7月16日  土曜日


ホテル起床。

9時55分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。

出演:高田延彦、クワバタオハラ、小田島卓生アナ。

特集:「うまい!うなぎスペシャル」
(1)うなぎ食べ放題バスツアー
(2)ひつまぶし備長 繁盛の秘密
(3)うなぎの蒲焼・名店に密着!

「旅人照英」名古屋鉄道 新鵜沼駅

それにしても
実際、スタジオで食べた蒲焼は絶品であった。



終了後、
名古屋から大阪へ移動。


テレビ大阪入り。
たかじんNOマネー』収録。
MC:やしきたかじん

#28 「霞が関マネー」
出演:大谷昭宏、片山さつき、須田慎一郎、眞鍋かをり、一緒。
ゲスト・古賀茂明。

付け焼刃で勉強したが政策論はなかなか荷が重い。


#31 「妻と夫 男と女のマネー」
大谷昭宏、須田慎一郎、眞鍋かをり、一緒。
ゲスト・叶井俊太郎、倉田真由美。

「600人斬り」の叶井俊太郎登場にひるむことなく、
「それなら俺は「1000人斬り」やってる!年季が違うわぁ!」と言い切る、
たかじんさんのお侍ぶり。


帰途、頂いた、
古賀茂明・須田慎一郎共著の対談集
『日本が融けてゆく』(飛鳥新社)、
読みやすい。
こちらを事前に読んでおけば良かった。


『週刊現代』の記事、
還暦を機に全ての連載をすっぱりやめた
「漫画家・高橋春男・我が人生はナックルのごとく」は沁みたなぁ。


ムック本
『竹中労 没後20年・反骨のルポライター』(河出書房新社)
にインタビューを寄せた。

TwitterRT @ishikawakoji 僕と博士だけでしたね。

 お互い場違いで恥ずかしかったですね。


本


《 鎮魂の東北六魂祭に5万人!20人以上病院搬送 》
《 桂三枝“六代桂文枝”襲名…談志猛反対「ばかやろう」 》
《 総合格闘技DREAM、所英男がバンタム級で優勝 》




7月17日  日曜日

10時起床。
アサイー』ジュース。



昼、猛暑の中、
相棒と初のネタ読み合わせだが。
ダメだぁこりゃ。
一からつくり直すことに。



HDDタイムシフト視聴。
フジ『ウチくる!?』千葉真一ゲスト回

日テレ『スクール革命!』レッドパパのバンジー。
怖かったろうなぁ。

NHK『阿修羅のごとく』30年ぶりに視聴。



夕方、
息子らと屋外プールへ自転車で遠出。

今日は、子供は遊び中心、
オレ一人で1300m、一時間で泳ぐ。
無になりつつも、体力、作っとけ。作っとけと念じながら。


元XのTAIJI死亡の報……。
DVD『吉田豪の元〇〇な人々』が貴重な映像に。


《 廃炉「浜岡から」静岡で反原発集会700人が参加 》
《 TAIJI死亡 脳死状態で家族が延命中止決断 》
《 「だんご3兄弟」の速水けんたろう 女性はね死亡事故 》




7月18日  月曜日


朝方、
半分眠りながらも、
なでしこJAPANの快挙を目撃。


HDDタイムシフト視聴。

『阿修羅のごとく』第2話。

『おひさま』総集編。


夕方、
チョイナと一緒に、40分ウォーキング。

小学校の開放プールへ。
一キロ水中ウォーキング。
水の中で無になりながら。毎日続くな。


『藝人春秋』#2に寄せられた、
Twitterでの反響を読みながら。


『藝人春秋』

Twitter
RT @iijjiji: 甲本ヒロト×水道橋博士  藝人春秋 http://bit.ly/izRIAo
  キラキラ http://bit.ly/cXsHPE http://bit.ly/9plpf9 http://bit.ly/cSavRa
  同級生 http://bit.ly/4DF3bE

TwitterRT @ikachyan01: やばい!〔芸人春秋〕第二回を読み終わった。
 甲本ヒロトの話はまじ泣ける。 これいいわぁ。
 前回は石倉三郎、俺のなかではしにも棒にもひっかからない人物が
 エピソードを読み終わった瞬間に忘れられない人物になる。 最高だ。
 ありがと。

TwitterRT @_nhyo 待望の『藝人春秋』二話読了、
 何となく根底に流れるテーマみたいなものが感じられました。
 ヒロトさんの虚飾なく的確な表現者の言葉が身に染み込みます。
 俺も談志師匠はアナーキストだとかなり以前から感じてたつもりでしたが
 殿のラジオで擦り込まれた可能性が高いかな?
 ありがと。

TwitterRT @ginyokke 博士の「藝人春秋」第2回配信を
 電車で読んでいて幸せな気持ちになった。やっぱりヒロトは素敵だ。
 中学生のころ初めてハイロウズのライブに行った日の
 帰り気持ちも体も宙に浮いててうまく歩けなかったことを思い出した。
 ありがと。

TwitterRT @ikaremix: 一昨日の一冊。水道橋博士『藝人春秋 2』。
 中学の同級生にしてロックンローラーの甲本ヒロトと
 たけし軍団のスベリ芸担当三又又三について書かれている。
 相変わらずのダジャレともいえる、色々 とかけまくる文体は、
 三又の章では圧巻。メリハリなんだろうけど、時々普通だと残念なほどだ。
 ありがと。

TwitterRT @iijjiji: 【動画アップ】 #浅草キッド 司会!
 新番組『総合診療医ドクターG』スタジオ取材会⇒ http://bit.ly/pC1nTN  
 番組HP⇒ http://bit.ly/qvRJmE 水道橋博士 @s_hakase  
 日記⇒ http://bit.ly/mR1wBi


《 日本サッカー史に金字塔!なでしこジャパンがW杯で世界一 》
《 ハリポタ最終作。北米3日間の興行収入133億円!過去最高記録 》
《 イギリス紙の盗聴事件、ロンドン警視庁トップの辞任に発展 》

 

 

7月19日  火曜日

10時起床。
『アサイー』ジュース。


12時、『原宿石川歯科医院』へ。
昨晩、差し歯が折れて緊急で治して頂いた。


16時半、中野のルノアールへ。

電子書籍『藝人春秋』、
3回目の読み合わせチェック。
文春の目崎さん、高市さんらと。

8月配信予定の第3回は、
・堀江貴文〜フジテレビ買います〜
・湯浅卓〜ロックフェラーセンター・売ります〜
・苫米地英人〜ロックフェラーセンター・買います〜 の3篇。


藝人春秋


まず、7月14日からアプリの配信価格が、
?為替変動を反映するという理由で
突然、115円から85円に値下げされたと、
目崎さんから説明を受ける。


そもそも、ボク自身、電子書籍に関しては、
いろいろ知らないことだらけ。


先月から電子書籍の配信を始めているが、
「パソコンで読めないの?」「Androidでは?」など、
質問を受けることが多い。

現在、今のところ『藝人春秋』はアプリなので、
App storeのみで購入可能。
従って、iOSを搭載するiPhone/iPad/iPod touchでしか、
読むことができない。

他のスマートフォン、 Androidへの対応が遅れている理由は、
Androidはバージョンが林立している分、
携帯キャリアや製造メーカーごとに機能に差が出ている。
これがソフトを開発するメーカーにとって弊害になっている、
とのこと。


ちなみに、
iPhoneの国内出荷台数は、200〜300万台、
iPadは、20〜30万台と言われているらしいのだが、
アプリの販売数は、月末締めで分かるシステムらしい。

でも、
独自にランキング調査しているところはあるようで、
ボクの『藝人春秋』(85円)は、
電子書籍部門の現時点で、最高位は166位。

哀しいかな、
電気グルーヴインタビュー『お前はどこのアプリじゃ!』(650円)や、
AV男優の加藤鷹『秘技伝授』(350円)よりも、
ランキングが下であった!!


晩飯、うな重。


《 セシウム汚染牛問題。福島県全域の牛が、出荷停止へ 》
《 英大衆紙による盗聴事件。告発した記者が自宅で死亡 》
《 なでしこ、凱旋!澤キャプテン「夢諦めずよかった」 》
《 個性派俳優の原田芳雄さん、死去。71歳 》
《 「DJすーさん」実は鈴木蘭々の兄 無許可FM局開設で逮捕 》

 



7月20日  水曜日

10時起床。
『アサイー』ジュース。


相棒と昼、夕方2回ネタ合わせ。


夜、
1時間ウォーキングしながらネタをぶつぶつ。


子供たち今日が終業式で夏休みに。
娘「パパはいつからなつやすみなのぉ?」
「オトナはなつやすみないんだよ!」
「かわいそう!」


息子の通知表を見る。
3段階評価。あまり上等ではない。
「パパが小学2年生の時の方が良かったぞ!」
「ふ〜ん」とあまり興味もなさそうなのが良い。
「ま、遅刻と欠席がないのだけ偉いな」
「まぁね!」


そして、
先生からの通信欄で、
どうやらクラスでコントチームを作っている事を知る。

関西から来た子と一緒に、
「関笑」というチーム名で、関西風の笑いを……とのこと。

関ジャニを意識しているようだが、
まったく親の要素がないなぁ(笑)



夜、Ustream中継『自由すぎる報道座談会5』を見る。

司会:プチ鹿島
出演:上杉隆、烏賀陽弘道(ジャーナリスト)、畠山理仁(フリーライター)、
ゲスト:重信メイ(ジャーナリスト)

プチ鹿島は最近、いい仕事しているなぁ。


《 菅首相「私も諦めない」…政局“延長戦”まだ続く 》
《 セシウム汚染牛肉。宮城県は県内の全肉牛農家調査へ 》
《 米で再び臨界前核実験。去年12月と今年2月に実施 》
《 小沢元秘書の公判。検察側は石川被告に禁固2年求刑 》
《 台風6号の影響で善水寺の国宝本堂が破損 》

博士の初の電子書籍 #2 配信中

『藝人春秋』
水道橋博士 『藝人春秋』

★芸人やタレントなど実在の人物にまつわる物語を綴ったエッセイで現在まで書籍の形ではまとめられていなかった十数篇を大幅加筆、ついに電子書籍で刊行!

第2回は、甲本ヒロト(14歳の肖像&談志師匠について語る)と三又又三(その華麗なる交流を暴く)の3篇!

今後は、ビートたけし、松本人志、爆笑問題ら、博士自身が出会った人物を題材に第7回まで定期的に刊行予定。
価格は各回85円
iPhone、iPad両方に対応したアプリで購入可能。
今回の企画に関する特別映像や、コンテンツの一部が含まれた無料アプリも配信中。

  

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る