5月16日  月曜日

7時起床。

今日は、NHK教育『知っトク地図帳』で地方ロケへ。
帰京後『やりすぎコージー』都市伝説、
そして『第二アサ(秘)ジャーナル』の前乗りが出来るか?
忙しいぞ。気合いだ。


9時、気がつけば、埼玉へ。

知っトク地図帳』テーマは鉄道の地図。
線路は続くよどこまでも〜
と同じく10分番組なのにロケはどこまでも続くのであった。

ロケ終了。
Dと意見交換あり。

『熊たまや』でぶっかけうどんを食す。
マイ七味作りとかたまご入れ放題とか面白い。


終了後、移動。


16時、一旦、帰宅。


19時、天王洲スタジオ入り。
楽屋で、一本目の『やりすぎコージー』収録を見ているが、
エスパーdaigoが凄いわ。

やりすぎ都市伝説』SP収録。

MC:今田耕司、東野幸治、千原ジュニア、
千原せいじ、野性爆弾、大橋未歩アナ。

都市伝説テラー:
アンジャッシュ渡部、アンタッチャブル柴田、
オリエンタルラジオ中田、小藪千豊、
コラアゲンはいごうまん、KICK☆、関暁夫、
東貴博、レイザーラモンRG、井上公造、水道橋博士。

ゲスト:中山秀征、ROLLY、勝俣州和、
藤本美貴、小森純、西島隆弘、ローラ。


俺は「不食」の話を都市伝説からオチ話に変えて語る。

久々のアンタチャブル柴田くんと久々に握手。
コラアゲンはいごうまんが今回も本塁打を放つ。
ガンビーノ小林も上出来だったとのこと。
俺、推薦枠の2人が仕事を果たして嬉しい。

ゲスト席には、
中山秀征、勝俣州和の雑談名手二人。
鉄壁トークのやりすぎレギュラー陣にも食い込むことが出来るのだな。

都市伝説でオリラジの中田くんがタモリの法則を語るが凄く面白い。
僕もタモリ伝説を収集しているが、
以外にも語られていないタモリ伝説。
このジャンル集めても面白いはず。

@picolkun お疲れ様です。タモリ伝説は面白いよね。
 故・平岡正明や松岡正剛、いとうせいこうさんとの話も面白いよ。
 あと家系図の話などキリがないほど興味深い話がある。


収録終了後、コラアゲンと楽屋話中に、
『AAA』の西島くんが挨拶に。
CDの新譜を頂く。

コラアゲンに、
「こういうCD、今までなら聴かないでしょ?
 でも DVDで『愛のむきだし』を借りて見たら、
 絶対、彼がいかに素晴らしいかわかるよ」とアドバイス。

収録時間が押して、
明日のロケに向けての名古屋前乗りは断念。


明日は4時半起きでロケへ。
若くないからバテるだろう。
その合間に『たかじんNOマネー』の、
ハードなアンケートもこなさなければ。
でもやるんだよ!


《 震災で校舎使用不能な小中高校。東北3県で169校に 》
《 福島地検で震災後に容疑者釈放。検事正を事実上更迭 》
《 性的暴行容疑で逮捕のIMF専務理事。無罪主張へ 》
《 沢尻エリカ“Xデー”の離婚なし 本人は帰国予定日白紙 》
《 北京五輪・男子マラソンでケニア初の金、ワンジルさん“不倫”転落死 》
《 児玉清さん死去 末期状態だったがん 最期は45年連れ添った妻にみとられ 》



5月17日  火曜日

4時半、起床。

朦朧としたまま、
6時発の新幹線で名古屋へ。
ホテルで着替えとメーク。


TBS『別冊アサ秘ジャーナル』ロケ。

ホテルから犬山の『お菓子の城』へ。
「たまごぼーろ」の竹田会長の建築。
子供たちと来たら大喜びだろう。
シュガーアートの世界の建築が見事。
全て砂糖の楼閣だ。




犬山城を望む木曽川の橋の絶景でOP、
『ひつまぶし備長』で食事。


竹田製菓』本社、
竹田会長と『純金歴史人物館』を案内して頂く。

日本一の投資家であり、
自分の同じ2月4日生まれの子供に、
純金メダルを贈る運動の主でもある。





刃物の町、関市へ移動。

フェザー社の『フェザーミュージアム』へ。



髭、カミソリの観点から歴史を遡ると実に興味深い。
歴史上の人物がもし髭が無かったらという想像図が面白い。








関市、『世界のナイフの資料館』へ。
瀬戸社長の世界的コレクションを見学。
先端恐怖症には戦慄の博物館。
367徳ナイフなどもはや意味不明。
刃付けの様子も。
シートベルトカッターなど最新ナイフも興味深い。




岐阜へ移動。

名和昆虫博物館』へ。



大正8年の設立。現在の館長で5代目。
由緒ある私設博物館。
館長、怒涛の喋くり解説。







児玉清さん
の訃報、知る。
少なからず動揺。
たった一度の邂逅であったのに……。

児玉清さんとは、昨年末、
バラエティ番組でたった一度の共演だったが、
ここ数年のテレビで最も印象的で痺れるような事件が起きた。

そして、その後、児玉さんからお手紙も頂いた。
あの日の収録は忘れられない。


昨年の龍馬伝。
息子と毎週見ていた、最も印象的なシーン。

病床の龍馬父(児玉清)
「龍馬は年を老いて出来た子供です。
 生まれた時から覚悟しとった。長い付き合いはできんと……」
その瞬間一緒に見ていた6歳の息子が、
「パパ、おねがいだからボクが7サイになるまでいきててね」
と言われ涙した……。
そして今、児玉さんとも長い付き合いがしたかった。涙。

RT @hirotsugukun: 自らの命が尽きようとする前に、
 海辺で息子の龍馬が家族を黒船に乗せて世界中を旅したいと語る姿を、
 涙を流しながら万感の思いで見つめる。
 「龍馬伝」第7話の終盤における演技は、
 児玉清さんの役者人生における集大成だったのかもれないであります。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

RT @roug02: 児玉清「負けるのは美しく」。
 半分は映画俳優時代のエピソードだが、
 最終章は娘の死についてつづられたもので、痛切極まりない。
 36歳の若さで、やはり胃癌で亡くなっている。
 再発後に病院がしでかした
 「あとにもさきにも、まったく信じられない事件」は、
 児玉の推測混じりではあるが、本当にひどい。


名古屋発、
こだま(きよし)を偲びつつののぞみ車中、
河村たかし著『名古屋発どえりゃあ革命!』読みつつ
『たかじんNOマネー』のアンケート作りの帰京。

スズキ秘書迎え車中も、
別アンケートどぇりゃあ書くしかない。


昨日の『キラ☆キラ』で
立教新座中学・高等学校校長の渡辺憲司先生がゲストに
先生の「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」
と題したメッセージは、
ネットで話題になり僕のペラペラでも紹介した。

RT @baoh:立教新座の校長先生のメッセージは、
 新潮社から本としてまとまってますね。 l


『BREAK MAX』吉田豪の連載、
対談相手が轟二郎という具合加減に思わず読み込む。


24時半、帰宅。

児玉清さん。
昨年12月18日に収録した『グッとギフト』の
たった一度の出会いそのものが別れだった。


RT @kimikazu5uetake: 児玉清さんから聞いたのだが、
 毎回、アタック25の収録時、
 児玉さんはスタッフを全員、スタジオのお客様に紹介した。
 「そんなこと普通しませんよ」
 「え、だってご紹介しないとおかしいでしょ」
 ちょっと感動した。画面と同じ方というよりそれ以上の方だった
 児玉清さんが僕に熱く薦めてくれた作家は
 シュテファン・ツヴァイク。
 「おもしろいですか」「おもしろい!!!」

RT @harusendagi40 あの時の博士の強い眼差しを思い出し。
 児玉さんもきっと感じ入るものがあり手紙を…

 あの番組、そして、お手紙、僕の宝物だ!


どう考えても今は寝るべきなのだが、
ニコニコ動画、
田原総一朗 談論爆発!
#01ゲスト:石原慎太郎 東京都知事
最後まで見てしまった。


眠れない。
一度お会いしただけのはずの児玉清さんが懐かしく、
忍びがたく、俺を深酒に誘う。


《 震災避難所。体調崩し救急搬送された人は2800人 》
《 政府も「工程表」を午後発表。避難住民への対応など 》
《 普天間問題。米前大統領補佐官「嘉手納統合検討を」 》
《 橋下知事 君が代起立しない教員免職の条例案検討 》
《 プロ野球・交流戦開幕!楽天は本拠地で巨人に逆転負け 》

 




5月18日  水曜日

9時起床。

映画『ワイルドバンチ』DVD再見。
30年ぶりくらいなのだが、
改めて映画史に残る男汁映画だ。
そして、何故かペキンパーにダンカンさんを想う。

特典映像1
「ハリウッドを裏切った男サムペキンパーとハリウッドと西部」も。

特典映像2
『ワイルドバンチ・アルバム・イン・モンタージュ』
1995年夏にワーナー・ブラザースの倉庫で発見された
16ミリ・72分の記録映像を名編集マン、ポール・シードアが
監督・脚本・編集を手掛けて
34分に再構成新たに甦らせたメーキング作品。
超絶品だった……。

サム・ペキンパーの声をエド・ハリスが吹き替えたほか
一部出演者・スタッフ本人をまじえて声を再録、
当時の撮影状況がリアルに再現される。
97年度アカデミー短編ドキュメンタリー賞ノミネート。
さもありなん。

『ワイルドバンチ・アルバム・イン・モンタージュ』は
リバイバルの時、併映されたようだが
(それほど風格があります)今はDVDの特典映像で見られる。


田原総一朗作品『ドキュメンタリー青春』の発掘続く。 
『学生右翼 11・12私は羽田にいた(1967年)』
『ドキツク生きよう宣言?もう一人の永山則夫(三上寛)』視聴。


16時、テレビマンユニオン入り。

洋画☆シネフィル・イマジカ
浅草映画研究会』収録。
中条省平先生、ご一緒。

2年半続いたが、ついに最終回。
毎回、打ち合わせから楽しかった。

課題作:サムペキンパー監督『ワイルドバンチ』。

中条省平先生と男3人だけでやってきた番組の、
最終回に相応しい作品に。
ペキンパー曰く「映画の終わりは一つの人生の終わりだ」
そして終わりから始まるのだ。


赤江くん(玉袋)の童貞小説
『新宿スペースインベーダー 〜昭和少年凸凹伝〜』の刷り上がりを頂く。



よくぞここまでと思う。
僕からするとこの本の「物語」を
本人の語りを聞いてから25年の月日が経っている。
構想25年!
ついに小説になったのだ。


ポッドキャストで大根さんの『Dig』聴きながら帰宅。


この1週間、多忙すぎてロクに子供と話もしていない。
それがいいのか、そういうものなのか実のところわからない。
皆で一緒に風呂。


今日、千田さんからも薦められ、
今後も何度も再放送予定のある、
NHKのETV特集
「ネットワークでつくる放射能汚染地図 
 〜福島原発事故から2か月〜」視聴。

RT @kureichi: ETV特集「ネットワークで作る放射能汚染地図 」
 の再放送を前に、私なりの見方を書いておきました。
 メルマガからの転載ですが。
 「放射能を見せる


《 爆発以来初。福島原発2号機原子炉建屋に作業員入り 》
《 東電また隠ぺい…2号機ベント2度失敗していた 》
《 東京、茨城、福島で母乳から放射性物質を検出 》
《 岡本太郎さん壁画に原発の絵 掲示したのは若手美術家集団Chim←Pom 》
《 「飲めば背が伸びる」サプリメント無許可販売の男逮捕へ 》
《 みずほ銀行 コーポ銀と合併へ システム障害で組織再編 頭取は引責辞任 》




5月19日  木曜日

9時起床。
コーヒー。

土曜日の『たかじんNOマネー』収録の一本目のゲストが
勝谷誠彦、宮崎哲弥コンビに変更に。
アンケート書き。
いつも硬派の異色のゲストなのだが
今回も個人的によく知っている人なので加減がわからない。


週刊文春の『家の履歴書』の高田延彦。
父子家庭の暮らしでプロレスラーになる前に親爺と
「知多半島」を二人旅するくだりにグッとくる。
いつも『ぷれサタ』で旅のくだりをきっと郷愁で見つめていただろう。

RT @Kawade_bungei: 本日5月19日は、
 ルポライター・竹中労の命日です。没後20年。
 「人は無力だから群れるのではなく、群れるから無力なのだ」
 ……言論の自由を希求した竹中労に、
 今この隠蔽がもたらす混乱の世はどううつるのでしょう。
 現在、没後20年にあわせ、7月発売予定で、特集ムックを進行中です!

RT @MoritaKazuyoshi:
 「ぼくはね、根本は人見知りなんですよ・・・
  意外と人見知り。毎日苦しいんだよ・・・」


13時半、東京タワースタジオ入り。

メ〜テレ 『CONTACT CAFE C』収録。
MEGUMI、一緒。

一本目ゲスト:柿沢安耶さん(野菜スィーツパティシエ)。

野菜スイーツ・パティシエ柿沢安耶さん
ご本人の肌つやが瑞々しいので説得力抜群だ。
地方の野菜を使った「御土産」プロジェクト素晴らしい。
野菜寿司も食べてみたい。
我が家の青汁ジャンケンの話も。


二本目ゲスト:西川貴教さん
初対面。TMR、40周年。
なんと40歳!!
ルックス変わらずずっとポップスターであり続けているところが凄い。
西川さん出身の滋賀 vs MEGUMI&僕の岡山対決。


収録後、東京タワーから、
『キラ☆キラ』のポッドキャスト聴きながら歩いて帰宅。
途中、何度か声かけられる。


帰宅後、三又又三から電話。

「スイマセン。明日、番組に出るんですけど、
 突然、不安になってきたので、
 最低限、僕が面白いかどうかだけ意見をおきかせください」と。
その電話が面白いよ。


《 福島第一原発。3号機の原子炉建屋にも作業員入る 》
《 震災で景気はマイナス成長。GDPが年率3.7%減少 》
《 原発30キロ圏内で避難宅狙い…窃盗兄弟再逮捕 》
《 枝野長官。西岡参院議長の「総理退陣要求」を拒否 》
《 「普天間の2014年移設は断念」北沢大臣が意向示す 》
《 10年後の8月…「ZONE」1カ月限定で再結成 》

 


5月20日  金曜日

玄関の賑わいで7時起床。

娘、動物園に遠足へ。
僕も2泊の出張。玄関で見送る。
「気をつけてねえ」
「パパあ。どうせかえってくるんだから、
 そんなにあまえたこえで、しんぱいしないでぇ!もう!」と。
ツンデレかまされる。


午前中、田原総一朗発掘ドキュメンタリー
『直撃 小田実』を視聴。
ワンショットで喋り続けるだけの内容。


12時半、TBSラジオ入り。

13時、『小島慶子キラ☆キラ』生放送。

募集テーマは「久しぶり物語」

僕のペラペラは「久しぶりのアレ」について。
みうらじゅんさんに学ぶ、
セックスレスについて語りました。


町山智浩さんの映画コラム:コラコラは、
映画『ブライズメイズ』を紹介。


キラ☆キラで『北野ファン倶楽部』
俺の、かつてのアイドル時代の映像。
「パン・ツー・履き・隊」の映像の話があったが、
ホント僕のお葬式の時には流してもらいたい。
あれくらいの「みっともない」が、
自分の一生と仕事を現すに丁度いいと思う。


キラ☆キラ本番前の雑談。
人は複雑で性格は多岐に渡り人生は迷路だ。
それ故に自我以外の他人をも興味深いわけだが……
数年ぶりに「理解不能」な鳥肌が立つような話を聞いた。


生放送終了後、
TBS喫茶へ移動。

『ダウンタウンDX』打ち合わせ。
スタッフ、いつも僕のblogもチェックしてくれているので、
話がすぐに通じる。
ニコニコおだやか。


終了後、移動。

東京駅、大丸地下でサラダだけをたっぷりと。
確実に昨日のベジタブル柿沢さんの影響。
名古屋へ。


ウッディ・アレンbotにはまっている。

RT @woodyallen_bot:
 僕は、三年に一度、
 赤じゅうたんの特別なイベントに自分の作品を出すよりも、
 年がら年中仕事をしている道を選んだ肉体労働の映画製作者なんだよ。
 僕はシニカルではないし、芸術家からもほど遠い。
 僕は幸運な労働者に過ぎないよ。

RT @woodyallen_bot:
 僕にはダスティン・ホフマンや
 デ・ニーロのようなことはできない。
 彼らのような才能はないんだ。
 僕が演じるのはニューヨークに住んでいる男とか、
 ニューヨークに住んでいるように見える男であって、
 警察署長には見えない男だ。
 ある種の人物には見えるけれど、その範囲は限られている。

RT @woodyallen_bot:
 アメリカの映画史というのは神話の世界みたいなもので、
 ヨーロッパでは多くの映画が、大人同士が対峙する、
 つまり普通の男を必要とするリアルな物語なんだ。
 アメリカの俳優は魅力がありすぎるし、
 整いすぎているし、カリスマ的すぎるんだよ。

RT @woodyallen_bot:
 たぶん、僕は社交が苦手だから未成熟に見えるんじゃないかな。
 いろんなものに恐怖や強い不安を感じているからね。
 夕食、パーティ、人に会うこと、旅行、それからシャワーもね。
 常に生活の細々とした部分に苦労しているんだ。

RT @woodyallen_bot:
 人生や自然、苦悩、人間、愛についての直感的な感性を持ちながら、
 それらを表現できないというのは
 ーつまり絵を描いたり、文章を書いたり、
 音楽を作るというやり方で
 そうした感情を表に出すことが出来ないというのは、
 ひどい人生だと思う。


ホテルで、
『三上寛 怨歌(フォーク)に生きる』(彩流社)を読んでいる。
今、この本を読んでいる人が他にいるだろうか?
という孤独感に陥りながらも面白い。

RT @gokakimi 来週収録の番組のため、
 小田実、三島由紀夫、三上寛をモーレツに学習中。
 何でも見てやろうという気持ちで望んでいるが、頭が切り替わらない。

 旅先で一人で学習中。
 こんなことしてるのは日本で一人ぼっちな気がしていた(笑)


三上寛が青森から家出して歌手になった感情を、
「自分自身の本質のようなものに対し
 何の把握もできていないまま何かのキッカケ 
 突然大きな啓示のようなものと触れ合うことが
 時として人にあるのではないか
 望む望まぬにもかかわらず、
 むしろ『答え』の方が先に
 彼方から近づいて来てくれるとでもいうような」

そんな体験が家出を誘い、自己実現に結びつくのだ。

先週は「圭子の夢は夜ひらく」を再三聴いたが、
三上寛の夢は夜ひらく
この歌詞も沁みるわ。


ホテルで一人、
三上寛、河村たかし、小田実、宮崎哲弥、勝谷誠彦、
鈴木邦男、三島由紀夫、大村秀章らの資料と乱取り中。

時間がない、
でも、やるんだよ!

これから一週間以上禁酒!



《 震災翌日海水注入を55分間中断 再臨界恐れ首相が指示? 》
《 東京電力、1兆2千億円の赤字に。社長が引責辞任、顧問に就任へ 》
《 原発事故は「神の仕業」。与謝野大臣が発言 》
《 「8月末までに避難所解消、がれき撤去」政府方針 》
《 カンヌ映画祭。「ヒトラーに共感」トリアー監督を追放 》
《 北朝鮮・金総書記が中国訪問開始、食糧支援など協議か 》

好評発売中!


発行:武田ランダムハウスジャパン/
定価:1365円
「新宿スペースインベーダー」
〜昭和少年凸凹伝〜
★渾身の自伝的小説が遂に完成!
 
玉袋筋太郎が少年時代を綴った童貞作!
駄菓子屋で買い食いして、銭湯にみんなで集まって、クラスの女子に興奮して、できたばかりの高層ビルでドロケして、インベーダーゲームで高得点を競い合って、ケンカして、仲直りして……。金持ちも貧乏人もみんな一緒になって、バカみたいに遊んで、笑って、涙した、小学5年生だった、あの頃の話……
★ただいまサイン会整理券販売中!詳細へGO

ただいま発売中!増刷 第4版決定!

浅草キッドの新刊本「キッドのもと」

★少年時代、師匠・ビートたけしとの出会い、浅草フランス座での芸人修業、漫才、家族……漫才師・浅草キッドによる、コンビ結成23年目で初めて自伝的エッセイ集!

★帯文:いとうせいこう ★出版社:学研パブリッシング
★価格:1,470円(本体1,400円)
★「キッドのもと」をAmazonで注文する


 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る