7月21日  土曜日

5時半起床。
なぜか蛭子能収さんの夢を見てたなぁ。


東京駅から新幹線移動で、名古屋へ。


松尾たいこ
『わたしがみつけたもの〜伊勢神宮125社をまわって〜』
(武田ランダムハウスジャパン)を読む。
面白い。

伊勢神宮に行くと誰もが、
無色透明な荘厳な空気に包まれる。
しかし、そこにも色が“見えてしまう”才能が、
その世界を多色に可視化させたら……。



9時55分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。

ゲストコメンテーター:
八代英輝、いとうまい子、福田彩乃、憲俊、アイドリング!!!、御一緒。
 
・トコトン!リサーチ:朝得する術をトコトン!
・大ナゴヤ☆ランキング:ナガシマジャンボ海水プール
・高田彦神社:セントレア
・旅人照英:近鉄 津駅


夏の朝トク術のVTR見ながら、藤本アナ。
「将来、旦那さんと一緒に朝走って
 そのままモーニングで食事するって夢ですね〜」
「完全に病んでますね……」
と八代さん。オフコメ、笑った。

毎回、“情熱ナイ大陸”の八代さんの
冷めたオフコメにハマっている。

今日も『旅人照英』のロケ見ながら、
「アレ?照英さんのTシャツのロゴ、
 あれパチもんじゃない?」
実際はマイクが挟んでロゴが抜けてただけなのだが(笑)。


その『旅人照英』、番組の枠を飛び出し、
ヤマザキとのコラボでパンが完成!






スタジオでは、
富士サファリパークで生まれた虎の子と共演。




子供ウケしたくて、一緒に写真を撮るが……
気分は松島トモ子。

生後1ヶ月で、この大きさ!!
人と絡めるのはこの時期だけとか。



新幹線移動の帰途、
iPodに入れておいた昨日放送の、
NHKラジオ第一『すっぴん』(坂口恭平ゲスト回)
聴く。

念のため録音していたのだが、
坂口新政府総理大臣が
一気呵成、怒涛のトーク。
相槌すら打てないほどの高速の喋り
生放送ならではの臨場感。
しかも、これがNHKで流れていると思うと痛快!

ホストの高橋源一郎さんだが、
坂口恭平の全著作を読んで、
あえて「喋らせている」。

「坂口さん、しょせんそんなこと出来ませんよ!」
と常識で封じ込めた石田衣良とは違うなぁ。


TwitterRT @iijjiji NHKラジオ、既にアップされてますよ!http://t.co/4AVy8Tme
(博士のコメント)↑ワオ!

ここのところ、集中して
坂口恭平総理の対談(試合)を収集しているが
改めて、このNHKラジオ第一『すっぴん』における、
vs高橋源一郎戦は名勝負であった。


東京駅で、家族と待ち合わせ。
夏休みは、もう始まっているのだ!
休んではいられない。



夏休み一番に向かったのは、
木場の「東京都現代美術館」。

館長 庵野秀明 特撮博物館
 ミニチュアで見る昭和平成の技』
へ。


広大な施設に、
微細なミニチュア、特撮美術の展示。
しかも上映時間10分弱の映画
『巨神兵東京に現る』が上映されている。


今日は、夏休み初日の土曜日。
混雑ではあるが展示が見えない程、
幾重にも重なる人波の渋滞でもない。

しかし、末っ子の3歳児ですら、
興味深く見入る様子は
やはり男の子だ。
逆にカミさんと娘は長く立ち止まること無く
さっさと通りすぎていく。

10分弱の特撮撮影映画
『巨神兵東京に現る』は、
特撮美術の粋を抽出した濃厚な作品。
立ち見でも苦になる時間でもなく素晴らしい。


撮影禁止の館内だが、
最後はミニチュアセットでの撮影ポイントもあり
至れり尽せり。


御土産、パンフや書籍、ソフビ、プラモなど充実。

子供に好きなバンダイの怪獣のソフビ一体ずつ選ばせる。
が、辛抱たまらず、俺も5体、大人買いしてしまう。
怪獣のソフビ買うのは40年ぶりだと思う。



木場の現代美術館から移動。
代官山のギャラリー・オン・ザ・ヒルへ。

坂口恭平とStephという、
たまたま坂口さんがシンガポールで出会ったという
23歳の女の子の二人展が開催されているのだ。

『ZERO PUBLIC EXHIBITION VOL.1 "Steph Kong"』




坂口総理は不在かと思ったら、
現場で外交中。
約2週間ぶりの再会だが、
その間の八面六臂の仕事ぶり。
状況変転のスピード感がハンパないなぁ。



家族を紹介しつつ、
総理の生絵を初めて見た。



さらに総理から
レーモン・ルーセル『アフリカの印象』の
挿絵を絵本にした
『Air Africa』を頂く。

7年前に総理が手作りで作ったもの。



『アフリカの印象』を読んではいないが、
いとうせいこうさんが、
たびたび「最も影響を受けた本」
として挙げている「印象」。
その自分解釈の挿絵絵本!

TwitterRT @seikoito: 俺の南の島の宿の好み。
基本、バンガロー型式。
ポーチが必ずビーチに面している。プールが近くにある。
出来れば長椅子がポーチに。
高級リゾートのような孤絶は不可、
浜に物売りが通ったり外に現地の店が並ぶ。
夕日の見える西向き、もしくは東向き。
今回だいぶ満たしてる宿をネットで見つけてきた。

(博士のコメント)↑その、いとうせいこうさんは今、南の島に。


ネットで見ても吸引力があったStephの絵、
実物も素晴らしかった!




とはいえ、今まで一度も個展を開いたこともない
シンガポールの23歳の女の子なのだが、
僕が総理と四方山話をしている間、
カミさんとすっかり話し込んで、
友達になっていた。
ああ俺も英語が出来たらなぁ〜と切に思う。


代官山から帰途、
子供たちが、さっき買ったばかりの怪獣ソフビを
個展会場に置き忘れてることに気づく。

Twitter(博士のコメント) @zhtsss うわ。特撮展で買ったキングギドラ忘れた!
高いものじゃないので記念に置いていてください。
「何、これ?」って聞かれたら「博士の忘れ物」とでも(笑)。
あるいは誰かに差し上げてください。


TwitterRT @zhtsss 水道橋博士のお子さんが忘れてった
特撮展のキングギドラも展示の仲間入りしました!
http://t.co/pKf9QYiO

(博士のコメント) ↑キングキドラの展示カッコイイ!!



個展会場で頂いた
坂口恭平のデビューアルバム
『Practice for a Revolution』を聴きながら帰宅。

カバー曲が多いのだが、
スズキ秘書は『TRAIN−TRAIN』のカバー(真島昌利公認)
子供は『少女時代』のカバーに、
俺は『虹』(卓球公認)に反応。

でも一番好きなのは、
『魔子よ、魔子!』(作詞:大杉栄・坂口恭平、作曲:坂口恭平)だ。




そういえば、
代官山の個展に向かう道中に長男、
「どこ行くの?」
「これから総理のところ!」
「え?パパ、ノダ ソウリによばれてるの?」
「野田総理ではない」
と会話しながら会場へ。
「あ、この人が坂口総理だから」
「え、このひとがソウリなの??」
と目をシロクロ。

帰り道、
「きょうソウリダイジンにあったってニッキにかいてイイ?」と長男。
先生にはなんのことやらだろう。
夏休みの初日からいい日だ。


TwitterRT @michikoshimizu 「よく眠れる〜。」と、
弟オススメの「酵素浴」のもとを入れて、お風呂に浸かってみたら、
なるほど怖いくらい熟睡しました。Amazonでまた追加を買うっ!
(CMじゃないから質問はナシよん。)

(博士のコメント) ↑最近、長く眠れないので俺も買います。教えてください。

TwitterRT @Snokaihou ラジカントロプス2.0 せんだみつおの回を
休み時間に聞いたけど、滅茶苦茶面白い。
せんだみつおのギャグの瞬発力凄いわ。

(博士のコメント) ↑これも聞かなきゃ。

TwitterRT @ebinyann: これは、すごいわかりやすいです!!
水道橋博士、けっこういいやん
【ゴールデンアワー】TPP報道に隠された知られざる真実
2012.07.18 (43:50) #sm18385078 http://t.co/4m3CIqyr


TwitterRT @toyozakishatyou
解説を「批評なんだ」と思いきって書くほうが実は容易い。
解説においても、できるだけ初読の際に覚える驚きの
邪魔をしないような書き方(つまり、書評)をしようと思う時、
困難が増すように。

(博士のコメント) ↑僕も毎回逡巡。
誠実に向きあうと膨大な時間がかかる仕事ですね。


TwitterRT @3na0 博士が書いた「中学生日記」(Q.B.B)の解説は
本当に大好きだった。

(博士のコメント) ↑僕も気に入っている。現在は『本業』(文春文庫)に入っている。



町山智浩さんの最新刊の文庫
『アメリカは今日もステロイドを打つ』(集英社文庫)には、
じゅうぶん時間と熱意と丁寧に解説を書いた。
是非、読んで欲しい。





帰宅後、
アメリカABCの連続ドラマ
『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』
♯3 「危険な遊び」 - Hedge Fund Homeboys視聴。



フジテレビ『27時間テレビ』で、
Twitterのタイムラインが一色に。

しかし、全チャンネル同時録画レコーダーの
『SPIDER』がある限り、
見逃すことはない。

気になり始めてから、
SPIDERで追っかけ再生、
すっかり、これも夏休み気分。


まずは『プレタモリ』からタイムシフト視聴。
今夜は眠れないな。

リビングに上がると
長男が日本代表vsメキシコ戦
を観ながら夜更かし中。
「パパ、ダイジョウブ!
あしたガッコウないから!
おねがい、みのがして!」
無論、見逃す。大いに結構。


『FNS 27時間テレビ 笑っていいとも!
真夏の超団結特大号!!』
どっぷり。

27時間テレビの歴史への総括ぶりは、
毎回話題になり、
そして「見逃した」「見届けた」
の感想が頻出するが
不思議でならないのは、
何故、番組ソフトへの愛を語るのであれば、
ハードの仕組みへの変革に踏み込まないのか?
多くの問題が、『SPIDER』で解決するのに!
と思ってしまう。

テレビが面白ければ面白いほど、
過去に遡って何時でも再生が出来る事が、
視聴者数を増やす。

そして広告費が支えるゼロ円モデルであるならば、
正確にターゲット広告が打てれば、
他のメディアに喰われ斜陽化することもない。

メディアの王様がテレビで居続けられるのに
――と思ってしまうな。

 

《 被ばく線量を偽装か?福島原発作業員に線量計の鉛カバー強要 》
《 「金正日総書記の料理人」の藤本氏が平壌へ、正恩氏からの招待受け 》
《 香川 マンU移籍後初先発!存在感見せるも途中交代 》





7月22日  日曜日


5時半起床。
しかしテレビは27時間、
今もずっと起きているなぁ。


午前中、
『27時間テレビ』ピンポイント再生。

エガちゃんのスタジオ乱入。

「さんま・中居の今夜も眠れない」での、
久しぶりにBIG3、揃い踏み。

総じて、
お笑いは年輪と共に
若さの「加虐性」を潜め、
老練の「寛容性」を培うもの。
「お笑いとはマゾが主導権を握るSMプレイである」
ならば今年の27時間テレビ(ビッグ3)で見た、
さんまさんの
「サドが主導権を握るSMプレイ」振りに、
定形破りの異様さ脅威を感じた。


TwitterRT @thnakanishi:
ウィットとは、自らを高みに立たせて、
他人をからかうこと。
ユーモアとは、神や仏を仰ぎ見て、自分は低きにいる。
ペーソス混じりのジョークを言う。
現代は、ユーモアが足りないと西部邁氏が嘆いてました。
博士のSM理論と共通しますね。 @s_hakase




合間、
アメリカABCの連続ドラマ
『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』
♯4 「絨毯にくるまれた死体」 - Hell Hath No Fury 視聴。


午後、
NISSAN日参。
車庫入れ確認。


子供たち、昨日からすっかり、
ソフビのフィギュアを気に入っている様子。

ゴジラvsキングギドラ、DVD視聴。



夕方、子ども二人を連れて、屋内プールへ。

すっかり各自、泳げるようになっている。
俺は眼精疲労を解消するため水中ウォーキング。


終了後、ファミレスへ移動。
カミさん合流。

「土用丑の日」の前に、鰻。
鰻登りの高騰ぶりを実感。
しかし、味は正直、がっかり。
専門的に行くべきだった。


子供たちと
夜、散歩しながら帰宅。




サンポからサンボへ。

21時、先日収録した、
マキタスポーツと一緒にゲストで出た
NHKFMの『サウンドクリエイターズファイル』
(DJ:サンボマスター)を、リアルタイムで聴く。

TwitterRT @nhk_scf: 今夜9時のSCFはサンボマスターさんの最終回!
笑いの世界にとどまらず、
独自の観点で知られざる原石を世間に紹介する水道橋博士さん、
そして今話題のマキタスポーツさんの映画「苦役列車」秘話も!
夢の対談おたのしみに。
お笑い、映画、音楽、濃密な2時間!



ラジオを聴いているうちに、
山口隆くん推薦映画、
市川崑『股旅』見たくなった。

そういえばサンボが主題歌を唄った、
松尾スズキ監督の映画『恋の門』って、
見ていないな。
もう8年も前か。


何故、ここまでサンボマスターに思い入れがあるのか??

今、NHKFMで放送中の記念に
俺との関連をスズキ秘書がまとめてくれた。

【MEMO】水道橋博士とサンボマスター(博士の悪童日記)より。

※サンボマスター話より抜粋 

 「サンボマスターは君に語りかける」が出た頃。
 高田文夫先生が初めてサンボのライブを見に行った。
 その姿に興奮してマイクで高田先生の名前を連呼した山口くん。
 高田先生、翌日の『ラジオビバリー昼ズ』で
 「サンボマスターは俺に語りかけすぎ!」




結局、23時まで、聴く。

面白かった〜!!これは永久保存版にしたい。
ネットにあがったら教えて欲しいほど。




深夜、
TBS『別冊アサ(秘)ジャーナル』を見ながら就寝。

TwitterRT @iijjiji:今夜7/22(日)25:20 #TBS 『別冊アサ(秘)ジャーナル』
クールジャパン・石川編!
収蔵台数500台!日本自動車博物館!
UFOだらけの町羽咋!地獄シリーズも!


《 米コロラド州の銃乱射犯人宅 殺傷トラップ爆破処理 》
《 大相撲・日馬富士が29年ぶり全勝相星決戦で白鵬下し3度目V 》
《 女子ゴルフ・元プロレスラー木戸修の娘、木戸愛がツアー初優勝 》
《 フジテレビ27時間テレビ・「タカトシ」のタカ、公開プロポーズ成功!》
《 草なぎ100キロマラソン完走、ゴール後、タモリと抱擁 》


7月23日  月曜日


6時半起床。

移動、NHKへ。

8時15分、『あさイチ』生放送。

MC:井ノ原快彦、有働由美子アナ。
出演:平山あや、御一緒。

特集:「夏こそ昆布!カンタン超活用術」
・内臓脂肪減&美肌効果
・一晩水につけるだけ簡単レシピ
・出し殻で万能だれ
・紫外線から肌守る  など。


「昆布革命!」と言われても、
いかんせん昆布に興味持てるかな……? 
と思っていたが流石、NHKであった。

大阪の昆布問屋・喜多條さんが開発した、
万能昆布水を紹介。
10グラムの刻み昆布と、1リットルの水を一晩おくだけ。
超簡単。これはやってみたくなる。
その出し殻は、オリーブオイルで和えると、
万能ダレに大変身!

先生がオリーブオイルを
「地中海パラドックス」と呼ぶのも初めて知ったが、
ググってみたら、
クレタ島などの平均余命が、
世界有数であったことから
地中海の食事の様式が注目されたのか。
「地中海ダイエット」
そんな言葉も流行ったな。


今日の生放送中、
昆布革命に俄然、注目していたら、
突如、ニュース速報に切り替わる。
しかし、「オスプレイの陸上げ」すらも、
「折りたたまれた巨大昆布の陸上げ」
に見えて仕方がなかった……。


「解決ゴハン」のコーナーは、
冬瓜と鶏団子の煮物。
これも美味かった!
しかし、何故に夏野菜なのに冬瓜?
と思っていたら解説あり。
「夏野菜だが、
 熟すと皮が固くなって冬まで貯蔵できることから」と。


生放送終了後、
出演者&スタッフ全員が、スタジオに残る。

内藤アナが移動となり、
今日の『あさイチ』出演が最後になるとのこと。
ボクも初出演の時に一緒だったので、感慨深い。
しかしNHKの人は、
ホントに日本中旅烏だなぁ。



本番前、イノッチから頂き物あり。

イノッチ主演の舞台
『芝浦ブラウザー』のDVDであった。

「未来の『住まい』をブラウザせよ」との惹句、
2011年のこの舞台の監修が、
坂口恭平総理なのだ。


DVDと一緒にお手紙も頂いたが、
その楷書の達筆ぶりに唸る。
若い人は忘れがちだが、
直筆、文字には人格が宿るものだ。
高野山で見た空海然り。
俺もペン習字を習おうかしらと思うほど。

改めて、「みんな大好きイノッチ」エピソード入り。

TwitterRT @joesan1951:
天満大阪昆布の喜多絛です。
本日はありがとうございました。
天神祭でとんぼ返りしたため、
ゆっくりご挨拶もできず失礼しました。
あらかじめ刻んだ昆布10gをパックにした
商品をご用意いたしました。 
http://t.co/GmY3Ispn をご覧いただければ幸いです。

今日の午後、
NHKEテレ『Rの法則』の収録があるので、
そのまま楽屋に居残り。



空き時間、
小西Pと打ち合わせ。

『博士の異常な鼎談』の後継番組、また一歩前へ。
俄然、楽しみに。


楽屋で、明日の『ゴールデンアワー』に向けて、
モーリー・ロバートソンの古い資料読み。

モーリーと遠藤ミチロウが
1992年にサンフランシスコでライブ。
この映像、残ってないのだろうか。

今、日本でモーリー・ロバートソンの30年前を
DIGっている人は他にいないだろうと思いつつ。
前に吉田豪が轟二郎をDIGって、
インタビューしていたように。




NHKEテレ『Rの法則』収録。

MC:山口達也、高井佳明アナ。
出演:R’Sの若者10人、
防災アドバイザー・山村武彦、御一緒。

♯167「防災スペシャル」

防災週間SP帰宅シミュレーション。
過去に見たことがなかったが、
出演してみたら実に優良な番組で参考になった。

そして、
出演者の若さの眩さと脆さを痛感。
自分の子供はさらに幼いのだ。
すっかり油断していた。
家で防災訓練をやり直そうと決意。
番組に出演出来たのは良いタイミングだった。


今日はNHKでジャニーズ司会者をはしご。
山口達也くんもほぼ初絡みなのだが
礼儀正しく、勉強熱心。真剣。
芸人より遥にジャニーズの方が、
プロ意識が高いよなぁ。



帰宅後、
明後日、水曜のMXテレビ『ゴールデンアワー』生放送で、
特集する「メールマガジン」について、にわか研究。

※ちなみに僕がメルマガを始めるわけではない。


津田大介メルマガ「メディアの現場」を
初めてEPUB変換してみる。
(メルマガをアプリiBooksで読めるようにするサイトで)

週刊で発行する一号の総ページ数が、
150〜300ページ!!驚嘆。

TwitterRT @RoxyYoshitoshi
まあ、文章データがコピー出来ればPDFデータを作り、
EPUB形式にあっちゅう間です。

(博士のコメント) ↑これを目次化するのも簡単なんですかね?

TwitterRT @bookyakan
メルマガサイト「夜間飛行」の井之上と申します。
メルマガについて研究中とのことでしたので、
HPの「感想メール」コーナーにブログの感想とともに、
夜間飛行が考えていることについて、メールを送らせていただきました。

(博士のコメント) ↑ありがとうございます。勉強になりました。

TwitterRT @RoxyYoshitoshi:
Macを使ってますが、博士Windowsでしょうか、
Windowsであれば此方を読んでいただければ
イメージし易いと思います。 http://t.co/UJL6unZz



日曜に放送された、日テレ
『館長庵野秀明・特撮博物館SP
 コレが決定版!最強特撮ベスト10』
を長男と次男と3人で一緒に寝転がって、
SPIDERでタイムシフト視聴。

「失われようとする職人技を未来に託す」精神。
小学生や3歳児にすら伝わる男の子文化なのだ。

事前に子供たち全員で観に行っているからこそ、
テレビで語られる裏話が伝わる。
そもそもこの特撮博物館そのものが、
バックステージの展示というのが見所だ。



近所の焼き肉屋さんへ。
早い時間から。

オープンスペースでジュウジュウと。
今までも何度か行っているのだが
今夜の接客の女の子が抜群のテク、
子供好きで話好き、
今後のご贔屓に決定。




20時、我が家にNISSANの人。

生誕半世紀記念の自分ご褒美。
値よりも人。
価格よりも人格を信じる。



Twitterで、
大根さんによる樋口毅宏『二十五の瞳』評が。

TwitterRT @hitoshione:
行き帰りの飛行機でやっと読んだ「二十五の瞳」。
樋口さんの「今書かねば!書かずにいられない!!」
がギュウギュウに詰まっていながら
冷静にサンプリングする姿に、
僭越ながら同じDJ気質を感じました。大傑作だと思います。 http://t.co/HCoQZMYA


Twitter
RT @iijjiji: 【今夜この後、生配信】7/23(月)23:00
『上祐史浩×坂口恭平「これから」をどう生きるべきか?
〜国家・宗教から脱原発デモまで〜』 http://t.co/Q2kvzovm


『博士の悪童日記』更新。 最新。
7月11日〜15日 高野山への日々。http://t.co/5aaXdqJl
7月6日〜10日 多忙の日々 http://t.co/wYMZa0Lq
7月1日〜5日 岡村DATE http://t.co/xTuLzE3l


《 オスプレイ岩国到着、陸揚げ始まる…住民らは海上デモで抗議 》
《 浜岡原発再稼働是非に17万人超 県民投票求め署名提出 》
《 ソフトボール世界選手権。日本が42年ぶり2度目の優勝! 》

 

 


7月24日  火曜日


7時起床。

朝から、イチローのヤンキース移籍の大ニュース。
しかも、すぐにヤンキース×マリナーズ戦が放送に。

スタン・ハンセンが、
全日に電撃移籍&乱入した時の衝撃を思い出す。

メジャー生中継、
ヤンキースのイチロー、初打席を見つめる。
イチロー、ヒット→盗塁を淡々と決める。


ひょんな偶然が重なって、千秋ちゃんから
娘にラブストーンの誕生日プレゼントが届く。
かわいらし。ありがとう!


午後、散髪。

TBSラジオ『たまむすび』
町山智浩さんのコーナー聴きながら。

町山さん、文庫の告知で、
「博士の解説が10ページも」とおっしゃっていたが、
実際には16ページなので、一応、訂正……。


吉田豪の最新刊
『サブカル・スーパースター鬱伝』が届く。

QJ連載時に全部読んでいるのだが、
それでもこのワクワク感。
この本、錚々たる対談相手の固定読者を足し算すると
吉田豪本で最も売れるのはないだろうか?



帰宅後、
折角、娘、末っ子といい気分で
屋上日光浴してたら、突然、雨がパラパラ。



仕事部屋に篭って、
モーリー・ロバートソン発掘作業。

約10年も前に放送された、
『情熱大陸』(モーリーのメイン回)をネットで発見。
JーWAVE時代から
元祖ハイパー・メディア・クリエーターなのだ。



18時半、半蔵門のMXテレビ入り。

打ち合わせ後、
21時、『ゴールデンアワー』生放送。

MC:徳光正行、勝恵子。
曜日MC:
モーリー・ロバートソン(火曜)&水道橋博士(水曜)
外国人パネリスト:
ガウ(イギリス/フィリピン)、李珍一(韓国)、矢野ディビッド(ガーナ/日本)


TwitterRT @goldMX: 【7月24日(火) twitterテーマ】「モーリーに聞きたい・言いたいこと」
…東大・ハーバードに合格、ジャーナリスト、クラブDJ、様々な顔を持つ
火曜MCモーリー・ロバートソン。その謎多き人生に水曜MC水道橋博士が迫る!
皆さんからの質問を@goldMXでお待ちしてます!

TwitterRT @iijjiji: 7/24(火)21:00 #tokyomx 『ゴールデンアワー』
誰も知らないモーリー・ロバートソンを水道橋博士が解き明かす!
類まれな頭脳を持ちながら、
エリートの道を歩まなかった人生から偏見、差別、民族問題が見えてくる。




火曜日キャスターのモーリー・ロバートソンと初対面。
(※後から指摘があり調べたら一度共演していた)

ボクが一歳年上ながら、高校でダブっているので
大学受験時は同じ年になる。
つまり昭和37〜38年生まれにとっては、
「日本一有名な天才受験生 モーリー君」として、
騒ぎになった青年の記憶が残っている。
そして今回、32年の時を経て、対面した。


モーリー君は、
日本語受験した初めての外国人東大生。
同時に世界7大学で現役入学を果たし、
天才少年として当時騒がれるも、
数ヶ月後で東大を退学し、ハーバードへ。

またロックバンド『ストイックス』
(プロデュース酒井政利!)を結成、
CBSソニーからデビューしている。
(作詞/作曲はモーリー。編曲は後藤次利)
まさに時代の寵児だった。


そして2年後、アイドル本のような装丁の
『よくひとりぼっちだった』を文藝春秋から出版。


『週刊文春』は4週連続(今なら沢尻嬢のように)
当時21歳の彼の特集を組んだ――。

その姿を「いつもひとりぼっちだった」俺は
風呂なしのアパートで歯軋りして読んでいた。



打合せにて。

番組オープニングは、
「イチロー、NYに電撃移籍」の話題に。

ニューヨーク生まれのモーリーに、
ヤンキースの話題を振ってみたところ、
「……よく知らない」の一点張り。
全く詳しくないのだった(笑)
博覧強記の天才ながら、野球もサッカーも無知。

「あっ思い出した!」と言った後に
語ったエピソードは、
2001年に『情熱大陸』で、
モーリーが取り上げられた回の、
その前週がイチローだったとのこと。
「彼のこと、それだけしか知らない」だって。


モーリーが少年時代過ごしたのは広島。
意外にも外国人に排他的ではなかったらしい。
なんでも、
「岩国の基地から外人が多く来ていたから」と。

それでは――と、
「だから、広島で、初のプロ野球・外国人監督となる
 ルーツ監督とか誕生したんだ?」と振ってみる。

野球に詳しくなくても、広島で育った少年ならば、
1975年の赤ヘル軍団優勝は、
時代の体験としてあるはず。

「カープのシェーン、ホプキンスって、
 当時の助っ人外人も知らない?」

「……ホプキンスは知ってます。
 父が広島で一人だけの外国人医師
 (※ABCC 原爆障害調査委員会)だったから、
 推薦状を貰いに、
 ホプキンスが家に来たんですよ。
 その時は、誰かわからなかったんですけど、
 彼が外に出た時に、
 近所の子供達たち『ホプキンスがおるぞ!』
 って大騒ぎになりまして」
 
ホプキンスは野球選手から、
後に医者になったインテリ選手だったのだが、
そんな経験をしていたとは……
楽屋話が止まらない。

1981年にレコードデビューした
モーリー・ロバートソンは、芸能界に飛び込む。
無垢な19歳には当時の芸能界は
あまりに大人なヤクザな世界であったそうな。

当時の歌謡界、そして漫才ブームの裏側、
記憶が鮮明でエピソードが生々しく、
結局、楽屋話に終わったが
俺には垂涎のエピソードばかりだった。


本番は駆け足で
モーリー・ロバートソンの半生記を辿ったが、
今なら本人より詳しいかもしれない(笑)。

異邦人、ロバート・ホワイティングが描く
プロ野球助っ人伝がずば抜けて面白いように、
比較文化論を体現する人は稀有で面白い。
いずれ何処かで、また検証したい。


この一週間、まるで視聴者ニーズのない
モーリー伝説を掘り起こしていたが、
J−WAVEでモーリーが、
90年代にラジオスターに上り詰めながら、
まるでニーズのないインターネットラジオを開局し、
「またひとりぼっち」に陥ることを含め、
無垢で愛さずにはいられないキャラクターだった。


おそらく、世界の一流校に現役合格を果たす
モーリー君のような天才少年は、
その後も現れたはずだ。

しかし彼のように約束されたエリートコースを
完全に外れた道を意志して歩んだ人は、
ほとんどいないはず。
だからこそ彼だけが語られるのだ。
(と言っても俺だけ思い入れで語っているのかも(笑))


TwitterRT @gjmorley 今回は水道橋博士にまごころ、
愛をこめていじっていただきました。
こんなせちがらいご時世に集中的にフォーカスをいただいて、
感無量でした。いただく球がストライクゾーン真ん中で、
骨密度の高いものばかり。

(博士のコメント) ↑またいじらせてください!

Twitter(博士のコメント) @kaymiyazaki モーリーのデビュー・アルバムから
一曲『赤門ロック』を番組中に流したのですが
コミックソングと思えるような青臭ささで、
本人も顔を赤らめていました。若気の至りでしょうね。
その後は、全く違う分野の音楽ですもんね。

Twitter(博士のコメント) @goshuS ラジオスターとしてのモーリーには
触れる時間がありませんでしたが、
J-WAVEのラジオ番組Across The Viewの功績を見ても
元祖・ハイパー・メディア・クリエーターです。


TwitterRT @tuchinoko666:
モーリーロバートソンのレコードデビュー”赤本ロック” すげーいいぞ!
更に遠藤ミチロウがインディアンの少数民族とライブしたいと言ったので
同時通訳者として同行していたとは。いいね〜水道橋博士。
アンタは幻の名盤開放同盟の後継者!
というか根本氏達と色々メディアに”餌”仕掛けてたもんね。w


深夜、スズキ秘書と、
モーリー・ロバートソンの思い出話をしながら
『突然段ボール』の話に。

そして『いんぐりもんぐり』の話へと。
彼らは今、何やっているのだろう?――と。



明日もMXテレビの『ゴールデンアワー』生放送。

今度は津田大介さんをゲストに迎えて、
電子書籍とメルマガの話をする。

今日のように事前準備をせずに、
いろいろ素人質問をしようと思う。


《 イチロー「刺激求めて」志願のヤンキース電撃移籍!即ゲーム出場、初ヒット 》
《 27時間テレビに乱入すると脅迫FAX 新潟49歳男逮捕 》
《 死刑求刑も…映画館銃乱射事件初審理 容疑者"語らず" 》
《 「狼たちの午後」でアカデミー賞 F・ピアソン氏死去 》

 



7月25日  水曜日


7時前起床。

昨日から続く、
海外との往復書簡で完全に覚醒。
レッドブル要らず。
いろいろと腑に落ちる。


TwitterRT @yoshichikam @DailymotionUSA
ゴールデンアワー 2012.07.24
M.ロバートソン 水道橋博士 「モーリー徹底解剖」
- http://t.co/vmtXe287

(博士のコメント) ↑おお、昨日の番組が、もうあがっている。

TwitterRT @bu_ha: おー坂口恭平がJ-WAVEに
(博士のコメント) ↑連日、何か出ているなぁ。今日は朝からラジオだ。


TwitterRT @sasakitoshinao なんて綺麗なんだろう。
/パタゴニアの奇跡。
世界で最も美しい洞窟『マーブルカテドラル』
 | トラベルハック http://t.co/RidTNzfg

(博士のコメント) ↑たまらん。この景色。他の記事の風景写真も。



今日は真夏日か?

逆に燃えるぅ!子供と外へ……
と思って居間へ上がると
子供ら既に遊びに出かけていて、もぬけの殻。
早!

こうなったら一人で「ノマド」(初めて使用)だ。
津田大介本を持って外へ飛び出す。


昔、住んでいた新中野界隈をウォーキング。
東京文化学園が新渡戸文化学園に名称が変わっていた。

初代校長が新渡戸稲造なのだが、
此処では幼稚園から教科書が『武士道』なのかしら?
などと空想。


ウォーキング中、弥生町の、
『東京大学教育学部付属中学』も通過。

昔、ここは双子を優先的に入学させる
そんな制度があったのだが……
帰って調べてみたら、
いまだに『双生児研究』プログラム実施中だった。
うわ 入れたい!
と思ったけど我が家は双子じゃなかったわ(笑)


今日の生放送のテーマ「電子書籍」について触れている、
『デイキャッチ』(山田五郎)
『学問ノススメ』(津田大介)などのポッドキャストを聴きながら、
ウォーキング一時間半。


昇る太陽に照らされ汗だくで、
中野の南台の知人宅まで。


知人合流後、
さらに歩いて中野新橋のイタリアンでランチ。
午前からビール煽る。

知人より、韓国土産の靴下、
長野のお菓子など頂き解散。


末っ子と合流し、
ローソンの「ゴーバスターズ」のスタンプラリーへ。

4つ絵柄が揃った瞬間、
3歳児「やったぁああああ!!」と大声。
コンプリートシールを貰う。
ついでに娘用に「プリキュア」のシールも。




高円寺で古着を見て、帰宅。

娘に完成したスタンプラリーと、
シールをお届けしたのだが、
「あっそう!」
と、つれないもの(泣)。



『週刊文春』、『週刊新潮』早売りフラゲ。

このところの文春のスクープ連発ぶりに
ハードルが高くなりすぎている。
地味ながら、TBS久保田智子アナが、
処女小説『息切れ』を出版しているのを初めて知る。


TwitterRT @shigeta_koji: ライター茂田浩司 明るい暮らしの取材帳 :
「Splash!!」で水道橋博士×マキタスポーツ
http://t.co/icA7xwee

TwitterRT @fummykumi: 「splash!!vol.4」
民生やエレカシ宮本にも「どこか超然として風格がある」と。
しかし博士×マキタスポーツの対談の中で登場した人の幅広さ。
有吉に太田にタモさん、アメトーークの加地Pから
エレカシ宮本に岡村ちゃん、民生に大滝詠一。
……この対談ノーカットで読みたい!




今日、共演の津田大介、
番組のテーマになる電子書籍とメルマガについて予習。


津田大介『情報の呼吸法』(朝日出版社)読了。
165頁。一呼吸で読める。

もともと僕がTwitterを始めているのは
津田さんの著書の影響下なので、
またも「なるほど」の連続であった。

しかも一連の津田語録満載だなぁ。
「人生で大事なことは全てエゴサーチで学んだ」





電子書籍が進まない理由――。

そもそも本好きな人が特殊。
2008年文化庁の調査。
一ヶ月に一冊も読まない人が46%、
1〜2冊の人が、36%(雑誌や漫画を除く)
日本人の8割は月に2冊も本を読めば上等な状態。
むしろ本を読む人こそ変態なのだ。


そういえば、『TVBros.』最新号、
片寄明人×樋口毅宏対談でも、こんな会話。

片寄
「僕、北方謙三さんの親戚じゃないですか?
 謙三さん言っていたけど
 『小説だけで食えている奴は日本に15人いるかいないかだ』」
樋口
「そのうちの一人が俺だ、と」

ボクのフォロワーは、紙好きの変態だらけだし
ボク自身も自著の『藝人春秋』以外は、
電子書籍を読んだことがない。

が、僕が電子書籍を読む銃爪になることが2つだけある。
一つは『TVBros.』電子書籍化と、
二つ目は吉田豪の全連載の電子書籍化。
これをしてくれば……ホント、月一万円払う。

小説家・樋口毅宏さんがツイートを。

TwitterRT @takehirohiguchi 書いてる奴はもっと変態。
(博士のコメント) ↑例え話じゃなくて変態。


そんな変態の樋口毅宏さんより。

TwitterRT @takehirohiguchi:
博士による「アメリカステロイド」文庫の解説、
「俺の方が町山智浩を好きだ」対決になっているんだろうなあと、
本人の与り知らぬところで片思いを競い合うような、
そんな予想とともに読んでみた。
悔しいけど、悲しいけど負けた。ボロ負けだった。

RT @takehirohiguchi
水道橋博士と樋口毅宏が、巨根・町山智浩をめぐり、
文庫解説の場を借りて猛アピール。
詳しくは町山氏著「アメリカステロイド」と「キャプテンアメリカ」で。
まったくうっとりだよ!  http://t.co/TYftSQpT

(博士のコメント) ↑男のホモっ気競争。

TwitterRT @SHIO_TARO:
町山智宏「アメリカは今日もステロイドを打つ」(集英社文庫)読了。
日本からは見えない、アメリカスポーツ界の光と影、
奇人、変人エピソードが淡々と綴られる。
水道橋博士の解説 (これも凄い!町山氏に心酔しまくりでテンション爆高)
のとおり、これは飲みの話題にしたくなる。

町山智浩さんによる有料メルマガの考察
→有料メルマガがジャーナリストの墓標となってしまうのは何故か?
http://t.co/yxPTstbP


Twitter RT @ring_and_rip:本の手触り、紙の質感、本の匂い、
本自体が好きという理由もあると思います。
同じ文章でも本で読むと感じ方が違ったりします。
博士が帯を書かれた酒井若菜さんのブログを書籍化された
「心がおぼつかない夜に」も何度もネットで読んでるのに、
感動が倍増します。

TwitterRT @yashirock 2割の人が8割の価値を作ってる。http://t.co/eZmUJSlG
2割の芸能人で視聴率の8割を担ってるかも!
毎日、テレビに映ってる人って
視聴者の生活の一部になってるとも思う。

(博士のコメント) ↑パレートの法則。
だから芸能人も2割側に入るために熾烈な競争をする。


TwitterRT @naonao200170 電子書籍は
「蔵書捜索をしなくても目的の記事が読める」
っていう意味では凄く可能性を感じます。
だから雑誌向きなんですよね。
雑誌のバックナンバー揃えていても、
記事を探り当てるのは至難ですから。

↑電子書籍の大宅文庫を会員制で作って欲しい(一部あるけど)

TwitterRT @RoxyYoshitoshi
このTweetを読んだのですが本、
単一を電子書籍するって考えより以下のサイトにある
FlipBoard的な昔で言う新聞連載の小説的な読書家が
増えていると思いますヨ♪ - http://t.co/mDD68O1d

(博士のコメント) ↑これはいいかも!

TwitterRT @RoxyYoshitoshi: @s_hakase
ちなみにFlipBoardは既に日本語版がある上、
一部の雑誌社他の登録は公式化されてます。
映像、音楽も新聞や雑誌を読むように体験出来るのは
EPUBの醍醐味を意識させるアプリです。では……


ゴールデンアワーでメルマガを特集する今日、
デヴィ夫人のメルマガの第一号が到着。
恐怖新聞が始まった。

夜、MXテレビへ2日続けて出勤。


21時、『ゴールデンアワー』生放送。

MC:徳光正行、安藤幸代。
曜日MC:水道橋博士(水曜)&津田大介(木曜)
外国人パネリスト:
オクサナ(ロシア)、ヒョンギ(韓国)、サヘル(イラン)

TwitterRT @iijjiji: 【動画⇒ http://t.co/4I77euf5
TOKYO MX『ゴールデンアワー』
水道橋博士・津田大介が出版業界を揺るがす
次世代メディアにを語り尽くす!
電子書籍&メルマガにより出版業界が抱える問題を議論!


久しぶりに津田大介さんとMXテレビでお仕事。
津田さんのテレビ出演童貞を奪ったのは俺。
その時が初対面だ。

ちなみに、俺のTwitterほぼ童貞を筆下ろしして
家まで来て手取り足取り教えてくれたのが津田さん。

……そして10年間、
同じ町内に住んでいるのに
一度も地元で出くわさない関係。


津田さんと初めて会ったのは、
2010年1月26日だから、丁度2年半前。
MXテレビ『博士の異常な鼎談』の収録が、
津田さん初めてのテレビ出演だったのだ。

収録後、
津田さんは、そのまま、『ニュースの深層』の生放送へ。
そして、上杉隆と津田大介が初対面。
これは人間交叉点であった。https://t.co/2S1nY448



津田さんより『思想地図β vol.3』を頂く。



美しく風格漂う装丁。
僕が読めるような雑誌ではないが
工作舎全盛の松岡正剛編集長時代の『遊』を思いだす。
全巻持っていたが売却してしまった。
いつか買い戻したい。

TwitterRT @garciakoshoten:
水道橋博士がツイートしていたように「遊」という雑誌は、
ある世代のあるゾーンの人間にとって
一生消えない刺青を彫られたような影響を与えた。
ところが意外と売れない「遊」が、今一冊1,000セール中。
チャンスです。 http://t.co/TtQOJzeA



昨日今日と、『ゴールデンアワー』2連投。
俺の企画で、
・モーリーさんの発掘。
・津田さんと電子書籍&メルマガの話を終えた。


モーリーさんよりツイート。

TwitterRT @gjmorley:
昨夜の水道橋博士による自分自身の「回顧展」を終え、
今ふと思ったのですが、これまで一生をかけて
「車輪を再発明=reinventing the wheel」
していた可能性があります。

TwitterRT @jinzing: 吉田豪を思わせるDIG、
博士のヒガみツッコミとホメ話芸が冴える(^^)
モーリーさんの反応がチャーミングだわ
>> ゴールデンアワー
M.ロバートソン 水道橋博士 「モーリー徹底解剖」 http://t.co/9fzpQIJ5



改めて、電子書籍のことを考える。

ビジネスモデルでないところで
「自分が生んだ子供のような本の賞味期限を永遠にしたい」
と思う人も多いだろう。

他人の手をかりず手売りでほそぼそとでも良いのだ。
紙よりも時空を超えて
「そこにあった記し」を残したいささやかな願望。


TwitterRT @sasakitoshinao
「2人が実際に読んでお薦めできる電子書籍のみを販売しており、
陳列されている作品数も非常に少ない」面白い方向性。
/電子書籍の普及で個人作家と共に
台頭してくるのは個人経営の“電子書店サイト”か? http://t.co/4EDiqKQq

(博士のコメント) ↑そういう意味ではこの方向。



↓Twitterで番組感想が。

TwitterRT @wildsheep: 結局電子書籍に関しては、
出版業界内で牛歩のようなスピードでの動きはあるものの、
読者からしたらブックオフで100円の本を仕入れて
自炊した方が幸せになれるという状況は
全く変わっていないということなんだろうね。

TwitterRT @wildsheep: 番組内で津田さんが
アル・ゴアのインタラクティブな電子書籍を紹介していたけど、
日本の出版業界も「せっかく電子書籍なんだから」
と動画や音声など余計なモノをごちゃごちゃつけようとして
失敗するんだろうね。
いや、実際に失敗してるみたいだけど・・・。

TwitterRT @wildsheep: そういうことを考えると、
博士の『藝人春秋』はシンプルで低価格という
最高の電子書籍の形を示したと言える。

TwitterRT @Yuki1111Yoshida:
博士の「藝人春秋」は、内容も分量も、そして85円という価格も、
すべてが合わさって、昔駅のキオスクで売られてた
100円の薄くて軽薄な電車の中の暇つぶしのための
読み物を彷彿とさせ、大変懐かしかったです。

TwitterRT @kmizumar 続きはもう出ないのですか?
確か6までは持ってるのですが。凄く面白いです。

(博士のコメント) ↑一度書籍化します。


僕は自分が作った
電子書籍の『藝人春秋』が定価85円では、
ほとんど利益が出ないのはわかっているし、
むしろタダでも良いのだ。
読み継がれることの方が、意味がある。


《 ロンドン五輪。なでしこジャパン初戦のカナダ戦に2−1勝利 》
《 大津の中2男子いじめ問題。越市長が遺族と面会し、謝罪 》
《 東野幸治 前妻と10年ぶり復縁!昨年初めに再入籍 》
《 北野武監督の最新作 ベネチア国際映画祭に選出!》

博士の初の電子書籍 最終回 配信中

『藝人春秋』
 
水道橋博士 『藝人春秋』

★芸人やタレントなど実在の人物にまつわる物語を綴ったエッセイで現在まで書籍の形ではまとめられていなかった十数篇を大幅加筆、ついに電子書籍で刊行!

第6回は、このラインナップ!
・古館伊知郎と過激実況!
・爆笑問題といじめ問題
・北野武と松本人志を巡る30年!


価格は各回85円
iPhone、iPad両方に対応したアプリで購入可能
今回の企画に関する特別映像や、コンテンツの一部が含まれた無料アプリも配信中。


2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る