『藝人春秋』特設サイト

 

5月1日  水曜日


6時起床。

昨日の『ザ・水道橋 i園子温芸人デビュー』の
興奮冷めやらずだが……。

朝起きたら携帯がない。
何処を探しても……。

打ち上げをした宴会で、
あまりにも人前に現れるのが珍しい、
古屋実先生と2ショットを撮ったのが記憶の最後だ。


その後、iPhoneアプリの
GPS探索機能を使って、無事、発見。
宴会の席に忘れたままであった。


打ち上げでは、
園子温監督と星野源さんとお話し。

星野源さんは、
新作『地獄でなぜ悪い』で、
若き日の園子温を演じている。

ボクには現実と映画がオーバーラップして、
姿を見るだけでウルウルとくる。

公開は、9月でまだ先の話だが、
今回のライブのパンフレットに入れた、
2万字に及ぶ園子温年表を読んで
この映画のベースが実話であることを確認して、
この映画の地獄がいかに良すぎることか、
わかってもらえるだろう!

今回、「何故に、2回公演にしたか?」
とよく訊かれたが、
それはライブの採算をとりたいからだ。

体はキツイが2回満席にしてみせる、
と大見得を切り、
実際、満席にはなったが……。

当然のことながら、
あれだけのことをやったとなると、
かなりの持ち出しになる。

淡々とテレビの仕事をするのが、
一番の得策なのだが……。
もう次をやりたくなってる。

再び、ライブの写真で昨日を振り返る――。

TENGAの客席、全プレは壮観だった。

「ビールのCMみたいに観客全員が、
 TENGAを片手に盛り上がっているってどう?」
というアイデアを実現させた。

今後も恒例にして、
『ザ・水道橋 in 座・高円寺』 は、
TENGAプレゼンツにしようかなと思っている。
冠スポンサーになってくれないかな。


園子温の芸人デビュー。
オープニングの第一声は、
十字架に貼り付けられて、
「早く芸人になりた――い!」


生まれて初めてのコントの第一声は、
「ビートたけしを殺した」
というフレーズ。
オスカー・ワイルドの、
「人は愛するものを殺すんだ」
からの引用だが、このフレースが、
いかにお笑い的にくだらなくなっていくか。

園子温芸人デビュー。
最終的には、こういうことになる。


園子温が全裸に股間に天狗で登場、
会場を埋め尽くすTENGA、
天狗とTENGAのコラボ!!!!
実現!


その後、昼の部では、ホリエモンが客席から登場。


さらに千葉真一さんが激励に現れる……


日本映画のレジェンドである、
千葉真一vs園子温の正真正銘、初対面の瞬間。
立会い甲斐があったなぁ。


乱入したホリエモンに千葉真一立ち会いのもとに、
「もし負けたら自伝を映画化する」条件で、
ボクシング対決した園子温監督。


エンディング、ボクシングに負けた園子温が、
全裸に天狗一丁のまま
「エイドリアーーーン!!エイドリアーーーン!」と叫ぶ。

夜の部では、壇上に駆けつけた神楽坂恵と抱擁シーン。


その前には、ちょっとありえない、
ここでは書けないスペシャルゲスト が、
園子温に花束を渡した。

いわば完全にボクが見た夢を
現実に舞台化したようなものだ。

昼の舞台を終え、
千葉真一さんがそのまま
「監督と話たい!」と楽屋に園子温監督を呼び寄せ、
全裸股間に天狗のまま二人が、
映画論を交わす時間は、
舞台裏の名シーンだったなぁ。


昨日の感想、まとめが続々と――。

TwitterRT @TENGA_PR
水道橋博士×園子温 オリジナルTENGA登場!
”ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1 〜園子温芸人デビュー”
- TENGA OFFICIAL BLOG
http://blog.tenga.co.jp/archives/26390313.html


----------------------------

TwitterRT @Love_TENGA 【NAVERまとめ】
【閲覧推奨】水道橋博士と園子温のオリジナルTENGA登場
http://bit.ly/Yl2wD8

(博士のコメント)↑本当に短期間に、これだけの仕事、
しかも500人全員プレゼントを引き受けてくださって、
一生ラブ・ミーTENGAですよ!

----------------------------

TwitterRT @watarium(ワタリウム美術館)
昨夜の園子温×水道橋博士の芸人デビュー
まだ残像が頭に。
テレビで絶対出来ない内容。
特別ゲストとプレゼントなど博士のプロデュース力、
園子温の体当たり演技など、
いつもと立場が逆転してる関係も。
何よりも博士の園さんへの想いが溢れていた。

----------------------------

TwitterRT @wannyan(九龍ジョーさん)
昨夜は水道橋博士プレゼンツ
「園子温芸人デビュー」@座・高円寺へ。
最高でした。まさに浅ヤン×お兄さん会!!
ズンドコとホンモノのジェットコースターぶりに
クラクラきてしまった。
配布された豪華パンフの写真にビビビときたら、
やっぱり梅川良満!


----------------------------

TwitterRT @nabemaki(渡辺真起子さん)
水道橋博士 Presents 園子温監督、芸人デビューライブ。
高い所にたつと必ず縁までいく小学生みたいな感じ。
ハラハラするが落っこちないように見守るしかない。
水道橋博士、素敵。

(博士のコメント)↑うわ渡辺真起子様に……。
園監督への愛のむきだしでスイマセン。

----------------------------

TwitterRT @nenbutsunomatsu(松崎まことさん)
昼、夜、両方見た人は少ないはず。
いや、もともとの「ライブを一緒にやる」
という瞬間を立ち会っている!
昨日の 『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1』を反芻してみると、
昼・夜通してホントにヒドかったな〜と、
思い出し笑い…やはり昼・夜両方観て良かったよ(笑)

(博士のコメント)↑昼夜お疲れ様でした!

----------------------------

TwitterRT @baoh(柴尾英令さん)
「園組」の熾烈な現場の話や
現場で若手女優を
徹底的に絞りあげる話などを聞いていただけに、
昨夜見た園子温という人の佇まいは意外だった。
しかし、じわじわと凄みが透けて見えてきた。
ほんとにあんなことはやれないよ。


----------------------------

TwitterRT @manaview(碇本学くん)
ブログ更新うぉん!
『ザ・水道橋in座・高円寺vol.1〜園子温芸人デビュー』
http://d.hatena.ne.jp/likeaswimmingangel/20130501

(博士のコメント)↑これは詳しいわ。

----------------------------

TwitterRT @anokoro_no(金太郎師匠)
「ザ・水道橋In座・高円寺 園子温芸人デビュー」を終えて 
合宿先の倉庫へ戻る。
この空間にライブで頂いたものすごい数の花束に囲まれながら 
実母の葬式を思い出す俺…(笑)
ホント、自分でも…何やってんだ!?
と思う…治らないな(笑)
芸人って職業じゃなく生きるベクトルだと知らされた。


----------------------------

TwitterRT @makitasports(マキタスポーツ)
崇高なくだらなさと、デタラメなエネルギーが結晶した、
男前なライブでした。これぞ“ズントコの思想”


----------------------------

TwitterRT @iijjiji
【まとめ更新致しました】
水道橋博士と園子温の『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1
園子温芸人デビュー〜』⇒
http://togetter.com/li/495719


----------------------------

昨日はライブ中、
ホリエモンとEpub問題を雑談。

打ち上げには、
ボクのTwitterの師匠である津田大介が参加。

『水道橋博士のメルマ旬報』執筆陣も
揃っていたので、
いかにしたらメルマガが読みやすく、
普及できるか緊急会議も行われた。

その結果は反映できると思う。


TwitterRT @takapon_jp:(堀江貴文さん)
本好きとそうでない層でリーダーの好みが分かれるというのは
発見でした


----------------------------

TwitterRT @tsuda(津田大介さん)
AndroidのHimawari Readerが
現時点で堀江さんが求めてるリーダーに近いと思います。

----------------------------

TENGAの松本社長のご好意で作ってもらった、
4・30限定TENGA、
観客全員にプレゼントしても、
30本くらいは余るだろうと思っていたが、
気がついたら、手持ちが無くなっていた。

どうやら打ち上げで若手に配っていたとのこと。
ホリエモンに渡すものが無い……と回収騒ぎに(笑)



TwitterRT @anokoro_no(金太郎師匠)
ライブが終わって…
もう、体の芯が抜けて「ボォ〜」ってしてる時に 
水道橋博士から携帯に電話。
すごく申し訳なさそうな声で
「会場で配ったTENGAがないんだけど…
柳田君、何本持って帰った?」
『すいません!5本です!』って白状したら
「3本送ってもらいたいんだけど…」(笑)
俺恥かしいよ


----------------------------

11時半、水をひたすら飲み続け、
体中のアルコールを発散させながら、
新幹線で大阪へ向かう。

16時50分、ABC『キャスト』生放送。
今日は阪神vs広島戦の中継があるため、
1時間バージョン。
森永卓郎さん一緒に。

富士山世界遺産認定に、
富士山芸人としてコメント。

森永さんが
「富士山の世界遺産は、
長島茂雄の国民栄誉賞くらい、遅れてきた感じ」と。
確かに言い得て妙。

なんでやんコーナー。
最新カーナビが、あれほど高性能とは知らなかった。


TwitterRT @syakaijindaigak(オードリー若林くん)
「藝人春秋」を登場人物のスケールの大きさと、
業の深さに飲み込まれそうになりながら一気に読み終えた。

(博士のコメント)↑若林くんの本を含めて何処かで本を巡る対談したいね。

----------------------------

TwitterRT @syakaijindaigak
博士にお聞きしたいことたくさんあるので
対談できたらすごく嬉しいです。

(博士のコメント)↑是非!

----------------------------

『マグナカルタ』誌Vol.3に寄稿した
「有吉弘行論」、
ストーンズの『黒くぬれ!』の歌詞が使えないとのこと。

お金を払っても許可に時間かかるとのこと。
洋楽の歌詞引用って面倒なのだなぁ。
町山智浩さんはどうしたんだろう?

TwitterRT @TomoMachi町山智浩
対訳本にしたかったのに英詞は掲載できませんでした。
レッチリやエルトン・ジョンは
訳詞も掲載許可が取れませんでした。

----------------------------

帰宅すると、
家中が昨日、頂いた花だらけでむせ返るほど。

娘は「わ〜い。ハナヤさんみたい!」
と喜んでいるらしいが……。

と言うより、もう何日もろくに子供と喋っていない。
明日こそ……。


5月2日  木曜日

6時起床。
NHKラジオ第一『すっぴん!』へ出勤!

今日の特集は、
『ザ・水道橋 〜園子温芸人デビュー』。
あの日の様子が特集されるのだ。

8時から4時間の生放送。
清志郎さんの命日に、おたよりテーマは
「愛し合ってるか〜い」だったが、
読み上げるメールFAXがなぜか愛知県からばかり。

オレ、「愛知限定放送なの?」と聞いたが、
そこは「愛知あってるか〜い!」と言うべきだった。
漫才師として反省……。




TwitterRT @aizawaaa(相沢直)
NHKラジオ「すっぴん!」、
1時間半にわたって水道橋博士による
園子温監督の芸人デビューの話、
すごく濃くて良かった。
密着した模様の音源がその素材の量を物語っていたし、
圧巻のNHKだった。
愛は量で伝えるものだと、改めてそう思った。


----------------------------

NHKから新橋の編集所へ。
付き人見習い、後輩芸人のマッハのガン太の運転。

雨があがり晴れた!
この天気で、
屋形船で久々に子どもたちに会えるのか!
と心晴れやか!

メ〜テレ『哲人の告白』ナレーション収録。
#57 田原総一朗さん
#58 柴田達志さん(建築家)
#59 奥田祐斎さん(染色アーティスト)

空き時間、
編集所に一室に篭らせてもらって、
『週刊藝人春秋』の第3回目、推敲し原稿を入れる。
確かにあっという間に締め切りがくるよ!

『水道橋博士のメルマ旬報』の締め切りも明日だ!
編集所でギリギリまで。

長男と合流。
『哲人の告白』懇親会で屋形船へ。


久々に屋形舟で東京湾巡り。
長男「久しぶり!」と現れる。
妹は、友達の誕生会で出席断念。
残念、会いたかった!

メ〜テレ『哲人の告白』慰労会。
ボクはナレーション役ながら、
『藝人春秋』の福井利佐さんの表紙はここから生まれた。

毎度のことながら、趣向に富んだ宴会。
特別編集版DVDなどを頂きスタッフに感謝!


帰宅後、明日の仕事に備えて、
BBC EARTH2013『野生のゆりかご』視聴。

「第一話:アメリカクロクマの子育て」



長男タケシと一緒に。
小4動物好きのタケシが、
「生態系」とか「本能」とか「天敵」とか、
そんな言葉を使って、解説してくれるので驚く。

クマの交尾のシーンにはひいた。
園子温には交尾やらせようとしたのに(笑)

5月3日  金曜・祝日

5時起床。

ふらふらになっているが、
『水道橋博士のメルマ旬報』の締め切り、
日記作業を大突貫工事。

10時、東京スカイツリー横、
ソラマチのスタジオへ。

11時から、WOWOWの
ネイチャー・ドキュメンタリー・シリーズ
「BBC EARTH 2013」放送開始記念
『昼間から子育てディスカッション〜地球に学ぼう〜』
Ustream&ニコニコ生放送、配信。

MC:マキタスポーツ。
出演:水道橋博士、福田萌、武井壮。


マキタ家と共に家族集合の予定であったが、
我が家は体調不良で、
結局、長男タケシのみに。

親が仕事をしている間に、
子供たちは東京スカイツリー見物。

武井壮と再会。
今、『週刊藝人春秋』用に、
なにかと武井壮は資料読みしているので、
ついついこぼれウンチクが出る。

「博士は僕の言ったこと全部覚えているんですね」
と武井くんが感心して驚いていたが、
今、まさに書いているのだ。

帰途、スカイツリーをぼんやり眺める。

絶景。


一旦、家に帰ったら、
娘がポロポロと涙を流している。

「ママがびょうきだから、かなしいのぉ!」と。
慰めてもずっと泣いている。

子供たちを皆連れて、
高円寺ラーメンストリートの新店。
ラーメン支那そば『一本気』へ。
美味いぞ。大合格。



『水道橋博士のメルマ旬報』次号編集作業。

谷川貞治さんの連載の真下幸孝さんの話、
YOSHIKIからヒラリークリントン、
そしてロッドマンと飛び出す。

先週はボクも『ザ・水道橋』で、
破天荒キャスティングに徹していただけに感じ入る。
思いついたら実際にやってしまうのだ!

締切日で次々と原稿到着だが、
ボクが書き終えてない。


だが次の生放送へ向かわなければ。


21時、MXテレビ『ニッポン・ダンディ』生放送。
出演:モーリー・ロバートソン、関谷亜矢子、
周、ラフルアー宮澤エマ、ご一緒。

テーマ:「ファンタジー映画」
ゲスト講師・高橋ヨシキ。


ようやく読み始めた
『ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム
 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相』
(宝島NonfictionBooks)

業界向けになるだろうと思っていたが、
これは素人でも問題なし!
この本、読めば読むほど面白いわ。
ノンフィクション業界そもそもの成り立ちまでわかる。




5月4日  土曜日 祝日

4時半起床。
起きたからやるぞ!

朝から、『水道橋博士のメルマ旬報』編集長作業。
一晩で原稿がドッと押し寄せていた。

カミさん昨日来、まだ調子が悪そう。
子供たちに、
「今日はパパがモーニングにみんな連れて行きます!」
「???」
皆、何のことだかわからない様子。

こんな時間からやっているのかしら?
と思いつつも飛び出す。
結局駅まで歩いて上島珈琲店へ。

「ここはダチョウ倶楽部の
 上島竜兵さんのお店だから」
と適当なことを言いながら朝食。

子供3人と初モーニング。


帰途、スーパーで買い出し。
「ママのビョウキがなおるように……」
と皆が一生懸命買う様子が可愛らし。


『たかじんNOマネー』の収録が急遽無くなった。
たかじんさんの体調不良とのこと。
今後が心配。

ずっと毎週、名古屋の生放送と大阪で
収録があったから土曜日に家に居るのは、
2年半ぶりくらいだ。

子供たちも休みで家に居るから、
「どうしてパパいるの?」と嬉しそう。
土曜日のテレビを見たり……
それがどれほど小さな幸福感があることか改めて実感。

映画『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』、
期待値を上げすぎて見た。
やはりジブリの世界観をイメージするな。
確かに部分的には最高なショットが多々あるが。


『メルマ旬報』執筆の合間、
長男とキャッチボール。

ここ最近は、スズキ秘書のコーチのおかげで
飛躍的に上手くなってる。

カミさんも見に来て、
「なんか親子みたい!」とか、
「パパできるじゃん!ソッチのほうが驚くよ!」
と失礼なことを言われつつ。

TwitterRT @toyomayuogw
週刊医学界新聞〔対談〕(池田正行,水道橋博士)
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.doid=PA02941_02
これ改めて読んだら凄く良かったわ。
〜「でもやるんだよ」から「だからできるんだよ」へ 。
不条理こそが人を育てる。

(博士のコメント)↑これなかなか良いことも言っている。
綾女さん、これも資料に。

----------------------------

寺山修司の詩
「人は不完全な死体で生まれるんだ」

に思いを馳せていたら、今日が命日であった。

「昭和十年十二月十日
 ぼくは不完全な死体として生まれ
 何十年かかゝって
 完全な死体となるのである……」


これは『懐かしのわが家』という詩。


こども3人連れて小学校プール。
以前は毎週だったのに今や珍しい。

水泳幼稚園に通ったおかげで、
上の二人はバンバン泳ぐ。
そして、まだカナヅチの末っ子アキラに、
懸命に教えまくる。
その様子を眺め、3兄弟の風景に和む。

帰途、スーパーで夕食食材調達。

眼鏡屋で老眼の度を上げる。
待ち時間、古着屋さんへ。

阿佐ヶ谷へ。
明日の『総合診療医ドクターG』の長丁場に備えて、
飛び込みで、『Dr.ストレッチ』へ。
効果ありだった。


5月5日  日曜日 祝日

6時起床。
締め切り仕事(過ぎているけど……)

朝から、
『水道橋博士のメルマ旬報』(Vol.13)の編集作業。

原稿仕事、一段落。


食卓に行ったら子供たち、
「はい、パパ、コーヒー入れるよ!」
「昨日、お風呂はいってないでしょ。お湯いれてくるよ!」
と子供の日とは思えぬオトナへの好待遇。

オトナで良かった!
オトナは最高!

子供の日に、朝から「怒髪天、オトナノススメ」
http://www.youtube.com/watch?v=O48L2u_jMMI


タケシとキャッチボール。
老眼と眩しい太陽光にフラフラしながらも……
陽だまりで楽しい。

タケシの取りこぼしに、
つい「下手糞!」と言ってしまう。

「パパ、下手なんじゃないよ!
 ボクはまだノビシロがあるんだよ!」


NOTTV『テレビをほめるYESTV』のスタッフが
撮ってくれた『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1
園子温芸人デビュー』のビデオを見る。


『水道橋博士のメルマ旬報』のボクの連載
「博士の異常な日常」の原稿、
通常より5日分を伸ばして、
ライブ本番の舞台裏までの全てを書く。
4万字スケールあるが……。

今日は、長丁場になりそうだ、気合を入れて出発。


11時、千代田ビデオスタジオ入り。
NHK『総合診療医ドクターG』収録。

一本目:主訴「意識を失って……」
ゲスト、谷村志穂、平岳大。
ドクターG:今 明秀先生(八戸市立市民病院救急救命センター)

ゲストの作家の谷村志穂さん、
初対面だったが聡明で綺麗。

話を聴いていると、
「農学部で動物生態学を専攻」の経歴頷ける。


平岳大さんは、
平幹二朗・佐久間良子さんの2世。
もともと数理系の血。コメントも明晰。



二本目:主訴「疲れがとれない」
ゲスト:いとうまい子、夢枕獏。
ドクターG:池田正行先生(香川大学医学部附属病院)

まさにガチンコ収録。
しょっぱなから、
今までにない異色の展開だった。

久々にお会いした夢枕獏さんに本をお持ちしたら、
「読んだ!最高だった!」とお褒めを頂き、
「文春の連載(週刊藝人春秋)もイイね!」と。

文末の(つづく)が梶原一騎調であることも指摘。
「でも週刊誌の締め切りは厳しいぞ!頑張れ!」
と忠告を頂く。

 

収録後、
ヘトヘトながら、さらに今日はビックイベント!
前田日明さんに会いに行くことに。

自分から火中の栗を拾いに行くようなものだが、
もはや特攻隊気分。止められない。

渋谷の焼き肉屋さんに、
『ニッポン・ダンディ』の大川Pとディレクター。
前田日明さんとZSTの上原さんと5人で食事会。
ボクは途中から合流。

4・30の園子温とのライブに、
「前田・前田」のギャグがやりたくて、
電話番号まで聴きだしたが、
最後の最後まで電話できなかった。
だからこそ今日がある。

大川Pとも初めてお話しし、
前田・チルドレン、浅草キッドチルドレンとして、
色々とわかりあえた。

しかし、人生の中で、
自分が前田日明と仕事抜きで飲むってのは、
戦国絵巻としか思えない。


どんなに毀誉褒貶(きよほうへん)があっても、
若き頃の誓いは永遠だ。

「私は前田の兵隊だ、
 彼から行けといわれたら私はどこへでも行く!」
俺とてヴォルグ・ハンになる。

雑談の名手でもあり、
興味の幅が広い前田日明とトークは止まらない。

前田日明は今でも山口日昇を、
「才人」として評価していたことが嬉しかったな。
今からでもふたりは修復できるよ!

4年前の正月に生まれた末っ子の「アキラ」の
「こどもの日」を端午の節句を祝うこと無く、
50歳で前田日明と飲んでいる、
「こどもの日」は俺の節句だ。


「そんな真っ白な頭してたらモテへんやろう?」
と前田さん。

「いや、これが女子には
 この頭と髭の方が好評なんですよ」

「うそー!俺もハカセと同じくらい真っ白だけど、
 そんな顔を鏡で見たら朝からメゲルやろ、
 だから染めてるよ!」

やっぱりボクも染めようかなぁ。

体育会系みうらじゅんの前田日明。
「今、俺、墨ブーム!」と。
今は年代ものの高級墨と高級半紙で、
高級毛筆で書道に夢中であるとのこと。

しかし、この話は最高に面白かった。
『月刊 前田日明』を連載して欲しい!

前田日明の――苫米地英人論、
猪瀬直樹論、ビートたけし論、橋下徹論、
谷川貞治論、石井館長論、
全てが英雄語りで面白かった。

前田日明も全てが恩讐の彼方になりつつある。

「意見が違っても俺に叱られても、
 顔を見せて自分の声で語ればそれでええやん?
 全然因縁とかないよ。
 引きこもりで逃げまわっているから、
 俺に顔を見せられなくなるだけよ」

俺が前田日明にリクエストしたことで、
「それだけはもう勘弁して欲しいわ」
は、たったひとつだけだった。
今日の星座を、星の王子さまに感謝!

TwitterRT @meigenbot(名言bot)
幸せとは、すべてのものと関わりがあると感じること、
すべてのことに責任を持つことです。
(Antoine de Saint-Exupery 星の王子様)

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る