10月11日  火曜日



改めて、増田俊也著
『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)の余韻が続いている。

TwitterRT @MasudaToshinari 作家の平野啓一郎さん(@hiranok)の
 「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」書評が新潮社HPにアップされました。
 心のこもった素晴らしいものです。ぜひ読んでみてください。  http://t.co/IdjtrY7R

(博士のコメント) 名文!


TwitterRT @meigenbot: 自分には見えない自分の顔を人に見られている、
 それが人生だ。 (大山倍達) http://t.co/3AYHCC4T

TwitterRT @MasudaToshinari:すみません。僕も木村先生と山下先生のお話を
 入れたかったのですが、連載時に原稿用紙2300枚あったものを
 1600枚まで切ったので入れることができませんでした。
 あれ以上分厚い本は作れないそうです。本当にすみませんでした。m(__)m


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか



高田文夫のラジオビバリー昼ズ
ゲスト・マキタスポーツ回、聴く。


善福寺川公園をウォーキング。
ウィークエンド・シャッフル』の、
「あしたのジョー」のハスリング、
三池崇史のインタビュー聴きながら2時間。



そういえば、『猿の惑星』(1968年版)を見て、
息子
「もうウチュウヒコウシだけは、ぜったいならないからね」
「なんで?」
「タイムスリップしたらパパやママにあえなくなるから」
「ふ〜ん」(ちょっと嬉しい)
「でも、サルがこわいわけじゃないからね」と。

臆病なのか勇気があるのかわかんない。

 

《 自民党大阪府連。知事選で丸山和也弁護士に出馬打診 》
《 牛丼チェーンすき家強盗。姫路で18歳少年2人逮捕 》
《 “タマちゃん”再来?荒川にアザラシ「アラちゃん」が出現 》
《 サッカー日本代表・タジキスタンに8―0の記録的大勝 》






10月12日  水曜日


昼、散髪。


午後、『原宿石川歯科医院』へ。
長い仮歯時代が終わり、
ようやく本歯が入った。



TwitterRT @kaz_shiraishi: 樋口毅宏さんの『民宿雪国』が山田風太郎賞の候補になった。
 この小説ほど山田風太郎の名前を冠した賞にふさわしい小説は
 めったにないんじゃないか。21日発表。結果が楽しみだなあ。




山松ゆうきち『インドへ馬鹿がやって来た』の続編、
『またまたインドへ馬鹿がやって来た』を読了。

インドにマンガを売りに行く話が、
インドで漫才とうどんを広める話に……。
面白い。

漫画


《 100キロ圏外で初…横浜で100ベクレル超検出 》
《 生活保護受給は204万人突破。過去最多更新の見通し 》
《 羽柴秀吉氏 大阪府知事選に出馬表明「強い大阪をつくる」 》
《 ラグビー・釜石との試合中「震災で頭おかしくなったんちゃうか?」暴言選手を処分 》
《 漫画家・青山景さん死去。ツイッターに自殺をほのめかす書き込み 》




10月13日  木曜日



昼、倉敷から兄来宅。
いろいろとお家の話を。
わざわざ、ご足労申し訳ない。


16時、中野ルノアールへ。
WEBマガジンの推薦本の取材と撮影。


終了後、
テレ朝『怪しい噂の集まる図書館』の打ち合わせ。


徒歩帰宅。




SPA!』最新号で、作家の樋口毅宏さんが、
『1985年のクラッシュギャルズ』の書評を書いていて、
著者の柳澤健さんに「1990年のUWF」をリクエストしているのだが、
『1976年のアントニオ猪木』が上梓された時、
僕も即リクエストしたものだ。
すると「木村政彦を書きたい」と……。

柳澤健さんや増田俊也さんや樋口毅宏さんが、
村松友視、ターザン山本、紙のプロレスなど、
活字プロレス以降に焦点を寄せた
『2000年代の活字のリング』をグリフォンさんに書いてもらいたい。


TwitterRT @ringgong 「1999年のRINGS」も読みたいです。

(博士のコメント) これはガンツのすべき仕事でしょう。


『SPA!』の大根さんの岡村ちゃんの話も
千原ジュニアの「カリカ林の引退」と、
「マキタスポーツのカノン」の話も良かったなぁ。


『読売新聞』夕刊、買いに行って、
ここ数日の殿の番組出演に触れた、
高橋洋二さんのテレビ評
「たけしは幅広い世代の味方」を読む。
うん、胸がすく思いだ。


TwitterRT @ksuke_99 ガチ相撲で更新。
 取り組みだけでなく煽りVTRなど番組の演出中心にまとめ。
 『大きな物語を失った終わりなき日常』 もう一度取り戻して欲しい。  http://t.co/hChK3Tor
 RT @kentaro_fujii: 素敵なまとめ。嬉しいです。


TwitterRT @takehirohiguchi: 「さらば雑司ヶ谷」「民宿雪国」「テロルのすべて」、
 TBSラジオ「キラキラ」水道橋博士による珠玉の解説三連発
 http://t.co/Lppzeyea http://t.co/coFKZC79 http://t.co/EFp8LEg3



《 世田谷の区道で局地的に高い放射線量……毎時3マイクロシーベルト検出 》
《 プロ野球・落合中日がヤクルトに4連勝、ついにマジック2 》
《 ロック歌手・柳ジョージさんが腎不全のため死去…63歳 》





10月14日  金曜日


12時半、TBSラジオ入り。

13時、『小島慶子 キラ☆キラ』生放送。

メッセージテーマは、「いろんな耳の話」。

ペラペラは、
ビートたけしによる、林家三平結婚式の祝辞。

カット無しバージョンを小島さんが代読。
ポッドキャストでもカット無しで公開に。
http://t.co/MsfjDTY1


町山智浩さんのコラコラは、
映画『電人ザボーガー』を紹介


番組内の新潟県紹介のコーナーで、
梨とコシヒカリを食べたのだが、
ここのところ糖質制限をしていたためか、
尋常じゃなく美味かった!



新幹線のぞみ、移動。
名古屋のホテルへ前乗り。


今日は、iPhone4S発売日。

新規でiPhoneユーザーになった人へ。
iPhone&iPadだけで読める電子書籍『藝人春秋』(文藝春秋)
最安値85円!を是非、最初の電子書籍アプリに。
http://t.co/yoKeGX6S

『藝人春秋』は、
ボクが連載している芸人ノンフィクションみたいなもの。
詳しくはこちらをhttp://t.co/8ekPHPjC

『藝人春秋』


昨日の『ラジオビバリー昼ズ』で、
映画『エンディングノート』の話をしていたのだ。http://t.co/F0Xz3Q8f
なるほど高田文夫先生のダンドリ好きは一緒だ。
確かに先生好み。
ホント何も期待せず見て、1時間半、この映画は絶品。


そして、
園子温監督の新作『恋の罪』も釘付け作品。(11/12〜公開)
もうずっと連続本塁打が続いている。

『冷たい熱帯魚』の「殺人」の次のテーマは「売春」。
スクリーンの前でまるで俺がやっているような気になる。
男なのに。

漫画


『紳竜の研究』DVD、再見。



《 世田谷高線量は原発無関係、住宅の床下のラジウム瓶を撤去 》
《 米アップル社「iPhone4S」販売開始。ソフトバンクとauに長蛇の列 》
《 イタリアに続き、スペイン国債も1段階格下げ 》
《 小沢被告を“援護” 石川被告の聴取“隠し録音”再生 》






10月15日  土曜日


ホテル起床。

9時55分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。
ゲストコメンテーター:八代英輝、いとうあさこ、いとうまい子、御一緒。

昨日、ドラゴンズの優勝が無かったので、結局、通常通り。
スタジオゲストには立浪さんも。
優勝時のスタメン起用だった、いとうまい子さん、
昨日も今日も東京ドーム、とのこと。


特集:『大須ランキング』
大須で働く人300人に聞いたオススメランキング
大道町人祭り

【旅人照英】 名古屋鉄道 碧南駅


本番前の控え室で、
さんざん「糖質制限ダイエット」の話をしたのに、
帰途、名古屋駅のきしめん屋さんで、いとうあさこさんとバッタリ。
はずかし。
でも、映画『エンディングノート』お薦め話が出来て良かった。

エンディングノート


午後、帰宅。


夕食、
実に久々に、チョイナを交えて家族焼肉。



TwitterRT @shoukaijp: 昨日一番アクセスの多かった記事はこちら。
 【アプリ】水道橋博士が出会った現実の人々を小説のように描写!  http://t.co/XAWWMMKX

TwitterRT @yusukeitagawa 水道橋博士著「藝人春秋」、面白すぎる。
 このクオリティで85円って安すぎでしょ。電子書籍ってすごいな。
 iPhone&iPadユーザーは即ダウンロードすべき!って言ってもいいぐらいの内容。

(博士のコメント) ありがと!


TwitterRT @fwd_yutaro 父神足裕司について。
 先日頭蓋形成等の手術を終え、徐々に意識が戻りつつあります。
 ここまで来られたのも皆様のおかげです。本当にありがとうございます。
 今後はリハビリ病院への転院を目指し努力します。
 今後ともよろしくお願いします。 #kirakira



《 東京でも反格差デモ 日比谷公園周辺で100人 》
《 いわき小名浜港でサンマ初水揚げ 独自に簡易検査も 》
《 SDN48 電撃解散発表「新たなステージへ旅立つ」 》

博士の初の電子書籍 #4 配信中

『藝人春秋』
水道橋博士 『藝人春秋』

★芸人やタレントなど実在の人物にまつわる物語を綴ったエッセイで現在まで書籍の形ではまとめられていなかった十数篇を大幅加筆、ついに電子書籍で刊行!

第4回は、このラインナップ!
テリー伊藤(天才演出家の暴走)
稲川淳二(怪談芸人の心の深淵)
ポール牧(見栄とキザと品格と)

今後は、ビートたけし、松本人志、爆笑問題ら、博士自身が出会った人物を題材に刊行予定。
価格は各回85円
iPhone、iPad両方に対応したアプリで購入可能
今回の企画に関する特別映像や、コンテンツの一部が含まれた無料アプリも配信中。

 


  

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る