5月21日  月曜日

5時半起床。
いつもより30分早く、NHK入り。


本番前に、
『あさイチ』出演者、スタッフと共に、NHKの屋上へ。

金環日食

皆で金環日食を鑑賞。
NHKだけに、どれだけ最新機材が揃っているのだろうかと
期待していたら、
ごく普通の市販のアイマスク型だったが、
ワイワイと楽しかった。


曇り空から垣間見える、黄金の環。
眼下の代々木公園からは歓声が聞こえ、
東京中の騒ぎが見渡せるようであった。

金環日食


8時15分、
NHK『あさイチ』生出演。

MC:井ノ原快彦、有働由美子アナ、柳澤解説主幹。
ゲスト:宮崎美子、ご一緒。

特集「アナタはどうする? 実家の“たたみ方”」
ピカピカ日本:黒壁スクエア
解決ごはん:脱マンネリ!ひじき&切り干し大根。

「家のたたみ方」、テーマの取り方が良いなぁ。
誰もが、いつか直面する問題だもの。
ましてや、若い頃はそんなこと一回も考えないし。

『あさイチ』に出演すると、
テーマに関する反響が殺到するのだが、
今日のゲストの三星雅人さんの著書
『田舎の家のたたみ方』(メディアファクトリー新書)に詳しい。

この本、以前に献本されていた。
コンタロウ先生の絵が懐かしい!
半分は漫画なので読みやすい。

本


金環日食、数々の写真がネットに上がっていたが、
↓この写真がスゴイ。

TwitterRT @ryuki_guilty15: これ金環日食より凄いな…
 撮った本人は飛行機うぜぇって書き込んでたけど
 http://t.co/sYzaJrCr



帰宅後、
偶然、俺の机周りでも金環日食のリングが重なってたわ。
1つは便器だけど(笑)

本



TwitterRT @pkashima「KAMINOGE 6」ですが、
プチ鹿島コラムは「ビートたけし=スタン・ハンセン説」を書きました。

(博士のコメント) ↑パラダイムシフトについて。
これも面白かった。


プチ鹿島
最近、商業文でコラム量産だが、打率はイチロー並。



『笑っていいとも!』、SPIDERでタイムシフト視聴。
ゲストの久保ミツロウ先生、初めてお姿を拝見したが、
やはり「強い」人だと思ったなぁ。

テレビのメディアにもタレントにも媚びてない。
表現者として「強い」な。


昼食、
えのき氷と糸こんにゃくのアンチョビ炒めを作る。

話題の「えのき氷」、
今日も、せっせとミキサーで作っていたのが、
なんだ、氷になった製品版が通販で売っているじゃないか!


午後、赤江くん(玉袋)とネタ会議。

終了後、マッサージへ。
とにかく老眼の眼精疲労が酷い。


夜、サンボマスターの山口隆くんと電話でお話。
話は脱線していくのだが……。
俺が言いたいのは、
「表現者にとって、常に最新作が最高傑作!」
ということなのだ!


新谷川貞治さんとも電話で話。


《 首都圏で173年ぶりの金環日食。経済効果は164億円! 》
《 福岡市。全職員に、1ヶ月間の自宅外「禁酒令」! 》
《 渋谷駅で男性刺され重傷 30〜40代の男が逃走 》
《 「ビー・ジーズ」のロビン・ギブさん(62)が死去 》
《 「ロンドンハーツ」子どもに見せたくない番組"9連覇" 》

 




5月22日  火曜日


TwitterRT @gryphonjapan 原田久仁信が漫画化!
の興奮さめやらずビデオを作ってしまった。
 “「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」PV - YouTube” http://t.co/JHZPUUUM
RT @MasudaToshinari これは凄い(笑)

(博士のコメント) 注目!凄い!
 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』は、
 ロングセラーになりそうだ。


原田久仁信先生には、
我々の『お笑い男の星座』の表紙も書いていただいた。

本  本

本


今日は、冷たい雨降り。


漫才病棟。まだ迷走。
相棒とネタ会議を2回。


帰宅後、
過去の舞台映像を見てイメトレ。
設計図の図面の引き方、
ネタの最終型、骨格を作るべし。



夜、宮崎くん来宅。

雨の漫才病棟にスナフキンのギター教室。
3歳の頃から買ってあるギターだが……。
長男も、やっとやる気に。
俺自身は、漫才病棟の患者なので、心ここにあらず。
短時間だが癒される。


Twitterを始めてからは、
ブログはTwitterの引用が増えてしまい
散漫な内容になっているのだが、
まだ引き続き「博士の悪童日記」を読んでいる人などいるのだろうか。
と思いつつ、日記を更新。


《 スカイツリー開業。初日の来場者は20万人の見込み 》
《 米軍アフガン撤退。オバマ大統領は、「リスク内在」 》
《 桜新町商店街「サザエさん」波平の銅像、「頭の毛」2度も抜かれる 》
《 みのもんた 愛妻・靖子さん急死 「朝ズバッ!」出演後に最期みとる 》

 




5月23日  水曜日


TwitterRT @eno10 末井昭さん「自殺」の文章を読んで、お金って何?
と益々考えるこの頃。お金がなくても生きていける人もいる。
(1回〜10回どうぞ)
http://t.co/omHHsMx0朝日出版第二編集部のブログより。

(博士のコメント) 知らなかった。しかし、この連載。面白い!


本日も、相棒とネタ会議。
ちょっとテーマが見えてきた。50%超え。
しかし、強烈な眼精疲労だ。


午後、
早売りの『週刊文春』、『週刊新潮』を入手。

エリカ様について文春スクープだな。
小林信彦氏のコラムのタイトルも……カオスだ。
もう何がホントで何がウソかわからなくなるだろう。

果たして、エリカ様の件を含めて、
雑誌はなぜ平気で「ウソ」をつくのか、になるのか??
老先生はネットは一切見ないのだろうか?
どちらに加担するにしても現状認識が無さすぎるもんなぁ。


町山智浩さんが興味津々の様子なので、
コラムの中身をツィート。


Twitter(博士のコメント) 小林先生のコラムが、
「新聞テレビはなぜ平気で『ウソ』をつくのか」ほか」が
タイトルで上杉さんの新刊についての書評。
いろいろと“喝破”していると評価。で、
「ボクは怪しい新聞は読まないテレビもまず見ないことにしている」
と結んでいるんです(笑)

沢尻エリカの記事の方が何万倍も反響あるはずなのに、
一コラムにこれほど反応してしまうとは…。
でも沢尻エリカの件は、
新聞・テレビでは一切触れない可能性もあるなぁ。


今は漫才病棟に入院中だが、
どうしても見たい映画がある!
辛抱たまらんなぁ。


Twitter(博士のコメント) 夜、MXで生本番の仕事があるんだが。
漫才病棟から見える青空に『サニー』が流れだすと、
もう辛抱たまらない……。


などと呟きながら、
結局、渋谷BUNNKAMURAル・シネマへ。
16時20分からの回。

韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』鑑賞。

映画「サニー」


『サニー』って言うから、
晴天かとおもいきや映画の間中、
土砂降りじゃないか!
涙腺崩壊。
大いに泣く。
しかし、ボクの周りの人は皆、大絶賛していた
『サニー』なのだが、
客席14人しか入っていなかったぞ!



渋谷の映画館から飛び出しで、
半蔵門のTOKYO MXへ駆けつける。


21時、『ゴールデンアワー』生放送。
MC:徳光正行、安藤幸代。
外国人パネリスト:
アキラ(チリ)、オクサナ(ロシア)、
ヒョンギ(韓国)、ソニア(ポルトガル)、御一緒。

テーマ:「偉大なる賢人・高橋是清に学ぶ“デフレ脱却法”」
ゲスト:三橋貴明。

・なぜ、昭和初期のデフレは脱却できたのか?
・過去と現在の立ちふさがる壁は? など。

事前に、
三橋さんの著書『コレキヨの恋文』(小学館)を読んでいたので、
お話も、よくわかる。

説得力があるのは、
国土面積は世界のわずか0・3%に過ぎないにもかかわらず、
世界の大地震(マグニチュード6以上)の2割が
日本列島周辺で発生するのだ。
だからこそ、
今後の日本の公共投資は防災目的のインフラなるというお話。
納得。

三橋さんは、麻生太郎元総理の信奉者なのだな。


改めて、高橋是清の人生がドラマチック。
ちゃんと主人公でドラマ化されたことってあっただろうか?
と思う。



帰宅後、
再び、『サニー』が頭に流れ出す。

町山智浩さんは、
「映画は人生の予行演習、予習なのだ」とよく語るが、
『サニー』は「人生の復習」映画だな。

80年代に青春を送った人は国籍、性別関係なく、
あの頃に舞い戻るもの。

『サニー』は、僕の廻りの男が皆はまっているが、
本来、アラフォー女性が見るべき。

田舎娘が都会の女子校に転向してくる――。
まるでベタな女子向けコメディ漫画のような設定なのだが、
韓国が舞台であることで、
80年代の青春という、
よりカッコ悪さ、気恥ずかしさが際立ち、
そのむず痒さが、たまらない。

どうやら偶然、BAOH!様も同じ時刻に、
違う劇場で『サニー』を観ていた様子。
また感想が的確なのだ。


TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】
ご覧になった方がタイムラインでほめていたので、
観てみたら、けた外れにおもしろかった。
あらゆる想像を越えてこの映画の中に没入した。
みんな、ぜんぜんほめ方が足りないよ。
頭の中でタイム・アフター・タイムの歌詞がぐるぐる回っている。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】
  偶然で高校時代の大親友に会ったとき、彼女は余命2ヶ月だった。
昔の仲間に会いたいという親友のリクエストから、
幸せな結婚生活を送る専業主婦、ナミの物語が始まる。
80年代と21世紀を行き来しながら、再生される友情。
真新しい要素はないのだけれど……。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
同窓会(リユニオン)ものというべきか、
物語の大枠として新たなものはないのだが、抜群のキャラクター、
抜群のプロット、抜 群のシナリオ、抜群の編集、抜群の選曲で、
冒頭から自分も転校生の一人になって、
ソウルの学校に編入する体験ができる。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
この映画の最大の発明は、モノクロでもセピアでもない、
現在とまったくおなじヴィヴィッドでリアルな色調で、
地続きの80年代を描いていることだ。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
80年代の事件のそれぞれはややコミカルかつ過剰に描かれている。
韓国映画ならではの前蹴りや飛び蹴りもふんだんにある。
ただ、そのデフォルメは、
記憶の中でくっきり蘇る高校時代のリアリティとして、
自然なものとして入ってくるし、
観客個々の25年前を思い出させる。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
ティーンの出会い、友情は、そのすべてが奇跡であり、
ぼくたちはみんなそういう奇跡があることを知っている。
だから、彼女たちの悩みやピンチ、痛快事、憧れ、失恋など、
すべての肌合いが暖かさとともによみがえってくる。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
そして、特筆すべきは、
あのとき、なにはなくとも仲間といっしょにいるだけで
愉快で笑顔が浮かび、ひとりではできない、
気持ちの広がりを感じられたあの感覚を、
きわめて効果的に浮かび上がらせてくれること。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
あれだけ仲良かった彼らが、
なぜ、25年近くも疎遠になってしまったか、
その空白の理由に向かって、
物語の翼は大きく舵を切っていく。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
韓国の映画の水準はすさまじい。人を殺したり、
人が死ぬという飛び道具のようなテーマではなく、
25年のときを経て、友情が 蘇るという当たり前のドラマで、
シナリオ、キャスティング、撮影、演技、編集、音楽
のクオリティをここまで高められるとは……。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
離れた土地でもおなじ時代であることを示す示準化石のように、
80年代の洋楽が空気を運んでくれるのだけれど、
歌詞とのシーンとのシンクロもすばらしく、
みてて、大変なことになりました。

TwitterRT @baoh: 【サニー 永遠の仲間たち】 
だから、これはノスタルジーの映画ではない。
80年代に熱く、可愛らしく、激しく、けなげに、
笑って、喧嘩して、歌って、 踊って、友情を育んだ
7人の女子の生きた形の鮮烈さを、
抱きしめる映画なのだ。
泣くのは当たり前で、
最初から最後まで微笑みながら応援する映画だ。



以上が、BAOH!による『サニー』の感想、
まったく、書かれているとおりだわ。

でも80年代の学生生活にロクな想い出がない僕が、
映画を見ながら過去に帰っていたのは、
1985年の浅草フランス座時代の頃だ。


このあと、ネットで、
しばしボンクラ仲間のサニー談義に花が咲く。


TwitterRT @takehirohiguchi: @baoh ←この方の「サニー」評お見事! 

TwitterRT @takehirohiguchi: 『サニー』。
まだ20代で、高校生のときの記憶が薄れていない人と、
40オーバーの人とでは根本的にこの映画の捉え方は違うだろうなあ。
そしてこの作品の特筆すべき点は、
「懐かしさの罠」(○c中山涙)に嵌まっていないところだ。

TwitterRT @nenbutsunomatsu それにしても、
『サニー 永遠の仲間たち』みたいな
“いい映画”に客が入ってないのは残念で仕方ない。
今からでも遅くない!http://t.co/slDTkZPA

(博士のコメント) この予告編だけでもピンと来る。
『ワンス・アポン・ア・タイム…』を彷彿。


TwitterRT @nenbutsunomatsu 俺、今やこれだけで泣けちゃうんです。http://t.co/slDTkZPA
(博士のコメント) タイム・アフター・タイムだけでスイッチ入る。

TwitterRT @takehirohiguchi: 前にも書いたけど、
僕は作家の椰月美智子 @M_Yazuki さんに
『サニー』を見てほしくて見てほしくて……。
絶対どんぴしゃだから。
でも東京から少し離れてるとこにお住まいで。お子さんもいるし。
そうか! そういう一番見てほしい、
見たら絶対にハマる人たちは劇場行く時間ないのか! 

TwitterRT @takehirohiguchi: 語りてえ語りてえ語りてえ。
映画『サニー』を見た人に、
あの物語のテーマやクライマックスのメタファーとか解説したい。
でもネタバレになるからできない。ああ、でもやりてえ〜。

TwitterRT @takehirohiguchi そうなんだよねえ。子育ての時間がある人は
平日の昼間に映画見る時間ないもんねえ。
どんなに面白くても暗闇で二時間って昼寝タイムだもん、
みんな「サニー」のことがホント好きだなあ。
熱く語らせる何かがあるよ。

(博士のコメント) カミさんと友達に劇場で見せてあげたい。


『サニー』についてのツイート。
今、『週刊プレイボーイ』見たら、
高橋ヨシキさん、樋口毅宏さんが全く同じ事を書いていた。

TwitterRT @TRiCKPuSH: 【再掲】
「政治の季節をサブカルチャーで相対化する韓国映画
『サニー 永遠の仲間たち』」 http://t.co/xlXCe6Vg

TwitterRT @KimuSuhan 仕事に家庭にと忙しくて、
さらにいろいろあって大変な40代の従姉に『サニー』を推奨。
返事は「行きたいけど、毎日仕事で家庭もあるしなあ…」。
そういうあなたにこそ観てほしい映画なんです!

TwitterRT @eigaoh:
「サニー 永遠の仲間たち」(2011)
ひとつとして 黄金の輝きを保てるものはない、
とロバート・フロストは詠んだ。
懐古主義が導く体制批判は、過去を更に輝かせる妙。
過去と現在を行き来させ る為に“オーバーラップ”の類いは必要ない、
とする映画的矜持。人生はままならない、故に美しい。


いろいろと書き込んでいたら、それらをまとめてくれた。
    ↓

TwitterRT @CJEJmarketing: まとめを更新しました。
「サニー 永遠の仲間たち」水道橋博士さんはじめ
感想ツイでバズってる様子」
http://t.co/uy8eVr0d

TwitterRT @CJEJmarketing: ゲームクリエイターで、
作家の柴尾英令さん@baohの激賞 連続ツイートをトゥギャりました!http://t.co/Geyu0Giu 感激しました!この感動を一人でも多くの方に! http://t.co/jMixcz1q


《 原発停止継続で電気料金値上げ幅1.5倍に。東電試算 》
《 渋谷駅刺傷事件 32歳男逮捕「ぶつかり腹が立った」 》
《 佐藤隆太主演ドラマ「クレオパトラな…」8話で打ち切り 》

 


5月24日  木曜日



早起きして、
朝、相棒とネタ会議。


しかし、今朝は、変な夢を見ていた。

その夢――。

プチ鹿島が「誠心会館・青柳館長と越中詩郎の抗争」について、
その見解を語るのだが、
はるか昔の試合、当然、俺は詳細な部分を忘れている。
プチ鹿島はよく覚えているな〜と感心している(夢のなかで)
そこで一時的に夢が覚める(という夢の中)、
さきほどのことで、
自分の記憶の健忘について苫米地先生に相談する。
〜という夢。

この夢が不思議なの はプチ鹿島が語る内容は、
実は俺が深層では覚えているということだ。


その後、夢は続く――。

バッファロー吾郎の木村くんの原稿を読んでいる。
KAMINOGEで
「ボボ・ブラジルは何故、花束嬢までは喰わなかったのか?」
を読みながら、俺が笑っている。
もちろん、そんな文章は実在しない。
全文を書いたのは、深層の俺だ。って、
朝からインセプションみたいな話。



映画『サニー』話は、まだ続いている。

映画「サニー」

TwitterRT @aizawaaa: 映画「サニー 永遠の仲間たち」
漫才病棟を一時退院して
劇場に足を運ぶ博士に感激。本当に皆に観てほしいし、
いくら絶賛してもハードルが上がり足りない。
とにかく、観てくれよと。
それで面白くなかったと言うなら、
俺にその金を払わせやがれ、って感じだ。

TwitterRT @manaview: 『サニー』鑑賞。これはとんでもなく素晴らしかった。
『カーネーション』同様に女系家族のような女の親友たち、
父性・男性はほぼ排除されている『まどマギ』もそうだけど。
誰もが象徴的な父になってしまう世界で。これは観た人絶賛するわ。

TwitterRT @takehirohiguchi: 【サニー】男が描く物語は、
全て父性と「大人になる事」をテーマとするが、
女性は「生まれたときから女」であるため、
通過儀礼を必要としない。
それを男の、 しかも若い監督が描いた。
「何で女性をここまで理解できるのか?」
っていうと、男の中にも女性性があるから。
だから男がこんなに絶賛するの。


韓国映画『サニー 永遠の仲間たち
大推薦する男子仲間が、
花くまゆうさく、樋口毅宏、BAOHさん、松崎AさんBさん、相沢くん……
などとホントのボンクラばかり。
オヤジの連帯感。
乙女感が凄くて気持ち悪い(笑)。
このメンバーで『サニー』組みたいくらい。

TwitterRT @baoh: 「サニー 永遠の仲間たち」の生徒グループ、サニー。
こういうのって、悪たれ団(生徒諸君)、
有閑倶楽部、F4(花より男子)とか、
少女漫画固有のものだと思いつつ、
少年漫画にないかと思いだしたら、あった。メタクソ団だ! 
マタンキ!



漫才病棟、昨日、抜け出して映画を見たばかりなのに、
今、『二十五の瞳』が俺をずっと睨んでいる。
勘弁してよぉ!!


午後、
樋口毅宏の新作『二十五の瞳』(文藝春秋)
よせばいいのに本を開いてしまった。

本


そして、瞬きすること無く、
最後まで読み終えて瞳を閉じた。

ふぅ〜傑作!
凄い伏線回収。
震災で始り震災に終わる。
その間、小説世界で心揺れっぱなし。
荒唐無稽の小説世界の広がりに私小説まで加わった。
その序章・終章は、ほろ苦い。『現実も物語』だ。

――結論。

良く聞かれるが、僕の今一押しの作家は樋口毅宏。
作家の集大成は処女作にあるというが、
『さらば雑司ヶ谷』(新潮文庫)を一刻も早く読みたまえ。
(たった490円!)
解説は町山智浩+水道橋博士。

本


そして、作家の最高傑作は最新作にある。
『二十五の瞳』(文藝春秋)を是非読みたまえ!




今日の朝日新聞の朝刊に
稲川淳二さんのインタビュー「障害者が生きる」があった。

ボクは電子書籍の『藝人春秋』で、
この話を一章にしていたので
「その後」を気にかけていた……。

TwitterRT @ibiru 博士が稲川さんについて書いた
第四回も読んでほしいよー名文!
http://t.co/QWeDy9D2
RT @M_Yazuki 見方わからん。出来る人はぜひ!
RT @NatsMiya あ、私も、わかんないなーと思ってたとこです。
RT @takehirohiguchi: 目崎さーん、ご新規二名ー。

TwitterRT @takehirohiguchi: 博士が稲川さんについて書いた
第四回読んでほしいよ名文http://t.co/lmUuSGjl
RT @M_Yazuki すばらしかったです!またもや号泣。
博士の記事構成力と稲川さんの人間性。本当にやさしいんだな

(博士のコメント) 小説家のお二人に褒めていただいた!

TwitterRT @koh0516: 水道橋博士の藝人春秋を読んだあとに
これを読むとまた二重に泣けてきた。
→稲川淳二さん、障害者の親として衝撃告白
「次男に死んで欲しいと思う気持ちあった」
 http://t.co/KrrCLHPn


TwitterRT @takehirohiguchi:
今よりずっとストレスで押し潰されそうだった頃、
一日の終わりに博士の『藝人春秋』を読むことが唯一の楽しみだった。
尊敬する教授の「難解な哲学書や後世に残る大著を
フェイバリットと公言しても、
寝る前にベッドで読む本が、
その人の本当に好きな本だ」という言葉を思い出した。
その通りだと思った。



夕方、
豊橋競輪での仕事帰りの相棒とネタ会議。

ずいぶんスッキリと削った。
今まで書き続けた部分、
大幅にネタがなくなるが、毎回、そういうものだ。

しかし老眼眼精疲労。
活字読むのがツラいわ。



テレビ東京『カンブリア宮殿』、SPIDERでタイムシフト試聴。
(ドワンゴ川上会長出演回)。

ニコニコ動画の様子を拝見し、
なるほどなぁと感心しつつ見た。




耳の中は『サニー』のサントラが流れ、
目の前は小豆島の『二十五の瞳』の物語の残像が消えない。
しかし、頭の中は、今月28日の漫才がぐるぐると回っている。


今回の『週刊文春』。
小林信彦御大のコラムへの反響、小さいなぁ。

週刊誌ウォッチャー趣味の同士が少ないのを実感。
『SPA!』の福田・坪内対談にもあったが、
若き日に、小林派か筒井派かの選別ってあったなぁ。



増田俊也さんの呟き、保存。

TwitterRT @MasudaToshinari: ヒクソン・グレイシーに
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」の取材をした時、
まわりの人間は気づいていなかったが、
僕とヒクソンはにらみ合い一触即発となった。
「これはノンフィクションなのか」と怒りの眼で聞いてくるヒクソン。
「イエス」と答えると、彼の眼が「覚悟はあるのか」と光った。

TwitterRT @MasudaToshinari: ヒクソンはだから、インタビューの間ずっと不機嫌だった。
この取材の自分にとっての意味を考え続けながら答えていた。
帰り際「シャトゥーン ヒグマの森」を渡すと
「これもノンフィクションか」と聞いた。
「いや、フィクションです」と言うと肯いて笑った。
僕がヒクソンを見る視線はあれから変わった。

TwitterRT @MasudaToshinari: ヒクソンはもちろん格闘家だけれど、間違いなく思想家でもある。
思索しながら手探りで生きている。
ファイターたちは他のスポーツ競技の選手より
「言葉」を持っている人種だと思う。
ヒクソンはそのなかでもさらに繊細な生き方をしている人だった。

TwitterRT @MasudaToshinari: スティーヴン・キングが
「物語は書くものではなく、そこにあるものである。
われわれ作家はその化石を丁寧に掘りだすのだ」
と言っていたがそのとおりだと思う。
スコップで掘り、刷毛ではらい、
そこに埋まっている巨大なティラノサウルスの骨格を詳らかにし、
それを活字に落とし込んで読者に見せるのだ。


《 新潟のトンネルで爆発。3人搬送、4人生き埋めか 》
《 2020年五輪。東京が1次選考通過。候補地は3都市に 》
《 「全裸写真ある」女優の父を恐喝 山口組系組員を逮捕 》
《 中学生3人が小学生に因縁…いじめ動画投稿でネット大騒ぎ 》
《 タモリ25年ぶり、フジ「27時間テレビ」司会 草なぎ剛は100キロ挑戦 》

 



5月25日  金曜日


朝、相棒とネタ会議。

その後、自主トレ。


合間、26年前、
浅草フランス座時代の日記を読み込みタイムスリップ。
こんなに読み返したのは、初めてのことだ。


大根さんのblogの連載?
毎回、写真と文章のコラボ、急所を突きますね!何だろう。


TwitterRT @hitoshione ハニカムBlog書きましたー⇒http://t.co/yjWjkayo

Twitter(博士のコメント) @hitoshione そう言えば大根さんのblog、
樋口毅宏さんの新作『二十五の瞳』の参考文献にちゃんと入ってますよ。


「高橋是清って、ちゃんと主人公でドラマ化されたことってあったっけ?」
ってTwitterで呟いていたのだが、お答えもらう。

TwitterRT @noyorin: 嵯峨善兵の『燃えよ!ダルマ大臣 高橋是清伝』(1976)、
国広富之と森繁久彌のリレーで『熱い嵐』(1979)があります。




連日、漫才病棟に篭っているせいか
オールアダルトジャパンのDVD『AV30』の
『カンパニー松尾8時間』
全部見てしまった。

文筆の合間、分泌の連続。
しかも今後も繰り返して見るだろう。
生まれ変わるならカンパニー松尾になりたい。

DVD


浅草フランス座時代の初コント作やら前説やら、
音源テープを発掘。

そのタイムカプセルを開ける感覚は、
ニュー・シネマ・パラダイスのようだ。


《 新潟のトンネル爆発事故。ガス濃度高く捜索難航 》
《 ホルムアルデヒド問題。群馬の産廃業者が排出 》
《 「次長課長」河本、母親の生活保護受給問題で会見、謝罪 》
《 変装姿のローラが有田のマンションから朝帰り…熱愛は否定 》

 



5月26日  土曜日



6時起床。

東京駅から新幹線移動で名古屋へ。

9時55分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。

ゲストコメンテーター:
いとうまい子、八代英輝、福田彩乃、憲俊、ご一緒。

「トコトン!リサーチ」:
いよいよ完成!スカイツリー

「名古屋大ナゴヤ☆ランキング」
東京スカイツリーのテナント編

「生産者に聞いた!産直市場・げんきの郷 ランキング」

【旅人照英】茶臼山

今日の特集は、
僕も義父と息子とよく行った大府の『げんきの郷』。

そして、スタジオで出荷されたばかりの、
たまねぎを三倍酢で、
トマトをそのまま食べたのが、
あまりの美味さに皆、驚いた。


新幹線移動で帰京。


月曜売りの『週刊現代』入手。
カラーグラビアは、
いま注目の食のコレクター・倉敷『平翠軒』森田昭一郎の世界。

気になっていた倉敷の『平翠軒』、
本も出ているし、通販もやっているのだな。
東京のデパートにも出店しているのもわかった。
注文してみよう!


名古屋帰りで、一回ネタ会議。
70%くらい進んだ。

しかし、もう覚えなくてもならない。
自主トレ、チョイナと歩きつつ。


夕方、もう一回ネタ会議。



誰に頼まれたわけでもないが、
映画『サニー 永遠の仲間たち』キャンペーンは続いている。

勿論、ダメだった〜の評もある。
死んだ目さんはご夫婦で鑑賞。
    ↓

TwitterRT 「サニー」、ツマと二人で鑑賞。俺は涙を搾り取られたけれど、
ツマに鼻で笑われた。悔しい。
RT @suihan: 女子には等身大すぎて辛いのかと思ったが、違うのか?
RT @shindame: 「あれで泣けるの?信じられない!」と罵られました…。

TwitterRT @cusum13: 「サニー」には、
「邪魔なのに無視できない男」が描かれていないので、
そこに苦労してる大人の女性にとっては
非リアルになるのかもしれません。
同じ理由で、男性が素直に感動できるのではないかと思います。
私は感動しましたが。



実は、清水ミチコさんは「どこがいいのよ!」と言われた。

Twitter(博士のコメント) @SDP_ani 清水ミチコさんに
サニーの魅力を教えてあげてください。



Twitterがあると、「今日の過去」に囚われる。
他人の一日の娯楽、心地良い満足感を横目に、
後悔が風のようによぎる。
「ああ今日は野音行きたかったなぁ〜」とか……。
スチャの野音に行きたかった。


《 福島第一原発4号機 事故後初公開…線量計鳴り緊迫した場面も 》
《 駐新潟ロシア総領事が死亡 キャンプ場から沢に転落 》
《 巨人 資料流出で清武氏の可能性高いと結論、同氏は潔白主張 》
《 プロ野球交流戦・巨人、10連勝で止まるも首位と2差まで接近 》





5月27日  日曜日


日曜日、お昼の天気の良い頃に。

相棒とネタ会議。
あちこちを歩きながら公園で一服。

いつもより煮詰まらず、
近況報告などしながら、
のんびりといい感じであった。

今回は、いい調整している。
仕上がりも一日早い感じ。



TwitterRT @sin0029: 樋口毅宏『二十五の瞳』をフラゲ読了。
絡み合った4つの時代の悲劇。それでも登場人物は高い気概に満ちている。
時代ごとに語り口が違うのも面白い。
そのなかで2話目は水道橋博士の成分が高めに感じてニヤニヤ。
終章には驚いた。30日発売 http://t.co/sdGL33TB

TwitterRT @ibiru 「間違いなく彼の最高傑作。
そして、今年の最も話題となる小説になるのではないか」。
山崎洋一郎の「激刊!編集長日記」 樋口毅宏の新刊『二十五の瞳』を読む http://t.co/9H4oOzsJ

(博士のコメント) ↑おお、山崎さん激賞!


マキタスポーツが凄いことになってきている。

TwitterRT @makitasports 明日「笑っていいとも」に出ます。初タモリさん。
夜は「Hey!Hey!Hey!」。
フジテレビ・マキタスポーツ祭り開催です。

マキタvsタモリ、ついに。しかも音楽論!


二股だとか、芸能人のスキャンダル、
渦中の人は大変だろうと思うこの頃だが、
かつてウディ・アレンが、
妻ミア・ファローの養子の子(スン・イー)と出来てしまった時は、
どれほどの非難轟々であったのだろうかと夢想する今。


5歳の娘、歯の生え変わりで二本抜けたと報告にきた。
変顔になるのに、実に嬉しそうだ。


TwitterRT @st5569 「KAMINOGE」ケンコバ×三又又三対談。
三又さんのポンコツっぷりと人望のなさがすげえ面白い。
見た目が邦彦にシュート仕掛けられたり、
有吉さんと討論する番組で仕事コ○キと命名され、
ショックを受けて沈黙する話とかw
不思議な芸人だわ三又さんってw

(博士のコメント) ↑これ、本人が喜ぶ!

三又又三は今日が45歳の誕生日。
独身。ポンコツ。
今日はクロマニヨンズに行っているはず。
見かけたら祝福を!


TwitterRT @iijjiji: 浅草キッド @s_hakase @snack_tama 出演!
今夜5/27(日)25:20 #TBS 『別冊アサ(秘)ジャーナル』
クールジャパン第22弾・兵庫編!
世界遺産のレプリカが乱立する謎の公園をはじめ、今回も盛り沢山!
博士日記⇒ http://t.co/19nNyyLR

(博士のコメント) ↑今日のTBS『別冊アサ(秘)ジャーナル』は
兵馬俑の発掘現場の再現が凄すぎるよ!



夜になると一人で、気分転換に、
エレカシの『歴史』を絶唱する。
気持ちいい。
明日、ゲストとゲストが放送になるのか。


TwitterRT @iijjiji: 明夜5/28(月)25:56 #tvasahi
『ゲストとゲスト エレファントカシマシ・宮本浩次×水道橋博士』
宮本はキャリアを積んでいく中で大切にしてきた事、
博士は芸人を目指す前になりたかった職業など深い話を。
 @s_hakase 日記 http://t.co/xToc2P78



明日(本業、本場所の漫才舞台)が終われば、
あれもこれもやりたいリストを作っているのだが、
この舞台のために先送りにしていることが多すぎて、
また仕事に追われるのが確実なのだ。
人生はままならぬ。


今は昔、殿は、
「買えるものなら買ってでも差別される側でいたい」
と言い放っていた。それが「芸人」の矜持であった。
弱者である側だからカウンターの笑いが生まれるのだ。と。

大きな秩序や常識、
世間と正論がテレビの住人には求められる。
だから、そことは別の世界、寄席や舞台があるんだ。

非効率を笑われ、その前時代ぶりを揶揄されても、
DVDにもならないし、呟きも厳禁。
それでもテレビにはない「芸」をやる。
それが俺たちの本場所「高田笑学校」。


《 新潟のトンネル事故 4人全員死亡 不明の作業員と判明 》
《 サッカーJ2横浜FC、カズが45歳ゴール!最年長得点記録を更新 》
《 バレーボール・全日本女子、崖っ縁最終戦で敗北も五輪切符つかむ 》
《 ジョン・トラボルタ 女装写真見つかる 妻は精神的にダメージ 離婚決意か 》





5月28日  月曜日

午後から嵐らしいので、
午前中、
晴天の空の下、相棒とネタ会議。

いつもの善福寺川を歩きながら……。


帰宅後、
マキタスポーツ生出演の『笑っていいとも!』視聴。

マキタvsタモリ。
今度はじっくり、タモリ倶楽部で見たいですな〜。
鏡を見ているようでもあるだろうなぁ。

ある意味、
70年代のタモリさんが今のマキタのような存在だったのだもん。
話があいそうだわ。


TwitterRT @makitasports いいとも終了。タモリさんと楽屋でいろいろお話。ありがたいお言葉。今日の講義は音楽の分解じゃなく、キャラ込みで番組使用。その辺りをタモリさんは察知されてて嬉し


TwitterRT @ichinosuke111 先日「サニー」を観にいく。
「これは!」と思い、昨夜「子供は俺に任せろ!」
とカミサンに半ば無理やり観に行かせる。
カミサンどういう感想を持つかドキドキしながら待つ。
帰宅後、余韻でなかなか寝付けない様子。薦めてよかった。

(博士のコメント) ↑おや一之輔師匠も!



『二十五の瞳』の話も樋口毅宏さんと。

Twitter (博士のコメント) @takehirohiguchi
新作の参考文献に『ヒミズ』が無いのが不思議だった…。

Twitter(博士のコメント) @takehirohiguchi あ、じゃあボクの刷り込みなんですね。
住田が見てしまう一つ目の妖怪。あの見てしまう感が彷彿していました。


TwitterRT @kitanoatsu: マキタスポーツさんとプチ鹿島さんが
有料メルマガ−「メルマガ芸人」目指す
/東京(みんなの経済新聞ネットワーク) - Y!ニュース http://t.co/VZTqUfEd




浅草キッドの漫才の本場所『高田笑学校』へ。
校長不在のまま登校!
嵐は過ぎ去った。歩いていこう。

いつものように二人でネタ合わせをしながら、
17時半、新宿紀伊国屋サザンシアターへ。


『我らの高田笑学校 しょの四十一』

漫才
オープニング、
玉袋、変装姿で登場。
ここからネタ振り。

・360°モンキーズ
・松村邦洋
・カンニング竹山
仲入り
・スピードワゴン、
・浅草キッドの香盤

皆、熱演。

360°モンキーズは、細かすぎるモノマネシリーズ。
舞台には落としセットはないが、
ちゃんとオチていた。

マッちゃんも、
初めて高田笑学校に来る人は、
そのブラックなネタに絶対、驚くだろう。
高田笑学校へは登場は8年ぶりになる、

カンニング竹山くんの一人語り。
正面突破な喋りは芸人の矜持に溢れていて、
ゾクゾクしながら聴き入った。

スピードワゴンもいい漫才だった。
彼らのやりなれた鉄板ネタなんだろうけど、
ボケ・突っ込みの音量の強弱がリズミカルで
実に耳心地の良い漫才だった。
「上手いなぁと!」楽屋で。


我々、トリで「タマ散歩」25分。

漫才

高田校長不在。
しかし、舞台を見つめるギョロ目マークに捧げる。
先生は見つめている。
心肺停止を心配停止にするよう手抜き、妥協なき舞台。
只一回きり唯一無比の漫才に胸を張る。



高田笑学校の本番を終え、
文春・作家・ライターチーム、
『博士の異常な鼎談』WOWOWチーム、
入江悠監督チームの3組が合流した飲み会へ。


相互に初対面ながら仕事の繋がりがあったり
Twitterで通じていたりする。
オフ会めいた宴。

扇の要に自分がいるのも珍しいのだが、
ただただ、楽しかった。
いや、今宵は、Twitterがあることに心底、感謝!

……しかし、どうやって帰宅したのか記憶なし。


TwitterRT @baoh: 高田笑学校を文春組に混ぜてもらい、堪能する。
浅草キッドの孤高にして、真摯なる笑いを全身に浴びる。
Twitterでは詳細を書けないが危険すぎるネタと正攻法の正面突破、
しかるべき場に行けばこの笑いが堪能できるのは、
日本がかろうじて正気でいられる炭坑のカナリア。
楽しかった。楽しすぎた。

TwitterRT @hkonip 博士の〆のアイサツ、鳥肌立ちましたよ。

(博士のコメント) ↑全く覚えていない(笑)
漫才から開放されて、ホント夢心地だった。


店を出たら、大きな地震があったらしいが、
それすら覚えていない。


帰宅後、
テレビ朝日『ゲストとゲスト』を見ながら、
いつの間にか寝ていたようだ。


いくつか舞台の感想を拾っておくと――。

TwitterRT @soily22 高田文夫のいない『高田笑学校』。
毎度の事ながら、初登校の若手芸人が、
キッドの漫才に驚きを口にするのを観るのが、
我事のように誇らしい。

TwitterRT @sisimaru1969w:
今日は高田”笑”学校。前半一番の爆笑はカンニング竹山。
ネタは昨年の単独ライブの焼き直しだが、
その分トークに爆発力がありどっかんどっかん沸く。
しかし、トリの浅草キッドは桁外れのおそろしさだった。
まさしく、何も言えねぇ!

TwitterRT @masked_water92: 我らの高田笑学校を観てきた。
浅草キッドの、いまこれをネタにしなくてどうするという、
敢えて火中の栗を拾おうとする果敢さに激しく感動し、
そして爆笑させてもらった。
彼らこそ、たけしイズムと文夫イズムを継承した、
真の関東の芸人だ。

TwitterRT @nonfumeur:
浅草キッドの漫才は推敲に推敲を重ね、研ぎ澄まされ、
あとはその日の気持ちが乗せられ、客前で表現される。
つまり、未発表の新曲を奏でるライヴ、しかも、えげつないPUNK。
博士と玉さんは一所懸命に最高の笑いを披露してくれた。
僕は興奮し、耳をそばだてて全身で感じた。
最高におもしろかった。

TwitterRT @ma2yome 昨日の高田笑学校、最高でした。
カンニング竹山さんの1人喋りの凄まじさに、
KIDの他言無用、その場限りの毒漫才。
東京芸人の矜持に裏打ちされた密室テロリストぶりを
高田先生に見てもらいたかったなあ

TwitterRT @okanobuchan 昨日の高田笑学校でのお二人の漫才、最高でした!
今回も新ネタで、あらゆる話題のキーワードを駆使して
見事に細部の細部まで計算されたうえで作られている
最上級の漫才に驚愕しながら爆笑しました。また、見に行きます!

TwitterRT @re9ru 昨日の高田笑学校、
ここ数ヵ月の新聞雑誌記事をギュっとまとめて
発酵させたよなネタの後半、
別々に作っていたパズルの塊が
一気に組み合わさった時のような感覚がして痛快でした。


スピードワゴン井戸田君の感想。

TwitterRT ‏@junjunitojun 昨日は高田笑学校でした!
竹山さんの一人喋り キッドさんの漫才 迫力!
格闘技を観てる様でした!
真似できないけど 越えたいと闘争心を掻き立てられるライブでした!
高田先生の早期の復活をお祈りします!


俺なりに総括。

全ての仕事の中で最も時間を要しているのが、
この高田笑学校の漫才の舞台だ。
そして、最も見てもれえる人が少ない仕事だ。

毎回、これが最後かもと思っている。
そして防衛戦でもあると。
最新作が最高傑作であるとも。

今日は久々に快心の出来だったと思う。

時事ネタは世間の潮流、潮目があり本当に難しい。
数ページも書いていた塩谷瞬など
本番には一行も残っていない。

筋の中に鮮度と強度を兼ね備えたネタを単発にならぬよう
入念に縄のようにあざなえる作業を繰り返すが、
本番当日だけの一発勝負。
二度目はない。

観客には一夜の夢に思わせたい。
映像化おろか、呟きすら厳禁。

効率が悪すぎる、と言われて、もう十年以上経つが、
これは仕方ない。


漫才の中にある凶暴さ、破壊力、
そういうものを表現したい、
今の時代、それをやるなら一回きりなのだ。


《 国会の原発事故調査委員会。菅前総理を参考人招致 》
《 ダルビッシュ、大リーグトップタイの7勝目。日米通算100勝 》
《 長谷川理恵6・3入籍を発表 11月初旬に出産予定 》

 




5月29日  火曜日


完全に二日酔い。

昨晩放送のテレビ朝日『ゲストとゲスト』。
エレファントカシマシ宮本浩次さんとの対談、再生。

しかし、俺の汗の噴きだし方(笑)、
スタジオで明転して目と目を合わせた瞬間にドギマギああなった。
どんだけ惚れやすいだよ!
「男と男の出会いは会った瞬間」
と殿が言うが、そういう一目惚れですね。

もちろん、もっともっと話をしているが……。
一番ボクが素晴らしいと思ったのは、
客観性の無い己への盲信。
才能をもって自己愛を貫いている。
歌なら負けないと森鴎外と競争している人を見ると、
惹かれるに決まっている。

アルバムのタイトルを、
『ホームラン王』にしようとした話しながら――。

一本足打法を真似ながら
「王選手にはホームラン王では負けますよ、
でも歌ならボクはダントツですよ!負けないんですよ!」


オンエアから落ちていたが、
「お互いコミュニケーション下手の人間音痴ですね」との俺からの話に。
「だからこそ30年そばにいてくれるメンバーがありがたい」
ってところは印象的だったな。
そうそう。あそこ残っていた。


TwitterRT @fm872 『ゲストとゲスト』 宮本さんの対談相手が水道橋博士で良かった(^^)
博士の「エレカシの歌はどんな畦道、裏道歩いてるやつでも
胸を張れというメッセージがある」という言葉。
的確で明確にエレカシの歌を表現してくれた。



ミヤジのレコーディングダイエットを聞いたからか、
昨日の漫才の舞台上は57キロ。
3日で3キロ落ちていたが、今日一日で+2キロに。


昨日楽屋で、
「樋口さんの新作もう売ってますかね?」が、
俺との第一声であったスピードワゴンの小沢くん。
舞台終了後、
その樋口毅宏さんが現れ、
「小沢さんに会えるかもと思って持ってきました!」と
『二十五の瞳』を手渡した。
その時の小沢くんの瞳といったら(笑)


ネットの感想読んでいると、検証したくて
樋口毅宏『二十五の瞳』をもう一回読みたくなる。
一回目は筋に完全に引っ張られた。
この話は何処へ行くのだろうとワクワクした。
2回目は、その引用ぶりとか味わいたい。

TwitterRT @hendrixer: 樋口毅宏氏「二十五の瞳」第二話まで読んだ…。
やはり序章「小豆島へ行くつもりじゃなかった」
(パーフリ1stオマジュ…)
が効いてる。これがあるだけで それぞれの話が単発とはまた全く違う意味合いを持つ。しかしなんという奇想の数々…
どれも涙から生まれた、悲しくも美しい物語ぢゃないか…。




次回のMX『ゴールデンアワー』用に、
「女性活用」「女性は何故出世しないか」に関する資料記事読み。

こんなことを今まで一度も考えたこともなかった。
「ダイバーシティ」、「クオータ制」などの言葉も初めて知った。
本当に男社会で生きてきたのだなぁ。

今まで耳にはしていたが、
企業の「総合職」「一般職」の違いについても、
初めて知った。

テレビ局は大企業だから、
ダイバーシティに取り組んでいるのかな?
芸能プロは男社会に見えるがマネージャーなどは
女性が多い気もする?どうなのかしら?


Twitterで、東京ポッド許可局のメンバーが、
映画『サニー』を観に行ったのを知る。
「サニー論」やって欲しいよ。

連日、オヤジ同士がサニー論ばかりやっている。
なんで女が行かないのか?



深夜、
TBS『テベ・コンヒーロ』が狂った企画をやっていた。

TwitterRT @aizawaaa 「テベ・コンヒーロ」
TBSバラエティの狂気が「未来ナース」から受け継がれてた。

(博士のコメント)↑良く思い出したね。俺も連想。


相沢くんが思い出しているのは、
あれ未来ナースの最終回。

林葉直子が江頭の子供をはらんだ桜庭あつこの胸揉みながら
おしめ姿のゴージャス松野が桜庭の母乳を飲んでるところへ。
岸辺シローとガッツ石松が殴り込んでくるやつね。

あれディレクターの妄想を書いた
ペラ一枚の台本でやっていたんだよ。
未来ナースが常軌を逸していく頃の映像ってネットにないかしら?


昔、千秋とメーク室で初めて会った時
「スイマセン、1つだけ聞いてもいいですか?
あの未来ナースっていったい何をやっているんですか?
あれって誰かの夢ですか?」
って言われた想い出がある。

TwitterRT @kentaro_fujii 未来ナースくらいみんなの記憶に残ってくれたら嬉しいです…
(博士のコメント) Twitterではもう伝説でしょう。


おお。頂き物の『奄美黒糖焼酎 甚松』が文句なく美味い。
臭くもなくシングルモルトのウイスキーみたい。

甚松



増田俊也さんのツィート。お気に入りに。

TwitterRT @MasudaToshinari:
ヒクソン・グレイシーが試合前に緊張している息子に
「もし勝ったらご褒美を1つあげるよ。
でも負けたらご褒美を2つあげよう」
と言ったエピソードが僕は好きだ。
ヒクソン自身も子供の頃、父のエリオから同じ言葉を言われていた。

TwitterRT @MasudaToshinari:
腕力をたよりに生きてきた者は自分より
腕力のすぐれた者が現れたときそれを蔑み、
自身の矜持を保とうとする。
知性をたよりに生きてきた者は
自分より知性のすぐれた者が現れたときそれを蔑み、
自身の矜持を保とうとする。
そんなことでは、いつまでたっても子供だ。
それに気づいた者だけが前に進める。


《 東電。電気料金値上げ分に、冬のボーナス147億円 》
《 中国書記官 スパイ疑惑…公安部が出頭要請も中国側拒否 》
《 レイズの松井秀喜、いよいよメジャーへ!昇格が決定 》
《 山本太郎が結婚 ツイッターで発表「支えたいと言ってくれた」 》
《 吉本興業 梶原母の生活保護受給は「事実。手続きに瑕疵はない」 》

 



5月30日  水曜日


TwitterRT @dankeitatekawa これからカミさんと久しぶりに有楽町まで、
水道橋博士ご推薦映画「サニー」を観に行って来ます!

(博士のコメント) ↑お、この言葉に火がついた。
ならばボクはカミさんと
『ミッドナイト・イン・パリ』を観に行ってきます!



11時半、ユナイテッド・シネマとしまえんへ。

映画『ミッドナイト・イン・パリ』カミさんと。

午前中に映画に行けるなんて……。
子供たちが3人とも幼稚園や小学校へ通えるようになった賜物だ。

映画


レディース・デーの『真昼間・イン・豊島園』で
『ミッドナイト・イン・パリ』だったが残念、空振った。

カミさんは好きだろうと思ったが、
カミさんもダメだったなぁ。
しかし、そんなことを話ながらの帰り道も楽しいのだが。


若い監督と若い脚本家が初めてコンビを組むに当たって
旅に出るロードムービーがあったなぁと一昨日の宴の風景に、
ふと思い出していたら、
リアリズムの宿』(山下敦弘監督、向井康介脚本)だった。
DVDレンタル初見。
会話の妙、面白かった。

映画


もう一つの『サニー』話、
『リアリズムの宿』はブレーク前の尾野真千子さんが出演していたのだが、
もう一つ、関西弁のインド人、
サニー・フランシスも出演していたのに驚いた。



新藤兼人監督の訃報。

一度、インタビューの仕事を打診されたことがあったが、
過去作などを全部見なければ…と思うと断念したことがあった。
100歳の大往生。

30年前、監督の『北斎漫画』の倉敷ロケのお手伝いをした。
そしてワンシーンの出演。俺が高校生の頃。
監督は70歳!だったのか。

映画



18時、半蔵門のTOKYO MXへ。
『ランドリ』打ち合わせ。


21時、『ゴールデンアワー』生放送。

MC:徳光正行、安藤幸代。
外国人パネリスト:
ガウ(イギリス/フィリピン)、オクサナ(ロシア)、
ヒョンギ(韓国)、矢野ディビッド(ガーナ/日本)、御一緒。

テーマ:「社会の女性活用」
ゲスト:佐々木かをり。

・なぜ女性は出世ができないのか?
・女性活用で世界に遅れている日本、このままで大丈夫なのか? 


「女の利口は男の阿呆にも劣るんじゃあ!」
夫婦喧嘩になると口癖だった男尊女卑の父で育ったせいで、
(母親に同情した)兄もボクも、
その反動で女性尊重派になったなぁ。
環境が逆目に出ることもある。

フィリピンの女性の社会や政治への進出ぶりに驚いた。
管理職の数など男性を上回っているのだ。
1986年のコラソン・アキノ大統領誕生以来とのこと。



帰宅後、遅ればせながら
マキタスポーツのDVD
『マキタスポーツ単独ライブ  オトネタ』視聴。

権利関係が難しく
ライブの全ての再現は出来なかったとのことだが、
では残っているのはどうして出来たの?
と思えるような上出来ぶり。
『オトネタ』はネタなのに何度見ても良いのが素晴らしい。

DVD




メモ。

TwitterRT @miyadai: 《映画のプロ103人に聞いた
「13才までに見たい名作リスト」全194本公開!》 http://t.co/Tz5WJ0KZ


ゲストとゲストの感想、
これらのページの解説面白かったです。


TwitterRT @saku_elekashi: 渋くて格好いい四十後半の男二人が熱く、
青く、人生や仕事について語った対談。
ゲストとゲスト 宮本浩次×水道橋博士 http://t.co/67dGRtOm 

TwitterRT @hit_me_3: 関心空間の記事です ー
“ゲストとゲスト@テレビ朝日
(5月28日放送分:宮本浩次(エレファントカシマシ)VS水道橋博士(浅草キッド)”
http://t.co/yzPowH7N


TwitterRT @shindame: ブログを更新。
「サニー 永遠の仲間たち」の感想です! http://t.co/99FI8ha1



今日も、
奄美黒糖焼酎『甚松』飲みながら、深酒してしまった……。
ハマってる。
二日酔いしないことをいいことに。


《 野田・小沢会談は物別れ。消費増税法案協力要請は拒否 》
《 大リーグ昇格の松井秀喜。先発出場でホームラン! 》
《 米大統領選。共和党はロムニー氏の指名が確定 》
《 巨人・杉内、あと1球で完全試合逃すも75人目のノーヒッター達成 》
《 「原爆の子」「午後の遺言状」…新藤兼人監督100歳大往生 》

 




5月31日  木曜日



今日の取材で、
お笑いと批評芸みたいな話を聞かれるのだけど、
どこかで俺こんなのやったなぁ?と思いだしていたら、
『アメトーーク!!』だった。
文字おこし発見。とインタビュアーの茂田さんに。



13時半、中野ルノアールへ。

『splash!!』誌、取材。
マキタスポーツと対談。

身内すぎて照れ臭くて話にならないかと思っていたが、
聞き手が、旧知の茂田浩司さんだったので饒舌に。

中野の街中で、
マキタスポーツと肩を組んで撮影。
ハッピィな気分。

ルノアールで居残り。
さらに取材、浅草時代の昔語りだが、
まだ話足らずだがタイムアップ。


今日の『splash!!』取材。

高田笑学校の漫才台本、
今回、一番影響受けたのが、
『SRサイタマノラッパー』公式読本の入江悠の脚本術。
それを読みなおしてリセットして、台本に挑んだ話をした後、
店の出口で入江悠監督とばったり。
マキタスポーツが一番驚いていた。


TwitterRT @hendrixer: 樋口毅宏『二十五の瞳』読了。
あらゆる別れに満ちた哀しすぎる恋愛小説と受け止める。
二〇一一年、内的世界と外的世界の破局を同時に受け止めた書き手が、
自己を保つために必死で書き留 めた、
これがヒグチタケヒロの「私小説」とも。
読んでいるあいだじゅう、切なくて仕方なかったよ。

中山涙さんの『二十五の瞳』の書評
相変わらず樋口毅宏作品の読み方が上手だな。



RT @manaview: 師弟関係って羨ましいものがあるなあ。
TwitterRT @denpa954 TBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』5月27日放送分ポッドキャストをUPしました。
ジャズピアニストの山下洋輔さんと菊地さんの師弟対談をお楽しみください。
http://t.co/JXAn8TQ7 #denpa954



帰宅後、
山中伊知郎『ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木』(山中企画)を読了。

本


数々の芸人本の名作を書いている山中さんが、
今、青木師匠を描いていることは知っていたが、
こういう本であったか。
芸人愛に溢れている。
我々もフランス座時代にすれ違っている。
最近は高田笑学校にもいらっしゃる。
山中伊知郎著『チャンス青木』山中さんは、こういう方。http://t.co/MLtwWyZo 

昔のフランス座が現在の東洋館であり、
今の「浅草芸人」という組織図もよくわかる。
細部で気になることがあり山中さんに聞いてみたい。


TwitterRT @hdkdisk 山中さんの『関根勤は天才なのだ。』は
読み直すたびに発見がある名著だと思いました。

(博士のコメント) ↑『ラジオの鉄人 毒蝮三太夫』も。



6年前の岡山社長出演のフジ『ウチくる』を発掘。
ここに出てくるフランス座の舞台の映像はどこにあるのかしら?



末っ子3歳児のカタコトの会話がたまらん。
ずっと、このままでいて欲しいが。
しかし、この時期は一瞬なのだ。過ぎ去るのだ。
そうなんだよなぁ。
このカタコトの3歳言葉を聞き終えると、
次は孫までないのだ。
少なくとも15年くらいは聞けないだろう。
嗚呼、カタコト!


オノマトペの話。

朝日新聞の夕刊、
欧米人にはセミの鳴き声は機械音にしか聞こえない。
「でも、日本人はミンミン、ジーンと聞き分けられる」
その感性こそ海外にアピール出来る日本人の良さだと思う。
と。へぇ〜〜。

Twitter RT @maedaxx 小生、齡41ですが全く同じ話を
9歳の時の担任の先生がされていたのを明確に覚えています。
風鈴然りとも。

(博士のコメント) へぇ〜。外国人には風鈴はどういう音に聴こえるのだろう?


TwitterRT @canadie:その話は僕も気になっていて、
オーストラリア出身の友人に聞いたところ、
やはり虫の音は「ノイジーでうるさいだけ」だそうで。
彼は長く日本に滞在してましたが、
日本人がそこに情緒を感じたり、これは鈴虫、
これはコオロギと聞き分けられると聞いて驚いていました。


TwitterRT @KawabuchiSakae:少し違うかも知れませんが、
「古池や蛙飛びこむ水の音」の蛙を自然に一匹で想像するのは
日本人独特の感性とも聞いたことあります。
欧米人には蛙の群れが飛び込むのを想像する人が多いのだとか。
それはそれで賑やかで楽しい俳句になりそうですがw



TOKYO MXの『ゴールデンアワー』で、
日本人のオノマトペの研究やりたいなぁ。



「片山さつきについてどう思うのか?」
やたらと聞かれる。面倒くさい。
えい!何かと問題の片山さつきのことを書こう!

最近、みうらじゅんさんが片山さつきに間違えられたらしい
……じゅんを。


サンキュータツオが一人で『サニー』を見た話。
一行だけでも面白い。

TwitterRT @39tatsuo 今日『サニー』ひとりで観てきた。
(博士のコメント) ↑その一行だけで泣ける。



「咳をしても一人」
尾崎放哉に匹敵する自由句で侘び寂びを表現しています。
と書いたら、

今日は「こんなよい月をひとりで見て寝る」
と書いてきた。
「いれものがない両手でうける」では。
と返信。

こんな尾崎放哉の話になるのも『二十五の瞳』の影響。

こんだけ好きなら樋口毅宏を絶対コンスタントに
100万部売れる国民作家にしよう!



男サニー。BAOHさんが隊長で、
皆で豪華客船で20泊くらいの船旅している夢をみる。


今日は奄美黒糖焼酎『甚松』のお湯割り。
もう病みつき。



酔っているからこそ、こんな呟き。

Twitter(博士のコメント) 沢尻エリカ様は決して大麻中毒ではない!
彼女は『ハッパー・メディア・クリエーター』であり『脱法ハーフ』だ!!(アサヒ芸能人ネタ)


TwitterRT @dankeitatekawa: ただ「ヤク」に集中し過ぎるだけなのに、
誤解されちゃうんですよね。



《 大飯原発再稼働。橋下氏が一転、「事実上の容認」 》
《 サッカー・ドルトムントの香川。「マンU移籍で基本合意」と英BBCが報じる 》
《 鈴木亜美 高岡蒼佑のマンションに連泊 抱き合い手をつないでお出かけ 》

博士の初の電子書籍 最終回 配信中

『藝人春秋』
水道橋博士 『藝人春秋』

★芸人やタレントなど実在の人物にまつわる物語を綴ったエッセイで現在まで書籍の形ではまとめられていなかった十数篇を大幅加筆、ついに電子書籍で刊行!

第6回は、このラインナップ!
・古館伊知郎と過激実況!
・爆笑問題といじめ問題
・北野武と松本人志を巡る30年!


価格は各回85円
iPhone、iPad両方に対応したアプリで購入可能
今回の企画に関する特別映像や、コンテンツの一部が含まれた無料アプリも配信中。


2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る