の
 タラウマラ(ララムリ)族のドキュメンタリーに続き、
 4/9土22:00〜23:30、NHK BSプレミアム
 「世界一過酷なレース 密着!アタカマ砂漠マラソン


現在公開中の
GONZO ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて
DVDで再見。



日本で無名なのは当然、僕だって初見後いろいろと再入門した。
しかし約束する!これから自己実現し表現しようとする若者へ!
この映画は最!高!だよ!
この影を慕い響きが離れないから。

RT @tohtas GONZO、本日先ほど観てきました!最高でした!
 が観客が自分入れて8人しかいませんでした汗

 GONZOの邦題ではわからないのだと……。
 「ジョニー・デップが最も愛したロックスター」に。
 これほど「最!!高!!」と思わされるのは、
 ラストシーンにもあるのだなぁ。
 死に様、散り際、カタルシス、全てが爆発する!!

RT @ag_tora GONZO昨日観てきました。
 水曜の初回のせいか観客4人でしたが、とても面白かったです。
 博士の誘いツイートがなければ観てなかったので感謝です。

 そのレベルの動員の作品ではないと力説したい!
 この映画、若い日に見たら人生変わるよ!と煽っておく!

ハンター・S・トンプソンが同時代に
日本のマスコミで生きていたら……
若い漢は憧れ、年寄りは出る杭を打とうとする。
しかし女は皆、抱かれたいと思うはず。


RT @tw_news_jp: チャーリー・シーン、ツイッター開始
 24時間でフォロワーが100万人
 明日の町山智浩コーナーがチャーリー・シーンの話題。


Twitterの神足裕司さん本物っぽい。
 本物だったら迂闊なツィートに注目。(@kohtari)


RT @takehirohiguchi 『小林麻耶の本に会いたい』タモリさんに、
 直接発言の有無を確認することができるのは博士だけ!
 「さらば雑司ヶ谷」を書き終えたのは2008年12月15日会社を辞めた日。
 そのときはまさかこんな日が来るなんて

 僕が編集者なら、
 販促のため、樋口さんとタモリさんの対談を反則でも企画する。

RT @kankanp: イノッチと雑談。
 二人して樋口毅宏にハマったと語り合う。
 博士@s_hakase のおかげです。
 これからずーっと追いかける宣言をお互いに…。
 麒麟川島さん@akira5423 も絶賛。


深夜、『雑司ヶ谷R.I.P.』を20頁読み断念!
やばい!
面白すぎる予感満載。

これは日常を離れ小説世界への没頭への招待状。
これなら中途半端は嫌だ。
再び『さらば雑司が谷』から読み直すことにする。
しかし、しばらくまとまった時間がない。





《 入試問題のネット投稿。関与疑われる予備校生を聴取 》
《 NZ地震。災害対策本部が救助活動を終了 》
《 自殺者、13年連続3万人超え。20代の「就職苦」が増加 》
《 リビア政府軍と反政府勢力の攻防続く。死者6000人に 》
《 海老蔵さん暴行の伊藤リオン被告。「やりすぎた」と謝罪 》
《 初代機より薄く軽量でカメラ付き!iPad2発売へ 》




3月4日  金曜日

9時起床。

殿の『時効』の文庫版の解説を太田光が書いていて、
それがイイ!――という話をジュニアから聞いたので取り寄せた。
なるほど。実にイイ解説だった。


Twitterの一つの話題の時効は、
8時間が限界だと思っていた(だから炎上しないのだが)が、
昨晩RTした「父と娘の結婚式」の話は、一晩中波紋が続き、
もう12時間以上RTが続いている。極めて珍しいケース。

僕は自他共に認める、
涙腺決壊症候群「ウル」(byマキタスポーツ)だが、
スズキ秘書は泣いているところを見たことがない。
そのスズキ秘書が昨晩からRT続く
「結婚式の話」に「あれは泣きそう……」と。

しかし絵本『おこだでませんように』には
「あれは僕ですら大泣きです」と。
確かに、あの絵本は最強の催涙弾だ。


12時半、TBSラジオ入り。

13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

オープニング:
3年連続3万人ごえの自殺問題に小島慶子の言及。
これをワンテーマにDigっても良いほどに真剣。

募集テーマ:「社長キャラクター図鑑」
これは思っていた以上に多彩だったなぁ。

ペラペラ:
宮路社長と坂本一世のあしたのジョー。

町山智浩さんの映画コラム:
チャーリー・シーン話は文句なく保存版!

『コラムの花道』の頃から町山さんのポッドキャストは
保存版で集めているわけだが、
今日のキラ☆キラでのチャーリー・シーン話
歴代ベスト爆笑もの!聴いてみ。

RT @manhemo:ペラペラ聞きましたが、
 最後の宮路社長の一言は、宮路社長そのものが凝縮されたような、
 本当に素晴らしい、なんともうらやましいくらいの豪快な勘違いでしたね。


終了後、事務所へ移動。
『キラ☆キラ』単行本企画。
曜日ごとの聴き所解説。
例によってノープランで話し込むが
段々と深く細くマニアックに
補足的になっていく。


終了後、事務所、階を移動して、
『ロッテ』ガムの広告取材。

スペースは小さいのだが、
昔から見ている長寿企画に呼ばれて光栄。
聞かれるままに噛んで含めるようなガム話。
御土産にロッテのお菓子製品詰め合わせを頂く。
うわ〜い!明日、娘に持ち帰るのが楽しみ。


終了後、東京駅へ移動。
独り名古屋前乗りへ。

駅で『夕刊フジ』、『日刊ゲンダイ』、『東スポ』と
珍しく崎陽軒の焼売弁当を買ったのだが、
財布のお札が空っぽ。
硬貨を集めてなんとか足りた。
この後、どうしよう……。


現金がないまま名古屋到着。
新しい携帯にEdyが入っていた。
コンビニでドキドキしながら初使用。
なんとかお咎めなく通してもらった。
まるでカンニング学生気分だ。


Twitterで拾った情報。

僕の仕事仲間(だった)裏方の人、相沢くん(@aizawaaa)が
漫画の原作を書いて賞に応募。
落選したとこのことだが……そのプロットが驚くほど面白かった。
身贔屓ではなく水準をかなりオーバーしてる(と思える)
むしろ何故?と思うくらい商品化出来るものだった。
いや作品化出来るものだった。

RT @shindame: 素晴らしすぎです!
 「みっつ数えろ」第一話ほか - 恋愛

RT 女子高生がプロレス部を設立しようとするんだけど危険すぎるから、
 試合の結末が予め決まった演劇部としてプロレスやるっていうお話。
 @u5u 何、その涎が出そうな話!
 RT @aizawaaa: 取り敢えず上げてみたので、超時間あるときとかにどうぞ


ホテルで独り大浴場&サウナ。
KOKOU気分のサウナ貸切だったが、
その分、出入りがなく温度106度もあった。
自然発火するかと思った。

水風呂16度と交互に。
『みんなの家庭の医学』でお薦めできないと言われたが……気持ちイイ!


《 外国人から違法献金 前原外相進退論に発展も 》
《 石原知事 入試ネット流出「学校の方がバカ」 》
《 20歳大学生 3歳女児殺害し川に遺棄 》
《 南野陽子、結婚会見。「私はスケ“バン婚”です!」 》

 


3月5日  土曜日

5時半、ホテル起床。

アンタ山崎くんが隣の楽屋で延々と、
沖縄舞踊を踊る夢が煩くて目が覚めた。

6時になるのを待ってホテルのサウナへ。
独りで朝風呂。
貸切の贅沢&KOKOU。


朝一サウナは90度。
昨晩の灼熱地獄に比べればやさしいもの。
15分耐えて昨晩のトリスを抜き、
サウナ後干物になった体に冷えたアセロラドリンクを3杯ぶちこむ。
焼き立てポン・デ・ケージョと熱々のミネストローネ、
食後にブレンドコーヒー。
名古屋ビジネスホテルのKOKOU!


朝、石原知事のカンニング容認発言聴きながら、
【妄想知事発言】を頭の中に。

「カンニングなんてものは国家間の諜報活動じゃあ当たり前なんだよ。
 やるかやられるか化かし合いですよ。
 その点、日本は遅れてんだよ。
 京大や東大でカンニング攻撃みたいなのを
 もっと何発もやられたら日本人も目が覚めますよ!」

「情報なんていうのは常にトレースすると証拠が残るものでね。
 常在戦場なんて言うけどね、
 私なんて何時も諜報活動には怠りないから
 目の瞳孔の開閉と体内に埋め込んだ
 隠しカメラのシャッターを連動しているんだよ。パチパチパチ」

 〜完全に俺の妄想〜


町山智浩さんの名言ボットより

RT @TomoMachi_bot: 「でも、やるんだよ」は、
 自己肯定でも思考放棄でもありません。
 自分の限界を知った後でしかたなく決める覚悟です。
 「君には無限の可能性がある」
 「人はやりたいことをやる自由がある」とされる社会では、
 良くないこととされがちな覚悟ですが。


9時55分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。
MC:小田島卓生アナ。
メインコメンテーター:水道橋博士。
ゲスト、田延彦、辺見えみり、いとうあさこ。


特集:「早春の島」
いとうあさこの日間賀島巡り&篠島密着。
東海圏以外の人はこの2島全く知らないのでは?

名古屋から1時間の絶景アイランド風景。
グッさんやタモリさんも訪れるほどとは。
いとうあさこが逃亡を続ける福田和子の役の藤山直美に見えた。

RT @asako1970 あんなに穏やかな笑顔を見せたじゃないですか
 いやイトウさんの場合、常に多幸感がありすぎなので
 『冷たい熱帯魚』効果じゃないですか。あ、それとも俺か。


『旅人照英』が訪れた名古屋鉄道 左京山駅、
風習紹介。
猩猩のお面で子供を追いかけまわす。
絵が抜群にオモロ怖すぎる。
M・ナイト・シャマランの『ヴィレッジ』を思い出す。

『ぷれサタ』本番前、合間、合間に、
『冷たい熱帯魚』、『悪魔を見た』、『アンチ・クライスト』の話。
辺見えみりちゃんとシャルロット・ゲンズブールの役柄について。
女優さんが見たら誰でも戦慄するはず。
この役が出来るか?と。

RT @emirihenmi あの話で見たくなりました。怖いけど
 いや相当ショッキングですよ。


『ぷれサタ』本番前後で
冷たい熱帯魚』を見たばかりのいとうあさこと、
デンデン話をしすぎで……
合間のCMでチラリと熱帯魚が出てきただけで、
デンデンの話や某番組地方ロケで、
犬の鳴き声の怖さの話をしてしまう。


生放送終了後、東京戻り。

のぞみ車中、
千原ジュニア単行本『すなわち便所は宇宙である』対談原稿直し。
この原稿を朝貰って昼締切りの綱渡り。


東京駅から『渋谷シアターN』へ。
別楽屋で追い込み。
石丸元章さんと室矢憲治さんのUstream中継も見ておく。


16時、
映画『GONZO-ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて』
上映後のトークショー
「水道橋博士&上杉隆の現代のタブーに挑む60分 徹底討論」開催。

本番5分前、上杉さんが控え室に。
打ち合わせなく行き当たりばったりに……。
満席のお客さんの前で、
Ustream中継を外したので僕もリミッターを外して密室トーク。

上杉さんの手には、
トンプソン著、石丸元章訳の最新刊『ヘルズエンジェルズ』が。
俺はトップ『スピード』で石丸元章話。

「日本のハンター・トンプソンは石丸元章である――」
という見立てについて、しばし説明。
そこには読者を恍惚とさせる文体もあるし、
僕の思い入れもある。

上杉隆がGONZOではなく、
『ニューヨークタイムス』のD・ハルバースタムの系譜であることも
二人で検証。

僕が上杉隆を応援する理由(竹中労の存在がルーツ)も、
そして緊張関係も、それがもたらすリスクも説明するが、
一時間では足らない。

過激な内容だったので、
テレビやラジオでは話さない話題なので、
客席は喜んでくれただろう。


開演時間ギリギリに入り、終了後、飛び出し移動する、
相変わらずの「ウレスギ」さんこと上杉さん。
次は何処の取材取材へ?と思ったら
「東京ドームでイーグルスです」と(笑)
そういうとこキュートだ。


GONZOのトークイベント。
対談で映画の内容にも触れたが言い忘れたことがあった。
今、公開中の『GONZO』は、
映画的興奮という意味でも……最!!!!高!!!!なのだ。
これは約束する!

『GONZO』はコピーを
「ジョニー・デップ最新作!」
『ジョニー・デップが最も愛した男』
『「ツーリスト」じゃなくて「ジャーナリスト」!』
と変えるべき。


『GONZO』の対談前、スタッフに、
相沢くんのマンガ原作の話、プロットを語っていると、
聞いていたアミューズソフトの担当者
「じゃあ、それは是非映画化させてください!」と。


RT @kinejun_books: 「GONZO」上杉隆×水道橋博士のトークショーに
 行ってきました。ゆえに「アクチュール」編集部ブログ更新。(川)

RT @cinematoday [映画]水道橋博士&上杉隆、タブーに切り込む!
 「記者クラブは巨大な洗脳的な役割」

RT @kaiku_hokki 『GONZO』トークショーお疲れ様でした!
 アメリカジャーナリズムもフォローしている博士の守備範囲の広さに
 感銘しました!

 決して詳しいわけではないけど、
 ニュージャーナリズムの変遷。
 こういう話は初めて人前で語っているかも。


イベント終了後、
小西さんと延々と積もる話もあるのだが……
今日は絶対間に合うと確信を持って一直線帰宅。


19時、帰宅。
子供たちと2日ぶり。
しかも俺は『ロッテ』の詰め合わせを御土産に持っている。
「パパだぁ!」
「わ〜〜い!」
と抱きつかれ左門豊作状態、って例えがわかんねぇよ!


我が家にも
ハンター・S・トンプソン著、石丸元章訳の最新刊
『ヘルズエンジェルズ』(リトルモア)が到着。

とにかく写真の疾走感、装丁、本の束の厚さ圧巻。
まるで地獄から、そして過去から高速で届けられたよう。


僕は事務所に所属しているので、
おのずと「縛り」がある。
しかし対談相手がフリーで過激な人の場合、
「縛り」を振り切ろうとしてしまう。

今日も上杉隆との対談をUstream中継しなくて、
結果的には良かったのだけど…
来週は某雑誌で吉田豪と、
百瀬博教さんについての対談もあるのだ。
今から自分が怖い。

2008年に、百瀬博教さんが急死され、
巨大な喪失感から心を閉ざしていた百瀬研究を再開。

2004年3月6日、
青山スパイラルホールでの対談をDVDで再生。

『本業』に掲載した、
百瀬博教『PRIDEの怪人』文庫版の解説文を読み返す。



今度始める文藝春秋の電子書籍には、
この『本業』からバラして、章を入れていっても良いのでは……と。
それほど、僕にとっては渾身の一文。
そしてこの文章を読んだ石原慎太郎から夜中に電話がかかってきた……。

これから水曜日までに、
膨大な資料を読むことに。

娘と一緒に、久々にお風呂。
「パパぁ。もうゲンキよぉ!
 わたしのオシャベリがなつかしぃでしょう!」
この5日間グッタリしていて、
とうとう末っ子と同じ体重にまで衰弱していた。
ただただ心配だった。
それだけに復活してくれて嬉しい。


22時から『タマフル』生放送、聴く。
ザ・シネマハスラーで取り上げたのは『ヒア アフター』
いきなりメール紹介から興味深い。

ヒア アフター』は、この腑に落ちない感じ。
イーストウッド監督の、このところの場外ホームランに慣れているので、
このモヤモヤに、やや戸惑った。

『ヒアアフター』俺の感想。【※ネタばれ有り】

僕はあの双子の兄弟の、
もう一人も主人公二人を結びつけた役割を終えた後、
不慮の事故で亡くなるストーリー(それをデーモンは見えている)
そして、その結果、二人が結ばれるエンディングを予測していた。


早売りの『週刊ポスト』入手。
『あんぽん 〜孫正義伝』を読む。
ソフトバンクに引き抜かれた、
元社長の話だが佐野眞一の筆が容赦なく、
これを読む取材を受けた
老夫妻の姿に思いを馳せて哀愁。



《 E5系「はやぶさ」デビュー!新青森―東京3時間10分で 》
《 インド スラム街で大規模火災 「…ミリオネア」子役も被害か 》
《 「コンバンハ」イーグルス 7年ぶり来日公演 》

ただいま発売中!増刷 第4版決定!

浅草キッドの新刊本「キッドのもと」

★少年時代、師匠・ビートたけしとの出会い、浅草フランス座での芸人修業、漫才、家族……漫才師・浅草キッドによる、コンビ結成23年目のセルフ・ルポルタージュ、ついに刊行!
★『お笑い男の星座』で「エンターテインメント・ノンフィクショ ン」の金字塔を打ち立てた浅草キッドが贈る、約7年ぶりの共著にして初めて自伝的エッセイ集!
★帯文:いとうせいこう

★出版社:学研パブリッシング
★価格:1,470円(本体1,400円)
★「キッドのもと」をAmazonで注文する


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る