6月
日  水曜日

6月突入。

7時起床、8時出発。

NHK『知っトク地図帳』ロケ。

横浜市鶴見区生麦へ。
この住宅街の一画で水道局の漏水科のお仕事を見学。

取水栓に巨大な「耳かき」音聴棒をあて、
さらに漏水探知機を使って路面の上から地下の水漏れを発見していく。
コツコツとプロフェッショナルで、
まさに縁の下の力持ち、“地道”なインフラ仕事。

水道局の人達と地図を持って歩いていると、
マンホールや取水栓が目に付く。
地下に張り巡らされた水道管、下水道を意識する。
そして、その管理が日夜続いていることも。
半日のロケで水道管博士になる。

 

生麦からの帰途、
サービスエリアで食事。

 

14時、中野のルノアールへ。
電子書籍『藝人春秋』(6/8〜配信開始)の打ち合わせ。
雑談交えながらも。

藝人春秋

部屋の予約の紙が「文芸春冬」様となっていた。
きっと「秋ない=飽きない」ってことなのだろう。


《 内閣不信任案提出へ…憤る被災者「争っている場合か」復興遅れ懸念 》
《 電磁波に発がんの危険性 WHO組織が初の指摘 》
《 職場での軽装推奨。スーパークールビズの取組み始まる 》
《 “反原発”表明で退社…山本太郎「今は話せません」》
《 吉川晃司が一般女性と結婚 公式HPで報告 》



6月2日  木曜日

9時起床。

午前、菅総理の不信任案が成立するのか注目された。

民主党代議士会で原口前総務相
「日曜に東電が出したモニタリングポストの値が
 今まで見てたのと3桁違う。
 子供たちを逃がしましょう、非難させましょう!」
この後、中継が切られたのでどうなったの?気になる。

チャンネルを、
TBSニュースバードに切り替える。
原口
「子供たちを逃がしましょう。非難させましょう。
 今、私たちにしか出来ないことなんです。  
 私はそれを菅総理口から聞けば十分であります!」
菅総理のお答え不明瞭。
「今すぐやります!」と言って欲しいよ。

 

不信任案決議見守りつつ、
14時半、恵比寿の『神戸クリニック』検診。
術後12日経過で、ようやく霧が晴れ視界良好に。
視力の数値も回復。
ただ想定通り、老眼は強まるので手元は裸眼で怪しい。

 

16時、東京タワースタジオへ。

メ〜テレ『CONTACT CAFE C』収録。
MC:MEGUMI、一緒。
マンスリー女優・河北麻友子。
帰国子女で国民的美少女。


一本目ゲスト:切り絵画家・福井利佐さん。
美人でスタイル良く才能あり。
こういう女性に憧れる。

桐野夏生作品の挿絵でお馴染みだが、
その現物はさらに迫力あり。
原画が欲しくなる。
我々3人が生徒に切り絵教室開催。

 

二本目ゲスト:京極夏彦さん。

実は著書は持っているが読んでいない。
ここまで人気作家だと、
「一冊読んできた」というのも失礼な気がする。
面白いに決まっているのだから。
本棚の老後の楽しみ枠に入っている。

しかし、雑誌などのインタビューや対談を読んでいても、
博覧強記、トークの名手だが、
実際、話しっぷり最高。
スタジオのギャラリーを沸かす。

新作『オジいサン』、
「なにも起こらない話」を俄然、読みたくなる。

本

京極夏彦さんが以前、ほぼ日で睡眠対談した時も絶品だったが、
さらに老獪に老成。
もはや肉体も溶解し妖怪と化しているのだろう。
このまま「死ねばいいのに!」
と最後に言えば良かった。
残念。

 

帰宅。

元旦生まれの末っ子、
丁度、2歳半を通過だがママへの後追いが激しい。

しきりと抱っこをせがみママをつけ回すので、
さすがにカミさんぐったり
「もう『あとおい』じゃない『しつこい』だよ!」と。
俺「いや、あれは子供にとって初めての『しつ恋』なんじゃない」

しつ恋(しつこい)は、
初恋(はつこい)でもなく、失恋(しつれん)でもない。
2歳児のお母さんへの執着ぶりの言葉。

「しつ恋」、
2歳児は言葉で言えそうで言えないもどかしい時期だ。
今日、MEGUMIの長男も2歳で「しつ恋」中だったな。
傍から見れば実に可愛らしいが、
お母さんにとっては子供の単純な、
「いやだ、いやだ」が多くて一番しんどい時期でもある。

TwitterRT @tsunkuboy うちの子達(男女の双子)は
 ようやく三歳を超えだいたい言いたい事が言えるようになり、
 親子共々嫌なストレスから少し解放ぎみです。
 言葉で説明出来れば楽になりますよね。早くなって欲しい。


《 菅内閣不信任案を否決 首相退陣表明受け大量造反回避 》
《 菅首相が辞意表明 震災対応メドつけば「若い世代に引き継ぐ」》
《 賛成2人は除名処分 小沢氏ら棄権15人の処分結論見送り 》
《 M5以上余震 3カ月で500回…史上最多記録の更新続ける 》
《 サッカー・ペルー戦ドロー。ザックJAPAN歴代最長13戦連続不敗 》


6月3日  金曜日

9時半起床。

今朝、NHK『あさイチ』に、
映画『さや侍』のプロモーションでゲスト生出演した、
松本人志監督の回をSPIDERで遡り再生。

冒頭から約1時間喋りっぱなしだが、
NHKでも吸引力格別。
あまり見たことがない雰囲気。
予想を越えて実に面白い。

 

12時半、TBSラジオ入り。

13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

募集テーマ「よっ!待ってました!掛け声・やじ・声援」

ペラペラは「アタックチャンス!児玉清さんの想い出

児玉清さんとの一度きりの邂逅。
貴闘力関を悪者みたいに話したが、言葉足らず。
自分に正直な漢らしい力士です。
その後、松村邦洋くんの仲介で仲直りしました。


町山智浩コーナーの映画コラム:コラコラは、
映画『アンサンディ』を紹介。


エンディングに、
劇場版『もしドラ』キャンペーンで、
前田敦子他のキャストがスタジオに生出演。

僕も元は太田プロに居た時期もあるので隔世の感あり。
「もし芸人プロダクションの男子マネージャーが
 ドラッカーのマネージメントを読んだら」
ということを思う。

 

生放送終了後、
飛び出しで、千代田区のフォーシーズンズホテル椿山荘へ。

Tokyo Boy』収録。
なんと石原都知事、亀井静香議員が共演。
お二人を待たせる状況になるとのことで大急ぎで駆けつける。

「がんばろう日本!東京ボーイ・サミット」
司会:浅草キッド。
出演:石原慎太郎都知事、亀井静香議員、
テリー伊藤、ロバート・キャンベル、和田由貴(節電アドバイザー)、一緒。

冒頭、知事から、
「君は副知事を狙った東国原のスパイじゃないか!」
呼ばわりで始まる(笑)。
ジョークでもないのだけに面倒。

二人とも放言の連続でどうなるかと思ったが、
石原×亀井の絆は固く同士的であり、
二人の掛け合いも、
あの年齢にまでなるとBL的で実に面白い。

 

終了後、移動。

東京駅前の無印で低反発枕買う。
売り場には、ノンフライのスナックたくさんあるのだな。

大丸地下ポール・ボキューズのお惣菜たっぷり買って、
のぞみ移動。
名古屋へ前乗り。

 

ちょうど『どや顔サミット』が放送しているが、
オンエア時間を避けて、時間差でサウナへ。
やはり恥ずかしい。
照れるな!と言い聞かす。


《 菅内閣。退陣時期めぐり与野党で反発広がる。鳩山氏「ペテン師」発言 》
《 欧州で流行の大腸菌O−104。アメリカでも確認 》
《 水野真紀の夫・後藤田正純議員が不倫?ホステスを宿舎持ち帰り 》
《 「ロックンロールに免じて許してほしい」内田裕也がみそぎ会見 》


 

6月4日  土曜日

8時起床。

9時55分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。
出演:小田島卓生アナ、八代英輝、
田丸麻紀、ミッツ・マングローブ、一緒。

特集:名駅の地下街
(1)駅3大地下街・男女対決、
 リポーター:小田島アナ・藤本アナ。
 リポーター:八代英輝・前田典子。
(2)駅地下街 鮪屋の戦略

【旅人照英】名古屋鉄道 津島駅

伏原Dが病欠、お大事に。

 

生放送終わりで、飛び出し移動。

新幹線で大阪へ。


新大阪駅でうどん。


テレビ大阪『たかじんNOマネー』収録。
MC:やしきたかじん
出演:眞鍋かをり、大谷昭宏、須田慎一郎、
デーブ・スペクター、酒井千佳アナ、一緒。

一本目テーマ:
「自己啓発マネー」
ゲスト:ジェームス・スキナー

今までのゲストは、毎回、僕の興味の範囲内の人が続いたが、
今回のジェームス・スキナーの事前知識はゼロ。
本が売れていることすらも知らなかった。
もともと「自己啓発」そのものに興味がない。
しかし、本番、僕を含めゲスト皆の、胡散臭いと思う疑念に対し、
全て打ち返すところは見物だった。

その東洋思想すらも盛り込むプラス思考の弁舌に、
ついつい聴き入ってしまった。
デーブ・スペクターを前にして、
「日本語の堪能な外人はついついペテン師だと先入観を持ってしまう」
と発言しておいた(笑)

そして、本日もデーブ・「スべったー」の面目躍如。
もはやそのダイナミックな三振が絵になる。
空振りを魅せる長嶋茂雄の域。

 

デーブ・スペクターと久々楽屋話。
各局の番組セットの話を延々と。
その制作費や制作した美術会社まで知っているところがマニアックだ。
そして暖色のセットを自らのジョークで寒色に変え去っていく。
THE喋るクールビズ。

「杉村太蔵はね〜。スベるまでに時間を取りすぎる。
 僕みたいにさっさとスベらないと。
 公共の電波なんだからテレビ的じゃないよぉ!」
という論評はなるほどなぁ。
今日も「鳩山さんはピジョンが無いよぉ!」も早かった。

 

二本目テーマ:
「ファイトマネー」
ゲスト:亀田興毅

出演:真鍋かをり、玉木正之、輪島功一、酒井千佳アナ、一緒。

亀田興毅、本当に普通のやさしいお兄ちゃんのままの出演。
そこに久々の亀田父のインタビューあり。
これが軍鶏の如く相変わらずの戦闘的なもの。
思わずたかじんさん「この親爺はブレへんなぁ?」と。

亀田興毅まだ24歳ながらストイックすぎる青年だった。
亀田vs内藤戦で視聴率43%記録したのは
亀田家が日本の世論を二分するようなヒールだったからだ。
大人の思惑やテレビの煽り戦略ミスで
あれほどまでの国民的憎まれ役を
あの歳の子に背負わせるのに僕は同情的だった。

しかし3階級制覇の偉業を果たしても、あの熱狂はないのだ。
父親と離れた本人は決して軍鶏ではないのだ。
引退したら何するの?の質問の時、
その横で輪島功一さんが
「ボクシングやめてお酒の商売はいくらでも誘われたけど
 僕は酒好きだからやらなかったの。団子屋。
 コツコツを忙しい仕事が一番いいんだよ」と。


亀田興毅は、14歳の頃から密着のテレビカメラに晒され
公約通りに25歳までに3階級制覇した。
普通なら燃え尽き症だ。
そこに子役的成長と哀しみ、
国民的悪役のペルソナを被り、さらにエディプス・コンプレックス、
イチローのような父との確執、父殺しの宿命を孕んでいる。


亀田興毅の「子どもが欲しいから結婚したい」
俺「だったら夜グローブしなきゃいいじゃん!」
……その後のたかじんさんの発言に、眞鍋「最低!」
に至るところ今日、最高の言葉のボクシングだったが
使ってくれるかな?下ネタ過ぎるか。

「でも若いから遊んでるやろ?」
「いや、11歳の時からずっと同じ彼女だから……」

この話は、密着のTBSのドキュメンタリー『ZONE』に一度出てきて、
僕が岩鬼風に「夏子はん」と呼んでいた彼女なのだ。
一途としか言いようがない。

 

帰宅後、
早売りの週刊Pの青木理『トラオ〜徳田虎雄』が毎回凄い。

今回は政界進出。自由連合の話。
栗本慎一郎、高橋三千綱のインタビュー、
そして病後に面会した石原慎太郎の話(4月25日のインタビュー)
そして病床で本人の目で描いた文字盤のひらがなだけのインタビュー。

『トラオ』で自由連合の代表幹事だった栗本慎一郎、
徳田虎雄の「汚い」ことで辞さない姿勢に
「純粋に生きる中で、
 純粋じゃないように見える行動をするから話が混乱する……
 とにかくまっすぐでひたむき……
 汚くないウンコみたいな感じがした」

発病後に会った石原慎太郎は慟哭し、
「……もはや人間じゃない。神の使徒だよ」と。
「同じエネルギーを悪い形で使ったのが田中角栄だな。
 あれも天才だったから。
 角さんもすごい魅力のある人だったけどね。
 徳田を田中角栄にたとえたら徳田に申し訳ないな……」


《 民主混迷 党幹部からも早期退陣論 岡田氏引責要求も 》
《 たった4分で限界値超え…1号機湯気毎時4000ミリシーベルト 》
《 野球・松坂 靱帯「断裂」だった…手術決断、復帰まで1年以上 》
《 サッカーイングランド代表・ルーニーが植毛!本人も認める 》

 

6月5日  日曜日

9時半起床。
ロングスリープ。
自然と目を休めようとしているのだろう。


2日ぶり子供部屋へ。
「ドヤガオみたけど、
 べつにサンタとナマハゲはカンチガイしてませんから……」と。
「今日は遊べるよ!」
「ざんねんでした。これからミンナでデパートへいくんで……」
皆の中に俺が入っていなかった。


午前中、
兄、岡山から車で遠路はるばる来宅。
慌ただしく書類や荷物など積込み、
いろいろと四方山話も。
僕が知らないだけで家業もいろんなことがあるなぁ。

質問に。
僕の実家は倉敷の駅前で『カミのカミヤ』という
紙屋さんの商売をやっています。

 

映画『マイ・バック・ページ』視聴。
このところ70年代の田原総一朗さんのドキュメンタリーを
仕事でずっと見ているので、
時代設定には、すぐに馴染む。
田原さんは、当時、川本三郎記者をテレビで取材したと言っていた。
見つかれば良いのだが……。

映画


『キネ旬』で川本三郎さん。
「個人的なことになるが、
 3年前に、35年連れ添った家内を亡くした。子供もいない。
 66歳のいま、この映画を作ってもらって
 本当にもう『いつ死んでもいい』という気持ちである」と。

そんな心境になるのだな。
それを読んでラストシーンの涙、
マイバック・ページの歌は沁みる。

 

TwitterRT @iijjiji: 今夜6/5(日)21:00 #NHK
 『シリーズ 原発危機 第1回 事故はなぜ深刻化したのか』
 いまだに危機的な状況が続く福島第一原発事故。
 事態はどの様に深刻化し、
 その時、官邸、東京電力、専門家はどう動いたのか。
 当事者たちの証言と内部資料をもとに徹底検証する。 #genpatsu

 

夕方、
子供とチョイナ、スズキ秘書と久々に小学校プールへ。
約一ヶ月ぶりだろうか。
一キロ泳&ウォーキング。
娘もグイグイと上達中なのだが、
何故か、息子のように必死に教えようとは思わないな。

 

帰途、行きつけだった広島お好み焼きが閉店していた。
近くのもんじゃ焼き屋へ。

 

今日の夜のテレビは盛り沢山、
TwitterのTLもお祭り。

『藝人春秋』の原稿やりながら、 SPIDERで後追い再生。

フジ『アカン警察』SP、
ダウンタウンとナイナイ14年ぶりの共演。
煽りが良く出来ていて格闘技のよう。

NHKスペシャル
『シリーズ 原発危機 第1回 事故はなぜ深刻化したのか』
の映像の証言の数々、改めて戦慄し釘付けになる。

今も続く危機を自覚する。
原発関連、NHKが腹の座った凄い番組を作っている。


《 震災から3カ月…被災者に届いた義援金いまだ1割 》
《 女子ゴルフ・横峯さくらが逆転V!生涯獲得賞金7億円突破 》
《 松本人志監督映画「大日本人」ハリウッドでリメークへ! 》

博士の幻のエッセイが“初”の電子書籍化

『藝人春秋』
水道橋博士 『藝人春秋』

★芸人やタレントなど実在の人物にまつわる物語を綴ったエッセイで現在まで書籍の形ではまとめられていなかった十数篇を大幅加筆、ついに電子書籍で刊行!

第1回の登場人物は、そのまんま東(東国原英夫)、石倉三郎、草野仁の3人。東とその父親にまつわる話や石倉の「芸人論」、草野の「最強伝説」を再検証!
今後は、甲本ヒロト、ビートたけし、松本人志、爆笑問題ら、博士自身が出会った人物を題材に第7回まで定期的に刊行予定。
★価格の各回115円。iPhone、iPad両方に対応したアプリで購入可能。今回の企画に関する特別映像や、コンテンツの一部が含まれた無料アプリも配信中。

玉袋筋太郎の“童貞”小説


発行:武田ランダムハウスジャパン/
定価:1365円
「新宿スペースインベーダー」
〜昭和少年凸凹伝〜
★渾身の自伝的小説が遂に完成!
 
玉袋筋太郎が少年時代を綴った童貞作!
駄菓子屋で買い食いして、銭湯にみんなで集まって、クラスの女子に興奮して、できたばかりの高層ビルでドロケして、インベーダーゲームで高得点を競い合って、ケンカして、仲直りして……。金持ちも貧乏人もみんな一緒になって、バカみたいに遊んで、笑って、涙した、小学5年生だった、あの頃の話……

  

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る