『藝人春秋』特設サイト


12月1日  土曜日

【名古屋〜大阪、4本撮り】


5時半起床。

さぁ今日はハードスケジュールだ!
気合をいれなきゃ。

まずは名古屋へ向けて、
東京駅へ出発。


9時53分、東海テレビ『ぷれサタ!』生放送。
今日は、15分拡大版。

ゲストコメンテーター:
うつみ宮土理、八代英輝、佐藤かよ、憲俊、ご一緒。

【トコトン!】行列スポット3連発
【おでかけ☆ランキング】なばなの里ランキングBEST5
【旅人照英】名古屋鉄道 森上駅

冒頭、うつみさんは、ボクの「愛人」と紹介。

実際、麻布十番の高級中華で、
食事をしているところを、
ダウンタウンの松本さんと出くわし、
「博士とケロンパ、ダブル不倫や」
と吹聴されたものだ(笑)


生放送終了後、
飛び出しで新幹線移動、テレビ大阪へ。

13時、『たかじんNOマネー』生放送。
オープニングにギリギリ間にあった。

レギュラー出演者:
真鍋かをり、青山繁晴、大谷昭宏、
岸博幸、須田慎一郎。

ゲスト:天木直人、富坂聰、ご一緒。

テーマ
「緊急生!!選挙の裏で危ない中国の動き!?
 中国から脱出せよ!! ポスト中国総選挙SP」

ベトナム、ミャンマー、フィリピン、
カンボジア、マレーシアの5国を比較、視聴者投票。

ボクはアジア各国、現地経験ほとんどないので、
昨晩からお勉強したが、実に興味深かった。



2本目テーマ:「世界アッパレ事件簿」

ゲスト:久田将義、山口敏太郎。

「ケニー・ダンカン騒動」
「有栖川宮事件」
「アルゴ・大使館人質救出作戦」
「世紀の奇書『鼻行類』の謎」
「第3の選択・火星移住計画」についてコメント。

久田将義さんが初登場。

ボクとしても、
この話題は得意分野なのでどんどん切り込んだ。


3本目テーマ:「タブー知恵袋 第3弾」

ゲスト・原田宏二、久田将義。

「東大が日本を悪くしてる?」
「冤罪は警察の殺人?」
「職業おネェが増えている?」
「吉原で風俗店が摘発、何故?」
「何故、政府は拉致被害者に助けに行かない?」
などに回答。

拉致被害者問題の解決法に関し、
青山繁晴さんの弁舌のガチぶりがヤバかった。

毎回、その「怒りと響き」の演説力は、
オバマ級だと実感。
青山さんの党首討論とか見てみたい。と思うほどだ。


↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @masayoshih (久田将義さん)
「たかじんnoマネー」二本分収録。
旧知の須田慎一郎さんが東京より大阪では下世話(失礼!)なのが面白い。
水道橋博士のバランス感覚と頭の回転の良さは見事。
熱くなった時の青山繁晴さんを見たが政治家向きかも。


↑また是非!
----------------------------


久々の強行スケジュール。

金曜夜の
『ニッポン・ダンディ』生放送からの仮眠で、
始発で名古屋へ行き、
『ぷれサタ!』生放送。

飛び出し移動で、大阪へ行き、
『NOマネー』生放送後、さらに収録2本分…
計5本の数珠繋ぎ収録を終える。

しかし昔ほどの大疲労はなく、
映画から生活情報、時事ネタ、世界情勢など、
かなり幅広い分野の喋りにも脳が慣れてきたなぁって、
ここまでに2年かかってるが……。
最初の頃は、なかなか厳しかったもの。



新大阪駅構内の十三『やまもと』へ。

ねぎ焼き、豚玉、焼きそばで、
Nマネといっときのお疲れ様、乾杯。


↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @yutakaiida:
「ワタリウム美術館館長・和多利志津子さん死去」
(朝日新聞デジタル) http://t.co/daH66te6

----------------------------



雑誌『FRIDAY』読む。

『反転 闇社会の守護神と呼ばれて』の田中森一、
元特捜検事の4年8ヶ月ぶりの出所の姿を見て、
しみじみとする。
人生は流転の連続だなぁ。


一日の終わり。
寝静まった子供部屋で、
「パパのことだいすきなのにぃ…」
「え?起きてるの?」
「……」

寝言だった。

俺が日頃、「パパのこと好き?」
ってことあるごとに聞くからだ。

世界中でありふれた光景なのだろうが、
3歳児の寝顔をずっと見てても飽きないのは、
こんな奇跡な瞬間があるからだ。

そして、こんなイイのを一日の終わりに、
目の当たりにしたら、明日もイイ気分で始められる。



12月2日  日曜日

【ワタリウム新政府展・篠山紀信 写真力】


5時。起きろ!
一気に目が覚めた。

寝ぼけて本の山を倒したら、
雪崩現象が起き大散乱。

近日、Hey! Say! JUMPが大掃除ロケに来るが、
この本の山々を片付けることが出来るのか。


『広報 東京都』の連載で、
書評の甲子園、ビブリオバトルについて書く。

(と言うより、この広報の連載、
 石原元都知事の依頼でやっているのだけど
 まだ続くのかしら?)http://t.co/nqGo4Btj

↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @iijjiji 【推薦動画!】
水道橋博士の80年代伝説
論客:吉田豪、掟ポルシェ

(10)サンプラザ中野くん
博士のオールナイト⇒http://t.co/hEdkspSL

(9)山本晋也、杉作J太郎
トィウナイトは最高!⇒ http://t.co/RjLppywj

(8)長与千種
炎の女子プロレス聖書⇒ http://t.co/gBnyNznG

(7)吉幾三
演歌の寄り道⇒ http://t.co/KeLvHbpL

(6)千葉真一、コンバットREC
南総 千葉八犬伝⇒ http://t.co/fYzxDOjv

(5)大槻ケンヂ
いかすバンド地獄⇒ http://t.co/g08Vj4Kq

(4)松村邦洋
風雲!博士城⇒ http://t.co/c5uvmQZF

(3)ひかる一平、松村邦洋
3年B組に捧げるバラード⇒ http://t.co/vfa7SXYk

(2)原田真二
歌番組だョ!全員集合⇒ http://t.co/nNos9h5D

(1)太川陽介、石川ひとみ
アイドルどっきり(秘)報告⇒ http://t.co/P6DcehjY

----------------------------


CS歌謡ポップスチャンネルの
『水道橋博士の80年代伝説』が、
ほぼこの映像がネットに残るのは嬉しい。

正直、編集でかなりカットされてはいますが、
傑作揃いなのだ。

ボクはTVやラジオは放送済みなものは、
ゼロ円でシェアしていくべきだと思っているので大歓迎。

その後、新シリーズに興味は反映していく。
これは既に証明済みの法則なので万事に吉。



自宅で酵素風呂入浴シーンの撮影。
これから外出。

今日は子供たちを預かり、
神宮前のワタリウム美術館の
坂口恭平の『2012新政府展』へ。
11月17日には開幕しているので満を持して。

和多利志津子さんのお悔やみを、
きちんとご遺族に申し上げられなかったのが残念。


ワタリウム美術館 坂口恭平『2012新政府展』

「坂口恭平 新政府展」

いやーーーー!!最高!!!
贔屓の引き倒しになっているのかもしれないが
やっぱり素晴らしい!!!

興奮する!!
やっぱ良い物は良いよ。

ワタリウム美術館、『新政府展 坂口恭平』は、
きっとこの人は何者か?
何処を目指しているか把握していないと、
その入口まで向かわないだろうなぁ。

ボクも今は信奉者であるが、
ずっと長くその革新性に気が付かなかった。

(※許可してもらい撮った写真です)

坂口恭平『2012新政府展』

 

坂口恭平『2012新政府展』最高!


過去編は7日まで。
その後、未来編が始まる。


↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @iijjiji: 過去編、12/7(金)まで!
坂口恭平 新政府展@ワタリウム美術館
詳細⇒ http://t.co/hJu2AxE9
坂口恭平による「新政府」の原点と未来構想を紹介する
『坂口恭平 新政府 展』 ⇒ http://t.co/Q01oVvqm

----------------------------


キングコングの西野くんの
アトリエで絵を描く様子が、
明日の『スッキリ!!!』でON AIRされるとのこと。
いや西野くんには是非、
ワタリウム美術館の『坂口恭平、新政府展』に行って欲しい。

絵のタッチの共通点もあるが、
夢想を現実化する「突破」の意味がわかると思う。

しかし、坂口恭平、
今までの思考、活動、行動が蘇り、
素晴らしく胸が熱くなった。
今はまたダウナー気味とか、
でも、だからこそ目を注ぎたい。


やっぱり『水道橋博士のメルマ旬報』で、
『首相動静』をやりたいな。
九龍くん頼むよ!



神宮前から新宿オペラシティへ移動。

『篠山紀信展 写真力』へ。
10月3日から始まっているが12月24日まで。

新宿オペラシティ『篠山紀信展 写真力』

危うく見逃しかねない。
とにかく文句ないド迫力。
子供連れだったので駆け足で。
もう一回ジックリ来るしかない。
予想はしてたけど度肝を抜かれたなぁ。

レノン&ヨーコの一枚に、
娘が「おとこどうしでキスしてる!」と言ったのは参ったなぁ。

各時代のトップを収めている
50年の紀信の歴史は膨大すぎる。

レノン&ヨーコ

展示では、
たけしさんとAKB48の巨大パネルで向かい合っていた。
前田敦子は次世代に女優として飾られて欲しいなぁ。
と今日は感慨深く思った。

宮崎美子さんが
ボクの大好きなベストショットで懐かしかったなぁ。

宮崎美子さん


『篠山紀信 写真力』を見れば、
何時か自分も撮られたいと思うものだが、
そう言えば2005年に『BRUTUS』で、
篠山紀信に一度だけ撮ってもらったことがあった。

サンボマスターと一緒だった。
その撮影のスピードの速さと
江戸弁のテンポに驚いたな。

2005年の『BRUTUS』

↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @whitemountain54 僕はこの黒柳徹子が一番好きです。 http://t.co/I8GGrzQY
↑素晴らしい。『1969年の黒柳徹子』って本が書きたくなりますね。

----------------------------


オペラシティの
『釜揚げうどん・丸亀製麺』で夕食を済ますが、
ここは空いていて良いな。
子連れでも安心。

とにかくカミさん抜きで、
子供3人を連れて移動は大変だ。

寒さへの耐性、お腹を減るタイミング、
堪え性それぞれが違う。
どこも長居は出来ない。

そして……結局、調整したのだが……。
岡村ちゃんとのDATEの約束を見送ることに……。
あまりにも惜しい。


帰宅後、
次回の『ニッポン・ダンディ』課題映画、
『映画 立川談志』をDVD視聴。

しかも講師は立川志らくさん。

『映画 立川談志』


「スクリーンで観る高座」として、
『やかん』『芝浜』の2席を映画の中に織り込んだ構成。

晩年、談志師匠にはNHKが密着していたが、
もっともっと私生活や舞台裏を見たくなる。

これはあくまで落語の記録であった。
そこには記憶を記録に落としこむ、意味も意図もある。


『水道橋博士のメルマ旬報』
3日の締め切りにむけて、
次々と原稿も届いている。
どれもこれも面白いぞ。
編集長、業務も追われるが、楽しいぞ。



12月3日  月曜日

【TBS『別冊アサ(秘)ジャーナル』総集編】


6時起床!

MacBook Air起床だ。
バーンとすぐに起動できる。
そしてやりたいことは山ほどある。


昨日、ワタリウムにサイン本あったので、
中原昌也さんの本を購入。
装丁、ボリュームも素晴らしい。
(老眼にはきついが……)

先日、ゴールデン街で初めてお会いしたが、
周囲へのド悪態ぶりも良かった。
このひとに今、原稿を書かせないのは、
実に惜しいなぁ。

中原昌也『『エーガ界に捧ぐ 完全版』



子供たちと今日も登校前に一緒にファミマへ。
子供はヴァンガード、俺はアツアツの肉まん。
寒さに震えながら、
この早朝の小さな幸福をやめられない。


『水道橋博士のメルマ旬報』、
昨日来、超大物が自ら購読してくださっていることがわかり、
編集部がパニックに。

でも編集長としても執筆陣も読者も、
皆、嬉しく光栄なことだ。
さらに原稿の内容と使い勝手の良さを充実させていく。


日テレで、『スッキリ!』
キンコンの西野くん絵本の特集やってる!

にしのあきひろ『オルゴールワールド』

新作はボクが帯文を寄せている。
キンコン西野くんは、
人気者、かつ反感も持たれやすい芸風だけど、
ボクは彼の絵本は一作目が生まれる前から、
ずっと「才能」であり、
そこに向かう「構え」そのものに対して、
応援していますよ。
むしろ評価は低すぎるし遅いと思うくらい。

でも、絵がうまい!
味がある!世界観がある!
なんて評価を「下す」ことなどどうでもいいんだよ。

そんな人は山のように世の中にいるから。
そんな才能が世の中を突破して、価値観を壊し、
見てる方がぶん殴られるほど衝撃を受けて、
目の前の光景が変わって見えて、
明日からの行動が変わることが大事なんだよ。


↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @Atsuko_100 : 銀座シネパトス 岡本喜八監督特集  
2人の樋口監督、庵野監督の興味深い話いっぱいきけた  
勝野さんがスクリーンから飛び出してきたときの興奮は忘れません

↑前田敦子が岡本喜八監督特集を見ているのだ。
これには目を疑うに決っているし、
なんと素晴らしいと思ってしまう。
----------------------------


朝から、
『水道橋博士のメルマ旬報』編集長仕事一段落。
今日は締め切り日。
今、連載陣の半分が集まる。

新連載に加えた謎の書き手、
「金太郎師匠」の第一回の原稿
「はかせのスキマ」(タイトルはこちらの指定)の
評判が良くて、
編集長独断(全部そうだが……)の大抜擢だけに鼻が高い。



11時、外仕事へ。


家に、HeySayJUMP大掃除ロケ用の荷物が、
大量に届くので、スズキ秘書は整理。


タクシーで赤坂事務所へ。

フリーペーパー『FILT』の取材から。
連載「博士の普通な日常」、
今回テーマは『藝人春秋』の話。

最初は「自由に料理してください」だったが、
最終的にはライターの村山さん、
編集の原山さんに熱くほとばしる想いを語る(笑)。
まとめてください。


TBSラジオへ移動。
来年1月から毎週木曜日にレギュラー出演する、
『Wanted!!』の打ち合わせ。

松崎まことさんがスタッフ入りで何より。

いろいろ企画案話すが、タイムアップ。


TBSの楽屋で着替えて、
『別冊アサ秘ジャーナル』総集編収録へ。
ロケバスに乗り込む。

 

都庁前で前振り。
2週間後、いったい誰が、
ここの主になっているのかしら。


新宿3丁目のジャズ・バー『サムライ』へ。
猫まねきに埋め尽くされた店内で、
「クールジャパン調査隊」の総集編収録。

105箇所も回ったロケを凝縮。
VTRを見ながらコメント入れる。
総集編として12月23日に放送。

「クールジャパン調査隊」、
膨大なロケ地を振り返り、
都築響一の本でしか描かれないような、
偏執狂的な人々、
数奇な人生が凝縮されたVTRを見続け、
しばし狂気に圧倒される。

番組開始当初は、
この酔狂な人たちを、
冷笑するかのように見ていたが、
改めて総集編として通して見ると、
この人たちの正常なる狂気、
「自分のやりたいことをやる」
侠気に対し敬意を感じてしまう。


最後に自分の『藝人春秋』を
紹介する時間を頂いたが、
「ささやかな人生を歩んだ男が垣間見た世界です。
 ブックオフでお買い求めください!」
としか言えなくなる。
照れるなよ、俺、と思いつつ。


テレビ収録中に、
『水道橋博士のメルマ旬報』
今日締め切りの原稿が次々と上がっている。
いずれも面白い。

↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @harakantokukett(原カントくん)
『水道橋博士のメルマ旬報』。
これ、月2で単行本を編集していく作業とほぼ近いことに、
今やっと気づきました。


↑今頃気がついても遅い。もはやスタッフ増員しかないぞ。
----------------------------


帰宅後、このVTRを再見。

↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @iijjiji 一度書き始めると推敲も書き直しもしない。
【動画】 リリー・フランキー 情熱大陸 http://t.co/L6VxMcJj http://t.co/rkpX5bYa


↑感慨深い。このVを見ているから、
『藝人春秋』の手書きの帯分を頂いた時に、
その文字にも心打たれた。
----------------------------


今は、世の中は総選挙期間だ。
そして、都知事選でもある。

例えタレントであっても
「選挙に出馬してくれ!」
と本気で言われるような、
勘違いをされるような、
スキのある間抜けな人にはなってはらないなぁ。
ボクが本心から憧れる人は、
例え有名であっても、
「選挙に出てくれ!」とは絶対言われない。

政治家になることと、
売れっ子の芸人になることを比べたら、
何万倍も芸人のほうが、
上位概念であることは譲れない真理だ。

そもそも芸人にでもなろうという魂胆の奴が、
政治家に向いているはずがないのだから。


おお、もう、こんな時間。
明日に備えよ!今日は寝ろ!!
明日は朝から一仕事ありだ。
今日の妥協は明日のエネルギーだ。



12月4日  火曜日

【大掃除ロケ】


昨日のツイートに糸井重里さんよりRT。

↓Twitter↓
----------------------------
Twitter RT @s_hakase: 総選挙。
例えタレントであっても「選挙に出馬してくれ!」
と本気で言われるような勘違いをされるような
スキのある間抜けな人にはなってはらないなぁ。
RT @itoi_shigesato そう思う。(糸井重里さん)


↑って、もともと糸井さんが言ってましたよね。

----------------------------
RT @nishinoakihiro (キングコング西野くん)
水道橋博士さんにススメられて、
ワタリウム美術館に『新政府展』を観に行く。
ブルドーザーみたいに強引に進む
坂口恭平さんの熱量を目の当たりにして興奮しております。
見届けたくなる人だな。面白かった。

↑西野くんは行動が早い!エライ!
----------------------------

朝9時から『ヤンヤンJUMP』ロケ。

♯87 テーマ「大掃除」と題して、
薮くん、八乙女くん、林アナ、近藤典子先生が来宅。

わずか4時間で、
ビフォーアフターをやってくださることに。

時間的には制限がありすぎるが、
寝室を大改造する……。

大掃除ロケ。
限られた時間でどこま出来るのか?
玄関を見ても分かる通り、これは総力戦であった。

近藤典子先生と

近藤典子チームの
恐るべき集中力とプロ仕事に皆、感嘆する。

近藤先生の数々のアイデア収納術は、
オンエアを見てもらうとして一つだけ紹介したい。

この取り外し可能な小さな布製のカバンは、
帰宅した子供たちがポケットの宝物を入れるところ。

3兄弟の背の高さに合わせて3つ。
彼らの大事などんぐりを入れるところだ!
なんという可愛さ!

アイデア収納術!



16時、駅前喫茶で『BRUTUS』取材。
旧知の梅原さんと永田カメラマン。

「美容と健康特集」えのきについて。
語り尽くすが話は、脱線、ラブドール話に。


今日は朝からママも一緒に、
大掃除ロケでよく働いてくれた。

子供たちを連れて食事をしようと、
駅前で待ち合わせしたら、
たまたま山本太郎の出陣式に出くわす偶然。
前回は、高円寺駅で
東国原さんの時も偶然見たなぁ。

山本太郎の出陣式


山本太郎登場までの待ち時間、
応援に訪れた、
ランキンタクシーのラップ初めて生で聞いた。

山本太郎登場と共に、「寒いよ〜」と子供たち。
演説を最後まで聞き終えるのは断念。



鉄板焼屋『ぼちぼち』へ。
久々に来たがメニュー抱負で満喫。

デザートのアイス。
3歳末っ子
「パパぁ、アイス、メロメロしていいですか?」って。
ペロペロのことをメロメロと言っているのだ。
と、とろける。おまえにメロメロだよ。

10分も立っていられないほどの厳寒、
『ぼちぼち』の鉄板焼きを家族で頂く。

『ぼちぼち』の鉄板焼き


暖まって外へ出たら、
駅前で山本太郎の演説会は続いていた。
思わず「ご苦労様!」と言いたくなったが、
誤解を受けるのもナンなので自粛した。

選挙カーの横で、
路面売りの『BIG ISSUE』のバックナンバーをまとめ買い。
まさに駅前のBIG ISSUEだった。

杉江松恋さんから
『水道橋博士のメルマ旬報』VOL.3用に頂いた、
吉川潮『名月のような落語家がいた』(新潮社)
書評に貰い泣く。

吉川潮『名月のような落語家がいた』(新潮社)



帰宅後、YouTube懐メロ劇場。

鉄板焼き屋のBGMの懐メロが邦洋織り交ぜて絶妙。
聞き耳をたてた。

『気絶するほど悩ましい』に長男が前奏だけで
「この曲知ってる!」と歌詞を諳んじて歌った。
5歳の頃カーステレオで、
意味もわからず覚えさせたのだ。

改めて自分が覚えていたのが不思議だったみたい。
「へ〜こんな曲だったんだ、これ誰が歌ってんの?」
「CHAR!」
「え〜加藤茶?」

BGMでかぐや姫の『妹』が流れ、
俺もママも箸を止めて歌詞にジーンと聞き入った。

二人共、幼児に兄、妹という設定が無かったが、
目の前の幼い我が子は兄妹があるからだ。

♪父が死に母が死に、おまえひとり〜
♪あの味噌汁の作り方を書いていけ〜

と聞き終えると、ママがタケシに
「もしパパとママが死んでひとりになったらどうする? 
 味噌汁の作り方がわかる?」
「ネットで調べる!」

今年の夏、幼い娘を乗せて、
車で昔のユーミンのベストを流して走っていたら

『やさしさに包まれたなら』
    ↓
『守ってあげたい』
    ↓
『ダンデライオン』

の流れで平静を保てぬほどに感極まったが…。

これらの曲、
境地が違うところで聞いたら、聖なる賛美歌だね。

今、YouTubeでかぐや姫のベストを流しても、
堪え切れないほどたまんないなぁ。


以前、リフォーム番組『今田ハウジング』で、
自宅を改装した際は、愛した本や雑誌を大量に手放した。
今回のリフォーム企画はそれをしたくなかった。
「本を捨てない」契機として受け入れ、
先回りして大きな決断した。
本を捨てないで逆に陣地を増やすことに。


今日のロケは、
30分のアイドル番組だがそういうものとは思わず、
長い人生の大きな決断をした。
車や酒や旅が好きな人と本好きも同じようなものだ。


福井利佐さんから、
お手紙と『KIRIGA』のサイン本をいただく。
2冊目になるが永久保存版。
福井さんは一生慕い続けると思う。



『水道橋博士のメルマ旬報』Vol.3編集長業務。
谷川貞治さんの入稿確認。
全て原稿集まった。
やっと眠れる。

 

12月5日  水曜日

【一之助師匠と邂逅・大阪『キャスト』】

5時半起床。

今日も朝から大きな訃報。

↓Twitter↓
----------------------------
Twitter 【速報 JUST IN 】歌舞伎の中村勘三郎さんが死去
http://t.co/uBFRUZEs(←現在リンク切れ)

----------------------------

長く歌舞伎とは無縁であったが、
今年、息子さん、勘九郎さんとは、
『ぷれサタ!』で共演し、縁が生まれ、
勘九郎さんの襲名披露の御園座に足を運び、
初めての歌舞伎観劇を体験した。

勘三郎さんにはお会いすることはなかった。
享年57。

しかし、なんという若い死であろう。
死をますます意識する。
オマエだって残り7年なんだよ。
と語りかけてくるよう。合掌。


今日、いよいよ『藝人春秋』が書店に並ぶ。
既に入手した方もいる。

リリーさんや有吉くんにゲラを渡し、
その反応が返ってくるまでは、
自分に駄目出しばかりで不安であったが、
今も、またそんな心境だ。

11時、半蔵門のTOKYOFMへ。

春風亭一之輔さんの番組
JFN『SUNDAY FRICKERS』。
10分のコーナーを2週分収録。

一之輔師匠とは初対面だが、
『AERA』の「現代の肖像」を読んだ時から奇遇あり。

『AERA』の「現代の肖像」

AERAの感想をツイッターに書いたら、
師匠からツイッターに返事があり、
ネット上で交流を果たしたが、今日が初対面。

スタジオで、
春風亭一之輔師匠と初遭遇。

小朝以来の21人抜き真打、
落語協会の若きエース。

その師匠が学生時代から、
漫才師のボクを追っかけて客席に通ってくれていた。
その事実は、
どれほど自分の芸人の来し方を誇らしく思えることか。

そして一之輔さんは歌舞伎ファンでもあるだけに、
今日がいかに悲しい日か。


一之輔さんラジオのコーナー収録。
『藝人春秋』から脱線し、
互いに3児の父としての娘論。

そしていつしか漫才師と落語家が、
喜劇人・サシャ・バロン・コーエンの偉大さを嬉々と語り合う。
でもこれが楽屋なんだよなぁ。

最後に恥ずかしそうに、
『藝人春秋』にサインを求められ、
ボクは恐縮しながらサインした。

春風亭一之輔さん、番井奈歩さんと


↓Twitter↓
----------------------------

Twitter RT @ichinosuke111: (一之助さん)
JFNサンフリ『そこが知りたい』収録。ゲスト水道橋博士。
勘三郎さんが亡くなった日に博士に初めてお会いした。
何十年経ってもすぐ思い出せる日が出来てしまった。
そんな日の高座はいいものにしたいもんだ。
これから鈴本から末廣亭。


----------------------------

Twitter RT @ichinosuke111: (一之助さん)
俺よりはるかに浅草キッドマニアだった
落研の一つ先輩のOさんは元気かな。
復活二時間漫才のTFMホールもたしか二人で行ったんだ。
二人熱かったなあ、あの日。
そんな事考えながら末廣亭へむかう。


----------------------------


今日、我が子『藝人春秋』の
全国的な正式な発売日。
書店さんに並びます。
どうか目に止まったら抱くなり、
頁を捲るなり持ってレジに行くなり(笑)、
可愛がってやってください。



大阪行き。

東京駅エキナカ視察しながら、
うれしのの生姜紅茶、
『つきじ喜代村』の「カップばらちらし」
(これ温泉卵が美味し!)など購入。


東京駅、書店で、
津田大介著『ウェブで政治を動かす』購入。

最近のニュースチェックしながら、
新幹線移動、大阪へ。



ABC『キャスト』生放送。

森永卓郎さんと一緒。
今日は中村勘三郎死去のニュースが中心に。

ご長男の勘九郎さんの襲名披露公演の、
大阪、南座の舞台をつとめるその姿を生中継しながら。
勘三郎さん死去の映像、
話題を随所に交えながらの生放送。

ボクにとっては、
ご長男の勘九郎さんの襲名披露を
この10月に御園座で見たこと。

そして、今日、一之輔さんとお会いして、
一之輔さんがショックを受けていたことなど。
頭の中で交叉する。

そして司会の伊藤史隆さんは元落研なので、
ボクが話をした、その事情をいろいろとわかっている。

生放送の最後に、
今日の南座で気丈に舞台をつとめる、勘九郎が、
兄弟で並び、その口上を聞いた時……

「まだ学びたいことがたくさんあった」

と声を詰まらせつつ顔を上げて

「前へ進むしかないと思います。
 頼もしき弟、七之助。
 そして中村屋門弟みんなで
 一所懸命努力しようと思います。
 大好きな芝居ができず、
 お客さまの笑顔が見られず、
 父は無念だと思う。
 父のことを忘れないでください」

スタジオに戻って、
「どうですか?博士」と聞かれた。

一瞬で、自分の父の死や、
今日の一之助さんの顔や、
あの日の御園座の勘九郎さんなどが思い返され、
一気に涙腺が決壊した。

「人生は舞台なんですね……」

と言った途端に一言も喋れぬようになり、
絶句してしまった。

ボクだって舞台をつとめる芸人なのに……。
それに勘九郎さんは、
舞台の上で、気丈に口上をつとめているのに……。
そう思って、気を奮い立たせようとするが、
本番終了後もウルウルが続いて立往生した。


今日は旧知の放送作家の柳田くんが、
『キャスト』スタジオへ。

彼は金太郎師匠として、
『水道橋博士のメルマ旬報』にも新連載に加わる。


そのまま新大阪駅で久方ぶりに一献。
タガが外れているのはお互い様なので、
旧交を暖めるだけでは終わらない。
将来に向け燃え上がる。

しこたま飲んだことだし、
「寝て帰ろう」と思った帰途の新幹線、
通路を隔てた隣に、
石田純一さんが飛び込みで座った。

挨拶すると同時にPUB用の『藝人春秋』献本した。

「スイマセン、
 最後の章にチラリと奥様のお話が出てきますので、
 もし宜しかったらお暇な時にでも」と。

ボクにとっての石田純一さんは、
バラエティの愛と平成の色男ではない。
アポロ11 号月面着陸の実況を務めた、
元NHK石田武アナのご子息だ。

そんな石田さんが、
ボクの本が引っかからないハズがない、
と気になりずっと眺めていた。

本を手に取ると石田さんは、
何度も表紙を確かめ帯を脱がせ着せて見入り、
読み始め品川で降りるまでずっと読み続けた。

嬉しかったがボクは眠れなかった(笑)



東京駅から中央線で高円寺へ帰宅。
電車は満員。
ダウンは熱いほど。

しかし、ニットキャップにマフラー、
コートにブーツのコーディネートが可愛らしい女性が、
多数いて気分があがる。


深夜25時過ぎ、
文春、新潮を読んで眠ろう。


26時20分から、
フジテレビの深夜が連日クール。

ロック番組が次々と放送されていて、
今夜はビートルズ。
明日も過密日程、ハードデイズナイト!!!


2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る