『藝人春秋』特設サイト



5月6日  日曜日

6時起床。

子供部屋のベットに紛れ込む。
「わ〜い!きょうはパパがいるんだ!」
と大歓声で迎えられ、
「パパ、ゆっくりして〜」
と子供たちが酵素風呂のお湯が張られ、
ホットサンドとコーヒーセットの用意してくれる。
至福。俺、俺さま国の国民栄誉賞だな。


カミさんと娘たちは、
昨日、マキタスポーツの
引越しお祝いパーティへ行っていた様子。

「パパ、昨日ね、
 きれいな女優さんがきていたの……
 でも、ワタシ、カッコイイ王子さまにコイしちゃったぁ!」
「誰だ!?芸人じゃないだろうね」
「ちがう、ちがう、サッカのウノくん!」
「でも、あいつゲイにんだから!」

イノッチ作の『あさイチ』マグカップで、
子供が作ってくれたモーニングを堪能。


その後、長男とキャッチボール。
しかし、今日の青空は、
一年間で最も気持ち良いのではないか。
風薫る5月。
今日ほどのキャッチボール日和はない。


何故か、キドカラー大道さんが、
詳細な思い出話をTwitterに語りはじめた。

たけし軍団(一軍)の歴史は、
語り部の義太夫さんがいるので、
大方正確に知っているのだが、
たけし軍団セピア(2軍)の歴史は語られることがなく、
ほとんど知らないので、記述が興味深すぎる。

午後、ボクと同じく、
長く腰痛に悩んでいるカミさんと自転車に乗って、
阿佐ヶ谷へ。

並びで『Dr.ストレッチ』。爽快。
その後、買い物。


TwitterRT @masatoyama
園子温、ラーメンズ片桐さん、豪華♪@新宿
http://instagram.com/p/Y-BJHuvGEo/

(博士のコメント)↑土屋さん、倉本美津留さんも居て、
遠山さんにも会えるなら行くべきだったかな。

----------------------------

TwitterRT @shizukokawakami(川上史津子さん)
『アートと笑いの境界線』@新宿ロフトプラスワン。
倉本美津留さんと日テレ・土屋敏男さんがホスト。
ゲストの会田誠さん、片桐仁さんの粘土細工、
大月壮さんの『アホ走り』の映像、
そして映画監督の園子温さんが飛び入り〜!(^-^)


----------------------------

……などのTwitterの書き込みを見ていると……。
辛抱たまらなくなる。

行っちゃえ!
仕事を放っておいて、
新宿ロフトプラスワンへ、フラリと行ってしまった。

「アートと笑いの境界線!」
出演:土屋敏男、倉本美津留、会田誠、
大月壮、菅原そうた、鈴木康広、
新野圭二郎、片桐仁、園子温……。 


4・30のパンフでお世話になった会田誠さんには、
ちゃんとお礼を言いたかった。
遠山さんとも初対面でご挨拶できた。

若手のアーティストたち、土屋さん、
倉本さんには顔見世出来た。
最後は飛び入れで壇上に呼ばれた。

園子温は喋っていなかった。
それどころかお酒も口につけていなかった。

「今日中に書かねばならない脚本があるから」と。
珍しい。ストイックだ。

でも最後は歌舞伎町にふたりきり……。



TwitterRT @kuramotomitsuru (倉本美津留さん)
とてつもなく嬉しかったです!

(博士のコメント)↑あれだけ生歌が上手いと思わなかった。
----------------------------

5月7日  火曜日  

4時、起床。

GWが終了。
また朝の戦場が始まり、
子供たちの登校風景を見守り、ひとり朝風呂。
もう4・30から一週間が経ったのだな。

のんびりはつかの間。
明日には「週刊藝人春秋」第2回が掲載されている、
『週刊文春』が発売になる。
風薫るが風雲急を告げている。

実家のボクの本棚の中身が、
ダンボールで次々と送られてくるので、
倉庫の本棚に並べていたら、
完全に70年〜80年台にタイムスリップする。

つくづくと本はタイムマシーンだ。


午前中、『時計じかけのオレンジ』を視聴。
もはや何回見た映画かわからない。
何故なら18歳の時、
生まれて初めて買ったビデオだ。


11時、駅前喫茶。取材2本。

『月刊小説現代』取材。
連載の「思い出の映画」コーナー。

今までなら、この趣向の取材に
『ガープの世界』か『太陽を盗んだ男』を挙げていたが、
今回は『時計じかけのオレンジ』と園子温について語る。

取材の講談社・柴崎さんが、
古くからの浅草キッドのファンと知り喋りに熱が入った。
ちなみに、ライブの園監督の登壇姿も
『時計じかけのオレンジ』のアレックスの引用なのだ。

続いて、
PHP『のびのび子育て』取材。
「子どもの気になる性格が変わる小さな習慣」について。

3人の子供は皆、性格が違う。
大雑把なスローガンには当てはまらないからこそ、
ディテールの連続であり、
微調整の連続である体験例を×3でお話する。

帰宅後、原稿仕事。

朝から、明々後日、
10日発行の『水道橋博士のメルマ旬報』Vol.13集長作業。
ボクの原稿が一番遅れている。

『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1〜園子温芸人デビュー』
舞台裏までのレポートや写真を完璧にしたくて。延々と。
原カントくん、スマン!入稿遅れるわ!

改めて、
『ザ・水道橋 園子温芸人デビュー』記念パンフは、
オールカラー20ページの自信作。

デザイナーは井口弘史さん。
表裏の表紙は、梅川良満さん撮影の2ショット。


園子温直筆の絵コンテをバックに、
計8ページに渡る2万字の年表。


高橋咲詠さんのイラスト。


数あるイラストの一枚は舞台監督をつとめた
『水道橋博士のメルマ旬報』執筆者でもある
柳田くん(金太郎師匠@anokoro_no)の作。
実にイイ味がある。


会田誠さんに描き下ろしてもらったのイラスト。
『冷たい熱帯魚』のでんでんさん。超迫力。


「一番こだわったのが芸人宣言のページ。

紙質が違うから…

触ってごらん…

匂いを嗅いでごらん…

実はこれ園子温の金玉!」


オールカラー20ページのパンフ
(園子温監督8P2万字年表入り)は
一応、Tシャツと共に下北沢の『B&B』で
店頭&ネット販売する。
http://bookandbeer.com/

資料的価値も高いものなので、
是非、購入していただきたい。

TwitterRT @iijjiji 【“感想”まとめ、更新致しました!】
水道橋博士と園子温の『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1
〜園子温 芸人デビューの軌跡〜
http://matome.naver.jp/odai/2136715567003290101

(博士のコメント)↑園監督も関係者も皆、報われて大変ありがたいです!

----------------------------

TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家)
今日見つけたいい言葉
「『人のこと』は書かないでまっしぐらに自分の内面を書け。
その思い込み方が作家の本当の姿である
(曾野綾子さんのテガミより)」
水土橋博士さんの本業、百瀬博教「プライドの怪人」より。


----------------------------

皆、何を書いても自由ですが、
確かにボクは「人のこと」、
他人への嫌悪感を世界に唾呟くツイートより、
自分の内面を晒すことの方が好きですね。

面と向かって本人に言えない
陰口を言うのが好きな人は、
酒場に行けば良いのになぁ。
TwitterとかFBは世界に向かって呟くわけだから。
表口なのよ。皆に聞こえるのに……と思う。


映画『舟を編む』視聴。
「職業的な使命」を描いた映画だけに、
この題材にして、ラストに向けてグッと盛り上がる。
原作が読みたくなった。


今日も阿佐ヶ谷でDr.ストレッチ。
腰痛改善、ようやく靴紐が結べるようになる。

その後、ウォーキング。
ニッポン放送『ザ・ボイス』のポッドキャスト聴きながら。

ボクが『総合診療医ドクターG』と
前田日明と会っていた5月5日、
一日不在だったが……
こどもの日に子供バンドが結成されていた、

その模様をスズキ秘書が動画で回してくれており、
FACEBOOKで見たが……。
SEKAI NO OWARIの「RPG」という曲なのだとか。
いやぁ。とろけた。

そして、耳をすませば、
小1の娘が『カントリーロード』を歌っている。
授業で習うらしいが、あまりにも渋すぎるではないか。
意味もわからず、無垢に歌う声を聞いているだけで、
ジョン・デンバーやオリビア・ニュートン・ジョンより染みて、
泣けてくるよ……。



5月8日  水曜日

4時半、起きた!
はぇーよ!
でもやるんだ!

『広報 東京都』の連載、
中野駅北口再開発のお話を送稿。

『週刊藝人春秋』のストックを書き進め、朝食。
子供たちは朝から宿題。
実に朝型の家だなぁ。

『週刊文春』、早速買ってきたが、
『TVブロス』どころか、文春も老眼で読めない。

日内変化で、特に寝起きは見えないのだが、
老眼の人は皆、こんなものかしら?

『週刊文春』連載「週刊藝人春秋」第2回は、
デーブ・スペクター。
江口寿史さんの挿絵、ゲラより実物が迫力があるなぁ。


『週刊藝人春秋』第2回目もTwitterで反響、ありがたい。

TwitterRT @manaview(碇本学くん)
『週間 藝人春秋』を読んでから出社。
サンテレビの『大人の絵本』懐かしいなあ、
岡山のはしっこでも見れてた。
筆がのってるのがわかる、
一気に読み終えた。次号も楽しみ。


----------------------------

TwitterRT @ibiru (文春・目崎さん)
今週の博士の「週刊藝人春秋」デーブ・スペクターの回、
きっと天国のナンシー関もガッツポーズしていることだろう

----------------------------

TwitterRT @araikaoru (荒井カオルさん)
週刊文春の週刊藝人春秋(第二回)を熟読。
デーブの「まさかのmassacreですね」発言に噴いた。
massacreという単語の意味知ってる人あんまりいないから、
ツウにしか伝わらないギャグ!

----------------------------

TwitterRT @haradasenmonka(原田専門家)
「本業」の最後に、江口寿史さんのひばりくんに
見えるというあのくだりにして、
文春での週間藝人春秋なのかしらと思うと
因果応報と思ってしまいました。世界は繋がっているんだなぁ。

----------------------------

TwitterRT @idea_ink(アイデアインク)
水道橋博士さん『週刊文春』連載「週刊藝人春秋」、
今回はデーブ・スペクターの知られざる歴史。
オチとならんで「高い日本語能力、低い身長、地を這うジョーク」
の3段構えに爆笑!
江口さんイラスト内の総ツイート数におけるダジャレ数にも驚愕…


----------------------------

TwitterRT @u5u(てれびのスキマ)
「週刊藝人春秋」デーブ・スペクター編。
いやー濃密。わずか2ページでこの情報量と仕掛けの数々。
もちろんこの週刊という形式ゆえの面白みもたくさんあるけど、
まとまった形ならではの文章になった単行本でも早く読みたくなっちゃう。


----------------------------

TwitterRT @anokoro_no(金太郎師匠)
週刊文春 水道橋博士「週刊藝人春秋」#02 
デーブ・スペクターを読む。
江口さんのイラスト やっぱすごい!
デーブさんの顔は 横から見た方がデーブの
胡散臭さが際立つ。
爆弾ゲームの如く「藝人」がスライド式に映っていくのが 
週刊誌の連載としては気持ちE〜! 
今週も角田弁護士読んでるかな?


----------------------------

TwitterRT @takehirohiguchi(樋口毅宏さん)
別にヨイショするつもりはないけれど、
たったいま立ち読みした
週刊文春の水道橋博士の新連載第2回『藝人春秋』、
なんだあのテンションの高さ。
ありえないなんてもんじゃないだろいいかげんにして。


----------------------------

TwitterRT @yodogawamiyoko(淀川美代子さん)
「週刊文春」といえば前号から始まった
水道橋博士の「藝人春秋」というコラムが面白い。
そして益田ミリの漫画も!

(博士のコメント)↑雑誌に文章を寄せるものとして、
淀川美代子さんに褒められるのは
相当な栄誉で嬉しいことだ。

----------------------------

TwitterRT @pkashima(プチ鹿島)
博士さんの週刊文春参戦は「木曜が楽しみ」という、
あの頃の週刊プロレス再現だと思う。
同じく新連載「今夜のバカ」適菜収との
マッチアップ感がたまらないです。


----------------------------

TwitterRT @shigeta_koji(茂田浩司さん)
今、最も熱い週刊誌連載といえば
「週刊藝人春秋」(文春)と「KIMURA」(大衆)。
「藝人〜」は初回で橋下徹のチャラい弁護士時代を掘り起し、
今週は デーブ・スペクターの出自を詳細に描き出した。
物語は大きくうねり、来週は「そんな徹とデーブが…??」。
物語にグイグイ引き込まれる


----------------------------

11時、渋谷ヒカリエへ。
初めて来た。

森永乳業
「ヨーグルト『ワンスプーン生活』スタート宣言!」のイベント。
道端アンジェリカさんと一緒。

ヨーグルトの効能はもともとわかっていたが、
あまりにも身近にありすぎて、
始める切っ掛けがなかったので、
今回のイベントは渡りに船であった。

「乳酸菌とヴィフィズス菌の違い」
も今日、はじめて理解した。
「スプーン一杯のヨーグルトで整腸作用の効果あり」
とのこと。
ならば整腸会長に就任しよう。

写真撮影会、囲み取材、身長差がありすぎて……。
まるでアバター族とホビット族の交流であった。


その後、日テレ『スッキリ』取材。
テリー伊藤さんクイズ。
久しぶり。これシリーズ化しているのね。

しかし、今日のイベントが次々とニュースに上がる。
やはり、大手メーカーのイベントは違うなぁ。

TwitterRT @news_sbニュース速報ブログ ツイッター版
「腸内会長になります」水道橋博士がヨーグルトレシピ堪能
[ニュース速報ブログ]
http://bit.ly/17L9LF6


----------------------------

TwitterRT 水道橋博士とアンジェリカがPR ヨーグルトギャグを連発:
http://bit.ly/13xi3yw


(博士のコメント)↑この記事のボクの世代格差スベリっぷりが面白い。

----------------------------

TwitterRT @newsloungenet(芸能ニュースラウンジ)
道端アンジェリカ 水道橋博士からの暴露にご立腹!
男性記者食いつくも「セクハラですよ!」
http://bit.ly/13h2dsX


----------------------------

TwitterRT @saikyo_news(最強のニュース速報)
道端アンジェリカと水道橋博士が「ワンスプーンヨーグルト宣言」
http://bit.ly/15EO1NF


----------------------------

TwitterRT @news_sb(ニュース速報ブログ ツイッター版)
道端アンジェリカ、水道橋博士に「あーん」
http://bit.ly/17Lw3qh


----------------------------

終了後、
渋谷から紀尾井町・文藝春秋社へ。
早く着きすぎたので、しばしロビーで待機。
村上春樹さんとか出会わないかな、と思いつつ。

文藝春秋社のサロンで、
「週刊藝人春秋」の打ち合わせ。

担当ハセガワくん遅刻で、
2週分のつもりが一週に。
やはり裏とりしながらの週刊連載は大変なのだ。

『週刊文春』の「週刊藝人春秋」の連載と、
単行本化の時の原稿は、
ほとんど違うものを構想している。

でもプチ鹿島曰く、
「オヤジジャーナル」
〜オヤジによるオヤジに向けたジャーリズム〜
にするつもりはない。
若い女の子ですら次を読みたいと思うような、
週刊誌連載を目指している。


『SEKAI NO OWARI』について、
5月6日まで音も顔も一切知らなかったのに……。
子供たちが真似しているだけで好きになった。

金爆とかセカオワって何の略なのか、
4日前くらいにわかった。
道端さんと話が通じないはずだわ。


明日も朝からNHKラジオ第一『すっぴん!』。
一週間が早すぎるな。

しかしNHKラジオ第一『すっぴん!』専用に
度の強い老眼鏡を作っていたのに、
受け取りをすっかり忘れていた。

お店もう閉まっているし、
老眼だわ、健忘症だわ……。

5月9日  木曜日

深夜3時半起床!
さあ今日もちょっくら魚河岸に行ってくらぁ!

朝は原稿進むね。
でも、また眠気が……。

8時、NHKラジオ第一『すっぴん』生放送。
今日は早くから起きていたので元気一杯。

「告白」がテーマ。
ボクのリクエスト曲、
石川ひとみ「まちぶせ」歌詞聴いていると
確かにストーカーの曲だな。

「博士の異常な日常コーナー」
富士山について。
アメトーーク!「富士山芸人」で出演した時から
「テレビで取り上げるからと、
くれぐれも富士山を気軽に思ってはならない」
と警鐘を鳴らしている。

だからこそ参照になるように丁寧に書いた。
『富士日記』
http://blog.m.livedoor.jp/s_hakase/artice/50667322?guid=ON

ミートマジックのコーナー。
今日から素材が鶏ムネ肉に。
藤井アナ「私は苦手……」
「藤井さんは鳩胸だから鶏ムネが嫌いなんじゃないですか?」
とボクが言ったら、
藤井アナ、鳩が豆鉄砲を食ったような顔したのが面白かった。



4時間の生放送終了後、反省会など。

『週刊プレイボーイ』最新号。
原発事故後、移住先人気ナンバーワン!
日本一住みたい岡山県徹底特集。
12ページ大特集がいろいろと興味深い。

『園子温ケーブル実験室』の
『ザ・水道橋 in 座・高円寺 〜園子温芸人デビュー』
が出来るまで。

園映画のメーキングをいつも請け負う
船木くんの手による仮編集版を見て感心。
これは面白すぎる!DVDにしたいほど。


TwitterRT @jcn_sono_catv
5/16〜放送、多くの方に見て頂きたいです。
『園子温ケーブル実験室』の
『ザ・水道橋 in 座・高円寺 vol.1〜園子温芸人デビュー』
が出来るまで。

(博士のコメント)↑過去回をネットで見れるようにすべき。

----------------------------

帰宅後、
インド映画『きっと、うまくいく』鑑賞。

まさか、ボリウッド作品で50歳にもなって、
ここまで味わい深く素晴らしいと思わされるとは。

何時か子供たちにこそ見て欲しい。
いや日本中の大学生に見せたい。
「いやぁ映画って本当にいいもんですね〜」
って言いたくなったよ。


TBSラジオ『たまむすび』で放送された、
インド映画『きっと、うまくいく』の
町山智浩さんの解説、入手。

放送は今年の1月だから公開時期には聞けない。
ホント、ポッドキャストをたった一週間で消していくのは、
もったいなさ過ぎる。

町山智浩談
「『きっと、うまくいく』の主人公は、顔はエミネム。
 行動は植木等。
 合言葉は「そのうちなんとかなるだろう!」

インドの高度成長期を象徴する無責任男のコメディ。
インド版「サニー」&インド版「今を生きる」……
って例えで全部語っていた。

TBSラジオのポッドキャスト削除問題、
誰かが言い出せば変わるんだよ。

ボクも「前例がない」と言われたけど、
NHKラジオのポッドキャストをやるのを条件に
出演交渉したら通った。
「きっと、うまくいく」さ。

TwitterRT @nenbutsunomatsu 未見なので必見リスト入り!

(博士のコメント)↑工科大学を舞台のインド版・男サニーです!

----------------------------

TwitterRT @bollywood_4:
これを観れば、きっと、うまくいく!スピルバーグ絶賛!
映画『きっと、うまくいく』5月18日(土)より公開でナマステ!!
TVCM映像⇒ http://bit.ly/103Uvl6 #ボリウッド
RT @seikoito(いとうせいこうさん)
字幕監修、俺です。したコメ発!


----------------------------

TwitterRT @takanoteruko(たかのてるこさん)
5/18公開のインド映画「きっと、うまくいく」が素晴らしすぎて、
全世界の人に見てもらいたい極上のエンタメ映画!
映画ってそのときのコンディションにもよるけれど
「人は自分らしく生きてこそ!」
のメッセージが響いて生涯のベスト1かも!ぜひ〜!
http://eiga.com/movie/77899/


----------------------------

ネットで「恐竜女子」の記事が、こわ!

>新たな女子カテゴリーが定義されています。
>その名も「肉食系女子」のさらに上をいく「恐竜女子」!
>男子と 交際するために積極的に行動する
>「肉食系女子」に対し「恐竜女子」は
>とにかくSEXするために男を狩りまくり、
>食い散らかしまくる女子たちのこと。
>口癖は「3Pしてぇ〜」

園子温監督とのライブのトークを聞いて以来、
世界には男を食い散らかす恐竜女子が
実存していることを確信したが、
まさか日本にも生まれていたとは……。


青山繁晴さんから電話でお話し。
「今、警視庁の公安部が来てるんだけど……」
というジョークにリアクションが困った(笑)
ラジオのお誘い。
もちろん、OKする。


5月10日  金曜日

3時半起床。

今日も……。
とにかく朝がはかどる。と思い込んで。
今日のノルマは達成……。
って漫画家か!休憩。

森永のヨーグルト、
『ビフィダスBB536』ヨーグルトのイベント以来、
家中でワンスプーンプロジェクト実行中なのだが、
結局、ワンスプーンで済まなくなって困っている(笑)。

あと初めて食べたけど、
森永のギリシャ・ヨーグルトも
蜂蜜かけたら美味すぎるだろ!


講談社の柴崎さんより、
『小説現代』の連載エッセイ
高田文夫先生の「とまる走馬灯〜ラフノート50年史〜」
西村賢太さんの「東京者がたり」
それぞれのバックナンバーを送って頂く。
おもしろい!



10時に『水道橋博士のメルマ旬報』13号が無事発行。

今回の表紙。



表紙の写真は園子温なのだが、
サンキュータツオの新連載が見出し。
この裸の男がサンキューだと思っている人もいる(笑)

タツオは今月の『月刊文藝春秋』でも取り上げられ、
今プチブレーク中だが読めば彼の才能もわかるだろう。

東京ポッド許可局の3人がこれで、
『水道橋博士のメルマ旬報』に参加してくれた。
そろぞれの単行本化のゲラにして欲しい。


昼、かかりつけの病院で、
いつもの嚥下(えんげ)障害、喘息の薬。シップを貰う。


ウォーキングで阿佐ヶ谷へ。
ニッポン放送『青山繁晴のボイス』を聴きながら。
『Dr.ストレッチ』1時間。


TwitterRT @kikka303
おお、本谷有希子、結婚!
http://www.j-cast.com/tv/2013/05/0914691.html


----------------------------

作家の本谷有希子さんが、
詩人の御徒町凧(おかちまち・かいと)さんと結婚の報。

そういえば、渋谷AXの岡村靖幸のLIVEで、
お隣りの席にお二人が座っていた。
本谷さんは噂通りの美貌ぶりだったが、
お隣りの方を存じ上げず、
打ち上げで岡村さんに聞いたら、
「確か御徒町タコさんだよ」
と言ったの忘れがたいな(笑)


17時半、赤坂の事務所へ。
『日経REIVE』取材。
晴れの国・岡山に、
「メガソーラー現る」をテーマに、楽しく故郷の四方山話。
女性カメラマンが撮影。

来週の『週刊藝人春秋』のゲラがあがる。
挿し絵の江口寿史さんも早くも入っている(笑)。
しかも趣向を変えてきた。
背景込みの一コマ落ち(笑)。
しかし確かに締め切りに追われるぞ、これは!


19時、半蔵門のMXテレビ入り。

21時、『ニッポン・ダンディ』生放送。
出演:モーリー・ロバートソン、関谷亜矢子、
ブンシリ、サヘル、ご一緒。

特集:「映画の特殊メイク」
ゲスト:高橋ヨシキ

サヘルさんからイランのお菓子で
『ギャズ』という、ピスタチオ入りのクッキーを頂く。
ピスタチオ好きな俺としては相当に美味い。

今週も前半は、
モーリーの「3Dプリンター」を巡る話し。

後半は、
またまた高橋ヨシキショー炸裂だった。


MXテレビから飛び出し、三軒茶屋の『TSUTAYA』へ。

目的は、ただの待ち合わわせだったのに、
『藝人春秋』100冊にサインを入れる。

樋口毅宏さんも遅れて登場。
急遽、立ちっぱなしサイン会に。



今後も、都内の書店さんだったら、
何時でも飛び込みでサイン入れやるので、
遠慮なく申し出ていただきたい。

超多忙の男、西寺郷太くん合流。


西寺郷太くんの
弟さんのお店『サンキング』で三茶会へ。

樋口毅宏、西寺郷太、碇本学、
文春・目崎さん、新潮・金さん、
晶文社・松田さん、
某女性小説家とロングドリンキング。

フォーゲット・ミー!!!
元々は、樋口毅宏さんに、
「ちゃんと伝える」用事があって三茶に行ったが、
思わぬメンバー集結して、
楽しく「ちゃんと酔いつぶれた」。
バタンキュー。


深夜26時、流石に意識が遠のく。

TwitterRT @Gota_NonaReeves (西寺郷太くん)
楽しかったです!ご馳走様でした^_^!

(博士のコメント)↑いや郷太くんタフだ!必ず近いうちに行きます。

----------------------------

TwitterRT @manaview(碇本学くん)
「週刊藝人春秋」に向かうための
全ての伏線と言うか星座が、
点在してた星々の一気に揃い出したというか、
博士さんがもちろん結びつけていらっしゃるのは
わかるのですけど
それ故の質量と熱意とかが
あんなに見事に形になっているという
ドキュメンタリーを見てる感じです。
サンキングでの三茶会で博士さんが
『週刊 藝人春秋』は連載してるのと
単行本になる時は違うものになるからという話を
聞かされたのと伊賀さんの連載読んで
バイト先近くでなぜか残っていた
一話目掲載の合併号と先週のをゲットした。
さて、イラストはずっと江口さんのままで行けるのか?


----------------------------

今日は、西寺郷太くんが語る面白い「星座」話を、
完全に覚えようと自分にスイッチを入れたが、
郷太くんはボクと同じ性質なので、
完全に本人が書けると思ってスイッチを切った。

でも、それを更に解像度を上げて、
何時か、碇本くん(@manaview)が書けるはず。

2011年 12年

 

 

読み逃げ厳禁! 読んだら 感想メール を送りなさい! 目次に戻る